« 台風一過と私が後悔していること | トップページ | インクカートリッジ »

2010年3月16日 (火)

隣りのメイさん

今日は昨日までとうってかわって最高の御天気でした。
久しぶりの青空、湿気も低く14度という快適な気温に誘われ、チョビとルンルンでお散歩に出かけました。

自宅前の通りを鼻歌混じりに歩いて居たら、後ろから走ってくる足音が。

「レイコ!」

振り返ると思いがけず間近に、お隣のメイさん(多分チャイニーズ)の顔がドアップで迫っていました。

「ハ、ハーイメイ……」

なんかもの凄い剣幕のメイさんに、ちょっとビビりました。

このメイさんは、昨年末アパート中の網戸設置に一役買って出て、アパート中を駆け回り、電話をかけまくり、数ヶ月間ただひたすら網戸のためにかけずり回ったとっても世話好きの一児の母。ダンナさんはビルさんという、スイートで日本語が話せる紳士です。

「ねえねえレイコ。知ってる?」

「え。いや、知らない。(何の話かしらんけど、適当に返事)」

「私たちのお隣の○○さんち。お家を売りに出したのよっ」

「へー」(話の展開が見えないので、これまた適当に返事)

「いくらで売りに出したと思う?」

「え、えーと。。。えーと……」

「それがなんとねえ……」

チョーニヤニヤ笑いのメイさん。
ものすごく間をもたせたあげく、ギュウウウウっと私の腕を掴んで大きなコソコソ声で

「○○○○ドルよっっっ!!!」

鼻の穴を広げて鼻息荒く、そしてドラマティックに宣言するメイさん。
いや……いやいや。そうなんですね。そう。うんそうね。
すごい値段だよね。
そんな値段でね。
売りに出したのね。

「売れると思うっっ?」

あー……いやー……ど、どうかなあ……。

「私は無理だと思うわっ」

ああ……ああそう、そうですかね……。

「でもっ!!」

また私の腕をギュウウウウウ。

「えっ?」

「でもねっ。もし、もしもよっ。もしその値段で売れたら……」

う、売れたら……?

「私たちも……」

……い、いくらかおこぼれを……?

「売る時には高く売れるかもしれないわっっっっ!!!」

ほーほほほほほほほほほほほほほ!!!!
高笑いするメイさん。

じゃっ。私スープの材料買いに行くところだから、またねっ!!!

言いたいだけ言って笑いたいだけ笑ってメイさんは颯爽と去って行きました。


……
で、
一体何だったんだ……。



↓この立ち話の間にチョビは飄々とウ○チした。
人気ブログランキングへ

|

« 台風一過と私が後悔していること | トップページ | インクカートリッジ »

ブルックリン」カテゴリの記事

コメント

買値よりも売値の方が高いなら!!
って事なのでしょうか。

もしかして、メイさん&ビルさん、不動産転がしでお家を売っちゃうかも?!

途中からアンダーラインが入っちゃってま~す

投稿: エドのママ | 2010年3月17日 (水) 20時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台風一過と私が後悔していること | トップページ | インクカートリッジ »