« 早起きの理由 | トップページ | 本日の食い意地 »

2008年11月14日 (金)

ポールファン

本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ


ポールファンといいましても、私の神ポール・マッカートニーではありませんです。
消防士ポールさんです。
密かにファン急増中(ほんとか?)らしく、先日の写真撮影後も『ポールの大きい写真を!』というリクエストもいただきましたので、雑誌発売に際しましてお写真等アップさせていただきます。

雑誌名はFree & Easy。
サブタイトルは『それは、ブーツマンが知っている』
ブーツマン…。
ブーツマンって一体…。

雑誌を広げてみましたら、ブーツを履いている人でした(他に何があると?)。
つまり、仕事でブーツを長年履き続け、『ブーツにその人の歴史あり』な人ですね。
その意味では、お巡りさんとか消防士さんとかは、まさしくブーツマンですよね。

Fe1
↑こんな雑誌。モノにこだわるハードな男の雑誌(と思う)。
しかしひときわ気になるのは、『ペンによるハンドライティングのすゝめ』です。特に『すゝめ』が…。

撮影は制服姿のポールさんから、制服そのもの、ブーツそのもの、そして他の消防士さんの筋肉(?)などにもおよび、見学に飽きたチョビをつれて近所をうろつき、小1時間後に戻ったら、まだブーツの撮影中でした。

Fe2
↑雑誌のページはこんなんです。

その人が履き続けたブーツにまつわる物語とその人、そしてもちろんブーツそのものの歴史を紹介しています。
ポールさんのこのブーツは、94年に支給されたもので、激しく使った(手荒く使ったとも言える)せいで履く時にひっぱるベルトがぶっちぎれてしまい、それでもナイフで革に穴をあけ、アホみたいなヒモをつけて履き続けているブーツです。
そしてこのブーツは、9−11の時にももちろん履いていた、グラウンドゼロの汗と涙と汚れがついている尊いブーツでもあるわけです。
まあびよよーんとぶら下がっているヒモを見ると、私の
「そのジーンズ、短すぎるのとちがう?」
という一言で、手持ちジーンズの裾を全てほどいて(しかも包丁で)長くした、ポールらしい技だと思わずにいられません。

消防士という職業は、本当に尊い職業だと思いますが、ポールさんから普段の消防署での生活ぶりを訊いていると、小学生の共同生活?と思うようなエピソードも満載です。
この間も、非番の消防士のロッカーに貼ってあったガールフレンドの写真に鼻眼鏡とひげを落書きしたアホがいて、それを出勤してきた彼が発見し、殴り合いの大げんかに発展したという、そんな人たちにシティーの安全を託して大丈夫なんだろうか?というようなエピソードを聞いたばかりです。
死と隣り合わせだけど、アホとも隣り合わせな彼らの日常生活。
シリアスなんだか何なんだかよくわかりませんが、とにもかくにも皆さん、今日も明日も怪我無く無事でお勤めされますように。

そうそう。先日は、夜のチョビ散歩中、交差点を渡っていたら突然サーチライトにビカーッッと照らし出され、何っっ??と驚いて立ちすくんでいたら、ポールの消防車がまるで犯人追跡のように私を照らしていました。
慌てて歩道に避難しましたが、対向車線の乗用車の人が、『あの女と犬は何をしたんだ?』という目で見ていました。
その後ポールさんが通りの脇に消防車を停め、わらわらと消防士さんたちが降りて来て『ハーイ』なんて挨拶してくれました。で、あらあらあらと驚いたんですが、数年前に本の撮影で消防署に伺ったときと比べると、年齢層がぐぐっと若返り、イケメン度がぐぐっとあがっていました。
その後、ブアブアーン!と警笛を鳴らしながら走り去っていく消防車を見送っていたら、目の前のレストランから顔見知りのウエイター君が目を丸くしていました。
あ。その時、彼らは別に出動後だった訳ではなく、御天気の良いのどかな夜だったので、消防車でドライブしていたそうですよ。6人揃って。しかも消火服で。

Ff_paul_7724_2
↑中年映画俳優みたいに見えなくもないですね。

|

« 早起きの理由 | トップページ | 本日の食い意地 »

お友達」カテゴリの記事

コメント

リンコさん、お腹の具合はもう大丈夫ですか~?
私もノロにやられたことがありますが、症状がロンドン野郎さんが書かれてる通りで、ホント、死ぬかと思いました。
お大事になさってくださいね。

早速、雑誌を買って、ウホウホしながら読みましたよー♪(眺めまくりました)
ポールさん、顔の幅が狭くて小さくて、ハンサムさんですねー。
ポールさんのブーツはポールさんと共に歩み、生きてきた証でもあるのですね。
どの写真もすごく素敵で、ポールさんのページ、永久保存します。

投稿: wasabi | 2008年11月16日 (日) 11時06分

う~ん、残念。 だれか出版社の関係者の方がおられたら、リンコさんに一声! 是非。

ノロウィルス(いつ聞いても間抜けな名前ですね)。 ロンドン野郎もかれこれその昔、ギリシャのエーゲ海の某島で生あさりをいい気になって食って、当たりました。 みごとに。 三日三晩、ひどい下○と発熱で。 本当に命の危険を感じるくらい。 ノロウィルスは人の小腸で増殖するので、丸一日から二日くらいの時間差でやってきます。 だから、原因はロシア屋さんじゃないかも知れませんよ。

投稿: ロンドン野郎 | 2008年11月16日 (日) 09時35分

★みなさーん。いつもコメントと応援クリック、ありがとうございます!
これから冬本番ですが、お風邪などひかれてませんか?気をつけてくださいねっ。そういえば、先日のロシア料理翌日胃痛ですが、食べ過ぎとか食あたりではなく、どうやらノロウィルスにやられたぽいです。皆さんもホント、気をつけてくださいねっ。
ポールさん掲載雑誌ですが、記事は私が書いた物ではないんです。残念ながら。誰か雑誌のお仕事くださーい。ペコペコ。

投稿: リンコ | 2008年11月16日 (日) 01時47分

いや、こりゃ、なかなか、ほんと、かっこええですねぇ。 ポールさんファンが一挙に増えそう。 ところで、雑誌の文章はリンコさんが書かれたのですか?

投稿: ロンドン野郎 | 2008年11月15日 (土) 11時10分

ポールさん、素敵すぎますheart04

さすがニューヨークの消防士sign03

カッコ良すぎますねlovely

投稿: れんこん | 2008年11月15日 (土) 08時23分

ポールさん!もうもう!映画俳優みたいじゃないですか!素敵~!

ドライブしてていいんですかい?と突っ込みを入れたくなりますね。りんこさんをガーっ!と照らしたりして遊んじゃったりなんかして!
命がけのお仕事をしているんですもんね。どっかで気を抜かないと。
やるときゃやる!遊びは遊びっすよね!格好いいな~!

投稿: みさ | 2008年11月15日 (土) 04時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早起きの理由 | トップページ | 本日の食い意地 »