« グリーンカード健康診断 | トップページ | ありがとうございます! »

2009年2月17日 (火)

いよいよ面接

本題に入る前にですね。
昨日の『ブタの皮』について、食いついて来たのがコンちゃんだけというなんとなく寂しい結果なんですが、ブタの皮移植は事実です。
ゴルフカートから転落し、右ヒザを酷く擦りむき(ていうか、身まで見えてました。すごかったです)、巨大歯ブラシで傷口をゴシゴシこすられ(死ぬかと思ったわっ)、挙げ句にベローンとした茶色いものをピンセットでつまんで迫って来たお医者さんに「なな、何ですかそれはっ」と訊いたら「あ、これ?ブタの皮。これ、つけないと傷口が酷く残るからね。はいヒザ出して」と言われ、有無を言わせずブタ皮移植されました。でもその四角いブタ皮の跡は、私の右ヒザにしっかり残ってます。はい。でも今よくよく考えたら、もしかしてまさかひょっとして、私ってまた騙された?医者にまで?
真実は闇の中です…。

本日午前10時から、グリーンカードの面接でした。
思えば長かったこの道のり(ホントはあんまし長くなかったけど)。
やっとたどり着いた面接です。
書類の準備にも大変な労力と手間も大変でしたが、申請書類や推薦状を作るために協力してくださった、関係各企業の皆さんとお友達の協力があってこそのこの日です。

さて。
人生全般的に無計画だけど、意外に用意周到なところもあるリンコ。
昨日の健康診断に続き、今日も予約の時間が午前10時だけど、早めに行っておこうと思い、午前8時半到着を目指し、午前7時起床。
シャワーを浴び、何故か普段よりも入念にお化粧をし、この日の為に準備してきた黒い真面目そうなスーツに着替え、ちゃんとしたパンプスを履いて出かけました。

宿泊しているホテルから米国大使館まで、徒歩約12分。
朝のさわやかな空気の中、テクテクテクテクと歩きました。
うう。
結構寒風が…。

寒さに負けて、途中ローソンに寄り道。暖かい紅茶花伝(大好物)を購入し、歩き飲みしながら再び大使館を目指します。
途中また出くわしたコンビニで、『お腹が減ったら困る』と思い、巨大メロンパンを購入。
しっかりハンドバッグにしまって、またテクテク。
思っていたより近かった大使館に到着したのは、8時42分頃。
大勢の警備員さんに「ビザはあっちビザはあっち」と指差され、ゲートからビザ申請者用の入り口に向かうと、女性の警備員さんが荷物チェックをしていました。
私の前には二人だけ。
日本人の女性とアメリカ人ぽい男性です。
女性が飲み物のペットボトルを預けているのを見て、ポッケにいれておいた紅茶花伝を必死のパッチで飲み干しました(セコい)。
アメリカ人男性がサクっと入館した後、私の番です。

おはようございまーす。

「はいおはようございます。おカバンの中、電子機器等ございませんか?」

携帯があります。

「では携帯は中でお預けくださいね。他に飲み物、食べ物等はございませんか?」

げっ。

「メロンパンが…」

「あー。それはお持ち込みになれないんですよー」

げえっっ!

「メ、メロンパン没収ですか…?」

マジでショックを受けた私の顔をみて、真面目そうな顔の警備員さんが『ブッ』と吹き出しました。でもメロンパン没収はあまりにヒドいです…。

「あとで取りに入らしてください。ここに置いておきますから」

と言いながら、警備員さんが私の大切なメロンパンをそーっと後ろの没収箱に入れました。

「つぶれないようにお願いしますね」
せっかくフカフカのメロンパンなのに、戻ってみたらぺったんこになってた、なんて悲しすぎます。

「はいどうぞあちらです」

さすがに呆れた顔の警備員さんに、先を促されました。
うう。
メロンパンちゃんが無事でありますように。

メロンパンちゃんに後ろ髪を引かれながら、ビザ申請室に向かいます。
入り口を入ると、受付テーブルに女性が座っていました。

お名前は?と訊かれ、『竹内玲子です10時面接予約です』と答えると、番号札とクリアフォルダーに入った書類を手渡され、持参した必要書類をそろえてファイルに入れ、待合室で待つようにと指示されました。
番号札の番号は230番。
待合室内には、すでに15人位人が待っています。みんな早い!

