« 尻松チョビ日記3 | トップページ | 尻松チョビ日記4とお宿の様子 »

2010年2月20日 (土)

ハワイの美味しいモノ

毎朝近所のニワトリのコケコッコエーッていう声に目覚め、夜は牛がモーモーモーッていう声と、多分マングースのピヨピヨピヨっていう声で眠りに落ちています。

泊まっているお宿の朝食がなんとも素晴らしいんですよ。
ブライアンさんというカリフォルニア出身シェフが、うでによりをかけて作ってくれる朝食は、その材料の全てがお宿の庭(ていうか農園)でとれた野菜、タマゴ、フルーツという新鮮さ。

Img_2637
↑今日は4人で朝食。

Img_2642
↑フルーツサラダ。ブライアンさんが説明してくれたんですが、どれが何だったかさっぱりわからんようになりました。とにかく全部ウルトラ美味しかったです。

Img_2643
↑お野菜いっぱいのオムレツチーズかけ、何かチョー美味しいものが入ったクレープ、温野菜。うう。こんなに美味しいオムレツもクレープも、生まれて初めて食べました。
あまりに量が多くて食べきれないのが無念。お弁当にしてもらいたかったです。

Img_2638
↑ブライアンさん手作りのジャム。上がイチジク、下がイチゴ、右がグレープ。もちろん絶品ざます。

↓片っ端から全部食べられる丈夫で巨大な胃袋が欲しい。
人気ブログランキングへ

|

« 尻松チョビ日記3 | トップページ | 尻松チョビ日記4とお宿の様子 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

なにかシンプルな中にも、さりげなく高級感のある朝食ですねぇ。 美味しそう!

色んな種類の果物が入っているフルーツサラダもハワイならではなんでしょうね。 ヒトデ型のは何?

まだ宿の全貌が見えてきませんけど、やっぱりかのマリー・アントワネットが豪壮なベルサイユ宮殿の一角に作った田舎家のような、多忙な日常に疲れた人々が心身を休めるための秘密の隠れ家リゾートなんでしょうか?

リンコさんも時間をぜいたくに使ってゆっくり休養して下さい。

投稿: ロンドン野郎 | 2010年2月21日 (日) 08時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 尻松チョビ日記3 | トップページ | 尻松チョビ日記4とお宿の様子 »