« アヒル庭園ホテル | トップページ | 今日こそ夢の話 »

2008年3月14日 (金)

ベトナムで見た夢

↓本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。( ̄∀ ̄*)
人気エッセイブログ
海外ブログ


ううむ。
どうやらアレルギーなのか風邪なのか、なんか知らんけど声がでなくなってきた模様です。鼻がグズグズしますしヘクションもたくさん出ます。うーんうーん。風邪じゃなければいいなあ。風邪なんかひいてる場合じゃないんですよわたしゃ。
いえ。別に何があるわけでもないんですが、チョビのブラッシングをしているうちにふと気がついたんですが、表面の剛毛ではなく下のほうに生えているふわふわの白い下毛が抜け毛のメインなので、これをきれいにコームでブラシしてあげないと毛並みもよくならないし抜け毛もとどまるところを知らない、ということなんですね。で、ブラッシングコームを買いに行きたいんですが、体調がいまいちだし雨だし、外出する気になれないんです。
早く声が出るようになりますように。

で、今日は軽くということで(ほら。病人かもしれんし)、短く行きます。
ベトナムでは、飛行機に一度、バスに一度乗りました。
飛行機は別に普通でしたが、バスがもうなんていうか殺人的でした。全体的に。
ベトナムの運転手さんたちは、タクシーバスバイク総じて運転が上手、ってきいていました。で、それは本当なようなんですが、上手っていうかまあヘタだとこんなマネできんけど、もしかしたらもう今この瞬間自分の人生終ってもいい、って思って運転してるんじゃあるまいか? っていう感じの運転なんです。
特に私が乗ったバスの運転手は、『オラの前には何人たりとも走らせねえ!』という強い意志のみで動いているようなドライビングでした。
前にいるヤツは、車だろうがバイクだろうが自転車だろうが乳母車だろうが、どいつもこいつも抜き去るのみ!前に居るヤツを抜くためには、反対車線をずっと走り続けても構わん!対向車が狂ったようにクラクションを鳴らして向かって来ても、悪いのはお前だ、お前が避けろ俺は避けん!
という案配でしてね。
で、道路の舗装状況もまあなんていいますか、そこそこダメっていうか、そんな感じでしたから、バスに乗ってるのか強烈縦揺れ式ジェットコースターに乗ってるのか、それとも運転手のおっさんやら、怪しい風呂敷包みをしょった三角カラ笠をかぶったおばさんや、隣に座ってるよくこの運転で眠れますねアンタって勢いで爆睡しているへンなアタッシュケース持った謎のおっさんたちとともに走る棺桶に乗ってるのか、もう何がなんやらわからん状態でした。

このバスがチケット売り場のお姉さん(結構可愛かった)に言わせると『高級で快適な16人乗りマイクロバス』だったんですが、実際見た瞬間『おっさんが拾って来て屋根のペンペン草をむしってから再利用したスクラップ寸前バス』と思いました。しかも出発の時は10人ぐらいしか乗っておらず、一番後ろの座席で一人足を伸ばしてゴローとできたのに、出発後30分間に巻き込まれた渋滞中、こともあろうにバイクで乗り遅れた(のかそれとも後からチケットを買った客なのか)客を送り届け、路上で乗り込ませ続け、なんと最終的には16人満杯状態。残席ありで車を走らせない、という執念を感じました。

運転手のすでに芸術の域に達しているとも言える死を恐れぬ運転技術に冷や汗を流しながら外の風景を見ていると、なんかすごいモノがあれこれ見えてきます。
目が釘付けになったモノのひとつは、『アヒルバイク』(またアヒル)。
バイクの荷物置きに大型籠を二つ縦に並べ、後輪の左右にも同じ大型籠を一個ずつ下げ、そのかごはすべてアヒルで満杯。もう何羽はいっているのかわからんぐらい、ぎゅうぎゅう詰めです。真っ白な羽に黄色いくちばし。長い首をかごからつきだして、風にふかれてタンデムを楽しむアヒルちゃんたち。なわけはないんですが、もうほんとにかごがアヒルで満杯なんです。すごいんです。
で、このアヒルバイクをバスが追い越したので、じいいーっと見ていたら、なんとこのおじさん、バイクの前にもかごを二個、ハンドルにも左右一個ずつ、そして膝の上にまでかごを載せ、その全てがやっぱりアヒルで満杯でした。
そしてどのかごからもアヒルちゃんたちが首をキュっとつきだし、キョロキョロっとあたりを見渡していました。
ああ。アヒルちゃんたち。
市場に売られていくのね。
そして…
そして…

