« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月30日 (火)

リンパマッサージ

そうです。
昨日私がホエホエホエ〜〜となったのは、リンパマッサージのお陰です。

元々キヨPに紹介してもらったリンパマッサージなんですが、私の従妹キョウコちゃんもその施術の素晴らしさに魅せられてリンパ学院に入学。現在猛勉強中なんですが、その学院でキョウコちゃんがお友達になったウルトラ可愛いマッサージ師(?)ちゃん、チエちゃんがこの度NYに遊びにやって来ました。
遊びにというか、彼女はプロのヒップホップダンサーでもありリンパマッサージ師でもあるので、今回の旅はダンスレッスンのため。
そのチエちゃんが、キョウコちゃんから託された私への色々な品物(結構重かったごめん)を運んで、わざわざブルックリンまできてくれることになったんです。

チエちゃんとの待ち合わせはグランドセントラル駅で。
その前に会っていた尻松さんも一緒です。

せっかくリンパマッサージができる人とNYで会うんだし、日本に帰らないと受けられないリンパ施術を是非受けたい、と私がお願いしてブルックリンまできてもらうことになりました。
もちろんマッサージフリーク(?)のアサミちゃんも誘ってみたら、食いつき抜群。

まずはアサミちゃんちにチエちゃんを送り届け、仕事を済ませてから我が家に遅れて到着した尻松さんと二人でチエちゃんを待ちました。
その間、チョビは彼女の中で『この世で一番易しい執事=下僕』の尻松さんをアゴでコキ使おうとしてワンワン吠えまくったりアゴをフって尻松さんの注意を自分に向けようと必死。いや。というより、尻松さんが自分だけに注目するのは当たり前、と思っているとすら思える態度でした。

いやー。しかしチエちゃん。無茶苦茶可愛いです。正真正銘の可愛子ちゃんです。
白衣に着替えての施術だったんですが、もう見た瞬間『いや。いやいやいや。いや。コレはヤバいだろう』って思いました。コスプレの世界です。
もちろん同じく見ていた尻松さんの脳内でも
『いや。いやいやいやいやいやいやいや。いやいやいやいやいや』
っていう文字、爆裂間違い無しの様子。
別の言い方をさせてもらうならば、鼻の下が百メートルぐらい伸びてました。

そんなチエちゃんの施術の様子。
ふふ。
こんな感じです。

Dsc08028
↑白衣の天使。とチョーうれしそうな尻松。うれしがりすぎ。

Dsc08027
↑まな板の上の尻松。

Dsc08031
↑にこやかなチエちゃんと、既に恍惚尻松。

Dsc08033
↑左半顔だけ施術後。左目の位置が微妙にあがってません?

私の写真の腕前が悪くてちょっとわかりにくいんですが、肉眼で直接見ると、ゲッてぐらい左目の位置があがっててスゴかったんです。

Dsc08034
↑はい。施術終了。お目目ぱっちりになってまーす。

この後、私の全身マッサージが始まったんですが、コレが実に2時間に及ぶ大施術。
本当に本当に一生懸命サービスしてくれたチエちゃん。
私が肩が痛くて眠れない、って言ったので、
そこを治しましょう!
って言って、それはそれは何度も何度も一生懸命マッサージしてくれたお陰で、今日は痛みが随分和らぎました。
肩の周りがパンパンに張っていて、肩甲骨が見えないぐらいに腫れてますよ、って言われました。
その腫れも、今日は随分と引いたようで、肩の痛みは半減しましたし、なんといっても昨夜の熟睡ぶりはすごかったです。
ベッドに入った瞬間眠りに落ち、今朝も大朝寝坊です(いつもだけど)。

健康に関しては無知な私ですが、リンパの流れを良くする事がとっても大切なんだということはなんとなくわかります。
自分でセルフケアもできるようですし、これからはもっとがんばってリンパが流れまくる体にしなくちゃ。

木曜日には日本に帰ってしまうチエちゃんですが、またNYに来たいです!ってチョー可愛い笑顔で言ってましたので、また会える日を楽しみに待っています。
チエちゃん。マッサージ本当にありがとう!


↓すごく恥ずかしがりやさんなので、正面アップ写真が撮れなくて残念。マジで可愛子ちゃん(死語?)だったのにー。
人気ブログランキングへ

| | コメント (4)

また予告編

本日も予告編です。

いや、もう、なんか、ホエホエホエ〜で眠くて仕方ないもんですから……。
その理由は明日の本編で。
へへ。

Dsc08032
↑何が行われているのか……?

↓そこまで予告するほどの話なんだろうか。
人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

2010年3月28日 (日)

サプリメント

このところ、毎日サプリメントを摂るようにしています。
Gary Nullという、私から見るとほとんどイっちゃってるおっさん(ニュートリショニストでドクターらしいけど)のプロダクトが、その全体的なうさん臭いイメージとは裏腹に、なかなかに良い働きをしてくれるからです。

Null
↑おっさん。こうして見ると別に普通じゃん、って感じだけど。

9018_gary_null
↑アップで見ると目がイってる。
そんでもって70歳過ぎてるって噂なのもコワい。自分の体でビタミンの効き目を証明しているのか?

特にこのおっさんのプロダクトの私の中での評価が高まったきっかけは、チョビのビタミン剤です。

Pet_formula_009223
↑粉末状のペットサプリメント。

この粉末のものはニンニクが多分入っているらしく、コレを御飯に混ぜて食べさせると、その後チョビが口をニパーっと開けるとモハーっとニンニク臭がそこら中に充満します。
でも、コレを混ぜた御飯を食べるとウ○チの状態最高。快食快便快眠になるんです。

Vitamins_dogs
↑こっちは錠剤サプリメント。

錠剤サプリメントは、あまりに巨大なので1/4ぐらいに割って御飯に混ぜてあげます。
何がどうか具体的にはわからないんですが、コレをあげはじめてからチョビの体調がすごく良いような気がします。
なんといっても15歳のシベリアンハスキーとしては、異様に元気なチョビですが、あまりにその健康と元気を過信しちゃいけないな、と思い、色々とサプリメントを与えてみてるんですが、大概のものには過剰反応してお腹を壊すチョビがこのおっさんのサプリメントにはいまのところお腹を壊さずにいます。
オンラインでもお買い物できるんですが、気分転換にマンハッタンのアッパーウェストサイドにあるおっさんショップに直接買いに行くこともあります。
ビタミンおたく、って感じのお店(というかオフィス?)でビタミンおたく達が働いているオフィスには、『ビタミンクローゼット』という小部屋があり、そこにビタミンおたくの一人が常時詰めていてビタミンを買いにくるビタミンおたくにビタミンを売ってくれるんです。
私のためのサプリメント(総合ビタミン剤・ベジタブルカプセル二種類)が3つで60ドル。チョビのビタミン剤が1個55ドル。

「犬のビタミン剤が一番高いっっ」
と私がわめくと、ビタミンおたくのお兄さんが

「あー。ホントだねー。でも犬のビタミン剤は割引できないんだよ。そのかわりキミのサプリメントは全品30%オフにしてあげるよ」
って言ってくれました。

なんか。
自分のサプリメント3個が自分の犬のビタミン剤1個より安いのって。
なんか。
なんか。。。。


↓いや。うれしかったけど。
人気ブログランキングへ

| | コメント (4)

