« ハト次 | トップページ | ハト次3-フンフンとチョビの薄暗い過去- »

2007年8月 9日 (木)

ハト次2-チョビの薄暗い過去-

↓今日も1位。ありがとうございます〜(iдi)
本日も1クリックお願いしますぺこり。
人気blogランキングへ

↓8位です!
お情けの1クリックお願いしますますます。
海外blogランキングへ

yayoさんの『チョビの薄暗い過去』という書き込みに、一人でバカ受けしましたので、副題として勝手に使用させていただきました。

さて、そのチョビの薄暗い過去のせいで一人っ子となってしまったハトの赤子。
フンフンがアホ丸出しで覗き見しにきた時には、すでに母ハトのお腹の下でぽかぽか温まっていました。なかなか可愛らしい様子に、しばしフンフンと二人でなごみました。
さあ、それからが大変です。
ド暇なフンフン。電話をかけてくる度に『ハトは?ハトは?』とうるさいことこの上ありません。あんまりハトハトうるさいので「ハトハトうるさいわっ」と言ったら「じゃ、名前つけなよ」とフンフン。
なんか問題のすりかえな気もしましたが、せっかく一つ屋根の下でくらしているんだし(?え?)、生まれた赤子に名前ぐらいつけてあげても楽しいかもね、と思い「じゃ、つけるよ」
「なんて名前にする?」
「ハ」
「え?」
「ハト次……」
「はとじ!」
なんかスリみたいな名前かな、とも思いましたが、頭のてっぺんに黄色いほよほよの毛が生えていてひんそうな雰囲気が『ハト次』って感じだったんです。で。ハト次に決定。するとそれ以降「ハト次は?ハト次は?」とフンフンがうるさいことは全くかわりなく、暇さえあると「ハト次は?」と様子を見に来る有様でした。
そしてある日とうとう事件が。
しょっちゅうハト次の様子を見に来ていたフンフン。でもハト次も母ハトもどうもフンフンのことが大嫌いな様子です。私に対しては一宿一飯(ご飯はあげてないか)の恩義を感じているのか、警戒心は強いけれど時々ベランダに出ても逃げはしなくなっていた頃だったのですが、フンフンがベランダのドアを開けると、母ハトは露骨にイヤそうに腰を浮かしているんです。
もういいかげんにしなよ。とある日言ったんですが、こりもせず
「おーいハト次ー」とベランダのドアをあけると、ちょうど母ハトが食事時だったのか、ハト次が一人でお留守番だったんです。
で、だいっきらいなフンフンが顔を出した瞬間、ハト次大パニック。
ピーピーピーピーギャーギャーピーピー
と大騒ぎの挙げ句、飛べない羽をバサバサバサバサーっとやって、植木鉢から落下してしまいました。しかも、他の大きな植木鉢群との隙間に。
「あっっっっ!!!」
「どっ、どうするのよっっっ!死んだらどうするのよっっっ!!バカっっっ」
「だいじょうぶだよ。んなもん、植木鉢から落ちたぐらいで死にゃしねえよ」
「だってまだ生まれたてなのにっっ。ちゃんとしてよ見つけてよ拾ってよ巣に戻してよっっっっっ!!!きいいいいいいいいいっっっ」
リンコもパニックです。
わかったようるせえな、と悪態をつきながら、フンフンも結構慌てて植木鉢のすきまに顔をつっこんでハト次をさがしはじめました。
「ハト次ー。出ておいでー。恐くないよー」
おめえが恐いから逃げて落ちたんじゃっっ恐くないよーとか言ってハト次がノコノコ出てくるかいっっ。
もしかして怪我でもしていたらどうしよう、万が一死んでいたらどうしよう。
と不安な気持ちで見守っていると、かがみこんだフンフンのむこうでピーピーという小さな声が。
「こんなの」
こう言いながら振り返ったフンフンの手の中には、小さなハト次がガタガタ震えながらすっぽり入っていました。
「ハ、ハト次ー。だいじょうぶー?」
近寄ると目が充血しているし(元々か?)相当ショックを受けた様子なハト次。なんでもいいからとにかく巣に戻して、あとはそっとしておいてやらなくちゃ。
と、フンフンがハト次を巣に戻した。のはよかったんですが。
バサバサピーピー!!!!
完全パニック状態のハト次。何度巣に戻しても、すぐに羽ばたいて植木鉢の間に逃げ込んでしまいます。
「どうすんのよ……このままじゃハト次、エサもらえなくて死んじゃうよ。母ハトに見つけてもらえなかったらどうすんのよ……」
「しょ、しょうがねえじゃん。何回やっても自分で出て行くんだからよ……」
自分で出て行ってるんじゃなくておのれが脅したから落ちたんだろうがっっ!
「ま、野生のハトなんだから大丈夫だよ」
なんでそんなことわかるんだようっっっ。バカっっっフンフンのバカっっっっ!!!
さすがのフンフンも責任は感じていたのか、リンコの『フンフンのバカっっ!』を何回聞いても逆ギレはせず、おとなしーくタバコを吸って、コソコソーっと帰って行きました。
ていうか。
帰るなよ……。

