« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月31日 (水)

ハロウィーンパレード

↓2位と10位!本日も1クリックお願いいたします。
人気blogランキングへ
海外blogランキングへ

行って参りましたハロウィーンパレード。
いや。ほんとにすごかったです。何がって、そりゃまあ人々の仮装もすごかったんですが、それより人ごみです。異様な人出で、今年は例年よりはるかに多かったそうです。身動きがとれませんでした。行列は遅々として進まず、周りで何が起こっているのかさっぱりわからない状況で、これで誰かが転んだら将棋倒しで人が死ぬかも、とか、さくっと刺されても絶対誰がやったかわからない上に、血みどろの衣装の人とかもたっくさんいるので、血みどろになってうめいていても誰も助けてくれないんじゃないか、という恐ろしい状況でした。

Halloween4_2
↑こんな人が背後にガーと迫って立ってました。怖かったです。

Halloween6
↑一体これは何なんでしょう?こういうわけのわからん衣装も多かったです。

Halloween8
↑別の意味で怖いてていうか…。でも、ちょっと、可愛い…?

Halloween9
↑スーパーマリオとプリンセス。

Halloween7
↑セクシータクシードライバーのアサミちゃんとハズバンドのサル。ラブラブでしたー。ちくしょー。

Halloween2
↑レストランで食事中のサメに喰われた人。どこでこんな衣装見つけたのかしら。

Halloween5
↑私は今年は海賊になりました。でもアサミちゃんには「それ、マリーアントワネット?」て訊かれました。

パレードに参加してもパレードが見えないし、一ミリずつしか動かないし、数ブロック移動したところで業を煮やしてサイドストリートに逃げました。
本当にちょっと危なそうだったし、何より私が腹ぺこで目が回ってきたからです。
しかしパレードをしていた6番街から相当東に移動するまで、通りは衣装を身にまとった人々で満杯。予約をとっておいた焼き肉屋さんまでは結構な距離。腰を痛めて以来久々に履いたピンヒールのブーツで足がつりそうになるしお腹はますます減るし、気が狂いそうでした。

とかなんとか言いながら、焼き肉屋までの途上でこんな人を発見。一緒に写真を撮ってもらいました。
Halloween3
↑私に合わせて腰を屈めてくれましたが、長身の彼はジョニー・デップにかなり似ていてとっても目立っていました。かっこよかった!!

真夜中に焼き肉をたらふく食べ、大満足で帰路につきましたが、やっぱりハロウィーンは怖い夜。ユニオンスクエアで銃撃や人が刺されたというニュースを今朝ききました。羽目を外して仮装をして楽しむのは一年に一度の楽しみですが、人を殺しちゃいけません。
それにしても一年に一回の仮装じゃ物足りないねえ、とアサミちゃんと意見が一致し、今年の私のバースデーパーティーは、全員仮装強制が本日決定しました。
一番強硬に反抗しそうなのはコンちゃんですが、絶対強制です。有無を言わせません。全員仮装で焼き肉屋というしばりが決定しました。あー楽しみ。
そうそう。ゆうべにパレードでアサミちゃんが「あっ。あの人かっこいい!!すごいすてき!!」と騒いだ男性を写真におさめてみました。
私とアサミちゃんは男性の好みが全く全然200%一致しないことで有名で、地下鉄やバスで「あっ。あの人かっこいい!」とどちらかが言い、もう一人がその男性をチェックすると、必ずと言っていいほど「えええええええええええええええ〜〜〜〜!どこがいいのおおおおおおお〜〜〜〜〜???」ということになります。
今日のこの人は、ナマで見た時は「えげええええええええええええええええええええええええええええええええ??」でしたが、今日写真で見ると、まあまあかな?という気がしないでもありません。
皆さんはどう思いますか?

Halloween10
↑左下の帽子の人。…じゃなくて真ん中の黄色っぽいスーツのヤツ。なんかうさんくさい雰囲気が漂っています。

110107_1007
↑頭に骨が刺さったチョビ。あからさまに迷惑そうです。

| | コメント (4)

2007年10月30日 (火)

トシちゃん

↓2位と10位!本日も1クリックお願いいたします。
人気blogランキングへ
海外blogランキングへ

田原俊彦。とキーボードで打つと、ぱっと正しく変換されます。
郷ひろみ。も即座に正しく変換。
『ごう』だけだと『合』と変換されるのに、『ごうひろみ』で変換すると一発です。コンピューターって不思議です。有名人の名前をパソコンが認識してるんですかねえ。
で、まあトシちゃんです。
どうも文章を書いていると、アイドルの代名詞に『田原俊彦』とか『郷ひろみ』とか書いてしまい、何度も担当さんに「古すぎるからダメ」と注意されていました。
でもね、知らないんですよ、最近のアイドルとか俳優とか。名前はきいたことがあったり、顔は見覚えがあっても、顔と名前は全く一致しません。私が日本にいたころには、アイドルの時代は終わっていて歌番組も下火でしたし、子供の頃夢中になって見た『レコード大賞』なんていうものもすっかり人気がなくなっていたように思います。
ですから『アイドル』と聞くと『田原俊彦』とか『松田聖子』とか、そんな人たちしか連想しません。
なぜアイドルについて考えたかといいますと、きっかけは私の大好きなお友達で元アイドルのきよP です、
きよPが今月か来月NYに遊びにくるそうで、そのことをあれこれ考えているうちに、ふと思いついてきよPのアイドル時代の映像がないかなー、とYouTubeを検索したんですよー。そしたら、ありましたありました!!!
もうチョーチョーチョーかわいいきよPと相方さんの『Be-2』時代のアイドル姿!ピンクのボディコンワンピに身を包み、かっこいい踊りをバリバリ踊りながら歌う、ああ、まさしくアイドルの王道でした!(勝手にリンクしちゃいかんので、YouTubeで探してくださーい)それからすんごい可愛いフリフリワンピで歌って踊ってるきよPも!
もうまじまじと見て、あーほんとにアイドルだったんだー、私がテレビで「トシちゃんだ」とか「聖子だ」(なぜか呼び捨て)とか言ってたあの時代に、テレビに出て歌って踊ってたんだなー、としみじみ感動しました。
で、そのままYouTube地獄にはまりこみ、往年のアイドルたちの歌って踊る姿を検索しまくり見まくったんですが、そこでトシちゃんです。
別に特別好きだったわけではないんですが、『抱きしめてTonight』という曲を、日本にいる時にカラオケに一緒に行った友達が歌ったのを聴いて、あーそういえばトシちゃん、あの曲の踊りかっこよかったなあ、と思い出したのでちょっと検索してみたんです。そうしたら、これまたありましたありました。
『ザ・ベストテン』という懐かしい歌番組の映像です。そして、いやー、やっっぱりかっこ良かったです。バックで踊ってる人たちと微妙に踊りがそろってなかったり、歌唱力がうむ?な所も懐かしかったし、何よりあんなにかっこよく踊って息も切らさず歌えるなんて、きっとすごい努力をしてレッスンを積み重ねたんだろうなあ、って思いました。

『抱きしめてTonight』こんなんでしたねー。後ろの人のメガネが気になります。

私の密かなあこがれは、バリバリかっこよく踊れるようになることと、うしろ回し蹴りができるようになることなんです。どちら優先かというと、やっぱり後ろまわし蹴りですが、ダンスが上手になりたいなあ、っていうのもずっと思っていました。その点トシちゃんとか郷ひろみとかは、私にとって難しくなくてわかりやすいダンスで(自分が踊れるという意味ではない)本当にかっこいいと思います。
この後、私はさらなるYouTube地獄にはまりこみ、ヨン様CMメイキング映像だの世良公則『あんたのバラード』だの(懐かしすぎてこわくなった)検索しまくり見まくり、さんざん無駄な時間を過ごした後ベッドに入ったら、デニスさんが私にぬいぐるみを買ってくれるすてきな夢を見ました。
なんか、こうやって振り返ると、やっぱり私ってもの凄く人生の時間を無駄遣いしているような。気が。すごく。なんか。なんか。。。。

| | コメント (11)

2007年10月29日 (月)

片付け

↓2位と10位!本日も1クリックお願いいたします。
人気blogランキングへ
海外blogランキングへ

まだ少し時差ぼけがありますが、だんだん調子が戻ってきました。
午前中チョビと軽くお散歩し、戻ってから荷物の片付けをしようと思って放置したままのスーツケースを開けました。
が。
ほぼ空の状態で日本に持って行ったスーツケースが満杯。中身は本と食べ物と衣類でパンパンです。本と食べ物を取り除くと、半分ぐらいの嵩にはなりましたが、買い込んだ衣類や靴をクローゼットにしまおうと思ったら、どこにもスペースがないことに気がつきました。
マジで一部の隙もないぐらいクローゼットは満杯です。
ほんとにほんとにほんとに、足は二本体は一つ頭も一つしかないのに、なぜこんなに山のように帽子や洋服や靴が(お前が買うからじゃ)?