ミョーな映画

久しぶりに映画を見ました。
ベン・スティラー主演の『GREENBERG(グリーンバーグ)』という映画です。
感想はというとですね、面白かったといえば面白かったんですが、わけがわからんかったという気もしないでもないです。
ネイティブのアメリカ人じゃないとわからないジョークやスラングが多かったっていうのもあるんですが、コレ私の性格的なものかもしれませんが、『結末』の無いストーリーだったのが一番「わけがわからん」気分にさせられた原因かもしれません。
っかいつまんで言うと、鬱っぽい主人公がお兄さんの家族旅行の留守宅にやってきて、犬の世話をしつつとぐろを巻いているところに、若くて可愛いお兄さんのアシスタントちゃんがやってきて、曖昧な雰囲気で恋に落ちるような落ちないような……。
で、彼の鬱病が治ったかというと、そういうわけでもないような感じだし、そもそも映画全体を通して何が起ったかというと、特に何も起こってないような。
……っていうのが私の全体的な感想なんですが、かといって面白くなかったとかつまらんかった、っということでもなく、それなりに楽しめましたし、なんとなくモヤーっとした印象がずっと心に残っている感じでもあります。
あの映画、日本にも行くのかしら。
それとももう既に行ったのかな?
日本語に訳すると、あの映画はどんな感じになるのかしら。

とまあ、映画の話はさておき、映画が終わってから久々に外食をしました。
日本食レストランOSAKAです。そうオオサカ。
こういう名前の日本食レストランって、大概今ひとつなところが多いんですけどね。
今夜のオオサカは結構良かったです。
特におみそしるが美味しかった。

Img_3055
↑おみそしると一緒にコーラを飲むな!

Img_3056
↑トンカツとビーフネギ巻きとお寿司と御飯の盛り合わせ。

これで$18です。
高いかな、安いかな。
いずれにせよ、とてもじゃないけど食べきれませんでした。
隣りのテーブルに座っていたアメリカ人の男がお寿司を注文していましたが、お醤油をお皿から溢れんばかりに注いで、その上からわさびを丸ごと(大量)放り込み、ガシャガシャガシャーっと混ぜ、そこににぎり寿司をドベーっと漬け込んでからムシャーっと食べていたのが気になって気になって、挙げ句の果てに白身魚を口に入れて咀嚼した瞬間『ウゲエエエエッ』と大騒ぎし、ペーパーナプキンにベーっと出して捨てているのを見て、マジでテーブルひっくり返したろかと思った意外はまあまあのお夕食でした(どこらへんがまあまあなんじゃい)。
今度はお寿司を食べてみたいな。
あ。そういえばまさるちゃんのお寿司屋さんに、キアヌ・リーブスが来たそうな。
帰り際「どうも」って言ったらしいけど、彼日本食好きなのかな。
だったら日本人の女も好きかな。

↓それがおのれに何の関係が?
人気ブログランキングへ

| | コメント (7)

2010年3月27日 (土)

コスプレチョビ

Dsc07970
↑コレ。

続きは明日の『別館ふにゃら』で!


↓サボってるわけじゃないのよサボってるわけじゃ。
人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

2010年3月25日 (木)

御近所の皆さん

先日のチョビ手術騒ぎですが、その後御近所の人たちからチョビ連れでいるとよく訊かれるようになりました。
「あら。そのワンちゃんよね、手術したの。もう大丈夫?」
とか
「ハーイ。すっかり元気になったね。よかったね」
とか。

特に同じフロアでは、一度も話をしたことのない反対側の棟の人たちも声をかけてくれます。
「もうよくなった?大丈夫だった?」
なんて。

それはですね。
チョビがあの始祖鳥の声で泣き叫んだ日に、あまりの異様な大声に御近所迷惑だと思ったので、ビルディングリンクというビルの住人全員に行き渡るメールシステムと張り紙で告知をしたんです。

『私の犬.チョビ』というタイトルで
『今朝、私の犬(15歳シベリアンハスキー)はちょっとしたおデキを除去する手術を受けました。痛みからか不安からか、帰宅してからずっとまるで巨大な怪鳥のような声で泣き叫び続けています。多分御近所の皆さんは『あの家は恐竜を飼っているのか?』とか『もしかして動物虐待?』と思われるかもしれませんが、そのようなことは一切ありません。しばらく泣き叫ぶ怪鳥の声が聞こえるかもしれませんが、どうかどうか許してください』
という内容でチョビの写真も添えました。

Chobiflyer
↑エレベーター前と玄関に貼った。

そんなわけで皆さん「ああ。あの年寄りの女と年寄りの犬の家でなんかあったんだな……」と理解してくださってお声をかけてくださったというわけです。

みんなチョビを見ると「あっ。あの犬だな……」っていう顔をします。
そして、全然話をしたことのない見知らぬ他のフロアの人たちも声をかけてくれます。

こういう時つくづく思うんですが、ホントにブルックリンはマンハッタンよりずっとずっとフレンドリーな土地柄です。
色んなショップの店員さんたちも、マンハッタンではあまり見られない満面の笑みで接客してくれますし、何度か通うと「ハーイ!いらっしゃい!」ってまるで旧知の友のように大歓迎してくれますし、しばらくご無沙汰した後に行くと「久しぶり!!しばらく会えなかったねえ。元気だった?」なんて声をかけてくれます。
マンハッタンの人たちが悪いとか冷たいというわけでもないんですが、やっぱりあまりにも人が多くて忙しくて時間がなくて、そんな風に声をかけあう習慣ができあがらなかったのかもしれません。
私はマンハッタンのあの乾燥してピンと張りつめていて有無を言わせないパワーもまた好きなんですけどね。


↓さらしものになったほっかむりチョビの立場は。
人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

シェフのディナー

今日、久しぶりに御近所さんアサミちゃんちに行ってきました。
たくさんある本を貸して上げる約束をしていたんですが、お互いに忙しくてなかなか会う機会がなかったんですが、今日たまたま都合が合ったので歩いて10分のあさみちゃんちにお邪魔してきました。
ええ。
もちろんお夕食時に行って、もちろんアサミちゃんの手料理をごちそうになりました。

最近色々なアレルギー対策で食事制限を行っているアサミちゃん。外食だと食べられる物が限られてしまうのでつまんない、ってことでお料理してくれることになったんですが、いやー、さすがシェフスクールの卒業生。
さささーっと手軽にクッキングしてくれたもの全て、ほんっとに美味しかったです。

Img_3050
↑アボカドを半分に切ってその中にお手製マヨネーズであえたエビちゃんを載っけたもの。
お手製マヨも無茶苦茶美味しかった!

Img_3049
↑ニンニクで風味づけしたオリーブオイルとお塩で炒めた(多分)キャベチュ。

いやー。キャベチュ、大好物なんです。チョビもキャベチュ大好物なんですけどね。
私も大好きなんです。シンプルだけどほんっとに美味しい!私も真似して作ってみるぞ!

Img_3048
↑ブロッコリーのパスタ。これもチョーウマでした!

