« 寒 | トップページ | どうすれば英語がうまくなるか? »

2008年1月21日 (月)

キング牧師

↓今度はバレンタイン企画!きゃー♥(←?)

↓こちらは本日2位と8位!どうか1クリックお願いいたしま〜す。( ̄∀ ̄*)
人気エッセイブログ
海外ブログ

↓お誘いいただいたので、登録してみました〜。
http://blogrank.toremaga.com

本日はMartin Luther King Jr. Day。つまりキング牧師のお誕生日であり、国民の祝日でもあります。
私はこの国民の祝日を、キング牧師が暗殺された日なんだとなんとなく思い込んでいたんですが、アメリカでは誰かが死んだ日を祝日にはしないようで(そりゃそうか?)、今日はお誕生日だったんですね。しかもキング牧師が亡くなったのは、なんと彼が弱冠39歳の時だったことも最近知りました。
いやー。彼のスピーチ。かの有名なI have a dreamってやつですね。あれを私、まともに聴いたのも今回が初めてだったんです。ほんとにあの有名な"I have a dream'っていう部分しか知りませんでしたんです…。したがって、あのスピーチの内容や意味など知る由もなく、ただなんとなく『夢があるのかー』と思っていました。アホ丸出しです。
ところが今回、たまたまラジオで流れたあのスピーチを全編聴き、ものすごく感銘を受けるとともに、時代の移り変わりとともに、世界のそして人の心のなんと大きく変化することか、と深く感銘を受けました。
まずはスピーチの後半、最も有名な部分ですが、その訳文をウェブで見つけたものにちょっと手を加えたものを以下に記してみます。

私には夢がある。
いつの日にか、ジョージアの赤土の丘の上で、かつて奴隷であった者たちの子孫と、かつて奴隷主であった者たちの子孫が、兄弟として同じテーブルに向かい腰掛ける時がくるという夢が。

私には夢がある。
いつの日にか、私の4人の幼い子供たちが、肌の色によってではなく、その人の在り方そのものによって評価される国に住む時が来るという夢が。

私の父が死んだ土地で、メイフラワーの清教徒達が誇りとした土地で、
すべての山々から自由の鐘を鳴らそうではないか。
もしアメリカが偉大な国であるのなら、これは実現されなければならない。

ニューハンプシャーの豊穣な丘の上から、自由の鐘を鳴らそうではないか。
ニューヨークの稜々たる山々から、自由の鐘を鐘を鳴らそうではないか。
ペンシルベニアのアルゲニー高原から、自由の鐘を鳴らそうではないか。
コロラドの雪を頂いたロッキー山脈から、自由の鐘を鳴らそうではないか。
カリフォルニアの曲線の美しい丘から、自由の鐘を鳴らそうではないか。

それだけではなく、

ジョージアの石ころだらけの山、テネシーの望楼のような山、
そして、
ミシシッピーの全ての丘から、自由の鐘を鳴らそうではないか!
すべての山々から、自由の鐘を鳴らそうではないか!

そして
私たちが自由の鐘を鳴らす時、
私たちがアメリカの全ての村、すべての教会、全ての州、全ての街から自由の鐘を鳴らすその時、全ての神の子、白人も黒人も、ユダヤ人も非ユダヤ人も、プロテスタントもカソリック教徒も、
皆互いに手を取って古くからの黒人霊歌を歌うことができる日が近づくだろう。

「自由だ、ついに自由だ、全能の神よ、感謝します。ついに我々は自由になったのだ」と。』

人種差別って日本にいると日常的に意識することが少ないと思うのですが、この歴史の浅い新しい国アメリカの、奥底に未だにある人種差別の根は、今日も色んな形でごまかされ歪曲され、色んな人に色んな形で利用されたり無視されたりしつづけています。
初めてじっくり聴いたキング牧師のスピーチは、テープが古いこととアクセントがちょっとあるせいと、彼の力強くも詩的な表現が私には新鮮ながらとても難しくて、なかなか全てを聞き取りで理解することは難しかったですが、この何十年という永きを経てもなお、人の心を打つパワーとエナジーにあふれたスピーチに思わず落涙しました。
現代の世の中に、これほどの力を持つ人間がどれほどいるかしら?と考えてみましたが、どんなに声を嗄して自らの政策と愛国心を訴えても、現代の政治家や運動家の誰一人として、こんなに人の心に響くスピーチができる人はいないような気がします。
それは、色んな意味で満腹になってしまっている現代の世の中が、こういう意識を産まない環境になってきているからかもしれないかな?と無知ながら思いました。
かつて人々はもっと怒っていた。そしてもっと一生懸命だった。と、日本の学生運動時代の画像を見た時も思いましたが、またキング牧師のスピーチを見てその思いを新たにしました。
初の黒人大統領を目指すオバマ上院議員を見ていてもあまり感銘を受けないのは、彼が普通に満足そうな様子だからなのか?それてとも、誰もがあまり不満を持たない時代だから?それとも、ただ単にタイプじゃないだけ?

