« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

ハマス・プレース

3位&8位!
本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ


映画を見た帰り、美味しいハマス屋さんに行ってきました。
随分前に見つけたこのハマス・プレース、実は結構有名らしくて現在マンハッタンに3店舗あるみたいです。
私が行ったのは、イーストビレッジにある多分1号店。

Hummus2
↑一応外でも食べられるんですが、私は店内の雰囲気のほうが好きです。

Hummus7
↑奥の部屋は、お友達の家に遊びに行ったみたいな、レンガ壁が落ち着いた雰囲気の小部屋です。私は角の席がお気に入りです。

ハマスって私が日本に居た頃はあまりなじみの無い食べ物だったんですけど、最近はどうなんでしょう?
こんな感じのモノです。

Hummus
↑右上にあるピタブレッドに、このペースト状のハマスをヌロヌラリ〜とつけて食べます。とても美味しく、結構ヘビーです。これ一皿食べたらお腹ポンポンになります。

Hummus4
↑でも私のお気に入りは実はコレです。

Shakshuka(シャクシュカ)っていう名前のタマゴ入りシチュー?みたいな感じです。
スパイシーなお味の中に、タマゴが2個ボトボトと入っていて、とてもとても美味です。熱々ですのでやけどにご注意です。

Hummus8
↑左上のサラダもチョーお気に入りです。美味です。爽やかです。

Hummus5
↑ピクルスもついてきます。

ニューヨークの最近のレストランとしては珍しく、音楽も控えめ、お客の声も控えめ、照明は暗すぎず明るすぎず、大変快適です。
私の食べたシュカシュカ(?違う?)は$6.95、普通のハマスも一皿$5.95。ホームメイドレモネードも大変美味しく、安価で快適なランチやディナーが楽しめる、お薦めスポットです。
是非お試しくださーい。

Hummus3
↑あら。冬はロマンチックだわ。デートにもどうぞっ。

| | コメント (7)

2008年6月29日 (日)

水飲み場

3位&8位!
本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ


ニューヨークの水道水は安全で美味しい。

っていうのが売りなんですが、私はどうも100年以上経っていてアリゲーターや大蛇が棲んでいるという噂が絶えないNYCの水道管が信用できません。地下水路には宇宙人が棲んでいるとかおじさんたちが集会を開いているとか、ヘンな噂ばっかりなので(どこからそんな噂を)、自宅では浄水器(アサミちゃんの最高級浄水器には負けますが)を通したお水しか使っていません。そしてチョビも子犬の時からフィルター水しか飲んでこなかったものですから、道ばたの犬水(たまにお店や銀行に犬用ボウルがおいてある)をいやがる傾向にあります。

そんなチョビが外で飲んだお水飲み場が二カ所。
一つはセントラルパーク外にあるここ。

Umachobi1
↑実はお馬の水飲み場なんです。手前にチョビ用のお水を汲んであげたんですが、お馬がゴクゴクウマウマとお水を飲んでいるのを見て、「私もあそこで飲みたい」と思ったみたいです。

Umachobi2
↑でもお馬と一緒に飲む気にはなれないらしく、お馬が立ち去るまでウロウロして待ってました。常に弱腰です、チョビ。

で、もう一カ所はブルックリンのプロスペクトパークにある『ドッグファウンテン』です。

Chobiwater
↑…ていうか、チョビとガキが邪魔で肝心のモノが写ってませんが。

コレ、本当に犬専用の水飲み場で、人間が地面から突き出しているスイッチを足で踏むと、蛇口からお水がジョロジョロジョロジョロ〜と出るんです。それを直接もしくは周辺に貯まった部分から犬がゴクゴクウマウマと飲むわけです。
この日はチョビも暑さと長時間散歩で喉がカラカラ。
ドッグファウンテンを見つけて私とチョビが駆け寄ると、前方からこのガキが『I got it! I got it!(僕がやる僕がやる!)』とギャーギャーわめきながらやってきて、ガーとスイッチを踏んでくれました。ずーっと踏んでました。もうええちゅうのにまだ踏んでました。
ちなみにこのドッグファウンテンの側には、ドッグビーチがあります。
水は多分あんまりきれいじゃないかもしれませんが、小さなビーチみたいになった池があって、犬が泳げるようになってます。
他の犬が何度も何度もボールを追いかけて飛び込んでは泳いで戻ってくるのを見て、チョビもちょっとだけ水に入りたそうにしていましたけど、勇気がでなかったのかヒザあたりまで入って戻ってきちゃいました。
2年前、無理矢理海にひきずりこんだトラウマが、まだ残ってるんでしょうか…。

| | コメント (3)

2008年6月28日 (土)

しーちゃんのお料理教室予行演習

3位&11位!
本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ


あーお腹いっぱいで幸せです〜。
余談ですが、今『お腹いっぱい』って書こうと思って『おなか』まで打ち込んだら、『お腹いっぱい』が辞書登録されてました。私ってよっぽどいつも『お腹いっぱいお腹いっぱい』て言ってるんですね…。

でまあ、お腹いっぱいのお話なんですが、7月11日に実施される『いつも腹ぺこリンコさんを餌付けするためのしーちゃんお料理教室(そんな長いタイトルだったっけか?)』の予行演習を本日実施いたしました〜。
メニューは『大人のためのお子様ランチ』です。
当日はチカちゃんの豪邸でお教室が実施される予定ですので、予行演習もチカちゃんちで行われました。

1_2
↑下ごしらえ中のしーちゃん先生。かわいくて元気いっぱいの先生ですね〜。

3
↑何ができるのか?わかるようなわからんような…。

Tofu Asamifinger
↑おトウフ                ↑腹ぺこアサミ。

9
↑おお?これはソースか?

4
↑モザイクまでかけて隠す。はて、何でしょう?

Asami   7
↑楽しそうなアサミちゃん。       ↑忙しそうなしーちゃん。

6
↑うううううーたまらんー美味しそうじゃーーーーー。はよ食べさせてくれええええ。

2
↑完成〜〜。ふふふふふ。何が何だかわからんようなでもちょっとわかるような…。

今日は予行演習およびレシピ確定の日でしたので、当日はさらにバージョンアップの変更があるかもしれませんが、いやーいやいやいやいやいやー、美味しかったです〜〜〜〜。マジで美味しかったです〜〜〜〜〜。お子様ランチですので当然旗を立てるんですが、その旗は私が作成することになりました。ていうか、それぐらいしかお役に立てないんです。はい。
しかしお料理ってすごいです。
全ての材料の栄養バランスと彩りとを考えてメニューを考え、実際に作り始めてからも、すべての材料の分量を正確に量り、手順をきちんと考えて全てのものが同時にささっとお皿に盛られるようにしなければならないし、その盛りつけもデザインのセンスがないとダメだし。私にはこんな素晴らしいお料理を作る才能はもちろん、根気も根性も気力もありません。
カウンターでおやつをいただきながら、あーお腹減ったあー早くできないかなあーいいにおい、って言い続けてじっと座って待ってました。全然お手伝いも後片付けもしませんでした。全くの百パーセント役立たずでした。

しかし『しーちゃんの大人お子様ランチ』、お薦めですっ。マジで!
そして実は参加してくださる方が7人定員のところまだ4名様までしかお申し込みがないのです。リンコ悲しい。
なんで、是非今からでもご興味おありの方はshiezbreeze@yahoo.co.jpまでお申し込みくださいねー。ランチに立てる旗は『チョビ旗』の予定でーす。

Shipose
↑『わたくしがお待ちしとりますっ』

| | コメント (7)

2008年6月27日 (金)

ごはんもコリアン

3位&11位!
本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ


前回Gちゃんに教えてもらった冷麺のお店。コリアンタウンの中心街、32丁目のブロードウェイと5番街の間にあるんですけどね(名前は忘れた)。
ここの冷麺がもうそりゃもうもう絶品で(そこまで言って名前を忘れるとは)。病み付きになったんです、あまりの美味しさに。
一人でこっそり食べに行ったこと数回。いやー。ほんっとに美味しいですし、韓国冷麺って酸味があってコクもあって、飽きないんですよねー。胃にも優しいし(と思う)。

そして、韓国語講座後のランチタイム。
新しいレストランを紹介していただきました。カンジップという名前です(だと思う)。
ここ、実はいつも気になってたんです。
だってお店の外にはいつも行列。まるで日本の『美味しいラーメン屋さん』みたいな様子なんです。
でもメニューの何が売りなのかわからないですし、一人で初めてのお店に入って食事をするのは、ちょっと勇気がいります。

Korean3_2
↑こんな風にいつも満席。外には行列ができています。

Gちゃんが予約をしてくれていたんですが、レッスンがちょっと長引いたせいで予約の時間に遅れてしまい、テーブルがなくなってしまっていました。混んでいるお店は、予約の時間ちょうどに行かないとダメなんですね。
Gちゃんが、じゃあ他のお店に行きましょうか、と立ち去りかけたところ、マネージャーがやってきて「3分で座れますから」と言いながら、立っている私たちにメニューを配り始めました。着席したらすぐに食事がはじめられるように、ということですね。
メニューを開いた瞬間、目に飛び込んで来たのは冷麺です。
即決です。
だってこの日は、みなさんとランチとは知らなかったんですが、いずれにせよ一人ででも冷麺食べて帰るつもりだったんです。

「冷麺冷麺冷麺冷麺冷麺冷麺冷麺冷麺冷麺冷麺!」
腹ぺこだったので百回連呼です。

「ああはいリンコさんは冷麺ね。はいはい」とGちゃん。

「じゃ私も冷麺にしとこう」
と村田さん。

「じゃ私も」

「んじゃ私も」

ということで冷麺4つ、イカの炒め物と焼うどんが丸い鉄板にのったような感じのモノとキムチチゲを注文しました。

Korean4
↑イカと焼うどん。美味しそうでした。次はこれに挑戦だっ。

Korean5
↑スープが凍っていて酸味があってううううう美味しいですうううう。
でも、この白く浮かんでる一反木綿みたいなヤツは何なんでしょう??

冷麺のお味は、私がハマっている最初のお店のものより少し優しい感じでした。薄味目かな?お酢を入れてみたら風味が増して、さらに美味しくなりました。村田さんは、スープの色が変わるぐらいカラシを混ぜてましたけど、辛すぎなかったんでしょうか?
食事の最後にはお赤飯みたいなごはんのオコゲお茶漬けが出て、これがまた絶品。もうお腹いっぱいだったのに、ガツガツ全部食べてしまいました。
デザート代わりのシナモン風味のお茶も、とってもとってもリフレッシングで美味しかったです。

Korean6
↑冷麺ナンバーワン店の名前がわからないお詫びに、こちらのお店のインフォです。

私としては、最初のお店の冷麺のほうが、コクがあって好きでしたけど、ここの冷麺も大変おいしゅうございました。あとオコゲお茶漬けが美味しかったです〜。そのためだけでもまた行きたいぐらいですっ。

そうそう。韓国語の読み書きができるようになるのに1週間、っていうコメントを読ませていただき、さらに『ヨン様と筆談』というグーなアイデアに飛びついた私ですが、さっきチョビとお散歩をしながらふと考えたんですよ。
筆談っていうけど、例えばアメリカ人がいてですね、そいつが日本語の読み書きができるとしましょう。
『アホボケカスタコラッパ』って書いてある物を読めるんですよ、そいつは。
んでもって『アホボケカスタコラッパ』って書くこともできるんですよ。
でも、意味がわからないんですよ。
『アホボケカスタコラッパ』の意味が。
ということはつまり、私がハングル文字のシステムを理解して習得したとしてですね、「おお、ここに書いてあるのは『カンガジイソヨ』(←適当なので意味不明)だな。と理解し、『カンガジイソヨ』と書けたとしてもですね、その『カンガジイソヨ』(しつこいっ)の意味がわからなけりゃ何も意味がないんですよ。
ということに気がつきました。
そしてがっかりしました。
あ。今もう一つ思い出したセンテンスがあります。
チャイガーっていうの。ばいばーい、って意味だそうで。
会うなり「いらっしゃいませー」って言って、すぐに「ばいばーい」って立ち去るしかないですかね、やっぱり…。

| | コメント (7)

