« 今日の料理 | トップページ | 本日のお買い物 »

2008年1月 5日 (土)

チョビの家系図

↓世界ランキング、現在も1位です。今日も一票お願いしま〜す。

↓2位と8位!本日も1クリックお願いいたします!( ̄∀ ̄*)
人気エッセイブログ
海外ブログ

先日フンフンから電話があったんです。
その時、「チョビの動画見てると、目が真っ白になったなあ、って思った」って言われました。
半年ほど前、定期検診で獣医さんに診てもらった時、「白内障になってるわよ」って言われてガーンとショックを受けたんです。で、そういわれてよく見たら、たしかに、通りすがりの消防士さんに「こんな真っ黒な目、見た事が無いよ」って言われたほど真っ黒だったチョビの目が、白く濁ってきていたんです。
「チョビは運転もしないし読書もしないから、日常生活には困らないわよ」って獣医さんに言われてなんとなく納得したようなしないような気分でしたが、なんかやっぱりショックだったんです。

で、そんな話をしているうちにもうじきチョビのお誕生日なことに気がつきました。
「チョビ、あと少しで13歳のお誕生日なんだけど」

「あー。ま、あと1ー2年だろ」

「な、何が1ー2年?目が見えなくなるまで?」

「いや。死ぬまで」

ひ、ひどいっっ!

「でもおめえ、そりゃしょうがねえだろ。あいつぁ大型犬だぜ」

「そりゃそうだけどさあ。ポールはあと5年って言ってるよ」

「そりゃおめえ無理じゃねえか?」

はー。なんか考えたくないんですけど。

「俺は呼び出しの覚悟はしてるぜ」

「何の?チョビのお葬式?」

「おお」

「あー。考えたくない。ホントどうなるのかねえ、あんな大きな犬が死んじゃったら…」

「なあ…大変だよ…」

「実家の猫のヨっちゃんは、死んじゃった時お葬式屋さんが来てケーキの箱みたいなのにお花といっしょに入れてもらったんだって」

「あいつぁケーキの箱には入らねえだろ」

「誰が?」

「チョビだよ。ケーキの箱は無理だろ。かといってなあ。段ボールもなんだしなあ」

不吉でマヌケな会話です。
今日もレモンメレンゲパイをいただきながら、物欲しそうに近づいてくるチョビの白くなって来た目をじーっと見ながら、1日でも長生きしてくれますように。と頭をなぜながらお願いしておきました。

ちなみにチョビのお誕生日は1月17日です。阪神淡路大震災の当日に、NJで生まれたチョビ。一応純血種なので家系図もあります。
それによりますと、チョビのおじいさんはBONZO(ボンゾ)というマヌケな名前の白黒ハスキー。このじいさんが不埒にも娘であるはずのチョビのお母さんといけないことをしてチョビとチョビの兄弟が生まれたようです。お母さんの名前は忘れましたが、赤毛のハスキーだったようです。チョビは白黒ですが、かかとのところに赤い毛がはえているので、これはお母さんの遺伝かもしれません。

チョビの兄弟はどこにいるのかしら。
そしてみんな元気なのかしら。
チョビはお腹が弱くて8歳ぐらいから病院通いばかりしていましたが、とあるサプリメントを食べるようになってから、奇跡のようにお腹を壊さなくなり、それからは本当に元気で健康です。
ハスキーは長生きな犬種だって聞きましたが、これからお引っ越しやなんかでチョビも少し疲れるかも。新しい家に早くなれてくれるといいな。(ていうか、まだ引っ越しの日程すら決まっていないけど)。

071807_1611
↑いただきもののおもちゃで遊ぶチョビ。


|

« 今日の料理 | トップページ | 本日のお買い物 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ノン
阪神・淡路大震災女

投稿: 匿名 | 2008年5月 1日 (木) 21時49分

昨年の2月22年連れ添った猫さんが旅立ちました。
いつか別れが来るのは解っていても、辛かったです。
友人は虐待されていたハスキーを引き取り暮らしていました。幼少の頃人間のスナック菓子しか食べていなかったため8歳と短命でした。
きちんと健康管理してもらって沢山お散歩して愛されているチョビは幸せ者だ~!!

