« 法王様 | トップページ | チョビその後 »

2008年4月19日 (土)

チョビの大変な一日

本日も2位キープ!ありがとうございます〜〜。
本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ


今日は大変だったんです。
私としたことが、人前で泣くぐらい大変でした。
『私としたことが』って書きましたが、こう見えてもわたくし、人前で涙を見せるのが子供の頃から大嫌いでして、大人になってからゴーゴー泣いた顔を見せたのは、コンちゃんを始め、ほんの2−3人です。それなのにあんなヤツの前で泣くハメになるとはっ。くやしいぞっっ。

ことの始まりは、チョビの洗濯です。
ふとチョビの足をみると、ドロドロのネズミ色。そして顔もネズミ色になってる上に、腐った魚の臭いまでするんです。
これはイカンと思い、チョビを洗濯することにしました。
それにここ数日、チョビの後ろ姿を見ていてちょっと気になっていたんです。その、チョビの背後の微妙な部分になんか汚れがこびりついてるみたいに見えて。
あれも全部きれいにしよう、と思ってチョビ洗濯をはじめました。
ザブザブと背中と頭と顔とアンヨを洗い、お互い一番イヤな部分の洗濯に入りました。
ザブザブ。
チョビ、死ぬほどイヤそうです。
ゴシゴシ。
ヘンな声を出して泣き叫びます。
ジャブジャブ。
すすぎ終わって一応局部チェックをすると、

『うぎゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!』

思わず叫びました。
なんか。
なんか。
なんか。
おデキができてて、そこから血がっっっっっっっ!

チョ、チョビっっ。だだだだだだ大丈夫っっ!!??
大慌てで自分のシャワーを終え、飛び出してチョビをタオルでゴシゴシ拭いたんですが、オシリのオデキからはドロドロ血が…。
ひいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいひいひいひいいいいいいいいいいい。
きれいなお水で患部を拭い、必死で濡れた髪のまま(もちろんチョビもビショ濡れ)近所の行きつけ動物病院に駆け込みました。
実は月曜日に定期検診と狂犬病の予防注射の予約をしていたんですが、緊急事態なので予約無しで駆け込みです。

受付には二人の男性。
息を切らして事情を説明すると
「うーん。悪いけど今日はもう診療時間は1時間も前に終わってるんだよ」

終わってるんだよって、ああた、書いてある終了時間までまだ30分以上あるじゃんっ。

「でもドクターは1時間前に診療終了してるんだ。悪いけど」

悪いけどって、悪いけどって…こ、ここは病院じゃないのかっ?緊急だって駆け込んでるんだよっっ

「緊急専門の病院を紹介するからそっちに行ってくれる?67丁目の…」

実はチョビはチョー元気だし何十ブロックでも平気で歩くけど、こんなこんなお尻から血を流してるのに30ブロック以上も歩かせるなんてしたくありません。第一今ここにもういて、奥には医者がいるのに、なんでちょっと見るだけでもしてくれないの?
ブチ切れしそうになったけど、ここで切れちゃいかん。必死で下手に出てお願いしました。

『この子はもう13歳で年寄りだし血がたくさん出てるし、30ブロックも歩かせたくないの。本当に消毒だけでもいいし、ちょっとだけでもいいからお願い、奥に行ってドクターに訊いてください。お願いします』

「ソーリー。それは無理です」

ひ、ひどい…。
そりゃまあ私は専門家じゃないので、色々事情があって本当に診察できないのかもしれないけど、それじゃ何の為に診療時間を表示してるの?緊急でとびこんでくる患畜はどうなるわけ?全員たらいまわし?

「救急病院に電話してあげるから、そっちへ行く?」

と訊かれ、思わず涙が出ました。
チョビは平気そうだったけど、わけのわからないオデキから血がドロドロ流れてるし、ここでドクターにみてもらえなかったら、このまま週末を過ごさなければなりません。そんなこと…チョビが可哀想すぎます。

「いいえ。そんなに歩かせるなんてできないから、もう結構です」
と私がノーサンキューと言うと
「どういたしましてバーイ」
と言われました。

泣いてる場合じゃないけど心細いやら悔しいやらで涙が出ました。
そして、幸いこの病院の裏にもう一軒個人開業の動物病院があり、チョビが子犬のころ一度お世話になったことがあったので、そこに駆け込みました。
もちろんこちらも土曜日の夕方のこととて、最初は救急病院を勧められそうになりましたが、事情を説明すると、診察してもらえることになりました。
たぶん私が涙目で必死の形相だったからかもしれませんが。

こちらの医院は、近所でもとっても評判が良いんですが、お値段はいつもの病院の倍です。あー。去年チョビをイヌ保険にいれておいて良かった…。

さて、診察ですが、新しい場所に行くと異様に興奮するチョビ。
体重計を嗅ぎたおし、診察室をチェックしたおし、診察台をなめまわしまくって大活躍だったんですが、診察台に乗せられた途端泣きが入りました。
特にお尻周辺を先生にゴニョゴニョされはじめたあたりから、もの凄い声になりはじめ、オデキ周辺の毛をそってる時はまるでブタ。オデキの血を拭き取ってる時はまるでニワトリ。オデキの血が止まらないから二針縫うハメになったんですが、一針目は、まるで空飛ぶ怪鳥。二針目があまりにも静かだったので、看護婦さんもドクターも「ん?」と思わずチョビの顔を覗き込んだぐらいでした。
この時私もチョビの顔を見ましたが、その表情はまるで『魔太郎』。
『コノウラミハラサデオクベキカ』です。おそらくチョビにとって、人生初めての酷い経験だったと思います。オデキはずきずきするし、大事な部分の周りの毛はそられるし、オシリで体温はかられるし、痛いオデキをいじくりまわされた上に二針ザクザク。いつも陽気でのんきなチョビが全身ガタガタ震えて、本当に可哀想でした。
魔太郎顔を見て、もうドクターも看護婦さんも私も、全員でチョビに平謝りです。

Kaikon07
↑魔太郎。(著作権大丈夫かしらっドキドキ)

オデキの細胞を病理検査にまわし、結果がわかるのは月曜日。
どうかどうかどうかどうか、悪い病気じゃありませんように。神様越後屋様、どうかチョビをお守りください。お願いします。

Dsc03946
↑なんかくださいフガフガ。

|

« 法王様 | トップページ | チョビその後 »

チョビ」カテゴリの記事

コメント

読んでてこちらまで胸が痛くなりました・・・。
チョビならきっと大丈夫!

オットの実家の猫(チョビとほぼ同じく12歳)にも同じ場所に同じようなおできが出来たんですけど、1週間ほどでキレイに完治した、て言ってましたよ!!

投稿: michai | 2008年4月20日 (日) 20時18分

いやぁ~、チョビちゃん災難でしたね、リンコさんもお疲れさまでした。でも我が子と同じですもんね。私も我が家の2頭の犬が病気になった時など、会社からもう数分置きに電話して、家族に「もう電話せんで!出るの面倒・・・・龍(犬の名前)は元気だから、じゃね!」とcoldsweats01 チョビちゃん早く回復しますようにdog

投稿: じゃすみんかおり | 2008年4月20日 (日) 20時05分

こういう時、動物達は言葉で訴えられなくて可哀想です。
しかし、最初の病院は最悪だね。消費者センターにレポートするべき!
ちょびのおできの結果が良性でありますように。

投稿: コン | 2008年4月20日 (日) 16時25分

あああ。ワンコと暮らす身としては、冷静では読めない文章でした。
何ともない事を祈ります。

投稿: ゆき | 2008年4月20日 (日) 11時24分

チョビ嬢様、本当に早く良くなって下さいね。 お祈りしています。

投稿: ロンドン野郎 | 2008年4月20日 (日) 11時17分

最初の病院のスタッフの仕打ち、なんて冷たいんですかー?!りんこさん、そこの予約どうなさるのでしょう?私の今の心情では、もうそこには行って欲しくないです~。

でも、今日の病院はお高いんですね…。背に腹は変えられませんけど、ああ、腹立たしい!

とにかく検査結果が良い事をひたすらお祈りしております。
そして縫ったところが早く治りますように。
魔太郎顔のチョビちゃんなんて嫌ですーーー!

投稿: ここりん | 2008年4月20日 (日) 10時46分

可哀相なチョビちゃんとリンコさん。
動物でも病院をたらい回しってあるんですね。
それにその受付の人たち、先生に聞きに行くこともせずに門前払いの態度はひどいです。
リンコさんも自分の子供のように可愛いチョビちゃんをそういう風に扱われてさぞ辛かったでしょうね。

動物病院で働いていても、みんながみんな動物を
本当に愛しているわけではないんだなぁ…。う~ん。

チョビちゃんが一日も早く良くなりますように。そして検査の結果も良好に返ってくるように
祈ってます!

投稿: Lotus | 2008年4月20日 (日) 08時37分

チョビちゃんの検査結果待ち。。。この何日間がもや~っとして、つらいですね。ちょび、きっと大丈夫ですよっ!
私もお祈りしていますね。

投稿: ばびえ | 2008年4月20日 (日) 08時13分

チョビちゃん、おでき早く治って
良くなるといいですね。

りんこさんのチョビを想う気持ちが
ひしひしと伝わってきます。
ペットは家族ですよね。

投稿: DAISUKE | 2008年4月20日 (日) 08時03分

チョビちゃんのおでき、なんでもないといいですね。。。
またご報告待っています。

投稿: kawako | 2008年4月20日 (日) 07時11分

あ~、チョビちゃん、かわいそう、でも、二番目のお医者さんに診てもらえて良かったですね。よくがんばったね!チョビちゃん、えらい!きっと大丈夫ですよ。チョビちゃんが早く良くなりますように祈ってます。

投稿: toshiko | 2008年4月20日 (日) 02時44分

久しぶりのチョビの話題~!と思って読んでみると・・・。
かわいそうにチョビ、動物病院でもタライ回しってあるんですね~。
リンコさんも大変でしたね。ペットの怪我や病気は嫌ですよね。
ただのオデキで悪いものじゃない事を強く強く祈ってます~!!

投稿: 恭子 | 2008年4月20日 (日) 02時06分

あ~なんか痛々しくて、読むのが辛いですcrying
カワイそうに・・・bearing
早く良くなるといいですね。
お大事に!

投稿: ゆりり | 2008年4月20日 (日) 01時19分

やっと、チョビちゃんのお顔が見られたと思ったら、おしりにおできですか~ぁ。
かわいそうに~。
早くよくなりますように。
越後屋ベネディクトさんの御慈悲で...あれ、りんこさん、カソリックでしたっけ?
ま、この際、硬いことは言いっこないしで。
それにしても、おしりをざくざく二針も、まさか、麻酔はしてくれたんでしょうね。
あ~ん、可愛そうに、チョビちゃん。
本当に、お大事にしてください。

投稿: Chadのママ | 2008年4月19日 (土) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 法王様 | トップページ | チョビその後 »