« 不公平 | トップページ | 暑い »

2007年8月24日 (金)

夜の散歩道

↓今日も1位です!!ありがとうございます〜。
本日も1クリックお願いしますぺこり。
人気blogランキングへ

↓9位浮上!ありがとうございます!(iдi)
お情けの1クリックお願いしますますます。
海外blogランキングへ

今日はとてもミョーなことが起こりました。
まず、夕方からチカちゃんちに集合し(アサミちゃんとチカちゃんとコンちゃんと私です)、クミちゃんにまつげパーマをしてもらうことになっていました。
6時ごろ、コンちゃんが突如都合が悪くなり来られなくなりましたが、チカちゃん、アサミちゃん、私の3人は、まつげパーマをしてもらい、そしてチカちゃんの高級婦人服ガレージセールを楽しみ、アサミちゃんはスーツやらジーンズやら旦那さんの革ジャンまでゲットし、私はかねてから憧れの高級ジーンズを夢かと思うような激安でゆずっていただき、各自大満足でした。
またダニのごとくチカちゃんの美味しい手料理をいただき、満腹で帰宅。
チョビのご飯をあげてから、お散歩に出かけました。

てくてくと大通りを歩くと、いつものフルーツ屋台です。

082507_0001
↑手前で寝ているのが、いつもの夜店番若人です。
ていうか、そんな姿勢で眠れるのか?

フルーツ屋台の横を通り過ぎ、バルタンヘアの店の前を曲がると、次の角には小さな公園があります。夜の公園は、まるでナルニア国みたいに幻想的で綺麗です。

082507_0010
↑でも『犬立ち入り禁止』です。大雪の真夜中に、こっそり忍び込んでチョビと転げ回って遊んだこともあります。

082507_0008
↑散歩道の途中、クライスラービルが見えます。

082507_0009
↑この道のずっと先は、タイムズスクエアです。真夜中でもギンギンに明るいです。

082507_0007
↑反対側をふりむくと、夜中の国連本部です。9ー11の直後は、窓の明かりを『We Love NY』に点していました。あーもうじき6年かあ。

そんなチョビの散歩道ですが、それは帰り道途上で起こりました。
テクテクと歩き、今夜はウ○チなしかなあ、と思っていると、突然チョビがビクっっっと背後をふりむきました。
「どうしたのチョビ?」思わず声をかけてしまうほど、なんとなくいつもと違うチョビ。シッポは股の間にビシーっと入り、耳もねています。
何度も何度も後ろを振り向き、コソコソとした歩き方をするチョビ。何かに怯えているとしか思えないその態度に、私も不安に。
ほれ。犬とか猫って、人間の目にはみえない何かがみえるとか言うじゃありませんか。
戦前からの古いアパートが建ち並ぶエリアなので、何かがいるんだろうか……。
さらに怯えた様子のチョビは、足を縮め、低い姿勢になって通りを渡って反対側の歩道に行こうとまでします。
「チョビ〜。待ってよう。一人にしないでよう」
私も怖くなって、慌ててチョビの後を追いかけ通りを渡りました。
まだ何度も何度も後ろを振り向きながら、低い姿勢で歩くチョビ。通りかかったタクシーのドアが開く音にまで、ビクーっとするほど怯えています。
一体何が?

082507_0012
↑怯えるチョビ。


082507_0013
↑逃げるチョビ。

飼い主を守るどころか、一人で逃げる卑怯者のチョビ。歩道沿いに停まった路上駐車の車の間間から、何度も反対側の歩道を覗き見しているので、チョビの背後から私も覗いてみました。
すると。

あっっ!!

反対側の歩道沿いに置いてある、巨大ゴミコンテナーの下にっっ。

ふさふさシッポがシマシマの、アライグマがっっっ。

082507_0014
↑必死で逃げて行くラスカル。後ろ姿しか撮れませんでした……。
この写真では何がなんだかわかりませんが、結構大きなラスカルでした。

いやー。シッポがふっさふさでくっきりシマシマ模様のラスカル。初めて間近に見ました。通りかかった車も徐行して見ていました。
それにしてもこんな都会のど真ん中にラスカル……。一体どこから来たのかしら。飼われラスカルなのかな。
こういう場合、本当は消防か警察に通報して、保護してもらわなければいけないのかもしれませんが、消防士ポールさんから常々『木から降りられない猫とか、溝にはまったタヌキとかで緊急コールをかけてくるタコが多くて困る』という生の消防士の声を聞いているだけに、なんか通報できませんでした。
でもなあ。
ラスカル。大丈夫かなあ。もう完全匍匐前進状態で、チョビもアホみたいに怯えていましたが、ラスカルの怯えっぷりも相当でした。
ゴミコンテナーの下から這い出て、アパート前の植え込みの中にゴソゴソと入って行きましたが、大丈夫なんでしょうか。車にはねられたりしないかなあ。
できれば保護してあげたいけど、なんか日本のテレビで『アライグマは獰猛』って言ってたような気も。
やっぱり消防に通報するべきかしら……。
ああ。迷う。



