« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

アラフォーママちゃん八代華代子さん

チョビの体調に右往左往したりおやつを買い食いしたり大食い大会を観戦したりと忙しくしていて、ちょっとさぼってました。
今日はとてーもとても、爽やかで涼やかで清らかで可愛らしいお友達の新しい御本をご紹介させていただきます。

お友達って勝手に言っちゃいましたけど、お相手はイケメンのダンナ様と息子さんに囲まれている、セレブで有名人で美しい奥様なんですよね。しかもまだ直接お会いした事はないんですが、チョー仲良しのキヨPの紹介で、メールを交換したり御著書を送っていただいたりしているんです。
その方は八代華代子さん
日本での北海道HBCのアナウンサー、NYでのTVジャパンアナウンサーなど、華やかな経歴を経て、2005年に日本に帰国されてからは育児の傍らフリーアナウンサーとして復帰。2008年には食育インストラクターとしての資格を取得し、ますますの大活躍が期待される超可憐な美女です。何度かキヨPから噂はきいていたんですが、直接お手紙やメールをいただいて、そのまた字のきれいな事とお言葉の美しいこと、メールからジワジワジワワワーンと伝わってくる品の良さ。もーなんというか、『ハエ〜〜』って感じです。
最近、彼女が出版した初の著書、『アラフォーママのニューヨーク1000日間―仕事探しから子育てまで、女子アナママの奮戦記 』を送っていただいたので、早速うおおおおーと読ませていただきました。
やっぱりアレですよ。
品格って大切ですよね。
読めば読むほど、なんか周りに良い匂いが漂ってくるような、ほえほえほえ〜とするような、なんとも言えない清々しさと優しい気持ちが伝わってくる御本でした。なんといってもすごいのは、こんなに可愛らしくて清らかでおとなしやかなのに、強くて毅然としていて、ものすごくエネルギッシュなんです。でもそのエネルギーは、読み手に押し付けてくる感じのパワーではなく、癒してくれる感じのパワーなんですよ。
もうとにかく、良い匂いをクンクン嗅ぎながら(変態)、ほわほわほわーんと一気に読了いたしました。
実は随分長い間『アラフォー』の意味を知らず、おおアラウンドフォーティーかいな、とつい最近知って、『なんじゃそりゃ』って思ったんですけどね。
『アラフォーママ』可愛い言葉じゃないですか。
アラフォーママのカヨちゃん。
常に走りつづけているのに見ている人を疲れさせないなんて、すごい才能ですよね。
私もずっと応援したくなりました。あ。それからイケメンのダンナ様と息子さんも応援します(それかい)。
是非皆さんも書店でお手に取ってみてくださいね。
可愛いピンクの帯が目印です。
いやー。いいねえ、可愛いって。
彼女の本を読んでから自分の本を読み返してみたら、まるでチンピラだな、と思いましたです。はい。

63fb6dc0a82563255e792f50e4c0202353c
↑この表紙にピンクの可愛い帯がついています。


↓私も次はピンクの帯がいいな。
人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

2009年5月29日 (金)

チョビ復活しました〜

みなさま〜〜。
たくさんのお見舞い&激励&アドバイスコメントをありがとうございました!
御陰さまで今日は朝からチョビ大復活しました!

昨夜は本当に心配で、なかなか寝付けず、本気でリビングのソファで寝ようかと思ったんですが、チョビがかなり迷惑そうだったので諦めてベッドで悶々としていたんです。
今日は朝10時から午3時までの間というものすごく長い範囲での家具配達の予定があったので、チョビ心配も手伝って午前8時頃から起きてごそごそやってました。
そうしたら、チョビもノソーと起きて来て、しばらくは寝ぼけていましたが、覚醒した途端「ゴハンゴハンゴハンゴハン」とキッチンにきて私の足の間に顔をズボーとつっこみゴハン催促が始まり、おおっ復活か?と嬉しくなってゴハンをごっそりよそってあげると、あっという間に完食。お水をジャボジャボと飲んだ後はおやつの催促まではじまりました。一個のクッキーを半分に割ってあげると、不満そうにしながらもペロっと完食。
お昼寝をした後は、『オサンポオサンポオサンポオサンポ』とフガフガ攻撃。デリバリーが来る前に!と慌てて近くのドッグランに駆け込むと、ドサーとウ○チを出し、お気に入りの小型犬をしつこく追いかけ回して迷惑がられ、それでもものたりずウオウオウオーと歩き回ってもうすっかりいつもの調子に戻りました!
あー。安心しましたー。
ほんとにほっとしましたー。
いつもと雰囲気が違うと、老犬だけに死ぬほど心配になります。
フンフンまで心配して西海岸からわざわざ電話をくれました。
「いや。そろそろ寿命かと思ってよ」とか言ってましたけど。
あ。ついでに、一昨日5月28日はフンフンの御誕生日でした。
昨日ゴミを捨てながらふとフンフンのことを思い出し、『あれ、そういえば昨日誕生日じゃなかったっけかな?フンフンおめでと』と心の中で考えてました。ゴミ出しながら。

ホントに皆さん、ありがとうございました!
チョビ、大復活でーす!!わーいわーい!!

↓チョビがいないと生きて行けない私。くすん。
人気ブログランキングへ

| | コメント (9)

2009年5月28日 (木)

チョビが

本日チョビ、体調不良です。
そういえば、今朝からちょっと様子が変でした。
まずチョビって愛想が良い犬ですが、それは外面がメイン。家の中では私が必死のパッチで『チョビーチョビチョビチョビ〜〜〜好き〜〜〜大好き〜〜〜〜好き好き好き〜〜』って抱きついても、じいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいっと耐え忍んで、やっと私が離れるとブルブルブルンっと首を振ってものすごく迷惑そうな顔をします。そして、部屋の中でもなるだけ私から離れた所に陣取り、そこでくつろぐんですが、私が近寄るとまたさも迷惑そう〜〜〜に立ち上がって離れたところに移動するような犬なんですよ。
そんなチョビが一緒に寝てくれるわけもなく、私はベッドルーム、チョビは玄関先、というものすごく冷たい距離感で毎夜就寝していました。
が。
今朝起きたら、なんとチョビが私のベッドの横で寝ているじゃありませんか。
ええええ?チョビ?どうして?
と思いつつ、チョーうれしかったのでチョビを起さないようにコソーっとトイレに行き、チョビと一緒に寝たかったのでまたベッドに戻って二度寝しました(おい!)。
次に目覚めると、さすがに私の横にはいませんでしたが、ベッドの足元に横たわってぐーすか寝ていました。
チョビーかわいいいいいいい〜〜〜、と身悶えしたら、はっと目を覚ましたチョビはチラと私を横目で見て、また迷惑そうーに部屋を出て行っちゃったんですけどね。

