« まだ続く家探し | トップページ | ダンス »

2007年5月14日 (月)

写真好きのじいさんX2

↓今日も1位!(iДi)ありがとうございます〜。
1クリックお願いしますぺこり。
人気blogランキングへ

↓夢は5位以内です!
お情けの1クリックお願いしますますます。
海外blogランキングへ

今日はお客様と出かけてきました。
お客様はおフランスから。お名前はジャンクロードさん。年齢不詳ですが、なんとなくリン父世代かな、という感じです(違ってたら失礼)。

詩人であり元ソルボンヌ大学教授であり、現在もパリのいろんな大学でクラスを受け持っていらっしゃるジャンクロードさんは、パリの香り漂う素敵な紳士。車のドアの開け閉めはもちろん、乗り降りには必ず手を差し伸べてくださるし、お体全体から漂う柔らかで上品な雰囲気がとても魅力的です。
そんなクラッシーな紳士ジャンクロードさんですが、笑い声だけは結構、えー、なんというか、つまりその、どう聞いても『ケッケケケッケケケ』としか聞こえないすごい笑い声なんです。ご自分のジョークにご自分でウケまくって、『ケーッケッケッケケ』と笑う様は、なかなかすごいです。

で、今日はジャンクロードさんのリクエストで、アメリカで超有名で超人気がある詩人だけど私は全然知らなかったウォルト・ワイツマンの生家を訊ねてきました。
マンハッタンから車で約40分ほどの街にあるワイツマンの生家は、1800年代に建てられた農家です。しかも詩人のはずのワイツマンさんが設計建築したような気がするんですけど、ガイドさんの説明を上の空で聞いていたのでそのへんは定かではありません(無責任)。
だから、ワイツマンさんは詩人だけど農夫で建築家で大工さんなのかもしれません。

051407_1158
↑ミュージアムの入り口。写真がたくさんありますね……。

051407_1159
↑近寄ってみて見ると。おお。このじいさんがワイツマンさんか。白ヒゲじいちゃんだな。

051407_1201
↑……ていうか……これ、全部同じじいさんに見えるんですけど……。

ワイツマンじいさんは、写真好きのじいさんらしく、壁一面に貼られたポートレートは、全部同じじいさんの写真でした。それも若いときの写真とか、子供時代の写真とかは全然なくて、白ヒゲじいさんの写真ばっかりでした。ニューテクノロジーに興味津々じいさんでもあったらしく、彼の肉声が残っていてそれを収録したCDも発売されているらしいです。当時としては相当なハイテクじいさんだったんだな、きっと。気難しい顔をしているけど、なんとなく可愛い感じもします。

051407_1202
↑コレがじいさんの生家。古くて小さなかわいらしい農家です。

051407_1214
↑キッチンに通じる白いドアは1建築当時のオリジナルだそうです。

051407_1216
↑キッチンの様子です。ノスタルジックでいいです。

051407_1234
↑天蓋付きのベッド。可愛いです。ここに住みたくなりました。

各部屋で写真を撮りまくってしまいましたが、他の人たちは皆静かにガイドさんのお話に耳を傾け、時々窓の外に見えるライラックを指差して『この窓から見えるライラックが、彼の詩のムニャムニャムニャ〜(とはまさか言わなかったけど詩を知らないので何を言ってたのかわからんかった)の部分の景色なんでしょうか?』なんていうアカデミックな質問が出たりして、リンコにとっては写真好きの白ヒゲじいさんは、本当にアメリカ人に愛されている詩人なんだなあ、と感心しました。

じっくりと1800年代の雰囲気を楽しんだ後、小さなミュージアムショップでジャンクロードさんはじいさんの本をご購入。その後は朝ご飯抜きのリンコのために、近所にあったIHOP(アイホップ・International House Of Pancake)に立ち寄りお昼ご飯です。

051407_1400
↑アイホップのパンケーキ。うううう。

いやー。アメリカのパンケーキってどんなに美味しいっていっても、日本のホットケーキにはかなわないと思っていましたが、アイホップのパンケーキはさすがパンケーキ専門店!絶品でしたー!!また行きたいですけど、マンハッタンにはないんですよ。あー。悔しい。色んなフレーバーのシロップがテーブルに並んでいましたけど、私は無難なオリジナルフレーバーにしました。

051407_1402
↑パンケーキの友・目玉焼きです。新鮮でした。

051407_1401
↑フライドシュリンプ入りシーザーサラダとジャンクロードさん。
ポーズが決まっています!