ヘルシーでシンプルで、でもホントにホントに激美味のアサミディナー。
ごちそうさまごちそうさまごちそうさまでしたっ!
お夕食をいただきながら、なんでレイコちゃんはスーパーマーケット嫌いなのかねえ?とか、料理にホントに興味が無いんだねえ、なんでだろうねえ、なんて話をしました。
いやしかし。ホントになんで私、料理に興味が無くてスーパーマーケットが嫌いなんですかね?
大王イカとはまた違う前世のトラウマなんですかね?


↓そういう問題か?
人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2010年3月23日 (火)

街クマ

今日は昨日の大雨はあがりましたが、相変わらずの曇り空。
私もチョビも、なんとなく怠けーたダラーとしたボエーとした態度で過ごしています(いつもか?)。

ノソノソと着替えてチョビのお散歩にでかけた時は、気温低め湿気高めお日様ゼロ。私の大嫌いな気候です。でも、チョビは御天気に関しては、暑すぎる以外はどうでもいいようで、ロビーを出た瞬間「ウラウラウラーーーーッッ!」という勢いで駆け出します。

いつもなら北方向に向かってテクテク歩くんですが、今日のチョビは南向き気分だった様子。
トコトコと歩き、途中中学生の群れにジロジロ見られながらおトイレもすませ、すっきりしたところでまたさらに南に向かってトコトコトコ。

チョビがヘンなものを拾い食いしたり汚いものを踏んだりしないように見張りつつ、大通りを過ぎたあたりから目につき始めるわけのわからん日暮里のおっさん風のおっさんたちを観察して楽しんでいたんですが。

そしたら。

Img_3024
↑………あ?

Img_3025
↑……いや……いやいやいや……いや、これは、いや、違うだろう。。

な、何を考えとるんじゃこの店のおっさん(知らんけど多分おっさんディスプレイ担当)は。
違うだろう。これはいくらなんでもおかしいだろう。
コンセプトも何もないんじゃないのか?
このディスプレイで一体何を訴えようと?
客に何をアピールしようと?
そして、何を売ろうと?
クマなのか?
それともクマが被ってる赤帽子?
それともまさか、クマが巻いてるポエポエマフラー?
クマが持ってる赤ん坊入れものか?
それとも赤ん坊人形?
それともまさかもしかして、クマそのものを?
そもそも、ショーウィンドーそのものに統一された意味が感じられんのだが。
クマの横の乳母車の赤ん坊のブキミに陽気な様も気になるし(一枚目写真参照)。
それに。
それに。
……あっっ。
それにっっ

Img_3026
↑寝クマにもたれる半裸の赤ん坊!

なぜ?
なぜクマ?
そして何故赤ん坊とクマのペアリング?
寝てるクマも立ってるクマも、よく見ると意外に可愛いけど。
でも、なぜ?

Img_3028
↑右上にいる無意味なポーズのおっさん顔の赤ん坊も気になる。

もしかしてアレかな。
マンハッタンのロードアンドテイラーとか真似して、ストーリー性のあるウィンドーディスプレーを目指してるのかな?

例えば

Img_3024
ある日森の中をくまさんが歩いていると、赤ん坊が地面に落ちていました。

Img_3025
あっ!なんてことだ!人間の赤ん坊じゃないかっ。<ここ、クマのセリフね>

Img_3028_2
風を引いたら大変だ!よし!私が温めてあげよう。<ここ、クマの心のセリフね>


と、クマさんは人間の子を大事に大事に育てましたとさ。

みたいな。

Img_3029
↑って思ったけど、森の中にこんな格好のくまさんはおらんな。


↓とか言いながら、実はこのクマ買ってもいいかもなぐらい気に入った。
人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

2010年3月22日 (月)

街イカ

従妹のキョウコちゃんとほぼ毎日メールの交換をしているんですが、その中で何が理由だったか生まれ変わりとか前世の話になりました。
キョウコちゃんが『前世は無茶苦茶幸せなのに、今生がチョー不幸とかいやよね』みたいな事を書いて来たんですが、そこで私が思ったのは、

不幸な前世や幸福な前世よりなにより、一番イヤなのは大王イカだった前世じゃないか……

ってことです。
そんな、自分が子イカでわけのわからん深海魚に追いかけ回されて逃げ回った記憶とか、深海でクジラと戦っていたイカ時代なんか思い出した日にゃ、その場でチビります。5番街歩いていて突然思い出したらホントにチビります。

なんてことをボエーっと考えながらロックフェラーセンターの地下から5番街に出ようとしたまさにその時。

Img_3004
↑……あっ……?

Img_3005
↑ぎゃーー!

い、い、いたっ。
アイツが。
こんなところにっっ。

アンソロポロジー。
一体私になんの恨みが。

Img_3006
↑店内は可愛いものだらけなのに……。


↓ていうか、前世でイカだったことがあるのか?もっと言うなら、イカが人間に生まれ変わるってこと、あるのか?
人気ブログランキングへ

| | コメント (5)

2010年3月21日 (日)

バレエダンサーとデートすることとスペイン語の勉強

昨夜、ブルーシャさんと久しぶりに会いました。
彼女がいつもご招待してくれるバレエの鑑賞会です。
昨日のバレエは、私はぜーんぜん知らなかったんですが、バレエ界のスーパースター天才世界最高峰プリンシパルAngel Corella(アンヘル・コレーラ)のバレエ団Corella Ballet Castilla y Leonの北米デビューショーだったんです。
ブルーシャさんの説明によると、スペインには一流のクラシックバレエ団があまり無いんだそうで、アンヘルさんは常々35歳で引退して自分のバレエ団を作るのが夢だと語っていたそうなんです(ブルーシャさんがスペイン語でインタビューした)。
それを彼は本当に35歳で現実のものとし、今回の北米デビューに至ったわけです。

彼の白鳥の湖はブルーシャさんのお陰で何度も鑑賞したことがありますが、特にあの黒鳥とのグルグル回転合戦が有名ですよね。
今回のショーでは、あのグルグルどころの騒ぎじゃなかったです。
もう、両手に洗濯物を持ってもらったらあっという間に乾くだろうなと思うほどのスピードと回転数で、そのまま舞台から落ちたらどうするんだろう、と無茶苦茶ハラハラしました。
でも彼、素敵だったなー。
もう一人プリンシパルの男性がいたんですが、この人はアンヘルのお姉さんと結婚されているそうで、とってもハンサムでかっこよかったです。
で、じーーーっと踊っている彼らを見ているうちに、うーーーーん、バレリーナの男性とデートしたら、ものすっっっごくお姫様扱いしてもらえるかもしれないかな……という妄想がわき上がってきました。
歩くときはいつも手を取ってくれるし、もしかしたら手にチューとかしてくれるかもしれないし、いつも満面の笑顔で時々回転とかもしてくれるかもしれないし。
デートの度にアンヘルみたいな超高速回転してくれたら、メロメロになりますきっと。

……なんてアホなことを考えていたんですが、そしたら私やっぱりスペイン語が喋れるようにならんといけませんよね。
実はずーっとずっとCDで独学は続けているんです。
でも、会話は大分理解できるようになったんですが、ドアマンやハンディーマンの人たちでスペイン語を話す人たちと会話しようとしても、全く使い物にならないんです。
もちろんまだまだ勉強不足。
もっともっと努力しなくちゃならないです。
そういえば何年前だったか、ブルーシャさんにスペイン語のレッスンをしてもらったことがあるんですが、彼女教え方がとっても上手で、始めての言語を日本語で教えてもらえたことがスペイン語への基礎知識としてすごく役に立ったんですよね。
そしてCDで独学している今、タイムリーなことに、ブルーシャさんがスペイン語の入門書を出版されたんです。

