« 前世2 | トップページ | NY隠れナンバーワンお料理教室とは! »

2008年1月30日 (水)

犬の十戒

↓今度はバレンタイン企画!きゃー♥(←?)


↓こちらは本日2位と8位!どうか1クリックお願いいたしま〜す。( ̄∀ ̄*)
人気エッセイブログ
海外ブログ

↓お誘いいただいたので、登録してみました〜。
http://blogrank.toremaga.com



来月もしかしたらのもしかしたで旅に出るかもな雰囲気になってきました。
しかし気になるのはチョビです。
チョー元気だしどこも悪い所は無いし、今も床でのたれ死に状態でグーグーのんきに眠っています。
しかしながら、普段あまり私に対してべたべた甘えたりくっついてきたりしないチョビにとってもやっぱり私がたった一人の家族らしく、長時間留守にすると恨みションを床でジャーとやりますし、日本に帰国した時も3週間をすぎると寂しさからか不安からか、体調を崩してお腹をこわしたり朝ゲロしたりするんです。
今回の旅はそんなに長期にはならないつもりですが、いくら元気でも13歳の高齢チョビを残して行くのはとてもとても心配。
いつも頼んでいるドッグウォーカーのスケジュールが合わなさそうなので、あちこちのケンネルを探しているんですが、初めての所にチョビを預けるのも少し心配です。
どうしようかなあ、やっぱり旅行をとりやめようかなあ、ああ困ったなあ、と思いながらネットを検索していたら、とあるケンネルを発見。日本人女性の犬調教師の方がウェブを出している、なかなか良さそうなケンネルです。メールで問い合せをしたら、すぐにお返事をくださいました。
高齢犬なのであずかっていただけるかどうかはまだわかりませんが、その方のウェブを色々見ていたら、『犬の十戒』という詩?というか、つまり『モーゼの十戒』の犬バージョンを発見しました。
興味をもって検索したら、ネット上の色んなところにありました。
これ。
犬好きにはたまりません。
犬好きさんじゃなくてもウルウルものの『犬の十戒』。作者不詳のまま、世界中に伝わっているそうですが、私は今回初めて知りました。


1. My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me.

1.私の人生は、ほんの10年か15年です。ほんのわずかな時間でもあなたと離れていることは、私にとってとても辛いものです。どうかそのことを、私を飼う前に考えてください。


2. Give me time to understand what you want of me.
2.あなたが私に望んでいることを理解する時間を、私にください。


3. Place your trust in me-it's crucial to my well-being.
3.私を信頼してください。それが私の幸福なのです。


4. Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.
4.  私を長時間叱ったり罰として閉じ込めたりしないでください。あなたには仕事や楽しみや友達がいても、私にはあなたしかいないのです。


5. Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I understand your voice when its speaking to me.
5.  時には私に話しかけてください。たとえあなたの言葉は理解できなくても、あなたが私に語りかける声を私は理解できるのですから。


6. Be aware that however you treat me, I'll never forget it.
6.  どのような扱いであれ、私はあなたがしてくれたことを決して忘れません。


7. Remember before you hit me that I have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.
7.  私を叩く前に思い出してください。私はあなたの骨を簡単に噛み砕いてしまえる歯を持っていることを。そしてその歯であなたを決して噛まないと決めていることを。


8. Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.

8.   言う事をきかない、頑固だ、怠け者だと私を叱る前に、何か原因があるのかもしれないともう一度考えてください。正しい食事を与えなかったのでは?日中太陽が照りつける中に長時間放置しなかっただろうか?それとも年を取って心臓が弱っているのかもしれない。と。


9. Take care of me when I get old; you, too, will grow old.
9.   私が年老いてもどうか世話をしてください。あなたも同じくいつかは年老いて行くのです。



10. Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it, or, "Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you arethere. Remember, I love you.
10. 私が旅立つ時が来たときは、どうかそばに居て私を見送ってください。「見ているのが辛い」とか「私が見ていない間に逝ってほしい」などと言わないでください。あなたさえ側にいてくれれば、私はどんなことでも安らかに受け入れられるのです。どうか忘れないでください。私があなたを愛していることを。



