« 乳犬車 | トップページ | 銀行で鼻水 »

2008年7月 2日 (水)

悲惨なER

3位&8位!
本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ


今日、とても悲惨なニュースが流れました。
ブルックリンのERで、ジャマイカ人の女性が待合室に放置され、亡くなったんです。
最初、精神的に不安定な興奮状態で精神科の救急に運び込まれたこの女性は、空きベッドが無かったせいで、待合室で待つように言われました。
そしてなんと24時間近くそのままで放置され、24時間後の早朝、待合室でイスから崩れ落ち床に倒れてもがき苦しんでいたのですが、目の前に看護士、警備員、と病院職員が数人いたにも関わらず、誰も倒れている彼女に手をさしのべず、目の前でのたうちまわっているその人を無視、もしくはただ黙って見ていただけでした。
そして、別の看護士と医師が異変に気づき駆けつけ、ベッドに運ばれ手当を受けましたが時既に遅し。彼女はそのまま亡くなってしまいました。

病院の監視カメラがその一部始終を写しており、病院を訴えた弁護士により公開されました。
私もそのビデオを見たんですが、本当に患者がイスから崩れ落ちた瞬間、目の前には看護士が一人と病院職員らしき人が真横にいましたが、ただじっと見ているだけで、指一本動かす気配もありませんでしたし、その後、警備員が何度も様子を見に来ているんですが、イスに座ったまま観察したり時々立ち寄ってはそのまま立ち去ったり、はたまたその他にも患者らしき人々や他の職員も大勢入室しては退室している様子なのですが、誰も床の上に倒れている彼女の側にすらよって行こうとしませんでした。
特に手前左側に座っている看護士?なのか職員?なのか?この人は、ビデオ撮影されている間中、ずっとイスに座っていましたが、看護士と医師が異変に気づきストレッチャーを大慌てで運んでくる瞬間まで、立ち上がりすらしていませんでした。
ひどいです。
酷すぎます。
私もERのお世話になったことが何度かありますが、ドクターのコネがないとアメリカのERは地獄だと思います。
緊急だからERに行っているのに、数時間放置されるのは当たり前です。
お腹が痛くて冷や汗が出ているのに、医師の診察前に、助手に熱を測ったり問診をしてもらうまでに数時間イスに座ったまま待たされるんです。
その間、誰も声すらかけてくれません。
一度だけ、あまりに長時間(多分5ー6時間)私が待合室のイスに座って待たされているのを見た警備のおじさんが「君、そこに座ったままなの?もうずっとそこにいるよね?ドクターにあった?」と訊いてくれ、私が『ノー』と返事をしたら、看護士の首根っこを捕まえて連れて来てくれたことがありましたが、そんなことはそれ一度きりです。
忙しいんでしょうけど、本当に人手不足でてんてこ舞いなんでしょうけど、でもあれじゃERの意味なんかありません。
それに、私も救急でベッドに寝かされ、胃けいれんを起して叫びながらのたうったとき、看護士が二人私のそんな様子を見て『クスッ』と笑い合ったのを見ました。
冗談みたいに書いたこともありましたけど、あれは本当に酷いと思いました。
こういう時、いつも思うんですが、ドクターや政治家や弁護士、そういった、人々を助けることや、社会を良くするということがその大きな趣旨にあると言える(んじゃないかしら?)職業の人たちの、一体どのぐらいの割合の人たちが、始めに自分がその職業を選んだときの気持ちを覚えてその職務を全うしようと勤めているのかなあ、って思います。
現場には現場の、私たち一般人にはわからない色々な事情があり、その方達の苦しみや悩みもあると思うので、あまり色々なことを言ってはいけないなあ、とは思うんですが、やっぱり床に倒れてのたうち回っている人や、ベッドで叫びながら転げ回っている人を、無視したり放置したり笑い者にするのは、本当にいかんと思います。すごくいかんと思いますよ。

Khc_death
↑画面右上の三つつながったイスの右横に平べったく倒れている人が患者さんです。左手前にどっかり座っているクリーム色の服の人は、ずうううううううううっっっとこの姿勢のままでした。警備員が様子をうかがっていますが、彼は何もせずこのまま立ち去って行きました。左上の水色の服の人と手前のクリーム色の人は、彼女がイスから崩れ落ちた瞬間から、ずっとこの室内にいました。

|

« 乳犬車 | トップページ | 銀行で鼻水 »

ニューヨーク」カテゴリの記事

コメント

yayoさん
そうだったんですね…つい興奮してしまって…スミマセン
アメリカの医療については全然知らないので、なんとも言えないですが、そういう人(マヒしてる人)とかがいない事を祈りたいです。

ありがとうございます☆これからも頑張りますね☆

投稿: TOKO | 2008年7月 4日 (金) 05時14分

れいこさん久しぶりです!

ひどいニュースですね。アメリカ人ってすぐに、「それは私の仕事じゃない」とか「勤務時間終わったからもう仕事しない」とか言いますよね。病院でも同じです。

患者さんが痛がっても、医者やスタッフが自分の権利を主張する。
私の病院の指導医の先生に昔「ワイフが待ってて早く帰りたいから、今すぐお前の患者を帰らせろ!」って怒鳴られた事があって(患者さん予約してたし、しかも診療時間内なのに)、理不尽すぎて泣きました。本当あり得ないです。

少し早く帰る喜びより、最善を尽くして、患者さんに感謝してもらえる時の喜びの方がよっぽど大きいような気がするんですが。。。

それにアメリカの病院で最初にびっくりしたことは、患者さんが怒っていたり、何か上手くいかないことがあると、「あの患者はサイコだ」って言って片付けようとするドクターが多いこと。
患者さんは全然サイコじゃなくて、ただ自分の体が心配なだけなのに酷いなって思いました。
自分たちが扱ってるのはモノじゃなくて人間だって事を完全に忘れちゃってる。もちろんそうじゃないドクターもいますが、日本に比べて少ないです。

病院の受付の対応も酷いですね。

訴訟の国って言うけど、訴訟が起きて当たり前な事してると思います。

投稿: saori | 2008年7月 4日 (金) 00時08分

kさん

どのヘンが正義感にまみれた、上からの目線の文なのか教えて下さい。

「周りが同情すると予想して」も何も、自分の経験を元に自分の価値観を自分のブログに書いてるだけなわけだから、何も悪いとは思いませんけど。

こういう記事を読んでわざわざ軽く笑い飛ばすようなコメントをする方がよっぽど「上からの目線」ですし、人としてどうかしてるんじゃないですかねぇ。

投稿: m | 2008年7月 4日 (金) 00時02分

TOKOさん

わたしの書き方が悪かったですね。
麻痺してるのはアメリカの医療現場にいる人って意味のつもりだったんですけど。
もちろん、アメリカでもすばらしいお医者さんはいらっしゃると思いますよ。こういうニュースが出ると全部がそうだと受け取られがちですけどね。
でもお金がない人は平等に診察さえ受けられないっていう点では、わたしは日本にいて良かった!と思います。
いろいろ大変なことも多いと思いますが、これからも頑張ってくださいね◎
もしかしたら知らない間にお世話になっているかもしれません~

投稿: yayo | 2008年7月 3日 (木) 23時09分

 日本の医療がまだこうならないのは,辛うじて医療者の善意が残っているからだということがわかっていないコメントが多いのには,目がテンですな。
 少なくても医療は非常に高価だと,医療消費者に目を覚ましてもらわないと医療破壊は止まりませんね。

投稿: けろち | 2008年7月 3日 (木) 17時45分

あひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃひゃひゃ

のたうちまわってまわって~m9(^Д^)

死んだ方はかわいそうだが、その記事を正義感にまみれて

周りが同調すると予想し、上から目線で書くのはどうかしている。

投稿: k | 2008年7月 3日 (木) 14時10分

アメリカではこれが普通です。
保険に加入してない方は診察も、治療も制限されます。
安い保険ランクでは重篤な疾患を見つけても点滴すらできません。
プエルトリカンやヒスパニック系の人たちが外来の通路で苦しみ呻く姿を何度も見ました。アメリカでは貧乏な患者さんたちに医療者は関わってはいけないような雰囲気すらありました。
保険のランクによっては治療の程度(使える抗生剤の種類から手術であれば縫合糸の種類まで決められています。シャントの縫合してるときゴアテックス7ー0の縫合糸は無いの?って聞いたら、この保険ランクの人には無理だよって笑われた経験あります。)
マイケルムーア監督の映画は誇張ではありません。金持ちだけが良い治療をうけれます。徹底した金による身分制度の国です。
日本ではまだ、良い治療を安く、早く、誰でも受けられます。もし今あなたが日本で腎不全となって透析療法をうけるなら一級障害者となり医療費はほとんど必要ないでしょう。アメリカだったら、年収4000万は無いと日本と同じレベルの透析は受けれません。(勿論、日本でも血液透析には一人あたり、年間2000万から3000万位お金が掛かります)
にも関わらずアメリカの血液透析患者さんの5年生存率は3割です。日本では5年生存率は7割以上です。なんでしょーねアメリカ(笑)
日本の医療はいいですか??
wantsとneedsを勘違いした患者さんや医療者が相互不信を作ってしまい、マスコミがそれを煽るとゆう事態になっています。
とりあえず たらいまわし という単語があるうちはだめですね。まわしたくてまわしているんじゃありません。
人手が絶望的に足りません。
医師の数を増やしても駄目なんですね。
きつい科には医師は来ません。なんだ医者って根性ないなって思いました? 昔の赤ひげ医師なんて もういないのか?って思いましたね?医者や医療者の善意に期待しましたね。
患者さんから感謝されるなら どんなきつい科でもやれるんですよ。人間だから、善意のパワーで。
(給料は外車が一台買えればいいんです。期待してない。)

でも医療があまりにコンビニ化して良い治療を安く、早く、誰でも受けられるから感謝されにくくなった。

この十年でいろいろありすぎて医者や医療者はみんな(ほんとびっくりするぐらい皆)疲れ果ててしまったんです。
現場はどうすればいいか皆考えられない位、疲れています。

患者さんや家族も不思議です 最初からけんか腰の人達が増えました。なにもしてないうちから医療ミスだー みたいな人達。何も治療できないっって 
 
でもだいたい最後は 僕らの仕事振りを認めてもらい感謝してくださってうな垂れる方々の多いこと。
なんだ医者ってきちんと頑張ってくれるんだ
って思いが顔に出てたりする。
ずいぶん疑われたもんだ。いつから医療者ってこんな悪者になっちゃたのでしょうか??
不思議です。
少なくとも金持ちだろうが貧乏人だろうが気にすることも無く疾患だけみて全力で仕事できるって点は日本の医者で良かったですね。

投稿: 今当直中、患者さん来ないね | 2008年7月 3日 (木) 12時36分

私もこのニュースをテレビでみて、ショックを受けました・・・が、アメリカでERに(ダンナが)実際に行ったのを目の当たりにしていたので、実はそれほど驚きませんでした。酷い話なんですが、アメリカのERってあのレベルですよね。リンコさんと同じく、うちも医師の顔を見るまで5時間以上イスで待たされました。

アメリカの社会は実情を知れば知るほど、がっかりが多いです(「貧困大国アメリカ」という本は、一度読んでみてください)。

投稿: 石子 | 2008年7月 3日 (木) 11時07分

これはちょっと言葉を失いますね。

ロンドン野郎もカナダで頭を強打して意識を30分近く失って救急車で病院へ運び込まれた事があるのですが、CTで検査をしてもらうのに10日間、結果が出るまでに更に5日間、なんと2週間も掛りました。 本当に何かあれば、間違いなくもう死んでいると思いました。

投稿: ロンドン野郎 | 2008年7月 3日 (木) 09時22分

私も『ER』を見てて何時間も待ってるって良く出てくるの見てましたが
現実はそんなもんじゃないんですね。
確かにリンコさんの本を読んだとき笑われたって書いてましたが、ひどい!!と思ってました。

日本の病院だってはぁ??!!って医者も多いですが、この光景は日本じゃありえないかも・・・。

投稿: 恭子 | 2008年7月 3日 (木) 08時12分

私は看護師をやっているものですが、アメリカの話はヒドいと思いました。そこのスタッフの人の考方などはよくわかりませんが…

yakoさんのコメントに一言…
医療の現場の人は、確かに一般の人よりは、生死について慣れいるのかもしれません…。でも、命をおろそかにしてません。むしろ、命の大切については、よくわかっていると思います。
助けられなかった命に悩んでる看護師、医師もいます!!
だから、そんな悲しい事は言わないで下さい…
医療現場は必死に頑張っているんです!!
確かに、救急車のたらいまわし、悲しいニュースです。
でも、救急以来があり、その時、もう一人の重症患者さんの対応中で手がいっぱいであったら、断るしかないのです…。
だから、仕方ないということではないんですが…

たらいまわしにならないためにも、庶民の皆さんにも協力していただきたいです!!
ほんとに必要な時に、救急車を利用して下さい!
時間外のコンビニ受診はやめて下さい!!
急性アルコール中毒になるまでお酒を飲まないで下さい!!

日本の医療情勢も色々問題がやまずみです…

とにかく、私は目の前いる患者さんを大事にしていきたいです。

初めての書き込みなのに、失礼いたしました。

投稿: TOKO | 2008年7月 3日 (木) 08時09分

ひどいな、人間性を疑う

投稿: 長七 | 2008年7月 3日 (木) 08時03分

【動 画】アイドルS・MがA∨転身!芸能人専門のA∨メーカーからデビューへ!
出演する女優がすべて「芸能人」という、芸能人専門のA∨メーカーが9月に設立されると言う衝撃情報が流れている


http://av-idol-av.blogspot.com/


ネット上では有名アイドル 「S・M」 はこの3人だと話題になっているが…
じつはこのグラビアアイドルだった。


http://av-idol-av.blogspot.com/

投稿: 【動 画】アイドルS・MがA∨転身!芸能人専門のA∨メーカーからデビューへ! | 2008年7月 3日 (木) 06時54分

日本の病院は違います。苦しんでいたら、診察してくれます。どんな夜中でも、休日でも診てもらえます。しかも、WHO によると日本の医療レベルは世界でトップレベルなのに、とても安いんですよね。この前、腹痛で夜間に受診したら、CT まで撮ってくれたのに1万円もしなかった。後で友人から、アメリカだったら数十万とられるところだったのにね、ってきいて日本の医療の早い、安い、高品質な医療にびっくりしました。でも、最近は変な言いがかり的な訴訟が増えてきて、おかしなことになりつつあるってききました。最近よく聞くようになった、“たらいまわし”は、訴訟回避のためらしいのです。へんな言いがかり的な訴訟をおこす奴が、いつ病気になるかわからない我々の安全を脅かしているのですね。

投稿: | 2008年7月 3日 (木) 06時43分

昨日のほのぼのニュースから打って変わって・・・。
ドラマ『ER』でもよく待合室の患者さんが「朝から待っているんだ」というセリフを言っていますが現実はもっともっとシビアなんですね。人間として倒れた人を放っておくなんて考えられませんが、もしかしたら、訴訟等のことを考えて「さわらぬ神に祟り無し」なのでしょうか?
すごく悲しいニュースです。

投稿: Minako | 2008年7月 3日 (木) 03時28分

なんてなんてひどいんでしょう。
日本でも救急車で搬送されても、たらいまわしにされた挙句亡くなったというニュースを聞きます。
命の現場にいると悲惨な場面を見慣れてしまって感覚が麻痺してしまうんでしょうか???
その人たちにうううんっと重いバチが当たればいいと思います。

投稿: yayo | 2008年7月 3日 (木) 01時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 乳犬車 | トップページ | 銀行で鼻水 »