« ケビン・ベーコン | トップページ | マイナス23度 »

2009年1月14日 (水)

Six Degrees of Kevin Bacon

はい。ケビン・ベーコンです。
ケビン・ベーコンっていうと、フットルースって映画に出てたんでしたっけね?
私の記憶に新しいのは、2001年9ー11の後、NYに観光客を誘致するため、NY元気キャンペーンの一環で放送されたテレビコマーシャルです。
太ったおばさんが、スターの名前が色々なサンドイッチにつけられたメニューが有名なステージダイナーに入り、よっこらせっとテーブルに座るとウェイターにメニューを手渡されます。
フーン、とメニューを見たおばさん、ニーッと笑いながら
「ベン・スティラー、それとベーコンをサイドにね」
と注文します。
ウェイターが
「ベン・スティラーウィズベーコンオンザサイド!」
と大声でオーダーを通すと、店の奥のテーブルから、ベン・スティラーとケビン・ベーコンがうんざり、といった表情で立ち上がる。
次のシーンでは、おばさんのテーブルについた二人をおばさんがニコニコしながら見渡し、「持ち帰りにするわ」
と言い放つんです。
あれは本当に洒落てて面白いコマーシャルでした。特に立ち上がった時の、ベンスティラーの諦め切った表情と、死ぬほどうんざりしたケビンベーコンの表情は秀逸でした。

そんなケビンベーコンにまつわる、面白いゲームがあるんです。
それは、『シックスディグリーズオブケビンベーコン』。
元々は、ケビンベーコンが「ボクはハリウッドのスター全員と共演したことがある」と言ったことから始まったという説があるこのゲームなんですが、ケビン・ベーコンと共演した人を「No.1」とし、No.1の俳優と共演した人をNo.2とするもので、ほとんどの俳優がNo.3までには入ってしまうというものだそうです。日本人でも、役所広司 はNo.2、美輪明宏はNo.3となり、誰でも辿っていくとケビン・ベーコンに行きつくらしいんですが、この法則を使うと、なんと世界中の誰でもケビンベーコンにNo.6までに入るんだそうですよ。
別に私はケビンベーコンにはたどり着きたくなかったので、最初全く興味が湧かなかったんですが、あるときポールさん(消防士のほう)に言われたんですよ。

「この法則で行くと、レイコはポール・マッカートニーと2ディグリーズの距離なんだね」

えげっっっ!どうしてっっっ!!??

「だって、去年ポールを追いかけ回してハンプトンズに行ったとき、ポールマッカートニーの友だちのレストランオーナーと知り合いになったじゃない。彼がポールマッカートニーから1ディグリー、そしてレイコは2ディグリーズってわけじゃない?」

おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっっっっ!!!
そそそ、そういわれてみればそうかもっっっっ!!!
と、いうことはっっっ。
ヨン様とだって私は2ディグリーズ!!??

「そうなんじゃない?」

おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお。に、にわかにコーフンしてきました!
私のお友達Mさんは、ジョンボンジョビの大ファンですが、彼女だってジョン様からは、3ディグリーズの距離です。何故なら、彼女と面識のある消防士ポールさんの消防署に、ジョン様の甥っ子が働いているからです。ジョン様→甥っ子(1ディグリー)→ポールさん(2ディグリーズ)→Mさん(3ディグリーズ)。
凄い。
世界は狭い。
いやまてよ。すると私はジョンレノンから3ディグリーズの距離なわけね?
あった事が無くても、ポールマッカートニーを2ディグリーズの距離に入れると、その知り合いのジョンは3ディグリーズになるわけね?
ほら。
世界中が繋がりそうです。
すごいと思いませんか?
コレ、単純でアホかと思うようなゲームですけど、色々やってみるとかなり面白いですよ。ちなみにケビンベーコンも自分の子供としょっちゅうこのゲームをやって遊ぶそうです。私とケビンベーコンも6ディグリーズの中に入るのかしら?
別にうれしくないけど、ちょっとヘンな感じです。


ヨン様とポールマッカートニー以外に興味は無いが、
なんとなく野次馬根性で、いろんな著名人と繋がってみたいミーハーリンコさんに
お情けのワンクリックをお願いします!
人気ブログランキングへ
海外ブログランキングへ

|

« ケビン・ベーコン | トップページ | マイナス23度 »

くだらないこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ケビン・ベーコン | トップページ | マイナス23度 »