« お引っ越し | トップページ | ジェニファー・コンバーチブルの恐怖(2) »

2008年7月29日 (火)

ジェニファー・コンバーチブルの恐怖(1)

4位&8位!転落の一途(iдi)
本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ


おそらく皆さんすでにお気づきのように、私はヘビのように執念深く偏執狂的なところがありまして、一つのことを考え始めると、そのことで頭の中が一杯になり、四六時中そのことばかり考えてしまいます。
現在の私の頭の中は『引っ越し』一色。

引っ越しの心配もさることながら、せっかく新しい家に引っ越すんだから家具を少しだけ買い足したいな、と思ってネットをウロウロしてみました。
この時探していたのはお客さん用のソファベッド。
コンパクトでお買い得でかっこいいヤツないかしら、と身勝手なことを考えながらネット検索していたら、ヘンなストーリーを発見しました。

タイトルは『ジェニファー・コンバーチブルの恐怖』

このアメリカ人男性は、ある日古くなったソファのかわりとそれに合うイスを探して『ジェニファー・コンバーチブル』というカウチ専門家具店に行きました。
あんまりお買い物が好きじゃない彼は、とにかく早くお買い物を済ませたくて、シギーという名前のセールスパーソン(女性)に勧められるまま、濃い緑色のカウチとそれに合った色のイスを購入することにしました。
カウチが約600ドル、イスが約400ドル。合計1000ドルほどのお買い物でしたが、それにデリバリー代金(2個いっぺんにではなく1個ずつ配送料をとられた)、『布が汚れたときのための保険』代金、税金などを合わせると、1000ドルだったはずのお買い物は1500ドルほどになっていました。
でも不動産ブローカーの彼は「まいっか」と気前よく考え、小切手で支払おうとしましたが、お店の『ポリシー』で個人の小切手は受け取ってもらえませんでした。
なのでその日は手付金だけを現金で支払い、翌日すぐにお店に出向き残金を支払いました。
この時、配達予定日は12月24日、つまりクリスマスイブだと伝えられた彼は、「本当にそんな日に家具を配達してくれるの?イブだよ?」と確認したのですが、お店のマネージャーダンは自信たっぷりに「もちろん!」と言いました。

果たしてクリスマスイブの当日。
彼はお家の玄関前のテラスでずーーーーーーーーーっと待っていました。
配達予定時刻は12時から5時の間と指定されましたので、12時5分前からずーーーーーーーーっっっと待っていました。

12時。まだかな。
1時。早く来ないかな。
2時。もうそろそろかな。
3時。まだだなあ。
4時。全然。
5時。カラスすら来ません。
6時。来んやないかっ。
7時。ええかげんにせいっっ。

ということで、7時まで待った彼はプンプン怒りながら外出しました。

クリスマス後の週日、早速お店に電話をしたところ、セールスのシギーちゃんが応対しました。
「クリスマスイブにカウチなんか来んかったやないかっ。どないなっとるんじゃっ」
と言いたい所を必死で我慢し、
「イブの日に家具が届くと思ってじっと玄関前で待ってたのに、結局配達はされませんでしたよ。どうなってるんですか?」
と紳士らしく訊くと、シギーちゃんが
「予定時刻の間、ずっと在宅だった?」
と訊きかえしました。
アホかアホかアホかっっっ。
と思いましたが、ここもぐっとこらえ
「もちろんいました。ずっと玄関の前で待ってたんですよ」
と答えると
「それはヘンですね。では本社にメールで報告しておきます」
と言われました。

は?
メール?
電話じゃなくて、メール?

と思った彼は、
「電話のほうが早いので電話にしてくれませんか」
とお願いしました。
ところがシギーちゃんは
「本社は今年はもうおやすみに入ってます」
と言うんです。

そりゃそうか。
日本人だったら「なんかしとんねん!」と暴れるところですが、ここはさすがにアメリカ人。
彼はあっさり納得しましたが、そのあとがいけません。
シギーちゃんが
「1月14日になら再配達してあげられます」
と言うではありませんか。

1月14日だとう?
元々の配達予定日から3週間も後やないかっっっ。
アホぬかすなやっっっっっ!!!

さすがに堪忍袋の緒が切れた彼。
翌日、お店に直接乗り込みました。

<続く>

|

« お引っ越し | トップページ | ジェニファー・コンバーチブルの恐怖(2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

人間椅子みたいなオチか、あるいはステキなクリスマスプレゼントみたいなのを期待してたんですが。

投稿: Mr. White | 2008年7月30日 (水) 07時42分

続くんですかーっ。

つ・次を待ってます。
な・なにー、引越しで忙しいので、続きは3週間後だとぉ~?

投稿: おいら@NY | 2008年7月30日 (水) 07時34分

続くんですね。またぁsmile
気になります。最初恐怖って書いてあるので、買ったソファの中から死体が出てきました。
みたいな話かと思いました・・。でも続くんですね。
それとも待てど暮らせど届かない恐怖なんでしょうか。
うー気になるう!

投稿: 恭子 | 2008年7月30日 (水) 06時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お引っ越し | トップページ | ジェニファー・コンバーチブルの恐怖(2) »