前回の引っ越しの時に『体が10、足が30本ある女の一人暮らし程度の荷物と思ってください』と引越屋さんに見積もりをお願いしたら、作業終了後「一体どんな荷物かとこわかったです」と言われました。さらに言うなら、「一軒家の五人家族ぐらいの荷物量でしたね」とも言われました。
あの引っ越し直後、本当に反省したんです。
お買い物もするけど、何より捨てられない性格の私。
18年間のアメリカ生活の、ほぼ最初からの荷物がすべてたまりにたまった結果、足が30本ある家族が5人でくらしてるぐらいの荷物になってしまったわけです。大量の入りきらない荷物を目の前に、一念発起して、友達や友達の友達に古着を売りまくり、処分しきれなかったものはすべてサルベーションアーミーに寄付。段ボール5個ぐらいを売り飛ばし、段ボール5個ぐらいを寄付したと記憶しています。段ボールっていっても小さいやつじゃありません。私が3人ぐらい入れるぐらいの大きな箱です。その後も何度も古着屋さんのお世話になって、山のような荷物を売りさばいたのに、また満杯になったクローゼット…。

数ヶ月後に控えた引っ越しを機に、また古着を処分する決心をいたしました。
上の方の棚にまつりあげられ、1シーズン使用しなかったものは使わないものと判断して処分します。靴箱も棚の下に山積みです。もう、ほんとに目をつぶって処分しなければ、シンプルで風通しの良い生活は望めなさそうです…。

102907_2154
↑我が家のクローゼットドア。この奥は四次元の世界です。私もあまり中に入りたくありません…。

そうそう。引っ越しの予定ですが、なんだか雲行きが怪しくて、どうやら来年の三月頃になりそうです。
それまでに荷物を1/3の量に減らすことを目標とします!
古着セールやろうかな。
前回のセールでは700ドルぐらい稼ぎました。リン母にそれを自慢したら「あんたそんなもん、買った時の値段の何分の一よ」と言われへこみましたが。
さ。片付けるぞ。
ていうかね。
早くクローゼットを片付けないと、スーツケースの中身の行き場がないんです。
私、旅の後片付けは速攻でしたいタイプなんですが、今回ばかりはそうもいかないみたいで…。
あー、早く片付けたい。

102907_2155
↑寝てばっかりでちっとも手伝ってくれないチョビ。ぐーぐー。

| | コメント (6)

2007年10月28日 (日)

ハロウィーンとチョビ騒動

↓今日も怖くて見られません。( p_q)1クリックお願いいたします。
人気blogランキングへ
海外blogランキングへ

なんかちょっと寒いです。
金曜日は大雨。昨日は快晴でマイルドな気温でしたが、今日は快晴は快晴なんですが、風が強くて気温もかなり下がりました。現在華氏で52度。夜は40度台まで下がるそうです。ハロウィーン(水曜日)はどうかしら。仮装の準備は万端なのですが、あまり寒いと衣装だけでは歩き回れません。去年だったか一昨年だったかは、仮装した上にオーバーコートを着ていたんですが、頭に看護婦の帽子をかぶったままだったので無茶苦茶怪しい人になってしまいました。
看護婦といえば、ハロウィーンコスチューム屋さんのウェブサイトでかなりすごいものを見つけました。

20931_2
↑これ。なんか…すごいんですがね、こういう↓バージョンもあるんです。
20932

20927
↑ていうか、これは看護婦なのか?

20928
↑サイズは違ってもポーズをそろえているところに、職人のこだわりを感じます。

20592
↑これもすごいです。なんか…有無を言わせぬ迫力が…。

自分の衣装だけでなく、チョビにも衣装を買ってあげようと思って今日の午後、チョビと一緒にペットショップに行きました。
すでに昨日の午後『ペットハロウィーン仮装大会』は終了していたので、ペット衣装は全品25%オフ。でも残っているのは小さなサイズばっかりでした。首は細いのに胸板が異様に厚いチョビはLかXLです。残っていたサイズはMとかSばっかり。たった一つLがあったのがカカシの衣装でした。
おりたたんであった菰かぶりみたなのをチョビの背中に乗せてみたら、まるでカールおじさん。そういえばチョビって口の周りが黒くてちょっとコソドロみたいだし、こりゃ似合うわー。と一人でバカ受けしてげらげら笑っていたら、通りかかったアメリカ人の奥さんが「あらーまあまあまああらあらあらーおかしいわーあらーあらー似合ってるわーほほほほほほほ」とバカ受けしてくれました。あまりにも受けたので、本格的に試着してみようとしたらやっぱり胸板が厚すぎてダメ。
「あらあ。残念。とってもよく似合ってたのにーほほほほおほほほほ」
おばさんもとっても残念そうでしたが、私も本当に残念。
藁でできたみたいな帽子を頭にのせて菰を着せると、本当に本当に貧乏くさくてどうしようもこうしようもない有様だったので、是非写真を撮ってアップしたかったのに…。

102807_1907
↑私は全然楽しくありませーん。

そうそう。チョビ騒動です。
あ。その前に、今回のぐらいとでは映画をたくさん見ました。
行きはオーシャンズ13を見た後眠り込んでしまいましたが、帰りは綿密な計画をたてていたのでばっちりでした。
まずは食事をしながら『1408』を見ました。
これがもう、怖いのなんのって。いや。怖いっていうかスリリングっていうか。
B級ホラーだと思って小馬鹿にして見始めたんですが、なかなかよくできていました。途中「あーこんな結末かー。なーんだ」と思ったところで、またまた悪夢のような世界に引き戻され、かなりかなりスリリングでした。食事しながら思わず身を乗り出して「ぎえええー。ひいいいー。うひゃー。ぎょええええー」と恐ろしいことが起こるたびに大騒ぎしていたので、隣に座っていた日本人のおじさんはかなり迷惑だったと思います。
食事の後横になったら3時間ほど眠れました。
飛行機が揺れて最初の食事がかなり遅れたので、この時点で到着4時間半前。慌てて起きて、まずは念願のうどんを注文しました。きつねうどんです。うどんでスカイではありません。ラーメンとかなりかなああーーり迷ったのですが、さっぱりめのものが欲しかったので、ここはうどん(ラーメンは後で食べようと思った)。
うどんをずるずるずるずるとすすりながら見たのは『キサラギ』。
密室もの(?か?)の日本映画です。
テンポの良い台詞まわしと意外なほど面白いストーリー展開に、思わず「ぎゃははははははは」と大笑いしまくり、やっぱり隣のおじさんはとっても迷惑だったと思います。C級アイドルの追っかけ男性たちが踊る応援ダンスがものすごく印象的でした。私も踊ってみたい。
で、しばらく顔を洗ったり歯を磨いたり手荷物をまとめたりした後、ものすっっごく迷ったあげく、NYは朝だからという理由でコーヒーとサンドイッチを注文しました。サンドイッチを食べながら見たのは「Live Free or Die Harder」です。我ながらびっくりしたのは、数年前までブルース・ウィリスの発音がとてもとっても聞き取りにくいなあ、と思っていたのに、今回の映画では完璧に聞き取れたことです。映画の内容に関しては、いつものダイハード。にぎやかでスリリングでアクションが派手で乱暴で面白かった。んですが、残念ながら最後の多分25分ぐらいのところで到着15分前となってしまい、最後まで見ることができませんでした。
仕方ないのでDVDを買って続きを見ます。

帰りは11時間40分という、行きよりも約1時間半ほど短いフライト。案外あっけなく到着しちゃったなあ、と思いながらイミグレーションを抜け、38キロというチョーヘビー荷物をピックアップし、そそくさとタクシーに乗り込みました。早くチョビに会いたくて会いたくて。
あーチョビどうしてるかなー。喜んでくれるかなー。
と思いながら携帯の電源を入れると、留守電の合図がビービー。ドッグウォーカーのロバ(ート)からです。
彼はコロンビアの出身。英語は完璧に話せるのですが、ちょっとアクセントがあるせいと早口なせいと言い訳がましい性格なせいと彼の携帯が調子悪いせいで、彼の残した留守電メッセージがまともに聴けたためしがありません。
今回のメッセージも、やたらめったら長くて早口でしゃべりまくっているんですが、全体的に何がなんだかさっぱりわかりません。ただ、合間合間に『ゲロ』という言葉と『ゲリ』という言葉と『獣医』という言葉が入っているのだけがかろうじてわかり…。
ゲロとゲリと獣医…?
さーっと血の気が引きました。
チョ、チョビ…。まさか病気…?一週間前に電話した時は『すっごく元気ですっごくいい子にしてるよ』って言ってたのに。どうしたんだろう…。
焦ってロバに電話をしてみても留守電になるばかり。すぐ電話して、とメッセージを残し、携帯を握りしめて待ちました。
待てどくらせどかかってこないロバの電話を待ちながら、脳裏に浮かぶのはやせ衰えて毛がボサボサになって今にも死にそうになっているチョビの姿。
ああ。神様。もう二度と長旅になんかでかけません。チョビが死ぬまでずっとずっと一緒にいます。お買い物も控えます。飛行機で三回も食事を注文するのもやめます。だからお願いしますチョビをお助けくださいお願いお願いお願いします。
ほどなくかかってきたロバに詳しく様子を訊くと、ここ4−5日突然食欲がなくなり、食べても未消化のフードを吐いてしまうとのこと。少しゲリ気味だとも言うので、ますます脳内チョビはやせ衰え…。
「とにかく家に戻ったら電話して」とのロバの言葉に、事態はそこまで深刻なのか…、とずっこり落ち込みました。
大渋滞を抜け、タクシーが家に着いたのは約30分後。
大荷物をカートに載せ、どどどどどどと部屋まで駆け上がり、どきどきしながらドアをあけると…。
チョビの鼻先がドアのすきまからぐりぐりぐりーっと出て来て、黒いお目目が見えた瞬間、チョビがジャーンプ!
うひえー!チョビ元気じゃんー!
大喜びでお尻まで振りながらぐるぐるぐるぐる回るチョビ。やせ衰えるどころか、なんかちょっと太ったような…。そして顔もあんよも汚い…。目やにがゴロゴロついて、手足は灰色。足の裏からは強烈なポップコーン臭。
汚れてはいるけど病気には見えないチョビ。大丈夫なんだろうか??
と。
部屋を見渡してみると。
うっっ。

床のあちこちにゲロとゲリの痕跡が…。部屋のすみにつみあげられたチョビタオルとチョビ絨毯は、持ち上げるとバリバリバリとした感触。まさかこれで床の痕跡を拭いたんじゃ…。
バスルームもベッドルームも、あちこちがチョビの痕跡とロバの痕跡で汚れまくっているし…。ああああああああああああああああああああ…。
で、帰宅後、チョビとの挨拶の次に行ったのが床掃除。モップでゴシゴシゴシゴシ拭き倒しました。
拭いた後拭いた後をチョビがついて回るので、拭いたはしからまた汚れます。
あー。つらい。
でもつらいよりもっとうれしいのはチョビが元気で待っていてくれたことです。
ちょっと荒んで目つきが悪くなりかなり薄汚くなってはいましたが、私が戻ってほっとしたのかこの二日間チョビはひたすらこんこんと眠り続けています。
最後の数日体調を崩したのも、寂しくなって不安になったからかもしれないね、とロバに言われました。

今は洗ってあげたチョビ絨毯の上でどろーんと横に長くなって寝ています。
ああ。自分の犬ってどうしてこんなに可愛いんでしょう。
臭い匂いすら懐かしくて愛おしくてクンクン嗅いでしまいます。
ホント、今回は真剣に思いました。
高齢のチョビを置いて長旅にでかけるのはやめておこうと。
とすると、日本に帰るのは1週間が限度かしら。。。

