« 両親の会話 | トップページ | 明日からボストン »

2009年6月16日 (火)

親子

毎日怒涛の両親攻めです。
「なんで?」「これ何?」「どうするの?」「やめなさい」「ちゃんとしなさい」「さっさとしなさい」をワンセットに、一日1000セットぐらい言われています。まるで小学生の頃に戻ったようです。

リン父の日課はチョビの朝散歩から始まります。
朝食後食休みをしているチョビを叩き起こし、ウ○チ袋をポッケにつっこんでテクテクと近所のドッグランと公園に出かけ、30分ほどで戻ってきます。
その後、ベランダからの風景をスケッチし、下絵がすむと色付けをはじめます。
下塗りの絵の具が乾くまでの間、手作りの碁盤(厚紙に定規で線を書いて作った力作)で独り囲碁をはじめます。参考書を片手に「うううーん。これは難しいなあ…」などと独り言をいいながら小一時間ほど囲碁に取り組みます。
そうこうしているうちにお腹が減り始め、「お昼はまだかいな」と言います。
お昼御飯がすむと、絵の具が乾いたところにさらに色付けです。
これは色々とバージョンがあって、お絵描きの途中に読書や居眠りも混ざります。

一方、リン母の日課は私を叩き起こすことから始まります。
「ちょっとアンタいい加減に起きなさい!」
ドアをバーン!と開けて眉間にしわをよせて大説教一発目です。
ひー心臓がとまるよう、と私が飛び起きると
「もうほんとにっ。アンタっていつまでたってもそんなんじゃ、もう嫁の貰い手ないわよっ。大体どうするつもり?そんな年になってまだそんないい加減なことで、将来どうするつもりなのっ」
と、朝っぱらからものすごーく複雑な説教&小言の嵐が始まります。
この説教の合間には「あーしんどいわ。お母さんもう駄目だわ。ゆうべはものすごく熱が出たと思うぐらいしんどかったわ。やっぱりだめだわ。もうこれでアメリカ旅行は人生最後だわ。二度と来られないわ」というセリフが随所にちりばめられます。
これはほぼ一日中同じ調子でくりかえされ、時々「食べ過ぎて胸がムカムカする」とか「めまいがして駄目」とか「地面がフワフワしてフラーとするわ」とか「湯当たりして調子が悪いわ」とか「食欲全くないわ。調子が悪いわ」が別バージョンとして加えられる場合もあります。でも、見ている限りチョー元気です。でも、「お母さん元気じゃん」というとすっごく気を悪くします。「そんなことないわっ」と言ってフン!と横を向きます。
でも、やっぱり家庭内で一番元気で権力を誇っているのはリン母だと、私はおもいます。

そういえば先日、肩の治療で診療所に行った時、ドクター・チンが教えてくださいました。
『あなたの親が同じ事を繰り返し繰り返し言った時、どうか怒らずに辛抱強く聞いてあげてください。彼らは、あなたが子供の頃に親に対して行ったと同じ事をしているだけなんです。あなたの親が何度も同じ質問を繰り返した時、どうか怒らないで辛抱強く答えてあげてください。彼らは、あなたが子供の頃に親に対して行ったと同じ事をしているだけなんです』
という名言です。
人は歳を取るにつれ、子供に帰って行くのかもしれませんね。
そういえば、父方のばあちゃんは亡くなる数年前から大ボケにボケまくっていましたけれど、赤ちゃんのように屈託の無い可愛い笑顔で「ヒロコさん。あんた赤ちゃんどこやったん?」と私に問いかけ、チビリそうなぐらいビビらせてくれたものでした。
これで最後のアメリカ旅行になるとは到底思えないほど元気なリン両親ですが、だんだんと親孝行できる時間も少なくなっていくわけですからね。やっぱり悔いの残らないよう、一生懸命笑顔で、どんなにわけのわからん質問でもちゃんと答えようと改めて思いましたです。まあ、夕食のおかずの卵焼きからほうれん草のおひたしまで、一つ一つをいちいちお箸でつまみながら「コレ何?」と訊くのや(byリン父)、洗濯機のふたを指差して「これどうやって開けるの?」とか、洗いあがった洗濯物を指差して「コレ、どうするの?」とか、水道の蛇口を指差して「コレどうするの?」とか訊くのは(byリン母)できればやめてほしいですけどね…。

↓がんばれリン両親!
人気ブログランキングへ

|

« 両親の会話 | トップページ | 明日からボストン »

リン母」カテゴリの記事

コメント

リンコさん、久しぶりの書き込みです♪

私も、実家に帰るたびに、両手に持てない位、いろんなものをくれるのですが、よく言われることは・・・
 
 ・忘れないうちに、早くしまっておきなさい。
   とか
 ・アレ持った?冷蔵庫に入れとくと忘れるわよ。
   とか
 ・早くしなさい。
   とか

着いて、ひと息つく暇もないうちから言われます(笑)

どこの家も同じですね・・・
   

投稿: kawako | 2009年6月17日 (水) 09時36分

ぐっときますね(泣)

樋口了一さんの『手紙』という歌の歌詞を思い出しました。

ドクター・チンさんの言葉と同じような事が唄われていて涙が止まらなくなります

投稿: cabo | 2009年6月17日 (水) 09時22分

私も、いつも小学生の気分です…

母は小学校の先生だったし、「キチンとさん」だし…

具合悪いかもってしょっちゅう言うし…(かもって何?)


でも孫の世話をしてくれるばあばに感謝なのかなぁ…

投稿: たま | 2009年6月17日 (水) 09時00分

チン先生のお話が、ちょっと、かなり、グサッときました・・・

投稿: ロンドン野郎 | 2009年6月17日 (水) 08時56分

わかりますなぁ(笑)

でも・・・ご両親はNYに来てどこも行かず?!(笑)
観光は?
マイアミのキーウエストとか・・・
ボストンとか・・・
プチ旅行でもして・・・
気をそらすとか・・・(笑)
(ワシントンでもいいかなぁ)
ま、ほんとはゆっくり温泉にでも・・・
って日本か?!(笑)

そうでもしないと・・・・
そのうちリンコさん爆発するかもぉぉ?!(笑)

投稿: や!です。にゃ(笑) | 2009年6月17日 (水) 08時27分

ププ。(*^-^*)
読んでる分にはとっても微笑ましいリンご両親。
以前、キョウコちゃん家でりン父さまのスケッチを見せていただきましたよ。
サラーッと書いたような淡い色彩がとってもステキでした。
わたしも以前母と1週間ハワイ行ったとき、
『ゼッタイ、怒らない、腹を立てない』って誓って行ったのですが実際はイライラしてたくさん怒っちゃいました。
反省!ですね。

投稿: yayo | 2009年6月17日 (水) 02時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 両親の会話 | トップページ | 明日からボストン »