あー。もう何回読んでもウルウルウルウルです。たまりませんです。
私は犬派猫派というより動物全体派ですが、やっぱり今そばにいるのがチョビなので、こういうものに無茶苦茶感情移入してしまいます。
ちなみに、『猫の十戒』というものもあるそうです。
これは『犬の十戒』と違って、飼い主から猫への十戒(以上あるけど)です。笑えますのでネットで検索してみてくださいね。

夜、グーグー寝ているチョビの上にバサーっとかぶさり、「家の子になって幸せ?幸せ?」とか「私のこと、好き?好き?」とか訊く私のことを、本当のところチョビはどんな風に思っているのかしら…。一度でいいから訊いてみたいです。

Dsc02666
↑迷惑に決まっとるわペロペロ。




|

« 前世2 | トップページ | NY隠れナンバーワンお料理教室とは! »

ペット」カテゴリの記事

コメント

初めて読んだとき、涙が出ました。

今改めて読んでも涙が出ます。

動物って、言葉を話すことができないのに、
お互いの顔の表情で、気持ちを読み取って生活している
から、欠くことのできない存在ですよね。

犬の十戒を見るたびに、ココロが引き締まる思いです。

投稿: kawako | 2008年2月 8日 (金) 10時53分

会社で『犬の十戒』を読んで涙ボロボロでした。
今ちょっと見つからないのですが、動物専門のヒーラーの方もいらっしゃって、動物が普段一緒に住んでいる人間をどう思っているか聞いてくださるそうです。
聞いてみたいけれどちょっと怖い・・・。

投稿: Minako | 2008年2月 4日 (月) 01時02分

★meguさん
チョビと一緒の旅行といえば、先日ポール様を追いかけていったNY近郊のハンプトンズへ2泊3日の旅にでかけたことがあります。犬同伴オッケーホテルって結構高いんですが、チョビにも海を見せてあげたかったので。
産まれて初めて海を見たときのチョビの顔が忘れられません。
ぱあっと目の前に広がった海岸を見て立ち止まり、私の方を振り返ったチョビのうれしそうな顔。「なにこれ?なに?これなに?」とドキドキしている表情でした。
その後は暑くて喉が渇いて、あげくの果てに海に引きずり込まれてトラウマになったチョビでしたが…。

★wasabiさん
そうですね〜。本当にどの文章もウルウルです。
チョビには私しかいないんだなあ、って日々思います。
が。
チョビ、本当のところは私よりドッグウォーカーの方が好きなんじゃないか?とか思うこともしばしば…。とほほ

★YURIさん
うわー。私もその手の映画はダメです。絶対見られません!
ところでIさんの正体その3人じゃないんですね…。でもキョウコちゃんにバレバレってところでなんとなく想像がつきました。
で、素朴な疑問なんですが、3人のうち亡くなっているお二人のうち伊丹十三さんの他のもう一人ってどなたなんでしょう?

★makoさん
マルちゃん。きっといつもmakoさんの側にいますよ!
私の実家のヨっちゃんが天国に旅立ってから後、霊感のあるお友達とあっている時に彼女が突然「あ。玲子さん。ヨっちゃんいるよ。玲子さんの側に。ふわふわってして、すごくすごく玲子さんのこと大好きな気持ちが伝わってくるよ」って言われました。すごくうれしかったです。それ以来、ヨっちゃんはいつもそばにふわふわいるんだなーって思って暮らしています。マルちゃんも絶対お家のみんなのそばにふわふわーんと居ますよ。

投稿: リンコ | 2008年2月 3日 (日) 00時54分

★いちごさん
千の風になる、ということは、あのくるくるパーマのおじさんが大声で歌ってくれるんでしょうかね…。ちょっと安らかとはほど遠いですな…。
あーチョビ、いちごのおばちゃんに預かってもらえたらうれしいのになー。

