« 『ミスター・プレジデントでいいじゃないか』 | トップページ | その後のアルバート一休 »

2009年1月24日 (土)

グリーンカード

三日ぶりでございます。
サボってしまってすみません。実は、ようやくグリーンカードの手続きが最終段階を迎え、にわかに慌ただしくなってきました。
グリーンカード取得のための面接が東京のアメリカ大使館で行われるため、日本に帰るんですが、その前に色々準備しなければいけないんです。
チョビの御飯を余分に注文しておくとか、チョビのおやつの買い置きをしておくとか、チョビを奇麗に洗っておくとか、チョビのお散歩をたくさんして御機嫌取りをしておくとか。
チョビ関係が最優先ですが、他にも健康診断を受けて証明書を提出しなければいけないので、その準備もあります。
グリーンカードにも色々と種類がありますので、私のケースが他の人全員に当てはまるというわけではありませんが、健康診断は恐らくグリーンカード取得の為には必須なんじゃないかと思います。
そして、予防注射を受けなければいけないのですが、その注射というのが、おたふくかぜ、はしか、風疹とあとなんだったかな?なんか忘れたんですが、全て日本人ならほぼ全員がすでに接種済みもしくは感染済みで、体内には抗体があるはずのものばかりです。
が。
接種済みの証明ができなければならず、それが無理なので抗体検査を受けるか、その手続き(検査から結果がでるまで1週間もかかる)が面倒なら、ビシーッと注射を受けてしまえば良いということなんです。
だけど、注射ってあまり気が進みません。予防注射の証明があれば免除されるらしいんですが、そんな証明ってあるのかな?
で、まずはリン母に電話して訊いてみることにしました。

「お母さん。私、おたふくかぜとはしかと風疹の予防注射って受けたことある?」

「アンタってお母さんのお腹の中に11ヶ月以上いたもんだから、元々抗体があったのかなんか、どの病気も全部軽くてねえ」

はあ。それはもう、百年ぐらい前から八十億回ぐらい聞かされ続けました。あんまり私の症状が軽かったもんだから、近所のガキ軍団が母親に連れられて「レイコちゃんにうつしてもらいなさい」ってやってきたんだったよねえ。そんでもって、うつったガキ共は、むっちゃくちゃ症状が重くて死にそうに苦しんだんだよねえ。ホント。八十億回ぐらい聞きました。はい。

「そうーなのよレイコちゃんったら」

でもそれは別に私のせいじゃないっていうか。

「アンタってほんとに、どの病気もみんなアホみたいに症状が軽くて」

アホみたいにって…。

「昔っからホントに丈夫でねえ」

はあ…。まあそれはそれとして…。

「お乳も全然飲まないのに、毎日毎日ブクブクブクブク太ってね。お母さんはその頃身長が162ぐらいあったのに体重が36キロしかなくて、アンタのこと抱っこしてたら近所の奥さんが『まあー奥さん。そんな大きな赤ちゃんどこに入ってたの?』って訊くのよー」

もう…はい…それも90億回ぐらいききました…。でね。お母さん。今日電話したのはね…

「大体アンタの事産む直前までほとんどお腹が目立たなかったから、近所の奥さん方に『まあー。いつの間にそんな大きな赤ちゃんを?』ってしょっちゅう言われてねえ」

もう。はい。そうです。はい。大きかったんですね、私。大きい赤ちゃん。はい。あのそれでね…。

「予定日が10月26日だったのに、ぜんぜん産まれる気配がコソともしなくてねえ。お医者さんも『これはナマケモノの赤ちゃんですねえ』って言われてね。陣痛促進剤打たれてもぜんっっっっっぜん出てこなくて」

…はあ…なんていうか、その話も110億回ぐらい聞いたっていうか…。

「それでまた、お兄ちゃんの時は未熟児で産まれたのに、アンタなんか産まれた時、ものすごい大きくて重たくて、髪の毛なんか肩まで伸びててねえ」

ええもうはい。それも120億回ぐらい聞きました。友だちにその話すると『ウゲッ』って気色悪がられます。はい。

「しかもなんか笑ってたわ」

産まれた瞬間に!!それは初耳!!!

「産まれた瞬間に笑うわけないでしょっ。ばかっっっ」

ば、ばか…って…。

「いっつも機嫌の良い赤ちゃんだったのよ。アンタが寝てる間にお母さんちょっとだけお買い物に出かけたんだけど、家に戻ったらベビーベッドの上で一人でおすわりしてて、『あらーレイコちゃん、おっきしてたの?ごめんねー』って慌てて駆け寄ったら、ニコニコ笑ってお辞儀してくれたのよー」

赤子が!!!お辞儀を!!!!!!!!!!

「可愛かったわ〜〜〜」

なんかもう、予防注射の話はあきらめました。そんでもって、私が赤ん坊の頃ですけど、ほんっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっとに、肉のかたまりが歩いてるんか、というぐらい太ってましてね。目と鼻と口が顔にめり込んでる感じの赤ん坊でした。それを細身の母が抱っこしてる写真なんて、もうなんていうか、『何それ?』って言いたくなるぐらい、親子関係に納得がいかんうえに、よくこんな細い腕でこんな重たい物体(いや。人間だけど)を抱っこできるな、というぐらい重量級でした。

結局。
予防注射や抗体の話はうやむやになったまま、リン母との会話は終了。
仕方ないのでこちらの病院で注射してから日本に帰国するか。と思って色々と調べものをしていたら、翌日またリン母から電話がありました。

「ああレイコちゃん。お母さんあれから必死で家捜ししてね。母子手帳見つけたのよー」

あらっ。すみませんお手数おかけしちゃって!で?予防注射の記録かなんか見つかったんでしょうか?