|

« 不公平 | トップページ | 暑い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

リンコさん、初めまして。私も「笑うニューヨーク」の大ファンです。LAに留学(第2の青春)してたこともあって、ほんにアメリカの空気感が大好き。このブログを見つけた時!ヤッターって思いました。あさみちゃんやチカちゃんの顔写真、想いだしながら、なんか昔からのお友達のようです。ところで、私も1ヶ月くらい前に家(兵庫県川西市)の前の用水路を歩くラスカル4匹に遭遇したんです。用水路っていっても、普通の住宅地です。夜、会社からの帰りで疲れて、おなかすいてて、けど、何?何?ネコ?イタチ?ネズミ?でも大きい・・・?疲れ果てたまなこも、びっくり仰天。アドレナリン全開。家の玄関の前で、その中の1匹が後ろを振り向いて、フガッーって威嚇。ラスカルだったんです。うそ、うそ、こんな所で?ギャ~って心で叫んで。でもラスカル様ご一同様。愛くるしい顔がキュートで。慌てて家に駆け込んで、父にラスカル~と叫んだけど、通じず。アライグマが出た?おまえ何、言うてんねん。でも、父も好奇心にかられて、出てきましたが、姿もなく・・。ほんとに見たんよ。家族一同、おまえ夢みてんのと違う?でもアノ白抜きの顔とふさふさシッポはラスカル。たぬきじゃない。やっぱ、いるんですね。その夜はラスカルを口ずさみながら、眠りにつきましたよ。(妹から、その歌はハイジの歌って♪指摘うけたけど・・・)

投稿: mikimaru | 2007年8月28日 (火) 23時58分

こんにちは。久々にコメントです。
私は先日、夜のセントラルパークで、ラスカルを見ましたよ!
反射的に「ラスカール」って叫んでみたら、こっち見てました。

投稿: shigechu | 2007年8月25日 (土) 16時31分

そうです アライグマちゃんは凶暴です。オリにもそう書いてありました。
鎌倉界隈では アライグマが住宅街で野性化して大問題になってます。街なかでは、決してエサをあげたりしてはいけません。情けは禁物らしいです。
逃げるチョビちゃまおりこうさんです!

投稿: miyu | 2007年8月25日 (土) 11時28分

アライグマ君。

田園地帯が周囲に広がるオンタリオ州ロンドン市には本当にたくさんいます。

あまり数が多すぎて『アライグマ退治屋』なる非道な商売まで成り立っています。 よく家の屋根裏や地下室に居を構えたりすることがあって、これを退治するらしいんです。

それ以上に可哀そうなのは、春先になって交通事故に遭う動物の中でアライグマが圧倒的に多いのです。 やっぱり、夜行性なのと、動きが鈍いんです。 夜中にモコモコお尻を振って走って行くのを見かけます。

世界名作劇場をみてきた日本人には、アライグマに特別な思い入れがあったりするのですが、こちらの人にとっては単なる害獣。 通報なんかしたら、そのまま駆除されかねません。

ニューヨークの街でたくましく暮らすラスカル君。 頑張ってね!

投稿: ロンドン野郎 | 2007年8月25日 (土) 09時19分

ラスカル。
危険ですから、手を差し出したりしたらダメですよ。
指、食べられますよ。

そういえば昔、漫画で、貧乏なアライグマ一家が、一人息子の誕生日にお父さんが無理して買ってきたバースデーケーキを、ろうそくを吹き消して、いただきま~すって言った直後に、親子3人で川でケーキを洗ってしまって、呆然としていた光景を思い出しました。

投稿: ぞ~いのとうちゃん | 2007年8月25日 (土) 05時14分

はじめまして。elmと申します。

リンコさんのニューヨークシリーズ全部持ってます。
気軽に読めて面白いエッセイないかな~と、本屋さんで何気なく買ってから“おおっ面白い!”とハマってます。
偶然ブログを見つけてこちらにもハマりました。
高齢のチョビちゃんが気になってたので、こちらで元気そうなお顔が見れてすごく嬉しいです^^
たとえリンコさんを置いて逃げてる後姿でもカワイイ~♪

東京の世田谷区ではタヌキが住宅地で増えてるってニュースを見たことがありますが。。。
NYはアライグマですか。よくわかんないけどさすが(笑)
無事でゴミを漁ってるといいですけど。。。

これからも楽しみにしてますので、よろしくおねがいします!!

投稿: elm | 2007年8月25日 (土) 05時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不公平 | トップページ | 暑い »