« アサミちゃんとショッピング | トップページ | その後 »

2007年12月10日 (月)

病院デー

↓2位と9位!( ノ ̄∇ ̄)ノ 本日も1クリックお願いいたします。
人気blogランキングへ
海外blogランキングへ


本日は犬と飼い主両方の病院デーで、チョーばたばたしました。
チョビなんですが、もともとのアンヨの古傷が治ったと思ったら、また同じアンヨをペロペロ
ペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロなめまくりはじめたんで、おかしいなあと思ってアンヨの裏を調べたら、ぎえええええええ〜〜〜と思わず叫んでしまったような事になっていました。
チョビの足の裏の肉球は、分厚い黒い皮で覆われていて、ざらざらしていてとっても丈夫なんですが、その黒い分厚い皮が、半分ぐらいベローンとはがれてしまっていたんですうううううぎいいえええええええええええええ。
もう見た瞬間倒れそうに。
そのわりにチョビが平気そうなのは、多分抗生物質が効いているせい。
うう。早くお医者さんに診てもらって治療してもらわなくちゃ。ううう。

ということで、慌てて予約をとってチョビを連れて行ったのはいつものお医者さんです。
またなめはじめたので、またあのナメナメ防止装置(そうそう。ロクターはエリザベスカラーを略してEカラーって呼んでました)を装着して出動です。
ドクターはいつも優しいドクター・ベンダーベルデ(すごい名前)。
チョビの足の裏を見て「あらまああああああかわいそうにいいいいいいどうしてこんなことにいいいいいいい」とびっくり仰天してました。
裏の手術室に連れて行ってまずは傷口を洗浄してから治療するわね。と装置付きのチョビを連れていきました。

ほどなく待合室に戻って来たドクターVとチョビ。
アンヨには、ピンクの包帯が。


121007_1525
↑暑いです暑いですホヘホヘホヘ。なんか左足が固いですホヘホヘホヘ。


121007_1529
↑ベンチの匂いもチェックしておこうスピスピ。


雨が降って包帯が濡れるといけないから、と点滴の袋をブーツがわりにかぶせてもらって登場したチョビは、一歩あるくごとにガサー。二歩あるくとゴソー。そしてプラスチック装置がガゴー。歩く騒音です。


121007_1546
↑ロビーのツリー。


家に帰るとロビーにはクリスマスツリーが飾られていました。ロックフェラーセンターと同じく、毎年毎年まったく同じ飾り付けなんですけど、これを見ると、あークリスマスかー。またドアマンにチップをあげなくちゃいけないけど一日中雲隠れして絶対あげない季節がやってきたんだなー、って思います。


121007_2158
↑ちょっと心細げ?


点滴の袋を外し、おやつをあげたらピンク包帯犬を置き去りに、今度は自分のお医者さんです。
今日はまた肩に注射をしてもらい、その後別のドクターにインフルエンザの予防注射をしてもらうことになっていたんです。

肩の注射なんですが、決死の覚悟で受けたんですが、ぜんーーーーぜん痛くなかったです。
どうして?とドクターに訊いたら
「それは前回より針が全然細いからですよ」

…ていうか、細い針でいいんだったらなぜ前回もその細い針でやってくれなかったんでしょうか…。

「細い針でやると薬液を注入するのに時間がかかるんですよ」

…いや。あの。時間かかっても痛くないほうが全然いいんですけど…。

「まあこれで痛いのも終わりで良かったですね。はい、後は自分のエクササイズ次第ですからがんばってくださいさようなら」

…まあいいか。今日は全然痛くなかったし…。

で、次はインフルエンザです。
注射はもう売り切れだそうで、今年は『フルーミスト』というものをやることになりました。
鼻にミストをブシーっと注入するんです。これは生ワクチンだそうで注射よりもかなり強力なんだそうで、これを受けるには年齢制限があるそうです。
年齢制限にひっかかったらものすごく傷つくわ、と思いましたが、ひっかからずにすみました。あーよかった。

優しいドクターHが、鼻にブシーっと注入してくれながら
「インフルエンザの踊り食いですねー」

インフルエンザの踊り食い。
気持ち悪いんですけど。
でも、喉に甘い味がひろがりました。
インフルエンザって甘いんですかね。

これで冬の準備は万端です。
あとはチョビが早く良くなってくれることを祈るばかりです。
小さなけがも人間よりはるかに小さな体のチョビたちには致命傷になることもありますからね。
それに何より、あの装置が不快でならないらしく、見ていられないんです。
あれつけてると階段ものぼれないらしく、なんか金網にひっかかったトカゲみたいな形になって固まってました。


121007_2203
↑見かねてとってあげたんですが、包帯もダメみたいです。とほほ。


そうそう。
今日診察していただいた病院は、巻き爪を治療してくださったT先生もいらっしゃる診療所なんですが、先日の中国人マーのミーティングにも参加してくださったT先生に今日お目にかかりました。
先日はありがとうございました、とご挨拶したら、
「あなたのいとこ、頭がいいんだねえー。あんな頭のいいいとこがいるんだねえ。なんでだろうねええ」
って言われました。
はーどうもありがとうございますはははははー。
と言って、しばらくしてから、そりゃどういう意味じゃい! って思いましたけど、T先生はどこにもいませんでした。
そういえばマーちゃんの英語、ものすごい早口だったな。私にもあんな技はできません。
ていうか。
日本語でもあんなに早口にしゃべるのは無理です。

とにかくですね。
明日あさっては、私もフルーミストのせいでちょっとボーっとするかもですし、チョビもアンヨがいまいちなので、二人で家でおとなしくすることにします。

|

« アサミちゃんとショッピング | トップページ | その後 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

★ゆりりんさん
ビールを飲みながら私とチョビの話題を!ありがとうございます〜。ぜひぜひ、NYに皆さんで遊びにきてくださいね〜。

★yayoさん
いやもう。ホント、全然痛くないですよ。気持ち悪くもないし。あっという間に終りです。去年は注射だったんですが、今年より去年のほうが副作用強かったなー、て思います。

★EVAさん
もうあまりにかわいそうで、エリザベスカラーはほとんどつけていません。見張っていて足をなめはじめたら、カラーをつけるかブーツをはかせることにしました。
ら。
チョビ、トイレに隠れてナメナメしてました…。へんなところで知能犯です…。

★とうちゃんさん
ミスト、日本では非承認なんですか。知らなかったー。ほんとに簡単で痛くないし、注射嫌いの人にはおすすめですけどねー。
チョビ。痛くはなさそうで、ひたすらエリザべスカラーが嫌みたいです。壁にこすりつけて取ろうとしました…。無理なのに…。

★DAISUKEさん
包帯は昨夜はずすように言われていたので、はずしてあげました。ピンクの包帯は粘着伸縮ほうたいですが、べりべりベリとはがしたら、その下に普通の白い包帯がまた厳重にぐるぐる巻きに巻いてありました。あんなに巻かれたら関節も曲がりにくいと思います。うう。かわいそう。

★michaiさn
理論的には鼻ブシーのほうが効果がある『はず』ならしいです。生ワクチンだし。副作用もあんまりなかったです。ちょっとお腹を壊して、翌朝頭痛がしました。去年の注射の時は、風邪の初期みたいな感じになって、二日間ぐらいダルかったです。

★miyuさん
早口になるためには、ただひたすら『喋りたい』という情熱のみみたいです…。『伝えたい』よりも『喋りたい』。なんでもいいから『喋りたい』。何がなんでも『喋りたい』。きいてくれてもくれなくてもいいから『喋りたい』。ひたすらこれのようですよ…。

★YURIさん
ありがとうございます〜。チョビの肉球がはずれそうに(うげえ)なったのは、遊んでいて引っ掻き傷ができて、それがまた石畳かなにかにひっかかって『ベリ』となったみたいです。
うううー。書いていて想像するだけでうぞぞぞぞとなりました。ドクターが肉球をぐいと抑えて、皮がベロリンとなった瞬間、私もドクターも「ぎゃあああ」と思わず言ったほどでした…。早く治ってくれるといいんですが…。

投稿: リンコ | 2007年12月11日 (火) 20時50分

チョビちゃん、かわいそう(>_<)
どうしたのかな~
痛いんだろな~
くんくん言ってません?
かわいそうだけど、エリザベスカラーと包帯もうちょっと我慢しとこうね!お大事に!
リンコさんの肩の方は、順調みたいで良かったです♪

投稿: YURI | 2007年12月11日 (火) 09時19分

あ~ 痛々しい(悲鳴)!
足の傷は人間でもやっかいですもの。チョビちゃまはいかばかりかと・・・早く治りますように
しかし、なんで包帯がピンク?それもこのピンク!チョビちゃまじゃなくてもイヤかも(ピンク好きの私でもたぶんイヤ)

マーちゃんの早口英語拝聴したいです。どうやったら早口になれるのか講演してくれないかしら

投稿: miyu | 2007年12月11日 (火) 08時19分

そのインフルエンザの鼻ぶし~っ、なかなか効きそうですねぇ~。
3年前に人生初めてのインフルエンザにかかってしまい、翌年はすんごく思い切って会社で予防接種を受けてみました(それまで注射がコワくて受けていなかった)。

そしたら、その時はまったく痛くなくて、「なんだ・・こんな事なら毎年受けておけば良かった」と思いました。

でもあれって、打つ人によるみたいですね?
接種箇所が思いっきり腫れた人もいました・・。それを見てまた翌年は悩みました。熱さも喉元過ぎればなんとか、てやつです(笑)

投稿: michai | 2007年12月11日 (火) 05時17分

インフルエンザの予防をして
冬対策ばっちりですね。
NYの冬は極寒だと聞くので
風邪なんかひいたら、かなり具合悪くなりそうな
気がします。

チョビのけが早く良くなるといいですね。
やっぱりよく動き周れるように
伸縮の包帯なんですか?

投稿: DAISUKE | 2007年12月11日 (火) 05時13分

なんとかいう製薬会社が、なんか問題で、アメリカのインフルエンザの予防接種が足りなくなったんですよね。
んで、フルーミストが大活躍。
たしか、50才までOKやった気が。
日本でも、承認したくれたらいいのに。

チョビちゃん。
痛々しくて、見てられません。
早く、良くなってね。

投稿: ぞ~いのとうちゃん | 2007年12月11日 (火) 03時36分

肉球の話から全身がぞわーっとしっぱなしです。
チョビ、早く治るといいですね。
エリザベスカラーと包帯のダブルはさすがに可愛そうですね。
犬の関節を考えると(良く分からないけど)、人間が足首に
包帯まいて歩く事より大変かもしれませんね。

インフルエンザですか。
鼻にブシーって、ふごーってなりそうなんですけど平気ですか?
注射と鼻にブシー・・・究極の選択・・・でも注射かなぁ?

投稿: EVA | 2007年12月11日 (火) 00時15分

その、鼻にブシーッとするの、初めて聞きました。
そんなの、日本でもあるんですかね?
わたしインフルエンザの注射したことないです。
友人から筋肉注射だから痛いと言われ、しかも高いし・・・
と思ってたら今年インフルエンザにかかっちゃっいました。
結局予防接種するより、治療代が高くついちゃった。
しかも具合悪いのにケチってバスで行ったら倒れちゃったし。
ミストは痛くなさそうだからそれだったらいいな。
チョビちゃま、おとなしくして早く治ってね。

投稿: yayo | 2007年12月10日 (月) 23時58分

あぁん。チョビかわいそうですね・・・。早くよくなるといいですね。
ブログあるの気づいてから、友達との間で、結構チョビとリンコさんの話題でますよ^^ ビール飲みながら。で、毎回最後には「早くNY行きたいね!」で終わります。
リンコさんのブログ毎日の楽しみですよ!早く肩よくなるといいですね><

投稿: ゆりりん | 2007年12月10日 (月) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アサミちゃんとショッピング | トップページ | その後 »