« 事件 | トップページ | イースター »

2007年4月 7日 (土)

チョビ2

↓本日も、どうかこちらへ1クリックお願いしますぺこぺこ。
人気blogランキングへ

↓さらにさらに、こちらにも1クリックお願いしますますます。
海外blogランキングへ

今日は、朝から獣医さんのところへ寄生虫のお薬をもらいに行きました。
その前の早朝、私がまだ鼻からちょうちんで眠りこけている時間帯。父が例のごとく、どっかーんばりばりどんがらがっしゃーん!と大音響をたてながら、起きだしてきました。続いてそーっと起きてきた母と相談する声が、夢うつつながら聞こえてきます。
「チョビちゃん、何時ごろ散歩に連れて行こか?」
「さっきからクンクン言ってるからねえ」
「ほなご飯がすんだら、お父さんと散歩行こか?」チョビに話しかけている気配。
本当に夢うつつなのか? と疑われそうですが、本当に目は開かないんですが、どうしても父に伝えなければならないことがあったので、むにゃむにゃむにゃーと声をあげました。
「むにゃー。チョビのウ○チのサンプルをー。お医者さんに持って行かなくちゃいけないのーむにゃー」
お? という父の声。
チョビちゃんのウ○チサンプルがいるんだって。と母の声。
そうか。よしよし。寄生虫のウ○チやな。と父の声。

違うー。なんとなく違うけど、でもどうでもいいから、ウ○チサンプルをー。でも入れて行く容器がないのよーむにゃむにゃー。

おっ。そうかそうか。よっしゃ。ほなお父さんがなんとかしたろ。 と父。
キッチンのほうでガサゴソという音がした後、ほどなく父とチョビが出て行った様子でしたが、即二度寝してしまったのでその後の記憶は途切れています。
何度も悪夢にうなされ(悪夢1:ハンドバッグを開いたら、チョビのウ○チが中に入っていた。 悪夢2:父がチョビのウ○チを、お弁当箱に入れて持って帰ってきた。 悪夢3:チョビのウ○チ入りビニール袋を持って歩いていたら、袋が破れて中身がぶちまけられた。等々)、うんうん言っているところに父とチョビが帰宅しました。
「チョビちゃんのウ○チもって帰ってきたでー!」元気の良い父の大声。チョビがハーハー言う声が合間に聞こえます。
ううーんむにゃー、と起き上がると
「あんた、今まで寝とったん?よう寝るなあ」と父にあきれられました。続いて「チョビちゃんのウ○チ。台所に置いとくか?」と訊かれたので、あわてて玄関先に置いておくようにお願いし、顔を洗いに洗面所に行きました。
リビングルームで、父が母にチョビのウ○チ具合を説明しているのが聞こえてきます。
「最初はソフトクリームや。それからええ感じのがコロっ、コロっ。と二個ぐらいやな」と父。
「あー汚い」と母。
さくっと出かける支度を整え、通りを隔ててならびにある獣医さんに向けて出発しようとしていると、チョビが一緒に行きたそうな顔をしてついてきました。
一緒に行って体重をはかろうかな、と思いつき、再びチョビを連れ出しました。
出がけに母が「はいチョビちゃんのウ○チ」と、玄関先の棚の上に置いてあったチョビウ○チ入り袋を手渡してくれました。
その瞬間あたりにたちこめた異臭。
「うっ!」
母と異口同音で叫びました。
ジップ付きビニール袋ですが、ビニールを突き通して漂ってくる異臭。強烈でした。(お食事中の皆さん、ごめんなさいごめんなさい)

病院の待合室でお薬を待っている間、チョビを体重計にのせてみましたが、相変わらず37パウンドのまま。まだ痩せてるねー。困ったねー。と話し合いながら、受付のおばさんに愛嬌をふりまきに行きました。
おばさんにチョビのウ○チ袋を手渡すと、そこにもまた異臭が。
おばさんも「ウッ!」と叫んでいました。