しくしくしく。
頭の中ではドナドナが流れました。
ベトナムにいる間中、ドナドナが何度も何度も流れました。
なんか…マジでベジタリアンになろうか、って思ったぐらい、切ない光景だらけでした。
でも帰りの飛行機では、お魚の煮付けとハンバーグを死ぬほど迷いました。
結局お魚にしたんですけどね。
お魚だって生きてるんですよね。
あーあーあ…。
人間って生きてるだけで業が深いです。
と、そんなこともちょっと考えたベトナムでした。
あれ。タイトルと内容が全然合ってないな。しかも結構長くなっちゃった。
まいいや。夢の話はまた明日です。

Dsc03255_3
↑これがカラフルなマスク達です。一個5000ドン。約35セント。多分この値段でもボられたと思います。別の市場では、若いお姉さんが「3000ドン」と指で示したのに、横に居たおばさんが「1ドル1ドル!」とボりにかかってきました。もちろんそこでは買いませんでした。
右端の小さいのは子供用で3000ドン。チョビ用に買ってみたんですが、よく考えたらチョビのくちばしは長いので、ちょっと小さすぎました。 

|

« アヒル庭園ホテル | トップページ | 今日こそ夢の話 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

★Chadのママさん
ただいま〜です。そうなんです。チョビはくちばしなんです。そしてチョビと握手するときは、くちばしをグっと握って握手します。すごくいやがられます。風邪は少し悪化。鼻水ズルズルです。

★Lotusさん
ただいま〜!ほんと、そうなんですよね。市場に売られて行く動物達や、なんか生々しい状態で売られているなま肉なんか見ちゃうと、もうお肉は食べたくない!って思うんですが、いつも食欲と習慣に負けちゃって…。ああ、でも真剣にお肉やめようかなあ…。どうしましょう。

★yayoさん
ホントホントです。生きた食材を売ってるし、なんとベトナム北部では犬を食すらしくて…。本を読んだらかごに詰められて市場に売られて行くワンコたちの写真までのってたんですっっ(泣)ガーンとショックを受けて、ああでもウシもブタもアヒルもお魚も、みんなみんな同じ…、って思って、我が身が情けなくなりました。足をしばられておとなしく棚に並べられているアヒルたちなんか見ちゃうと…(泣)

★ロンドン野郎さん
ホント。夏時間が去年から一ヶ月早まって、なんか調子狂いますねえ。時差ボケは、昨日でなんとなく解消した感じで、今朝は風邪で調子が今ひとつな以外は、結構すっきり起床できました。ロンドン野郎さんも早く時差ボケ治るといいですねー。

投稿: リンコ | 2008年3月15日 (土) 11時49分

えっ!? ”夢の話はまた明日”なんですかぁ? 引くなあ。

やっぱり体調不良は時差ボケのせいもあると思います。 ロンドン野郎も日曜日に日本から帰ってきてから、通常の時差ボケに加えて、知らん間に夏時間になっていたことでの冬時間時差ボケが加わり、一週間たっても、今だになんか訳が分からなくなっています。 一番つらいのが、変な時間に目が覚める寝不足です。 やっぱり歳のせいでしょうか。

投稿: ロンドン野郎 | 2008年3月15日 (土) 08時18分

チョビちゃまにマスクはダメでしょう・・・
そんなワンコ、見たことあります?奥さん。
まあ可愛いマスクですけどねっ。
東南アジアって、生きた食材を売ってるから切なさが倍増しますね。肉の塊と生きてるのとは違うもん。
なかなか菜食主義になるのは難しいから
せめておいしく感謝していただきましょう。

投稿: yayo | 2008年3月15日 (土) 01時55分

おっと、肝心なことを忘れてました。
お帰りなさ――――い!

投稿: Lotus | 2008年3月14日 (金) 21時46分

数十羽のアヒルちゃんたちがドナドナ売られていくのを想像してしまいました(泣)。
私も過剰な動物好きなので日頃から菜食主義になりたい、そしてなろう!と…
とは思うのですが…(汗)。
お肉は結構簡単にギブアップできるけれどお魚が諦められず…そして結局は食い意地が先にたってしまうんです…しくしく。

そのスピード狂乗客道連れおじさんのバスも怖かったでしょうねぇ。
それに比べたらニューヨークのキャブの運ちゃんなんて可愛いものでしょうか。
ベトナム紀行の続き楽しみにしてま~す。

投稿: Lotus | 2008年3月14日 (金) 21時43分

リンコさ~ん、お帰りなさい。
あの~、チョビのくちばし...なんですか?
ゆっくり休んで、風邪も早くなおしてくださいね。
そして、リンコさんの旅行記<ベトナム編>の続きを
楽しみにしています。
ドナドナドナド~ナ、ド~ォナ~...

投稿: Chadのママ | 2008年3月14日 (金) 20時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アヒル庭園ホテル | トップページ | 今日こそ夢の話 »