102807_1908
↑顔を拭いてもらいました。

| | コメント (8)

2007年10月27日 (土)

NYです

↓あああ、今何位なんでしょう、怖くて見られません。( p_q)本日もクリックお願いいたします。
人気blogランキングへ
海外blogランキングへ

はー。久々に帰ってきましたNY。なんと約1ヶ月ぶりです。
そうそう。おかげさまで帰りの便もなんとかビジネスにアップグレードしていただけました。そこは貧乏性(いや。本物の貧乏か)の私のこと。ビジネスの恩恵をこれでもかというぐらい満喫しまくってきました。
ご飯以外の今回の本命は、成田のさくらラウンジです。
JFKのさくらラウンジは洋の東西を問わず、全体的におっさんくさい雰囲気なんですが、成田のさくらラウンジはリニューアルされたばかり。
なんだか「リラクゼーションルーム」とかいうものがあるらしく、そこにはマッサージチェアだとかマッサージルームだとかシャワールームだとかがあるみたいじゃないですか。
新しいもの珍しいものタダのものに目がない私。
リラクゼーションルーム全制覇じゃ、と意気込んで成田に乗り込みました。
金属探知機ゲートを抜け、ゲート番号を確認。たしか古いさくらラウンジは、JFK往きゲートへ行く途上にあったはず。同じ場所を改装したのかな?
持ち込み手荷物は、本がぎっしり詰まったキャリーケースとキョウコちゃんにもらったおやついりの手提げバッグ、そして手回り品がつまったバッグの三つ。これが重いんです。動く歩道にのり、他の人が歩いているので仕方なく重たい荷物をゴロゴロと引きずりゲート目指して歩きました。左右に油断なく目を配りながら。
さくらラウンジらしきものはどこにも見当たらず、また求めるゲートもどこにも見当たらず。歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く歩く…遠いわっ!
銀座線の赤坂見附で有楽町線の永田町駅まで歩くより遠いわっ。
実家から十二軒道路までより遠いわっ。(←誰にもわからんわ)
ひーはー遠いわっっ冗談じゃないわっっはーひーはーへー、と一人文句を言いながら歩きたおした果てに、ありましたゲート。一番端に。最果てに。
で、さくらラウンジは見つからずじまい。
ひいいー。また戻るの?戻るのか?
時計を見ると、登場時刻まで1時間半ほど。こりゃ意地でもさくらラウンジでくつろがなくちゃ(こんなでくつろげるんだろうか?)。
で。
戻りましたよ。また。赤坂見附から永田町まで。実家から十二軒道路まで。重たい荷物引きずって、テクテクズルズルはーはーひーひー、言いながら。
結局手荷物検査場までもどって、立っていた検査官の女性に訊きました。
すみません、さくらラウンジってどこですか?
「は。あ、そこの。そこです」
彼女が手で指し示した方角を見ると。
ありましたよさくらラウンジ。
手荷物検査を出た目の前に。
どかーんと、巨大な木調のドアが。でかい字で「SAKURA LOUNGE」って書いてあるし。
どこのアホがこんな巨大なもん見逃すんじゃい、と自分以外の誰かがやったら絶対地獄の果てまでバカにしまくるわ、というぐらいどっかーんと、ありました。
あるじゃん…。
思わず放心しました。
汗だくになってはーはー言いながら荷物を両手でひきずった女を見てちょっと引いていたカウンターのお姉さんたちを尻目に、ずんずんと階下のラウンジを目指しました。時間が。時間がもったいない。
おそば食べてお茶飲んで、お紅茶いただいておやついただいて、おにゃぎりを二個確保してからシャワーしてマッサージしてもらわなくちゃっ。

綿密な計画(?)をたてていたにも関わらず、まずおそばが売り切れで出だしから躓きました。しかたなく冷茶とおにゃぎりを握りしめて窓際のテーブルへ。
これまたタッチの差でおっさんにテーブルを奪われ、しかたなくカウンター席へ移動。もそもそとおにゃぎりをいただき、冷茶をのどをならしてゴクゴクゴクゴクと一気飲み。ゲートとラウンジを探す旅でのどがかわいていたんです。
二個目のおにゃぎりはそっと鞄にしまい(セコい)、次はリラクゼーション。
階段裏にある薄暗い受付カウンターに近づくと、私の前には二人の男性が。
一番目のアメリカ人らしき男性はどうやらシャワーらしい。女性からカードキーのようなものを手渡され、自動ドアの奥へと消えて行きました。。
私のすぐ前にいた日本人男性はマッサージ希望。
「ボディーマッサージを」と彼が申し出ると受付の女性は「11時50分以降になりますがよろしいですか?」と。おそらく同じ便に乗るらしい男性は「あ。じゃあ間に合わないからいいです」と頭をかきながら退場。
なんだマッサージは満員なのか。残念。でも汗だくだし、シャワーを浴びたいな。
「シャワーでしたらすぐにご利用いただけます」と、私にもカードキーを手渡してくれました。シャワールームか。どんな感じかなあ。
わくわくしながらカードキーに書かれた『1』という部屋を探しました。
ほおー。曇りガラスはカードキーのみで開くようになっていて、石造りの室内は天井が高く、掃除が行き届いていてとってもとっても気持ちよいぞー。便器と洗面台と着替えを入れるかごとハンガー、それから木のベンチが洗面台の横と、ガラスで囲われたシャワールーム内部にそれぞれひとつずつ。ひゃー。お洒落だねー。いいねーいいねー。

Getattachment
↑こんな感じです。

あー。シャワー快適でしたー。
汗を流しがしがしとシャンプーし、気分は最高!
こざっぱりとしたところでさっきまで着ていた汗まみれのTシャツを着るのはいやだったので、タンクトップ一枚でラウンジにもどると、日本人のおじさんたちにいやーな顔をされましたが、そんなこたどうでもいいのだ。わたしゃ私の快適が一番大事なのよ。
で、リラックスしたところで暖かいミルクティーをいただきながらボーっとしていると、私の乗る便の登場案内が始まってしまいました。
ひいー。今からまた十二軒道路まで行くのかー。まさか走る必要はないよな?いくらなんでもな?
慌てて荷物をまとめ、ドドドドドと廊下を進みました。
が。
はたと上に着るものを何も持っていないことに気づきました。
今はいいけど、もしかして機内で寒くなるんじゃないかしら。
ううううーんどうしようかうううううーんううううううううううーん。衣類は全部スーツケースにつめて預けちゃったし。うううううううううううううううーーん。
うなりながら歩いていると、目の前に怪しい日本風味お土産品店が現れました。
お。
なんかTシャツみたいなものを買って、上に羽織るかな。
搭乗案内が繰り返されるのを横耳で聴きながら、早足で店内に入りました。あれこれ物色してみましたが、怪しげな浴衣風味わけのわからん衣類やら扇子やら団子やらしかない様子。だめじゃん。。。
と、はたと目についたのが漢字Tシャツ。
『禅』とか『愛』とか『侍』とか『無』とか。
なんじゃこりゃ。
つぶやきながら手に取ると、存外に分厚くてスムースな手触り。お値段は免税1900円ポッキリ(とは書いてなかったけど)。こんなもん二度と着ないだろうな、とは思ったけれど背に腹は代えられません。比較的マシな『侍』を買おうかと(どこがましなんじゃ)思ったけれど、サイズが3Lばかり。慌てて他の文字も探しましたが、どれもこれも3Lだけ。たった一つ『無』だけが2L。

仕方なく買いましたよ。『無』Tシャツ。おかげさまで機内でも暖かく快適に過ごせました。
これ、捨てるのももったいないし、ポールかフンフンにでもあげるかな…。

102707_1422
↑おひさしぶりのチョビです。帰国後のチョビ騒動の顛末はまた明日。

| | コメント (7)

2007年10月25日 (木)

旅立ちです

↓あああ、2位と14位。( p_q)本日もクリックお願いいたします。
人気blogランキングへ
海外blogランキングへ

さて。長々と居座ってしまいましたが、いよいよ明日NYへ向けて旅立ちです。

チョビに会える~~。うれしいです~~~。( p_q)

ちなみに、ここに行けば→チョビが見られます。チョビが子犬のころからお世話になっているドッグウォーカーのグループがサイトを作ってくれました。他のチョビの同級生たちもここで見られます。

あー。それにしても今回の日本滞在は長かった気がします。いつもは神戸にまっすぐ戻り、途中数日間東京に行ってますので、慌しくて短く感じていたんでしょうか。

元気よくNYに戻ったら、またNYからの日記をたくさんたくさんお送りしますので、また遊びにきてくださいね~。

追記:今日最後の診察で、肩に置き鍼をしてもらいました。金属探知機でひっかかるでしょうかね・・・。

| | コメント (9)

2007年10月22日 (月)

サイン会

↓気がつけば、2位と12位。( p_q)本日もクリックお願いいたします。
人気blogランキングへ
海外blogランキングへ

腰痛は相変わらずなのですが、今日はとてもとても大切な用事がありましたので、腰にサポーターを巻いて出かけました。

大切な用事というのは、島田荘司先生の新刊リベルタスの寓話 『リベルタスの寓話』発売記念サイン会です。島田先生が地元神戸にいらっしゃるというのに、腰痛ごときで出かけていかないなんてありえません。サポーター巻いて腰がくだけても良い!という勢いです(だめじゃん・・・)。

まずはJR三ノ宮駅でお友達のRさんと待ち合わせ、1時前に2人でセンター街のジュンク堂に駆けつけました。サイン会会場は二階受付カウンター前・・・というか、エレベーター乗り場前。二日前に予約した整理券を受け取ると、番号は93番と94番でした。先着100名までで93番と94番。ギリギリです~。すでに島田先生のサイン会には何度も駆けつけているRさんは「長蛇の列になるから腰に気をつけて」と言ってくれました。長蛇の列。どうしよう・・・。腰がもつかしら・・・。

『座ってたほうがええよ』というRさんの優しいお言葉で、腰を守るためにギリギリまで階下の喫茶店で時間をつぶし、会場に再び到着したのは2時10分前。すると、おおおおおおお、見事長蛇の列。非常階段まで伸びに伸びた行列は、階段を上ったり降りたりまがったりととぐろを巻き、どこが最後尾なのかもわからない状態。

