« イマリン受賞者(?)のみなさ〜ん | トップページ | 癒された日 »

2008年3月26日 (水)

ツいてない日

↓本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。( ̄∀ ̄*)
人気エッセイブログ
海外ブログ


今日はもうなんていうか、後半まったくツいてない日でした。
前半は普通でした。
朝起きて顔も洗わずチョビのお散歩をし、朝昼兼用のご飯(ちなみにホットケーキだ)を作って食べ、突然思い立ってヘアカラーを始め(いつも突然思いつく)、バスルームがべちょべちょになったのでぞうきんがけをし、シャワーをすませてから床掃除もして、さらについでにベッドカバーをかけかえ、雑用が一段落したので熟睡しているチョビに乗って迷惑がられ、迷惑ついでにブラッシングをしてさらに嫌われたので、仕方なくテレビのニュースを見ながらメールチェックをしました。

夕方4時に、愛の修行僧Oさん(?何者だ?)と秘密ミーティング(?何じゃい?)のためミッドタウンのホテルに向かったんですが、ここからが問題でした。
まずは徒歩で18分と見込んで家を23分前に出たんですが、履いていたブーツがノサーっと足首まで落ちてくるのが気になって気になって、しかも死ぬほど歩きにくくて、5ブロックほど歩いたところで徒歩を断念。ちょうど目の前にあったバス停でバスを待ちました。
あ。来た。
と思ったらリミテッドストップ、つまりわたしが待っていたバス停にはとまらないバスでした。
ほどなく次のバスが来た。
と思ったら、これもリミテッド。
うーんん、歩き続けるべきか?
と思う間もなくまた次のバス。
と思ったら、またリミテッド。
一人ブチ切れしてまた歩き始めたんですが、ここで約束の時間2分前なことに気がつき、慌ててタクシーに乗り込みました。待ち合わせの場所についた時は、約束の時間を5分ほど過ぎていました。
楽しい秘密ミーティングは約2時間で終了(内容はヒミツだ!)。その後はコンちゃんとディナーの約束をしていたんです。トライベッカで6時半です。
さて。
この後小一時間です。
とことんツいてませんでした。
秘密ミーティング(もうええちゅうのに)の場所から、最寄りの地下鉄駅は2つ。
ちょっと遠い方の駅は、次の目的駅から待ち合わせ場所までの距離が近いんですが、ちょっと迷って近い方の駅に行くことに決めました。
2ブロック歩いて地下鉄ホームに降りて行くと、おりしも電車がスーと出て行くところでした。まだ時間に余裕があるからいいや。この時点で6時5分。
待ちました。
待っても待っても電車は来ません。
イライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライラ。
なぜか反対側のホームには、次から次へと電車が来るのに、こちら側は全然です。ホームは電車を待つ人々で満杯。うう。苦しい。
と思っていたらようやく電車が入ってきました。
ああやれやれ。時間ギリギリだわ。
この時点で時刻は6時10分。
慌てて電車に乗ろうとしたら、まるで日本のラッシュアワー並みに電車が混んでいて、誰も乗り込めない状態なことに気がつきました。
いや。でも。あの。乗らないと困るっていうか…。
しかし意外にのんきなニューヨーカー達は、あれ乗れないのか、んじゃ次のに乗るか、って感じでボーっとしています。
うそ。いや。でも。乗りたいんですけど…。
よく見ると、車輛真ん中あたりはガラすき。
おいっ。そこの無駄に図体のデカい金融関係丸出しな若僧ふたりっっ。奥に詰めろ奥にっっ。
と思ってつま先立っているわたしの鼻先で、ドアがガーと閉まりました。
車内からこっちを見ていた茶髪の女が、ニヤっと笑ったのが見えました。
おいっっこらっっっっ!!
という私の内心の声を残し、電車はガーと出て行ってしまいました。
うそー。
仕方ありません。次の電車には絶対乗ってやる。
と意気込んで待ちました。
待ちました。
待ちました。
待ちました。
待ちました。
待ちました。
待ちました。
待ちました。
待ちました。
待ちました。
待ちました。
電車っっっ!
来る気あるんかいっっっ!
やる気あるんかっっっ!!