で、朝ご飯をあげた直後。ウンゲッという音とともにゲ○ンパ(お食事中の皆さんすみませんすみませんすみません)。ひえっ。最近こういうことなかったのにっ。とびっくり仰天。でもちょっと慌てて食べ過ぎたかね?とチョビの背中をさすりつつ、床を掃除しました。
その後食休みをしてからお散歩に出かけ、ドッグランで小さい犬をしつこく追いかけ回して迷惑がられた挙げ句に雨が降り始めたので早々に帰宅しました。
帰宅後、凄く欲しがったので新しく届いたおやつを二個あげました。朝ご飯半分ぐらいゲ○ンパしたしね。

そして午後。
チョビがウロウロウロウロと部屋の中を右往左往し、とっても落ち着きの無い様子だったので『お腹でも壊したかしら』と心配になり、もう一度外に連れ出そうと思って支度をしていたら、背後でバシャーっという水音。
振り向くと、あっ…、またゲ○ンパ。しかも3回連続(お食事中の方々。重ね重ねごめんなさいごめんなさいごめんなさいいいいいい)。
慌ててチョビに駆け寄り、大丈夫大丈夫どうしたの大丈夫???と背中をさすってあげると、フーとため息をついてその場に寝そべりました。
ああ。心配心配とても心配。
あまりに心配だったので、今日は診療所で肩の治療をしていただく予定だったのをキャンセルし、ずっと家にいることにしました。
チョビはその後、夜になるまでずーーーーーーっと寝たままです。幸せそうに眠っていますが、お腹のあたりはキュルルルルルっと変な音がしているし、私が夕食を食べ始めても全く関心を示しません。それどころか、チョビ缶詰を鼻先に持って行っても、いやそうに顔を背ける始末です。
すやすやと眠り始めたのでそのままそっとして、仕事部屋で集中して仕事をしていたんですが、ふと背後をふりむくとチョビが私のすぐ後ろで横たわって寝ているんです。
こ、これはもの凄く珍しい…。
どうしたのチョビ?心細いの?

ああ。心配です。
今は玄関先で気持ち良さそうに眠っているチョビですが、大丈夫なのかな大丈夫なのかな。うう。不安です心配です。


↓おやつをあげすぎたのかしら…。しくしく。
人気ブログランキングへ

| | コメント (6)

2009年5月27日 (水)

チョビのおやつ

『別館ふにゃら』で書いたんですが、チョビのおやつが品切れになり、挙げ句の果てに最後の一個を流しの下に落としてしまうという失態を犯しましたので、慌ててチョビのおやつを買いに行きました。
何せチョビ、おやつ切れの間じゅうこんな有様でしたんで…。↓

Chobikurekure
↑くださいくださいおやつくださいお願いお願いお願いがいがい。の顔。

Chobikurekure2
↑くれないんだったらこうしてやるっ。の態度。

Chobikurekure3
↑匂いはするのにおやつが取れない…。空しいポーズ。

で、慌てて犬クッキー大袋を買って来たんです。
そしてクッキー袋を抱えてロビーに駆け込むと、フロントデスクの後ろには私の部屋番号が書かれた段ボール箱が。
あ。
チョビクッキー、届いた…。
3週間前に注文したチョビクッキーが届いていました。
別館のコメント欄に書いていただいたメッセージ通り、ホントにこういう時に限って散々待っていたものがポっと届くんですよね…。
仕方ないので買って来たクッキーは、次の急なおやつ切れの時の保存用に取っておきます。
チョビは大好きなおやつが届いてご満悦ですけどね。

↓私もおやつが欲しい。できればゴーフルとカステラ。誰か近所のペットショップで買って来てくれんかね。
人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2009年5月25日 (月)

まさるちゃん結婚披露宴

昨日は、まさるちゃんとイツコちゃんの結婚披露宴でした。
披露宴にお招きされるのってかなり久しぶりだったので、緊張しすぎないようエスコート役として尻松さんにご登場願いました。

午後3時から、トンプソンホテルのペントハウスを借りて行われたパーティーは、とってもアットホームで可愛くて本当に本当に素敵でした。

Masaruwed1
↑花嫁花婿の登場〜。かわいいーかわいいかわいいかわいいー。

Masaruwed2 Masaruwed3
↑まるでお手本みたいな幸せラブラブぶりですね〜。あーうらやましい。

Masaruwed5 Masaruwed6
↑さすがまさるちゃんパーティー。お刺身やお寿司が山盛り。うう。キャビアまで。

お昼御飯抜きで駆けつけた私と尻松さん。
腹ぺこだったので空きっ腹にお刺身をガオーとがっつき、後で気持ち悪くなりました。
気持ち悪くなったけど、この後出されたお寿司だの唐揚げだのあれだのこれだの、もう本当に超美味しいおごちそうの山をしっかりがっつりいただきました!

Masaruwed8 Masaruwed9
↑イケメン3のトシくんだ。     ↑そして謎の老婆。誰?

Masaruwed10 Masaruwed11
↑新妻ちゃんにチュウ。     ↑ケーキ入刀。

Masaruwed12 Masaruwed13
↑このお花がマグロの切り身でできているというデマが一時飛び交いました。しかしまさるちゃん、表情豊かっていうか芸が細かいっていうか。

Masaruwed15_2  
↑油断するといい男・まさる。

本当に本当に、幸せそうで嬉しそうな二人を見ていて、私もとてもとても幸せな気持ちになりました。幸せな笑顔って、周りにも幸せをふりまくんですね〜。あー、お寿司も美味しかったし(それかい)ホントに嬉しいウェディングパーティーだった。まさるちゃんイツコちゃん。末永くお幸せにね。

↓唐揚げもっと食べればよかった。
人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

2009年5月23日 (土)

がーまるちょば

今日、タイムズスクエアで『がーまるちょば』のショーを見てきました。
世界的に人気爆発中のパントマイムグループ『がーまるちょば』です。
百聞は一見にしかずなので、是非皆さんも機会があったら彼らのショーに足を運んでいただきたいですが、本当に本当に面白かったです。
涙が出るほど笑いました。
大人も子供も楽しめる、可愛くて楽しくてそして、実は超驚きのパフォーマンス。
で、YouTubeで探したら、こんなのがありました。
コレ、実は凄い技ですよね。
あーびっくりした。