す、すごい。島田先生。

と思わずつぶやくと、横にいたRさんが「今気がついたんか」。

いえ。前からすごいとは思っていましたが、何せ人生全般的にボーっとしてるものですから、すべての事象に対する認識がボーっとしてるんです、私。

行列の最後尾につく前に、一度島田先生のご尊顔を拝見しておこうと思い、テーブルの前でヌオーと立って待っていると、おお、島田先生が2時ちょうどにご登場。エレベーターのドアが開き、黒いTシャツに茶色とうぐいす色と黄土色を混ぜたような色のズボンをお召しになった長身の島田先生のお姿が見えました。

思わず拍手が沸き起こる店内。カメラのフラッシュもバシバシたかれています。傍らのカウンターに山積されていた新刊も、見る見るうちに減ってゆき・・・・。あああああ、すごい。すごすぎる。思わず島田先生の前ににじりより、ひれ伏したくなりました。

とかなんとか調子のいいことばっかり書いていますが、だいたい身の程知らずで常識が無いちゃんとしていない大人のリンコは、実は数週間前の東京で島田先生に一度お目にかかる機会に恵まれ、傍若無人のふるまいをしてきたところだったんです・・・。

その機会とは『鮎川賞』という、ミステリーの文学賞です。この受賞パーティーにお招きいただき、晩御飯を食べるために行ってきました。いや。ほんとに、立食のお食事がおいしいんです。目玉はお寿司と茶そばです。ちなみに今回は、お寿司ふた皿と茶そば3杯とサンドイッチをふた皿、ローストビーフを一皿いただきました。

その受賞パーティーで一年ぶりにお会いした島田先生。無理やりガーと横に並び「先生先生。一緒に写真撮ってくださいほれほれほれ」とつつきまわし、「あっ!ほら今動いた先生動いた!だめですよほれほれほれもう一枚」とうるさくつきまとい、「少しは肩に手とかまわしてくださいよ。ああそんなんじゃ全然見えないからもっとこうググっと手を回してこうこうこういうふうにほれほれほれ」と無理矢理肩に手を回していただき、写真を取りまくりました。その所業は我ながらただのチンピラ。

Vfsh0038

↑はっきりいってチョー迷惑だったと思うのですが、ほんとうーに快く優しく接してくださった島田先生。ダンディーです。

Vfsh0039 Vfsh0040 ←迷惑二連発。すんませんすんませんすんません。

Vfsh0034  俳優の金田賢一さんとも目にかかりました。長身でそばによるといい匂いがして、ものすごーくかっこいいです!

こうやって、食べたいだけ食べまくり、大騒ぎして勝手に帰ってしまったリンコでしたが、地元神戸でお目にかかった先生は、変わらず紳士的で優しく接してくださいました。

が。

実は先日広島で参加予定だったのに腰痛で参加できなかった大切なイベントというのは、島田先生の講演会だったんです。その時も、Rさんに「リンコは腰痛で伺うことができなくなりました」と先生のお伝えいただくようお願いしたんですが、Rさんの伝言はこうでした。

「リンコさんは腰痛でこられなくなりました。って先生のお伝えしたら、先生は『年だな~~~~』っておっしゃってたよ」

ひいいいいい。そんなおくさん単刀直入な~。

サイン会では行列最後尾に並んだ私とRさん。先生にサインしていただいた時、「リンコさん、お若くなられましたねえ。今日は決まってますねえ。いやー。モーニング娘が来たのかと思いましたよ」と先生に言われ思わず背後を見渡すと、出版社の担当の方やその他関係者の皆さんのみならず、見物していた人々も「ははははははははははは」と乾いた笑いを。そりゃもう失笑という言葉がぴったりで。

「せ、先生・・・またそんな・・・」

「ああ。いやははは。言い過ぎたかな。ははは」

島田先生のお声は、声優のような映画俳優のような低音の魅力的なお声。そんなお声で「はははは」とか言われるともう、おくさん。こちらも笑うしかありません。ははは。

心なしか早足でエレベーターに乗り込もうとされている先生をむんずと捕まえ、「先生。たしか福山では私のこと『年だなあ~』とおっしゃったという伝言を受けとているんですがね・・・」と詰め寄ってみました(詰め寄るな)。

すると先生。「いえ。私はそんなこといえいえ言ってませんよはははは」

とっても素敵なお声と笑顔でした。

負けました。

はい。

さて、先生の新刊ですが早速帰宅後、就寝前に読み始めました。奇想天外な出だしにすでにドキドキワクワクです。

が。

ベッドで読んでいたら肩がグギ!となり・・・・。

そして、行列に並んだ後遺症で腰もグギグギとなり・・・。

しくしく。もう帰国までおとなしくします。誓います。お買い物ももう終了です。ヨン様ミュージアムも今回はあきらめます。。。。いや。どうしようかな。。。(迷うな)。

ああ。島田先生の新刊。続きが読みたくて読みたくてたまりません。うれしい~~~。

| | コメント (2)

2007年10月20日 (土)

ブヒブヒ

↓気がつけば、2位と12位。( p_q)本日もクリックお願いいたします。
人気blogランキングへ
海外blogランキングへ

本日整骨院の予約は午前10時半。

呪いにより、予定より15分遅れて家を出ましたが、なぜか10時25分に到着。呪いが解けたのでしょうか。午前中はゾンビなんですが、鍼治療も整体治療もなかなかに刺激的で(痛いわけではありませんが)、ガーと目が覚めました。

てくてくと徒歩で帰宅途上、天井川というしけた川を覗いているカップル発見。

お?

橋の上から覗いてみると、ひゃー、いのししカップルだー。

Vfsh0066

↑父ブヒ。

Vfsh0068

↑母ブヒ。

通りかかった奥さんが「もっと下流のほうに、こんな小さいのが三ついたわよ」と教えてくれたので、大喜びで下流目指しました。

テクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクてくてくてくてくてくてくてくてく・・・・。

いませんが~・・・。

歩けど歩けど小さいウリ坊は全然おらず、歩いているうちに腰がグギグゲグゴと・・・。あああああああ・・・・。リン母と便器を見に行く約束なんですが(?え?)、大丈夫なんでしょうか・・・。

追記:それにしても携帯カメラの画像がとても悪いんですがなぜなんでしょう。画素数悪くないはずだし、以前はもっと大きな画像が撮れていたのに・・・。誰か助けてください~~。

| | コメント (6)

2007年10月19日 (金)

延長戦

↓今日も何位なのか不明ですが、どうかどうかクリックお願いいたします。
人気blogランキングへ
海外blogランキングへ

お見舞いメッセージをたくさんたくさんありがとうございました!

毎日整骨院に通っていますが、腰の加減も肩の按配も、なかなか厳しいです。

日に日によくなってきてはいるのですが、やっぱり痛みのせいで寝付きが悪かったり、激痛で目が覚めたり、おなかが減って目が覚めたりしています(?え?)。

それにしても整骨院の先生ってすごいですねー。右の腰が痛いというのに、左のお尻のほっぺのとあるポイントをぐいぐいぐいいい~っと押し、あまりの痛みに『ぐええええええええええええええええええええええええええええええ!!」と叫ぶと、「痛いでしょ、ここ?」というのです。なぜ右腰が痛いのに左の尻頬が痛いんでしょう?そして、どうしてそれがわかるんでしょう??

あと一週間の滞在中に、せめて腰は治してから飛行機に乗るようにしようね、と言ってくださった先生のご恩に報いるためにも、毎日自宅待機して養生しています。お買い物にもご飯食べにもでかけていませんしくしくしく。

そ、そういえば、まだ整骨院に行く前のある日、お葬式にでかけていったリン父をお迎えに、隣町の駅まで車で出かけました。もちろんリン母も一緒です。

駅前で拾った喪服姿のリン父を拉致し、ニ○リという大型ディスカウントマーケットでリン父用バスローブ(100万年ぐらいきていた古いやつは穴があいた)を購入するためです。

広大なニ○リ。新しい店舗は明るくなかなか快適です。人ごみが苦手なリンコにとって、人影がまばらなところも好印象。店員さんにバスローブのありかを訊き、奥に進むと、おおおおおおっ。なかなかバラエティーに富んだ商品が低価格でずらずらずらと並んでいるではありませんかー。NYで言うなら、CONWAYとかWALMARTみたいな感じ?

なんかわからんけど常に文句を言っているリン母と、喪服な上に真っ黒なサングラスをかけて白髪交じりの髪の毛をオールバックにしている8933みたいなリン父を置き去りにして、あちこちの売り場を覗いていると、大きなステンレスのゴミ箱を発見。

常々思っていたんです。

なぜ、リン母はマジで25年ぐらい前に購入した小さくて使いにくい、しかも腐りかけの(ほんとに)藤製のゴミ箱をずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっと、キッチン用ゴミ箱として使い続けているのか。

そして、なぜリンコが『キッチンのゴミ箱買い換えたら?』と提案するたびに逆ギレするのか。

これは千載一遇のチャンス!と思いました。大型のステンレスステップ式ゴミ箱が1990円という格安ぶりも気に入りました。

ガーっとゴミ箱をつかみ、そこらへんにあったカートにゴーとつっこみ、何食わぬ顔でリン父母の元へ戻りました。

リン母「あんたそれ、何?」

リン「ん?ゴミ箱だけど?」

リン母「誰が買うの?」

リン父「そらお母さんやろ」

リン母「お母さんそんなもんいらないけど」

リンコ「私がいるのよっ」

リン母「そんなもん、あんたがいるっていわれても、お母さんいらないって言ってるのに。大体誰が払うの?」

リン父「そらお母さんやろ」

リン母「いらんちゅうとるのにっ」

リンコ「あっほらあそこにバスローブが」

見事バスローブ作戦が成功し、リン父とリン母の気持ちはバスローブに集中。このバスローブがまた激安で、少し薄手のものが1490円。少し厚手で地模様みたいな織りになっているものが2980円。寒がりのリン父は迷わず厚手のものを選びました。再びカートの中のゴミ箱にリン両親の注意が向けられるのを避けるため、少し離れた場所で待っていると、リン母の注意が別のものに。

それは卵焼きフライパン。

リン母「私一回これで卵を焼いてみたかったのよね」

リン父「おお。お父さんもそれで焼いた四角い卵焼きが食べたい。卵焼きはやっぱり四角いもんやで」

リン母「そんなことないわよ。卵焼きは丸くてもいいのよ」

リン父「そらあんた、目玉焼きのことちゃうか?」

リン母「ちがうっ。卵焼き。オムレツなんか丸いでしょっ」

リン父「オムレツ・・・。丸いか・・・?」

リン母「丸いっていうか・・・・端っこは四角くないでしょ」

リン父「そんでも・・・四角い卵焼きがええねん」

リン母「それは卵焼きじゃなくて、だし巻きのことと違うの?」

リン父「そうかなあ・・・。卵焼きとちゃうんかなあ?」

リン母「違うってば。だし巻きだってば」

リン父「あ、そうですか。はいはい」

リン母『ぷんぷん』

いつもどおり不毛な老夫婦の会話を背中で聞きながら、どうか無事にゴミ箱が買えますように、と祈っていると、四角い卵焼きフライパンを手にしたリン母が、別のものに注意をむけた様子。

リン母「あれ。買わなくちゃ」

リンコ「何?」

リン母「これこれ。洗面器」

リン母の手にはブルーの安物くさーい洗面器が。

リンコ「な、何にするの?家に洗面器あったと思うけど・・・」

リン母「お父さんとお母さんに万が一のことがあった時のために、お医者さんが家に来たら使う用にね」

・・・・・・・・・・・・は?