というわけで、ジャンクロードさんも写真好きのじいさんだったことが判明。それも撮られ好きなだけではなく、撮り好きなことも判明。この薄っぺらなカバンのいったいどこに?と疑問に思うほど巨大なカメラをがさごそと取り出し、「あなたの写真を撮ってもいいですか?」と、アイホップの前でリンコポートレートを撮ってくださいました。

奥様がアッパーイーストサイドの大学でクラスを受け持つ事になり、年に数回NYを訪れるようになったジャンクロードさんですが、今回は長逗留になりそうとのこと。またどこかの詩人の家に行きましょう、と約束してさよならしました。
3番街の古いビルを背景に歩き去っていくジャンクロードさんの後ろ姿は、ソルボンヌの香りが漂う映画の1シーンみたいでした。フレンチ訛りの英語も、ケッケケケな笑い声も、とてもかわいらしい感じでした。こんどお会いした時は、私もちゃんとしたカメラで撮影してあげようと思います。

|

« まだ続く家探し | トップページ | ダンス »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

★teruさん
初めまして!コメントをありがとうございました。
本屋さんでのご購入、ありがとうございます〜(涙)
あの、ホントにこのパンケーキ、美味しいですよ!ふかふかで甘すぎず、バター味とミルク味とシロップが絶妙にからみあって。ううう。また行きたいです。

★とうちゃんさん
確かに白ヒゲじいさんがカレーを食べたら大変なことになりそうですね……。あと、ミートソースとかも。ジャンクロード先生。笑った顔はとっても可愛らしいんです。笑い声がアレだけど。

★miyuさん
アイホップはブルックリンの奥地やクイーンズのフラッシングあたりにあるみたいです!
フランス紳士と私は……メ、メル友……?

★ジェイコさん
パンケーキも紳士も、どちらも掘り出し物(?)です!
フランス紳士とは、今度はパリで会いましょう、と約束しました。うひひ。

投稿: リンコ | 2007年5月16日 (水) 21時26分

パンケーキ美味しそうぅ~!
思わずよだれが出ました。
ジャンクロードさんも素敵なお方ですね~。
いろんな方と交流しているリンコさんが羨ましいです♪

投稿: ジェイコ | 2007年5月15日 (火) 12時06分

白ヒゲじじ様もフランスおじ様もパンケーキも味わい深いですね。
断然アメリカパンケーキ派、冷凍パンケーキが大好きな私には、IHOPが興味深こうございました。
ところで ステキなフランス紳士とリンコさんは何友達?

投稿: miyu | 2007年5月15日 (火) 08時12分

この可愛らしい家に、このひげじい。ハイジのお家と、おじいちゃんを想像してしまいました。でも、昔の外国のおじいちゃんって、こんなイメージですよね。顔中、毛。二枚目の写真の右上の顔なんか、「上下ひっくりかえしても顔に見える」みたいな感じですよね。でも、ご飯食べた後、どうなってるんでしょうか(うちのカレーうどん食べさせてみたいなあ)。

ジャンクロード先生も写真を見るまでは同じようなひげじいを想像してたんですけど、全然ちがう知的な方。いい感じで年取ってはるなあって思いました。今度は、笑ってる顔もアップして下さい。

投稿: ぞ~いのとうちゃん | 2007年5月15日 (火) 05時05分

初めまして!
竹内さんの本が大好きで、全部読ませて頂きました。(勿論ちゃんと本屋で購入しましたよ。)
そんな私は竹内さんのブログを毎日読める事が嬉しくてなりません。
N.Y.には10年行っていませんが、パンケーキ&目玉焼きがとても美味しそうなので、是非とも次に行く機会があれば訪れたいうちの一つになりました。
これからも楽しみにしております。

投稿: teru | 2007年5月15日 (火) 04時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まだ続く家探し | トップページ | ダンス »