« チョ、チョビの目がっっ | トップページ | チョビ執事・尻松 »

2009年8月27日 (木)

チョビの目

昨日はうろたえまくってテンパりまくった記事を書いてすみませんでした。
そして、ご心配いただいたり犬目情報リンクを教えてくださって、本当にありがとうございます!!

今日獣医さんに行ってきました。
百億年ぐらい待たされて、もう診察室のクーラーで凍死するかと思った頃やっと見てもらえたんですが、診察が始まった途端屈強なおっさんに診察台に載せられたチョビ。チビりそうになってました。耳がべよーんと両側に広がって目は泣きそうになって後ろ足がガタガタガタガタ震えて、もうそりゃもう可哀相でした…。
で、ドクターが目に光を当てて診察してくれたんですが、その後一言
「ええと。最近ゴイーン!って頭打ったりした?」
「…えっ。チョビがですか?(当たり前じゃ)」
「そう。彼女」
「ええとええと…」
しばし考えましたが、チョビの場合私と同じ位頭をしょっちゅう打ってるもんですから、最近って言われてもいつごろどの程度頭を打ったかちょっと思い出せません。
「…思い出せないんですが…」
「多分その時右目をゴーンって打ったんだね」
…え。
ていうことは、病気とかじゃなくて?
「いやいや。はははは。病気じゃなくて、外傷性の眼球出血かな。でも白内障もすごく進んでるし、赤い血腫は時間が経てば消えるけど、念のため一度目の専門医に診てもらったほうがいいかもしれないね。目が見えなくなると老化が急激に進行したりするから。専門医を紹介するのでそちらで診察してもらってください」

えええええ〜。頭ゴーンって打って、その時目をゴーンって打って、そんで内出血ですか?
なんか…なんか…、すごくチョビっぽいけど…、昨日なんか夜っぴて心配して、ずーっとずーっといびきかいて寝てるチョビの側にいたのにい…。
いやそりゃもう。大した事じゃないってことならホントに安心なんですけど。
でも、
「彼女、とてもいい子だね。ハスキーとかマラミュートとかアキタって、歳を取るとすごく短気になって噛み癖が出る子が多いんだけど、大人しくて本当にスイートだねえ」
ってドクターに言ってもらって、親バカな私は鼻高々。
あ。でもチョビ、最近すごく吠えるんですけど、それはどうしてでしょう?

「あー。白内障が進んで物が見えにくくなると、色んな物が影でしか見えなくなるんだよね。そうすると『なんじゃっ!あの影はっっ!!』ってびっくりして怯えて吠えるんだよ」
なるほど。
でも、牛スティックに向かって吠えるのはどういう事情なんですかね…。

「…牛スティック…。さあ…それは彼女に訊いてみないとなんとも言えないねえ…」
チョビにきいても答えてくれないんですけどね。
まあ仕方ないか。
しかし犬にも目の専門医っているんですね。そういえば昔リースにチョビの目の診察を頼んで断られたことがありました。最近も、6年ぐらい前にリースにもらった目薬をチョビに点眼したりして、それをリースに言ったら「そ、そんな…。いくらなんでも6年前の目薬はやめたほうが…」って言われたなあ(やめんかい)。

チョビ嬢。
御年14歳と7ヶ月。
白内障進行中。
吠え癖進行中。
ワガママ進行中。
体重19キロ。
脳天打って右目に血が溜まり、左目下瞼におデキ有り。
元気一杯夢一杯。
化け犬になってもいいから、ずっとずっと一緒に暮らしていたいです。

Vet1  Vet2
↑強烈に寒い診察室。      ↑あまりに待たされたので、こんなもんを眺めて暇つぶし。

Vet3
↑病院疲れでグーグー熟睡。

↓チョビの目にワンクリック!お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« チョ、チョビの目がっっ | トップページ | チョビ執事・尻松 »

チョビ」カテゴリの記事

コメント

ちょびの横たわってる姿を見て思わずコメント書きたくなりました。

ちょびを愛してるんですね。
うちには猫がいます。
私も猫を愛してるのでよーくわかります!!

犬の解剖図も初めて見ました。
ブログタイトル面白いです。
私もへんちくりんです。
ニューヨークにも憧れます。
支離滅裂でごめんなさい。。(* ̄ー ̄*)

投稿: 今日子 | 2009年9月10日 (木) 03時44分

ホント、ひとまずホッとしました。 人間の世界では、白内障はもう病気じゃないくらい治療が進んでいて、ごく当たり前に人工水晶体を手術で入れて簡単に治ってしまいます。 ロンドン野郎の父もそうでした。

ワンコの世界では、まだそこまで?なのかなぁ・・・? チョビ嬢様、やっぱりお医者様怖いんですね。

投稿: ロンドン野郎 | 2009年8月28日 (金) 11時02分

白内障は心配ですが、ひとまず大したこと無くて良かったです~^^
よく吠えるのにも、やっぱり理由あったんですね。
ビビりながらも頑張りましたね、チョビちゃん^^

投稿: JADY | 2009年8月28日 (金) 10時17分

外傷性ってことで、ひとまずよかったですね!!
でも白内障…犬も人間と同じなんだなあ。
アメリカは動物のケアが進んでるんですね。日本には犬の目の専門医なんていないですもん、たぶん。
チョビはほんっとうにラブリーでスウィートでファビュラスなマダムですね。
トップのチョビの横顔も優しげでエレガントでとても素敵です。
いつも画像で癒されてます☆

投稿: miho | 2009年8月28日 (金) 09時07分

大事に至らなくて、ひとまず安心ですね。
私はこれから動物関連の資格を取るために勉強中です。
リンコさんのHPで初めて知る病気や症状。
うう~ん。
少しでもお役に立てる人になりたい。
頑張ってみます。

投稿: aya | 2009年8月28日 (金) 06時44分

はじめまして~ リンコさんのエッセイ全巻読んで一人で笑って、そうそう!そうなのNYはそういう街なんだよってうなずいてたメイです。チョビちゃんの目早くよくなるといいですね私も2匹ワンコがいますが、わがままで大変です(笑)

投稿: メイ | 2009年8月28日 (金) 01時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チョ、チョビの目がっっ | トップページ | チョビ執事・尻松 »