リン父「そら何のこっちゃ?」

リン母「だからお医者さんが家に来たときに手を洗う用にいるのよ」

リンコ「でも・・・・お医者さんが家に来る予定は今のところないんじゃ・・・」

リン母「お父さんかお母さんに何かあったときに、ないと困るからっ」

母よ。今日という今日は、本当に何が何やらさっぱりわからんのですが・・・。横を見るとリン父が顔を真っ赤にして笑いをこらえているし。

どうせ買うんだったらもうちょっといいやつにしたら?お医者さんもそのほうがうれしいかもよ、だの、お母さんそんなもんまたにしときー、という父の説得もあり、結局リン母は洗面器をあきらめました。

しかし未だに、リン母が本当は何をしたかったのか不明のままです。

ていうか。ただ単に洗面器がほしかったのかな?だったら買わせてあげればよかったかな?

ちなみにゴミ箱は無事購入できましたが、帰宅後リン母がぷんぷん怒りながら

「玲子ちゃん!あのゴミ箱1990円もするじゃないのっ。990円かと思って買ったのにっ」とダイニングルームに入ってきました。

「で、でも・・・。安いと思うけど・・・・」

「高いっ!!」

挙句の果てに、キッチンに置いたゴミ箱を見て「こんな大きなもん邪魔で困るわ。使えないわねえ」とさらに文句です。

毎週ごみの日前に小さな腐りかけのゴミ箱からごみが溢れ返っているのは気にならないくせに、新しいゴミ箱がデカいのは気になるのね・・・。なんてことを言ったらどんな目にあうかわからんので、口には出しませんでしたけどね。とほほ。

| | コメント (7)

2007年10月17日 (水)

全体的に

↓今日も何位なのか不明ですが、どうかどうかクリックお願いいたします。
人気blogランキングへ
海外blogランキングへ

全体的にですね、ヤケになりつつあります。

どうしてかといいますとですね、肩と腰に激痛大魔王が降臨してきましてですね、なんかもうほんっと使い物にならないんです・・・。

あまりの辛さに今日整骨院に行ってきました。

そしたらですね、なんか肩が腫れていると診断されまして、恐る恐る「40肩とか50肩とか60肩とか、そういうやつで・・・?」と訊いてみましたら「いや、そうじゃなくてむにゃむにゃほえほえぐにゃぐにゃ(難しい名前で忘れた)だと思うなあ」

「ひいいー。コワいものですかー?」

「いやいや。全然こわくないけど。肩の関節にカルシウムの粉がばらばらばらと・・・」

「ひいいー。カルシウムの粉って、一体全体私の体のどこからそんなもんがああ」

「それが間接に挟まって炎症を起こしてるわけですよ」(←軽く無視された)

ということで、これを治療するには低周波治療器だと一ヶ月はかかるとのこと。他の治療法としては、超音波で粉砕して散らすか、注射針みたいなものを入れて散らす。

ていうか、注射針入れたら痛いんじゃ・・・。

「かなり痛いねえ」

ひいいいいいいいいいいいいいいい。いやですいやです絶対いやです~~~~!!

「アメリカのほうがそういう治療方法は進んでるから、帰ってからじっくりやったほうがいいけどねえ。あと腰は骨盤もずれてるし、背骨も曲がってるかなあ・・・。これも根本的に治さないと。でもここまで肩がひどくなってるってことは、相当長い間相当痛かったでしょ?」

うううううう。痛かったですともっ。一年間ぐらい。

「早く治せばよかったのにねえ」

・・・・とほほ~。

というわけで、本日は低周波治療器でびりびりびりびり~とやっていただき、その後鍼でぐっさーとやっていただき、マッサージを施していただき、また明日診察していただくことになりました。そしてそして、もしかしたら一週間ぐらい滞在を延ばして治療していただくことになるかもなんです・・・。このまま飛行機に乗ったら相当まずいのでは・・・という感じです。

もう横になっていてもたてになっていても斜めになっていても、ひたすら痛いです。私、どうしたらいいんでしょう~~~。助けてヨン様~~~。助けてデニスさーん~~。(他におらんのか)

| | コメント (11)

2007年10月15日 (月)

今日はこんな日

↓今日も何位なのか不明ですが、どうかどうかクリックお願いいたします。
人気blogランキングへ
海外blogランキングへ

1)起きる前にチョビの夢を見た。

2)リン母に叩き起こされた。

3)朝から欲張ってパンを二個食べた。

4)朝シャンしたリン母のヘアセットをしてあげた。

5)リン父とリン母に、駅前の銀行に引きずって行かれた。

6)行員さんにいらん説明をくどくどくどくどするリン母に「そんな説明しなくてもいいんじゃ・・・」と口を挟んでにらまれた。

7)銀行でやっと用事がすんだら「お昼ご飯を食べましょう」と、リン父リン母に駅前の食堂に引きずっていかれた。まだパン二個でおなかいっぱいなのに。

8)引きずって行かれた食堂が「宮本むなし」というものすごい変な名前でドン引きした。

9)リン父もリン母もドン引きして、別の食堂に引きずっていかれた。

10)ランチメニューがリンコ大好物の『親子丼』しかも『トロトロ親子丼』だったので大喜びしたら、リン父に「うどんがないからあかんで」と一刀両断された。

11)リンコが小学生のころからあった蕎麦屋に引きずって行かれた。

12)仕方ないので蕎麦屋で親子丼を注文した。

13)まあまあおいしかった。

14)隣の席に座ったおっさんが阪神のことをぼろかすにけなしはじめた。

15)リン母がむっとした。

16)コワい。

17)リン父が「ほんまやなあ」とおっさんに同意しはじめた。

18)15と16繰り返し。

19)リン母とリン父とわかれ、めがね屋さんでコンタクトレンズ購入。視力が落ちていることに気づき愕然。

20)歯医者さんで歯のクリーニング。

21)高校時代の友達2人とディナー。

22)芦屋にあるイタリアン。ものすっごくおいしかった。

23)また行きたい。

24)カラオケに行った。

25)食べすぎで胃が痛い。

あ~。疲れた。ほんと、食べすぎと歌いすぎです。はーはー。明日はおとなしく自宅待機です。

| | コメント (12)

2007年10月14日 (日)

電気屋

↓もはや現在何位なのかさっぱりわかりませんがどうかどうかクリックお願いいたします。
人気blogランキングへ
海外blogランキングへ

日本お買い物熱もそろそろ沈静化してきたかに見えた竹内家ですが(お前だけじゃ)、本日形を変えて爆発(だからお前だけだというのに)。

爆発の場はミ○リ電化。そう。リンコが大好きな電気屋さんです。

リンコが電気製品大好きなのは、何を隠そう電気製品解体修理が大好きなリン母の血を引いたからです。そして本日、そんなリン母が「電子手帳が壊れたから新しいのがほしいわ。それから体脂肪が測れる体重計も」と発言したので、これはリン母を電気屋に連れて行ってだますあげる良い機会だと思い、車で出かけました。

まずは電子手帳売り場に直行。リン母が狙っているのはカシオの電子手帳です。最近は手書きパッドつきのものや音声つきのもの、なんのことやらさっぱりわからけどワンセグ対応とかなんとかいうものがあるようですが、そういった最新式の機能はすべからく「そんなもんいらないわ」と一刀両断するリン母です。

「いらんわ、って言ってもついてるもんは仕方ないんじゃ・・・」

「でもいらないんだもの」

「でも・・・ついてるのに・・・」

「そんな余分なもんついてないやつがいいのっ」

ということで店員さんに「英和・和英辞典が充実していて、できればゴルフゲームとクロスワードパズルがついていて、手書きパッドも音声もなにがなんやらわからんけどワンセグとかいうものがついていない電子辞書ください」とお願いしてみました。

とっても親切だったミ○リ電化の吉田さん(男性・めがね・痩せ型)は、「・・・・っあ~・・・。そう~・・・・ですねえ・・」と揉み手をした姿勢で固まったあと、「どうしてもですね・・・手書きパッドは・・・最近はほとんどついてるものですから・・・」とリン母とリンコの顔を交互に見ながら遠慮がちに説明してくださいました。

そんなもんなくていいのに・・・・、とぶつぶつ不平不満を言う母に、ついてるんだから使わなきゃいいじゃない、とかなり無理のある説得を試み、カシオのとある機種をすすめてみました。サンプルを見ると液晶画面がくっきりしているし、サイズも値段も手ごろです。本体カラーがシルバーとブラックと赤。

リンコ「赤がかわいいよ。赤にしたら?」

リン母「そんな派手な色持ってたら気が狂ったかと思われるわっ」

リンコ「誰も絶対そんなこと思わないと思うけど」

リン母「いやー。そんな色恥ずかしいわっ。頭おかしいと思われるわ」

リンコ「誰がそんなもんで頭おかしいと思うのよう」

リン母「ひやー。恥ずかしい~」

吉田さん「・・・あの・・・それでしたら黒なんか落ち着いていますけどねえ・・・」

リンコ「ああそうえすねえ。ちょっと面白くないけど、まあ黒ならねえ」

リン母「でも赤なら目立つから失くしにくいかしらねえ。赤にするわ」

ということで、結局かわいらしい赤い電子手帳を手に取った母。本当に赤でいいんだろうか、と戸惑った表情の吉田さん。この混乱に乗じてリンコはとなりにあったシャープの電子辞書をさっと手に取り、

「もしかして二台買ったらまけてくれますよねっ?」

と、吉田さんの鼻先に突きつけてみました。

リン母「誰が二台買うの?」

ここはひとまず無視です。

吉田さん「に、二台ですか?ええとですねえ・・・・ちょ、ちょっとお待ちいただけますか?」

逃げるように走り去っていく吉田さんを見送りながら、リン母はこういいました。

「ねえ。誰が電子手帳二台も使うの?」

母よ。二台買ったら一人が一台ずつ買うもんじゃないんだろうか?それともそんな風に私が思うのは、私が未熟なせい?