書類に記入事項を書き込み、フォルダーに色々書類を詰め込んでいたらほどなく番号が呼ばれました。
窓口で健康診断の検査結果やらパスポートやらを手渡すと、ちょっとお待ちくださいと言われました。受け付けてくれた大使館の女性は、巻き髪が美しい素敵な美女。
ほどなく戻って来た美女が
「コレ、全部お返ししますね」
と取り出したのは、山ほど提出した私の著書やら雑誌やら。
ていうか。
それ、今返してくださるんですか…?今?この場で?

「返却する封筒に入り切らないので」

重い。重いんですが。
雑誌4冊、書籍8冊。
重い。そしてカバンに入り切らない。

突き返された雑誌類を泣きながら抱え、お名前を呼ぶまでお待ちくださいと言われ、また席に戻りました。
ちなみに待合室はちょっとした病院の待合室みたいに広く、長椅子が30個ぐらい置かれています。正面に受付窓口が10個。防弾ガラスみたいに分厚いガラスで仕切られ、受け付けてくれる大使館職員の人たちとは、窓に空いた穴越しに話をします。

書類記入事項のことで2度ほど窓口に呼ばれた後、指紋採取でまた窓口に呼ばれました。この間約40分ほど。
指紋採取が終わった時点で「次は面接ですので、しばらく席でお待ちください」と云われました。ほう。この調子だと順調に10時には面接かな?

座って本を読んで待っていると、睡魔大王が頭所をぐるぐる回り始めました。
周囲を見渡すと、家族連れかカップルばっかり。
一人で来てるのは私だけ?
それにしてもネムい。室内の程よい温度もアダになっています。
目を半開きにして、必死のパッチで本を読んでいるフリをすること約30分。
やっと呼ばれましたよ、私の名前が。
窓口に呼ばれ行ってみると、そこにはブロンドの快活そうな女性職員が待ち構えていました。

「ハーイ。おはよう!」
英語での面接です。

「おはようございまーす!」

「じゃあ宣誓してもらいますので、右手を挙げてください」

右手ですね、はいはい。
…え?
ていうか?
今、ここで?
この状態で面接なんですか?
別室に行くとかじゃなくて?
この窓口の前に立ったまま、面接?
じゃあ、誠実そうに見えるように着て来たこの黒スーツの立場は?
こんなんでいいんだったら、上だけスーツのジャケットとブラウスで、下は腹巻きにステテコでも全然オッケーだったんじゃ?

そんな服装でホテルを出て道を歩くのか、という素朴な疑問はともかくとして、きちんとした服装をしてきた意味が全く見いだせないまま、面接は淡々と続きます。
しかも宣誓した内容は「この書類に書いてある事は全部真実であると誓いますか?」だし。
米国に貢献しますとか、米国に仇せぬ人生を送りますとか、なんかもっと凄いことを誓わされるのかと思っていた私としては、かなり拍子抜けです。
その後、雑談とも質問ともつかない会話をかわし(アメリカに何年住んでるの?とか、アメリカと日本、どっちが住み心地が良い?とか)、最後に「この書類は手荷物として機内に持ち込み、入国審査時に係官に提出してください」と、アホほど分厚い申請種類を見せられ(この場で返却されなかっただけマシか?)、パスポートは1週間ほどで返送しますね、と言われ、最後に『Congratulations』と満面の笑みで云われました。

あ。
そうか。
これで永住権取得したんだ。

ヒャー!

やったーやったーやったー!
思わず手を振って「ありがとうありがとうありがとう!」と騒いだら(他にそんな人は一人も居なかったわ)、係の女性も「よかったわねー。おめでとう!」ともう一度云ってくれました。

あー。終わったー。
これでJFKで裸踊りなんかして捕まらない限り、20年目にしてようやくの永住権取得です〜。
はー。ほっとしましたー。
後は早く家に帰ってチョビにギュウとかチュウとかしなくちゃ!!
やったーやったーやったー!!!

もうこの際、お祝いにツークリック!(?)お願いします!!

人気ブログランキングへ
海外ブログランキングへ

|

« グリーンカード健康診断 | トップページ | ありがとうございます! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございます。

新しい人生のスタートと言っても大げさではないと思います。
これからのリンコさんに幸多かることをお祈りしています。
(なんか、かたい言い方だな、こりゃ。)

ぶっちゃけ、楽しい日記をこれからも書き続けてくださいまし!!

投稿: 耳の長いわんこが好き! | 2009年2月18日 (水) 18時48分

りんこさん、おめでとうございます♪
ホントにホントに良かったですね!!!
ずっと努力されてきた自分を褒めてあげてくださいね。

今年はいっぱいいいことが起こりそうですね☆
これからもずっと応援しています♡

投稿: wasabi | 2009年2月18日 (水) 10時45分

はじめまして!

あの、急いでリンコさんに伝えたいことが!
「ペ・ヨンジュンさんの1000ピースパズル」の通販のCMやってましたよ。今!
東京(神戸?)でもやってますか?
もう知ってる情報だったら、すみません。
見た瞬間にリンコさんに知らせなきゃ!って思って。。
勝手に友達感覚でした。。
しかも商品名聞いて興奮しちゃったんで、その他の情報(会社名とか)さっぱりわかりません。すみません。。

投稿: ふに | 2009年2月18日 (水) 09時11分

おめでとうございます!
何だか、ながーいトンネルをやっと出て、光をたくさん浴びているような感じがしました。

改めて、これからも面白いお話を期待しています!

あ、JFKで裸踊りだけはやらないで下さいねー!

投稿: EVA | 2009年2月17日 (火) 22時01分

りんこさーん。おめでとうございまーす!!よかったですね!!うーん、うれしいですよね。例の病院でちょっとコメントしたものです。よかった、あの病院じゃなかったんですね。ということは、あの病院は指定医から今、外れた。。??ともあれ、全裸というのはなかなか言えずにいました。大使館の雰囲気ももう、そのとおりの様子で、「うわ、私も行ったんだー、あそこ」となつかしくなりました。書類もいっぱい作るんですよね、お金もかかるんですよね。でも、良かったですね。早く帰ってきてちょびちゃんといっぱいハグしてくださーい!

投稿: はじめまして | 2009年2月17日 (火) 21時56分

あ、言い忘れた!私も今朝メロンパンを頂きました!奇遇だね。

投稿: コン | 2009年2月17日 (火) 21時02分

ついにやったね!おめでとう!
私の場合みたいに結婚でグリーンカードを取ったり、抽選であたって取ったのではなく、玲子みたいに一人でいろんな書類を集めたり、本を出版したり、弁護士に冷たくされても負けずに頑張ってきたのはすごいと思う。皆がどんどん取得して行くのを20年間、横目で見ながらいつかきっと、、と思っていたと思う。
本当に本当におめでとう!帰ってきたらお祝いしようね!!!

ところであなたの体の1部はブタさんなんですね、、。だからブタが好きなのかな?なんだかぴったりだね。ブヒ。

投稿: コン | 2009年2月17日 (火) 21時01分

グリーンカード、おめでとうございますshine
後は空港で、分厚い書類を係員に渡して、別室へ行っちゃって下さいcoldsweats01

豚皮、スルーしちゃってすみません・・・

豚って人にそっくりだとか。
骨もそっくりで、山とかで骨が見つかって「人骨」と
されても、豚の骨ではないかと検査するそうです。
ERでカーターは豚足で縫合の練習してましたしwink

投稿: エドのママ | 2009年2月17日 (火) 20時20分

はじめまして。
いつもチョビの愛くるしい姿に身悶えしてます。

グリーンカード取得おめでとうございます!
私も没収されたメロンパンのその後が
気になります・・。
とにかくおめでとう!よかったですね!

投稿: みほ | 2009年2月17日 (火) 20時06分

永住権取得、おめでとうございます!

これで、リンコさんの著書がますます増えるのか?!
みたいな感じで、期待しております。

早くチョビちゃんと、ホヘホヘして下さい。

投稿: カピパラ | 2009年2月17日 (火) 19時06分

私も面接の時「この銀行の窓口みたいなところで面接ですかい?」と疑惑のまなざしで窓口に向いました。

面接前は本当にドキドキで、「どうしようハワイに芸能人でもないのに100回近く行って(当時)るから質問攻めかなぁ・・・・」とか色々考えたりしたんですが、
あっという間の面接(アレを面接と呼ぶのなら)で思わず腰を抜かしそうになりました。

