« Slumdog Millionair | トップページ | 朝練 »

2008年11月19日 (水)

アパートの選挙

本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ

このところ、時々さぼってしまってすみません。
突発的に忙しくなったり、そのせいかチョー疲れてバターと寝てしまったりするんです。
明日も早朝からバタバタと忙しくなる予定です。
明日の早朝といえば、私のアパートの『ボードメンバー』選挙が、明日早朝締め切りなんです。
『ボードメンバー』といいますと、ええと、なんていうんですかね。住民組合の代表?かな?
まあ、住んでいるビルの中の取り決めごとなんかを、メンバーが集まって会議を開き、決定する、という仕組みです。例えば『このビルはペット禁止ビルにしよう』と誰かが提案し、多数決?(だと思う)でボードが決定すると、そのビルはペット禁止になってしまいます。
『ミーハー禁止』とか『犬オタク禁止』とか『キリギリス禁止』なんかになったら、私は一発でアウトです。
でも、すでに住んでしまっている人には、こういった『犬禁止』なんかは適用されず、新規の住民はペット禁止、既に住んでいる人も新たにペットを追加することは禁止、という感じの取り決めになります。

私のアパートにも、すでにボードのおじさん(だと思う。しかもインドのおじさん)がボードメンバーとして大活躍しているのですが、最近『あと二名選出』という通達がやってきました。
候補者は四人。男性三人に女性一人です。
それぞれの皆さんが、部屋番号と氏名、そして自分のプロフィールと、『なぜ自分がボードにふさわしいのか』『なぜボードメンバーになりたいのか』を記入した紙が配られ、二名選びなさい、と書かれていました。
ふむふむ…とロビーで読んでいると、ハンディーマンのマイク(55歳に見えたけど35歳だった人)がやってきて「ああ。それ読んだ?」と話しかけてきました。

「まだ読んでないけど?」

「面白かったよ」

「面白いの??」

「わけのわからん事書いてるヤツが一人居て、バカ受けした」

何がどうわけがわからんのかと思って、彼と一緒にエレベーターに乗り込みながら、候補者のプロフィールに目を走らせました。
すると、候補者リストの一番上の人が、こんなことを書いていました。

『私はすでに、皆さんのアパートに取り付ける網戸のことで、東奔西走し、皆さんの快適な住環境のために十二分に尽くしました。今後は、バスタブをジャグジーに取り替え、バルコニーを改造して、トイレをウォシュレットにすることをここに公約します』

マジでかっっ!

思わず独り言を言うと、マイクが言いました。

「ね。笑えるでしょ?」

「彼…冗談のつもりかな…?」

「とんでもない!マジもマジ。大マジだよ!誰か彼に投票するようなマヌケ、このビルにいるのかな?」

うっ…。思わずコイツに投票しようかと思った矢先にマイクに先を越されました。
大体よく考えたら、ボードメンバーがどんなに騒ぎ立てても、風呂がジャグジーになったりトイレがウォシュレットになるわけがありません。
ていうか、換えるのは自由だろうけど、支払うのは各個人だし。
ていうか、コイツが払ってくれてジャグジーやウォシュレットにアップグレードしてもらえるんだったら、アパート住人全員とアパート住犬全員がコイツに投票するし。

ということで、本日締め切りだったんですが、結局私は投票しませんでした。
よく考えたら、日本でも一度も投票したことがない私。
こうなったら意地でも一生投票しないで行こうかな(そのことに何の意味が?)。

|

« Slumdog Millionair | トップページ | 朝練 »

ブルックリン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Slumdog Millionair | トップページ | 朝練 »