親子であらぬ方を見ながらお互いの腹のうちを探り合っていると、吉田さんが駆け戻ってきました。

「お待たせしましたっ。二台もお買い上げいただくんですから、・・・・・・・・と、これぐらいでいかがでしょうかー?」すばやく計算機を取り出し、二台合計の金額を見せてくれた吉田さん。おおおおお。これはかなりなお買い得金額!

「お母さんっ。これはお買い得よ。すごい値下げしてくれたねえよかったねえああうれしい」

「お買い得かもしれんけど、二台も買ってどうするの?」

「一台は私が使うけど、時々貸してあげてもいいよ」

しきりに首をかしげていたリン母ですが、なんとなくその場の雰囲気で二台買うことになりました。リン母が(私は財布すら持っていなかった)。そのあまりに納得がいかない風のリン母の様子に気圧されたのか、吉田さんは頼みもしないのにさらに500円値引きしてくれました。親切な吉田さんは、選んだ機種に新色レッドがあることを発見したリンコが「私も赤がほしい赤がほしい赤赤赤」と大騒ぎしたので、店内をかけずりまわって赤を見つけてきてくれ、さらに「現物を確認してませんのでご一緒します」と、商品受け渡し場所まで一緒に来てくれました。ありがとう吉田さん。吉田さんは、きっと将来は店長さんだと思います。

この後一階に移動し、体重計売り場でも大騒ぎして値切り倒し、店員さんが10%までならなんとかお値引きします、と言ってくださったのに、「え~120円値引きか~(本当は1200円)」とアホな間違いをさらし、「あんたってバカ」とリン母に一刀両断されてしまいました(そして店員さんには値切る上にバカな客と思われたに違いない)。

ああ。新しい赤い電子辞書。うれしいな。色々試していたら頭脳年齢測定ゲームみたいなのがありました。早速やっていたら記憶ゲームのところで両親になんかわけのわからん質問攻撃を受けまくりって気が散り、結果は35歳。気分は微妙です。

追記:帰宅して早速それぞれの電子辞書を取り出し、説明書を見ながらあれこれやってみたリン母とリンコ。セットアップの際、タッチペンを使う必要に迫られたリン母が「タッチペンって何?そんなもんいらないのに。玲子ちゃん。タッチペンなんかいらんけど、どうするの?え?そんなもんいらないけど、どうしてタッチペンを使わないといけないの?いらないんだけど。大体どこにあるのそんなもん?お母さんそんなもんいらないのに。ややこしいこと言われてもわからないのに、なんでそんなもんついてくるの?お母さんそんなもんいらないのに・・・・・・・・・・・・・・・」と、百万回以上『お母さんいらないのに』を言われ、頭がおかしくなりそうになりました・・・。しくしくしく。

| | コメント (5)

2007年10月13日 (土)

ごめんなさいありがとう(とほほ)

JPさん。

本当にごめんなさい。

私こういうことしょっちゅうやるんです。( p_q)

ブタさん写真集とてもとてもかわいかったです。癒されました。wasabiさんと間違ってしまってお二人にとっても失礼なことをしてしまってごめんなさい(涙)。本当にありがとうございました。JPさんにもwasabiさんにもごめんなさい( p_q)

とうちゃんさん。コーラをおごっていただいたのにお礼を言うのを忘れてごめんなさい。女性軍団に囲まれて恥ずかしそうにしてらっしゃいましたが、トレー二つもってジュースを配ってくださって、みんながお支払いしようとしたとき「いやいや。いいですよ」と太っ腹で全員にご馳走してくださったお姿は王様のようでした。シャネルのお財布も素敵です。

本当に皆さん。失礼してしまってごめんなさい。そしてありがとうございました!!

リンコ緊急お詫び・お礼でした。

| | コメント (6)

マクドナルド見学会

↓2位です〜。
本日も1クリックお願いしますぺこり。
人気blogランキングへ

↓こちらは11位!
お情けの1クリックお願いしますますます。
海外blogランキングへ

本日は、待ちに待ったマクドナルド見学会でした。

私は午前中からリン母とデパート見学会に出かけておりましたが、以前注文していた靴をとりに行っただけで、新たなお買い物はしませでした。本当です。信じてください。私の靴を取りに行くだけでは罪悪感があったので、あまり気が進まない風のリン母に、ブリキのような色(おしゃれだったんですよ。ほんとに)のパンプスを無理やり買わせ(買ってあげろよ)、その後合流した従妹のキョウコちゃんと三人でデパートの喫茶店に入り、リン母にサンドイッチセットをおごってもらい(お前が払えよ)、リン母をマクドナルド見学会に誘ってみましたが「絶対いや」と断られ、結局キョウコちゃんと2人でマクドナルドに向かいました。

私は『常に』遅刻するタイプですが、その理由は本人にも定かではありません。

前の夜から翌日の準備を周到に整え、時間に間に合うように早起きをし、着々と準備を進めても、なぜか5分から30分の範囲で遅刻してしまいます。その理由は謎なのですが、これは呪いなんじゃないかと思うんです。どんなに準備しても早起きしても遅刻してしまうという呪いです。

で、今日はキョウコちゃんが一緒だったので、1時48分にマクドナルドの前に到着しました。

「早すぎたからちょっとあそこに寄ろうか」とマクドナルドのお向かいにあったファッションビルみたいなところに向かいましたが、このあたりに遅刻の原因があるのかも、と少しだけ思いました。でも基本的には呪いだと思います。

さて、マクドナルド前の交差点を渡ると、背後から『リンコさん』というお声が。

ふりむくとスーツ姿の男性が。

『ぞ~いのとうちゃんです』

おおお。ぞ~いのとうちゃんさん!

Vfsh0055

↑実は関係者(え?)一同一番の関心の的だったとうちゃんさん。お約束どおり、バナナケースを持ってきてくださいました。

お店の前でもほか数人の皆さんが待っていてくださり、エッフェル塔キャンディーやハロウィーンチョコバーなんかもお土産にいただきました。yayoさんは、重いのに中身入りエルモ貯金箱を、わざわざ専用バッグを新たに購入して持参してくださいました。コメントをまだ入れたことがありません~と言いながら、遠路はるばる参加してくださったWASABIさんには、とってもかわいいブタの写真集をいただきました!

体調が万全ではないのに無理をして参加してくださったケイコママさん。お大事になさってくださいね。

今日お目にかかれなかった皆さんも、いつも私のくだらないブログや本を読んでくださって本当にありがとうございます。今日私の本を読んでくださってる方々に直接お目にかかれて、『新刊期待していますね』と励ましのお言葉をいただき、「ふざけまわっている場合じゃない(?どういう意味?)」と思いを新たにしました。お買い物はそこそこにして、そろそろ仕事します。まじめになります。

本日ご参加くださったのは、とうちゃんさん、TOSHIKOさん、YELLOWさん、yayoさん、WASABIさん、JPさん、ケイコママさん、卯月堂さん、キョウコちゃん、YURIさん。総勢10名様でした。ありがとうございました。出掛けにリン母に「あんたマクドナルドに行ったら、だあれもいなかったりして。そしたら恥さらしもいいとこね」とあざ笑われ、内心ビビりまくっていましたが、とりあえずキョウコちゃんを確保していましたので、万が一の時は何食わぬ顔で、2人でマックのハンバーガーを食べて帰ろうと思っていました。

が、皆さん来てくださって本当にうれしかったです。

本当にありがとうございました。たくさん写真を撮りましたが、カメラでとった写真のアップはNYに戻ってからになります。

あーそうだ。デニスさんとヨン様のどっちが好きか?とのご質問がありましたが、この2人に対する私の愛情は種類が違うので、比べることができません、というのが正しい答えです。ヨン様は、一緒に暮らして癒してもらいたい。そして、時々意地悪をしていたぶってもじっと我慢してもらいたい。彼の苦しんでいる顔が見たい・・・という種類。デニスさんは、思う様振り回されいたぶられたい。そして、ほんの時々やさしくされて、悪魔に魅入られたように利用されたい・・・という種類です。どちらもゆがんでいます。でもかなり本当にそう思っています。

さ。今日はオウムとエルモとキティちゃんとエッフェル塔とブタとハロウィーンと目玉おやじが夢に出てくることでしょう。

皆さんも良い夢が見られますように。

Vfsh0054

| | コメント (10)

2007年10月12日 (金)

マクドナルド

↓2位です〜。
本日も1クリックお願いしますぺこり。
人気blogランキングへ

↓こちらは11位!
お情けの1クリックお願いしますますます。
海外blogランキングへ

さて、明日はマクドナルド見学会ですね。

実はお願いがあります。

リンコは人の顔は覚えられるのですが、名前とお顔が一致しないことが多々あります。できればお名前を体のどこかに書いてきてください。おでことかでもいいです。見えにくいところに書くのはやめてください。それから、ペット同伴大歓迎です。マクドナルドで拒否されなければ、ですが。

明日は何時まで突っ走るのでしょうね。私の場合、突然睡魔大王に襲われ、集中力が極端に低下する瞬間がありますが、これは日常的に起こることですので、どうか気にせず皆さんでご歓談ください。

あ。それから、日ごろ皆さんがもしかして疑問に思ってらっしゃるかもしれない事柄について(フンフンってどんな人?とかリースって本当にドクター?とか本気でヨン様を好きなのか?など)、ご質問にお答えする用意はありますが、リンコさんって本当は何歳?とか何歳のときに渡米したの?とか干支は何?といった類のご質問には正直にお答えする準備ができておりませんのでよろしく。しつこく訊いたら噛むかもしれませんので、よろしく。

それにしても、本当~~~~~~~~~に皆さん、緑色のセーターに変な帽子をかぶってマックのポテトを手に持ってきてくださるんでしょうね・・・。とうちゃんさんなんかうそついてまで仕事やすんでまでしてきてくださるんですから、きっとそのいでたちの上にバナナケースもってきてくれるんですよね。yayoさんはオウム連れてきてくれるらしいしYURiさんは大人買いしてくださった本全部抱えてきてくださるらしいし・・・・あああああ、皆さん本当にすみませんすみません、普段着ないかもしれない緑色のセーターや変な帽子かぶってきてくださるんですね・・・・・( p_q)ありがとうございますありがとうございます。

リンコは普通の人として行きますので、どうかどなたか発見してくださいね。

明日はよろしくお願いいたします。

本当に楽しみです!

| | コメント (6)

2007年10月10日 (水)

従妹(糸こんではないほう)

↓2位です〜。
本日も1クリックお願いしますぺこり。
人気blogランキングへ

↓こちらは11位!
お情けの1クリックお願いしますますます。
海外blogランキングへ

このところの腰痛報告に、たくさんのお見舞いメッセージありがとうございます!

おかげさまで大分回復してきました。今日もアルカディアルームにいってホカホカに温めていただきましたし、出歩くときはかかとの低い靴でそろそろり~と歩いています。(←おばさん?)土曜日には元気にマクドナルドにたどり着けるよう、これからも用心して出歩きます!(出歩くのはやめないのか?)

そうそう。マクドナルドといえば、両親に土曜日の話をしたところ、父が「そんなところにマクドナルドなんかあったか?」と言い出し、母も「見たことないわねえ」といい始めました。

そしてですね、なんと本日スケッチの下見に三宮まで出かけた父が、帰宅するなり「玲子ちゃん。神戸の国際会館の裏にマクドナルドあったで」と報告してくれました・・・。

「あったで、って・・・」

「いや。三宮に出かける用事があったからな、ついでにほんまにマクドナルドがそんなとこにあるかどうか確認してきたったんや。ほんならほんまにあったわ」

・・・ということで、そこに間違いなくマクドナルドがあるということで、はい。元気よく参ります。です。

さて、今日は父方の従妹2人がやってきてくれました。

主目的は、私が帰国前に買いまくったオンラインショッピングの商品運びです。

いえあの。私から従妹に頼まれた荷物もあったんですけどね。もちろん。

私の身長の半分ぐらいしかない小柄な姉妹、イクミ(姉)とキョウコ(妹)二人組を出迎えに玄関を開けると、その手にあった荷物の巨大さに、一体全体中に何が入っているのかと仰天しました(←お前が買ったものじゃ)。とにかく巨大荷物をリン母に発見されないよう(怖いよう怖いよう)極力コソコソと二人組の背後に隠れ、なんとか無事荷物を運び込むことに成功(今でも見つからなかったのが信じられない・・・)。

その後リン母の『この子ったら買い物ばーっかりしてるのよ』という告げ口に、連日巨大荷物を受け取り続けたキョウコちゃんが呆れ顔でこちらを見ていましたが、その辺は軽く流しました。

イクミちゃんとキョウコちゃんは、それぞれ別々にNYに遊びに来たことがあるのですが、姉妹でもこんなに行動様式が違うかというぐらい、タイプが違います。

イクミちゃんはのんびり屋でおっとりさん。キョウコちゃんはさくさくキビキビのしっかり者。イクミちゃんのNY滞在中は、後からシャワーを浴びたリンコが支度をすませて出てくると、とっくにシャワーを終えたはずのイクミちゃんがパジャマ姿で首にタオルを巻き、のんびりと窓から外を眺めている姿にびっくり仰天。

キョウコちゃんが滞在中は、必死の思いで起きだしパジャマのままのそ~とリビングルームに出て行くと、ダウンジャケットを着て帽子をかぶったキョウコちゃんがビシーっとカウチに座って待っている姿に仰天。

というぐらい違うタイプの姉妹です。

しかし姉妹間の権力は完全に姉のイクミちゃんが握っている様子。姉や妹を持ったことのない私にはよくわからないのですが、姉の支配力というのは相当すごいようです。これは姉をもつ妹の立場の友人すべてが共通して証言しています。

『姉の支配力とそれに伴う幼児期からのトラウマ』については、相当根深いものがあるようで。キョウコちゃんも『絶対逆らえないの』と語っていました。

ああ。私も誰かをそんな風に支配してみたい。

そして、思う様その権力を行使し、楽しんでみたい。

こんな風にここに書くことで、キョウコちゃんの身の上に何が起こるのか、その辺はよくわかりませんが、まあいいや。ごめんごめんははは(無責任)。

| | コメント (17)

2007年10月 9日 (火)

腰痛2

↓2位です〜。
本日も1クリックお願いしますぺこり。
人気blogランキングへ

↓こちらは11位!
お情けの1クリックお願いしますますます。
海外blogランキングへ

今日はリン母かかりつけのお医者さんに、腰痛治療に行って来ました。N先生のお父上の時代から親子二代続けて診ていただいている、リン一家かかりつけ医院です。N医院の二階にはアルカディアルームという、かねてからリンコが興味津々だった謎の施設があるのですが、今日その謎が解けました。そこは、今のリンコのように腰や肩を痛めた人が利用する温熱治療などの機器がそろった施設でした。

温泉と同じ効果があるという温熱治療器や、ベッド型のマッサージ器、乗馬型運動器具やなんかが各種そろっていて、今日はフルコースで腰と肩の治療をしていただきました。

最後の低周波治療器では、あまりの気持ちよさに、うげげげげ~うひいいいい~のへええええ~~と1人でうなり続けました。

肩と腰がほぐれたところで帰宅すると、本日の夕食は腰痛のリンコを哀れんだ母が好物のすき焼きを用意してくれていました。

すき焼きといえば、リンコが長年根に持ち続けているエピソードがひとつあります。

それは、私の従兄Wちゃんとのエピソードです・・・。

Wちゃんとか言ってますが私より12歳年上の、母方従兄弟の中で最年長のWちゃん。もうおっさんです。油ギッシュとまでは言いませんが、はっきりとおっさんです。

そう、忘れもしないあれは13-4年前の夜でした。

私の実家はそのころ、父の仕事の都合で横浜の港北区でした。ある日帰国したら知らん間に両親が引越ししていて、あわててタクシーで新しい家までたどり着いたら「よう知らん家にこられたなあ。あんた動物的やなあ」とリン父に感心されたりしたエピソードはまた別の機会にご紹介するとして、今日はWちゃんです。

この日、帰国した私と偶然同時期に上京してきていたWちゃんが、珍しく両親の家を訪ねてきました。私はこの時Wちゃんと10年ぶりぐらいに会ったのですが、Wちゃんのセリフ、会うなり「玲子ちゃん。僕、これでも会社ではもててるねんで」でした・・・。この場合の『これでも』は一体どういう意味合いを含んでいるのか。そしてなぜそれを10年ぶりぐらに会ういとこに、いきなり宣言するのか。

なんと返事すればよいのかわからず「は、え、あ、そう。なの」と、あいまいな返事をする私に、さらに「ものすごい若い若いって言われるねんで」と追い討ちをかけるWちゃん。

あー。うーん。そう。うん。 とまたあいまいな返事をする私でしたが、リン母の「あんたたち。くだらないこと言ってないで、早くご飯食べなさい」というセリフに救われました。くだらないこと言ってたのはあいつであって私ではなかったのですが、この際そんなこたどうでもいいわ。

ほっとしてテーブルにつくと、目の前にはすき焼きなべがぐつぐつと。

うううー。おいしそう~。うれすい~。いただきまあーす!

とお箸を持った手が凍りつくまで約5分。

Wちゃんがせっせせっせとすきやき鍋におはしを突っ込み、ぞろぞろぞろろ~~~と取り出し、自分の器にいれるかいれないかのすばやさでその口にずろろろろ~と入れ続けたのは糸こんにゃく。糸こんにゃくです。しらたきです。リンコの大好物の。あの糸こんにゃくです(しつこいわっ)。

あ。あの。ちょ、ちょっと。

と言うまもなく、あれよあれよとあいつの口の中に消えていく糸こんにゃく。

「これ、大好物やねん」と言いながら、たぶん自分では最高にかっこいいと思っているに違いないキラーんとした笑顔を見せながら、リン母が投入した糸こんにゃくを、ほんの5秒ほどの味すらつかんわというぐらいのスピードで自分の皿に取り込み、ずろろろろと口に入れてしまうあいつ・・・。

次から次へと糸こんを食べ続けるあいつに「私も糸こんにゃく大好きなんだけど・・」と言ってはみましたが、まったく相手にしてもらえませんでした。第一そのときすでに糸こんにゃくの大半は、あいつの胃の中に納まっていましたし。

あれから10数年。

未だにすきやきを食べるたびに思い出します。

「これでももてるねんで」のセリフと糸こんにゃくの恨みを。

子供のころは、リン母方の従兄弟の中で一番年上のWちゃんは、従兄弟中で一番年下だったリンコからすると、とても大人でそしてかっこいいおにいちゃんに見えていたWちゃんでした。しかし今や彼はリンコの中では『糸こん』です。

糸こんとはそれ以来顔を合わせていませんが、今頃どうしているのでしょう。

今でも家ですきやきをするときは、糸こんにゃくを5袋ぐらい1人で食べているんでしょうか・・・。

そう。そしてすきやきの度に糸こんにゃくの恨みを語る執念深いリンコに、我が娘ながらあきれ果てているリン母。本日の夕食の席で、糸こんにゃくをがばーと一掴みしたリン父に言いました。

「あんまりそれ食べると玲子ちゃんに一生恨まれるわよ」

| | コメント (6)

2007年10月 8日 (月)

腰が・・・

↓2位です〜。
本日も1クリックお願いしますぺこり。
人気blogランキングへ

↓こちらは11位!
お情けの1クリックお願いしますますます。
海外blogランキングへ

お買い物しすぎのばちが当たったんでしょうか・・・。

東京滞在中からちょっと怪しかった腰が、神戸の実家に戻って一気に悪化。お風呂掃除をしていた時に、グゲ、となりました。シャワーを浴びながらの風呂掃除がたたったのかしら・・・。せめてもの親孝行のつもりだったのに(そんな親孝行かい)。

で、本日は実は大切な行事に出席するために広島まで行く予定をたてていたのに、急遽キャンセルせざるを得ませんでした。

リン母に、腰と背中にサロンパスを貼ってもらっています。

リン母は「私の方が貼ってもらいたいぐらいなのに、この年になって娘にこんなことさせられる羽目になるとは・・・」とぼやいています。

そういえばリン母には、東京滞在最終日、羽田空港へ向かうタクシーの中ですでに叱り飛ばされました。

携帯が鳴り、取るなりリン母に「ちょっとあんたね。成田から電話してきたなりなしのつぶてでどうなってるのよっ。今日帰ってくるのどうなのっ?あんたが電話してこないから、予定が変わったのかと思って心配したのにっ。本当にいい加減なんだからっ!」と、いきなり説教とお小言の嵐でした。

「で、でもお母さん・・・。普通予定が変わったら電話するもんで、電話が無ければ予定通りってことじゃ・・・。」

「そんなもんっ!」

そ、そんなもんっ!・・・て言われても・・。

「で、どうするのっ?帰ってくるのこないのっ?」

かか、帰ります帰ります、今羽田に向かってるところです。

「あっそ。もう本当にあんたって子は。何も言ってこないからどうなってるのかと思ったわよっ」

は、はあ・・・。

「はあじゃありませんっ」

・・・ということでリン母元気です。そしてリン父と2人仲良く空港までお迎えに来てくれました。帰りのポートライナーでリン父は無人モノレールの運転席に座り、うれしそうに景色を眺めてました。それを見たリン母が、駅に到着するまでず~~~っとお小言を言い続けたのは言うまでもありません。

| | コメント (4)

2007年10月 7日 (日)

日本2

↓2位です〜。
本日も1クリックお願いしますぺこり。
人気blogランキングへ

↓こちらは10位!
お情けの1クリックお願いしますますます。
海外blogランキングへ

はーはー。

み、みなさま~。サボりまくっているのに、クリック活動ありがとうございます!

わたくし、つかいなれないウィンドウズに四苦八苦しています。キーボードのタッチも固くてマックユーザーの私としてはとて~も使いづらいです・・・。しくしく。

さて、きよPのブログでご紹介いただきましたように、何年ぶりかわからんぐらい久しぶりの新宿デートに行って参りました!

待ち合わせは午前11時のアルタ前。『日曜日のアルタは人が多いから、右端のほうで待ってるね~」ときよPに言われましたが、当日ホテルをチェックアウトした私は、ちょっと早目に行って、アルタでお買い物してやろうという魂胆で赤坂見附を10時過ぎに出ました。

新宿駅予定通り道に迷い、駅員さんに『アルタはどちら?』と尋ね、教えてもらった地下道からアルタの地下に進入しました。

が。

アルタの営業は午前11時から。

ちくしょー。お買い物できないじゃん。アルタって、なんかものすご調子の変なモノが売られてそうな雰囲気満載なのにい。(一体今まで何を買ってきたんだ)

これは神様かリン母様が『もうお買い物はやめなさ~い』とおっしゃっているに違いない、とあきらめ、地上に出ました。何年ぶりかしらアルタ前。しかし週末のアルタ前午前中は以外に地味。ていうか、人通りが少ない・・・。ぶらぶらと伊勢丹の方角に歩いてみると丸井なんかもありましたが、ここも営業開始は午前11時半。そしてなぜか入り口前にはゴスロリと呼ばれる人々が何人か集まっていました。集まってというか、ただそこに立っていました。そうそう。男性のゴスロリの人も初めて目撃しました。

紀伊国屋の前あたりまで歩いていくと、はすむかいのめがね屋さんに、ヨン様のでっかい看板がかかっているのを発見。おお、と思いましたが、なんとなく長髪で笑顔の具合もなんとなく違うっていうか・・・。写真を撮ろうかと思いましたが、ちょっとやめておきました。

で、アルタ前に舞戻りしばらく待つときよPの登場!

久々のきよPはNYにいたころより少しスリム?そしてますます綺麗になっていました!

よく考えたらハワイから戻った翌日のきよP。そして時差ぼけする暇も無く走り回った(仕事もだが、お買い物にも)リンコ。少し疲れ気味の2人組みでしたが、てんぷらを食べながら、近況報告爆発。あー。そういえばきよPが言っていた通り、NYには本当においしいてんぷらをお手ごろに食べられるお店がなかなかないんです。

きよPが連れて行ってくれたてんぷら屋さんは、リーズナブルな価格でチョー美味でした!調理するまえの食材を全部カウンターのお客さんに見せてくれてから揚げてくれるできたて熱々のてんぷら!うううう~。また食べたいです~(涎)

おしゃべりしまくったお食事の後はお茶か?と思いましたが、そろそろ完全燃焼かと思われたリンコのお買い物熱が新宿という土地に来て再燃。

「どっかお買い物行く?」ときよPに訊かれ、「行く!」と即答。

「109なみのものすごいとこに連れて行ってくれ」というリンコの変な要望にしばし考えたきよP。

「んじゃとりあえずルミネに」ということになりました。ルミネって行ったことあったかな、どうだったかな、と考えながら歩いてみましたが、記憶は定かではなくしかもどうもミョーにこぎれいで違和感が(だから今まで一体どんな買い物を・・・)。

これは物足りないな、と察してくれたきよP。

別のどこか(すでに名前を忘れとるわ)に連れて行ってくれました。

で。はい。ついついゴールドのかわいいモケモケキルティング風味バッグをお買い上げしてしまいました。これ、ものすごくかわいいし使い安い大きさなんですが、もち手のチェーン部分が異様に重たいんです。NYで購入した自慢の(?)黒デカバッグは荷物パンパンだったし、小さめのバッグが必要だったんですが、これぞ衝動買いの王道。購入後すぐ使いました。ちょっとおばさんぽいですかね。

ゴールドバッグを肩に意気揚々と次のお店に入ると、なんかかわいいフワフワのお洋服がハンガーにかかっていて、『若い』お嬢さん方がわやわやとたかっていました。

お?なんか可愛いじゃん?と手にとって見ると、おお、3900円。

「おくさん3900円ですってよ」

ときよPを振り返ると、

「えっ。可愛いじゃん。えっ。3900円?」

「か、買う?」

「い、一緒に買う?」

おそろでお洋服買って、写真撮ってブログにアップしようかー、と2人でゲラゲラ笑いながらレジに走りました。

Vfsh0046

↑きよPは黒基調、リンコは白基調です。(ていうか、それより今時オソロ)

この後リンコはかねてから興味津々だった『酸素バー』に挑戦。

さわやかな香りを鼻から吸い込み(吸い込みチューブでモロに吸い込む)、ホエ~と良い気持ちになりました。

Vfsh0048

↑酸素バーの機械。店員さんが『アメリカ製なんですっ。』と元気よく説明してくれました・・・。

きよPとはこのお買い物の間も歩いている間も酸素バーの最中も、ずっとずっとおしゃべりしまくってました。マジでしゃべりっぱなしでした~。3ヶ月ぶりぐらいなんですけどね、気の合うお友達とはこんな感じです。いや~楽しかったです~。

Vfsh0043

↑さすがアイドルです~。かわいいぞーきよP-。

Vfsh0045

↑一生懸命アイドルっぽくしてみましたが、ぜんぜんだめでした。頭がオバQです。ちなみに、手に持っているのはコージーコーナーの角砂糖です。

| | コメント (9)

2007年10月 2日 (火)

日本

↓2位です〜。
本日も1クリックお願いしますぺこり。
人気blogランキングへ

↓こちらは10位!
お情けの1クリックお願いしますますます。
海外blogランキングへ

久々の日本です。

しかも東京です。

人がたくさんいます。

歩きにくいです。

電車の切符がこわくて買えません。

道に迷います。

もうほんとにただの怪しい人状態でして、そこらへんに西洋人を見かけるとほっとするぐらい感覚が外国人化しています。

お買い物に行くと、この世の終わりかというぐらい買いまくってしまいます。明日がないのかお前は、という勢いです。

自分で自分が怖いです。

ちなみに、今回のフライトは両親の渡米と私自身の何度かの往復でマイルがたまっていたので、アップグレードビジネスクラスでした。

これの一番の楽しみは、お食事です。

某JA○は、一度目のお食事が和食洋食のチョイスがあり、食器類はちゃんとした瀬戸物だし、グラスもガラス製。

アップグレードの客だからといって冷たくされるわけでもなく、大変快適です。

リンコの楽しみは二度目のお食事。

一度目がコースで、二度目はアラカルト風のメニューから好きなものを何度でも頼んでいいんです。リンコが狙っていたのは、カレーとラーメンとうどん。この三つは絶対食べようと決心していました。なぜなら前回ビジネスに乗ったとき、二度目のお食事オーダーのタイミングを考えてあまりにも緊張していたせいで、どうしよういつ注文しよう何を食べよう、と考えているうちに到着してしまい、何も食べられず泣きぬれた経験があるからです。

で、一度目のお食事をおいしくいただき(すきやき)、満足してから映画を鑑賞し、少し読書をした後グーと寝てしまいました。

次に目が覚めたのは、となりに座っていたフランクさん(大きなアメリカ人のおじさん)がおいしそうに食べているカレーの匂いが鼻をくすぐった時。

がばあーっと飛び起きあわてて時計を見たら、到着三時間前。。。。

しかもメニューには「二度目のお食事は到着一時間半前までのサービスとさせていただきます」の注意書きが。

うどんとラーメンとカレー全部を一時間半で食べるのは絶対無理。。。

しくしくしく、と泣きながら必死で考え、結局カレーをいただきました。

通路を隔てて座っていたフランクさんのお連れ、ジェームスさんは、私のカレーを見て「オーうまそうだ。私もあれをください」と注文していました。巨大なジェームスさんは、きっとその前に洋定食やミネストローネやサンドイッチやうどんを食べまくったにちがいない。悔しい。

<続く>(←次はいつかけるんだろう。そして写真がアップできない私。。。)

| | コメント (24)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »