« チョーウルトラ御天気! | トップページ | 街イカ »

2010年3月21日 (日)

バレエダンサーとデートすることとスペイン語の勉強

昨夜、ブルーシャさんと久しぶりに会いました。
彼女がいつもご招待してくれるバレエの鑑賞会です。
昨日のバレエは、私はぜーんぜん知らなかったんですが、バレエ界のスーパースター天才世界最高峰プリンシパルAngel Corella(アンヘル・コレーラ)のバレエ団Corella Ballet Castilla y Leonの北米デビューショーだったんです。
ブルーシャさんの説明によると、スペインには一流のクラシックバレエ団があまり無いんだそうで、アンヘルさんは常々35歳で引退して自分のバレエ団を作るのが夢だと語っていたそうなんです(ブルーシャさんがスペイン語でインタビューした)。
それを彼は本当に35歳で現実のものとし、今回の北米デビューに至ったわけです。

彼の白鳥の湖はブルーシャさんのお陰で何度も鑑賞したことがありますが、特にあの黒鳥とのグルグル回転合戦が有名ですよね。
今回のショーでは、あのグルグルどころの騒ぎじゃなかったです。
もう、両手に洗濯物を持ってもらったらあっという間に乾くだろうなと思うほどのスピードと回転数で、そのまま舞台から落ちたらどうするんだろう、と無茶苦茶ハラハラしました。
でも彼、素敵だったなー。
もう一人プリンシパルの男性がいたんですが、この人はアンヘルのお姉さんと結婚されているそうで、とってもハンサムでかっこよかったです。
で、じーーーっと踊っている彼らを見ているうちに、うーーーーん、バレリーナの男性とデートしたら、ものすっっっごくお姫様扱いしてもらえるかもしれないかな……という妄想がわき上がってきました。
歩くときはいつも手を取ってくれるし、もしかしたら手にチューとかしてくれるかもしれないし、いつも満面の笑顔で時々回転とかもしてくれるかもしれないし。
デートの度にアンヘルみたいな超高速回転してくれたら、メロメロになりますきっと。

……なんてアホなことを考えていたんですが、そしたら私やっぱりスペイン語が喋れるようにならんといけませんよね。
実はずーっとずっとCDで独学は続けているんです。
でも、会話は大分理解できるようになったんですが、ドアマンやハンディーマンの人たちでスペイン語を話す人たちと会話しようとしても、全く使い物にならないんです。
もちろんまだまだ勉強不足。
もっともっと努力しなくちゃならないです。
そういえば何年前だったか、ブルーシャさんにスペイン語のレッスンをしてもらったことがあるんですが、彼女教え方がとっても上手で、始めての言語を日本語で教えてもらえたことがスペイン語への基礎知識としてすごく役に立ったんですよね。
そしてCDで独学している今、タイムリーなことに、ブルーシャさんがスペイン語の入門書を出版されたんです。

Espanol
世界最速でアミーゴができる!スペイン語入門―柔らかくて毛深いスペイン語の本 (CDブック)

ブルーシャさんがわざわざ日本から送ってくださったこの本。
いやー。これは良書です。
ものすごくお薦めです。
彼女のレッスンと同じく、優しく親切で丁寧で親しみやすい内容で、なんといってもCD独学を続けている私にとって、これはまさしく『生きた会話』のレッスン本だと実感。
本当にスペインで生活をし、スペイン語を第二外国語として教える資格を取ったブルーシャさんならではの素晴らしいスペイン語入門本です。
副題も素晴らしい。
『柔らかくて毛深いスペイン語の本』
まさしくそんな感じです。
スペイン語に興味がある方はもちろん、今特に習う気が無いけど……っていう方も、興味深く楽しく読める本です。
語学って本当に面白い。
時代によって形を変える、まるで生き物のような言語ですが、色々な言葉を理解できるようになるってことは、まさしく世界が広がるということだと、何かひとつ学ぶ度に思います。
まだまだ全然ものにならない私のスペイン語ですが、それでも昨日まで意味がわからなかった地下鉄車内のポスターが読めるようになったり、道ばたでおしゃべりしているメキシカンのおばさんたちの会話が理解できたりするたび、小さな感動が生まれます。
日本語の次は英語、か、韓国語、っていう感じの現代ですけど、スペイン語もいいですよー。
昨日のバレエのかけ声がスペイン語だったのもかっこよかった!
私も明日から、またがんばります!

↓スペイン人の男性って濃いイケメンが多いような気が。
人気ブログランキングへ

|

« チョーウルトラ御天気! | トップページ | 街イカ »

くだらないこと」カテゴリの記事

コメント

★EVAさん
演目。演目は……。ええっと、なんかですね、ええっとええっと、バレエ団の若い人たちが集団で出て来て、男の人はラーメンをすするみたいな振り付けで、女の人はきれいな黒白のドレスで踊ってました。カルメンさんのダンナさんは黒鳥とのグルグル合戦をアンヘルの代わりに踊ってました。そして、圧巻はアンヘルとカルメンのフラメンコ風バレエでした。いやー。ホントにすごかったです。まるで扇風機のように早くグルグルと回ってました、アンヘル。あれをデートの度にしてくれたら、あっという間に恋に落ちますね!(そうか?)

★エドのママさん
そうなんですけど、何故か韓国語が遅々として進みません。ヨン様のために学ぼうと一念発起したのに(頼まれてないけど)。

投稿: リンコ | 2010年3月22日 (月) 22時49分

興味のある事にこじつけるとお勉強も進みますよね~wink

投稿: エドのママ | 2010年3月22日 (月) 19時31分

NYに行くと、英語だけじゃなく、スペイン語も話せるともっと楽しいだろうなぁとか思います。
とは言え、私は英語すらなかなか上達しませんが・・・。

コレーラバレエの演目は何だったんですか?この数年、生アンヘルを拝めてなくて悲しいですdespair

投稿: EVA | 2010年3月21日 (日) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チョーウルトラ御天気! | トップページ | 街イカ »