Espanol
世界最速でアミーゴができる!スペイン語入門―柔らかくて毛深いスペイン語の本 (CDブック)

ブルーシャさんがわざわざ日本から送ってくださったこの本。
いやー。これは良書です。
ものすごくお薦めです。
彼女のレッスンと同じく、優しく親切で丁寧で親しみやすい内容で、なんといってもCD独学を続けている私にとって、これはまさしく『生きた会話』のレッスン本だと実感。
本当にスペインで生活をし、スペイン語を第二外国語として教える資格を取ったブルーシャさんならではの素晴らしいスペイン語入門本です。
副題も素晴らしい。
『柔らかくて毛深いスペイン語の本』
まさしくそんな感じです。
スペイン語に興味がある方はもちろん、今特に習う気が無いけど……っていう方も、興味深く楽しく読める本です。
語学って本当に面白い。
時代によって形を変える、まるで生き物のような言語ですが、色々な言葉を理解できるようになるってことは、まさしく世界が広がるということだと、何かひとつ学ぶ度に思います。
まだまだ全然ものにならない私のスペイン語ですが、それでも昨日まで意味がわからなかった地下鉄車内のポスターが読めるようになったり、道ばたでおしゃべりしているメキシカンのおばさんたちの会話が理解できたりするたび、小さな感動が生まれます。
日本語の次は英語、か、韓国語、っていう感じの現代ですけど、スペイン語もいいですよー。
昨日のバレエのかけ声がスペイン語だったのもかっこよかった!
私も明日から、またがんばります!

↓スペイン人の男性って濃いイケメンが多いような気が。
人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

チョーウルトラ御天気!

本日、最高の御天気でした!
半袖短パンの人が街にはいっぱい。……ってまあ、アメリカ人ならではですね。
日本ではこのぐらいの気候で短パンTシャツにはならないと思いますが、とにかくちょっとでも気候がよくなり気温が上がると、うおおおおおおおーっと興奮して夏着になるんです、アメリカ人は。
私も浮かれてサンドレスで出かけてみようかと思ったんですが、チョビと一緒にベランダに出てみたら日陰はさすがに涼しげだったので、やっぱり普通のシャツとジーンズにしました。

手術の後遺症もなく、超ウルトラ元気になったチョビもあまりの陽気にウキウキでした。
こうして春がきたかな?
って思っていると、突然また冬が舞い戻ってきたりするので油断できないんですけどね、ニューヨークは。

Dsc07857
↑イースターが近いので、こんな小物が。あれ、日本製?

Dsc07858
↑とりあえずウサギ出しとけ。って感じのカゴ。

Dsc07859
↑色もイースターカラーでカラフル。

Dsc07856
↑これはイースターに何か関係が?

↓つい浮かれて良い匂いのハンドソープを買ってしまった。一日一食キャンペーンなのに……。
人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2010年3月20日 (土)

新刊発売キャンペーン実施中

って言っても,別に全国販売行脚しているわけではありません。
でも、実はアメリカで本を出版すると、著者は全国の書店を渡り歩いて発売キャンペーンをするのが普通なんですよね。出版記念パーティーをしたり、書店でサイン会をしたり……。
その書店でのサイン会でも、そうそうSex and the City の場面でもありましたけど、著者は自分の本の文章を音読したりするんですよ。サイン会にきてくれた人たちの前で。
あれは私はなんというか、、なんでそんなことを?
っていつも疑問に思うんですけどね。
特に私の本なんてそんな音読なんかしたら、もう、なんか、わけのわからんことになりますしね。
ギャーとかヒーとかうぎえーとか必死のパッチとかチビるとか、そんなんばっかりですし。

でもですね、今回は久しぶりの新刊ですし、私も少し真面目に営業努力をするべきかしら、と思い立って、ローカル紙の皆さんに「新刊発売になります。宣伝よろしくお願いしますペコペコペコ」とお願いしてまわって、そんでもってサイン会で本を買ってくださる皆さんのためにチョビ小物を作ってプレゼントしようと思って色々思案したり、はたまたローカル紙の読者の皆さんにも、=何かプレゼントできないかしら?とか、何かイベントできないかしら?とか
普段回らない知恵を必死で巡らせています。

表紙の画像やプレゼントの内容なんかも、決まったらまたお知らせします。

チョビもすっかり元通り……というか、なんかむしろ勢いが増したようで、今日もドスバタと走り回ってものすごい騒ぎで超ウルトラ元気になったことですし、心置きなく仕事と売り込みに励みます。

Chobibook
↑試作品の製作中画像。ウヒヒ。

↓とか言いながら、今日もしつこくHACHIのビデオみて泣いたバカ。
人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2010年3月19日 (金)

新刊プレスリリースが届きました

担当さんが、新刊のプレスリリースを送ってくださいました。
表紙も完成して、いよいよだーという感じです。

今回の表紙は写真です。
それがもうまたなんていうか、可愛いくてヌけてて動物登場でビートルズで(?は?)……リンコ的に超ドストライクなものに仕上げていただきました。
デザインしてくださったのは、大天才・坂野公一さんです。
早く皆さんにもお見せしたいんですが、もうちょっとお待ちくださーい。

プレスリリースの内容はこんな感じです:

『爆笑ニューヨーク POWERFUL アホで使える最新情報てんこ盛り!』

竹内玲子

4月15日発売/352頁(ぐらい)/定価 648円 (税込) 680円

無茶苦茶当たるリーディング、一口食べるごとに天国行き、のチャイナタウンのカス テラ、荒野のような激安ファッションショップ。たくましく生きるリンコの抱腹絶倒、空前絶後なエッセイ&ガイド。大人気「笑うニューヨーク」シリーズが、よりパ ワフルに、よりラテンになって帰ってきた! 文庫書き下ろし。

よりパワフルでよりラテンです!

そうだ。
NY紀伊国屋さんのサイン会、まだ日程は確定していないんですが、できれば来てくださる皆さんにプレゼントを用意したいと思っています。
今のところ、チョビ小物を考えています。
また決まったらお知らせしますね。
皆さんよろしくお願いいたしまーす。

Dsc078341
↑昨日はこの姿勢で泣き続けていたチョビですが、本日見事に大復活しました!


↓ああ。。。全体的にほっとしました……。
人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

2010年3月17日 (水)

インクカートリッジ

今日来たんですが、インクカートリッジ。

なんかこう、納得がいかんのです。

Ink
↑こんなデカい箱にカートリッジ二個。

無意味にデカい箱を開けると、ゴロゴロと入っているカートリッジ二個。
説明書無し。お詫び状無し。事情説明無し。何も無し。

で?
え?
なんで?
カートリッジ?
しかも、なんでブルーとピンク?
黒と黄色は?

