« ロシアな街リターンズ | トップページ | ロシア的苦しみ »

2008年10月28日 (火)

ロシアな街リターンズ2

本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ

うーん。
続きを書くのはいいんですが、実はまたお腹を壊しました。
今朝起きたら下腹部から胃の下あたりまで、強烈な不快感。なんじゃこりゃ、と思いつつ二度寝してやろうと思ったんですが、あまりの不快感で寝付けず。
仕方なく起きて、まずはチョビに御飯をあげ、ちょっと仕事を片付けた後、嵐の中をチョビ散歩にでかけました。
雨は大した事なかったんですが、風が強く大通り沿いに歩くと突風で飛ばされそうでした。
そしてタケダさんにいただいた傘がぶっ壊れ、相変わらず胃からお腹にかけての不快感でマジで倒れそうになりました。
フラフラで帰宅後、ベッドに倒れ込みこんこんと眠り続ける事3時間。
ようやく少しだけ立ち直りましたが食欲はゼロです。
一体何がいけなかったんでしょう。レッドボルシチと添え物のパンに激しく入っていたニンニクが原因な気がしますが(実はニンニクにチョー弱い)。

いやでもね。
ほんとうーに美味しかったんですよ。ロシア料理。お腹壊しといて説得力ないかもですが、マジで美味しかったです。
私、ロシア料理ってあんまり美味しくないもの、って思い込んでました。なぜなら留学当初ロシア人の同級生が持って来てくれたロシアのおやつが見るも恐ろしいドピンクとドブルーのギトギトしたクリームが塗りたくられた泥のようなチョコレートケーキで、気の良いクラスメート達もさすがに一口食べてあとは手を付けられなかったほどまずかったからなんです。
本人も『ロシアのお菓子って美味しくないのよね』って言って,全然食べませんでしたけどね。
そんなわけでなんとなく先入観念があったんですが、今回それを打ち破る素晴らしさだったんです。お腹壊したけど。

まず前菜にとったピクルス。
ピクルスといってもロシアの物は変わり種です。

Russian9
↑赤いドリンクはフルーツパンチ。奥にあるのがクバスというロシアの発酵ドリンクです。

ピクルスです。トマト丸ごと、カブ、セロリ、そしてなんとスイカのピクルスです。
いやー。スイカのピクルス。激ウマでした!
思いもよらない食べ物です。しかしマジで激ウマです。
こんな食べ物を思いつくなんて、えらいぞピョートル!(誰?)
私はピクルスは浅漬けが好みなので、こちらのスイカピクルスは浅漬けで超好み。これは是非お試しいただきたいニューな食品です!

Dsc05273
↑思わずスーパーで買っちまったスイカピクルス。食べるぞー(お腹壊しのくせに)。

Russian12
↑手前がこのお店の名物の一つ、グリーンボルシチ。奥がレッドボルシチ。

グリーンボルシチはゆで卵やサワークリーム(ロシア風の濃いヤツ。なんて名前だっけか。スメタナ?スメナタ?なんかそんな名前ね)が入っていて、グリグリグリっとまぜると全体的に白っぽくなります。とても懐かしい家庭料理の味でとっても気に入りました。
そしてレッドボルシチ。私はこいつとその奥にあるパンがお腹壊しの原因とにらんでいます。
いえ。普通の方には全然平気だと思います。一緒に行ったお友達も全然平気でした。ただニンニクにめっぽう弱い私は、レッドボルシチに激しく入っていたニンニク(パンにも塗りたくられていた)が胃を刺激しすぎお腹壊しの原因となったと思います。
レッドボルシチは、そんなにニンニクが入っているのに味付けは甘め。私としては、どちらかというとグリーンボルシチをお薦めしたいです。

Russian15
↑そしてロシア風餃子、サワークリーム添え。

いやー。色んな種類が揃っているロシア風餃子。Valeniki(バレニキ)という名前らしいんですが、これがまあ美味しいのなんのって。今回はチキンをいただきましたが、次回は別の種類も是非トライしてみたいです。サワークリームをペチョと付けて食べるんですが、これがまた美味しいんですよー。日本人なら芥子醤油とか酢醤油といきたいところですが、このサワークリームがまた合うんですねー。ほんとに美味しかったです。1オーダーでタコ壷に売るほど入ってきますので、二人なら十二分の量です。

そうそう。
食事の前に、夕食にはちょっと早すぎるからと近隣を冷やかし歩きしていたんですが、どうーしても入ってみたい怪しいお店があったので、ただ見て大笑いするだけのつもりで入ったんです。
が。

Dsc05277
↑買ってしまいましたよ、激安フワフワ靴下ちゃん。一足99セントです。いいんでしょうか、そんな値段。かかと抜きレギンスは2ドル99セントです。

KINGS STORES。世にも怪しい雑貨店ですが、チェーン展開しています。わけがわかりません。そんなわけのわからんお店で靴下買う私はもっとわけがわかりません。
このお店で売られている99%の物はどうしようもこうしようもないモノばかりなんですが、残りの1%に引っかかってしまいました。
でも使えますよこの靴下。お友達は、お泊まりにくるお客さんのスリッパ代わりにと購入してました。良いアイデアです。

地下鉄のBライン(急行)かQライン(各駅)で、Brighton Beach駅で下車。
徒歩45秒でレストランにたどり着きます。
途中、インタレスティングなお店もあります。
キングスストアも大通り沿いにデデンとあります。
是非一度このロシアな街を訪れて、食材ショッピングと靴下ショッピングで盛り上がっていただきたいです。アメリカなのに別の国を訪れている様な異国情緒がたっぷり楽しめますよ。かくいう私たちも小旅行の気分で本当に楽しかったです。

↓一応レストラン情報です。キャッシュオンリーなのでご注意。しかも私たちってば旅人と思われたらしく、チップまで含めた請求書を渡されました。トホホ。二人で合計$37。

Cafe Glechik3159 Coney Island Avenue (Brighton Beach Avenueから少し入った所),
Brighton Beach, Brooklyn; (718) 616-0494.

|

« ロシアな街リターンズ | トップページ | ロシア的苦しみ »

ブルックリン」カテゴリの記事

コメント

「KINGS STORES」ってNYの“しまむらファッションセンター”なのかぁ(笑)!?http://www.shimamura.gr.jp/shimamura/

投稿: や!です。 | 2008年10月31日 (金) 11時15分

うぅぅぅ・・・美味しそうですねrestaurant
ビールが夕食の私とは大違いweep

スイカのピクルスですか。すごいですね、ピョートルgood
そういえば、TVでトマトのぬか漬けが激美味!!と言ってました。
変り種の漬物、似てますねhappy02

投稿: エドのママ | 2008年10月29日 (水) 09時22分

いや~、ニューヨークって奥が深いですね。
ロシアな街まであるんですね。
昨年はじめておのぼりさんするまで、東京風の大都会だろうくらいにしか思っていなかったので、行ってびっくり、見てびっくり!さすがひろみゴーが移り住む街だと
感激して帰ってきた私ですが。
スーパーの袋の横で何気なチョビが相変わらず可愛いです。朝からくすっとさせられました。

投稿: ばびえ | 2008年10月29日 (水) 06時31分

マンハッタン島の7番街。 観光スポットとしても超有名なカーネギーデリのメニューに『From Russia with Sour Cream』って妙な名前のビックリするくらい毒々しい真っ赤ピンクのボルシチ風スープがありました(隣のフランス人も目をむいていた)。 でも美味しかったんです。

このレッドボルシチがオリジナルなんでしょうね。 家庭風ロシア料理ってとっても魅力的。 う~ん行きたい。 お値段もお手ごろだし、Cafe Glechikさんでは明日から突如日本人のお客さんが急増するに違いありません。

投稿: ロンドン野郎 | 2008年10月29日 (水) 03時20分

私はこの界隈の住人です☆
バレニキは冷凍でスーパーに売ってるのを買い込んでます。
焼き餃子でもけっこういけます。
今度来た時には、ぜひロシア系ストアで
マヨネーズを買う事をおすすめします!
日本の物よりまろやかでおいしいですよ♪

投稿: mook | 2008年10月29日 (水) 03時16分

ロシア料理、おいしそうすね~、久しぶりに食べに行きたくなりました。家庭料理っぽいメニューが多くないですか?
そうそう、サワークリームがいろんなものにかかってるんですよね。ロシア風ハンバーグにもサワークリームが、ボルシチにも上からトッピング程度にかかってました。
これからのシーズン、煮込み料理系メニューの多いロシア料理っていいかも、です!

お腹の調子はどうですか??

投稿: michai | 2008年10月28日 (火) 23時47分

ロシア料理、おいしそうですねぇ。
あまり。。。というか、一度もロシア料理を食べに行った事はないように思います。
スイカピクルスは興味ありますねー。当然白い部分と皮は残すんですよね。
餃子にサワークリームも想像つかないですけど、食べてみたい一品です。

投稿: EVA | 2008年10月28日 (火) 22時40分

デカいピクルスですね~!
それだけでおなかいっぱいになりそう。
ロシア料理ってピロシキとボルシチしか知らなかったですけどおいしそうですね。
これからの季節カラダもあったまるし、いいわあ。
オナカお大事に~

投稿: yayo | 2008年10月28日 (火) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロシアな街リターンズ | トップページ | ロシア的苦しみ »