↓ちょっとだけパフォーマンスに参加しました。はー楽しかった。
人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

2009年5月21日 (木)

裁判員制度

日本で裁判員制度が始まったそうですね。
私は法的な知識もなーんにもありませんし、日本の裁判員制度がどういう内容なのかも全く全然これっぽっちも知らないんですけどね。
裁判員制度ってきいて思い出したのが4年位前でしたっけか、消防士ポールさんのお兄さんマットさん(裁判長ね)が殺人事件の審理をしている裁判所を訪ねて行った時のことです。
「ちょっとマットのオフィスに行ってみる?」とポールにいわれ、なんか知らんけど裁判所に行けるんだな、と思って大喜びでついて行ったんですよ。
そしたら裁判の真っ最中。
しかも殺人事件。
もちろん陪審員も被害者・加害者双方の親族も、全員勢揃いしている本物の裁判です。
陪審員の皆さんは、人種性別年齢バラバラ。
ウォール街のビジネスマン風から、近所の市場で大根買ってる最中に無理矢理連れてこられたんじゃあるまいかと思えるおばちゃん風まで色々です。
色々ですが、ほぼ全員「はよ終わらせてはよ家に帰りたいわ」と思っている風が丸出しでしたが、中でラテン系の濃い男が一人、超熱心な陪審員でした。
マット兄さんが読経がご詠歌のように読み上げる罪状(だと思う)に、部屋中に睡魔大王が蔓延していたというのに、そいつだけは超元気で超熱心で、時々うんうんと頷いたり、「まだ読みますか?」と『これ以上読みたくないから頼むから全員『ノー』と言ってくれ』と顔中に書いて時々陪審員に訊ねるマット兄さんの意志とは裏腹に「イエス!」と一人張り切って手を挙げていたのもラテン男でした。
新築の裁判所だったけど、ピカピカのベンチにはすでに落書きが目立ち始めていて、私の目の前のベンチの背中には『ファッキュー』と書かれていました。

途中休憩が入り、裁判長席の横に招かれた私とポールにむかってマット兄さんは
「こんな誰が見ても明らかな殺人事件なのに、あのあほう(←ラテン陪審員のことね)のせいで延々退屈な書類を読み上げさせられて死にそうじゃ」と文句をたれまくっていました。
裁判長がこんな態度でいいんだろうか?
と疑問を感じつつ裁判所を去りましたが、その一年後ぐらいにテレビを見ていたら、全然別の裁判で画期的な判決を出したということで、マット裁判長がテレビに出ていました。
朗々とよく通る声で判決文を読みあげるマット兄さんの凛々しい姿を見ながら
「あのタコのせいで夕飯の時間が遅くなるわっ」と憎々しげに文句をたれていたかつてのマット裁判長の姿を思い出し、再び『いいんだろうか、こんなことで』と思いました。

私は米国民ではありませんので、陪審員になる資格はありません。
でも、ええかげんにせんかい!と言いたくなる位、数年に一度、いえ酷い時には1年に一度、『陪審員になれ』通知が届きます。
それが届くと、いちいち『私が陪審員になれない理由とその証明書類』を送りかえさなければならず、『それをしないと逮捕するで』とまで書かれているんです。
ただ、陪審員に選出され裁判に出席すると、仕事は有給で休めます。
昔米系の出版社で働いていた頃、同僚のアメリカ人が陪審員に選ばれて数日仕事を休んだことがありました。
数日後彼女が出社してきたので、裁判のことを訊いてみました。

「何の裁判だったの?」

「うーんとね。ブーツ屋の雨漏りの裁判よ」

ブーツ屋の雨漏り…。

「ブーツ屋の張出し屋根から雨漏りがしてきて、それが家主の責任なのか二階の住人の責任なのかブーツ屋の責任なのかを争う裁判よ」

へー。で、どうなったの?

「そりゃもう家主の責任に決まってるんだけどね。中に一人うるさい男がいて、結審まで30秒ぐらいかと思ってたのに3日もかかっちゃったのよ。でも面白かったわ」

なるほど。裁判っていっても、殺人事件とか重大な刑事事件だけじゃなくて、雨漏り事件なんてのもあるのね。

「そうよう。殺人事件の裁判なんて、滅多に当たらないわよ。私だったらそういう裁判はごめんだわー。だって時間がかかって仕方ないもの。仕事を休めるのはうれしいけど、退屈なのよ陪審員の仕事って。何日も何週間も何ヶ月も呼び出されたら、たまったもんじゃないわー」

ということでした。

ことほどさように、個人主義で責任の所在を自らに認めない一般的なアメリカ人らしい発言だと思いましたが、日本ではこの制度、どんな風に受け止められているんでしょうかね。
人を裁く、ということはとてもとても重たく、痛みを伴うことだと思います。
けれどそれをもってして、何か社会的なものだけでなく、自分の人生や在り方に新たな見方や意味を見いだすきっかけにならないかしら、とも思うんですがね。
とにかく、もう始まっちゃったんだし、『恨まれたくない』とか『人を裁きたくない』って思うより、よしとにかくやってみるか!って思ったほうが気が楽かな、とも思うんですが、私甘いですかね。


↓陪審員にも裁判員制度にも縁のない、宙ぶらりんな立場の私。アイデンティティーは何処に?
人気ブログランキングへ

| | コメント (4)

2009年5月19日 (火)

まさる寿司

いやー。今日はお昼から大満腹でした。
実はまさるちゃんがこの度めでたくご結婚の運びとなりまして、そのお祝いの一環としてパーティーのチラシを作らせていただいたんですよ。
で、完成品をお届けに、まさるちゃんが働いているソーホーのブルーリボン寿司へ行ってきました。

まさるちゃんと初めて会ったのは、かれこれ5年ほど前のこと。
とある居酒屋で隣りに座ったのがきっかけだったんですが、その時まさるちゃんと一緒に出会ったトシくんが、同じブルーリボン寿司で働いているんです。
今日はそのトシくんにも久しぶりに会えました。

何か飲みますか?
と優しく声をかけてくれたのはトシくんです。

「いや。御飯食べる!」

もちろんお寿司を食べる気満々で、朝ご飯も食べずに出かけたんですもの。
お寿司食べなくちゃ。

どうぞ、と通してもらったのは、まさるカウンターの横。特等席です。

Sushi1
↑オーガニック野菜を使ったお漬け物。新製品だそうです。美味しかった〜!