「それがお母さん、最初の母子手帳を一回無くしてね。再発行してもらったんだけど、その再発行してもらった手帳は見つかったんだけど、その前の予防注射の記録が載ってる手帳は見つからなかったのよー」

…あ、そう。そりゃしょうがないね。無くして再発行してもらったんだから、無くしたやつは見つかるわけないねえ…。

「そしたらねえ。レイコちゃん。はっっはっっはっはっは」

な。なんですか…?

「アンタってば、産まれた時、3620グラムでねえ。お母さんが妊娠4ヶ月で体重46キロだったのが、アンタを産む直前に53キロだったのよ。ということは、羊水が赤ちゃんの倍あるから、お母さんはちょうどアンタの分だけ体重が増えてたわけね」

ほうほう。

「それでねえ。はっっはっはっはっはっははっは」

あのう…。

「アンタの産まれた時、胸囲が31センチ、頭周りが35センチだって!!!はっはっっはっはっはっはっははっは!!!頭が胸囲より大きいってどうなの??はっっはっはっははっっはっはっははっあっはっっはっはっははっはっは!!!」

…お、お母さん…

「アンタ今頭何センチ??」

し、知らんっっ!!

「アンタって頭大きいのかしらっっはっっはっはっははっはっははっっはっははっははっっは!!!」

リン母。笑いたいだけ笑って電話は終わりました。
予防注射のことで電話をかけ、何の成果も得られなかったばかりか、実の母に頭のデカさでここまで笑われた私って一体。

可哀相なリンコさんに清きワンクリックをお願いいたします!
↓            ↓
人気ブログランキングへ
海外ブログランキングへ

|

« 『ミスター・プレジデントでいいじゃないか』 | トップページ | その後のアルバート一休 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私もGCとりました。ひとつだけ引っかかったというか、日本はツベルクリン反応っていうのをやるじゃないですか。
陽性、陰性って。 アメリカの場合 これが陽性だと薬処方されて、これ1年間飲みなさい。って言われるのです。
書類にも 彼女は陽性、ただし薬を処方した。 と書かれました。 アメリカ人はTivaculaってのを子供の頃 予防接種としてやらないので 陰性が当たり前みたいです。
GCまでもう少しですね。  

投稿: Vino | 2009年1月26日 (月) 11時52分

いや~可愛いなぁ^^
胸より頭の方がおっきくて、お辞儀までしちゃう赤ちゃん!自分の赤ちゃんの頃の話って面白いですよね(笑)
ちなみに私は産まれたとき肌がいやに赤黒く(のちに色黒へ)、寝起きの良すぎる赤子だったと言われました^^;

投稿: JADY | 2009年1月26日 (月) 08時33分

りんこさん、はじめまして。

毎回ブログを読ませてもらっているのですが
あまりに今回の出産秘話が面白くて、
思わずカキこんでしまいました。

11ヶ月以上もお腹にいる赤ちゃん・・・・初めてです。
そんなこと聞いたの・・・。
しかも髪が肩まで!!ひぃ~~~

私は生まれたときはいたって普通の赤子でした。
面白い話しもなく・・・。
でも誕生日は北のお国の将軍様と同じです。
毎年美女軍団が踊ってくれます。

チョビ、かわいいですね~~~。
うちにも駄犬が2匹もいます。
1匹はシェットランドシープドッグとビーグルのハーフ、
もう1匹は大きくてポメラニアンに見えないポメラニアンです。
チョビの話しなど共感できることがたくさんです。

また楽しみにしていますので、UPしてくださいね!

投稿: Sally | 2009年1月26日 (月) 02時41分

リンコさん、

”はじめまして”のHNでまだ行かせていただきます。
このGCのお話でひとつ。わたしも種類はリンコさんとはちがうのでしょうが、同じことをしたものの一人としてコメントさせていただきます。まずは、わたしも、
時間とお金の削減から下記のことを;

1)母子手帳を用意した。(これは本当にsave moneyでした)

2)(1)で不十分なものは抗体検査をせず、ぶすっと注射をした。

3)リンコさんは検診は日本でされなくてもいいのですか?でしたらいいですが、わたしは指定の病院(東京)に行くことを言われました。これが、また。。。

この辺で控えておきます。(色々と不都合があってはいけませんので。)

早く終わって帰ってこれるといいですね。リンコさんの旅日記を読むと、いつもチョビちゃんの事を心配します。わたしも最愛のわんこがいたのでお気持ちはよくわかります。それにしても、チョビちゃんっておっとりしていてほんとうに可愛いですね。

投稿: はじめまして | 2009年1月25日 (日) 20時37分

とても慌しいようですね。

>頭が胸囲より大きいってどうなの?
って、赤ちゃんだったら普通ですよね。
おとなだったら頭が重くて、ちょっとたいへんですけど。

そんなことを笑いたいだけ笑ってしまうリンコさんのお母さんが素敵です。

私事ですが明日からワシントンDCに行きまして、30日にはマンハッタンに入ります。
なんか、えらく寒そう・・・うぅ・・・

投稿: 耳の長いわんこが好き! | 2009年1月25日 (日) 18時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『ミスター・プレジデントでいいじゃないか』 | トップページ | その後のアルバート一休 »