2008年6月26日 (木)

ヨン様的な朝

3位&11位!
本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ

そうだ。本日の話題にうつるまえに、ほんとーうううううにこのところ、コメントに御返事ができなくってすみませんすみませんすみません。
2個ブログやってると、なんかもうそれだけで力つきちゃって、どちらのブログもコメントに御返事できない状態なんですしくしくしくしく。
そんなわけで、一度皆さんとのコミュニケーションデーというのを設けさせていただいて、私から皆さんに質問させていただいたり、皆さんからいただいたご質問にお答えさせていただいたりしたいと思います。
ちょっとだけ、先日ご質問いただいた「ポール・マッカートニーにどんなプレゼントを贈るか?」という話ですが、私が今思いつくのは大福です。きっと食べたことないだろうし。

では、本日の話題です〜〜。
今日は早起きしたので、今目が溶けそうなぐらい眠いです。
(とか言っても、普通の社会人だったら普通な起床時間)(←恥ずかしいから何時かは言わない)
唯一の救いは、今日夕方エレベーターが修理完了して、現在二基稼働している、ということぐらいでしょうか。

なぜ早起きをしたのかといいますとですね。
午前10時から、コリアンタウンで『韓国語講座』第一回教室がオープンだったので、生来の物見高さと無鉄砲さから、後先考えず参加してしまったんです。
いえ。その無鉄砲は『午前中の催し物(?)に参加するほど早起きができるのか?』ということを考えなかった、という意味です。あと「そんなお教室に参加して、恥をかかずに帰ることができるのか?」ってことも。
そうそう。そして、この韓国語講座は、ヨン様ファンクラブが主催。ヨン様価格で(そんなもんあるのか)、2時間$25という激安さです。
でまあ、あれですよ。
その。
なんだ。
遅刻しました。
15分ぐらい。

必死で行ったんですよ〜。午前中はまだエレベーターの修理が終わってなくて、ロビーに下りたら10時5分前だったんですけど。でも必死でタクシーに乗ったんですよう。そしたらすごい渋滞で、タクシーの中で足じたばたさせたんですけど、結局遅刻ざましたっ(←ヤケ)。

コソーっと入室したら、奥様方が5名様着席されてました。先生は若い女性の先生です。
「なんとかかんとかーなんとかーなんとかかんとかー」って挨拶していただいたんですけど、全て韓国語だったので何が何やらさっぱりちんぷんかんぷん。
そして、そのちんぷんかんぷんは最後までちんぷんかんぷんのままでした。
しかも、ノートを持って行くのを忘れ、前に座ってらしたファンクラブ代表の村田さんに、「紙ください」って大きなコソコソ声でお願いして呆れられました。

Korean1
↑優しい可愛らしい先生でした。日本語も英語も話されます。


Korea2
↑皆さん顔出し禁止ってことで目線を入れたら、ものすごく怪しいことに…。
しかしこのお教室、設備が充実してますねー。韓国語以外にも語学レッスンがあるのかしら。まさかもしかして、ヨン様がここで英語のレッスンを?(まさかな)

それでー。えーとー。今日習ったことなんですが。えー。とー。
全部忘れましたっっ。
私、多分韓国語の才能ありませんっっ。
なんていうかねえ。もうあれですよ。万が一ヨン様に会えたとしても、コミュニケーションは不可能です。なんかやっと思い出せたセンテンスが「いらっしゃいませー」だったし。そんなもん、いきなり会うなり「いらっしゃいませー」って言う女なんか、誰も相手にしてくれんわ。
ってがっくり来ました。
でも他の皆さんはすっごく熱心に授業を受けてらっしゃいましたし、先生もとても熱心な先生で、時間オーバーしてまで教えてくださいました。
それから、私は喋る方はダメそうですが、ハングル文字のシステムがとてもとても興味深くて、読み書きの勉強は続けてみたいかもしれません。

とかなんとかエラそうに書きましたが、お教室代をお支払いしておひるごはん代をお支払いしたら、お財布の中には1ドルしか残ってませんでした。お隣に座ってらしたKさんに「1ドルしかない…」と言ったら、コーヒー代は立て替えてあげますよ、って優しく言っていただきました。その上、結局村田さんに「すみません。お財布に1ドルしか入ってないのでコーヒー代貸してください」と紙のみならずコーヒー代までたかり、「あなた1ドルで家まで帰れるの?」って心配までさせてしまう体たらくです。こういうのこそを『世界的な恥さらし』って言うんですよね、きっと。

ということで、本日の収穫は、コーヒー代を村田さんにたかったことと(これを収穫と言うか?)ハングル文字が面白かったことと、Gちゃんに「で、ヨン様ってたまーには荒れ狂って大福壁に投げつけたりとかしないの?」って訊いたら「そんなこと絶対にしません。彼はとてもとても優しい人です」って教えてもらったことです。
(ていうか、なぜそんな質問を)

| | コメント (7)

2008年6月25日 (水)

うわっ

3位&9位!
本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ


先日、またフラフラとあてもなく街をさまよっていたんですよ。
お買い物はしてませんからね。ホントにしてませんからね。ウソじゃないですからね。
でも、とにかくボケーっと歩いていて、角を曲がった瞬間にこんなもんに出くわしたんですよ。

Liberty3
↑うわっっ。

なんかね。
別に怖いもんじゃないんですけど。自由の女神だし。ヤンキースだし。
でも角曲がった所にこんなトラックがあって、その荷台にこういう有様で女神達が無言で並んでるのを見ると、ぎょっとします。

Liberty4
↑奥の暗闇の方までズラズラズラーっと女神が…。

トラックに近づいて中を覗き込んでみると、さらに不気味です。
天井につっかえるからと、トーチを持った右手は取り外されてるし。

Liberty5
↑トラックに顔を突っ込んでみたら、こんなメモが。

なるほど。
このヤンキース女神は、G.C.T.つまりGrand Central Terminalグランドセントラル駅近く、42丁目の"Modell's(モデルズ)"(スポーツ用品店)前に置かれるのだ、というメモですね。
そういえば、黙って並んでる女神達は皆野球やホッケー等、スポーツチームのユニフォームでカラリングされています。

Liberty1
↑でもって、国旗カラーに彩られた女神さんは、胸にでっかくヤンキースロゴをつけて、ヤンキースショップ前に設置されていました。背後のおそろしい人形は誰?まさかA・ロッド?

Liberty6
↑後戻りしてもう一回見てみたけど、やっぱり怖いわ。特に後ろの方にいる連中。

翌日にはマンハッタン中にこの女神達が配られ、雨の日も風の日も、右手を上げ続けるのね。ニューヨークって、こういう感じで牛とか馬とかブタとか(?そうか?)の置物を町中に設置するイベントを定期的に行ってるんですが、いつも思うんだけど、この費用、誰が払ってるのかしら?
まさか、私たちが払ってる税金でまかなってるんじゃあるまいな。
グリーンカードもくれんくせに税金ばっか徴収して、あげくにブタの置物じゃ私も納得がいきません。ホントのところ、どうなんでしょうかね?

| | コメント (7)

2008年6月24日 (火)

エレベーター

3位&9位!
本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ

参りました。
私の住んでいるアパートのエレベーターが、3基中2基故障中なんです。
2基って言ってもですね、私のアパートは57階建て、1フロア17部屋、つまり単純計算でも900以上の部屋が存在し、しかも一部屋一人住まいとは限りません。
もちろん、5階から31階までと32階から57階までのエリアを二分して、それぞれのエレベーターが3基ずつあるんですが、それでもこれまた単純計算で、3基で450世帯分の人々を運び続けてくれなければならないのに、これが1基しか稼働していないんですよ。

Elevator1
↑廊下のエレベーターホール。手前の2基は故障中。

チョビと一緒に部屋を出てエレベーターホールに向かうと、いつも顔を合わせる体はキングコングみたいに大きいのに、私より顔が小さくてちょっとモグラ似のご近所男性がやってきました。

「今日、エレベーターは1基しか動いてないよ」

えげっ

「1時間ほど前ロビーで30分ぐらい待たされたんだけど」

えげげっ。
ていうか。
エレベーターの様子にもえげっ、だけど、30分待ったアンタにもえげっ。

「階段を使ったことある?」

ありますとも。あの大停電の時に。

「じゃ、一緒に階段で下りる?」

ああ。階段で下りるのは私はいいんだけど、チョビにはちょっと無理です。
ただでさえ年寄りなのに、まだ前足がちょっと痛そうだし。
ああどうしよう。でも私、出かけなくちゃいけないし…。
仕方なく、ドッグウォーカーのロバに電話をしてみたら、ちょうど他の犬のお迎えで、同じビルの中に彼がいました。
早めにチョビを迎えに来て、荷物運搬用のエレベーターで連れて行ってくれるとのことだったので、まずはチョビをお部屋に戻しました。

ごまかしのお出かけクッキーを与えて外に出ると、エレベーターの前にはまだ彼がいました。我慢強い人だねしかし。

「まだ来ないよ」

そりゃ見ればわかります。

「やっぱり階段で行こうか?」

もしかして、一人で階段を下りるのが嫌だったんじゃ…。

「階段で行く?」

わかったよ。階段で行くよ。

ということで、非常階段を下りることになりました。
別に普通の階段なんですが、とにかくひたすらぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる回るので、3フロアも下りると目が回ってきます。

Elevator3
↑階段のドア。暗い感じ。

Elevator4
↑階段。暗っっっ。

結局6フロアぐらい下ったところで管理人と出くわし、別のエレベーターフロアに誘導してもらい、そこからロビーまではエレベーターに乗れました。
そして、当然ですが帰宅した時、ロビーのエレベーターホールは住人で満杯。
早く修理をしてくれないと住民一揆がおこりそうなぐらい、皆殺気立っていました。そりゃそうです。疲れて仕事から戻って来たら、エレベーターは百万年ぐらい来ないし、トイレに行きたい人や喉が渇いた人、お腹が減った人もいるでしょうしね。
かく言う私は、ロビーのあまりの混み具合に、これは待っていても一度で乗切らないなと判断し、思い切って階段を使って部屋まで戻りました。
いやー。
いかに体がなまっているか、思い知りました。
3フロアぐらい登った所で一休みしないと、足も動かなきゃ目も回る。
ハーハー荒い息でやっと私のフロアにたどり着いた時には、口もきけないぐらい息が上がってました。
でもこんな無理矢理運動はあんまり好ましくありません。それにチョビのお散歩も、不便で困ります。
早く直してくださいエレベーター屋さん。

| | コメント (5)

2008年6月23日 (月)

ダウンタウンの礼拝堂

3位&7位!
本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ

ずっと前にも一度書いたことがあると思うんですが(つまり覚えていない)、タイルのフェンスを見た日、この礼拝堂にも立ち寄ったんです。

Stpaul
↑センチュリー21の御近所にある、セント・ポール礼拝堂です。

ほぼいつも観光客や一般の通行人が自由に出入りできるよう扉が開いていて、チャペルだけでなく、時には裏庭(6番街に面している小さくて美しい庭です)にも出られるようになっています。
このチャペルは、9−11の当時、救急隊員や消防士、警察官など、レスキュー作業に携わった多くの人たちが、ひとときの休息のために立ち寄った場所です。

Church4
↑誰の消防服かな?