さて、それからがリンコにとっては地獄でした。
冬なのに。ハト次、暖かいお家から落ちちゃって、どうなるんだろう……。母ハトのお腹の下に戻れるんだろうか。親ハト達はハト次を見つけてくれるだろうか……。
果たして事件の数時間後、親ハト達が戻って来ました。
ポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポ必死で小鳩を探している風な声が。あああ。母ハトー。ハト次はベランダにいるのよう。お願い見つけてやってえー。
リンコの願いが届いたのか
ポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポピーピーピーピー
ポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポポッポ!!!!
ピーイピーイピーイ!!
ハト次の声を聞きつけた親ハトが、必死で探している様子です。
そこそこ。そこの奥よっっ。植木鉢の裏にいるのよっ。ハト次っっがんばって出て来なさいっっ!
またもや必死で祈りましたが、この祈りは空しく、探しても子ハトの声しか聞こえない状態に親ハト達は諦めてどこかへ飛び去ってしまいました。。。。そ、そんな……(iдi)
何度も言いますが、季節は冬。
一人ぼっちではハト次は凍えて死んでしまう……。
かたや私の立場は、愛犬がハト殺し主犯格、そして友達が未成年者略取の容疑者。
私がなんとかしないと、ハト次が不幸なハトになってしまう!明日親ハトが戻ってくるまでに、なんとかしないとっっ!

悲愴な決意でリンコがはじめたのは、ハト次の家作り。
なんのことはない、小さなダンボール箱でハト次が飛び出せないぐらいの高さのものを選び、中にタオルを敷いてやり、ハト次が快適に、いや、できればハト次一家が快適に暮らせる巣になるようにしてやろうと決心しました。

Hatoji
その巣箱を作るのは簡単だったんですが、リンコが恐かったのはハト次を手でつかまなければならないこと。強くつかみすぎて死んじゃったらどうしよう。噛まれたらどうしよう(?)。等々。
でもここは私がやらねば。

こうして完成した段ボール巣箱をベランダに出し、ピーピーギャーギャーと大騒ぎして逃げ回ったけれど、両手で掴むとしーんと大人しくなったハト次を箱にいれると、意外に居心地がよかったのか、ハト次はものすごーく大人しく箱の隅で丸くなりました。
そして翌朝、これが一番うれしかったんですが、親ハトがそろってハト次の元に戻って来ました。
最初警戒して箱に近づこうとしなかった親ハトたちですが、時間がたつと箱のフチに立ってハト次にエサを与え始めました。
ああ……一安心。ああ。良かった。
この歓びも実は束の間。
まずはこの夜、親ハト達は暗くなり始めると一度も箱に入ることなく、いずこへともなく飛び去ってしまったんです。
ああまって。ハト次を温めてあげてくれないのおお???

<なかなかひっぱります。まだ続くチョビの薄暗い過去。そしてフンフンにももう一つ薄暗い過去が!>

|

« ハト次 | トップページ | ハト次3-フンフンとチョビの薄暗い過去- »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

★間違って途中で送信しちゃいました。
りえさん、そうですかー。マジックショーのハトとか伝書鳩ってハト次の種類より利口なのかな、って思ってたんですけど、そういう習慣性を利用してるんですねえ。
miyuさん。犬用のブタの耳はちょっといいにおいなんですけど、食べる気にはなりませんです……。
うさぎさん。そうなんです。フンフンはハト次と遊びたくてしょうがなかったんですが、ハト次には死ぬ程嫌われていました。どうしてなんでしょう……。
卯月堂さん。私もハトが大好きというわけではないんですが、ハト次にはさすがに情がわきました。今どうしてるかなあ。まだ元気に生きてるのかなあ。車にはねられたりしてなきゃいいけどなあ。

