« 薪能つづき | トップページ | アイドルKIYOねえとボストン旅行<6> »

2007年7月24日 (火)

アイドルKIYOねえとボストン旅行<5>

↓今日も1位!みなさまのおかげです〜。
本日も1クリックお願いしますぺこり。
人気blogランキングへ

↓7位です!やっぱり5位以内は夢なのか?(iДi)
お情けの1クリックお願いしますますます。
海外blogランキングへ

さて、おひゃるごはんを食べ終わりいよいよ観光。
とはいえ、女性二人旅となるとついつい食事の席でおしゃべり爆発してしまい、気がついたら2時半過ぎ。
ひいいいいー。帰りの電車は6時40分なのにいいいー。早く回らないと、どこにも行けないまま全てが終わってしまうわー。
と二人で大騒ぎしながら外に飛び出しました。
ボストンの良い所は、フリーダムトレイルという観光客の強い味方があるところです。
歩道に引かれた赤いライン(時々レンガ)をたどれば、おすすめの観光スポットを無駄無く回れるという、便利なモノ。フリーダムトレイルは全長4キロ。これなら予定時間内に回れそうだぞ。

Freedomtrail
↑コレがフリーダムトレイル。たどって歩いているとなんとなく犬ぽい気分になれます。

しかし恐るべきは女二人旅。
べらべら喋りながら歩いていて、ふと気づくと足下の赤ラインがいつの間にかなくなっている。
「あっ。赤ラインないじゃんっっ」
「あっ。ほんとだっ。どこに消えたっ」
消えたんじゃなくて、お前達がべらべら喋りながら歩くから見失うんだよ。
という感じで、あれこれ迷ったり寄り道をしながらも、予定のスポットを全て回るべくガイドブックのコピーを片手にさくさくと歩きました。
キヨPは、めぼしい建物が目に入ると「多分あれがこれだわ」と言いながら、ガイドブックコピーをがさがさとめくり、説明文を最初から最後まで全部大きな声で読み上げてくれます。
キヨPによると、独立宣言がなされた建物(名前覚えとらんわ)と、そのきっかけとなったアメリカ人兵士だったか誰かが何人か知らんけどたくさん虐殺された場所(さっぱりわけがわからんな)は絶対はずせないとのこと。
独立宣言がなされた場所はすぐにわかったけど、虐殺場所がなんとなくよくわからん。その上、そのよく事情のわからない虐殺が独立戦争のきっかけになったと書いてある同じ本(のコピー)の中に、全然違う場所で起きた全然違う事件も独立戦争の引き金になったと書いてある。
どれがホントなんじゃっっ。とキヨP。落ち着けキヨP。(お前もじゃ)

Kokoarautta
↑ここが独立宣言の建物(だと思う。違ったらごめん)。

このビルの回りを赤ラインがぐるりと回っているのですが、キヨPと私がどうーーーーしても見たかった虐殺現場が見当たりません。凄惨な現場を想像して、ドキドキしながら歩き回ったのに、一体どこなんじゃ。
手に持ったガイドブック(のコピー)に載っている現場写真は、なんか妙にすっきりさっぱりしたマンホールのフタみたいな感じ。
なんだよこれは。こんなもん虐殺でもなんでもないじゃないか。と理不尽にののしりながら、建物周辺のマンホールをしらみつぶしに回り、一個見つけるたびに
「あっ。これじゃないかっ?」とコーフンするのですが、どうも写真と様子が違う。
おかしいねえ。フリーダムトレイル上に絶対あるはずだよねえ。
と首をかしげながら歩き回り、はっと目に入ったのは交差点の真ん中、さっきの建物の真ん前にある三角の中州。
そういえば、ガイドブック(のコピー)の写真も三角風味。
まさかこれが?
近寄ってみると、まさしくそこが虐殺現場。
これじゃ写真がないと絶対わからないじゃんねえ。
看板ぐらい立てとけよ。
と二人でまたののしってみました。
そして、声高に説明文を読み上げてくれるキヨP。説明によると、正面の建物のバルコニーから誰か(イギリス人兵士だったかしら?)(←知識が曖昧なので可愛ぶってみた)が発砲し、アメリカ人兵士(だと思う)が5人撃ち殺された現場らしい。
これがきっかけで暴動が起こり、独立戦争に発展したというような感じの話だったような気がしないでもないが、詳しくて正しい説明は、そのうちキヨPが彼女のブログでやってくれると信じているので、その辺は彼女に任せよう。

Gyakusatsurinko
↑虐殺現場でこんな写真撮る観光客・リンコ。
バチが当たっても知らんぞ。

File0029

↑虐殺の様子(想像図)(←当たり前じゃ)。

無事虐殺現場を見られたことですっかり安心したリンコとキヨP。
あとはのんびり赤ライン沿いに歩き、サミュエル・アダムスの銅像や、サミュエル・アダムスのお墓を見物しました。素敵な元市庁舎ビルがステーキ屋になっていたり、古いお墓の中にカメラをつっこんで写真を撮っているヘンなヤツを目撃したりしましたが、ボストンはとっても清潔で安全で観光客に優しい街でした。
そう。アレが起こるまでは……。

Kiyop2
↑HQビデオの袋片手に絶好調のキヨP。この先、何が起こるかも知らずに。ああ、なんて幸せそうなんでしょう。

<ひっぱりまくってるわりにショボい結末だったらどうしよう。待て次号!>

|

« 薪能つづき | トップページ | アイドルKIYOねえとボストン旅行<6> »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

全く緊張感のない虐殺現場の絵に脱力・・
すごくアバウトに独立戦争の経緯を勉強できました。
キヨPさんは、何気に天然ですよねぇ~?

投稿: きょうこ | 2007年7月25日 (水) 09時20分

虐殺現場の石とリンコさんの洋服の色がgood match☆石畳の妖精!?

投稿: miyu | 2007年7月25日 (水) 08時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 薪能つづき | トップページ | アイドルKIYOねえとボストン旅行<6> »