無事に終わってお疲れ様でした。

投稿: LEHUA | 2009年2月17日 (火) 16時51分

リンコさん、グリーンカード取得おめでとうございます!
あ~、20年って長かったですね~。
その間、何回ビザの申請をしてこられたかと思うと、
ちょっとだけ、気が遠くなります。(自分と重ね合わせてしまいました。)
ところで、「メロンパンナちゃん」(あ、これ、アンパンマンの登場人物の名前でした)は、ふかふかのままだったんでしょうか?
コメントを読んで「ブタ皮」って、優秀なんですね。

投稿: Chadのママ | 2009年2月17日 (火) 11時45分

お医者さんじゃないんでよくわかりませんが・・・
豚の皮膚の組織は人に移植してもアレルギー反応がないので・・・・
火傷とかしたときには・・・・
自分の皮膚を使う場合もあるけど・・・
豚の皮膚に切れ目を入れ網状に拡げた状態にして患部に貼り付けるようですぅ・・・たしか?!(笑)

で普通のことと思ってスルーしましたぁ(笑)

あれ?
ところで・・・・
今も抽選方式の永住権取得ってあるんでしたっけ??
以前、何回か応募したけどダメでしたが・・・・


あ、スルーするところだったぁ~
メロンパンちゃんは無事だったんでしょうか?!(笑)

投稿: や!です。 | 2009年2月17日 (火) 10時24分


わたしも・・・

24年前に豚皮の移植手術を受けました。

その手術のおかげで、皮膚が一番ひどい状態にならずにすみました。

りんこさんも同じ経験をしていたとは・・・

わ~~い、仲間だ~~~~~。

投稿: うさぎねこ | 2009年2月17日 (火) 10時04分

リンコさん良かったですね!
おめでとうございます^^
帰ったらチョビちゃんに、ギュウとかチュウとかたくさんしてあげてくださいね。
きっとチョビちゃんも早くリンコさんが帰ってくるのを待ってますよ~!

投稿: JADY | 2009年2月17日 (火) 09時46分

忘れていました↓

永住権取得おめでとうございます。

投稿: HOBO | 2009年2月17日 (火) 09時11分

私も大阪のアメリカ領事館でVISA取得のためのインタビューという面接は

銀行か郵便局の窓口で一言二言交わすような「雑談」でした。私の場合

日本国籍ではないのでVISAが必要なのですが質問されたのは「何の目的で

渡米しますか」でした。色々と詳しく目的を話そうとしたのでですが、

とっさに口から出たのがsightseeingなんですが、担当官のフフーンという

答えですべてが終わって「一週間以内ににパスポートが送られます」で面接が

終わりました。

豚皮ですが移植や整形の世界では普通の話で厳密には豚皮由来の人工皮革

です。豚の各器官は(内臓も)人間に近いそうです。だから「この豚野郎」

というのは悪口でなくなる日も近いと思います(近いかどうかと言う問題?)

投稿: HOBO | 2009年2月17日 (火) 09時07分

ブタの皮に食いつかなかったロンドン野郎です。

ある意味緊張に満ちたシリアスなタイミングに、ちょっとどういう反応を示して良いのか、思いつかなかったので・・・

なにはともあれ、リンコさん、おめでとう!

面接の雰囲気はEビザの時の同僚の話とほぼ同じような感じでしたよ。 やっぱり基本は書類審査で、面接は人品確認っていったところなのでしょうかね。

日本人のアイデンティティを保ちながら、ニューヨークでの益々の活躍期待しています。

投稿: ロンドン野郎 | 2009年2月17日 (火) 07時55分

よかったね。おめでとう。
これで皆の仲間入りだね。長かったね。
本当におめでとう。
良かった。好かった。善かった。お疲れ様。

投稿: フンフン | 2009年2月17日 (火) 07時35分

リンコさん、グリーンカード取得おめでとうございます。インド風の病院での出来事を毎日日課のように読み続け、果たして本当に大丈夫なのか?と思っていたので本当に良かったですね。

『ブタの皮の移植』はジョークだと思っていました。ちょいとびっくりです。

投稿: kurara | 2009年2月17日 (火) 07時35分

ブタの皮…つっこんでいいのかわからなくてスルーしちゃいました。ごめんなさい。

って!ブタ皮よりなにより!
永住権取得おめでとうございます♪
これからも楽しいエッセイたくさーん書いてくださいね(^^)

投稿: ぶんた | 2009年2月17日 (火) 07時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グリーンカード健康診断 | トップページ | ありがとうございます! »