↓明日交換してみよう。
人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2010年3月16日 (火)

隣りのメイさん

今日は昨日までとうってかわって最高の御天気でした。
久しぶりの青空、湿気も低く14度という快適な気温に誘われ、チョビとルンルンでお散歩に出かけました。

自宅前の通りを鼻歌混じりに歩いて居たら、後ろから走ってくる足音が。

「レイコ!」

振り返ると思いがけず間近に、お隣のメイさん(多分チャイニーズ)の顔がドアップで迫っていました。

「ハ、ハーイメイ……」

なんかもの凄い剣幕のメイさんに、ちょっとビビりました。

このメイさんは、昨年末アパート中の網戸設置に一役買って出て、アパート中を駆け回り、電話をかけまくり、数ヶ月間ただひたすら網戸のためにかけずり回ったとっても世話好きの一児の母。ダンナさんはビルさんという、スイートで日本語が話せる紳士です。

「ねえねえレイコ。知ってる?」

「え。いや、知らない。(何の話かしらんけど、適当に返事)」

「私たちのお隣の○○さんち。お家を売りに出したのよっ」

「へー」(話の展開が見えないので、これまた適当に返事)

「いくらで売りに出したと思う?」

「え、えーと。。。えーと……」

「それがなんとねえ……」

チョーニヤニヤ笑いのメイさん。
ものすごく間をもたせたあげく、ギュウウウウっと私の腕を掴んで大きなコソコソ声で

「○○○○ドルよっっっ!!!」

鼻の穴を広げて鼻息荒く、そしてドラマティックに宣言するメイさん。
いや……いやいや。そうなんですね。そう。うんそうね。
すごい値段だよね。
そんな値段でね。
売りに出したのね。

「売れると思うっっ?」

あー……いやー……ど、どうかなあ……。

「私は無理だと思うわっ」

ああ……ああそう、そうですかね……。

「でもっ!!」

また私の腕をギュウウウウウ。

「えっ?」

「でもねっ。もし、もしもよっ。もしその値段で売れたら……」

う、売れたら……?

「私たちも……」

……い、いくらかおこぼれを……?

「売る時には高く売れるかもしれないわっっっっ!!!」

ほーほほほほほほほほほほほほほ!!!!
高笑いするメイさん。

じゃっ。私スープの材料買いに行くところだから、またねっ!!!

言いたいだけ言って笑いたいだけ笑ってメイさんは颯爽と去って行きました。


……
で、
一体何だったんだ……。



↓この立ち話の間にチョビは飄々とウ○チした。
人気ブログランキングへ

| | コメント (1)

2010年3月14日 (日)

台風一過と私が後悔していること

昨日の大嵐。
本当にすごかったです。
コンちゃんち周辺はあちこちで大木がなぎ倒され、いまだに電気が復旧していないそうです。
私の自宅周辺も、小枝が散乱し何もかもがぐちゃぐちゃになってそこらじゅうに散らばっている状態ですが、幸い停電や事故は起っていないようです。

昨日の大雨と大風で夜のお散歩ができなかったせいか、朝からフンフンと電話で話をしている私の声を聞いてコーフンしたせいか、チョビが朝っぱらからワンワンワンワンワンワカワンワンと吠えまくり、外に出た途端猛ダッシュ。
道ばたに落ちている小枝を見ては興奮して、ガバッと飛びかかってみたり、わけのわからん何かの塊の匂いをクンクンかいでは、ウゲッという感じで飛び上がってみたり、大興奮の大坩堝でした。

野リスや野ネズミたちも、昨夜の嵐をどこでしのいでいたのか、なんとなくシッポや耳が濡れてボサボサになった感じでそこらへんをうろついています。多分食べ物を探してるのかな?
ああそういえば、先週の夜散歩の時、大通りをいちかばちかの賭けでダッシュ横断している白黒の子猫がいたなあ。
あの子、野良猫かな。
だとしたら、あんな大嵐をどこでしのいだのかな。
そうだ。
それに、隣町との間にある大きなお家の窓下にいつもいつも繋がれているブルドッグちゃん。
あの子はどうしたのかな。
引き綱が短すぎて座る事もできない長さで繋がれているのが、見掛ける度に気になって気になって仕方が無かったんだけど、昨夜はお家にいれてもらえたのかしら。
昔、まだ小学生だったころ家にいた飼い犬ポチはずっと外飼いで、台風の日も外だったような気がするけど、あんまり酷い嵐のときは玄関に入れてあげてたんだっけ?

台風一過の街の様子を見ながらチョビとお散歩をしていると、色んなことが頭に浮かんでは消えて行きます。
こういう時、自然の力のすごさとその自然の前の人間の無力さを思ったり、はたまたこうした自然の営みからよくも悪くも突出してしまった人間の知恵と能力の意味などに思いを馳せてしまって、頭がボーっとしてしまいます。

そして、こんな時に限って、テレビではHuman SocietyのCMを流したり、さらにはリチャード・ギア主演の映画HACHIのDVDニュースが出てトレイラーを見せられたりで、もうわたしゃ一人で滂沱の涙です。

ハラハラと涙を流しながら、ああ、なんで私は動物レスキューの仕事につかなかったのかしら。なんで私は今こんなところで山菜うどんなんか食べてるのかしら。そんな暇があったら動物愛護団体のボランティアぐらいしろよ。それとももっと必死で仕事して、億万長者になって犬牧場をつくる夢に一歩でも近づくように努力しろよ。

とか。
色々思いつつ、おそばを口からブラさげ鼻水をたらしながらダーと涙を流してしまいます。

↑コレも泣けた……。

まあ。

なんていうか。

そんな一方。

家の犬は……

1cho
↑あ?

2cho
↑……グー。


↓駅で待ってくれるどころか、最近玄関までも来てくれん。
人気ブログランキングへ

| | コメント (5)

2010年3月13日 (土)

節食

『別館ふにゃら』で書いたんですが、チョビの左目とおでこのおデキを切除してもらうことにしました。
それにかかる費用が約900ドル。
ものすごい臨時出費です。
で、昨日はコンちゃんと久しぶりのディナーだったので、思い切り美味しい物をいただきましたけど、今日から『チョビ一日一食キャンペーン』の始まりです。
と言っても別にチョビが一食になるわけではなく、チョビのかわりに私が一日一食にするって話なんですけどね。
しかも一日一食なんて、やっぱり無理なので、外食はやめてお家にあるものですませようキャンペーンです。
普段から一日二食、たまに一食なんてこともありますのでそれはまあ対して苦痛ではないんですが、一人分の食事を用意するのがかなり面倒です。

まず、このところ大活躍している『ひとり御膳』

Img01
↑コレ。

これで御飯を一合炊けば、二日分のお夕食になります。
おかずは、佃煮とか梅干しとか冷凍明太子とか、冷凍保存してあるお肉をちょっと調理したり、あと一応15年前の味付け海苔も一缶記念に保存してあるので、いざとなったらコレを(やめれ)。
それから、冷凍おそばとおうどんという武器もあります。
面倒なときは(ていうか、ほぼ毎日面倒)おそばやおうどんでお夕食終了します。

Photo
↑ということで、山菜とろろそば。

ええ。
多分明日は山菜とろろうどんになると思います。
ハイ。

↓犬保険で少しでもカバーできるといいな……。
人気ブログランキングへ

| | コメント (1)

トップ画像更新

トップ更新しましたー。
チョビのマヌケ画像と呪いっぽい雰囲気(どんな雰囲気?)をミックスしてみました。
トップを更新したら本文の幅を狭くせざるを得ず、写真や動画の端っこがちょっと切れてます。
これからは画像や動画の解像度もちょっと下げてアップしますね。

