« ニューヨーク散歩 | トップページ | ヨン様でフラフラその1 »

2008年5月 6日 (火)

動物のお医者さん

またもや3位転落&10位!
本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ


先日のチョビお尻オデキ以来、子犬の時からずっと通っていた獣医さんをやめて、緊急診療してくれた別の獣医さんのお世話になっています。
新しい獣医さんはとてもとても親切で細やかで、検査の後何度も電話をくれましたし、チョビがウ○チ困難状態のときもあれこれと細かくアドバイスをしてくれました。
とはいえ、以前行っていた動物病院が不親切というわけでは決してありません。
診察を受けたり検査をしてもらった後には、やっぱりフォローの電話を必ずかけてくれましたし、定期検査や予防注射のお知らせもこまめにしてくれます。
元々非営利団体であるこの動物病院は、結構歴史の長いBIde- A- Wee という名前の団体で、動物の診察だけではなく、迷子のペットのお世話や、捨て猫捨て犬の保護、虐待されているペット達の救出、お金がなくて困っている飼い主たちのペットが病気や怪我をした時のサポートなんかも積極的にやっています。
毎週届くニュースレターでは、車でひき逃げされた犬や猫、近隣住民に救出された虐待されていたペット、野良だけど近隣住民に愛されてお世話してもらってる猫一家等々、色んなNYの動物達のニュースが紹介されて、寄付を募っています。
そして、新しいお家を探している犬や猫たちの掲示板もウェブで見られます。

Photo
↑マローンちゃん。目がイってます…。

Photo_2
↑恥ずかしがりのチェッカーズちゃん。ヨっちゃんにデザインが似てるっ。

ああ。こういうの見ていると、全部まとめて引き取りたいっっっ!!
ってマジで思います。
どっかに大きな牧場つくって、犬も猫もブタもモグラも、全部全部引き取って、皆で一緒に暮らしたいなあ。
この夢を叶えるためにも、やっぱり真面目に働かなくちゃ。
明後日から。
いや。明日はヨン様のために一日あけてるからなんですけどね。
タイムズスクエアの目撃情報ありがとうございます。
多分本物だと思います。
ニューヨークがお好きなんだそうです、ヨン様。
明日会えるかなあ。
チョビ連れて行きたいなあ。
そしたら目立ちますよねえ。
でも、目立つ前につまみ出されますかねえ。
あーあ。
(↑話に一貫性が無い上にミーハーでバカ)

|

« ニューヨーク散歩 | トップページ | ヨン様でフラフラその1 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪
お勧めサイトです!よろしくね!!!
http://www.bbbcc.net

投稿: こんにちは♪ | 2008年5月 7日 (水) 22時55分

EVAさんのコメントにあった「耳切り」そんなのイヤ!!
うちのほうでは、耳に針金とビーズでピアス状のものを着けて「避妊手術済み」の目印にしています。
耳の無い猫ちゃんなんて 悲しすぎ・・・。

投稿: ひさちゃん | 2008年5月 7日 (水) 22時49分

お久しぶりです。
チョビちゃんもリンコさんも元気そうでよかったです。

リンコさんが大きな牧場を作った際には、どうか
お手伝いさんでもトイレ掃除係でもいいですから雇ってくださいね~。

ヨン様ファンクラブの報告も楽しみに待ってます。

投稿: Lotus | 2008年5月 7日 (水) 18時54分

ランチタイム。わが家の居間で、昨日の晩御飯の残り物なんぞを食べながら、時々『アニマル・チャンネル』を見ます。
ちょうどお昼時に、動物レスキューのドキュメンタリーをやっています。
ひどい飼い主、多いですよね。
ちなみにわが家では、リスの餌付けに成功しています。餌をあげているのは2匹。スペシャルな女の子(先天的なのかわかりませんが、障害があります)と、手のひらに釘が刺さったままやって来た男の子(一箇月で完治し、釘も抜けて、今は元気です)です。

投稿: nami | 2008年5月 7日 (水) 17時12分

ヨン様の公式ファンクラブなのですがヨン様をこよなく愛する知り合いに聞いた所、ヨン様は公式ファンクラブと言うものは作っておらず、たまに公式ファンクラブを発足すると言って有料の発足式を行い(本人が来るとといって人を集めたりもする)、詐欺をするケースが過去にあったそうです(しかもアメリカで!)リンコさんが出席する会は大丈夫でしょうか?ちょっと心配です〜

投稿: ニーナ | 2008年5月 7日 (水) 08時18分

先日知り合いが里親ボランティアさんのところから猫さんを1匹引き取りました。猫さんの世話は1匹も2匹もあまり変わらないのでもう1匹引き取るようそそのかしています。
幸せになれた猫さん、わんこさんの話題はいいですね。

投稿: Minako | 2008年5月 7日 (水) 01時09分

最近、東京でも駅の近くやペットショップなどで里親探しのためにボランティアの方々が頑張っていらっしゃるのを見かけるようになりました。
そこでひとつびっくりしたのは、ボランティアの方が連れてきていた猫の方耳がスパッと切れていたんです。「何で!!?いじめにしてはあまりにもひどすぎる!!」と思ったら、避妊手術した証拠らしいです。その方が分かりやすいと。首にマイクロチップ埋める方法もあるらしいんですが、それでは分からないから・・・と。
確かに、マイクロチップじゃ、分からないけど、耳を切り落とすっていうのもちょっとなぁ・・・と思いました。
でも、何がいいかと言われると、それはそれで難しい問題ですよね・・・。

投稿: EVA | 2008年5月 6日 (火) 23時26分

こういう話を聞くと、ロンドン野郎、思わず涙目になってしまいます。 日本の親友の奥様が、ニャンコ専門の里親募集ボランティアをやっています。 でも、応募があっても、必ず一度本人と面接するそうです。 そこで、本当の一生責任を持てる人かどうか判断した上で、里親になってもらうか決めるんですって。 動物と付き合うのはそういうことなんだと、つくづく思います。

投稿: ロンドン野郎 | 2008年5月 6日 (火) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニューヨーク散歩 | トップページ | ヨン様でフラフラその1 »