« インドな病院<4> | トップページ | インドな病院<6> »

2009年1月30日 (金)

インドな病院<5>

「いや。あの。その小瓶は一体何ですか?これからどうなるんですか?」

チョッキ医者(ていうか、ホントに医者なのかどうか何もかもわからん)に訊ねると

「なんだ。さっきのドクターが言ってた事を、君は全く理解していなかったんだな」

理解していなかったんだな、と来たよ。
そうですよ。理解してませんでしたよ。
はいそうですおっしゃる通りです。理解してませんでした。
全然全くしてませんでしたっ。

インドなまりの英語を文章ではうまく説明できないんですが、特に茶色医者の英語は私にはキビしかったです。

「つまりですね。彼は『健康診断や抗体検査なんかをすると350ドルもかかってしまってばかばかしいから、予防注射だけをしたほうがいいよ、って君に親切なアドバイスをしてくれたんだよ。優しいでしょ?」

…あのう…。
優しいでしょ?はいいんですけどね…。
私が予約電話をかけた時から今この瞬間まで、ずーーーーーーっっとずっとずうううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううっと言い続けてきたのは、それだったんですけど…。健康診断は日本でするから、二種類の予防注射だけしてください、って、ここに来てからすでに、18回ぐらいは言い続けてきたんですけど…。

「ということで、じゃ注射は…1、2、3、4、5、6、7…ワーオ、こんなにたくさんするんだ。ハハハ」

先刻『この中から、コレとコレの二種類の注射をしてください」と説明して手渡した予防注射リストを手に、リストの注射全種類を数えるチョッキ医者。
ワーオじゃなくてさ…。もう一回言う?このリストの中から二種類だけ注射してください、ってもう一回言ったらちゃんと理解してくれる?覚えてくれる?ちゃんとやってくれる?

もう涙目になってきました。
ですから、私が今日してもらいたい注射は、MMRっていうのとTDっていう二種類なんです。はい。もうそれだけでいいんです。簡単なことなんです。他のことは考えなくていいんです。お願いします。

「オー。MMRとTDだけ?二本だけなの?なーんだ。それじゃ簡単じゃないか」

だから…
始めからそう言うとるじゃろがっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっ!!!!

「○○は?それから△△△とかXXXはしなくていいの?」

じゃかましいいわっっっっっっっっっっっっっっっっっっ!何回『二種類だけ』って言うたら解るんじゃっっっっっ!

ハーハハハハハ!なーんだそうなんだ。ヘー。彼女、ちゃんと英語喋れてるじゃないかハハハハハ。

なんかしらけどバカ受けするインド3人組(チョッキ・丸顔・古本屋)。
笑ってくれてもいいけどさ…。
ホント。お願いしますよ。人の言ってる事、ちゃんときいてください。お願いします。

「さてと。んじゃ、これとこれとこれ、っと」
独り言を言いながら、チョッキ医者が小瓶を机に並べました。

3本あるな。大丈夫かな。二種類の注射だってわかってるのかな。

「大丈夫大丈夫。彼は東海岸で一番注射が上手なんだよ。彼の注射を痛いって思うんだったら、他の人の注射は1000倍痛いよ」

不安そうな私を見て、丸顔医者が日本語で説明してくれました。

そう?なんですか?まあそりゃ痛くないにこしたこたないんですけどね。
私はそういうことより、もっと基本的なことを心配してるんですけどね。
間違った注射をされやせんだろうか、とか、一種類多めにされないだろうか、とか、あと一番恐ろしいのは、間違った注射液を全部混ぜて一発でやられやせんだろうかとか…。


<いつまで続くインド物語。あー痛い(何が?)待て!次号!>
完全に図に乗っています。そんなリンコさんに、プリーズワンクリック!(は?)

人気ブログランキングへ
海外ブログランキングへ

|

« インドな病院<4> | トップページ | インドな病院<6> »

ブルックリン」カテゴリの記事

コメント

私はチャイナタウンのど真ん中にある医者のところでグリーンカード用の注射うけましたけどね(だってうちの弁護士がそこが安くて一番いいって言うから。。。)丸顔で英語も日本語も話せないチャイニーズのかわいいおっさん(私が行ったときはコンピュータでマージャンゲームに没頭中)が、身振り手振りで「腕まくって」とか指示しつつプスっと5分で終わりました。

投稿: yuki | 2009年1月31日 (土) 06時16分

リンコさんのインドな病院の連載を読んだからって訳でもないのですが、今日は日本語を話すインド人のいるご近所のインド料理屋さんに行ってきました。 まあ、日本の話ですから、別に驚くには当たりませんが。

前にもコメントしましたが、インド人の英語って本当に分かりにくいですよね。 でも、ここで気をつけなければいけないのは、実は彼ら自身は英国本流の正統派のきちんとした完璧な英語を話しているって、本気で信じ切っている場合があるんですよ。

自分の英語がどんなかって言われりゃ、他人のことは言えませんが・・・

待ちます!次号!

投稿: ロンドン野郎 | 2009年1月31日 (土) 04時43分

どさくさにまぎれて、今日ワシントンDCからニューヨークに入りました。
相変らず騒々しい街だこと。でも、そこが大好きなんですけどね。
ドクターに話が通じないのは困りものですね。
今回、リンコさんは予防注射とのことですが、ほんとの病気で苦しんで意識朦朧なんてときだったら一大事ですよね。
大体、米国は医療費高すぎです。
かく言う僕も、食いすぎのせいかさっきからむかつきが・・・
うぅ、この地では医者にかかりたくない・・・

投稿: 耳の長いわんこが好き! | 2009年1月31日 (土) 01時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インドな病院<4> | トップページ | インドな病院<6> »