そうそう。
トップが変わらない方は、ブラウザの更新ボタンを押してみてくださーい。

↓結構時間かかった……。
人気ブログランキングへ

| | コメント (4)

2010年3月12日 (金)

バスクリンの海

昨夜も、インクカートリッジが届く前に直してやる、と意地になってプリンターと格闘し(結局直らずじまい)超夜更かししてしまい、挙げ句にウルトラ肩こりになってしまったので寝る前にバスタブにゆっくりつかりました。

いつどうやって手に入れたのかさっぱり心当たりがないイタリアのバブルバス(オリーブオイルが入っているらしい)を入れて、ブクブク泡立てていい香りを楽しんでいてフと思い出しました。

日本ではバスクリン入れてたなあ。
昔は緑色のバスクリンしかなかったけど、後になってブルーのバスクリンが出て喜んで買って来て青いお湯を楽しんだなあ。
で、また連想ゲームで思い出したのがハワイの海。

そうそう。
クジラ見物にも行ったんですよ、結局、オアフで。

Dsc07626
↑クジラ……。

Dsc07627
↑クジラ…………。

そういうわけで、クジラの背ビレ見物でした。
でも、海の色がすごくてきれいでもうほんと、信じられない位青くて。

Dsc07629
↑ホントにホントにこんな色。絵の具を溶かしたみたい。

Dsc07628
↑クジラが出ないから、ヤケになってダイアモンドヘッドも映してみた。

Dsc07632
↑ちょっと深いところはこんな青。

こんな青い海の下に、クジラとかエイとか大王イカとかが潜んでるんだと思ったら、もうコワくてコワくてチビりそうになりました。

↓なら行くな。
人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

最近のカスタマーサービス

ハワイから戻ったらプリンターが壊れていました。
パソコンとプリンターをワイヤレスで繋いでいたんですが、何をどうやっても繋がらなくなってしまったんです。
で、こういうものに関しては、絶対に自分で修理しないと気がすまない性分ですんで、そりゃもうここ数日、必死のパッチでチャレンジしました。
明け方までチャレンジしました。

が。

修理できずじまい。
悔しいけれどこれはもう手に負えんと判断し、メーカーのテクニカルサポートに電話をしました。

電話番号からするとどうも中南部か中西部か中部か南部かあたりのオフィスらしく(結局どこじゃい)、電話に出た若いお兄さん(だと思う)の英語も、なんかモガモガっとした発音でわかりにくいことこの上無し。
何度も訊き返すと、こいつはアホ、と烙印を押されたようで、死ぬほどゆっくりと喋ってくれたんですが、スピードを落としてくれても発音が聞き取りづらくてそりゃもう大変でした。

一応あれこれと状況を説明し、指示をされた通りに色んなことを試してみたんですが、やはり状況は変わらず。プリンターは正しく作動してくれません。

さんざんあれこれ試した後で、
「やっぱりダメです。全然なおりません」
と私が言うと、ウーン……と唸ったお兄さん。
次に言ったのが

「では、インクカートリッジを送ります」

「……えっ?……」

「イ・ン・ク・カートリッジ」(ゆっくり発音してくれんでもそれぐらいわかっとるわ)

「イ、インクカートリッジ……を?」

「お・く・り・ま・す」(もうええちゅうのに)

でも。
え?
なんで?
インクカートリッジ……?

「あなたの住所を教えてください」

言われるがままに住所を伝えましたが、なぜインクカートリッジを送ってくれることになったのか、さっぱりちんぷんかんぷんです。

「あのう……」

「まだ何か質問が?」

「あの、あの、そのインクカートリッジをですね、送っていただいてですね、それに入れ替えてですね、そんでもってまだ同じ状況だったら、私は一体どうすれば……」

「今からケース番号をお教えしますので、その場合はもう一度お電話いただいて、オペレーターに番号を伝えてください」

でも……。でも……。
インクカートリッジはなんか、関係ないような気がするんですけど……。
でもって、120%ぐらいの確率で、また電話するハメになると思うんですけど。

「では。今日はお電話ありがとう。バーイ」

ブチ。

切れちまったよ。

ていうか。
え?
なんで?
なんでインクカートリッジ?

↓お願い誰か教えて。
人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

2010年3月11日 (木)

恐ろしいショッピングモール

今日、ちょっと用事があって今まで足を踏み入れたことのないエリアに行ってきました。
その用事のあったエリアの用事のあったオフィスは、未だかつて見た事が無いほどの砂漠ビルの中にありました。
どんな風に砂漠だったかといいますとですね。

Img_2981
↑一応ショッピングモール、ってサインはありますね。

Img_2980
↑はたして動くのかどうか定かではないガキの乗り物が隅っこに放置。

Img_2977
↑メリーゴーランドもバイクも放置。

Img_2978
↑放置。

Img_2979
↑そして意味わからん壁一面の大鏡。

Img_2972
↑振り向くとはるか彼方までほとんど人がいない大廊下。

Img_2973
↑一日一人しか客が来ない(としか思えない)わけのわからん物屋。

Img_2975
↑一日二人しか客が来ない(んじゃないかな)上に従業員がいない店。

Img_2976
↑奥に客二人(うちガキ一人)発見。本日の売り上げ終了。

一体このビルは何なんだ?
「なんじゃここは、なんじゃこれは、なんじゃここは」
と、最初から最後までずーーーーっと独り言いいっぱなしでした。
マジで究極のなんじゃこりゃモールです。
いや。マジで、何なんだあそこは?

↓ポールに訊いてみたら「ああ。あそこね。あそこはどこでもないんだよ」と言われた(意味わからん)。
人気ブログランキングへ

| | コメント (1)

2010年3月10日 (水)

今日のウィンドーショッピング

旅行してお小遣いもなくなったし、長い間チョビと離れていてとっても寂しかったし、当分は地味にチョビとウィンドーショッピングに励もうと決心しました。

ええ。世にもくだらない決心ですけど、この数日御天気もよくてポカポカ陽気なので、ボーと歩きながらあちこちのお店をのぞくのが結構のどかで楽しいんです。

そして、今日のショッピングはチョビの好みでココになりました……。

Dsc07678
↑棚チェック。

Dsc07683
↑輪ゴムチェック。

Dsc07684
↑ショッピングバスケットチェック。

ええもう。チョビの大大大好きな文房具屋さん、ステープルズです。
大喜びで駆け込むんです。
私も文房具屋さんは好きですけど、チョビがなんでこんなにココが好きなのか、理由が全然わかりません。
それに、チョビがあちこちに首をつっこんでなかなか出て来てくれないし、後ろから見てると首無し犬みたいに見えてブキミだし、店員さんとかお客さんに首無し犬をジロジロ見られて結構恥ずかしいし、私は早く出たいんですけど、チョビチェックがかなり細かくて長居してしまいがちです。

Dsc07694
↑そんなにココが好きなら、売りに出しちゃうよっ。

……って冗談でやったら、チョビにアクビされた。
しかも白目むいた凶悪な顔で。

↓この日のステープルズ滞在時間38分。
人気ブログランキングへ

| | コメント (1)

2010年3月 9日 (火)