Sushi2
↑まさるちゃんのりりしいお寿司屋さん姿です。手がキレイですね。

Sushi3
↑『嫌いな物なかったっけ?』と訊かれて『光り物が好き!』と合ってるような間違ってるような返事したら、これを出してくれました。アジとコハダとサバ?だっけか?美味!

Sushi4
↑大トロと白タイと、うう、何だっけかタスマニアンなんとかかんとか。いや。全て絶品でしたっ。

Sushi5
↑白身ちゃんシリーズ。もうどれが何だったかすっかり忘れましたけど、全部美味しかった!

Sushi6
↑本日のハイライト。イカです。イカが二匹ぎゅうぎゅうになってベッドで寝てる感じです。可愛いです!ウニ、トロ、白エビ。いやーん。また食べたくなってきたー。

Sushi7
↑おやつの焼きプリン。トシくんが出してくれました。コレがもう超美味。思わずお持ち帰りしました(どうやって?)。

いつもながらまさるちゃんのお寿司は、優しいまさるちゃんの性格がお寿司にこもっていて、優しくて温かい味がします。
「いつもお腹をすかせてるかお腹を壊しているリンコさんに、美味しいお寿司を食べさせてあげよう」って思って握ってくれた味がしました。
でもって、ブルーリボン屈指のイケメン、トシくんが出してくれたプリンは、イケメンの超スイートな味わいでした。うひょー。
今日のおひゃるごはんとおやつは、まさるちゃんとトシくんのおごりでした。ウヒ。得したー。ありがとうー。ごちそうさまー。またよろしくー(いいかげんにしろ)。

Sushi8
↑ブルーリボンイケメン3(まさる・ダル・トシ)の一人トシくん。顔を見せてよ〜。

↓また頼まれもせんのに何かのチラシを作って持って行こうかな(おい!)。
人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

2009年5月18日 (月)

ブヒインフル

いや。なんか私の故郷神戸でブヒインフルちゃんが蔓延しはじめているみたいですね。
今日リン母と電話で話をしたら
「どうして神戸が何でも発祥の地になるのかしらっ」
と怒ってました。
そもそも『発祥の地』というのはこの場合間違っているという気がするし、『何でも』っていうのはどこから来るんですかね。

「だってあなた。神戸は地震で有名になったし、おかしな犯罪は増えるし。どうも最近神戸が変なことで有名になって困るわっ」

有名か?神戸?別にそんな事ないんじゃ…。

「大体アメリカに行けるのかしら、私たち…。物騒で困るわ」

って…もしかしてブヒインフルのせいで?

「そうよ。お父さんと『インフルエンザで死んでもいいから行こうか?』って言ってるのよ、最近」

いや。でもあの。さっき神戸ブヒインフルが蔓延してる、って話になったばかりじゃ?その蔓延してる神戸に住んでるのに、なんでアメリカでわざわざインフルエンザで死ななくちゃならんの?

「だって。アメリカみたいな物騒なとこ、いつなにが起るかわからないじゃないの」

もうごり押しです。
神戸でブヒインフルが蔓延してることはそれはそれとして置いておいて、アメリカは物騒でブヒインフルで死ぬかもしれない。という図式がリン母の脳内では出来上がっているんです。

とはいえ、風邪であれインフルであれブヒであれ、病気はしないにこしたことありませんですよね。
ということで、今日肩の治療のついでに今更ですが予防注射してもらいました。
これでちょっとは安心かな?


↓世界中のみなさーん。ブヒに罪はありません。ブヒを殺さないでくださーい(涙)。
人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

2009年5月17日 (日)

さらに正しいバッグの持ち方

昨日の続きです。
チョビの初めてのブランドバッグ『チュービトン(Chew Vuitton)』。
すでにチョビの超オキニになっております。ふと見ると、両手の間に置いてあります。
私が近づくと、『キッ』とにらみをきかせてとられまいとします。
そして、昨夜のチョビ居眠り中に、正しいバッグの持ち方を睡眠学習させてあげました。

Chewvuitton
↑こんな感じでバッグの持ち手は腕にかけてね。

Chobivuitton1
↑バッグを手に、お出かけの夢。むにゃむにゃむにゃ。

このチュービトンですが、噛むとキュッキュとするオモチャでして、中身は綿とキュッキュ音のするモノです。チョビのお財布なんか入ってると、可愛いんですけどね。
そういえば昔チョビが子犬だったころ、リュックサックを買ってあげて背中にしょわせたら、トイレでかがんだ時バッグの重みに耐えかね、腰をぬかしてお尻にベチャー…という大惨事に見舞われたことがあったっけ…。うう。思い出してしまいました…。うう…。

↓ラップトップを買い替えて一週間。ラップトップクーラーがぶっ壊れた。突然『ガリガリガリ』って音がしてきたもんで、おニューのラップトップが壊れたのかと、一瞬心臓が止まりそうになったわっ。
人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

2009年5月16日 (土)

ブルックリン散策

昨日は胃痛で死んでましたが、実は午後からコンちゃんとチカちゃんがブルックリンに遊びに来てくれたんです。
イギリスリバプールの旅から戻ったばかりのコンちゃんと、ずっと前からこの日はブルックリンで遊ぼうって約束していたんですが、当日偶然他の用事で電話をくれたチカちゃんも急遽ランチに参加することになり、まずは三人で近所のチョー美味しいオーガニックレストランでランチしました。
実はランチ直前から急な胃痛に襲われていたリンコ。
それでも目の前に出された無茶苦茶美味しそうなパンケーキに、食い意地は膨らむばかり。マジで歩けないかも、っていうぐらい胃が痛かったのに、自分のパンケーキのみならず、チカちゃんとコンちゃんの食事までわけてもらってガツガツ貪り食いました。
超ヘルシーで美味しいランチの後、しばらくレストランでおしゃべりをし、その後はブルッリンを散策。寒すぎず暑すぎず湿気も程よい最高の御天気だったので、さくさくとそこらじゅうのお店を冷やかしまわり、あっというまに夜になりました。
途中でチカちゃんは退場し、その後コンちゃんと二人で、トスカーナ地方にいるとしか思えない雰囲気のイタリアレストランで美味しくディナーをいただきました(胃痛は治ってなかったけど)。
あまりの胃痛で写真は全く撮れませんでしたが、コンちゃんからいただいたチョビのおみやげがサイコーだったので、コンちゃんからもらった写真をアップいたします。

100_0257
↑おや。チョビちゃん、何をいただいたの?

100_0258
↑あらっ。それはもしかしてルイヴィトンではっ!?

