« 体温差 | トップページ | 痛みについて »

2007年8月16日 (木)

絶不調

↓1位復活です!!ありがとうございます〜。
本日も1クリックお願いしますぺこり。
人気blogランキングへ

↓こちらは10位転落しくしくしくっ!(iдi)
お情けの1クリックお願いしますますます。
海外blogランキングへ

ああ。体調不良です。
昨夜は楽しかったんですよ。女子の集いでダウンタウンのミョーにくらあああーいレストランでお食事をしましてね、お食事もおいしかったし会話も楽しかったんですよ。
そうそう。日本人女子4人にアメリカ人女子一名だったので、会話は英語。
日本人同士で英語で話すのってちょっとヘンな感じすると思われると思うのですが、意外に当人同士は平気なもんです。やっぱり同席しているアメリカ人の友人にも理解してもらえるようにしなくちゃなりませんし、右向いて日本語左向いて英語じゃ、慌ただしくていけません。たまに通訳のバイトなんかしちゃうと、アメリカ人に向かって日本語で話しかけて、返す刀で日本人に英語で話かけたりなんかして、無茶苦茶なことになってしまいます(私だけか?)。
まあそんなこんなで、楽しい女子ディナー集いだったんですよ。
帰宅後、ちょっと書き物をしたりメールをしたりブログを書いたりして、さー寝る前の読書の時間だわっ、とベッドに入り、小一時間読書をしてから眠りにつきました。
ところが、約1時間後、ぐえええええっっっ、と目が覚めたんです。
ぐえええええええええっってなんじゃいと思われるでしょうが、これがもう、ぐええええええええええっとしか言いようが無いんです。
ぶはあああああああああっっっという表現も当たっているかもしれません。
で、そんな風にして目が覚めると、もう動悸と目眩でどうしようもこうしようもなるんです。身動き一つとれない状態で、ただひたすら動悸と目眩がおさまるのを待つこと30分ほどでしょうか。
もう起き上がっても大丈夫かな、と思えるようになったら素早くトイレに行き、手や腕を冷たい水で洗い、今度はキッチンに行き、水をのんだりお湯を飲んだりします。
でもって、ベッドルームに帰る途中、横倒しになってピクピクしているチョビの横にすわって、しばらく話し相手になってもらいます。
そうすると、なんとなく気分が良くなって、また再び横になるというわけなんですが、これを世間では、パニック症候群と呼ぶそうな。
実を言うと、10年ぐらい前から時々コレに襲われることがあったんですが、ここ数年は治まっていたんです。
また来たかっっ。とびっくりしました、昨夜は。
初めてなった時なんか、死ぬかと思ってドアマンに死に水を取ってもらおうか、とか、誰でもいいから電話して臨終の場にたちあってもらおうか、いやでも誰も来てくれそうな人はおらんな、とか惨めに考えながら横たわっていたものでしたが、どうもこれが日本で言うパニック症候群、こちらで言うAnxiety Attackというものだと知り、なーんだ別に大丈夫なんじゃん、といっそ気楽になりました。
でも一応お医者に言っておこうかな、と思って、実家のかかりつけのお医者さんで定期検診してもらいながら症状を伝えると
「はあー。それは典型的なパニック症候群ですねえ。でも寝ている時に起きるのは珍しいですねえ。それにしても、全然キャラに合わないですねえええ」とお医者に言われました。キャラに合わないっていわれても。
このね、生き馬の目を抜く都会ニューヨークでふにゃふにゃながら生きて行くには、相当ストレスがたまるんですよっ。そんなねえ、普段からふにゃふにゃでなあんにも考えてないように見えますけどね。ちょっとぐらいは考えたり悩んだりしてるんですよっ。ちょっとだけだけど。
まあ医者に「で、気持ち悪くなって目が覚めて、吐いてしまったりするんですか?」と訊かれ
「いえっっ!絶対吐きません!せっかく美味しく食べたのにもったいないです!」と返事してものすごく呆れられたのも事実ですけどね。
しかしあれですよねえ。都会病っていうんでしょうか。自分では実を言うとものすごーくのほほんとストレスフリーな生活を送っているつもりでも、人間っていうのは結構精密機械みたいな感じですね。
ちょっと油が切れると、どこかしらギシギシ言い始めるような、そんな感じで肉体や精神が悲鳴をあげるんですかね。
で、最近の私って何かストレスあったかしら?
………………
なんか今ぱっと思いつかないので、ちょっと二三日考えてから思いついたら書きます(いらんわ)。
明日は痛みについて書きます(なんだろう?)。

Chobiyong_2
↑ストレスのある人間の愛犬とその人間が作ったアホ丸出しの合成写真。
この写真を作ったときが、あー。グラフィックデザイナーで良かった、って一番実感した瞬間でした。

|

« 体温差 | トップページ | 痛みについて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

★yayoさん
あんなことやこんなことの合成は、恥ずかしくて作れません……が、実は水着姿で後ろからハグ……は作ってみました。今でも見るだけで鼻血が出そうになります(アホか)。
過呼吸も苦しいですよね。私はなったことはないんですが、すごく苦しいってききます。それに一人暮らしの時、本当に心細いですよね。でもゴメンなさい。ビニール袋かぶって……のくだりで、なんか可愛い!ってちょと思っちゃいました……、すんません。お大事にしてくださいねっ。私もお大事にしますっ(?え?)。