訂正:小春日和 だと思ってたら違ってたので『小春日和ぽい日』に変更(長っ)

昨日今日と、ニューヨークはポカポカ陽気。
まさしく小春日和です。

で。

まあ、チョビにはちょっと暖かすぎるようで、お散歩もノロノロ歩きですし、ちょっとお腹も下し気味。

心配なので早めに帰宅しようかと思ったら、チョビは平気な顔でテクテクテクテク勝手に家とは反対方向に歩く歩く歩く歩く。
うっかりダウンを着て出かけた私のほうが、頭がボーとしてくる有様です。

こうしてお昼も夜も、せっせと小1時間ほど歩いてやっと帰宅すると、こんどは

Photo
↑何かちょーだい。

お腹をこわしてるくせに、おやつの要求だけはいつも通りです。

ていうか。

チョビ。

テレビが見えんのだけど、どいてくれませんかね。


↓クッキーもらうまでどいてくれなかった……。
人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

2010年3月 7日 (日)

アカデミーアワードのドレス

アカデミーアワードの放送が始まりました。
賞の行方も気になりますが、登場するアクトレスたちのお衣装も気になるところですよね。
レッドカーペットを歩いて来た彼女達を引き止めて、ちょこっとインタビューするシーンが出ましたけど、私的に気になったのはこの二人。

Img_2954
↑Jロー。すごくキレイです。

Img_2950
↑サラジェシカと浮気ダンナ。

Img_2956
↑Jローのピンクのドレス。

Img_2958
↑サラちゃんのドレスと浮気ダンナ(わかったちゅうのに)。

Jローは、本当に本当に美人でスタイル抜群だし、ドレスも私のチョー好み。
なんですが、何故でしょう。
不思議にサラジェシカが魅力的に見えます。
ドレスも特にゴージャスなデザインというわけでもないんですが(いや。おシャネルだけど)、彼女が着て動いておしゃべりすると、とてもとてもキュートで素敵に見えてくるんです。さすがサラジェシカ。って思いました。
彼女、初めてオスカーに着たドレスを覚えてる?って訊かれてこう答えてました。
「もちろん覚えてるわ」
「ベージュだったっけ?」
「いいえ。黒のカルバンクライン。シックでシンプルで素敵だったの。今でも持ってるのよ」
ですって。衣装持ちなんでしょうに、物持ちもいいんですね、サラちゃん。
美人度でいうと断然Jローなんですが、サラは喋って動くと本当にキュートでチャーミングです。
そうそう。シャネルのドレスのこともこう言ってました。
「明日返さなくちゃいけないんだけど、今夜は私の物なの」
なんか可愛いですね。

あと、キャメロンディアズとかもいましたけど、うーん、私の趣味では彼女のスタイルもドレスも今イチでした。でも、彼女がその辺歩いてたりしたら、ウルトラチョーキレイなんでしょうけどね。
てか。
私って一体何様。

Img_2959
↑一応チョビも女の子なのに、ドレスにもアカデミーにも全く興味無し。グー。

↓マイリー・サイラス。姿勢も喋り方も髪型も、なんかすでにおばさん状態。
人気ブログランキングへ

| | コメント (1)

ニューヨークの香り

JFK空港に降り立った時、はーニューヨークの匂いがする、って思いました。
どんな匂いかというと、ええと、私のイメージとしてはコンクリートぽい匂いという感じです。
ハワイに降り立つとパーと漂ってくる濃厚な花の香りやまったりとした空気感とは正反対の、ピキーっとした厳しくて冷たくて背中にビシっと力の入る匂いです。
排気ガスの匂いやら埃っぽい匂いも混ざっているので決して良い匂いなわけではないんですが、コレがもう懐かしくて嬉しくて安心する香りなんですよね、なぜか。

世界中のどこに行っても私の中にいつもあるこの香り。
楽園にいても砂漠のど真ん中にいてもピラミッドの中にいても(行ったこと無いちゅうのに)、最後には必ず引き戻される懐かしくて寂しくて安心して緊張する私の帰る場所、ニューヨーク。

そして今私が座っている、暖かくてほっとする自宅リビングルームには、寝ているチョビが定期的に放つ異臭が漂っています……。

Photo
↑フガ?

↓腐ったタマゴの匂いがするよっチョビっ。
人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2010年3月 6日 (土)

ただいまー

レッドアイに乗って帰ってきましたニューヨーク。
帰宅してみたら、チョビは今朝からちょっと食欲不振だとかで、心配した尻松さんはソワソワ。
どうやらチョビは朝から荷造りしている尻松さんを見て
「捨てられるかも……」
と不安になった模様。
でも、私が帰宅して尻松さんも一緒にいるのを見て一安心した様子。
私と尻松さんが心配して見ている前で、横倒しでグースカ寝た後、ムシャーと御飯をがっつき、また爆睡しています。

一方尻松さんは、酔っぱらってベッドの手摺に足をぶつけた(んだと思う)せいで、足の甲のホネがひび?もしくは骨折?なぐらいの激痛に悩まされつつ、約3週間のチョビ執事をすばらしく誠実に、愛情たっぷりにこなしてくださいました。
しあわせ犬チョビ。
一緒に旅行できればいいのにな……。

Hawaihusky
↑ワイキキハスキー。サービスドッグ、って書いてあるジャケット着てました。

Atamahazurechobi
↑ニューヨークハスキー。暑さにはめっぽう弱い。

まさかハワイでハスキーを見掛けるとは思いませんでした。
チョビ、ハワイでも暮らせるのかな?暑すぎるかな?

↓レッドアイで爆睡。現在真夜中なのに目がギンギン。どうすりゃいいの。
人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

2010年3月 4日 (木)

尻松チョビ日記12

今日、旅のはじめに立ち寄って仲良しになった(って勝手に決めてます)ワイキキの素敵セレクトショップmuse by RimoのYUKARIさんに会いに(=お買い物に)行ってきました。
で、「うひゃー。日に焼けましたねー」って言われて改めて気がつきました。
すごい真っ黒け。
いや。
焼けたのは知ってましたけど、ショップの鏡に映る自分のドス黒い顔を見て、改めて『ギエエ』ってなったんです。
ハワイ在住の彼女達の誰よりも私が一番黒かった……。
クレヨンに『松崎しげる色』ってのがあるってきいたことがあるんですけど、『リンコ色』ってのも作ってもらってもいいかも?って思う位です。
あいや。まさかいくらなんでも松崎しげるほど黒くはないんですけど、なんか私的に人生中1−2を争う焼け方なもんで。。。
そんなハワイ極楽バケーションも明日で終わりです。
ああ。
冬の大雪のドロドロのベトベトのNYに帰るのはコワいけど、でもやっとやっとやっとチョビに会えます。
あああああ。
チョビ〜〜〜〜。
待っててねえええ〜〜〜〜。

で。
そのチョビと尻松コンビは……。

『元気、元気!
そりゃもう凄い元気です。
僕自身は何故かこういう時に限って忙しくなるんだけど、
チョビは仕事はして欲しくないみたいで、
集中することを許してはくれません。
ってこんなこと言っても、騒がないと具合が悪いんじゃないかと心配になるんですけどね。
後ろ足のこの感じが結構気に入ってます。
伸びした時のこの足の可愛いことったらありゃしない。
もう一枚は、ちょうだ〜〜〜い!ですね。』