Church2
↑当時の様子がイラスト入りで説明されています。右の写真は、このベンチに消防士さんの上着が掛けられていた様子です。『当時はこんな様子が毎日のように見られた』という説明文が入っています。

Church3
↑消防士さんやおまわりさんたちがこのベンチに横たわり、色々な機材や道具がこすれてついた傷跡です。

Church1
↑当時、オクラホマから送られて来たメッセージ。当時は、世界中から送られてきたメッセージでチャペルの壁が一杯でした。

ツインタワーの斜め前のこの小さな礼拝堂。
グラウンドゼロ一帯は、最近まるで観光名所のようになってしまっていますが、ひとたびチャペルの中に入ると、大きな声で話したり、あからさまに記念写真を撮るような人は一人もいません。
セント・ポール礼拝堂は、ウォール街にあるトリニティー教会の一部として1766年にオープンし、1776年のマンハッタン大火災では、街の人々の夜通しのバケツリレーのおかげで火災を免れ、また真向かいのツインタワーが崩壊した9−11さえも生き延びました。どちらの悲劇においても、その窓ガラス一枚すら割れなかったそうです。そして今や、マンハッタンで現存する、現役で利用されている公共建造物の中で最も古く、かつ植民地時代から現存する唯一の教会です。
2001年、ジュリアーニ市長が辞任演説をニューヨーク市民に送る場として、この礼拝堂を選びました。
『この礼拝堂は、三度神聖な地となりました。1度目は、1766年に、神の住まう教会として清められた時。2度目は、1789年4月、ジョージ・ワシントンが初代大統領として就任直後、ここを訪れ、この礼拝堂で祈りを捧げた時、この場所はアメリカを愛する人々にとって聖なる地となりました。そして、9月11日。ここは再び神の御手に捧げられたのです』

私が初めてNYに住み始めた頃。
コンちゃんと一緒に住んでいた町は、ツインタワーから徒歩5分でした。
通学路にあるこの礼拝堂は、古くてちっぽけで真っ黒にすすけていて、あまり日の当たらない場所に古ぼけた墓石が並んでいる様子も相まって、毎日前を通りながら、ちょっと冴えない教会だなあ、もしかしたら貧乏教会なのかなあ、なんて思っていたものでした。
それなのに、古くて頑固だけど丈夫で健康で、老いてなお矍鑠たるじいさんのようなこの教会は、今日もしっかりとこの場所に建ち、私たちを見守ってくれています。
そしてこれからも、きっと何十年も何百年もここにずっと居て、昨日も今日も明日も、同じような過ちを繰り返す私たちを、じっと見守ってくれるに違いありません。
そうだ。センチュリー21でうっかり衝動買いをしてしまわないよう、通りかかったらまずは祈りを捧げに行った方がいいかもしれません。それでも衝動買いをしてしまったら、懺悔の祈りに立ち寄ろう。きっと神様は許してくださるに違いない。

| | コメント (3)

2008年6月22日 (日)

タイルフェンス

3位&7位!
本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ


ウエストビレッジのあたりを歩いていたら、こんなフェンスを発見しました。

Tiles1_2
↑手作りのタイルやら買って来たタイルにイラストを手描きしたものやら、たくさんたくさんあります。世界中から送られて来たそうです。

2001年9月12日、このフェンスの隅に1枚2枚とメッセージを書き込んだタイルがつるされはじめたのが始まりだそうです。

Tiles2
↑近寄って一つ一つ見ていると、色んな国からのメッセージが。もちろん日本からのものもたくさんありました。

Tiles for America というサイトにきれいに撮られた写真が掲載されています。
場所は11丁目7番街沿いです。
そういえば、この辺りから南を見ると、いつもツインタワーが見えていたものでした。通りを挟んでお向かいには病院があります。あの日、この病院の前で多くのドクターやナース達が、運び込まれてくるはずのけが人達を待って、ずっと通りに立ち尽くしていたのを思い出しました。

このフェンス、遠くから見るとカラフルできれいなんですが、側に寄って見るとちょっと切ないです。でも、ニューヨークも世界も忘れていないんだよ、というメッセージは、心強くもありますね。私も一枚タイルを作ってぶら下げに行こうかな。

| | コメント (7)

2008年6月21日 (土)

講演会2

3位&7位!
本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ


Dsc04238
↑4時45分。このままだったらどうしましょうとちょっと心配も。

Dsc04241
↑4時50分。ドキドキ。

Dsc04244
↑不安な気持ちをごまかすため、杉本さん(仮名)が作ってくださった当日のチラシなんか撮ってみました。

Dsc04252
↑前フリで杉本さん(仮名)が『リンコさんのブログをご覧になったことのある方』と質問されたのに対して挙手してくださった皆さん。ていうか、二人だけ。しくしくしく。

Dsc04242
↑ちょっと散らかってる『哲太の部屋』。

Dsc04256
↑M社長、閉会のご挨拶。途中の写真がなぜ無いんだろう?と思ったら、そりゃそうか。よく考えたら講演(漫談)の最中はさすがに写真は撮れませんでしたのでした。

Dsc04262
↑講演後の立食パーティー。ごはんとお酒とウーロン茶が出ました。そうです。私が3本持って帰ったあのウーロン茶です。

Dsc04260
↑ウーロン茶。

Dsc04264
↑講演会後のお食事会。うどん(冷)をいただきました。

Dsc04269
↑冷たいうどん。たまらなく美味しかったです。うう。また食べたいな。

Dsc04267
↑M社長はトマトサラダとお酒。端っこでカメラ目線の杉本さんもお酒。

Dsc04268
↑M社長のトマトサラダ。美味しそうだなあ…。

以上、講演会写真報告でした!(手抜きではない。絶対違う)

講演会の内容なんですけどね、杉本さんが一枚一枚手作りでパネルを作ってきてくださり、それぞれのジャンルが書かれていました。
『ショッピング』
『ビューティー』
『ペット』
『食事』
『見所』
『消防士』
等々。他にもたくさんあったんですけど、忘れましたっ!(開き直り)
今回の私のお薦めショッピング情報は、Price Adjustment(プライスアジャストメント)。
アメリカのカスタマーサービスって、おそらく世界最高かもな日本に比べると、地獄かと思うよな最低さですが、ミョーなところでミョーなサービス精神が発揮されるんですね。
それがこのプライスアジャストメントなんです。
簡単に言いますと、お買い物をしてから1週間から2週間の間(店舗によってポリシーが違います)にその購入した商品がセール等でお値段が下がった場合、オリジナルのレシートとその商品(着用・使用済みでも可)を持っていけば、セール価格と購入価格の差額を返してもらえるという、信じられないようなサービスです。もちろんお店によってはこのサービスを提供していない所もありますが、私の知っている限りではバナナリパブリック系列やブルーミングデールズ、メイシーズなんかはこのサービスがあるはずです。
日本人にとってはちょっと恥ずかしい感じもしますけど、いいって言ってるんだからどんどん利用していいんです。ばしばし持って行ってばしばしお金をいただきましょう。
だって定価で買って翌週同じ店に行ってみたら半額になってたなんて、お買い物のパターンとしては最悪ですよね。私だったら地団駄踏んでくやしがるところです。いやー。アメリカって不思議な国です。こんなサービス、どこから思いついたのかしら?それとも日本にも最近はこういうサービスできたかしら?

最後のトピック『消防士』ですけどね。別に消防士に特化した話題じゃないんですが、ポールさんから得た有益な情報を一つ、皆さんにお伝えしたんです。
どこかで誰かに襲われたとか危険な目に遭った場合、911コールをするのは当然なのですが、そこで警察を呼ぶと到着まで大体20分ぐらい待たされるのが常なんです。ところが、ここで電話口で「火事です!」と叫ぶと(もちろん所在地も伝える)消防車が5分で来てくれるんですって!ですから本当に本当に緊急な助けを必要とする時は、『火事だ!』で消防車を呼んだ方が良いそうです。
ここで杉本さんの『消防車がやってきて、なんだ火事じゃねえじゃねえか!って叱られたらどうするんですか?』とつっこみが入りましたけど、その時は「ごめん!」と謝ってください。許してもらえます。それに深刻に助けが必要なんですからね。6人の消防士さんが助けにきてくれます!うふふ。(?)

そして最後に、M社長から特別お得情報です。
Dsc04272
↑ニューヨークでたくさんの系列店を持つ『イーストレストラン』。20ドルの会費を支払って会員になると、20ドルのお食事券とこの会員証がもらえます。そしてこのカードを提示すれば、イースト系列店での飲食が10%オフになるんですって!

私はイーストレストランの『チキン照り焼き』が大好物です。
安くてボリュームがあって美味しいんですよ。
M社長お薦めの会員にも、今度是非なりますっ。M社長、ありがとうございました〜。

| | コメント (3)

2008年6月20日 (金)

講演会

3位&7位!
本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ


講演会です講演会。
なんてエラそうに書いてますけど、私の話って『講演』ていう感じじゃないですよね。ええと。『漫談会』?それとも杉本さん(仮名)との『漫才会』?
いやー。でもとってもとっても楽しかったですー。
そして、あんなに大勢の(総勢53名様)日本人の皆さんとお会いしてお話したのって、ホントに久しぶりでしたー。なんか、講演会が終わってから脳が英語に切り替わるまでにちょっと時間がかかったぐらい、完全に日本脳にシフトしましたっ(いや。それは違うだろ、と会にいらした皆さんに思われるかとは思いますが)。

Dsc04237
↑『徹子の部屋』風?(違うな)

Dsc04243
↑名司会者杉本哲太さん(仮名)。さしずめ『哲太の部屋』ですかね。

しかし、杉本さん(仮名)の名司会ぶりともう一人の女性司会者K村さん(美人!!!超美人!!!)のお美しさにはびっくりしました。
K村さんのきれいなお顔にうっとりと見とれ、杉本さん(仮名←しつこい)のマイクの持ち方がカラオケ状態なのに見とれながら、あっというまの1時間トークでした。
いや。まさか1時間もトークを続けられるとは思いませんでした。
ホントにK村さんと杉本さんの御陰です。
そして、私のくだらなーいアホ丸出しの話を、熱心に聞いてくださり相づちをうってくださったり笑ってくださったり質問をしてくださったみなさんの御陰です(約4人ほど寝ているとしか思えない方もいらっしゃいましたけど)。

Dsc04248
↑杉本さん(仮名)いい男っぷりです。そしてK村さん。きれいです〜〜。来週花嫁ちゃんになられるそうで、おめでとうございます!

Dsc04251
↑本会の会長A社長!T人社長様ですっ。(伏せ字だらけでわけがわからん)
関西弁でかわいらしく(?え?)開会の辞。

Dsc04253
↑カメラを向けると微妙に逃げる皆さん。でも笑顔が素敵です。

Dsc04259
↑ごはんごはんごはん。おいしかったな〜。お弁当、今日いただきました!