とまあ、政治経済に無茶苦茶無知な私なりに、ちょっとまじめ気味に物思う一日でした。
それにしても、自由っていうのは、差別を受けている側にだけではなく、差別をする側の心にもあたえられるべきものですね。つくづくそう思いました。

自由だ、ついに自由だ。
私も自由になりたい。物欲から。




 

    ↑限りなく自由に近い存在、チョビ。シャクシャク美味しそう…。

|

« 寒 | トップページ | どうすれば英語がうまくなるか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

★yayoさん
そうですか。んじゃ物欲は捨てないことにしますかねえ。でも昨日も片付けをしていたら、いらん洋服やら靴やらが、またドサドサ出て来てかなりいやーな気分になりました。で、片付けたはずなのに、全然荷物の量が減った気がしないのもヘンです。
あそうだ。年齢の話をしないでほっとするのはきょうこちゃんです。なぜなら私にしばかれる心配がなくなるからです。ほほほほほほほ( ̄∀ ̄*)

★michaiさん
私もいつもキャベツの芯ってもしかしてものすごい美味なんだろうか、って錯覚します。でもためしたことはありません。
クリスピークリーム三昧!うらやましいです。もうNYでは作り立てをゲットできる場所はなくなってしまいました。しくしく。

★みささん
歯も丈夫で鼻もよくきくし耳も良いので、食欲に関する感覚は研ぎすまされています。目の前にいるお馬は見えないみたいなのにねえ…。

★恭子さん
大統領選のスピーチ。私はなんとなくあざとい気がして今ひとつのめりこめないんですが…。見る目の違いかもしれませんね。それに時代が時代ですから。いずれにせよ、誰が大統領になってもとにかくあのあほうが大統領でなくなるだけで満足するべきかも。

★キョウコちゃん
ああそうか。もしかしたら1年6歳なのかな?1年5歳説もあるしねえ。私としてはチョビを見ている限り1年5歳換算が説得力あるんだけど。するとまだ65歳だし。あそこまで走り回って家に帰りたがらない90歳はないよねえ。72歳とか65歳ならあり得るかな?以前近所に住んでたゴールデンリトリバーちゃんは13歳でお亡くなりになっちゃったけど、歩くのもやっとって感じだった。うーん。本当はチョビ、何歳なのかしら??

★2号さん
お久しぶりです!動画初めて見てくださったんですねー。たくさん動画アップしてますので、時々パソでのぞいてくださいね。

★DAISUKEさん
歯ごたえのあるものが好きというより、食べるものならなんでも好きみたいで…。でも特にキャベツには鋭く反応します。そして決してお腹を壊しません。他のものだとお腹壊していた時期でも、キャベツは平気でした。なぜなんでしょう?

★minakoさん
年とってもヨロヨロになっても、お散歩って言葉聞くとうれしそうにしっぽふるって、お年寄りワンコのご主人が言ってました。チョビもいよいよ歩けなくなったら、外に連れてく用の乳母車を買ってあげようと思ってます。自転車の前部分に連結することもできる優れものなんですよー。

★keikoさん
そうそう。他の犬ちゃんたちの話を聞いても、大概のワンコはキャベツ大好きみたいです。なぜなんでしょうね。味が好みなのかな?それとも歯ごたえかな??人参好き、ってワンコもいましたよそういえば。

投稿: リンコ | 2008年1月22日 (火) 14時07分

リンコさんのおかげで、私も初めてキング牧師のスピーチ
を読む(?)ことができました。
こういうスピーチだったのかぁ~何となく賢くなった気がします。

と‥感動の余韻が、チョビちゃんの動画で一挙に違う感動へっ! 
うぅ~ん、かあぁ~いぃ~~!
ワンちゃんって、ちゃんと野菜も食べるんですね?
しかも、キャベツの芯‥犬を飼ったことがない私には、とっても意外でした‥。

投稿: keiko | 2008年1月22日 (火) 13時45分

んん。自由。いいですね。

うちのわんこもお野菜好きですが。なかなかお散歩に出られないです。

病院行く元気あったら、やっぱりお散歩に出してあげたいかなと思うけど、あ、寝なくちゃ。

しつれいしました。。

投稿: minako | 2008年1月22日 (火) 11時16分

そっか、21日はキング牧師の日でしたね。
キング牧師とても勇敢な人だと思います。
でもでも、まだまだ差別はなくならないですね。。。

いつか、みんな友達(友達の輪)になれる日が
来るのでしょうか?