302_1
↑この足の感じ。

302_2
↑ちょうだーい、の態度も不真面目。

いやー。チョビのそんな細かい所まで見てくれて、しかも『可愛いったらありゃしない』とまで言ってもらえるなんて……。
自分の犬でもないのに、ホントに親身になってお世話してくださって、そんなに可愛いと思ってくれるなんて。本当に本当にありがたいことです。
明日はいよいよ帰路につきます。
夜の便でハワイを出ると、翌日の夕方NY着なんですよね。
国内なのに日本に行くよりNYに帰る方が時間がかかる不思議。

ていうか。
ロスで飛行機乗り換えるの、午前5時半なんですけど。
私、大丈夫なんでしょうか……。

↓早朝便レッドアイ。まさか自分が乗る事になるとは……。
人気ブログランキングへ

| | コメント (1)

2010年3月 3日 (水)

尻松チョビ日記11

数時間前にワイキキに戻ってきました。
ビッグアイランドと比べると、もうなんていうか、大都会!
ネオンがまぶしい、人が多い、1ブロックごとにABCストアがある。
目が回りそうです。
そして、ビッグアイランドよりオアフのほうが涼しいんですね。
ビッグアイランドは常に日中80度以上で、ハっと気づいたら真っ黒黒に日焼けしてしまっていたんですが(首もとと腕が醜く真っ黒に……)、オアフは72度前後。
でも、湿気は少ないし過ごしやすい気候です。
しかしこの日焼け後、どうすればいいんでしょう。
日焼け止め、全然塗ってなかった報いです。
そうそう。
右足にストライプ模様の日焼けが出来て、これは一体なんとしたことだ??
って思ってたんですが、今気がつきました。
ブロークンジーンズの破れ目が三本。この隙間から日焼けしたのでストライプ。
アホ丸出しです。
左ヒザもブロークンの部分だけ真っ黒。
もっと言うなら、首もともU首Tシャツの形に真っ黒。
みっともないことこの上無し。
でもま、いいか。
帰ったらまたしばらくタートルネックとマフラーとダウンジャケットの日々だし。

で、NYなんですけど、また明日一日中雪だとか。
コンちゃんからもメールが来て、雪のせいで自宅から一歩も出られず会社を休まなければならなかった上に、雪かきをしても肩までの高さの雪が積もってる、ってききました。
5日には戻るんですが、私大丈夫なんでしょうか……。

さて。
執事から下僕に格下げされた尻松さんですが、今日はどんなでしょう。

『本日も”ご飯の人”でございます。
夜の散歩に行こうとしても、
ん?何?あんたが行ってくれるんかい?みたいなね。
でもいつも通りに元気なチョビでした。』

301
↑ふわー……。え?何散歩、行く?あそ……。ふわー。

って。チョビ、なんて傲慢な……。


↓最近ドッグウォーカーさんに『クイーンチョビ』って呼ばれてます。
人気ブログランキングへ

| | コメント (1)

2010年3月 1日 (月)

尻松チョビ日記10

こちら本日ハワイ島は超強風。
実は恐怖を乗りこえ、クジラ見物に出かける大決心をし、昨日予約までしたんですが、あまりの強風で海が荒れているためツアーそのものがキャンセルになってしまいました。
うう。
残念です。

実はホルアロアに宿泊している時、なんとかかんとかっていう聖地(全然わけがわからん)に出かけて古い溶岩流の海岸にぼーっと立っていたら、目の前の海でクジラたちがバッシャーンドッシャーンってやっているのが見えたんです。
すごい迫力に思わずチビりそうになりながらも、大感動でした。
もうもう。ホントに巨大なんです。
さすが大王イカをゴハンにするだけのことはあります、クジラ。
それも一頭のみ一度だけじゃないんです。
三頭ぐらいが一緒に、バッシャーンドッシャーン、ってやってるんです。もちろん潮もふいてました。尾びれもガバー。背びれもバガー。
そして、あまりの恐怖と感動に『もっと間近で見てみたい』という欲望が生まれたわけです。
リン両親とハワイに来た時「クジラ見物もいいわねえ」と言われたのに「死んでもいやじゃ」と拒否した手前、とても申し訳なかったんですが、コレは一度見てみないといかん、って思いました。

でも残念。
ツアーはキャンセル。
今もまっすぐに歩けないぐらいの強風ですので、とてもじゃないけど船は出せないとは思いますけど、ホントに残念でした。
明日ワイキキに戻りますので、その時に再チャレンジです。
絶対見るぞクジラ。

で、津波の次は強風とクジラで大騒ぎしているハワイですが、NYの二人は……。

『チョビ、酷いんです。
昨日と今日、ちょっと家をあけただけなのに、
今日にはもうすっかり”ご飯の人”に降格です。
ご飯食べたら、もう熟睡。
いつもならお遊びタイムなのに・・・
昨日のドアップ、チョビ匂った?
僕のことはいないとばかりに寝てるから、今日も正面から撮ってみました。』

228_1
↑あからさまに尻松さんを下僕扱いし無視するチョビ。ヒドい。

228_2
↑御陰さまで二度目のドアップ。チョビって二重まぶた?

チョビがそんな人(?)だったとは。
人を見て態度を変えるにもほどがあります。
チョビがクジラを見たらどんな態度になるかな?
ビビってシッポが股の間にビシーって入るかも?

↓ホットドッグ屋台が恐怖の対象のチョビにワンクリック!
人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

突然ですが新刊のお知らせです

ハワイで浮かれている間に、いつの間にか世間は3月。
びっくりしました。
もう春なんですね。
NYの春はまだまだ遠いんですが、でも3月っていうとちょっとウキウキします。
で、ウキウキついで(?)でキリの良い3月1日に、やっとやっとの新刊のお知らせです。

講談社文庫から4月15日発売予定
『爆笑ニューヨーク POWERFUL』
お値段未定です。
一冊八十万円よりはお安いです。

一生懸命がんばりました。
お写真は、いつも通りトミーにお願いし、本文はもちろんイラストも今回はちょっと多めで御飯くれくれってうるさいチョビを尻松さんやポールに押し付けて、必死のパッチでかきました。
ええもうおくさん、ちょっとこれは読まなくちゃ損よ、な情報いっぱいいっぱい集めましたです。
ものすごくがんばって書きましたので、是非是非読んでくださいね。
これまた気がつけば、これで6冊目なんですが、ちょっとは大人になったリンコさんの姿を皆さんに見ていただける。かもしれない。ので、よろしくお願いいたします。

何度本を出させていただいても、その度に「こんな私のために、編集担当さんや校閲のみなさん、営業の皆さん……大勢の会社の皆さんがプロとしてのお仕事を一生懸命してくださり、そして読者のみなさんが大切なお小遣いを使って本を買ってくださるんだなあ」ってしみじみとありがたく幸せに思います。

こんな時代だからこそ、『アホかっ』と思いながらも『どひゃ』と笑える時間を是非皆さんと共有したいと思います。
一家に一冊全社で100冊。
講談社文庫『『爆笑ニューヨーク POWERFUL』

よろしくお願いいたしまーす!

↓もちろん、チョビ嬢のグラビア付き。
人気ブログランキングへ

| | コメント (20)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »