« ベトナムで見た夢 | トップページ | ちょっとお休みを… »

2008年3月15日 (土)

今日こそ夢の話

↓本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。( ̄∀ ̄*)
人気エッセイブログ
海外ブログ


ベトナムの町中は、どの街に行ってもバイクだらけです。
半端じゃない大通り、そうですねえ、例えていうなら銀座の一番幅が広い通りぐらいの大通りが、隙間が無いぐらいバイクでいっぱいになっている、って感じでしょうか。そして交通法規というものが全く存在しないかのように、私は私が行きたい所に行きたいように行くのだ、な人だらけで、そりゃもうものすごい有様になっています。
右折車両が優先だの直進車両が優先だの、そんな決まりはこの国には存在しません。ミョーにデザイン性に富んだヘルメットを全員が着用していて(これは数年前から法律で義務づけられたらしい→それ以前は異様に死亡事故が多かった)、そして大半の人が例のカラフルなマスクを着用し、二人乗り、もしくは大人二名の前や間に赤ん坊や幼児を乗せた三人乗りなどで、町中を走り回っています。それは夜になるとさらに増殖し、何をしているのかというと、どこかに行くために走っているのではなく、クルージングしているんです。バイクで。道路を。ぐるぐるぐるぐると同じ場所を走って。
で、初日はそのあまりの無法ぶりに、道路を横断することもままならず、とことん恐ろしい思いをしたんですが、二日目ぐらいからどうも交通法規というよりは『暗黙の了解』で交通ルールが成り立っているらしいことに気づきました。

歩行者の道路横断は、バイクの波がゆるやかな時に道路に飛び出し、バイクにガンを飛ばしながら無理矢理横断する。バイクは人さえはねなければどんなにギリギリであっても避けて走り抜ければそれでよし。
という感じです。
で、面白くなってきたので、一日9ドルでバイクをかりてみました。
50CCのバイクなんですが、ものすごく巨大でパワフル。
しかも貸し出しの時、国際免許証もパスポートも確認無し。ヘルメットとキーをポイっと渡されて、じゃねー。と送り出されました。
グっとアクセルを回すと、グワーン!と勢いよく走り出すバイク。もの凄いパワーです。私は意外に安全運転ドライバーでスピードが嫌いなほうですが、そのもの凄いパワーに思わずアクセル全開。砂利道の路地裏を猛スピードで駆け抜け、そこらへんの民家のワンコにワンワン吠えられました。
問題の大通りにさしかかった時も、完全にアドレナリン全開放出状態。
軽トラックがゆっくりと走っている前にゴーと飛び出し、どいつもこいつもどけどけどけー!と、まるでコニーアイランドのゴーカート状態で町中を駆け回りました。
いやー。楽しかった。バイクだとちょっと行けない所まで遠出できましたし、走っている時は『お姉さんどこ行くか?』とか声かけられなくてすむし。

で、そんな風にしてお昼間も夜間も、街の人たちと一緒にクルージングを楽しんだ夜。
疲れてシャワーを浴びた後、本を読みながらベッドにはいりました。
天井近くの壁には小さなベージュのヤモリちゃんがペタっと張り付いています。
そこにいる分には構わないけど、ベッドまで降りて来て私の顔の上を歩いたりしないでね、とヤモリちゃんに話しかけて眠りにつきました。

目を閉じた瞬間眠りに落ちたその夜。
地元民が集うカフェ風のお店で食べたフォーが生温くてちょっとブキミだったせいなのか、バイクを乗り回して興奮していたせいなのか。
ああ。お腹が痛い。とホテルの人に訴えると、そりゃ大変、他の人もたくさん病気なのよ。病院はとっても大忙しだから、診てもらえるかどうかわからないけど。
と病院につれていかれます。
病院のロビーは人でいっぱい。
看護婦さんが、ああ今は患者さんでいっぱいで、ドクターが足りないんだけどねえ、どうしましょう、ああそうだ、あの人がいたわ。しょうがないわねあの人でいいわね。と、私が英語を理解できるとは知らず、英語で看護婦さん同士が話し合っているのが聞こえます。
あの人でいいわ、って一体どんな医者を紹介されるんだろう、と不安になりながらその看護婦さんについて行くと。
大勢の患者さんや忙しく立ち働いている看護婦さんやドクターの人ごみをかきわけ、目をやったその先には、小汚いパイプベッドの上に座ってカードを一人で広げて退屈そうにしているドクターが一人。
よれよれの白いTシャツによれよれのジーンズ。汚れた白衣を着たボサボサ頭のそのドクターが顔を上げると、それはヨン様。
めんどくさそうに私を見ると、こっちに来て、とこれまためんどくさそうに頭をぼりぼりかきながら診察室に招かれました。
ああ。
ヨン様。
が。
私の診察を。
どんなに汚れていても、あれはヨン様。
なんて素敵なの。
汚れたシャツもジーンズも白衣も、すごくすごく素敵。
胸がドキドキして張り裂けそう。
それなのに。
私はゲリ。
ゲリなのよ。
そんなこといえない。
ヨン様に「ゲリです」なんて、死んでもいえない。
どうしたらいいの。