もうブチ切れです。
死ぬほどイライラしました。
しかもホームからのぞくと、遠方に停車している電車の灯りが見えるんです。
何とまっとるんじゃっっっっ!そこまで来てるんならはよ来んかっっっっ!
爆発寸前です。マジで怒鳴ってしまいそうになった時、やっと電車がホームに向かって動き出すのが見えました。
この時点で時刻は6時20分。もう絶対間に合いません。
でも地下なので電話は通じないし、連絡のつけようがありません。ごめんコンちゃん。すんません。

やっと来た電車もぎゅう詰めでしたが、ぐいぐい押し込んで無事乗り込みました。
さて、ここでまた考えました。
遅刻は決定だけど、それでもできるだけ早く到着するにはどうしたらいいかな。
選択肢は二つです。
42丁目でエクスプレスに乗り換えるか、クロスタウンする電車に乗り換え、目的地に一番近い駅につく電車にもう一度乗り換えるか。
で、エクスプレスに決定しました。
一つ目の駅42丁目駅で電車をおり、ホームの反対側でエクスプレスを待ちました。
待ちました。
待ちました。
待ちました。
待ちました。
待ちました。
待ちました。
待ちました。
待ちました。
待ちました。
待ちました。
待ちました。
待ちました。
待ちました。
待ちました。
待ちました。
待ちました。
待ちました。
待ちました。

来ません。待てどくらせどエクスプレスは来ません。
エクスプレスを待っている間に、さっきあんなに待たされた普通電車が三台もやってきては去って行ってしまいました。
もう時計を見る勇気もありません。
しばらく待って4台目の普通電車が来た時、意を決して乗り込みました。どうかこの直後にエクスプレスが来ませんように…と祈りながら。
普通電車がノタクサと走り、無事23丁目駅を出た時、次の選択肢を考えました。
14丁目駅で別の路線に乗り換えたら、少しでも早くつけるはず。
よし。次の駅で別路線に乗り換えよう!
心を決めてふと目を上げると、窓の向こうをエクスプレスがゴーーーーーーーーーーーーー。と。
しかも、アホエクスプレスを先に行かせるために、私が乗っていた普通電車は一時停車。
呪われているんじゃなかろうか。と思いました。結構まじで。

ようやく14丁目駅についた時、乗り換えホームへの階段に向かうと大勢の乗客でゴタゴタ状態だったので、一つ奥の階段へと走りました。早く行かなくちゃ早く早く、と気持ちは焦るばかり。ドドドと階段に駆け寄り、三段ぐらいあがった所で人の流れがストップ。
え?
と見上げると、乳母車を持ち上げた女性二人が何をしているのか階段途中で立ち往生。人の流れは完全にストップしてしまいました。
いやもうほんと、階段の途中でオンオン泣いてやろうかと思いました。

ほどなく乳母車二人組がやっと上までたどり着き、ぞろぞろと人が動き出しました。階段をあがりきり、数百メートルの連絡通路を全力疾走し、乗り換えホームに駆け下りると、今まさに電車がスーーーーーーーーーーー…と出て行くところでした。
ああ。
そう。
そうですか。
はい。もうわかりました。
今日はこうなんですね。
はい。

諦めました。とことんツいてないんですね、今日は。やることなすこと全て裏目にでるんですね。はい。
またここでも待ち倒し、ようやくやってきた電車で待ち合わせ場所最寄り駅についた時は、約束の時間を100時間ぐらいすぎていました。
ごめんごめんごめんねコンちゃんっ。
と電話をかけ、駅から6ブロックほどを走りました。

あーもうホント、疲れました。
出迎えてくれたコンちゃんが、「まあまあほら、落ち着いて」と優しく慰めてくれなかったら、ドンブリ飯注文してちゃぶ台ごと投げ飛ばしていたかもしれません。
この後のお食事 がとってもとっても美味しくて大満足だったことと、コンちゃんとのおしゃべりがほんとうに楽しかったことで地獄の地下鉄体験は解消されました。しかしながら、今日私は一つ悟りました。

私という人間は、目先の快楽を優先するがために、後々アホな目に遭う人間であり、それを何度繰り返しても懲りないヤツなのだということです。ちょっと歩いて遠い駅から違う路線に乗ってさえいれば、エクスプレスに乗るよりも違う路線に素早く乗り換えてさえいれば、今日の地下鉄地獄絵図にはまることはなかったのに。地下鉄の旅も人生の縮図ということなんですかね(なんか違う気がする)。

|

« イマリン受賞者(?)のみなさ〜ん | トップページ | 癒された日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ありますね。そういう日・・・。お疲れさまでした。

投稿: Minako | 2008年3月28日 (金) 01時04分

コンちゃん・・・・お疲れ様でしたsign04confident

投稿: HOBO | 2008年3月27日 (木) 22時56分

ニューヨークの地下鉄って本当に色んなことがありますよね。 以前クィーンズ側から7号線に乗ってグラセンを目指したとき、イーストリバーの手前の少々辺鄙な駅で突然の運行中止。 全く訳が分からず路頭に迷ったことがあります。 その時は偶然乗り合わせた日本人の方とタクシーで脱出しました。

ちょっと古いスティーブ・マーチンとジョン・キャンディのコメディ映画で『大災難P.T.A』っていうのがあります。 宣伝会社の重役が感謝祭の前日、出張先のニューヨークから家族の待つシカゴへ飛行機で向かうと、悪天候でカンサス州のウィチタで下ろされてしまうんですね。 そこから始まる不運な大災難の数々。 途中で知り合ったしがないシャワー・カーテン・レールのセールスマンと珍道中を繰り広げながら、ありとあらゆる交通手段を使って最後はボロボロになりながら、シカゴにたどり着くお話。 笑わせて、最後は泣かせるロンドン野郎のお気に入りの映画です。

リンコさんの不運の数々のお話を読んで、ふと思い出してしまいました。

投稿: ロンドン野郎 | 2008年3月27日 (木) 20時57分

ホントにツイてなくて、アンラッキーがこれでもか!と重なる日ってありますよね。
そういうときは美味しいものを食べて忘れるに限ります。

私もゴジラ松井の結婚に驚きました。
(リンコさんと結婚して欲しかったなぁ・・・)
でもリンコさんにはヨン様もサー・ポール様もいるから大丈夫?!
>yayoさん
どうぞお大事になさってくださいね!
私もNYの地下鉄の階段から落ちて捻挫したことがあります(汗)。

投稿: wasabi | 2008年3月27日 (木) 11時59分

あらら・・・(*_*)ほんとにツイてなかったですね。
NYともあろう街の地下鉄が待てど待てど来ないってのもスゴイなぁ・・・。
しかも時間は18時頃でしょ?夕方のラッシュ時間ですよねぇ??
恐るべし、NY、ですー。

それはそうとリンコさんが前に一緒に写真を撮ってもらってた松井さん、ついに結婚するんですね~。
野球界ではめずらしく8歳下の奥さんですって!
おめでとうです、ね!

投稿: michai | 2008年3月27日 (木) 09時44分

アンラッキーデーでしたね・・・。
日本だと考えられないですけどね。
今日が最悪なら明日はラッキーかもshineとなる事を
祈ってます!
ところで愛の修行僧Oって、秘密ミーティングって!!

投稿: 恭子 | 2008年3月27日 (木) 05時24分

とことんツイてない日ってありますよね~
わたしも月曜日に出張先の駅の階段から落下しました。
全身打撲で服の着脱も苦労するありさま。
落ちるときは本当にスローモーションのように
あーわたし落ちてるー。なんて思ってました。

冬ソナがアニメになって帰ってくるそうです。
しかもヨン様がヨン様の声をするそうですよ。
(観てないから役名がわからん)

投稿: yayo | 2008年3月27日 (木) 05時19分

初めてきました^^
ワンちゃんかわいいですね!!

うちもビーグルかってますよ~
頑張ってください!

投稿: たま | 2008年3月27日 (木) 04時37分

こんな1日、あるんですね、本当に。
お疲れ様でした。gawk
日本だと電車が遅れることは事故とかがない限り殆んど無いと思いますが、バスは交通事情により遅れることは仕方がないかな~と思っています。
それでも待つのには限度がありますよね。待てど待てど来ない電車・・・。
コンちゃんが心広い人で良かったですよね。私だったら100時間も電話も寄越さない人を待てません。
NYの事情をよくご存知だからこそ待てたのでしょうね。
こんなこと、2度と無いと良いですね。

で、秘密のミーティングって?

投稿: みさ | 2008年3月27日 (木) 04時28分

今日は電車運が凄く悪かった日なんですね・・・。
でも、コンちゃんとも楽しくおしゃべりできて、美味しいご飯も食べられたので良かったじゃないですか♪

メトロと言えば・・・乗った電車(Local)がいきなりExpressになったことが1度だけあります。これには驚きました!たまたま降りる駅はExpressの止まる駅だったので、無事目的地に着きましたけど、笑うニューヨーク(だったかな?)に書いてあった、コンちゃんがリンコさんにアドバイスした、
「たまに急行になることがあるかな?」(たしかこんな文だった)
という一文を、その時思い出しました。

リンコさん、
明日はいいことありますようにheart04

投稿: EVA | 2008年3月27日 (木) 03時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イマリン受賞者(?)のみなさ〜ん | トップページ | 癒された日 »