★2号さん
わかるっ!わかります!その感じ!
なんであんな風になるんでしょうね?人間の体とか脳って不思議です。その直前までなーんともないのに……。あの孤独感と不安感と、それからなんと言ったらいいのか、えも言われぬ喪失感というか……。不思議です。ただ私の場合は寝ている場合に発生するのが本当に珍しいそうです。普通、そうやって満員電車や人ごみ、職場とかが多いらしいんですけどね、ドクターの話によると。
2号さんもお大事にっ。その後そのデブがどうなったのか、興味あります。

★うさぎさん
ありがとうございますー。そうです。ヨン様です。へっへっへへっへへ(アホ)

★ロンドン野郎さん
あー。ロンドン野郎さんの症状が、私のとそっくりですね。
みんな色々ストレスを抱えているんですねえ。うんうん。
今NYにいらっしゃるんですね!7丁目近辺というと、イーストビレッジあたりをうろついていらしたのでしょうか。インド街?
しかし機長さん、根性ありますねー。
揺れなかったですか?私は根性無しの弱虫の高所恐怖症なので、嵐をおして飛びます、って言われた瞬間チビったと思います。

投稿: リンコ | 2007年8月18日 (土) 01時39分

->リンコさま

パニック症候群はよく分らないけど、ロンドン野郎もたまに夜中にとんでもなく異様な夢にハッと目が覚め、そのまま死んでしまいそうになるくらい心臓バクバク、息も絶え絶えってことがあります。 リンコさんだけじゃなくて、みんなどこかで、ある意味、ごく普通に、ストレスって溜めてるんじゃないでしょうか。 きっと。

私事ですが、今NYに来ています。 カナダのトロントからの飛行機がNY近辺のThunder Stormの影響で4時間以上も遅れてしまって、こちらで予定してもらっていたお食事会はキャンセル。 あまりの空腹に7丁目あたりを先ほどまで独りでウロウロしておりました(夕食会への期待で、朝から何も食べていないこのセコさ!)。

今夜他のトロントからNY行きの便はみんなキャンセルだったのですが、私の乗った飛行機は、機長が『今夜は絶対にNYに帰るんだ!』という殆ど異常な執念を燃やしていたんです。 一旦ゲートを離れて、ずっと誘導路で待機していたところ、機内のアナウンスで、『一度ゲートに戻れば、今日のフライトは自動的にキャンセルです。 だからこのまま待機します』って、そのまま本当に4時間機内に缶詰。 そして最後に天候が回復したという一瞬を捕まえて『飛んじゃえばこっちのもの』と離陸したんです。 なんか機内は妙に盛り上がっていましたが、流石に疲れました・・・(これは機内アナウンス等に基づく実話です)

PS.

->Yayoさま

ロンドン野郎は黒のボディスーツに身を包んだバイカーでもありませんし、頭に七色のトサカを立てたロッカーでもありませんし、決して暑苦しいほどのデブでもありません。 でも、この季節、カーボーイブーツのバイカーにはちょっとだけ憧れます。

投稿: ロンドン野郎 | 2007年8月18日 (土) 00時31分

合成写真...すごい!韓流ですよね?
パニック症候群...お大事に...チョビに癒してもらってくださいね!

投稿: うさぎ | 2007年8月17日 (金) 11時27分

一瞬流しそうになりました。すんごい合成。実は自称パニック症候群です。(医者に診てもらった訳ではないので)
満員電車が一番ヤバいです。最初はイヤだなぁ~ぐらいなんですけど、徐々に変な汗が多量に出てきて吐き気を催し、動けないっ!て一度でも思っちゃうと、立っていられないぐらいグワングワンしちゃいます。去年の冬になってしまい、恥も捨て、スイマセン!吐きそうですっ!と叫びました。周りはマジで?と少しスペース作ってくれましたが前のおデブ、っていうか、巨漢はイヤホンして聞こえてません。しかもコイツが一番迷惑なんです。真冬でも満員になれば極暑なのに、フリースモコモコでさらにデブなので放射熱がスゴいんです。もう逆に腹たってきて、イヤホンとって吐きますよ?ってお知らせしてあげました。アハ。

投稿: 2号 | 2007年8月17日 (金) 03時28分

むおおおおぉぉぉぉ~、すごい合成じゃ!
ひょっとしてここには載せられない、あんなことやこんなことの合成写真も作ってるんじゃ・・・
(勝手にふくれあがるモーソー)
パニック症候群ですか。
わたしもこの前過呼吸になってしまい、一人で暮らしてるとホントにこういうとき心細いです。
たまたまペットのオウムも実家に里帰りしてたので、(いや、いても別に助けてくれるわけじゃないけど)半ベソかきながらビニール袋かぶって友達に電話してました。
チョビちゃま、カワイイです◎
体重戻ってきたみたいですね。

投稿: yayo | 2007年8月17日 (金) 01時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 体温差 | トップページ | 痛みについて »