というところで目が覚めました。
アホ丸出しです。
でも目が覚めてがっかりしました。あのまま夢の続きが見たかった。ゲリです、っていえずに大変なことになろうとも、ヨン様の夢ならずっと見ていたかったな。実際には全くお腹を壊すということはなく、無事健康に過ごせました。あ。でも一度食べたチャーハンが(すっごく美味しかった!)なんか胃の中で発酵して化学反応をおこしたことがありましたけど(どういう症状だったかはナイショだ!)。
翌日、猛暑のホーチミン市を歩きながら、ずっとヨン様のことばっかり考えてました。おかげさまでしつこいシクロのおっさんも、軽く無視できましたけど、そのかわりちょとホームシックになりました。一人で歩く旅先って、楽しいけどちょっと寂しいです。でもしばらくすると、また旅に出たくなるんですよね。
今度はチョビと一緒に行ける旅がいいな。

Duckbike
↑アヒルバイク。こんな感じでした。

あ。そうだ。おみやげ報告は別館ふにゃニュー へどうぞー。

|

« ベトナムで見た夢 | トップページ | ちょっとお休みを… »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

★miyuさん
いやー。我ながら感心しました。ていうか、もう一旦タガが外れると止まらなくなるんですー。

★Chadのママさん
いやー。ありがとうございますー。アヒルバイク、かわいそうなのであまり見たくないんですが、でもアヒルちゃんたち、ギュウギュウに詰め込まれてたわりに首出して景色を楽しんで(?か?)ました。その様子はなかなか愛くるしかったです。全員まとめて誘拐して家に連れて帰りたかったなあ…。

★ロンドン野郎さん
バイクの写真は残念ながらないんです。撮ってくれる人もいませんでしたし、それにそれどころじゃなくてー。パワーのあるバイクって楽しいですね。
ヨン様の出てくる夢はほとんど英語です。そしてヨン様と何語で会話をかわしているのか、は全く思い出せません。つまり夢のト書きの部分が英語なんです(わけわからんわ)。

★キョウコちゃん
キョウコちゃんならベトナムでバイク乗れるよ。何がなんでもとにかく突っ込んで行く。その根性さえあれば絶対平気。

★恭子さん
ひいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!ホエールワッチング〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ひいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!ごめんなさいごめんなさいごめんなさいデモでもデモでも私あれ怖いんですうううううううううううううひいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいテレビで見ただけでチビりそうにいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい(涙)

★ゆりりさん
私の最近のうれしい夢はヨン様オンリーです。そして必ずその夢の中ではヨン様が私のことを死ぬほど好きなんです。いやーん( ̄∀ ̄*)(ばかっ)

投稿: リンコ | 2008年3月19日 (水) 20時36分

すご~いdash
バイクを乗り回すリンコさんも!
アヒルバイクも!
そしてさすがリンコさん絵がお上手!

それにしても、ヨン様が夢に出てきてくれるなんてheart04
ま、場面が場面ですがsweat02
私は現実の生活が嫌になると、なぜか夢に昔片思いだった人が現れますsmile


投稿: ゆりり | 2008年3月16日 (日) 19時57分

凄くリンコさんのバイク疾走写真っていうか動画が見てみたい!!
アヒルバイクの写真も見た~いcoldsweats02

私は沖縄旅行中で今日はホエールウォッチングしてきましたheart04
大迫力でした・・・。

投稿: 恭子 | 2008年3月16日 (日) 08時59分

すげーーー!想像以上に乗ってるね、アヒルバイク。
日本にも信じられないくらいアルミカンを積んでる走ってる自転車じいさんがいるけど。
しかし、どこにでもすぐ溶け込むよね、玲子さん。
大阪の運転でも「ガンとばす」=「メンチきる」は常識よ。
なめられたら一生、割り込みなんかでけへんもん。
私もベトナムでバイク飛ばせるかな?

投稿: キョウコ | 2008年3月16日 (日) 08時12分

その昔ロンドン野郎がハノイに1週間ほど滞在していた時、ハノイはまだまだ自転車天国で、ちょうどドイモイ政策が始まってバイクがちらほら流行りだした頃でした。 街の中心は自転車であふれていて、その中に混じってバイクや数少ない自動車が走っていました。

メチャクチャには違いないんですが、やっぱり暗黙の秩序ってやつがあるみたいで、ぶつかることもなく、みんな川の流れみたいに流れてゆくんです。 何かラッシュアワー時の東京駅のコンコースみたいな感じでした。 ハノイでも夜な夜なバイクでクルージングする連中が沢山いましたよ。 これは”夕涼み”って誰かが説明していました。

バイクに乗ったリンコさん。 勇気に脱帽です。 お写真は無いんですか?

そうそう、ハノイのホテルでもヤモリちゃんがその辺にへばりついてましたっけ。 チッチッとかいって鳴くんです。 あれって、なんか妙にカワイイですよね。

夢の中の赤ひげヨン様。 リンコさんの夢は日本語ですか、それとも英語?

投稿: ロンドン野郎 | 2008年3月15日 (土) 22時15分

リンコさんからお返事をいただいたので、調子に乗ってコメント残しちゃいます。
リンコさん、やっぱり、絵がお上手です!
ドナ、ドナ、ド~ナ、ド~ォナ~...
もう、ええっちゅうの!(わたし、関西出身じゃないんだ)

投稿: Chadのママ | 2008年3月15日 (土) 22時01分

ベトナムでバイクぅ~~~~!
リンコさんのチャレンジ精神には毎回驚かされますわー

投稿: miyu | 2008年3月15日 (土) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベトナムで見た夢 | トップページ | ちょっとお休みを… »