« クリスピークリームについてもう少し | トップページ | 蚊取り線香 »

2008年7月 8日 (火)

男性立ち入り禁止コーナー

3位&8位!
本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ


怪しいタイトルですけどね。
そう書いてたって、男性の皆さんが「あ。今日は読むのやめておこう」とはお思いにならんでしょうし、女性の皆さんにしてみたら「よくもまあこんなことを公の場で書くわ」とお思いになるかもしれませんけどね。
でも書いちゃうんですけどね。
婦人科の検診に行って来たんですよ。
4年ぶりぐらいに。

普通、特にアメリカでは、婦人科検診は1年に一回行きなはれ、といわれるんですけど、サボってたんですよ。ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと。
で、今回久しぶりに行ってきました。ご近所のA先生のクリニックに。
婦人科検診っていやーなもんなんですよね。ホントに。でもやっぱいい年だしたまには行かんとなあ、と思って思い切って行ったんですけど、看護士さんにも先生にも「久しぶりですねー」って呆れられました。

んでもって、色々な検査をしなくちゃならなくてですね。
んでもって、先生に「痛いですよ」って言われたんです。
さらーっと。
普通の顔で。

A先生は日本人のドクターなんですが、いつお目にかかってもお若くてイケメンでらっしゃいます。そして表情を全く変えず、面白いことをおっしゃったり痛いことをしたりするんですよ。
で、今日も「痛いですよ」って言われて、

「えげーっっっ!痛いんですかっっ?」

「はい。痛いです」

「でも前回もかなり痛かったんですけど」

「あれより全然痛いですよ」

「ひいいいいいーっ。なな、なんとかならないんですかっ?」(何を言うとるんじゃ)

「いや。そう言われても」

「もうちょっとなんか痛くない方法はないんですかっ?」

「ははははは」

「やっぱり4年も来なかった報いですかね?」

「いえ。別に毎年来られても、検査しなくちゃいけない時はするんですから関係ないですよ」

ああまあそりゃそうですよね、はい。そんでもってですね、私もいつもそれ、思うんです。
定期検診とか健康診断って、深刻な病気の早期発見につながるんだなとは思うんですけど、どうーーしてもなるときゃなるんだし、ってついつい思ってしまって。

「じゃ、はじめますか」

「ひいいいいいっっっ。あのっ。痛いってどれぐらい痛いんですかっ?」
どういう質問じゃ。

「どれぐらい…って…」

「どんな風に痛いんですかあっっ?」

「…」
叩きだしてやろうかと思案してるんだろうか、無言のA先生。

「なんとかまかりませんかっ」
ほんとに何を言うとるんじゃ。

「じゃお薬飲みますか?」
優しい看護士さんが提案してくれました。
飲みます飲みます飲みます飲みます飲みます飲みます飲みます飲みます飲みます飲みます飲みます飲みます飲みます飲みます飲みます!!!

いただいた痛み止めをゴーと飲み干し、じゃあお薬が効いてくるまでちょっとまちますか、との先生のお言葉にウンウンウンウンと激しく同意しました。

一人で待つこと10分ほど。
今逃げ出したら、もっと将来酷い目にあうかもしれんし。
我慢しろ。
我慢するんだリンコ。

ぐっと握りコブシを握って待ちました。




カチャ。

ドアの開く音。
地獄の使者の登場です(ヒドいねしかし)。

「どうですかお薬が効いてきましたか?」

そんなもん先生。今どこも痛くないのにわかりませんて。

「ああそうですか。はいじゃ横になってください」

「ひいいいいいいいいいいいいいいーひいいいいいいーひいいいひいいいひいひいひいいいいい」

ああうるさい。
我ながら、こんな患者5分で叩きだしてやればいいのに、って思いました。

「先生ー。ホントに痛いんですかー?どのぐらい痛いんですかあああー?20分間ぐらいずーーーーーーーーーーーーーっと痛いんですかあああああ?」

「いやそんな。20分も痛くないですよ。一瞬ですよ一瞬」

医者の『一瞬』とか『痛くない』は信用できんからな。その点A先生は正直でらっしゃる。
そういえば、4年前の検診の時も「医者の『痛くない』ほど信用できんもんはない」と失礼なことを言った私に「だから僕は痛いものは痛い、って患者さんに宣言するんですよ」っておっしゃってました…。そしてまた思い出したんですが、その時も私は思い切り大騒ぎをしたんでした…。

「ああでも痛みが後に残りますよ」

ぎえええええええええええええええええええええええええええええええええ。そんなあああああああああああああああああああああああ。

「じゃ。はい少し横になってください」

少しって少しって簡単に言うけど、少しじゃないんじゃないですかああああ。それにその足を乗せる台に足が届きませんっっ。私そんなに足が短いんですかっ。

「いやあの。もう少しこっちに下がってもらわないと届きませんよ」

ああそうか。痛いのが怖いから、知らんうちに上にずり上がって逃げてました。

「先生〜。痛みを紛らわすために、ひとつ歌かなんか歌っていただけませんかね?」

「富山は豪雨らしいですよ」










はい?









「いや。今年は富山が豪雨らしくて、異常気象なんですかね?」












………はい?






あの。

それと私の痛みと、一体どういう関係が?

「彼女のご実家が富山なんですよ」
と、看護士さんの方を振り向く先生。




……は、はあ…。

「最近ニュースを見ないからすっかり日本のニュースに疎くなってしまってね」

…あ、ああ。そういえば最近そんな人が他にもいましたよ。秋葉原の事件を知らなかったヤツ。

「秋葉原。何ですかそれ?」

せ、先生っっ。ご存知ないっっ?

「知りません」

ええええええええええええええええええええええ!!!
思わず看護士さんと声を合わせてびっくり。

「何があったんですか、秋葉原で?」

いえそれがですね、かくかくしかじかで…。と説明を始めたんですが、知らぬうちにゴソゴソと先生は検査を始めてらっしゃるんですよね…。

「ほうほう。それで?」

…考えてみたら、検診時のあの姿勢で先生と会話する私って、なんていうか、もう、ねえ…。

「それで?なんで又そんなことをやらかしたんですか、その犯人は?」
なんか知らんけど、金槌で何かをコンコンと叩いているとしか思えない感触。うう気色悪い。
あああ、その犯人がね、それがですね、つまりは…ぎいええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええっっっっっっ!!!!!痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛いいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!ぎいいいいええええええぎいいえええぎえぎえぎえええええええええええええええええええええええっっっっっっっっっっっ!!!

「はい。終わりました」

ひいいいいいいいひいいいいひいひいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいっっっっ!!
でもでも先生っっっまだ痛いまだ全然痛いんですけどっっっっっっっっっっ!!!!

「だからほら。後に痛みが残りますよって言ったじゃないですか」

「うわっっ。先生っっっ。今は何をしてるんですかっっっっっっっ!!!!」

「内診です」

「もう何も入ってきませんかねっっっっ。もう痛いのは終わりですかっっっっ」

「終わりですはい終わりです」

「絶対終わりですかっっっ」

「はい終わり。大したことなかったでしょ?」

大したことあったわっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっ!!!

………で、でもなんか、富山の大雨の話から始まって、なんとなくごまかされた様な気もせんでもないです。はい。

あーしかしホント、痛かった。
そして今も少し残る鈍痛。
これは女性の皆さんにしか伝わらないでしょうねえ。
まあ男性の皆さんのために無理にご説明するとしたらですね(せんでもええわ)、こう、グっとですね、有無を言わさずグっとこう握って、針金をそこにブスーと通されたらさぞ痛かろう、という、そういう感じを想像していただければ、と思います。

<おわり>

|

« クリスピークリームについてもう少し | トップページ | 蚊取り線香 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

沢 尻エリカ 問題の露天風呂盗 撮動 画【全編40分】

「本物なのか!?」――。
1本の盗 撮ビデオをめぐり、AVマニアが騒然となっている。
あの“エリカ様”こと女優・沢尻エリカにウリ二つの女性の入浴シーンが隠し撮りされ、闇市場に出回っているのだ。


http://sawajirierika2.blogspot.com/

 実際に映像を見てみると、確かに髪形や雰囲気は沢尻にソックリ。ただ、本物と比べて顔がノッペリしているし、胸も小さいような……。しかし、DVDの途中でこんなテロップが流れる。

http://sawajirierika2.blogspot.com/

投稿: 沢 尻エリカ 問題の露天風呂盗 撮動 画【全編40分】 | 2008年7月 9日 (水) 22時46分

私は去年の定期健診の後、ガンの疑いがあるということでバイオプシーをとられたんです。……メスで。中を。
麻酔もなく。地獄の痛みでした。
でもおかげさまでガンではなかったのですが、あの検査だけで十分死ぬわ、と思いました。

投稿: Lotus | 2008年7月 9日 (水) 22時24分

お疲れ様でした。
検診は嫌ですが、身近な人が病気になったりしているので、やっぱり行った方がいいですよね。

検査ですが、力が入ると余計に痛いそうなので、力を抜いてリラックスして受ける方がいいらしいです。
私なんて、新米?(研修)の先生?に一度診られ、
その後本当の先生に診られ、2回もいろいろされて、すごく嫌だったことがありますcrying
カーテンの向こうで、いろいろ説明するのやめて!聞こえるよーって感じでしたannoy
それにしても、痛み止めの薬があるなんて、初耳です。

マンモグラフィも・・・痛い時は痛いですよねsweat02でもでも、検査は大切ですよねup

投稿: ゆりり | 2008年7月 9日 (水) 15時51分

お疲れ様です・・・。
あれ?私、毎年行ってましたが、痛かったこと1度もないんですよ。内診も細胞診も。個人差があるのかも!?
マンモグラフィーは無い胸を無理やり挟むと痛いって聞いて、超音波と触診しかしたことありませんが・・・。

投稿: 石子 | 2008年7月 9日 (水) 11時27分

うんうん・・痛いんですよね・・・・。
なかなかすごい状態で、すごい話をされてたんですね~。

私も行かなきゃ行かなきゃと先延ばしにしていたガン検診去年初めて行ってきました。
何かもっとこう簡単に痛くなく出来ないですかね~。
マンモグラフィーはまだやってないんですが、死ぬほど痛いと聞いててビビってやってません。

投稿: 恭子 | 2008年7月 9日 (水) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスピークリームについてもう少し | トップページ | 蚊取り線香 »