« 閑話休題/リン両親的大失敗 | トップページ | 墓場巡り »

2009年6月24日 (水)

ボストンフェンウェイパーク

ボストン初日は土砂降り。
翌日も午前中は晴れたかと思ったら、午後小雨が降ったりして野球観戦がとっても心配でした。
皆さんがコメントしてくださった通り、レッドソックスは松坂、アトランタブレーブスは川上が登板予定でしたので、リン父がすっごくすごく楽しみにしていたんです。
どうかどうか、曇り空でもいいから雨だけは降らずに無事試合が始まりますように…。と親子三人で祈っていたんですが、見事試合開始前から青空が広がりはじめ、球場に到着した頃には目が痛いぐらいの日差しまで。
ひゃー。よかった!

特にリン父がとっても楽しみにしていたフェンウェイパーク訪問。
まずは正面入り口をじーっと眺め、「おっ。ここのこの角度でいっつもテレビに映ってるんやな!」と言ったり、「この辺りがグリーンモンスターの裏側かな?」とキョロキョロしたり、とってもとても嬉しそう。球場周辺を半周し、そこここで売店のお兄さんが大声を張り上げたり、音楽がガンガンなっていたり、ボストン名物のソーセージ(つまりホットドッグ)屋台がじゅーじゅーと良い音をさせていたり。賑やかで楽しい雰囲気が満ちています。
リン父は嬉しそうーに「そこらの屋台で何か食べよか」とウキウキですが、外食い立ち食い立ち飲み絶対拒否のリン母は、眉間にしわをよせて「私、いらない」。
まあそういわず何か買おうよ、とリン父と一緒にリン母の背中を押し、屋台のホットドッグとコーラなんかを買い込み、入場前に外のテーブル席で軽く食事をしました。
が。
頑固なリン母は、もちろん一口も食さず。アイスティーにさえも手を付けません。
もーしょうがないなー。とだぼんだぼんになったお腹に、無理矢理アイスティーを流し込み(なぜ?)、大勢のレッドソックスファンが群れをなしている球場内に入りました。
いやー。真っ赤ですよ真っ赤。
いつもチカちゃんに連れて行ってもらうヤンキースタジアムは、やっぱりブルーですからね。
こんな真っ赤な球場、初めてです。
ヤンキースタジアムとはまた違う活気があって、いかーにもレッドソックス、って感じの球場でした。

Fenwaypark Board
↑フェンウェイパーク入り口周辺。 ↑Matsuzakaの名前が見えますねー。

シートはインナーフィールドのライト寄り。凄く良い席です。
そこらじゅう真っ赤っかなのが目に痛いぐらいです。
Seat
↑真っ赤。シートもTシャツも何もかも、赤です赤。

Greenmonster2
↑リン父がかねてから見たかったグリーンモンスター。リン父は、テレビで見るよりずっと小さく感じたそうです。

Matsuzaka1
↑松坂だー。立ち上がり、絶不調でした。

Matsuzaka2 Matsuzaka3
↑この後、故障者リスト入りしてしまった松坂選手。がんばって早く復帰してくださーい。

Ossan
↑観戦中、ずーっっと気になっていた、帽子食い込みおっさん。
痛くないんだろうか。私だったら頭痛でたまらんけどな。

Matzuzakavskawakami
↑偶然にも日本人投手対決が見られて、本当によい思い出になりました。

この後リン父はずーっと超ゴキゲン。普段からほがらかな父ですが、さらにほがらかで饒舌で、本当に楽しそうで私も嬉しかったです。
リン母も、ホテルに戻ってラウンジで軽食を食べ、ご機嫌でした。
ちなみに、ミーハー心に負けてレッドソックスキャップを買ってしまったことは、ヤンキーファンのチカちゃんにはナイショです(ってバレとるやないか)

↓野球観戦も楽しいですねー。
人気ブログランキングへ

|

« 閑話休題/リン両親的大失敗 | トップページ | 墓場巡り »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

レッドソックスのキャップ・・・
ボストンの“B”でなく・・・
レトロタイプでソックスの画がついてるのがかわいいですぅ

http://shop.mlb.com/family/index.jsp?categoryId=1168152&cp=1452345.1452682&view=all

投稿: や!です。にゃ(笑) | 2009年6月26日 (金) 05時42分

レッドソックスのキャップ・・・
可愛いしねぇー!!!

ってそれだけ?(笑)

投稿: や!です。にゃ(笑) | 2009年6月25日 (木) 08時11分

無事に観戦できてホントによかったですね〜

リン母さまの、外での立ち食い立ち飲み禁止の徹底ぶりに驚きましたデスshine
大和撫子なリン母さまを尊敬いたしますheart01

投稿: wasabi | 2009年6月25日 (木) 00時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 閑話休題/リン両親的大失敗 | トップページ | 墓場巡り »