100_0260
↑おカバンなんだから、やっぱりちゃんとこういう風に持たなくちゃね。

100_0259
↑いや。これが正しいバッグの持ち方よね。(最高にイヤそうなチョビと最高に楽しそうなリンコ)(←いじめ)

バッグにはルイヴィトンではなくチュービトンと書いてありました。
さっきチョビが寝ている横を通りかかったら、前アンヨの間にチューヴィトンが置いてありました。チョビにとっては初めてのブランドバッグです。大事にします。
コンちゃんありがとう。

↓でもディナーの席では『どっちが先に死ぬだろう』という話題に花が咲いた(やめれ)。
人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

2009年5月14日 (木)

ブルックリンのニューラーメン屋『ZuZuRamen』

今日はブルックリンに新しくオープンしたラーメン屋さんに行ってみました。
その名も『ZuZuRamenズーズーラーメン』。
数週間前、駅前でお買い物をした後自宅までテクテクテクテクと歩いていた所、偶然通りかかったんですが『はて?何故こんなところにラーメン屋さんが?日本のラーメン屋さんなのかな?それともチャイニーズ?』と思っていたんですが、その後色んな人から「ブルックリンのレイコさんちの近所にラーメン屋さんができたんだってね!すごく美味しいってきいたよ」って言われ、なるほどあそこのことだな。そうか、そんなに美味しいのか。んじゃ行ってみるかね。と思っていたところに、尻松さんからメール。
『チョビに会いに行っていいですか』

よし。尻松を誘ってラーメン屋だ。

私の家からまっすぐ歩いて約7分ほど。
ありました。通りの角にこじんまりしてるけどモダンで奇麗なニューラーメン屋さん『ZuZuRamen』。このズーズーは、やっぱりラーメンをすするズズズの音から来てるんですかね。
メニューを見るとラーメンが4種類ほど。
特に目を惹いたのが『グリーンカレー&ミソラーメン』。
どんな味がするのか、全く想像もつきません。
次に気になったのが、シグネチャーラーメン(?)『ズーズーラーメン』
半熟卵やチャーシュー、メンマ、ネギなどなど。普通に日本で食べるラーメンと同じ具なようです。間違っても人参とかタマネギとか入ってません。
うーんうーんと迷ったけど、やっぱり初心者はシグネチャーラーメンかね。
尻松さんはどうする?

『ボクはグリーンカレーにしてみます』

チャレンジャー尻松。
これで味見させてもらえるわ。

この日、朝クロワッサンを一個食べたきり何も飲み食いしていなかったので、喉がカラカラだし血糖値がさがってフラフラ。ダイエットコークを注文してラーメンの前に一気飲みです。
血糖値が上がって元気が出て来たところで、注文したラーメンが早速登場しました。
最初カウンターの奥にアミーゴがいたのでアミーゴシェフかと思ったんですが、シェフは日本人のおじさん。

ほおお。
香ばしい良い香りです。
透明感のある奇麗なスープ。

Zuzu
↑こんなん。うん。今見ても美味しそう!

早速スープをズズズズ。
お。おおおおおおおおおおおおおおっっっ。
香りと同じくお味もチョー香ばしい良いお味!うーんうーん。これは何の味?

「これは…。鰹だしかねえ?」と尻松さん。

なんかわからんけど香ばしくて美味しいよ。尻松さんのカレーラーメンは?

ひとすくいいただいてみると。

お?おおおおおおおおおおおおおおおおおお。
こ、これもなかなかイケるじゃないか。
カレーの味もするしラーメンスープの味もする。
これは、なんというか、不思議な味わい。そして、二口目ぐらいから妙にクセになる感じの味!間違って喉にスープがはりつくと、死ぬほど咳き込みそうな辛みもあって、うん、こりゃイケる!

へえええー。こりゃ美味しいねえ。いけるねえ。また来て別のラーメン試してみたいねえ。
と話し合いながら貪り食いました。
ただひとつ難点が。
それは『お箸』
出されたお箸は器と同じく、小じゃれたプラスティック風のつるつる太めお箸。
白と黒、黒と赤、と色違いで組み合わせてあって、ホントにオシャレなんだけど、ラーメンを食べるには不向きなお箸です。
だってつるつるすべる上に、お箸が太めなので一生懸命ラーメンをつかんで食べているうちに、手がツりそうになるんです。
尻松さんも「うー。食いにくいー」とうなりつづけ、ついに二人でウェイトレスちゃんにお願いしました。

「割り箸ください」

ちゃんとしたお箸があるんだから、割り箸は置いてないかも?
と思ったんですが、頼めば出してくれました割り箸。
割り箸を手にしたら、もうその後は勢い良くすすりまくりです。
いやー。美味しかったです!
香ばしいスープはくどすぎずあっさり味。大きなどんぶりにどっぷり入っていたので、完食はできませんでしたが、最後まで飽きずにいただけました。
そして、私たちが入った6時半ごろはがら空きだった店内が、7時をすぎるころから次々と客が押し寄せ、あっという間に満席になりました。
私たち以外はほぼ全員アメリカ人という客層。
へー。アメリカ人ってラーメン好きなんだ。一昔前だったら、スープだけ飲んじゃってどんぶりの中にぐにょぐにょに伸び切った麺が残って膨張して、食欲100%減退な有様になってるラーメンをお箸で不器用につまんで食べているアメリカ人しか見た事がなかったのに。今じゃあの太くて食べにくいお箸で器用にラーメンをすするアメリカ人だらけ。
時代は変わったなあ。

Zuzu2
↑いただきま〜す!チョー嬉しそうな尻松さん。ラーメンの他に肉厚餃子も完食。
↓次はニンニクラーメンに挑戦だっ。
人気ブログランキングへ

| | コメント (5)

2009年5月12日 (火)

才能って

このところ巷で大評判のスーザンボイルさん。

Susan1
YouTubeで、"Britain's Got Talent"というオーディション番組に出演した彼女の映像が公開されるや、世界中で大評判になり、一気に超有名人となったスーザンさん。47歳の美声の主に、世界中の人が涙したわけですが、このビデオを見ているうちに2年前の同番組のパフォーマンスに行き当たりました。
これが凄かったんです。
なんか日本でも龍角散のCMなんかに出てたりして、もしかしてもう超有名なのかもしれないんですが、私は今日初めて聴いたんです。

Paul1
↑ポール・ポッツさん。

サウスウェールズ地方で携帯電話会社のセールスマンとして働いていたポールさんは、常にプロのシンガーとしてのキャリアを希望していたのですが、本人曰く『とにかく常に自分に自信が持てなくて…』。この日、ステージに立っていた彼の様子は、そりゃもうドキドキガクガクブルブルの典型でした。

審査員の美女・アマンダちゃんに『今日はどんなパフォーマンスをするんですか?』と訊かれ、『オペラを唄います』と答えた後、ほとんどその顔は泣く寸前か?というほど自信が無さげというか気弱げというか。唄う前に泣くなよ、と思わず画面に声援を送りたくなるほどの様子だったんですが。

Paul5
↑ホントに泣きそうな顔。あんた、大丈夫なのかっ?