そしたら戦争なんてなくなるのになぁ・・・
なんて思ってしまいます。

それにしても、チョビちゃんはキャベツの芯が
お好きとは!!

歯ごたえがあるものが好きなんですかね??


投稿: DAISUKE | 2008年1月22日 (火) 07時30分

お久しBLING☆
携帯から見てたから動画があるなんて!!気付きもしませんでした。涙。

チョビかわいい♪

りんこさんの生声も聞けちゃって・・・グヒッ。

投稿: 2号 | 2008年1月22日 (火) 06時56分

この前からチョビの行動がコロと重なるわ~
コロもキャベツの芯が大好きよ。
いくつになっても犬は欲望に忠実だね。愛しいなぁ~
人間の一歳=犬の6歳じゃないの?
いくらなんでもこんな元気な90歳はおらんやろ~
20歳まで生きる犬は140歳ってことになるよ。

わたしゃ今度の大阪府知事選で、票を入れたい人がなくて
困ってますわ。誰のスピーチもまったく心に響いてこないよ。

投稿: キョウコ | 2008年1月22日 (火) 04時59分

キング牧師のスピーチ私も初めて全部知りました。
「言霊」っていう言葉を思いしらされる気分です。

日本だと選挙といっても誰がやっても・・・みたいな
あきらめ無関心ムードが漂いますが、アメリカの大統領選のニュースを
見るたびすごいパワーに驚かされます。

キャベツおいしそうに食べてますねー!
もうないの?って悲しげな顔もかわいい(^^)

是非油田王と親しくなって私にも紹介してくださいね!
期待してます(他力本願)

投稿: 恭子 | 2008年1月22日 (火) 04時40分

キャベツの芯がもう無くて悲しい顔しているチョビちゃん可愛い~♪おいしそうな音立てて、まだまだ歯も大丈夫そうですね。

キング牧師の事は、名前くらいしか記憶に無いですね。それくらい日本にいると遠い存在のお方、という気がするのは私だけかしら。
人種差別は未だに根強いですね。ニューオーリンズは未だに手が着けられていないとか。
差別はどこにでもあって、同じ国民同士でもありますものね。インドでは今でもカーストが色濃く残っているそうです。


投稿: みさ | 2008年1月22日 (火) 01時47分

キング牧師のスピーチはその昔(確か中学生の時)教科書に一部が出てましたが私の記憶では最初と最後の方のくだりだけだったと思います。その間にそういう部分もあったんですねー。
私はNYも含めてアメリカへは何度か行った事がありますがやはり職業とかに何となく人種差別的なものを感じた事があります・・。

それにしてもチョビいい音させて食べますね~^^。
あんな音させられたら、もしかしてキャベツの芯(あの底の部位みたいなところ)ってめっちゃ美味しいんじゃないだろうか・・と今度試してみたくなります(笑)

そういえば昨日、東京に出張だったオットにクリスピークリームを買ってきてもらいました!!
NYで食べて以来で美味しかった!1個あたりレンジで8秒チンして下さい、と言われたたしく、言う通りにチンしたらほぼあの作りたての味が。
行列に並んでいる間にオリジナルのを1個配ってくれるんだって~。
オリジナル1ダースとアソートを1ダース買ってきたオット。おかげで昨夜寝る前に4個、今朝も4個、でもまだまだ残ってる~。うれひぃ~~(*^^*)

投稿: michai | 2008年1月22日 (火) 00時52分

いつ見てもチョビちゃま、おいしそうに召し上がってますねえ・・・
私も食欲から解放されたいものです。
リンコちゃんがいろいろ買ったものを見るのは楽しいから
物欲にはとらわれていて欲しいです。

きょうこちゃんには、けしてけして年齢の話はしませんので
どうか、ご安心ヲ。
それにしてもチョビちゃま、90歳とは。
恐れ入りました。

投稿: yayo | 2008年1月22日 (火) 00時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寒 | トップページ | どうすれば英語がうまくなるか? »