★みささん
ありがとうございます〜。環境がかわると不安になって体調を崩したら困るしな…、とまだ思案中です。あー。どうしましょうおおお〜(ていうか、つまり私がチョビと離れたくない)。

★yayoさん
私も初めて読んだときは、うえええーんって大泣きしました。マジ泣き。でもその目の前でチョビはガーガーいびきかいて寝てましたけどね…。

★DAISUKEさん
ホントに油断しまくってます。この間、あまりにも熟睡していたので、背後から忍び寄って脅かしてやろうかと思ったら(なぜそんなことを)、私の気配に気づいてびょーんと飛び上がって逃げて行きました。高齢犬にこんな思いをさせる私って一体…。

★キョウコちゃん
どこに行くかはナイショじゃ〜。でもチョビも一緒に行けたらいいのになあ。お湯をかけて縮んだり大きくなったりするんだったら、ポッケに詰めて色んな所に一緒に行けるのに。あーチョビと離れたくない〜〜。

★ロンドン野郎さん
ね。ウルウルで言葉にならないですよねえ。( p_q)

★れんこんさん
思い出すとさらに健気さが思い出されますよね…。ああ。動物って本当に健気です。

投稿: リンコ | 2008年2月 1日 (金) 04時08分

ああ(><)、連投になりますが、私のブログに載せさせていただきました。
ほんとうに、飼い主として、犬のパートナーとして、当たり前のことなのに、すごくたくさん気づくことがありました。
リンコさん、重ねてありがとうです。

投稿: ぶんた | 2008年2月 1日 (金) 03時30分

読めてよかったです。
ありがとうございます。

投稿: ぶんた | 2008年2月 1日 (金) 03時12分

本当にうるうるものです。
昔飼っていた犬の事、猫の事、思い出しただけでもう・・・。
なんとなく分かっているようなつもりでペット達と接していますが、本当はどう感じているのかなぁ、って考えちゃいます。
割と最近飼っていた猫を亡くしたばかりなので、最後の時には聞いてみたかったなぁ・・・・。

投稿: 恭子 | 2008年2月 1日 (金) 02時22分

「犬の十戒」、初めて読みました。心打たれました・・・涙が出ました。
そして皆さんと同様に、昔飼っていた犬を思い出しました。
彼もやはりこんな風に思ってたのかな・・と。
その当時にこれを読みたかったな・・・。

でも読めて(知って)良かったです。
もし次に犬と暮らす事になった時には心に留めておけますもんね。

昨年TVで、保健所にいる犬を里親としてもらい、1ヶ月後に再び保健所にその犬を連れてきた親子がいて、なんとその理由が「泊まりで海に行きたいから飼えない」なんて言ってるのを見て唖然とし、その犬が哀れで涙が出たのを思い出しました。犬をただの「モノ」としてしか見れないなんて・・逆にかわいそうな人たちだな、と。

チョビはかなり幸せ者だと思いますよ。
飼い主がリンコさんで最高の人生じゃないでしょうか。

投稿: michai | 2008年2月 1日 (金) 01時26分

私も初めて「犬の十戒」知りました。
2年前に約16年間実家にいた犬が亡くなりました。
この「犬の十戒」を読んでいたら、その子を思いだして「もっともっとたくさん可愛がってあげていれば・・。」と後悔ばかりです。
たくさんチュウして、ハグして、話し掛けて、散歩に行ってあげればよかった。
たくさんお話ししたいのに、言葉が出てきそうなのに、整理ができないです。
涙が止まりませんよ、リンコさん。今仕事中なのに・・。

投稿: くみ | 2008年1月31日 (木) 22時30分

「犬と私の10の約束」川口晴さんの著書の中で、「斉藤あかり」が犬を飼うに当たって、
母親から突きつけられた。約束…と言うのが実態ですね。
ソックスが死ぬまで、アカリはその約束を守っていなかった事に気付いた。悲しい物語…。