Dsc04266
↑みんなのアイドルM社長。閉会のご挨拶をされました。

大勢の皆さんとご挨拶できて、おいしいごはんもいただき、最近ひきこもり気味だった私には(うそつけ)、とても華やかで楽しい経験でした。
ほんとに講演会って難しいですよね。まずもって、私という人間に興味を持っていただくことがとても難しい上に、私のほぼ98%ぐらいアホまるだしなNY人生を語って、果たしてその内容に興味を持っていただけるものなのかどうなのか。そして興味を持っていただけたとしても、人々の心に残るのはただの『弁当を持ち帰ったわけのわからん非常識な女』としてだけかもしれないというおそれもあるし。
そこらあたりは、杉本さんとK村さん、そして率先して質問してくださったA社長と率先して大笑いしてくださったM社長とM社長の奥様の御陰で、なんとか乗切れました(いや。アホで非常識な弁当女とは思われたかもしれませんが)。
もっと書きたいことがたくさんありますが、あまりにも長くなるので続きはまた明日です〜!

| | コメント (1)

2008年6月19日 (木)

弁当大王

3位&7位!
本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ


本日は、ずっとずっと前に予告した『講演会』当日だったんです。
でもでも、これは特別に在NY(NJも)の日系(ケミカル系)(だったと思う)(んじゃないかな)企業の社員およびそのご家族のみなさんしか参加いただけない会だったので、他の皆さんにはご案内できなかったんです。
でまあ、講演会の内容やお写真アップは、例のごとく明日です。
なぜなら眠くて眠くて仕方ないからです。
あとブラウザをFirefox3に変えたら、ものすごく動きが滑らかになったんですが、そのツルツルとした動きをみているとさらに眠くなってくる、という効果も相まっております。

でね、今日講演会が無事終わって、立食パーティーも参加させていただいて、ごはんもいただいたんです。そして立食のごはんがたくさん余ったので、お弁当にして皆さんに配られたんですが、わたしもたくさんいただきました。

619
↑何がなんだかわからん感じですが、ステーキと焼き鳥ヌルヌル風味と辛ピリエビの三種がまぜこぜに入っています。そしてどれもみんなとっても美味しかったです。

この二箱の他に、お寿司がみっしり入ったお弁当もいただきました。
そしてふと気がついたんですが、講演会で講演したのは私だったんですよね。
そしてその講演会のあとの立食パーティーでだされたごはんを、お弁当にしてもらって帰ったんですよね、私。
それってもしかして、すっごく恥ずかしいことなんじゃ?
そんなこと、誰もしないんじゃ?
もっと言うなら、立食パーティーの後に、さらに稲庭うどん(冷)までごちそうになったんですよね、私。

この弁当片手にぶらさげて、ノコノコレストランまでいって、うどんまで食べて、そんでもって家まで送っていただいた車内には、ピリ辛エビの匂いが充満してたんですよね。
それにそれに、さらに言うなら、14日のアサミちゃんの講習会でも、私ちょっとだけどスピーチして、そんでもってその後、余ったウーロン茶3本も持って帰ったんですよね。

私。
もしかして。
アホと貧乏丸出し?
そしてもしかして、今後一生、講演会に来てくださった皆さんや、アサミちゃんの講習会に来られた皆さんに、「あの弁当女」とか「ウーロン茶」として記憶されるのでは……。

| | コメント (6)

2008年6月18日 (水)

ポールのお誕生日

3位&7位!
本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ

本日6月18日(米国時間)はポールのバースデーです。
ポールはポールでも、皆さんにおなじみの消防士ポールさんではありません。私がイーストハンプトンズまで追いかけ回した、元ビートルズのポール・マッカートニーです。
御年何歳になられたのかしら?
たしか66歳?
なんか、恐ろしいんですが、彼って私とより私の両親とのほうが年齢が近いんですよね…。
もしかしたらのもしかしたで、今年の夏会えたとしても、これは口が裂けても言えませんけど(だって、お前は私の親の年齢だ、って言ってるようなもんだし)。
お誕生日当日を、彼はハンプトンズで過ごしてるのかしら、それともロンドン?

Paul_mccartney_portrait_web
↑若いときのポール。とてもキュート。でもイギリス人としてはちょっと変わった顔立ちかしら?

539w
↑かつての紅顔の美青年も今はこんな感じに。でも優しそうな感じがします。知らんけど。

Paulmccartney_1_2
↑この映画を初めて見た時、ポールって将来デブるかも?なんて思いました。

Paulmccartneypicture1
↑でも別にデブらなかったですねー。

すっかり年を取った彼ですが、私にとっては生涯の憧れの神様です。
会えたらやっぱりチビるかもなので、この夏は絶対替えパンもってハンプトンズに行きます。


| | コメント (6)

2008年6月17日 (火)

火事

3位&7位!
本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ


ここ数日、ニューヨークのあちこちの地域で不審な火事が発生し、何人もの方が亡くなっています。不思議なのですが、火事は夏に多いらしいんです。イメージとして、ストーブやキャンドルなどを多く使う冬場に増えるような気がするんですが、夏なんだそうです。
でですね、先日のハムレット鑑賞の前に、ストリートフェアを冷やかしていたら、 結構大きな火事の現場に遭遇しました。
遭遇しました、と言っても実際に火を見たり放水しているところを見たわけではありませんが。

Fdny11
↑ここから見えるだけで5台の消防車がずらずら。そして火災現場のビルを挟んで反対側の通りにも3−4台の消防車が並んでいました。

Fdny5
↑長ーいホースがうねうねうねうねうね。このホース、ちょっとためしに踏んでみたんですが(ひい)、ものすっごく固かったんです。しかもこれ、チョー重たいらしいです。この重たいホースを持って、何人もの消防士さんたちが消火活動をするわけですね。

Fdny2
↑この時点ですでに何十人もの消防士さんが、火災現場に入っていたようです。

Fdny3
↑右上のFDNYTシャツ男。まさか出動してきた消防士ではあるまいな?あるいは非番の消防士?

Fdny4
↑やっぱりただの野次馬?非番のキャプテンという可能性も…。

Fdny1
↑暑い中、大変な作業です。がんばってください〜。

Fdny9
↑こんなアホもいますけど、勘弁してやってください。

これから夏本番。
ますます暑くなっていくニューヨークです。火事だけじゃなく、停電なんかも心配です。立派な消防士さんたちですが、できればあまり活躍の場はないほうがいいですね。

Fdny7
↑可愛いロゴマークの消防署。お茶目です。

| | コメント (5)

2008年6月16日 (月)

ハムレット

3位&7位!
本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ


ハムレットを観た感想を書きます。
って昨日書いちゃったから書きますけど、でも実を言うと何が何やらさっぱりわけがわからんかったんです。
いえね。
そもそもハムレットって1600年から1602年頃に書かれた、シェイクスピア最長の戯曲だっていうじゃないですか。
だから、私の中ではまあなんていうか、ロミオとジュリエットのような世界観だったんですよハムレットは。
ところがお芝居が始まってみると、登場したのは制服の兵士たちと背広を着たおっさん(多分ハムレットの叔父クローディアス。ハム母をハム父から横取りした欲とエロにまみれたおやじ)とか、スーツを着たミョーな色気のある中年のおばさん(多分ハム母ガートルード)とか、長いウエイビーヘアにブルーのマフラーを巻いたお人形みたいなお嬢さん(オフィーリア)とか、そんなんばっかり。

Hamlet08prod460d
↑オフェーリアとオフェ父。重役とその娘にしか見えません。


Hamlet08prod460f
↑恨みの業火に身を焦がすハムレット。爆発炎上したバイクから必死のパッチで逃げ出したヤンキーOBにしか見えません。

いや、もっと言うなら最初の最初に登場したスーツケースを持った黒コートに黒いこうもり傘を持った小汚くて暗ーい雰囲気の若者がハムレットだと気がつくまでに、相当時間がかかりました。
だって。
あれじゃ王子様ぽくないじゃん。
ていうか、英国王子だって普通にスーツ着てるけど、でもだって、ハムレットは現代の人じゃないじゃん。
マジで、相当長い間「これは現代の人たちが狂言回しみたいなあるいは前フリみたいな形でやってるお芝居で、この後本物のハムレットが始まるんだわ」って思っていました。
でもまてどくらせどハムレットが始まらない。
ていうか、すでにハムレットだし。
しかも観客が笑う笑う。
ハムレットってシェイクスピアの4大悲劇の一つだったんじゃ?
亡霊と恨みと復讐に満ちた物語で、しまいにほぼ全員が死ぬんじゃなかったっけ?
それなのに、なんかしらんけど獅子舞みたいな踊りが始まるし、ハムレットのセリフに観客は笑うし…。

生まれて初めて見たシェイクスピアのお芝居は、ニューヨーク大学で英語を勉強していた20年前のこと。じいさんが山ほど出て来てじいさんが舞台のあちこちでわらわらわらともめたり話したりわめいたりしているじいさん芝居でしたけど(結局あれは何だったんだろう?まさか、リア王?)、その時は今よりさらに英語力がなかったうえに、シェイクスピアのセリフが難解すぎて、まったくちんぷんかんぷんだったんです。

そういえば、ハムレットのかの有名なセリフ
"To be or not to be. That is a question"
ってやつ。あれの解釈が、色んな研究家達や翻訳家達によってされてるんですね。坪内逍遥とかも翻訳してます。
「存(ながら)ふるか、存(ながら)へぬか? それが疑問じゃ」by坪内

なんですけど、結局あれって「どないしたらええんじゃあああああ!!わからんのじゃあああああああ!!!」ってことなんじゃないんですかね?知らんけど。翻訳家の皆さん、どう思われますか?

でまあ、英語力も聞き取り能力も、今回はさすがに20年前よりはマシになってるだろうと思って行ったんですが、全然ダメでした。いえ。言ってる英語はまあまあ聞き取れるんですけど、そもそも出だしからしてなんでハムレットにサラリーマンが出てくるのかわからんかったものですから、もうそこでつまずいてしまって後はダメダメです。
かろうじて許せたのは、王様の亡霊でした。
うらうらうらーっとした煙の中からうわわわわーんと登場し、恨みつらみを言い募り、「忘れるなよ〜〜〜殺せよ〜〜〜〜〜かたきをとれよ〜〜〜〜〜」と言い残して消えて行ったじいさん。あれだけが唯一理解できる存在でした。
そういえば、オリジナルで上演された時は、シェイクスピアがこの亡霊役を演じたという噂ですね。

100pxshakespeare2_2 100pxshakespeare2_2100pxshakespeare2_2100pxshakespeare2_2100pxshakespeare2_2
↑この人が亡霊役…。

でもまあ、フリーイベントだし、舞台の雰囲気もいい感じだし、夏の夜のイベントとして一度ぐらいは行ってみてもいいかもしれません。
くれぐれも、蚊よけスプレーはお忘れなく。

 

| | コメント (6)

2008年6月15日 (日)

3位&7位!
本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ


蚊にくわれました。手の甲と指の先を。
気が狂いそうなぐらいカユいんです。
なんでそんなところを蚊に食われたのかと言いますと、セントラルパークの屋外フリーお芝居を見に行ったからなんです。
で、手の甲と指の先だけでなくて、今気がついたんですけど脇の下も食われたみたいです。
カユくて集中できないうえに、眠くて死にそうなので、お芝居については明日書きます。
ちなみに出し物は『ハムレット』でした。
ハムレット。シェークスピアです。生まれて二度目のシェークスピアです。
んでは、また明日よろしくお願いします。
あああ。カユくて眠れないかも。ああああああ。

Hamlet08prod200_2 Hamlet08prod225b
↑ハムレットとオフェーリア。なんですけど。なんか現代的で…様子が…。

| | コメント (3)

2008年6月14日 (土)

お願いお願いお願い

3位&7位!
本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ

いえね、最近リン母のご友人方、知人の皆様方の間で、「竹内さんのお嬢さんがブログをやってらっしゃるらしい」という噂が流れ(噂っていうか真実なんですけどね)、どこからともなくこのブログのアドレスがばれ、リン母周辺の皆様方の間でご愛読いただきはじめているということなんですよ…。
そしてリン母に今日、「あんたねっ。お母さんのことアンタのブログでもう書かないでちょうだいよっ。皆に見られてお母さん、世界中に恥さらしてるようなもんなだからねっ。大体ねっ、お母さんはアンタが書くような人じゃないのに。お母さんは真面目で普通なのに、アンタがおかしなことばっかり書くから、恥さらしになってるのよっ」
という、なんか理路整然としているようで実は支離滅裂な説教をくらいました。そもそも『世界中』って言うけど、私の知ってる限りではアメリカと日本とカナダとエジプトだけなんですけど。

でもですね…。
…コワい…。
死ぬほどコワいんです…。
ここで書いた内容がリン母にばれたらと思ったら、オネショをしそうなぐらいコワいです…。
どうかどうかここを読んでくださったリン母関係の皆々様。
リン母に「奥さんのお宅ってお嬢さんがいなくなったらブタ小屋同然になるんですって?」とか「赤い手帳の電池どうされました?」とか「説明書見つかりました?」とか言わないでくださいお願いお願いお願いお願いします〜〜〜〜(涙目)。
私は決してウソ偽りは書いておりません。
でもコワいんです。
大王イカよりコワいんです、リン母が。
ああああ。
これも言わないでくださいねお願いしますよ。
「お宅のお嬢さんって、奥さんのことがイカより怖いそうですね」なんて言われた日にゃ、恐ろしくて二度と実家の敷居をまたげませんです。しくしくしく。(なら書くなよ)

Dsc02670
↑最近対角線上で寝るのがブーム。

| | コメント (9)

2008年6月13日 (金)

社長とごはん

3位&8位!
本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ


明日はいよいよアサミちゃんのお化粧品講習会 です。
私も少しだけお話をさせていただくことになっていますので、今日はその打ち合わせ兼お昼ごはんにお招きいただきました。
去年と同じく日本クラブ のメインダイニングでのお昼ごはん。いやー豪勢でしたー。数種類のメニューから、前菜二種類とメインを選ぶんですが、どれもこれも美味しそうで死ぬほど迷いました。

Tsukidashi
↑突き出しのキンピラ。美味しかったです。金箔(?)のお盆も豪華ですねー。

Main1
↑左上が前菜の一つ、焼きナス。その隣りが前菜その2のカキフライ。そしてメインには天丼を選びました。とっくりに入ったつゆをかけていただきます。うー美味しかったです〜〜〜。

腹ぺこで行ったんですが(食いだめしようと思った)、天丼もカキフライも焼きナスもすごいボリュームで、前菜の後に海老天ぷらを二つ食べたらもうお腹が一杯になってしまいました。今回も頬袋に入れて持って帰りたいと思いました。ああもったいない。

Anmitsu
↑デザートのあんみつは別腹。盛りつけの彩りもよく、可愛らしいです。

Sakakurasan_2
↑可愛いあんみつを食べる社長。アロハシャツですね。明日もアロハでご登場でしょうか?(まさかな)

Couple
↑可愛いあんみつを食べた社長と奥様。仲良しの素敵なご夫婦です。うらやましいな〜。

たくさんおいしいお食事をいただいた後、美味しいコーヒーもいただき、あげくの果てに新製品のサンスクリーンローション までいただき、本日も素晴らしいダニの一日となりましたっ。

Coffeesunscreen
↑無関係ですが、コーヒーとサンスクリーン。

久しぶりにサイフォンで煎れたコーヒーをいただき、大満足です。
明日のスピーチは6分間ぐらいになるかと思いますが(本当か?)、まだ残席があるそうですので、お時間がおありの方は是非お立寄りくださいねっ。たくさんおみやげがもらえるみたいですよー。(私も欲しいウサギのエコバッグ!)

| | コメント (1)

2008年6月12日 (木)

リン母の電子辞書

3位&8位!
本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ


先日リン母から電話がありました。
(先日、とか言わなくてもしょっちゅうかかってくるんですけどね)
そして開口一番こう言いました。

「あのほら。お母さんの赤い手帳あるでしょ?」

「赤い手帳?」意味不明です。

「ほら。あんたに無理矢理買わされた赤い手帳」

無理矢理買わされた赤い手帳無理矢理買わされた赤い手帳無理矢理買わされた赤い手帳………。
あっ!もしかして電子辞書のこと?

「赤い電子手帳よっ」

いったん『手帳』という言葉を使ったからには、別の言葉に置き換えるのは絶対嫌らしいリン母。

「はいはい。赤い電子手帳ね。うんそれで?」

「説明書がどこ探しても無いのよ。あんた知らない?」

し、知りませんが…。

「なんで知らんのっ?」

なんでって。なんでって言われても。

「あんたが無理矢理買わせたんじゃないのっ」

あいやそう、うん、いや、でもね…。

「あんたが箱開けたでしょっ」

あーうーんいやーそうーだったかなー…。

「お母さん覚えてるわよっ。あんたが箱開けてなんかゴソゴソやってたじゃないのっ」

うー…でもー。もう何ヶ月も前のことだし…。

「説明書が無いのよ。どうしたらいいかしら」

「でも、今まで普通に使ってたんでしょ?どうしてまた突然説明書が…」

「電池が無くなったのよ。電池入れ替えのやり方がわからないから説明書を見ようと思ったら、どっこにもないのよ」

「あーなるほど。でもパパっとやったら大丈夫なんじゃないかなあ??」

「そんなもんダメよ。全部消えるわ」

「全部って?何かインフォメーション入力したの?」

「そうじゃなくて、広辞苑とか和英辞典とか、ああいうの全部消えると思うわ」

き、消えないんじゃないのそれはっ?

「そんなもん、絶対消えるわ」

いやー…それは、消えないんじゃないか、なあ…。

「消えるわよっ絶対っ」

はははいっわかりました消えます消えます消えますっ。

電池入れ替えでそういう物が全部消えるとしたら、電池が切れた時点で既に全部消えてしまってもおかしくないのでは?と思いましたけど、そんなことコワくて言えません。

「だから困るのよ説明書がないとっ」

困るのよっっ、と大いばりで怒ってるリン母ですが、恥をしのんで言いますがリンコ実家は私がいなくなるとまるでブタ小屋同然になります。どこをどうしたらここまで散らかるのか?と、毎回帰省するたびに我と我が目を疑うぐらい、ものすごい有様になってるんです。
あんな室内、何か無くなって50年後にミイラになってでてきてもびっくりせんわ。説明書なんか無くなって当たり前じゃ。
という心の声はおくびにも出さず(だってコワイ)、ガンコなリン母相手に無駄と知りつつ代替案を提案してみました。

「電気屋さんに持って行って電池入れ替えてもらったら?」

「そんなもんあかんわ」

はっ?そんなもんって?あかんって?

「説明書がないのよとにかく」

いやそれはもうはい。よくわかりました。
だから電気屋に持って行って電池入れ替えをしてもらえばそれですむんじゃ…。

「そんなことしてもダメよ。やっぱりああいうものは不便ね。普通の辞書のほうがいいわ」

で、でも、広辞苑とか和英とか英和とかイミダスとか、ものすっごく沢山の情報が、あの小さい機械に全部入ってて、あれ一つで全部すむんだから、やっぱり電子辞書って便利なんじゃ…。それにどうして電気屋がダメ?

「載ってない単語のほうが多いのよ。全然ダメだわあんなもん」

多分リン母の引き方が悪いんじゃないかと思いましたが、恐ろしくてそんなこと絶対言えません。
小1時間に及ぶ会話の中で、リン母はそれでもずっと「説明書がなくて困ってる。どこにあるか知らんか」を繰り返し繰り返し言い続けました。

そこまで困るなら、なぜ素直に電気屋に持って行かんのか?
第一そんなに『使えない』と思うなら、なぜ電池切れだからといってそこまで困るのか?
謎です。
全てが謎です。
多分一生理解不能です。

Reddictionary
↑コレは私の電子辞書。電池が切れたらどうしよう…。

| | コメント (7)

2008年6月11日 (水)

歩き過ぎ

3位&9位!
本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ


今日は3日ぶりに90度台を切ったので、チョビを公園に連れて行きました。
連れて行った勢いであちこちうろうろしまくり、帰宅したら4時間が経過していました。二人ともフラフラです。真夏の気候で歩き過ぎはよくないです。チョビも私もずーーーーーーーーーっと横になったまま、夕食も食べるのがだるいぐらいでした。
明日からはもうちょっとゆっくりします。ふうふう。

Dsc04057
↑鏡の中から私を観察しているチョビ。私が何か食べ始めたらすぐ駆けつけるつもりでスタンバってます。

| | コメント (3)

2008年6月10日 (火)

熱波

3位&9位!
本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ


ホントに毎年毎日これ言ってるとは思うんですけど、アホほど暑いです。
そして毎年これも言ってるんですが、テレビでは「年寄りと幼児と犬は外出しないように』警告が繰り返し言われています。
チョビは『年寄り』で『犬』なので、3条件のうち2つまで当てはまってしまいます。なので、昨日今日と日中は外出禁止でした。
いえ、もちろんトイレのためにちょっとだけ外には出ますけど、長いお散歩や楽しいお散歩はお預けです。

今日なんてホントに気が狂うかと思うぐらい暑かったです。
2時に歯医者さんの予約があったので出かけましたけど、日傘をさしてドでかい黒メガネをかけていても、ギンギンの日差しとお湯につかっているのかと思う位湿気の高い暑い空気にさらされ、3分でフラフラです。危険です。
天気予報によると、今夜雷雨がやってきて明日から少し温度は下がるらしいんですけど、下がるっていっても真夏の気温にかわりはありません。
ちなみに昨日今日と体感温度は軽く40度を越えていたと思います。
ああ。これで停電になんかなったらどうなるのかしら。
考えただけで恐ろしいですけど、テレビでは停電に備えて懐中電灯やお水の備蓄を勧めています。
でもお水はまだ手に入れてません。
後で買いに行かなくちゃ。

Heatwave
↑まさしくこんなことをしたくなるぐらいの暑さです。

そうそう。ご心配&アドバイスいただいたDVDプレイヤーですが、無事日本のDVDを再生できました!リージョンフリーについて甘く見ていましたが、そんなに奥が深いんですね〜。色んな情報、ありがとうございました〜。

| | コメント (6)

2008年6月 9日 (月)

DVDプレイヤー

3位&9位!
本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ


はーはー。猛暑です。すごいです。毎年コレ、書いてるような気はしますけど、とにかくものすごい暑さです。最高気温36度ですが、アスファルトの照り返しやエアコンの室外機の熱風の影響で、体感温度は40度以上と思われます。
外に出た瞬間、ぬるま湯につかっているのか?と思うぐらいの暑さと湿気。
チョビと二人で思わず立ち止まってしまいました。
今日も明日も、長時間のお散歩は無理です。

でもですね。
今日はどうしても購入したいものがあったんです。
それは、リージョンフリーのDVDプレイヤー。日本のDVDを送っていただいたんですよー。高島礼子さんに(かなり自慢っ)。
で、日本のDVDは見られないので今まではPCで見ていたんですが(お友達のMさんに送っていただいたヨン様映画もPCで見た。目から血が出そうでした)、今回大量のDVDを送っていただいたので、リージョンフリープレイヤーを購入することにしたんです。
アマゾンで注文したプレイヤーが届き、早速セットアップし、まずは『大奥』から。

…すると、Region Errorって表示が…。
リージョンフリーって書いてあったから買ったのに。リージョンフリーになってません。大失敗です。騙されました。
仕方ないので返品することにし、本日街に出かけてリージョンフリープレイヤーを探すことになったんです。

ところが。
BestBuyやCircuit Cityに行っても、どこの電気屋に行っても無い無い無い。リージョンフリープレイヤーはどこにも無いんですっ。
そこでふと思い出したのが、コンちゃんの話。
『こないだリージョンフリーのプレイヤーを買ったんだけど、買う時に『もしかしたら再生不可能の場合もあります』って言われて、『再生不可能だったら、これはDVDプレイヤーじゃなくてただの箱です』って言ったのよ』
ああ。コンちゃんのただの箱、どこで買ったって言ってたっけ???
必死で記憶の糸をたぐりよせ、思いついたのがブックオフです。
確かリージョンフリープレイヤーを売っているのを見掛けた記憶もあるし。

…とブクオフに駆けつけたら、あったあったありました。
129ドル。高いのか安いのか微妙なお値段ですが、コレを買うしかありません。

Dvd2
↑いただいたDVD達。うううひひひひひ。楽しみ〜〜〜。

ということで、やっとゲットしましたリージョンフリー。
これからセットアップします。
日本のDVDがちゃんと再生されますように。
皆さんも祈っててくださいー。

Dvd
↑右が返品するモノ。左がリージョンフリー。ほとんど同じに見えます。大丈夫かな…。

| | コメント (5)

2008年6月 8日 (日)

おありがとうございます〜

3位&9位!
本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ


いやー。昨日は愚痴を言ってしまってすみませんでした。
皆さんに励ましていただいて、気が晴れました。
そして、お昼間心配して電話をくれたコンちゃんと2時間もおしゃべりしまくり、さらに気が軽くなりました!
皆さん、ありがとうございました。
で、続報なんですが、大家さんのダンナさんに電話したんですよ。
この電話番号がまた、大家さんがあまりに怒り狂っているもんで、番号をたてつづけにまくしたてられ、5回ぐらい聞き返さないと何がなんだかわからない状態で、しかも私が聞き返すと、さらに彼女の怒りを煽り、「レイコ!!リッスン!!」って怒鳴らる始末で…。
番号間違ってなきゃいいけどなあ、って思いながら電話をしたんですが、結局ダンナさんとは話すことができませんでした。
一度目に電話した時、長いメッセージを残したんですよ。奥さんが怒りまくって電話をくれたんだけど、どうしてあんなに怒ってるのかわからないので、お話をしたいんですけど。とかね。お家賃は毎月ちゃんとお支払いしているのに、どうして支払っていないって言われたんでしょう。とかね。
とにかく、あまり怒らずに普通にお話をしたいので、いつでもお電話ください。って電話番号も残したんですが、結局電話はかかってきませんでした。
法律的に、私がこの家を追い出されるということはあり得ないんですが、なんとなーく気分的に、そんなら出てやる、って気分になっちゃってます。
ていうか、怒鳴り散らされている時、すごく怖くて心臓がドキドキしてどうしたらいいかわからなかったんですが、と同時にキレやすい性格も顔を出してですね、『そんな怒鳴るんやったら、明日引っ越したるわっっ!』と言いそうになったんですよ、すんでのところで。
でも大家さんのまくしたてがあまりに切れ目がなかったもんで、言う隙がなかったんですけどね。
これ、リン母ゆずりの性格です。
リン母は、家を売りに出して色々とややこしいことになって行き詰まった時、ブチ切れして『あんなもん廃屋にしてしまえ!』と宣言したらしいです。幸い、実家はまだ廃屋になってませんけどね。
私が小学生の時も、まあ色々と事情があって、あろうことか暗に賄賂を要求してきた校長と担任教師に向かって『娘は明日転校しますからっ!』と啖呵を切って校長室をババーンと退室し、その足で私の教室にやってきて「レイコちゃん。明日から別の学校だからねっ」と仁王立ちで宣言して、家に帰って行ったという経歴の持ち主です。転校は二度目だったですし、結構いじめに遭っていたので転校も悪くないか、って思ってましたので、問題はなかったですし、結果的にいじめもなくなりのびのびとした学校生活をおくれたので、私にとっては良かったんですけどね。

まあそんなわけで、ブチっとくると後先考えず『もうええわいっっ!』となるのは、完全にリン母譲りです。
そして、その『もうええわい』は未だに続いておりまして、真剣に来月引っ越ししてやるか、とか思ってます。
いえ。
引っ越し先は全然決まってないんですけどね。(どうするつもりなんだ)

Chobidebu
↑私の立場は…ぐーすかピー。
それにしてもデブってます、最近のチョビ。

| | コメント (4)

2008年6月 7日 (土)

ヘコ

2位&9位!
本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ


いや〜。本日めずらしくヘコんでます。
今日は外に出た瞬間、あきらかに外気が体温よりも高くて、チョビと二人で「こ、これは…」と思わず立ちすくんだぐらいだったんです。
一応シベリア出身のチョビ。
ただでさえ高齢なのに、この猛暑の中長時間歩くのは無理。というか、歩けるでしょうけど、体に悪そうです。テレビでも『年寄り・幼児・犬は在宅しなさい宣言』が発令されていましたし。
なので、さくっとチョビ散歩を終え、色々な用事をすませるため、ウエストサイドやダウンタウンを走り回りました。
途中チカちゃんから電話をもらい、お夕食はトモとチカちゃんと3人でいただくことになったので、残りの用事を大車輪で片付け、一度帰宅してチョビに御飯をあげてから、再び出かけました。
あまりの暑さに『焼き肉と冷麺で力をつけようか』ということになり、3人でコリアンタウンにむかいました。先日Gちゃんに教えてもらったレストランで、美味しいカルビと冷麺のお夕食です。

Bbq
↑ながーくて大きーいカルビ。焼き上がる直前にはさみで切ってくれました。
美味しかったですー。マジで美味しかったですー。

で、美味しく満腹になった後は、軽く一時間カラオケで腹ごなし。大満足の一夜となり、軽い足取りで帰宅し、チョビとタイムズスクエアまで行くはず、だったんですよ。はい。
ところが、帰宅して数分後、電話が鳴ったんです。
こんな時間(夜11時頃)に誰?と思ったんですが、一応とってみました。
ら。
上海にいる大家さん(チャイニーズの女性でレストランオーナー)からでした。
「レイコ?」
「あっこんにちは。お久しぶり」
「あなたどうなってるの?」
そうです。私は当初の予定では3月に引っ越すはずだったんです。
その旨を一応大家さんに伝えたのが今年のはじめ。
それ以降、次に入居する住まいの完成予定が全くわからず、何度も大家さんには家賃の支払い小切手と一緒にメモを添えて『予定が判り次第ご連絡します』と書いておいたんですが…。
「それがまだ先方の不動産屋からは連絡がなくて、問い合せをしても『まだ未定です』の一点張りで…」
と私が説明しはじめた途端、いやー、びっくりしました、ものすごい大声で怒鳴り始めたんです。
その内容たるや散々で、ちょっとここでは書けないほどあれこれ言われまして、しかもその中身が全て真実ではないといいますか、つまり怒りにまかせて言いたい放題言いまくってる状態だったんです、大家さん…。
あまりに興奮しているので、いやちょっと待ってください、と私が説明しようとしても聞く耳を持たず。
なんていうか、人に、特に女性にああまで電話で言いたい放題いわれまくり怒鳴られまくったのはこの人生で2度目です。大ショックでした。
私はもちろん気が弱いタイプではありませんし、どっちかっていうとブチ切れもするタイプですが、ああいうのにはめっぽう弱いんですよ。あまりに言いたい放題いわれまくるとドン引きしてしまい、心臓がドキドキして喉がカラカラになります。
しかもこちらの言い分を全く聞いてくれない相手となると、フラストレーションも相当たまりますし、もう体に悪いことこの上無しです。
結局、『家賃を払っていない』とまで言われてそれはあんまりじゃないかと「いいえ。毎月ちゃんと払っています。受け取っていただいていないんですか?」とやっと言ったら「アイドントノー!」とこれまたわけのわからん怒鳴り声で返事が戻って来て、「私に言わないでハズバンドと話してちょうだい!!」という、さらにわけのわからん捨てゼリフで電話を一方的に切られてしまいました。
あー。つらかった。
ものすごーくイヤーな気分になりました。
ちょっと一人でしょげた後、フンフンに電話で相談にのってもらい、その後はチョビを誘って外出しました。
こういう気分の時はお散歩をしていてもなんとなく上の空になっちゃいますね。
まあこういうノリの悪い日もあるか。
明日は気分を変えて、お買い物にでもいくかね?(やめなさい)
いや。明日も暑いし、チョビとふたりでお昼間はクーラーかけてのんびりします。
はーやれやれ。

Dsc04143
↑外は暑そうですねースピスピ。
こんな毛皮着て外に出たら溶けます。

| | コメント (6)

2008年6月 6日 (金)

壁登り男

2位&8位復活!
本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ

結構大きなニュースだったので、日本の皆さんもご存知かもしれませんが、昨日マンハッタンで壁登り男が登場しました。
噂によると、午後と夕方二度に渡って、別々の人物が壁登りを行ったそうなんですがね…。しかし。一体全体何の為に???
高い所が死ぬほど苦てな私には、全く理解不能です。

Image4158374g
↑命綱無しで57階建てビルをよじ登ったとか。。。アホとしか思えません。。。

で、これが発生した夕方6時半頃、私は外出中でした。
件のビルから徒歩10分ほどの場所をうろついていたんですが、コンちゃんが会社からの帰宅途上でこれを目撃し、大急ぎで電話をくれたんです。
耳が遠い私には電話の音が全然きこえず、30分後にコンちゃんからのメッセージを聞いて事件を知ったんですけどね。
でまあ、この事件の突拍子の無さは言うまでもないんですが、私にとって一番突拍子もなかったのは、コンちゃんのメッセージです。

「あっ。レイコ。今ね、ポートオーソリティーの前のビルの壁をよじ登ってる人がいてね、それで、ものすごいことになってて、警察も一杯出動してるし、大騒ぎになってるのよっっ。こんんんな高いビルの壁をよじ登るなんて、たぶんレイコだったら4階あたりでチビってると思うけど」

…コンちゃんよ。
私だったら4階あたりまで壁をよじ登ることすらできません。
ていうか、考えただけでチビりそうです。
でもそれって、普通の人でもそうなんじゃないでしょうか。
命綱なしで平たい壁を4階まで平気でよじ登ることが出来る人は、あんまりいないんじゃないでしょうか。

一生懸命ニュースを伝えてくれた親友よ、ありがとう。
その大ボケなコメントもすごくラブリーだったよ。
これからもよろしく頼むわ。

| | コメント (6)

2008年6月 5日 (木)

量り売りアイス

2位&8位復活!
本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ

最近ちょっとしたヤボ用で、ダウンタウンに頻繁に出かけています。
で、チョー好みなショップを発見しました。
『量り売りアイス屋さん』です。
いえ。正確に言うと『量り売りヨーグルトアイス屋さん』なんですが、健康志向(のつもり)のニューヨーカー向けヨーグルトアイスだけじゃなくて、普通のアイスも売ってるんです。
私はヨーグルトアイスより普通のソフトクリームが一番好きです。日本に帰ると、キハチアイスを三食たべてもいいぐらいです。
しかも私は脳内が子供のままなので(つまり体だけ老け込み、脳内は幼稚なまま)、この『量り売りセルフサービス』がまた、たまらなくうれしい楽しい美味しい!

Ice2
↑細長い店内。まだ新しいのでこざっぱりしてます。

Ice5
↑に種類並んだカップ。さすがに小さい方で十分です。

Ice6
↑色んなフレーバーのアイスクリームマシンがずらずらずら。

Ice4
↑自分でうにょろうにょろうにょろ〜〜とやるんですっ。うれしー。楽しー。

Ice3
↑そしてお好みのトッピングも自分で選んで上からドサドサ。うううー。たまらんー。楽しすぎるー。

Ice1
↑本日はバニラとクッキー&クリーム味にナッツをふりかけ、バナナを添えてみました。これで$2.75ほど。バナナが重たかったのでアイスの分量のわりには高かったですね。

子供の頃から、一度でいいから使ってみたかったソフトクリームマシーン。
夢が叶いました。
このエリアに行くと、必ず立ち寄っておやつにアイスをいただいています。
色々フレーバーはあるけれど、私の一番のお気に入りは普通のバニラです。
試食をしたいと言えば、カウンターのお姉さんが小さいカップをくれますので、それにうにょろんとアイスを入れて味見することもできます。
まだ全フレーバー制覇していませんので、これからがんばります!(くだらないことに血道をあげるヤツ)
あ。このお店の場所ですけどね。
うーんと。
うーんと。
えーっと。
Bleecker Streetと…うーんとえーとうーんと
途中の道の名前、忘れました(こればっかり)。
でも6番街と7番街の間です。
小さい間口のお店ですけど、ババーンと量り売り39セントってポスターが貼られてるので、すぐにわかると思います。
お近くにおいでの際は、是非おやつにどうぞー。

| | コメント (6)

2008年6月 4日 (水)

アウトレット悪夢の一日3

2位&8位復活!
本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ


Dsc04184
↑意外にまあまあの人数が乗っている?

この電車は、New Jersey Transitというニュージャージーの交通機関の一つなんですが、駅に来るまではマンハッタンのどの駅に到着するのかわかりませんでした。
時刻表を見ると、どうやらペンステーションに到着する模様です。到着予定時刻は11時35分。真夜中目前。それでも無事に着けさえすれば、文句は言いません。
同じ駅から乗り込んだ人数はそんなに多くなかったんですが、見渡すとアウトレットの紙袋を抱えた人たちが結構いました。
みんな最終バスに乗り遅れたマヌケ達なんだねえ。仲間だねえ。
と言ったら
「最初からこの電車で帰るつもりだったかもしれないじゃん」とチカちゃんに言われました。
そうか。
電車でアウトレットとシティーを往復する、っていう手もあるのね。
バスより安いし(最近バスは38ドルぐらいするらしい)、タクシーの乗り換えは面倒だけど、まあたまには電車の旅も楽しいかな。

Dsc04183
↑前の人が置いてってくれた新聞もあるし。

Dsc04185
↑ガラ空きだから座り放題だし。

途中車掌さんがやってきて、切符をもぎながら
「セコーカスで乗り換えてください」
とさらーっと言いました。

げっ。乗り換えっ。
きいてないよっ。

「大丈夫。簡単だから」

簡単って簡単に言うけど、私たちこの電車に乗るの初めてなんですけど。

「セコーカスに着いたら教えてあげるから、そうしたら乗り換えだよ」

簡単ってことは、同じホームの反対側とか?

