« ロシア的苦しみ | トップページ | 超多忙につき »

2008年10月30日 (木)

真夜中のジョー

本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ


熱血アメリカ人が多く住んでいる我がアパートビルでは、インターネットコミュニケーションボードなるものが設立されました。そこで住民たちが、ヒーターが動かないだのテレビが映らないだの冷蔵庫の裏に小人が住んでるだの(←マジで)、わけのわからん苦情やデマを交換し、相当怪しいことになりつつあります。
新築のビルというのは、色々と問題がつきものらしいんですが、最近大問題になっているのは、真夜中から早朝にかけてほぼ毎日ボイラーが停止し、アホみたいに早起きなアメリカ人達がシャワーを浴びて仕事に出かける支度をする時間帯に、冷水しか出ないという事です。
そりゃまあ困りますよね。
特にこれから冬ですから、朝シャワーをしようとして冷水しか出なかったら、思わず呪いの言葉が飛び出しますよね。

「お湯。お湯。お湯。現代の世の中では、お湯は基本だ!なぜその基本すら守られないアパートに我々は管理費を払っているんだっっ」

とか

「私は赤ん坊産みたて4日目なのよ。私も赤子もお湯が必要なの!なんとかしてちょうだいっ!」

とか

「アホ丸出しのアパート名をロビーのガラスに描き込む暇があるんだったらお湯を出せっっ!」

とか

「どうして毎晩ボイラーが停止するんだっ。18世紀に建てられた小屋に住んでいたこの10年間、一度もこんな目に遭ったことはないぞっっ」

とか

「夜勤のドアマンにボイラーのスイッチの押しかたぐらい教えとかんかいっっ。スイッチぐらい誰でも押せるだろうっっっ」

とか、一部住民は爆発寸前です。
私ももちろんボードのメンバーなのですが、
「お湯が基本ってこともない国や地域もたくさんあります」
とか
「赤ん坊産みたて4日目で退院するなんてすごいっ!男の子ですか女の子ですか?」
とか
「私もあのガラスにペイントされたアパート名はどうかと思います」
とか
「18世紀に建てられた小屋!!見たい見たい見たい見たい見たい見たい見たい!!どうしてそんなすばらしいお宅から、こんなシケたアパートに引っ越してきたんですか?」
とか
「夜勤のドアマンはモテなさそうなヨシュア君だからちょっと気の毒です」
とか、ピント外れなコメントを送りたくてうずうずしているんですが、さすがに控えています。ましてや
「私はシャワーはお昼過ぎに浴びるので、毎朝お湯が出ないなんて全然気がつきませんでした」
なんて書いたら絶対袋だたきに遭うと思ったので、これも控えました。
そしたらある日、こんなコメントが掲載されました。
ジョーというなんとなく冴えない名前の男です。

『どうしてボクはお湯が出ないことに気がつかなかったのかな、と考え、はっと気づきました。ボクは毎朝みなさんより少し遅めにシャワーを浴びるからです。大体朝8時から10時の間です。その時にはお湯はいつも出ます。そして、夜中の3時頃手を洗う時もお湯はちゃんと出ました。だからボクは、早朝4時頃から7時半ぐらいまでがボイラーストップの時間帯じゃないのか、と推理します』

ジョー。
見事に地雷を踏みました。
わたしゃ読んでいてキモが冷えましたよ。
根性が座っているのか、果てし無く無神経なのか、それともただのアホなのか。
そんなアンタの推理なんか、誰も聞きたくないんだよ、ジョー。
そして、アンタの日常生活を語ったところで、皆の神経を逆なでするだけなんだよ、ジョー。
それに、朝のシャワーはまあいいとして、夜中の3時に手を洗うって一体何なんですか?わざわざ語るほどのことか?大体毎晩3時に手を洗うのか、ジョー?
わからん。
さっぱりわからん。
そして案の定、このジョーの発言以降、ぴったりとボイラー問題は語られなくなりました。
幸いだったのはジョーが自分の部屋番号を記載していなかったことです。
隠せ。隠し通すんだ、ジョー。
バレたらハバにされることは間違いないぞ、ジョー。
でもどんなヤツなんだろう、ジョー。
ちょっと見てみたい気もするなあ…。

|

« ロシア的苦しみ | トップページ | 超多忙につき »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ロンドン野郎の職場の大先輩が仰っていました。 初めてお仕事でアメリカに行って何にビックリしたかって、『蛇口をひねると当たり前のようにお湯が出てくること』、だったそうです。

確かにアメリカでは、職場でも、マクドでも、どんな場末のレストランでも、洗面所でお湯が出ますよね。 考えてみれば、常にエネルギーを使ってお湯を沸かしてタンクに貯めているんですよね。 地球環境が叫ばれるこの時代、これってスゴイ贅沢かも。

日本も最近は多少変わってきているかも知れませんが、お湯がいつでも出る洗面所って、ホテルくらいじゃないでしょうか。 使うときに使うだけお湯は沸かすってのが日本的だと思うのですが・・・(もっとも深夜電気温水器なんてものもありますけどね)

ちなみに今日のロンドン野郎は南アフリカにいますが、ここのホテルでもお湯は当たり前のようにちゃんと出ました。

投稿: ロンドン野郎 | 2008年10月31日 (金) 16時10分

私もピント外れなコメントを。私は午後に帝王切開で生んでその夜には立ったり座ったりさせられ軽く歩かされて、翌日はシャワーも浴び、その翌日には退院でした。まぁまぁ痛かったんですけど…日本なら自然分娩で一週間、切開で二週間くらいと聞きましたが、アメリカじゃ3~4日が普通なんですか??

投稿: 8ban | 2008年10月31日 (金) 09時45分

うふふ。わたしもそういう的をはずれたコメントをしそうです。
きっとジョーさんは芸術家かなんかで3時ごろまでキャンバスに向かっているのでは。んで終わって3時ごろに手を洗ってベッドに入り、朝8時~10時の間に起きてシャワーを浴びるんですねっ。睡眠時間短いな。ジョー。
でもまあ、みなさんのおっしゃることももっともですよねえ・・・

投稿: yayo | 2008年10月31日 (金) 03時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロシア的苦しみ | トップページ | 超多忙につき »