私のブログ「瀬里恵とともに」にこの本の書評を書いています。
2007年10月14日更新「あっち向いてホィ…」及び、
2007年12月14日更新「福田真由子ちゃんと、ソックスと…」
を、良かったら読んで下さい。なお2008年3月、映画が公開されるそうです。

投稿: 瀬里恵 | 2008年1月31日 (木) 18時30分

うぅ~~なんだか心にずきんときました‥。
はじめて「犬の十戒」のことを知りました。
人間にもあてはまる箇所があるなぁ?と、考えさせられました‥
ワンコたちも人間にいろんなことを教えてくれてるんですね。

投稿: keiko | 2008年1月31日 (木) 11時51分

>夜、グーグー寝ているチョビの上にバサーっとかぶさり、
>「家の子になって幸せ?幸せ?」とか「私のこと、好き?
>好き?」とか訊く私のことを、本当のところチョビはどん
>な風に思っているのかしら…。一度でいいから訊いてみた
>いです。

チョビちゃん、すごく幸せなワンちゃんです。
だって、リンコさんはご自分の旅行でチョビちゃんの
体調が崩れないかといっぱい心配してあげているんですもの。。。
いるんですよ、「犬の十戒」が守れない飼い主が、、、。
我が家の犬のちぇりりんは17歳でお空に行って
しまいましたが、今でも大事な家族です。
犬のちぇりりんのいた生活は大変でしたが最高に穏やかな
日々でした。
チョビちゃんが安心して預かってもらえるケンネルに出会えるといいですね。
『犬の十戒』紹介してくださってありがとう!!

投稿: ちぇりりん | 2008年1月31日 (木) 10時26分

とにかく短い時間の間一生懸命シッポを振り続けてくれているんだね。最後の時には、必ずどんな時でも傍に居るよ。
まだ、ちょっと先だと思うけれど。また明日の朝散歩しような。

投稿: mixdog | 2008年1月31日 (木) 10時22分

犬の十戒を読んで、今まで我が家に何かしらの縁があって
やってきた動物達の事を思い浮かべました。
今まで、数匹の猫と数匹のハムスターを飼いましたが、
どの子達も私が眠っている間や、仕事に行っている間に
逝ってしまいました。

これを読んで、もっと可愛がってあげようと思いました。
が、私も気持ち良さそうに寝ている所にがばーっとかぶさって、
ちゅーとかしてます。きっと「ちっ、うるさいな」くらい
思っているのかも。。。

投稿: EVA | 2008年1月31日 (木) 09時49分

読みながら心臓がどきどきしました。

マル子は今は天使になってしまったのですが、
一緒に暮らしている時も、亡くなってからも
「マルはこの家の子で幸せと思ってるかなぁ。そう思ってくれてるといいね。」と家族ともいつも話していました。
姿が見えなくなっても心の中にいつも居てくれます。

チョビちゃんはリンコさんと一緒で本当に幸せと思ってると思います♪


投稿: mako | 2008年1月31日 (木) 08時44分

タイトル見ただけで涙出て来ました。
何年前かに『犬の十戒』をどこかで読んで以来
タイトルを見ただけで涙がじわっとです。

この十戒をベースにした『犬と私の10の約束』という映画が、3月に公開されます。(邦画です)
最近映画館に行くと予告編をやっているのですが・・・・・・・
もうそれだけで、号泣一歩手前です。
絶対に見には行きません!行くもんか!