投稿: リンコ | 2007年8月11日 (土) 02時17分

★みなさん、コメントありがとうございます!
ハト次編、完結しました。
『薄暗い過去』大ヒットでした。yayoさんありがとうございました!
いまだにハトを見かけると、ハト次どうしてるかなあ、って思います。ハトって何年ぐらい生きるんですかね?
とうちゃんさん、計算間違えないようにしてくださいね。
ロンドン野郎さんの『薄暗い過去』も気になりますが、ハンドルネームの由来もかなり気になります。

投稿: リンコ | 2007年8月11日 (土) 02時13分

->Miyuさま

知ってる、知ってる。 あの「おからの旦那ぁ~」っていいうあの方ですよね。 品川隆二さん。ちゃんとご存命で、最近リメイク版にも出演していたらしいですよ。 Wikipediaによると。

それはそれとして、アパートメントのベランダで、昨年チョビ嬢と同じようなハトにまつわる薄暗い暗い過去を持っているロンドン野郎としては、このお話、他人ごとではありません。 どんでん返しのハッピーエンドをお願いします。 リンコさん。

投稿: ロンドン野郎 | 2007年8月10日 (金) 20時10分

大好きな(?)ハト次に嫌われちゃったフンフンさんが切ないです...片思いですね...もうひとつの「うす暗い過去」気になりマすぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ。

投稿: うさぎ | 2007年8月10日 (金) 19時31分

あぁ~~(感嘆の声)このハト次の絵♪すっき~~♪目がたまりません。
ハト次って名前から、昔々の時代劇で「品川隆二」さん演じる「半次」(チンピラみたいな役)を思い浮かべてしまうのは私だけでしょうか←これ分かる人いるかしら???あー、歳がばれる。品川さんまだ生きてらっしゃるかな?(ハトとは無関係・・・・)

とうちゃんさん かわいいお嬢さんと間違えていただいてうれしいです。ぶたの耳はおやつなんですね。ひょっとして人間が食べてもおいしい?

投稿: miyu | 2007年8月10日 (金) 08時48分

ああ、なんか読んでいてハラハラドキドキ。ハトはそんなに好きではないですけど、ハト次を応援せずにはいられない。どうか無事巣立ってくれますように!
チョビやフンフン氏にこんな『薄暗い過去』があったなんてちょっとショック(?)。

投稿: 卯月堂 | 2007年8月10日 (金) 07時51分

りんこさんに朗報。いつか第2のハト次が出た時のためにっ。
ハトは、普段とらないような体勢になるとおとなしくなるんですってよ。脇からシャっと持ち上げてくるっとひっくりかえすと動かなくなる。とりあえず、暴れて殺されたら大変とばかりにきゅっと動かなくなるんだそうです。これを利用したのが、マジックショーにでてくる白いハト。んなもん、ハトがなんでじっとしてられるんだろうと思ったら、そういうことなんだそうです。つい最近テレビでやってました。(情報源:テレビってなんかアホっぽいですが。。。)

投稿: りえ | 2007年8月10日 (金) 07時14分

また、ひっぱっちゃったね。
気になって、精算書の数字、間違ったし。
また、yayoさんに怒られるし。
次号、完結編希望。

miyuさん。僕がテレビで見たのは、ミュージカルスターを目指すニューヨーク在住の日本人の女の子です。miyuって名前でした。可愛い子でしたよ。

投稿: ぞ~いのとうちゃん | 2007年8月10日 (金) 06時36分

ああ、ハト次の行く末が気になってお盆休みを満喫するところではありません。
ホントならハト太郎とかがいたかもしれないのに、かわいそうなハト次。

このまえ、友人が子供を初めて動物園に連れて行ったら
大好きなはずのきりんを見て大泣きしたんですって。
よくよく聞いてみると、絵本でしか見たことがなかったので
手のひらに乗るぐらいのサイズだと思っていたそう。
手乗りきりん・・・想像するとたまらなくカワイイです。
お散歩とか連れて行くと楽しいだろうなあ♪

投稿: yayo | 2007年8月10日 (金) 04時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハト次 | トップページ | ハト次3-フンフンとチョビの薄暗い過去- »