ほどなくお薬を出してくれたドクターによると、
「やっぱりもう少し詳しく検査をしたほうがいいので、超音波検査をしましょう」とのこと。
結構ショック。具合が悪いのかな。寄生虫だけじゃないのかな。
「ゲ○が長期間断続的に続いている原因が、血液検査だけではわからなかったので」との説明に、がっくりしながら超音波検査の予約をしました。費用は300ドル弱。さらにショック。でもチョビの健康にはかえられません。
常に上機嫌のチョビと病院を後にし、歩いて30秒の自宅に向かいました。
ルンルンでオシャッ○をしながら歩くチョビ。こんなに元気なのに、どこか悪いんだったらどうしよう。突然死んじゃったらどうしよう。考えただけでどこかに行ってしまいそうになるぐらい恐ろしい想像です。

帰宅すると待ちかねたように父と母が訊きました。
「チョビちゃん、どうだって?体重は?ウ○チ検査は?」
体重はそのまま。超音波検査が必要だって。ウ○チ検査はまだ。手渡したら『ウッ』って言われた。と伝えました。
「いや。そりゃそうよ。あの臭い。すごかったわ。お父さん、あの袋ずっと手にもって歩いてたの?」と母が父に訊きました。
「あ? いや。そんなもんずっと手になんか持たへんわ」
「へえっ?じゃあどうやって持って帰ってきたん?」
「上着のポケットや」

当分父の上着には、特にポケットには触らないでおこう、と思いました。
父。色んな意味でスゴすぎます。

040707_2249
↑ゲ○のための抗生物質と虫くだし薬。それから今後のために、ウ○チ採取用容器も3コもらってきました。

040707_2250
↑お散歩後、お水をガブ飲みするチョビ。

040707_2251
↑お水の後はいつもこうして振り返り、『ブヘーっ!』とおっさんのような声を出します。水も飛びます。よそ行きを着ている時は迷惑です。

|

« 事件 | トップページ | イースター »

ペット」カテゴリの記事

コメント

★じょんみわさん
ええーっ。ホントですかっ?寄生虫、すぐ治りました?そうかー。ならちょっと安心です……。年が年なもんで、あまりにも痩せすぎると心配で……。すぐ疲れるみたいなんですけど、それって痩せ過ぎからくる体力不足なんでしょうかね?あー心配。。。

★YURIさん
チョビ、色々とおっさん臭いです。後ろ姿の太ももの辺とかもおっさんくさいです。子犬のころから、しつこさ加減もおっさんくさかったです。遊んで欲しいとき、背後から忍び寄って耳元に『ッハヘーッ』って熱い息(しかも生臭い)をふきかける辺りは、まさしくおっさんです。

★mint2さん
ほんとですー。犬や猫ってどうして自分でへンなもの食べてぐったりするんでしょうねえ。でもそれがまたなんともいじらしいっていいますか……(涙)。避妊手術をした後、ヨロヨロと歩く姿を見て、かわいそうでかわいそうで泣けました。ごめんねごめんね一生かわいがるからね、って思いました。あー。ホントに早く良くなってほしいです。無敵リン父の眼も。

投稿: リンコ | 2007年4月 9日 (月) 01時46分

リンコさん。
パパさんの想像を超える行動とそして「うっ」な悪臭にお察し申し上げます。(笑)ゲ○ちゃん状態のわんちゃんは切ないくらいかわいそうです。うちの犬も自分でヘンなもん食べてぐったりしてましたが、かわいそうなくらい弱ってて涙が止まりませんでした。早く結果がでてよいお薬で治って元気なチョビちゃんに戻りますように!!(祈願)
それにしても悪夢3連発がリアルな光景でパパさんのポケットなのが狙ってなさ過ぎるオチで笑ってしまいました。すんまそん。(><)

投稿: mint2 | 2007年4月 8日 (日) 11時19分

チョビちゃん、よく検査してあげてくださいね!
そしてりんパパさま、素晴らしいですね~♪思わずいろいろ想像してしまいました…しばらくソフトクリームが食べられないかもです...

チョビちゃん細面の美人さんで、とてもおっさんのような声を出すとは思えないですよ。

投稿: YURI | 2007年4月 8日 (日) 11時03分

チョビちゃんの寄生虫&ゲ○、早く良くなりますように!!!!
ウチの犬も以前寄生虫がいましたが、薬でアッという間に良くなりましたよー。
チョビちゃんの写真、悶えるほどカワイイです☆

投稿: じょんみわ | 2007年4月 8日 (日) 08時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 事件 | トップページ | イースター »