妹(ゆりの飼い主)の話によると、犬猫病院の待合室とかに
この犬の十戒が飾られてるそうです。

ところで、先日の私の憧れの人Iさん
石立鉄男・石橋正次・伊丹十三ってすごいメンバーですが
もう亡くなられた方がお二人も…
私、そんなに渋い趣味じゃなくってもう少し若い方でお願いします。


投稿: YURI | 2008年1月31日 (木) 08時09分

日本ではこの犬の10戒をもとにした映画「犬と私の10の約束」が3月に公開されますよ~
映画の公式サイト→http://www.inu10.jp/

全ての文章が心にぐりぐりきて、ウルウルしてしまいました。。。
特に4番目の”私にはあなたしかいないのです”というところは何度読んでも涙が出てきます。
チョビちゃんはリンコさんと巡り会えてホントにすごく幸せだと思います。

投稿: wasabi | 2008年1月31日 (木) 08時08分

「犬と私の10の約束」ですよね。私も書店で、この部分を読んだだけで、涙出ちゃいました。ちょっと恥ずかしかった・・・。
チョビはリンコさんの家の子になって、間違いなく幸せだと思いますよ。こんなに愛されているんだもの。
チョビ預かってもらえると良いですね。ところで、リンコさんはチョビと一緒に旅行された事はありますか?

投稿: meg | 2008年1月31日 (木) 07時56分

涙がとまりません。
昔、飼っていた犬のこと思い出しちゃいました。。。

投稿: れんこん | 2008年1月31日 (木) 07時24分

やっぱり、ちょっと、今回はコメント書けなくなってしまいました。 だめですねー。

投稿: ロンドン野郎 | 2008年1月31日 (木) 07時05分

あああ、これ読んで今となりでハウスに入れられて不貞寝
してるコロにごめんね、ごめんねと泣いて謝りたい気分に
なったよ~~
明日にはまたびしびしやっちゃうんだろうけど~~
旅には出たいけど、ペットを飼ってしまうと未練の紐を
つけられたみたいで、いつもどこかで気になっちゃうよね。
気になる存在がいるってことは幸せなことなんだけど。

また去年と同じパソコンのない辺境へ行ってしまうのかしら?

投稿: キョウコ | 2008年1月31日 (木) 06時45分

うるうる、泣きそうです。
同じ生きてる者同士なので
言葉はわからなくても
表情やオーラで感じ取れるものってありますよね。

チョビちゃんの寝顔を見ると
完全に安心しきってる表情をしてますよね。

投稿: DAISUKE | 2008年1月31日 (木) 06時24分

ナミダでパソコン画面が見えません~
動物好きだけど今まで知りませんでした。
ペットは飼い主を選べないですもん。
きっとどの行動も、ボクを見て見て!って主張しているに違いないって思います。
チョビちゃまは間違いなく幸せだと思いますよ。
たまに無理やり帽子かぶせられたり、靴下履かせられたりしてもね◎

ネコの十戒は笑えるんですか、ちょっと調べてみよっと♪

投稿: yayo | 2008年1月31日 (木) 01時20分

「犬の十戒」は動物好きな人で知らない人はいないでしょうね~
最近では「犬と私の10の約束」(タイトルの並びが間違っているかもしれませんが)とかもありますね。「虹の橋」とか。

どの文章も、心にきますよね。「私を叩く前に思い出して下さい~」のところなんて、「そう、そうなのよ!」と大声を出しそうになりました。やれば簡単にできることをやらないのは、こちらを信頼しているから。これだけの信頼を寄せてくれる生き物を裏切ることはできませんよね。

日本人女性のケンネルでチョビちゃんのお世話をしてくれると良いですね。近ければ私がシッターにお伺いしたいです~!慣れない場所だとストレスが溜まるのでできれば自宅にシッターが行く方が良いのですけどね。
日本とNYでは遠い~!

投稿: みさ | 2008年1月31日 (木) 01時01分

犬の十戒は100回読んでも100回とも号泣です。
虹の橋を渡った犬は千の風になって大好きな人のまわりでしっぽをブンブン振っているのでしょうね。。。。

あーチョビちゃん、、おばちゃんが預かってあげたいよー

投稿: いちご | 2008年1月31日 (木) 00時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 前世2 | トップページ | NY隠れナンバーワンお料理教室とは! »