彼が唄い始めた瞬間、インターネットで見る、しかも2年前の映像だというのにドヒャ〜〜〜ッと鳥肌がたちました。
ここに画像はりつけができないのが残念なんですが、以下のリンクから是非是非皆さん聴いてください。

http://www.youtube.com/watch?v=1k08yxu57NA

Paul3

そして、これを見た後は是非こちらも見てください。
ドイツの携帯会社Telekom(アメリカのT-Mobile)のコマーシャルです。

http://www.youtube.com/watch?v=GCqzmVHS2RQ

最初のパフォーマンス映像で思わず落涙しましたが、このコマーシャルでは滂沱の涙でした。
自分の情熱を傾ける本物の才能というのは、こんな風にして人の心を打つものなんですなあ。

久しぶりに感動のあまり頭痛がするほど涙しました。
このコマーシャルのコンセプトがまた秀逸なんです。
"Life gives us extraordinary moments. The beauty of it is that we can share them."
『人生は時に、私たちに信じられないような素晴らしい瞬間を与えてくれる。そして最も素晴らしいのは、その瞬間を皆と一緒に共有できることだ』
だから携帯で電話しろー。ってことなんですね。なかなか商売上手です、ドイツT-Mobile。
そして、私も初心に帰ってまたがんばらなくちゃ!って思いました。ウヒ。

↓私もどこかで一曲唄うか(おいっ!)。
人気ブログランキングへ

 

| | コメント (4)

2009年5月11日 (月)

宇多田ヒカルサイン会急遽キャンセル!

あーびっくりしました。
午前中から外出したり、色々忙しくしていて夕方帰宅したら、fujikoちゃんからまたメールが。
タイトルは『大変!!』
なんじゃ、と思って開けてみると冒頭から
『たたられるかも〜〜〜〜〜〜〜〜〜…なんですが、宇多田ヒカルサイン会、急遽キャンセルになっちゃいました!!ひ〜〜〜〜ん(汗)』

なんと宇多田さん、扁桃腺炎のため、全米5都市サイン会キャンセルになってしまいました!
残念。
残念ですが、全米5都市でのサイン会をキャンセルなんて、よくよくのことですよね。
大丈夫かな、宇多田くん。
シンガーなんだから喉を大切にしなくちゃね。
早く良くなって、是非再企画してください。

ということで、オフィシャルなキャンセルの記事とたくさんのファンからのコメントも出ています。
私も末代までたたられないよう、次のチャンスがあったら絶対写真いっぱい撮ってきますね。
宇多田くん、お大事に!
 
↓私も新刊が出たら(いつじゃ)サイン会も一度はキャンセルを!(やめんかい)
人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

2009年5月10日 (日)

宇多田ヒカルサイン会

かの有名食いしん坊ブロガーfujikoちゃんから突然メールが舞い込みました。

『ヨン様イベントじゃないので興味ないかも?だけど、宇多田ヒカルちゃんのサイン会がマンハッタンであるんですけど、一緒に行きませんかー?』

おおっ。
ミーハーとして生まれてミーハーとして生きているリンコには、この上なく魅力的なお誘いじゃないかっ。
行くとも行くとも是非行くともっ。
そういえば、先日自転車にはねられた後遺症のお医者さん通いの帰り道、ふと目に入った大型電気店BestBuyの店頭巨大のぼり。一面に宇多田ヒカルちゃんのお顔とUTADAの文字が入ってました。
そんでもって、サイン会があるぞー、とも書いてありました。
よし。行くぞ。
でもfujikoちゃん、イベント物に顔が利くのかな?
だったらヨン様イベントには絶対呼んでもらわないと。
追伸で一応念押ししとくか。

『ヒカルちゃんサイン会にも行くけど、ヨン様イベントに呼んでくれなかったら曾孫の代までたたってやる』

即返事が来ました。

『ひいいいいいいいいいいいいいいいい。コワいようコワいよう。ヨン様イベントには死んでもお呼びしますっっっ。ひいいいいいいいいいいいいいいいいいい』

そういえば、こないだもアムネットの中川社長に『ヨン様と知り合いじゃないですか?』って訊いて「…えっ…、ヨ、ヨン様…?ですか?」って、まさしくハトが豆鉄砲を食らったとはこういう顔を言うのか、という顔で聞き返されたし、コリアンのお友達がたくさんいるタマキちゃんに『ヨン様の知り合い、どこかにいない?』って訊いて『うーん。訊いておきます』って曖昧な表情で言われたし、なんか『ヨン様好き』がネタなのかマジなのか、自分でもだんだんわからなくなってきました。

ヨン様はともかく、ヒカルちゃんサイン会です。
アメリカ人のみならず、日本人の皆様にもふるってご参加いただきたいということですんで、是非皆さん一緒に行きましょうー。

BEST BUY
              44TH AND 5TH  NY (Store 1028)             
             529 5TH AVE
NEW YORK, NY 10017-4608

             Phone: 212-808-0309

BestBuyのウェブに、こんな告知も載ってます。

Midtown Welcomes Utada!

 

Come see the international sensation Utada at 7:00 PM on May 12, 2009!  Join us for the release of her new album This Is The One. This event is happening exclusively at our 44th Street and 5th Avenue Best Buy location!  Please contact one of our Sales Operators for questions related to this engagement.

まあ私がここでこんなこと書かなくても、宇多田ヒカルといえば日本を代表する歌い手ですからね。 きっと超満員、長蛇の列になることでしょう。

1028
↑ココでサイン会。午後7時からですって!
 

↓私も新刊が出たら(いつじゃ)サイン会はベストバイで!(マジでか)
人気ブログランキングへ

| | コメント (4)

2009年5月 9日 (土)

お家の値打ち審査結果

昨日、無事に『ご自宅値打ち審査会社』の担当さんがやってきました。
『午前11時から12時の間』という超大ざっぱなアポイントメントだったんですが、前夜あまりに必死のパッチで掃除をしたせいで、翌朝目覚ましをかけた8時半に全く起きられず、ハっと目が覚めたら時刻は10時45分。

「ひいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい」
とマジで叫びながら飛び起きました。
なんかしらんけど、私の頭の中では『ご自宅値打ち審査会社』の担当さんは、金髪で長身のイケメン、というイメージだったので、せめてせめてパジャマは着替えてせめてせめてせめて顔ぐらい洗っておかねばっっ。
と必死のパッチだったんです。
で、必死のパッチで顔を洗ってパジャマを脱ぎ捨て、チョビのゴハンがまだだったことに気付き、半裸状態でチョビのゴハンの支度をし、チョビががっついている間に必死のパッチでシャツとジーンズを身に着けました。
ガーと顔を洗ってタオルでゴシゴシと拭き、コンタクトを入れようかと思ったその瞬間、ピンポロロ〜ンとチャイムの音が。
ドアマンのジョーさんから『ご自宅お値打ち審査会社の人が来ましたよ』のお知らせです。
ひいいいいいいいいいいいいいいいい。11時ピッタリじゃん。
なんでこんな時に限って時間に正確なんだー。

イケメンの顔を良く見るために、必死のパッチでコンタクトを目にねじこんだところでドアベルがピンポーン。
来たっっ。
チョビが一声ワンと吠えました。

そーっと玄関を開けると、廊下にいたのは巨大で白髪のおじさん…。
身長が3mぐらいありそうなぐらい巨大なおじさん…。
そしておじさんの目線はしっかりチョビの高さに合わせられていました。

「オーーーーーーーーーーーーーーー。なんて可愛いわんちゃんなんだー。おいでおいでわんちゃんおいでーオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオハウキュート!!!」

ものすごい猫なで声、ていうか、犬なで声。
お、おじさん、愛犬家なのね…。

「ボクの最高の友達だよっ」
おじさんが見せてくれたおじさん携帯には、二頭のラブラトールちゃんたちが、チョー可愛い笑顔で写っていました。ベージュちゃんとチョコレートちゃんです。

「か、かわいいっ…」

「いやー。彼女もとってもかわいいよーーーー。え?お名前は?なんていうの?ん?」

チョビに話しかけるおじさん。
チョビもチョー嬉しそうにぴょんぴょん飛び跳ねています。
ポッケからカメラを取り出したおじさん。
チョビをパシャパシャ撮影しはじめました。
カメラ慣れしているチョビは、ビシーっとカメラ目線でおじさんをさらに喜ばせています。

…ていうか。
お家の値打ち審査は…?

しばらくしてハっと我に返ったおじさん。

「いやー。本当に犬が大好きで。ボク、いつもこの辺りに出向いてるんだ。もしよかったらいつでもこの名刺に電話ください。彼女に会いに来たいから」

マジで犬命のおじさん。
リビングルームで一枚。キッチンで一枚。ベッドルームで一枚。バスルームで一枚。
目線はほとんどチョビに向けながら、ものすごーっく適当に簡単に写真を撮った後、
「ニューヨークはね。君も知ってると思うけど全米でも特殊な地域でね、西海岸やその他の地域と違って、ほとんどバブル崩壊の影響を受けていないんだよ。君のこのエリアも君が買って以降、値上がりしたんだよ。今も値下がりはしていないから安心してね」
と教えてくれました。

はー。そうかー。とにかく値下がりしなかったんなら良かったです。

「ニューヨークは奇跡の街でしゅね〜〜。キミはラッキーでしゅねえええ」
とチョビに話しかけるおじさん。
はいはい。ホントにチョビはラッキーですね。
私みたいなヘタレな飼い主だけど、一応タダでニューヨークに住んでるんだしねえ。

ということで、『ご自宅お値打ち審査会社』のおじさんは、来てから帰るまで約7分。写真撮影各部屋2秒。説明に30秒。チョビに割いた時間6分20秒でした。
値下がりしてなくてラッキーだったけど、でも、この数週間、お値打ち審査のためにそれこそ昼夜を問わず掃除に命をかけてきた私の立場は一体。


↓部屋がきれいになったんだからいいじゃないかっ。
人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

2009年5月 8日 (金)

真夜中の大掃除

今日の日記を書こうとしてタイトルを入力したら、すでに同じタイトルで昔書いた事があったことが判明しました。
私って、そんなにしょっちゅう真夜中に大掃除してるんですかね。

でまあ、今回の真夜中の大掃除は、明日の準備なんです。
現在お家のローンの組み替えをしようとしておりまして、そのために我が家の値打ち(資産価値ですかね)を『ご自宅値打ち審査会社』が調べなければならないんです。
その『ご自宅値打ち審査会社』の人が、明日午前中にやってくるので、あんまりにも散らかっていては資産価値も減るかも? と心配になり、必死のパッチで掃除しているんです。
コレは実は1週間前から予定されていたことで、この1週間、掃除と物を捨てまくることに人生の大半を費やしていました。巨大段ボールに二箱分のわけのわからんもんを捨てまくりました。
でもまだ山のようにわけのわからんものが家中にあります。
おかしいな。
お引っ越しの前にわけのわからんものを死ぬほど捨てた記憶があるのに、どうしてまだこんなにわけのわからんものが山のようにあるのかしら。
謎。
謎です。

お家の値打ち審査がどんな結果だったか、またご報告しまーす。

↓色んな物を拾うのがいけないんじゃないのか?(え?)
人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2009年5月 6日 (水)

本日のおやつ

今日、大嫌いなスーパーマーケットにしぶしぶ日用品のお買い物に行ったら、俄然食欲が爆発し、ステーキ肉二枚とアスパラガス一束、ブロッコリー一束、リガトーニ一箱、みかんのシロップ漬け3箱、そして冷蔵クッキードウを買い込みました。
夕食はステーキとアスパラガス.ブロッコリーで美味しく頂きましたが、デザートに意気込んで作ったクッキーが、まあなんというか。

Pillsbury_gift_basket_72dpi
↑皆さんよくご存知のこういうヤツね。

冷蔵庫から取り出し、魚肉ウインナーの極太みたいなチューブをニョリニョリっと開封し、なかのクッキー生地をさくっと切ってパンに並べ、350Fで10分間焼けば、美味しいシュガークッキーの出来上がり。
お手軽だけど味はどうなのかな?でも焼きたてクッキー食べたいな。
ということで試しに購入してみたんです。
そしたら。

