« 怖い話 | トップページ | 9-11 »

2007年9月10日 (月)

モー

↓2位です〜。
本日も1クリックお願いしますぺこり。
人気blogランキングへ

↓9位〜(iдi)目指せ添乗員さん!(無理か)
お情けの1クリックお願いしますますます。
海外blogランキングへ

何を隠そう(こればっかり)在米19年目にしてやっと永住権申請をはじめた私。いろんな方々にお願いして、色んな書類にサインしていただいているのですが、先日ご紹介したAmnet New Yorkという旅行会社の社長さん、中川さんにもサインをいただきました。そんな風にサインをしていただき、色々お世話になったあげくに、なぜかおひゃるごはんまでごちそうになってしまいました。一度ならず二度までも。
本日のランチは『ラ・ジョコンダ』という、無茶苦茶イタリアンな名前のイタリアンでした。真隣はこれ以上ないちゅうぐらい日本的な日本料理店『有吉』です。
『有吉』は昔から何度も行ったことがありましたが、『ジョコンダ』さんは今日が初めて。中川さんのご紹介です。

091007_1422

おくれたーと思って駆け込むと、今日初めてお会いするさきたにさんがすでにお待ちでした。
初めましてのごあいさつをしてからずうううっと、さきたにさんが誰かに似てる似てる似てる似てる似てる似てると思っていたんですが、この人に似ていることに気がつきました。むっちゃくちゃ良い人役から地獄の使いかと思うほどの悪役まで、役所の幅広い名優さんですね。

Haruka10
↑左端の人。渡辺いっけいさん、でしたっけ?

091007_1333
↑さきたにさんの方が若くてハンサムですね。すんません。そしてこのお写真では、城島選手に似ています。

091007_1319
↑いつもニコニコ中川さん。ものすごい美女キラーです。モテモテです。

中川さんもいつも穏やかだ優しくて紳士でらっしゃいますが、今日初めてお会いしたさきたにさんが、なんというかこう…優しい風の吹く丘みたいな雰囲気の方でして、一緒のテーブルにいるだけで癒される感じだったのですが、その理由がお話を聞いていてわかりました。
NYに何年か住んでいたさきたにさんは、かつて中川さんの会社にお勤めだったんです。
が。
都会の暮らしに疲れ、少し人間不信になってしまい日本に引き上げてしまいました。引き上げた先は北海道の農場です。
そして、まさしく本当の農夫さんとして北海道で牛と一緒に暮らしていたそうです。毎日牛の乳を絞り、牛のお産では子牛を取り上げ、北海道の農場の風に吹かれる毎日だったんですねー。

ある日牛の難産を助けたさきたにさん。
なかなか出てこない子牛をみんなでぎゅうぎゅうと引っぱり、やっ生まれた子牛ちゃん。しばらく母牛の乳をのませた後、子牛は女の子なら乳牛として、男の子なら肉牛として仕分けされ、すぐに母牛から引き離され別の牛舎に連れて行かなければならないそうな。
それも農夫であるさきたにさんのお仕事。

485018777_e7ec99d40b
↑『いやだよ〜。お母さんのところに帰りたいよ〜。さきたにさ〜ん。連れて行かないで〜〜』

ショベルカーのさきっちょに子牛を載せ、ゴゴゴーと立ち去るさきたにさん(と子牛)。頭の中に流れるのは『ドナドナド〜ナ〜ド〜ナ〜』。
ああーかわいそうに、と思いながらふと母牛のいる牛舎を振り返ると、牛舎の陰から母牛が顔を出し、「モー」と鳴くのを見て心優しいさきたにさんは、そりゃもう心が引き裂かれるような思いです。
生き馬の目を抜くようなニューヨークの都会暮らしもつらいけど、牛一家を引き裂く(?)のもつらい。どうしようどうしたらいいんだ。と悶え苦しんでいたところに、中川さんから連絡が入りました。
「さきたにくーん。ニューヨークでニュービジネスやらない?」

心優しいさきたにさんが選んだのは、胸がはりさけるような思いより、ニューヨークで一旗あげて将来大農場を経営し、売らなくてすむ牛たちと一緒に暮らす道でした。
そんなさきたにさんのニュービジネス
みなさん、ご旅行の時は利用してあげてください。そして、一日も早くさきたにさんが牛たちと一緒に暮らせるよう、応援してあげてください。

注:本文には多分に筆者の脚色とホラが少しだけ入っています。

091007_1331
↑言い忘れていました。『ジョコンダ』さんのお食事。おすすめです〜。ランチならプリフィックスがおすすめ!ペンネ・ア・ラ・ヴォッカ。ソースもパスタの湯で具合もすばらしかったです!量も多すぎず少なすぎず、これは掘り出し物レストランかもしれません〜!53丁目の2番街と3番街の間にあります。



|

« 怖い話 | トップページ | 9-11 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ラ・ジョコンダってモナリザですね。
今日もおいしそうでした。
牛がいい感じです。
僕も誰かにおひゃるごはんおごってほしいです。

投稿: JK | 2007年9月12日 (水) 00時23分

テレビとかで牛を見ると、肉は食べちゃいかん!と思うんですけど、なかなか難しいですよ。お肉好きだし。

ニューヨークで仕事して、大牧場を経営…大人になっても夢があるって素敵ですね★

投稿: EVA | 2007年9月11日 (火) 20時33分

私も500円玉で重くて運べなくなったら
さきたにさんの所に駆け込みます!

って、冗談抜きで真剣にお願いすることになるかもです。
早速検索してみたのですが、あまりに遠い将来過ぎて…
また来年になったら宜しくお願いいたしますm(_ _)m

クリスピードーナツが食べられなくなったらえらいことです...
ペンの中のお店で買ったことあるけど、出来立てじゃなかったような気がする(>_<)

投稿: YURI | 2007年9月11日 (火) 10時12分

うしちゃん☆かわいい☆・・・おいしそう☆☆

投稿: miyu | 2007年9月11日 (火) 08時20分

ニューヨークで働いて、北海道で農場やって、再びニューヨークへ。
その行動力に、参ります。
それだけジャンルの違う仕事をして、やっていけたということは、どんな仕事に就いても成功できる人なんでしょうね。
大牧場、実現できたらいいなあ。

yayoさん。
175cm、75kgですが、何か。
ウエストが、80cm超えましたが、何か。
昨日から、おやつ食べるのやめたから、また、かっっちょよくなってやる。

投稿: ぞ~いのとうちゃん | 2007年9月11日 (火) 05時58分

さきたにさんのニュービジネス。
エルモの脳ミソまで500円玉が詰まったら、
きっときっと利用させていただきます!
その節はよろしくです。
そうですよね、農場の仕事って、結構ツライと思います。
ペットじゃないんですもんね・・・
ずっと牛さんのそばでお世話してると、なんか牛肉食べられなくなりそうです。
映画のベイブ観たあと、しばらく豚肉食べられませんでしたもん。
今はモリモリ食べてるけどブー。

投稿: yayo | 2007年9月11日 (火) 01時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 怖い話 | トップページ | 9-11 »