投稿: Minako | 2008年1月 7日 (月) 02時56分

★ノンさん
ひゃー。本当ですか!チョビと同じお誕生日!!
ノンさんちのオカメインコちゃんも、幸せに長生きできますように、私もチョビといっしょにお祈りしています。私たちと同じ長さ生きてくれればいいのに、って本当に真剣に思いますよね…。

★Kakkoちゃん先生
お久しぶりです〜。コメントありがとうございます。
本当ですよね。大切な家族がいなくなっちゃうなんて、本当に考えられないですよね。チョビが足元をウロウロしているのを見ていると、自分の寿命とか人生(犬生?)をどういうふうに思ってるのかなあ、とか、最近年取ったなあ疲れやすいなあ、とか思うのかなあ、なんてよく考えます。目の前にいる愛おしい生き物の、その命に限りがあるんだという事が日々実感されるのってなんとも言えない気持ちです。

★YURIさん
ゆりちゃん、年齢がわからないんですね。獣医さんが大体の年齢を歯やなんかから推測してくれるんですよね。私の実家の猫ヨっちゃんがそんな感じでした。
しかし妹さん。一年間ご飯を作らない喪って一体…。

★LEHUAさん
うわー。トラちゃん長生きですね!ヨっちゃんと同じです。健康で長生きなペットって本当に飼い主孝行ですよね。
最近は将来のために、チョビ用乳母車の購入を真剣に考えています。

★みささん
そうですよね。近所のワンコたちも、12歳13歳ぐらいから突如老犬ぽい風貌になって、ヨロヨロと歩いていたりしますので、それに比べるとチョビは未だに全力疾走しますし、ピョンピョン飛び回ったりはしゃいだり、凄く元気です。神様に感謝です〜。

★miyuさん
本当に犬も猫も鳥も、愛しいペットたちはみんな飼い主と同じだけの長さ生きられるのならいいのに、って真剣に思います。
サプリメントの情報、今日のブログにのせておきましたよー。リラちゃんによろしくお伝えください!

★Lotusさん
Lotusさん、愛猫ちゃんのお名前がLotusちゃんなんですね。ご病気、本当に心配ですね…。私も自分の身に置き換えて考えると、言葉にできないほど胸が痛みます。Lotusちゃんに残された時間が本当に幸せで穏やかなものでありますよう、そして少しでもLotusさんたちが長くいっしょにいられるよう、私も心から祈っています。

★ロンドン野郎さん
そうそうそう。そうでしたね。ロンドンさんのブログをずっと以前に見せていただいて、それからI am legend の予告編を見た時に、あっ。これ。どこかで見た事ある。って思ってたんです。そうでしたロンドンさんのブログでした!すごい偶然でしたねー。私もこの映画興味があって、是非見てみたいと思っているんですが、ワンコ出演系、感情移入しすぎてちょっと辛いことが多いので、迷っています。

★ぶんた1973さん
ありがとうございます。ぶんたさんちのワンちゃんも、本当に幸せで穏やかで優しい毎日を、ぶんたさんご家族と一緒に過ごせるようお祈りしていますね。本当にペットって愛おしくて切なくてたまらない存在ですねえ…。

★EVAさん
そうなんですよ。はっと気がついたらもうすぐ13歳!たしか最初の本のころは8歳ぐらいだったような気が…。月日のたつのは早いですね〜。
お買い物!そうですね、ユーロ高いですね!
うーん。お買い物はNYなんですねー。そうだったかー。お買い物、セール中にもっとすればよかったかな…。

投稿: リンコ | 2008年1月 6日 (日) 23時23分

チョビ、13歳になったんですね…
最初にリンコさんの本読んだ時って、まだ10歳に
なったかならないか位じゃなかったですか?

確かに、お引越しは少し疲れるかもしれませんが、
落ち着いたら、また穏やかな日々が戻ってきますよ。

お話変わりますが。
ヨーロッパではほっとんどお買い物できませんでした。
何といってもユーロが高いので、下手すると、日本より
高いんですよ。
今、お買い物するなら、やっぱりNYです!

投稿: EVA | 2008年1月 6日 (日) 20時08分

うちにも老犬がいて病院通いの毎日…
これからどのくらい一緒にいられるかはわからないけれど、彼が穏やかに過ごせるよう祈りながら世話をしています。
大型犬でも室内飼いと室外飼いでは何年か違うと聞きます。
チョビが大好きなリンコさんと、穏やかな毎日を過ごせるよう、日本から祈っています。

投稿: ぶんた1973 | 2008年1月 6日 (日) 19時01分

先日、映画『I am Legend』を見ました。 今から3年後、ある理由で廃墟になったニューヨークで、たった一人シェパードのSAM君と一緒に暮らしている男(ウィル・スミス)の話です。 このSAM君が本当に涙が出るくらい素晴らしい演技を見せてくれるんです。 お話はSFホラーですが、ちょっと怖くて、ちょっと切ない内容です。 彼らの他にニューヨークにいるのは・・・(ネタばれになるので、後は映画館で)