Img_5819761564
↑こうなるはずだったのに。

Cookie1
↑こ、こんなことに…。

なんでこんなふてくされた日焼け後の朝青龍みたいなことに…。
しかも外側サク、内側しっとりの予定だったのに、全体的になんかバホバホ。

Cookie2
↑正体不明の食品に。

ああ。がっかり。
コレ、もっと冷やしてから焼かなくちゃいけなかったんですかね。
ていうか、クッキー生地ぐらい自分で作れってことですよね。トホホ。

↓ホットケーキとドーナツは得意だぞっ。
人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

2009年5月 4日 (月)

ブルックリンヒストリックレイルウェイ

昨夜遅くまで起きていたので今朝はなかなか目が覚めず、バルコニーの窓を開けっ放しにしていたら外の犬達の声が聞こえたのか、チョビがオンオン吠えている声で目が覚めました。
チョビの場合、吠えるっていうより遠吠えとアクビの中間みたいなヘンな声なんですけどね。
そのヘンなアクビ声にびっくりして目が覚め、慌ててリビングに出てくると、チョビは知らん顔で二度寝体勢。
目が覚めて損した気分でボーっとPCに向かっていたら、電話がじゃかすか鳴りました。
電話に出ると珍しくポールさんでした(いや。彼が昼間電話してくるなんて珍しいもんで)。

「レイコ。グーグルしなさい」

「イヤだっ」

「なんでっ」

いやね。ポールってしょっちゅう電話してきては『グーグルで調べろ』って言うんですよ。
もうそれがめんどくさくてめんどくさくて仕方ないんです。
私の興味の対象とポールの興味の対象って全然違うもんですから、彼がグーグルで調べたい事なんて、私にはさっぱり何がなんだかチンプンカンプンで。この間やっと見つけたポールが興味持ちそうな話題なんて、『若くて髪の毛がいっぱいあった頃のシェイクスピアの肖像画発掘!』っていうニュースでしたしね。
で、髪の毛ふさふさシェイクスピアは置いておいて。
本日のグーグルは、珍しく私がチョー興味ある話題でした。
それは『Brooklyn Historic Railway(ブルックリンヒストリックレイルウェイ)』というイベントというかツアーというか。つまり『失われたトンネル』にまつわる物語でした。

1970年代後半にロバート・ダイアモンドというロック歌手みたいな名前の男性が、ブルックリンの伝説の一つとして語り継がれて来た『アトランティックアベニューの地下を走るサブウェイ』について興味を持ったのが始まり。ダイアモンドさんがあれこれと調べたおしガス会社に交渉し、とあるマンホールを開けてもらって中に入り、ごちゃごちゃと探しまわり、大昔から『アトランティックアベニューの下から電車が走る音が聞こえる』とか『ブルックリンには昔使われていた長い長い地下トンネルが縦横無尽に走っている』という噂を元に地図を作り、やっとやっと発見したんだそうです。
ダイアモンドさんは、この再発見した失われたトンネルにトロッコを走らせ再度活用するべく色々な方法で資金繰りをしており、数ヶ月に一回、いやもしかしたら年に1−2回のみのトンネルツアーを開催しているそうなんです。
閉所恐怖症で鳥目のくせに、『秘密トンネル』とか『秘密基地』が大好きな私が、こんな素敵なイベントを見逃すはずがございません。
ポールの命令でグーグルした後、すぐに電話番号を調べて電話をかけました。

「ハロー?」
「あのう。トンネルツアーに参加したいんですが」
「オー。6月14日1時15分。子供10ドル。履き慣れた靴を履いて懐中電灯を持ってきてください。名前は?」
う。え。あ。
「ああのう。そこに行けば連れて行ってもらえるんですか?」
「そうよ。待ち合わせ場所に来ればマンホールのふたを開けてみんなを案内します」
マ、マンホール!!!
「懐中電灯を忘れないで」
懐中電灯ですね。はい。
「靴はスニーカーの方がいいわね」
「年寄りは参加できますかね?」
実はその頃、リン父母がNYに滞在予定なんです。
「無理」
え。あ。やっぱり?無理?
「無理」
…わかりました…。んじゃ、私は参加させていただきます。

ということで、参加することになりました、ブルックリン秘密地下トンネルツアー。
うう。
コワいけど楽しみです!
一ヶ月以上先の話ですけど、参加したらお知らせしますね。
…生きて戻ってこられたら…。

Tunnel_title
↑ウェブサイトからの写真です。うううう。コワいようコワいよう。

↓でも楽しみっ!皆さんも参加しませんか〜?
人気ブログランキングへ

| | コメント (4)

2009年5月 2日 (土)

バレエ鑑賞ーコッペリアー

先日、お友達のブルーシャさんが、再びプレスチケットでのバレエ鑑賞にご招待してくれました。
今回の演目は『コッペリア』
ストーリーをよく理解せずに鑑賞した私は、最後の結婚のシーンで
「なんで人形と結婚するんだ????」
とさっぱりわけがわかりませんでした。
本当は最初に登場した村娘『スワニルダ』が人形になりすまし、そのまま結婚のシーンに突入するので、人形ではなくてスワニルダが彼氏と結婚するだけなんですけどね。
そんでもってまたこの彼氏ちゃん役の男性プリンシパルがすごかったです。
何がすごいって、ここまでニヤケた人をわたしゃ生まれて初めて見ましたよ。
人間のニヤケの限界に挑戦した、って感じでした。
彼のあまりのニヤケぶりに、普通に微笑んでる人を見ると、なんか無愛想だな、って思うぐらいすごいニヤケでした。
ブルーシャさんの解説によると、『相当若い役(多分10代?)だし、コッペリアは喜劇なので、大げさな表情で演技しなくちゃいけないんじゃないですかね〜』ということでした。

帰宅後コッペリアのストーリーをよく理解してみると、スワニルダってヒドい!って思いました。コッペリア博士(だっけ?)の自宅に勝手に忍び込み、博士が大切に作ったきれいなお人形を壊してしまい、嘆き悲しむ博士を尻目にまんまと彼氏と結婚してしまうなんて、自分勝手すぎるんじゃないですかね。
とはいえ、舞台も衣装も何もかも、夢を見ているように奇麗で、最近ちょっとブルーな気分だったんですが、心がウキウキして晴れやかになりました。
衣装が本当に奇麗で、ちょっと着てみたいなあって思いました。
今年のハロウィーンはバレリーナになってみたいかな…。

Bc_coppelia_elisha_willis_iain_mack
↑スワニルダとニヤけ彼氏。奇麗な衣装ですねー。

Coppeliaswanilda
↑スワニルダちゃんと窓辺のお人形。

Kope3
↑お人形のフリをして博士をいじめるスワニルダ。

↓こんなに博士を可哀想に思うなんて、もしかして私って年寄りフェチ?
人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »