« ヨン様弁当 | トップページ | コンちゃんの秘密 »

2008年11月30日 (日)

バレエ鑑賞

先日、お友達のブルーシャさんが誘ってくださって、念願の『くるみ割り人形』のバレエ鑑賞に行ってきました!
念願の…といいますのはですね、ずっと前に一度書いたことがある私の愛読マンガ『テレプシコーラ』で、たくさんのエピソードがこの『くるみ割り人形』の公演シーンに含まれていたものですから、一度生で見てみたい、ってずっと思っていたんです。
あと、私はやっぱりバレエ、特にクラシックバレエがダンスの中では一番好きらしいということにも気づきました。

なので今回のバレエ鑑賞は期待大大大!

Ballet1
↑はりきって早く着きすぎたので、リンカーンセンターの写真を撮ってみました。
手前の塀はなんだか工事中らしくて、例年はここにキレイなクリスマスツリーが飾られているのに今年は塀。

Ballet2
↑うれしくってポスターまで撮ってみたけど、よく見たら左のは違う演し物だったか?

Ballet3
↑ブルーシャさんに頂いた黄金のプレスチケット。感激。

Ballet5
↑ちょっとだけドレスアップ気味な人たちで一杯。

こんな混み混みのロビーで、コーヒーでも買おうかな、とショップの前でぼんやり立っていたら、背後から怪しい声が。

「ハロウ…」

なんだか背中に張り付いているかのように、至近距離から聞こえる怪しい声。

「な、なんですか?」

ちょっと警戒して振り向くと、そこにいたのは妙齢の美女。アメリカ人の女性です。
そして、彼女が着ていたコートは、まさしくその夜私が着ていたコートと寸分違わぬ同じ品物。

「ぎ、ぎえええっ」

その時着ていたコートは、ものすごーくものすごおーーーーーーーーく変わったデザインの物だったんです。例えて言うなら、とろろ昆布を体にまきつけて、首の周りにタルトケーキの土台を巻き付けた様な感じのデザインです。
だから、私もそんなコートを着ている人と偶然街で出会うなんて夢にも思ってませんでした。いやー、びっくりしましたー。

「あーびっくりしたわ。私、コレを買う時、こんなに変わったデザインのコート、絶対ほかに着ている人はいないって思ってたんだけど…あっはっはっはっははっは!!」

大笑いしていた彼女は、細身ですらりとしたブルネット美女。
なんとなくうれしかったです。こんな美女が私と趣味が似ていて(そうなのか?)、とろろ昆布でタルトなコートを着ているなんて。

じゃあねー、なんて手を振って彼女と別れ、ブルーシャさんと一緒に席に着きました。
プレス席って鑑賞記事をちゃんと書けるように、とっても良い席がもらえるんですが、今回もど真ん中の素晴らしい席でした!あーブルーシャさん、本当にありがとう〜。

くるみ割り人形は、期待通り。まるで夢の世界にいるような気持ちにさせてくれる、素晴らしく美しい舞台でした〜。
私がマンガで仕入れた知識とは舞台構成が違っていて、子供達(クララやフリッツ、チビ王子なんか)はほとんど踊らず、ニコニコと可愛らしい笑顔を振りまき、優雅に動き回り、しまいにゃ大人が必死のパッチで踊っているうしろで、テラス席みたいな所に座って雑談なんかしてましたけどね。
でも、舞台を見ながら
「あー。ここで千花ちゃんが転んで怪我したんだわー、あんなに雪を降らせて大丈夫なのかなあ(テレプシコーラね)」とか、
「ドロッセルマイヤーが案外じいさん役だなあ」とか
「あーネズミの王様、やっぱりキモいわー」とか、あれこれ想像できて本当に楽しめました。
そしてやっぱり疑問だったのが、『あんなブキミなクルミ割り人形をもらって本当にクララはうれしかったのか?』です。

Ballet7
↑だってコイツですよコイツ。コイツが夜中にベッド横になんかいたら、絶対チビります。コイツが夜中に玄関開けて入って来たら、その場でチビります。帰宅して玄関あけたら、コイツがソファに座ってテレビなんか見てたらもうホントにチビります。

Ballet8
↑でもうれしそうですクララ。ちなみにドロッセルマイヤーの甥っこ役の男の子(左の子)、ハンサムです。自分の子供がこんな子だったら…って想像したらちょっと怖かったですけど。

Ballet9
↑雪の精の踊り。夢みたいにキレイでした〜。

本当に本当に夢みたいに奇麗な舞台。
そして、脳内で曲名と音楽、作曲家、絵画、画家、小説、作家、全てが全く繋がっていない私なんですが、くるみ割り人形の劇中音楽のほぼ全てが超有名曲で、あっこれはヨーロッパの景色の音楽だ! とか、あっこれは運動会の曲だっ! とか思うような曲ばかりでした。そうか。くるみ割り人形の音楽だったのか。って感動しました。今更なアホな感動でしたけど…。
あー。次生まれて来たらバレリーナになりたいなあ。
いや、待てよ。
一回練習に参加してエラい目に遭ったんだったなあ。やっぱり無理かなあ。
だってきっと、何回生まれ変わってきても、きっと私は根性無しのキリギリスなことはずっと変わらない気がするし。あんなにキレイで夢みたいなバレエだけど、ものすごい努力と根性と体力と才能が必要な、過酷な芸術なんだし、やっぱ私には無理か。
じゃ、次はチョビに生まれ変わってくることにします。はい。

根性無しでも朝練は続いています!
そして3位キープです!ありがとうございます!
本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
↓↓↓↓↓↓↓↓
人気エッセイブログ
海外ブログ

|

« ヨン様弁当 | トップページ | コンちゃんの秘密 »

ニューヨーク」カテゴリの記事

コメント

バレエって実際みたらおもしろいんですね??
そういった機会が全くないので・・笑

そういえばチョビは元気ですか?
またチョビネタ書いてくださ~い♪

投稿: けいこ | 2008年12月 1日 (月) 10時51分

うわ〜いいな、くるみ(◎´∀`)ノ NYCBのは一度ぜひ観てみたいんですよね。
今まで観た中では、マシュー・ボーン版のくるみがお気に入りだったりします。
実は先週から、うちのバレエ教室のセンターレッスンでも先生がくるみの音楽使ってはります。ああ、年末ですわ。


投稿: 卯月堂 | 2008年12月 1日 (月) 08時02分

NYCBのくるみ観たんですね~羨ましいです!

いつか観たいと思っているんですけどなかなか時期が合わなくて…
このカンパニーの雪の場面は他のカンパニーとはちょっと違って、雪のボンボン?みたいなの持っているじゃないですか。あれが観たくてしょうがないんですよね。

あ、くるみ割り人形はだいたいどこのカンパニーでもあまり可愛くないんですけど、まぁ、クリスマスの夢物語って事で、軽く流してやってください。

投稿: EVA | 2008年12月 1日 (月) 03時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヨン様弁当 | トップページ | コンちゃんの秘密 »