「いや。二階に上がって別のホームに移動して…」

全然簡単じゃないじゃんっっ!

「大丈夫大丈夫。みんなについて行けば平気だよ。間違えっこないから」

そんなこと言って、アトランティックシティーに行くおっさんとかについて行っちゃったらどう責任を取ってくれるつもりだよ。

乗り換えへの緊張で、なんとなくおしゃべりにも身が入りません。
それにみんな中途半端な夕食のせいで、微妙に力がぬけています。

「マンハッタンに戻ったらラーメン食べに行こうか」とチカちゃんとしーちゃんが相談しはじめました。
ラーメンときたか。
確かに夜食と言えばラーメンだけど、私はチョビが待ってるしなあ。
などとあれこれおしゃべりをしつつ、チカちゃんが時々時計を気にしてくれています。ここで乗り換えに失敗したら、どこに連れて行かれるかわからないし、家に帰れなくなったらもの凄く困ります。

結局時間をずっと気にしていてくれたチカちゃんのおかげで、乗り換え駅を間違えずにちゃんと下車し、思いがけず大量の人々が同じ駅で乗り換え(全員シティーに帰る人たち)だったので、アトランティックシティーに行くおっさんに誘拐されずにすみました。

セコーカスというと、ニュージャージーの中でもマンハッタンに近い場所にあり、駅からは存外に近くマンハッタンの夜景が見えました。
ああ。
お家に帰って来たわー。
と思わず三人声を揃えて行ってしまいました。
やっぱり不安でした〜〜。人気の無い薄暗い見知らぬ駅。乗ったことの無い路線の電車。行ったことの無い駅で乗り換え。
3人だったからまだよかったものの、あれが一人だったらチビってたかもしれません。
セコーカスからマンハッタンまでは、ほんの10分ほど。
ペンステーションに降り立った時は、普段あまり好きじゃない駅なのに(なんとなく広くてガサガサしていて蛍光灯の灯りがわびしいので)、あーうれしいあー帰って来たあーほっとした、という気分になりました。
通りに出るとあたりはネオン街。マンハッタンだわ。シティーだわ。

「やっぱりお夜食はやめにして、大人しく帰りますか」としーちゃん。
「そうだね。もう遅いしね」とチカちゃん。
「1ブロック歩いたらコリアンタウンだよ」と私。

なんでそういうこと言うかなー。そしたら行くしかないじゃんー。
と、ものすごっくうれしそうにチカちゃんとしーちゃんに責められました。そして、チョビには申し訳なかったけど、私も一緒にコリアンタウンでソーロンタン(牛スープ)を食べに行きました。
なんていうか、シティーに戻ってほっとして、しかも真夜中なのにネオンギンギンだったので、すごくすごくうれしかったんです。
両手には、物欲に負けた品々が紙袋に満杯。
ソーロンタンを食べて胃袋も満杯。
幸せ。
幸せですー。

そして、無事自宅のドアを開いたら、いつもはクールな態度のチョビが、
「一日中どこに行ってたのどこに行ってたの死ぬほど退屈だったよお腹がすいたよさみしかったよ捨てられたのかと思ったよもうしないでねもうしないでねねねねねね」と言ってるかのように、私の足元にまとわりつき、ぐるぐるぐるぐる回っては、体中を撫でるよう要求してきました。
あああああ。幸せ幸せ幸せ。
満足です。
物欲も食欲も犬欲も満たされ、満足の一日でした。
最終バスに乗り遅れた悪夢以外は。ですけどね。

Dsc04186
↑戦利品の数々。全て大満足ですっ。

Dsc04187
↑ディーゼルのワンピースです。定価190ドルが100ドル。

Dsc04188
↑True Religeonのジーンズ。驚きの激安価格。定価250ドルが89ドルです〜。

Dsc04189
↑AGのショートパンツとTシャツ二枚。このTシャツがとても良かったです!肌触り抜群。ああ、もっと買えばよかった…。定価56ドルが10ドルです…。ショートパンツは、定価150ドルが39ドル。

Dsc04190
↑フフ。中身は秘密。お値段も秘密。でもきっと定価の三分の一ぐらいの価格です。

あー。ショッピングってどうしてこんなに楽しいんでしょう。
神様。明日からまじめに暮らします。
だから許してくださいお願いしますしくしくしく。

追記:そうだ。お答えが遅くなりましたが、チョビの横に写っていた自転車みたいなものは、電気バイクです。10年近く前に買ったものですが、最近電池の具合が悪くなって動かなくなってしまいました。すごく気に入っているものなので、電池を取り替えようかと思って裏板を外したらますます無茶苦茶なことになってしまって、修理屋に持って行くべきか潔く捨てるべきか迷っています。
そして、我が家では私もチョビも室内は基本土足ですので、自転車もバイクもタイヤを拭いたりはしません。家族全員土足です〜。

| | コメント (8)

2008年6月 3日 (火)

アウトレット悪夢の一日2

2位&8位復活!
本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ


この時点で私たち、いえ、特に私としーちゃんは、両手に大荷物状態。
バス停裏に放置されていたカートをひきずりだし、荷物を放り込んでインフォメーションセンターへ向かいました。
絶対そんなはずはない。
最終バスが8時なんて。
あり得ない。
3人の頭の中は、事実の否認状態のままです。
周りを見渡すと人気がすっかり少なくなり、各店舗はまだ営業中とはいえ、すっかり寂しい雰囲気になっています。

Dsc04177
↑さ、寂しい…。

Dsc04176
↑こんなに薄暗くなってるのに、まさか置き去りなんてそんなムゴいこと…。助けて神様。

息せき切って駆け込んだインフォメーションセンター。
メガネをかけたおばさんがジロリとにらみをきかせています。もちろん他に客の姿は無し。

「シティーに戻る最終バスは何時ですか?」

歩み寄りながら訊くと

「あなたたちは乗り遅れた」

と、あっさりニベもない返事。

ていうか。
乗り遅れたんですか、私たち?
ホントに?
最終バスに?
ここで?ウッドベリーで?
最終バスに?
乗り遅れた?
それって、いつもギャグで言ってることなんですけど。
本当に?マジで?

「そそそそ、そんなあああ〜〜…」
一応嘆き悲しんでみましたが、よく考えたらそんな暇ありません。なんとかしないと。

「あのあの…他にシティーに戻る手段は…。他のシティーバスとか…」

「バスはありません。駅に行って電車に乗るしかありませんね」

「駅っ!」

「ハリマンという駅です」

「駅までどうやって行くんでしょうか〜?」

「カーサービスです」

「カーサービスの番号、ありますか?」

「もちろん」

カーサービス会社の名刺をもらって、3人で頭を寄せ合って相談が始まりました。

「どうする?」

「マンハッタンまでカーサービスでいくらぐらいかまず訊いてみようかね?」

「3人で割ればそんなに高くないかも」

「電車って手もあるけど。どこの駅につくのかな?」

「うーん。とにかく電話してみよう」

チカちゃんが電話してくれました。
結果、マンハッタンまでは車で$130。最寄り駅までは$9です。
130ドルということは、チップを入れると一人50ドルの出費になります。はるか遠くまで帰るタクシー料金としては高くはありませんが、格安商品を買いに来ておいて、交通費に50ドルを遣わなければならないのは、ものすごく悔しいです。

「駅まで何分?電車でマンハッタンまで何分?」

しーちゃんがカウンターのおばさんに訊くと、

「最終電車は9時50分よ」

と返事の代わりに一言いわれ、3人で震え上がりました。
この上終電まで乗り遅れた日にゃ、もう地獄です。
ウッドベリーで野宿です。
ヒッチハイクしたところで、平均身長167センチ(ぐらい)の大荷物三人女を乗せてくれそうな車は見当たりません。
時計を見ると8時45分。
今すぐ車を頼んで、駅まで走って終電に間に合うのか?

「終電に間に合うためには、9時10分に迎えに行くことになります」

と言われ、3人で決心しました。
駅まで車で行こう。
そして、電車で帰ろう。
そして、ここで今、晩ご飯を食べなければ飢え死にするから、10分で御飯を食べよう。

走りました。カーサービスを頼んだその足で、走りました。
Apple Beeとかいう名前の、ファミリーレストランみたいな店に。
駆け込んだ私たちが必死の形相だったせいか、3人なのに10人掛けのテーブルに案内され、速攻でメニューを持って来てくれました。

「私たち、死ぬほど急いでるんですけど、どれが一番早く出てきますかっ?」

切羽詰まった質問です。
時刻は8時50分。

「5分でオーダー済ませて3分で食べなくちゃ」とチカちゃん。

「私、普段から早食いですから大丈夫ですっ」としーちゃん。

そこで、『ウチはマクドナルドじゃないんだから、そんなに早くオーダー通せないわよ』と言いつつ、これなら早いわよ、とウェイトレスが教えてくれた三種類のサラダを注文しました。
もうマジで私たちが必死のパッチだったのが伝わったのか、本当にびっくりするぐらい速攻でサラダがドドドドンと出てきました。

で。
食べましたとも。
もの凄い勢いで。

Salad
↑食べながら必死で撮りました。

結構美味しかったんですよ、これが。
てっぺんにたくさんのフライドチキンがのっかり、下にはレタスや刻みキャベツ、そしてもっと下にはコールスローとアーモンドと揚げそば(みたいなヤツ)。
あああ、もっとゆっくり味わって食べたい。
泣きながら食べました。

「さ。もうやめて行かないと」
とチカちゃんが腕時計を見ながら宣言しましたが、それでも必死で食べ続ける私たち。
ああ。リスのように頬袋があれば、全部詰めて帰ったのに。
それとも、ラクダのように背袋があれば、そこに全部詰めたのに。
涙をのんで、サラダを残し、できるかぎり頬張ったサラダとチキンをコーラで飲み下して立ち上がりました。ムヒー。グヘー。苦しいようーとなりながら、口をゴモゴモさせてそのまま駆け出すと、ウェイトレスたちが「がんばってー」と声をかけてくれました。

店を出ると、チカちゃんとしーちゃんは全力疾走です。
これでタクシーを逃したらもうどうしようもありません。
走る走る。
特にテニスで日頃から鍛えているしーちゃんの、足の速いこと。
年寄りには食後の全力疾走は危険ですので、走るのは二人にまかせて私は後方をヨタヨタとついていくことにしました。

やっと到着したバス停。
夜もすっかり更け、あたりはわびしい街灯に灯りだけ。
これでタクシーが来なかったら一体私たちどうすりゃいいの?

待てどくらせど来ない車。
業を煮やしたチカちゃんが会社に電話すると「あと5分で行くから」という返事。
ブチ切れしましたね、3人とも。
「あと5分あったら完食できたのにっっっ!!!」
私だって完食は無理でも、あと5口位食べられたのにいっ!

10分ほど経ったかと思うころ、やっと来ましたカーサービス。時刻は9時20分過ぎ。間に合うのか、終電に?

「大丈夫大丈夫。駅までほんの10分弱だから。もし終電に間に合わなかったら、タダでマンハッタンまで乗せて行ってあげるよ」

マジでかっ?

「というぐらい、確実に間に合うっていうことだよ」

あそう。じゃいいんだけど、どっちかっていうと終電をミスしてタダの車で帰ったほうが楽ちんなんだけどな。

暗い山奥のハイウェイを猛スピードで走り、車は本当に10分たらずで駅につきました。
線路とプラットフォームが全く同じ高さにあり、10センチぐらいしか離れていない駅です。

Dsc04179
↑さ、寂しい…。

Dsc04178
↑券売機。うまくチケットが買えず、悪態をついていた奥さん。

片道一人11ドルちょっと。高いのか安いのかよくわかりませんが、値段より無事シティーに帰ることのほうが肝心です。
帰れるんだろうか、本当に…。

<ああ長い。仕方ないので待て、次号!>

| | コメント (2)

2008年6月 2日 (月)

アウトレット悪夢の一日

2位&9位復活!
本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ


はい。
やっと疲れがとれましたです。
昨日はほんっとに大変だったんですよ〜〜。
そんなね、ショッピングに行っておいて、大変とか悪夢とか言うな、って思われるかもしれませんが、でもやっぱり悪夢のようでした。特にしめくくりあたりが。

順を追ってご説明しますと、まず午前9時前出発だからね、と前夜チカちゃんに宣言され、早起きと節約と我慢の文字が辞書にない私には、そこからして悪夢だったんですよ。
でも必死のパッチで午前7時に起き、チョビの御飯・シャワー・お紅茶で一服・チョビお散歩・着替え身支度、をきちんとこなしたんですよ、時間に間に合うように。
そしたらチカグループが全然登場しないんです。
9時を過ぎた時点で電話をしたら、トモが電話に出て「うーんと。もう出る?あ。もう出るってもうじき出るって」とトボけた返事。
結局9時半過ぎにお迎えが登場し、やっと出発となりました。
何時に起きようが、腹ぺこで目が覚める私は、アウトレットに向かう車内ですでに腹ぺこ。
「あーお腹へったー」と言ったのに、誰も同意してくれないんです。
おかしい。
トモはともかく、チカちゃんとしーちゃんが「わたしもー!」と大騒ぎしないなんて、ヘンだ。

…と思ったら、やっぱり連中は、私が必死で早起きして必死で身支度して必死でチョビのお散歩をしてチョビも必死で早ウンしてくれたのに、そんな私を待たせて、チカちゃんちで朝ご飯を食べていたんですっ!ちくしょー!

その恨みを晴らしてやろうと、アウトレットに到着後すぐにフードコートへ走り、スープをいただいたんですが、これがまた時間帯が悪かったのか、具の入ってないサラサラのクラムチャウダー。あんまり美味しくないものでお腹を満たすのは気が進まないんですが、せっかく遠路はるばるやってきたアウトレットです(運転したのはトモだけど)。お買い物に情熱を注がねば。
お買い物嫌いのトモは、釣りに行くべく速攻で立ち去り、残ったのは女三人。
さ。行くわよっ。
クーポンブックと地図を手に、まずはBottega Benetta, GUCCI等、大ブランド店が並ぶエリアを目指しました。しーちゃんは旅行カバンを、チカちゃんはきれいな紫色のバッグを、そして私は何でもいいからギエエエとなるようなお買い得なものを求めてのアウトレットデーです。
それなのに、なぜかAGに立ち寄ってしまい、しーちゃんは10ドルのTシャツを2枚セレブ買い、チカちゃんはシマシマ病(シマシマ模様のものにハマっている状態)なのでシマシマシャツを2枚セレブ買い、私は100枚ぐらい持ってるでしょとチカちゃんに叱られながらショートパンツ1枚とメンズの10ドルシャツを2枚セレブ買いしてしまい、中途半端な充実感をちょっとだけ味わいました。

Dsc04165
↑まだ午前中だったので、あまり混んでいない。この後、COACHなどの人気ブランドは、長蛇の列ができていました。

この時点で正午頃です。
そもそもこの日のアウトレット行きは、チカちゃんが日本在住のお友達にDiane Von Furstenberg(つづりあってるかな?)のドレスを購入してほしいと頼まれたのがきっかけだったんですが、三人ともその主目的をすっかり忘れさり、おのれの物欲のみに振り回され続け、チカちゃんがはっと気づき『あっ!ダイアンのドレス買わなくちゃ!』と叫んだ時は、時刻は3時前。それまでに、主要ブランドのほとんどを周り、チカちゃんはフェンディのジャケットやクロエとロンシャンのバッグ、しーちゃんはボッテガやグッチの旅行カバンに目をつけ、私も密かにグッチのギンギンバッグに目をつけつつ、バーニーズでジーンズやTシャツを買いあさったり、あれも欲しいこれも欲しいあれが良かったこれが可愛かったと大騒ぎしまくっていました。

Dsc04175
↑Sex and the Cityを見ると靴が欲しくなるんんですー。それも普段履きにできなさそうな、華奢できれいなヒールが。アウトレットでも高くて買えないけど。

アウトレットに来るといつも思うんですが、人生物欲との戦いです。
頭痛がするほど物欲にまみれてしまいます。
アウトレット中買い占めたろか、と思うほどです(ほんとは9割方いらんものばっかりだけど)。

心を落ち着けて、ダイアンのお使いもの買いに行ったのはよかったんですが、ここでもまた物欲が爆発。
3人で試着の嵐となり、結局私はどれを着てもアッパッパーみたいになるので何も買わず、チカちゃんは気に入ったドレスが3着ほどあったのですが、お友達のドレスを二着買ったことで一応物欲が満たされたらしく『他に欲しいモノが無かったら戻ってくるわ』と宣言し、しーちゃんが素敵なシフォン地のタンクトップを購入し、と、ここで半時以上を費やしました。

この辺りでなんとなく3人とも疲労の色が濃くなり、血糖値が下がったせいで怒りっぽくなってきました(買い物しながら怒るな)。
そこらで子供がギャーギャー泣いてると「ガキ連れでアウトレットに来るな」とか(言ったのは私)、自販機の前で子供がチョコをほしがってギャーギャー騒いでいると「チョコレートぐらいさっさと買ってうるさいガキを黙らせろ」とか(言ったのは私)、どんどん怒りっぽく口汚くなってきたので、おやつ休憩をとることにしました。

Dsc04168
↑GODIVAのチョコドリンクを手に、しーちゃんとチカちゃん。

Dsc04170
↑しーちゃんと。まだ大物購入前。

Dsc04171
↑チカちゃんと。なんだかまだ荷物が少ないな。この後大爆発する…?

おやつ休憩が終わると、血糖値が上がり機嫌も上昇。
最初に見て回った時に目をつけておいたモノたちを、再びチェックしに行くこととなりました。
おさらいしますと、しーちゃんはボッテガかグッチの旅行カバン、チカちゃんはクロエかロンシャンのバッグ、私はグッチのギンギンバッグです。
そして、はい、物欲に負けました。
無いと生きて行けないものは買うまい、と心に誓っていたのに、私の人生無駄だらけです。ギンギンバッグ、買ってしまいました。ウルトラお買い得価格ではありましたが、無いと困るものでもないのに…。寄付すれば何匹のニャンコやワンコが助かったかしれないのに…。神様ごめんなさいいいいいいいいいいいいい。

そして、しーちゃんはかねてから探していた旅行カバンとして、素敵なブルーの大きな旅行カバンを、これまた超ウルトラお買い得価格でゲットしましたが、チカちゃんはイメージにぴったりくるバッグを見つけられず、今回は断念となりました。

それでも、もしかしてまだ行っていないお店で素敵なバッグと出会えるかもしれない、と最終チェックをすることになりました。
最終チェックしながらも、それぞれが目についたものを試着したり抱えたり鏡に映したりと、物欲チェックに余念がありません。
ちょっと寄ってみたい、と二人にお願いし、私の大好きなブランドの一つ、DIESELに立ち寄ってみました。
ちょっとよって見るだけのはずだったんですけど。
素晴らしく履き心地が良くて可愛いブーツとチェックのワンピースを発見し、間違って試着してしまったらまた物欲が渦を巻いて襲ってきました。
迷いに迷ったんですが、ワンピースのほうが低価格の上にさらに30%オフということだったので、ブーツは泣きながらあきらめ、ワンピースを購入しました。
チカちゃんも、トレーニングショートパンツを購入。
ここで、トモから電話が入りました。すでにシティーに戻ってジョギングしているとのことだったので、お迎えには来てもらわずバスで帰宅することになりました。
私もチョビに電話したいなあ、と携帯を見たら。
ですね。
なんと8時15分。
さっき3時だったのに。
もう8時過ぎ?
5時間も私たち、何をしていたの?
なんかの間違いじゃないの?
え?
しーちゃんの時計は何時?
え?
8時過ぎ?

あたりはまだ明るいのに。
私たちはタイムスリップしたみたいに、3時から8時過ぎまでをほんの2時間ほどのように感じておりました。

「さ。バスの時間を確認して、時間によってはここでお夕飯食べて帰ろうかね?」
「うんそうしようそうしよう」
「いやー。最終バス乗り遅れたりして」
「そりゃ困るわ」
「そしたらどうする?」
「その辺の人にシティーまで乗せてってもらおうかね?」(←チカ)
「誰に?」
「いやだから、その辺の適当な人」(←チカ)
「乗せてくれないでしょ3人も」
「だったらレイコさんを先頭に、3人縦に並んで騙そうか?」(←チカ)
「何をどう騙すわけ?」
「縦に並んで1人のフリして騙して、乗せてくれるって言われたら、3人で乗り込むのよ」(←チカ)
「ばかっ!」
「3人だから乗せてくれないんじゃなくて、普通乗せてくれないでしょ!」

アホ丸出しの会話をしながら、フラフラとバス停に向かいました。
人気のないバス停。
張り出してある時刻表がまた、見にくいことこの上無し。
じろじろと見ていると、肝心の最終バスのあたりにややこしい紙が貼ってあるので、これをべりべりと破って(ヒドい)見ていると。
あれ。
なんか。
この紙…。

『LAST BUS TO THE CITY LEAVES AT 8PM』
…って?
『シティーへの最終バスは8時発です』って意味のように見えるんですが…?

「ゲっっ!」
「8時って…8時って…」
「今8時半」

ぎいいええええええええええええええええ!!
のののの、乗り遅れたのか私たちっっっ?最終バスにっっっ?こんなこんなシティーから遥か離れた山奥のアウトレットモールでっっっ???

この時私たちに起こった事象を、人は『事実の否認』と呼びます。
走りました。インフォメーションセンターに。
『そんな、9時までお店が開いてるショッピングモールで、最終バスが8時なわけがないよねっ』
と言いながら。

<長っ。待て次号!>(引っ張るほどのもんか?)


| | コメント (9)

2008年6月 1日 (日)

ウッドベリーアウトレットへの旅

2位&9位復活!
本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ


本日は、トモに運転してもらい、チカちゃんとしーちゃんと一緒に、ウッドベリーコモンズアウトレットに行って来たんです。
でも、大変な目に遭って、出発が午前9時半だったのに帰宅が夜中過ぎになってしまい、あまりに疲れましたので、詳細は明日にさせていただきます〜フラフラ〜。

そうそう。
行きの車の中で、Sex and the City The Movieの話になり、トモに4人の中で誰とだったらデートする?って訊いてみました。
そしたらトモは「ええー。サマンサかな」ですって。
で、女性陣はチカちゃんが「スティーブかエイダン」
しーちゃんも「エイダン」
私が「Big」
そうしたらトモが「あっ。僕もBigがいいな」っていいました。
何のつもりでトモがBigを選んだのかは恐ろしくて訊けませんでしたが、女性達の間では、友だちになるならサマンサかミランダ、ってことで落ち着きました。
キャリーってかわいらしいけどわがまますぎ、って意見が多いですねー。
そして、あまりにも女であるがゆえの間違いを犯しすぎる、ってことで、見ていて自分のことのように胸が痛むので、女性としては共感がもてるけどちょっと痛々しい、って気持ちにもなるかしら?(私だけか?)

ということで、アウトレットの旅は明日でーす。(話の前後関係が無茶苦茶ですんません)

| | コメント (4)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »