« 今日あった事 | トップページ | ヨン様 »

2007年11月15日 (木)

死ぬかと思った

↓2位と9位!( ノ ̄∇ ̄)ノ 本日も1クリックお願いいたします。
人気blogランキングへ
海外blogランキングへ

生きていると、時々「マジで死ぬかと思った」という言葉を口にする事がありますよね。ありますよね、ね、ね、ねっ!(何があったんだ?)
今日はもう、
はーはー、
もうね…(早く言え)。
マジで死ぬかと。
いや。マジで。思いました。はーはー。

腰と肩の治療にお医者様にいったんですよ。もうあまりに辛くて、こりゃイカンと思いまして。
診てくださったドクターCは、リン母が在NY中に指の肉を削ぎ落とした時に縫い合わせてくださった、とってもとてもスイートなドクター。いつもニコニコと優しい笑顔で迎えてくださるし、こんなコケシ女のこともよく覚えていてくださって、「あーいらっしゃーい。久しぶりだねえ」と出迎えてくださいました。

で、今の私のボロボロの肩と腰について説明したところ、
「うーん。そうですねえ…。早く治したかったら注射すればいいんですけどね。まああなた次第ですよ」と教えてくださいました。
そういえば、日本の整体ドクターにも「早く治したかったら注射すればいいんだけどねえ、間接に溜まってるカルシウムを粉砕する注射。でもねえ、痛いんだよねえええ」って、言われてはいたんです。

「注射ですか…。でもそれ、すっごく痛いんですよね…?」
「いやいや。全然大丈夫ですよ」
「ホントですか?」
「ホントホント」
「絶対?」
「絶対絶対」
「でも〜…」
「まああなた次第ですよ。よく考えて決めてください」

ああ。でも。もうこんなに痛いのはたまりません。本当に早く治るんだったら、注射ぐらいがまんしようかしら…。

「どのぐらい痛いですか?」
こんな表現のしようのないアホな質問にも、丁寧に答えてくださるC先生。
「そうですねー。3秒ぐらいですね。間接には神経がないですから、最初針が入るときだけですね、痛いのは」
「3秒って3秒って。どのぐらいの長さでしたっけ?」←アホか。
「そうですねー。1、2、3。これぐらいですね」ああC先生、まるでキリスト。
「ほんとにほんとにほんとに3秒?」しつこいわっ。
「ほんとに3秒ですよ。でもしばらく考えたらどうですか?今日じゃなくても…」
「でも今日していただいたら早く治りますよね?」
「そうですけど。考えてからでいいですよ。あなた次第ですからね」

どうも何度も『あなた次第』を繰り返すのがちょっと気にはなったんですけどね。でも、痛いのが日にち薬で治るとも思えなかったですし、巻き爪の手術の時も大騒ぎし倒したけど、騒いだ方が痛さがまぎれるかと思ったのが半分と、そのほうが楽しいかなと思って大騒ぎしたのが半分ぐらいだったし、あれを耐えられたぐらいなんだから、今回はそこまで痛くないだろう。

と。

思ったんです。

「…やります!」2秒ぐらい考えて決心しました。
「オオ。ではレッツゴー」にっこり笑うC先生。ベリーグッド!とも言ってくださいました。肩をぽんぽんとたたかれると、なんか異様に励まされてる感じがしてちょっと不安でしたが、もう後には引けません。
母の指を5針縫った時と同じ手術室に案内され、椅子に座るよう言われました。
ひー。やっぱり怖いよう。

「大丈夫。すぐ終わりますからね」
言いながら注射器に薬を注入しているC先生。手元を見ると、なんか異様に大きな瓶からチュウウウウウウウウウウウウ〜〜〜〜〜〜っと大量の薬を吸い上げてるんですけど…。

「あのう。注射器は普通の注射器ですよね?」
「もちろん!」
ちょっと返事が早すぎる気が。
「3秒なんですよね?」
「3秒3秒」
昔から、「はいはい」とか「やってないない」とか「違う違う」とか、二度重ねて返事するやつは信用できないと常々思っていたんですが、今日はそのことをすっかり忘れていました。

「さしたら後は痛くないんですよね?」
「ないない」
「刺すところ見ていてもいいですか?」
「ノーノー!そんなもん見なくてもいいですよ」
…で、でも…。
「見ないほうがいいです」
…えと…。
「ところであなたはどこに住んでるんでしたっけ?」
肩のところをひんやーとしたアルコール綿でゴシゴシ拭いてくれながら、妙なタイミングで妙な質問をするC先生。

「…あのアメリカでですか?」
「そうそうNYね」
「ミッドタウンの…っぎゃあああああああああああああああああああああああっっっっっっ!!」
「ミッドタウンね。ミッドタウンのどこっ?」
「ミミミミぎゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!」
「何丁目?どのあたり?」
「ミッドぎええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!!」
「はいもうすぐ。もうすぐ終わりだからね。あーもうすぐもうちょっと」
3秒超えてます〜〜〜〜!!!!!!しかも間接内に入っても痛いんです〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!たたたたすけてえええええええええええええええええええええええええええええ!!!!

「はい。終わりー。はー。汗かきました」
私もですっっっっっ!!!
「あなたが汗かくと、私も汗かきます」
おつきあいありがとうございますけどっっ!!!痛かった痛かったすっごく痛かったんですけどっっっっっっっっ!!!!
「さ。これで明日から良くなりますよ。次の診察は月曜日ですけどね、もしまだ痛いようだったら、痛み止めを注射します。ああ大丈夫大丈夫。痛み止めの注射は普通の小さい小さいサイズの針ですからね。安心してください。今日のとは全然違いますからね。なあああああんにも感じないですよははははは」

…ていうか、先生…。さっき『普通のサイズの注射器ですよ』って言ったんじゃ…。
「いやー。今日の針はすっごく大きいサイズです。でもそんなことあなたに言えるわけないじゃないですか。かわいそうに」

……
いや。
ホント。
かわいそうでした、私。
でも先生たしかにおっしゃる通りです。事前にあんなド太い注射針見せられたら、マジでチビったかもしれません。

311tyuusya
↑なんかコレ、動物用のものみたいなんですけど…。感覚としてこのぐらいの大きさだったような気が。


こんな注射針が、ぶっすーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと肩に刺さるんです。それも間接に届くまでぐりぐりぐりいいいいいいいいっっっっっっっっと。そして、薬液がうにょうにょうにょうにょうにょおおおおおおおお〜〜〜〜っと中に入って行くまで、ずっとずっと痛いんです〜〜〜〜〜!!


File0051_2

もうね。マジで死ぬかと思いました。終わった瞬間、汗だくでした。タンクトップに汗がにじんでいるのを見たC先生が、ああああかわいそうに、と言ってガーゼをたくさんくださいました。
先生が手術室を退出された後、体中をゴシゴシガーゼで拭きながら泣き濡れました。
人生のうちでこんな痛みを経験することになるとは…。
まだ肩の周辺が鈍痛でノゲーっとした感じがします。
あー。
つらい。

|

« 今日あった事 | トップページ | ヨン様 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。わたしも、胸椎の何番目かの右側に、棘状伸びて堆積したカルシウムをX線で見つけました。痛い、痛いとは思ってたんですが、考えてみれば、揉んだら揉んだで、棘状のカルシウムをさらにぐりぐり筋肉に差し込んでるのとおんなじで、なんだか、イタ気持ちいいけど、どうにもならんです、ハイ。その後、肩の痛みは取れましたか?私も、注射、やってみようかな。

投稿: み | 2008年1月15日 (火) 16時43分

「刺すとこ見ていていいですか」って言ってるりんこさん、スゴ過ぎます。
私も肩に注射されたことがありますが、ずっと目を閉じて片耳塞いで、涙と鼻を垂らしながら痛みと恐怖に耐えました。
注射したお陰で治りが早くなりましたけどね・・・
早く治るといいですね!

投稿: wasabi | 2007年11月17日 (土) 11時07分

絵を見ただけでも、全身ゾクゾク。 鳥肌が立ってしまいました。 『ぐっさー』の一言、怖えええ~~~。 でも、これで一発、完治するといいですね。

リンコ様、フンフン様、NYで、是非『Mickey-D見学会』やりましょうよ。

投稿: ロンドン野郎 | 2007年11月16日 (金) 23時56分

じっくりとリンコ画伯の絵を見て、こんな骨と骨のピンポイント目指して
注射針を刺せるなんて、先生すごいな~と妙なところで感心してしまいました・・・
注射が終わるまでははぐらかされごまかされてしまったのですね!
で、その後はどうですか?ましになりました?

フンフンさま、お目にかかれる日を楽しみにしています!

ところで、リンコさん最愛のヨン様♡
ドラマの撮影中に重傷とかで、撮影終了後入院→手術って記事を読みました。
リンコさん、心配ですね!

投稿: YURI | 2007年11月16日 (金) 21時31分

痛すぎるよ~。歩き読みしながら想像してしまって、手から力がぬけ、携帯電話をとりおとしてしまいました。痛い~。早くよくなってください。
フンフンさんにわたしもお会いしたいですー。

投稿: もるもる | 2007年11月16日 (金) 17時09分

写真見ただけで、逃げ出したくなりました。痛みはマシになりましたか? 

フンフンさんだ~、いつかニューヨークで会いましょうね!

投稿: toshiko | 2007年11月16日 (金) 11時38分

いやぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
こんな太い注射はいやっ
出産は耐えられるけど これは無理
リンコさん お気の毒でした

フンフン様 NYでお待ち申し上げております

とうちゃんさん 紙に言及されるとは いつもながらよく見てらっしゃる

投稿: miyu | 2007年11月16日 (金) 08時17分

痛そ~。
麻酔なしで、奥歯抜かれたことあるけど、負けんくらい痛そ~。
せっかく我慢したんやから、良くなるといいですね。

追伸。
この絵、ひどすぎますよ~。
紙も、ちゃんとしたやつ使いましょうね~。

投稿: ぞ~いのとうちゃん | 2007年11月16日 (金) 04時52分

リンコちゃんだーーーー、ひさしぶりーーー。覚えてる?(不安)
ココセレブにはどんな人がいるのかな~?と何気に見てたら、数多の芸能人の中に見たことある名前が!!
いつの間にセレブに!!!
・・・いやいや、ご活躍のようで何よりです。本も良く見かけますよん。これからも元気で頑張ってくらはい。陰ながら応援してます!

投稿: まにゃ | 2007年11月16日 (金) 04時35分

ギョエ~~~!!
関節と関節の間に注射!!
一番痛い注射の仕方や。。。よく頑張ったね。。直ると良いね。

ERで鼻から管垂らしてる・・・この話も教えてね(^ー゜)ノ

投稿: いちご | 2007年11月16日 (金) 03時30分

写真並みの太さの針なんかでプスッとやられたら、
本気で大泣きしますよ。ドン引きするくらいに。

フンフンさん、本当にいつかお会いしたいです。
東京に来てくださいよ!リンコさんと一緒に!

投稿: EVA | 2007年11月16日 (金) 01時45分

その絵だけで充分痛いです(涙)

投稿: Minako | 2007年11月16日 (金) 01時16分

きゃああああ~
フンフンに会えると思ったらコーフンしてはなぢが出ます~(*~∇~)ノ

でも絶対注射痛いですよ。
だって筋肉注射でも泣きますもん。
痛い思いをしたから、早く楽になるといいですね。
チョビちゃまの散歩とか不自由でしょうけど、お大事に◎

投稿: yayo | 2007年11月15日 (木) 23時34分

相変わらず、大げさに書いてるね。
リンコの「死ぬかと、思った。」は、何回聞いたことか・・・
お前が死にそうだったのは、ERで鼻から管垂らしてる時だろ・・・
それでも、人の事「ひよこ」とか書きやがって!

チョビのコメントで、いろんな人がレス入れてたので、お返事です。
ありがとうございます。元気にロスで生活してます。
いつか皆さんと会えるといいですね。

投稿: フンフン | 2007年11月15日 (木) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日あった事 | トップページ | ヨン様 »