映画を見て切なくなって、今回の皆さんのコメントをみて、また切なくなってきてしまいました。 ちょっとダブるものがあるんです。

それから、実はこの映画見ようと思ったきっかけがあります。 2006年の10月、仕事でNYにいた際に、たまたま7番街でロケに出くわしたんです。 その時の様子、良かったら下記にアクセスしてみてください。

http://801-22picton.mo-blog.jp/001/2006/11/post_6bae.html

投稿: ロンドン野郎 | 2008年1月 6日 (日) 15時40分

動物と同居する上でいちばん辛いことが、先立たれてしまうことですよね。
どんなに可愛がって大切にしても寿命をとめられないのはわかっているのに、それでも辛いです。
私の溺愛している猫のLotus(11歳、女の子)も最近ガンと診断されて、生きてもあと一年くらいと獣医さんから宣告された時は
ものすごくショックでした。
今は彼女に残された時間、できるだけ愛情をあげて幸せなものにしてあげようと思っています。

投稿: Lotus | 2008年1月 6日 (日) 13時17分

友人がわが子より大事にしているゴールデンレトリバー嬢か”リラちゃん”も13歳でお腹が弱く、体調を心配する日々を送っています。できたら、その『とあるサプリメント』というのを教えていただけませんでしょうか

ホントにワンコ達は家族以上の家族なのに、その寿命は短すぎますね。残された者の悲しみを考えると今から心が痛みます。

投稿: miyu | 2008年1月 6日 (日) 12時25分

チョビももう13歳なんですね・・・。
本を初めて読んだ時点ですでに10歳くらいだったのではと・・・。
大型犬の寿命は短いと聞いているので、ハスキーが13歳を超えたのは長寿だと思います。
人間も歳を取ると白内障、緑内障と嫌な病気にかかりやすくなりますよね~ 超ド近眼なので、あと何歳までまともに見えるのかしら、と私も不安です。
我が家のわんこも6歳になり、シニア犬の仲間入りとなるのですが・・・。
少しでも長生きして欲しいですよね。少しくらい見えなくなってもチョビの目にリンコさんがなってくれますよね!

投稿: みさ | 2008年1月 6日 (日) 09時05分

私も一番考えたくないことって、ウチの実家のトラ(猫)のことです。あの娘も18歳なので毎冬、今年の寒さは大丈夫だろうか・・・・?と落ち着かなくなります。

チョビも昔の写真(リンコさんの本の中)よりやっぱ年をとったような気がするので心配・・・。
でもね、でもね、きっとまだまだ元気でいてくれますよ。
だってチョビの顔がほんわかとのんびりしてるから、世の中何だってヘッチャラって感じを受けますよぉ。

でもいいなぁ私もフンフンと話してみたい。

投稿: LEHUA | 2008年1月 6日 (日) 08時51分

チョビちゃん、白内障なんですね…
ゆりも昔に比べるとかなり目の色が白濁してきていて
前に獣医さんに聞いたら「年齢だから仕方ないですね~」と
あっさり言われてしまったそうです(>_<)
確かに運転もしないし読書もしないけど、でもやっぱりね。
そのうち匂いだけでしか誰なのか判断出来なくなってしまうのかも…
あーーーー、私もどんどん凹んで来てしまいました。
単なる伯母の私でもこんな風なので、一緒に暮らしているリンコさんは.......
妹はゆりのその日が来てしまったら
喪に服して一年間ご飯を作らないと宣言してました。

チョビちゃんは阪神大震災の日に生まれたんですね~
絶対に忘れられない日です。
チョビちゃんの兄弟は元気かな~?見てみたいですね♪
ゆりはお誕生日も年齢もわからないから、いろいろ判っているチョビちゃんが羨ましいです。

投稿: YURI | 2008年1月 6日 (日) 08時37分

ちょびちゃん、長生きしてね、
私もずっとちょびちゃんに生きていてほしいです。
私の家にもいちじくと凜と四つ葉がいます、いちじくは、一番お姉さん。いなくなる日がくるなんて、やっぱり考えたくありません。チョビちゃん、もう少しのお誕生日おめでとうございます。

投稿: Kakko | 2008年1月 6日 (日) 06時49分

きゃー!リンコさん!!!
私も1月17日生まれなんです!!!
チョビと同じお誕生日だなんて、嬉しすぎます♪
私もオカメインコを飼っていて溺愛していますが、
いなくなっちゃうことなんて考えただけでも恐ろしい><
自分と同じ寿命ならいいのに、とか本気で考えたりします。

元気に健康に長生きしてもらうことがその子にとっても
幸せだし、なにより飼い主の幸せそのものだなぁと思います。
幸せ犬チョビ、毎日元気に過ごせますように!

今年から自分そっちのけで、チョビちゃんのお誕生日を
お祝いしたいと思います☆

投稿: ノン | 2008年1月 6日 (日) 03時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日の料理 | トップページ | 本日のお買い物 »