« オバマさん | トップページ | プチ大掃除 »

2009年11月17日 (火)

季節の風物詩

今日はですね。
一日一生懸命お仕事したんですが、夕方からチョビの病院に出かける用事ができたんです。
チョビ、この半年ほどの間に喉のあたりにグリグリができていて、ずっと気になっていたんです。春に一度診てもらった時には、細胞検査の結果悪性の物ではないしもちろんガンでもなく、でも何なのかわからんわ、っていう情け無い返事だったんですが、夏にもう一度診てもらったところ、『リンパ腺が腫れてるようなもん』と言われ、抗生物質をもらったんです。そうしたらそれが良くきいて、腫れがすごくひいたんですよ。とはいえ、完全にグリグリが無くなりはしなかったんですが。
ところが、日本から戻って来たらそのグリグリがまた大きく固くなっていたので、心配になってまたお医者さんに診てもらうことにしたんです。
歩いて10分ほどの所に或るお医者さんは、マンハッタンとは違っていつもガラすき。
でも、がら空きなのは待合室だけで、予約をしていてもかなーり待たされます。その理由は、ドクターが一人しかいないから。
さすがブルックリンです。
今日もいい感じで待たされて、私もチョビもトイレにも行きたいしお腹もすいてきたし、もう帰りたいねえ、と話し合いはじめたころにやっとドクター登場。
色々診察をしてもらった結果、やっぱりはっきりと原因はわからないけど、リンパ腺が腫れてるみたいな感じねえ、と言われました。そして、もしとことん追求したければ、軽い麻酔をかけて歯の裏側や歯茎の内側なんかを徹底的に調べて、ついでにグリグリを除去して検査することもできるわよ。と言われました。
でもチョビは高齢の14歳。再来月には15歳です。そんなお年寄り犬に麻酔なんかかけていいんでしょうか。
「もちろんその前に血液検査をして大丈夫かどうかしっかり調べるわよ。でもあんまり気が進まないようなら、10日間抗生物質を与えてみてまずは様子をみてみる?」と言われ、そうすることにしました。
チョビは普段とっても元気ですし、食欲も旺盛。
いまだにドタバタ全力で走り回ったり(特に室内の廊下で)、ワンワン楽しそうに大声で吠えたりもしますから、高齢であることを私もチョビもうっかり忘れてしまうことがしばしば。でも、大型犬の15歳といったら、人間でいうと100歳越え。
うっかり麻酔なんかかけて、手術中に心臓がとまったりなんかしたら、もう私、この後一生後悔の念で生き地獄になります(いや、マジで)。

というわけで、抗生物質を10日分いただき、チョビと帰路につきました。
程よい気温とからっとした空気。
あー、まさしく晩秋から初冬にかけてのほんの一時の憩いの季節だわー。
これからこんなことでいいのか?と言いたくなる位の寒気が押し寄せる厳しいニューヨークの冬がやってきます。私はニューヨークの冷えきった、冬の透明な空気も大好きですけどね。

1sunset
↑帰り道、公園の樹々の間から見えた、晩秋らしい美しい日没の空です。

皆さんも、ブヒフルや風邪には気をつけて、これからやってくる冬を楽しんでくださいねー。


↓寒くなるとチョビが元気になって嬉しいな。
人気ブログランキングへ

|

« オバマさん | トップページ | プチ大掃除 »

ブルックリン」カテゴリの記事

コメント

リンコさん、体調はGOOですか?

チョビちゃんのグリグリ、気になりますねぇ。
チョビちゃんは痛そうにはしていないのですか?

エドも14歳の時に初めて(笑)獣医にかかり
子宮筋腫?を取ってもらいました。
全身麻酔は怖かったのですが、「元気なうちに」と言う事で。 その後も歯の歯垢取ったりで18歳くらいまで全身麻酔をしてました。
私よりも獣医さんが怖がってましたね(笑)

グリグリが大きくても元気に駆け回り食欲もモリモリなら大丈夫かなsign02

風邪もブヒフルもフルフルも 気をつけて下さいませ☆

投稿: エドのママ | 2009年11月17日 (火) 01時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オバマさん | トップページ | プチ大掃除 »