« ハリーくん | トップページ | 異業種交流会 »

2010年4月30日 (金)

今日のチョビ

昨日の午前中、とっても大人しかったチョビ。
歩くのもノロノロでちょっと心配だったんですが、お客さんが来てから一気に活気づき、昨夜は廊下をオラオラオラオラーーー!!!って勢いで走り回っていました。
そうした日の翌日は大抵休息日となり、一日静かに寝ているのが常なんですが、今日もチョビは一人で大活躍。部屋の中でも、あっちでガサーこっちでゴソー、向こうの部屋でバタバタ、こっちの部屋でドスドス。落ち着きが無いことこの上ありません。
お昼過ぎから4時過ぎまでお留守番をしていたもらったんですが、帰宅した私を見る目は完全に「こんな時間までどこに行ってたのっ」状態。
こんな時間てああた。
まだ夕方ですけど。

という私の言い分けなんて通用するわけがありません。
ブタみたいなヘンな声で私の注意を惹き、真っ黒なクリクリのお目目でかわいらしい表情を作ってみせて私を散歩に連れ出す事に成功しました。

今日は快晴なんですが、異様に強風。
チョビも私も吹き飛ばされそうな中、後ろ歩きでお散歩しました(前を向いて歩くと目にゴミが入るから)。

夜になってもチョビの勢いは衰えず、また廊下をエラい剣幕で走り回り、丁度出て来た近所のヘタレ犬ホプキンズをどやしつけ、部屋に戻ってからも二つのベッドの間を飛んではねて引っ掻き回して大騒ぎでした。

しばらくしてやっと静かになったなー、と思っていたら、今度はペチャ……ペチャ……ペチャ……という異様なナメ音が部屋中にこだましはじめ、一体何がはじまったのかと見に行くと、右前足を必死のパッチでなめているチョビ。

じーっと近寄って見ると血が出ているではありませんか!!

「ひーっっっっ。チョビっっっどうしたのっっっっっっっっっっっっっっっっ!!!」

むんずと右足を掴み、毛むくじゃらをかきわけて見るとそこには巨大オデキが二個…。
一個は足の甲、一個はなんと足のチョキの間です。
かゆいのか痛いのか、あまりにもなめすぎてなめ壊ししてしまい出血していました。

明日はまたお医者さんだわ。
そうそう。
先月手術で取った目のオデキもまた再発の兆候が出て来たので、同じドクターのところに2日前に連れて行ったばかりなんです。
しかもその生えたてのおデキ、ハサミでチョキ、ってやったんです!
見ている私のほうが「ひいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい」って大騒ぎしました。
チョビはくちばしつかまれて、騒ごうにも騒げなかったんですけど。

明日はアンヨのオデキを見てもらわなくちゃ。
人間も犬も、歳を取ってくると色々とありますねえ。
今は大人しくグーグー寝てますチョビ。
いびきかいて幸せそうだな。

Photo_2
↑実はアゴにも巨大なできものが。調べてもらったら悪性のものではなかったんですけど、かなり気になります……。

↓手術はもうイヤっっ←チョビの心の声。
人気ブログランキングへ

|

« ハリーくん | トップページ | 異業種交流会 »

チョビ」カテゴリの記事

コメント

チョビお大事に…

投稿: うさぎ | 2010年4月30日 (金) 21時33分

元気で走り回っていたようなので、かゆかったのかしら…。
早く良くなって下さいね。健康が一番です。

コンビニの皆さんは尻松さんに仕切ってもらった研修は大変良い思い出みたいです。
イタリアとかスペインとかラテンの国に行った時は、案内役の日本人までラテン気質がうつってしまうのかとにかく滅茶苦茶だったみたいです。
マイラもラテン系なのでは?

投稿: 真奈美 | 2010年4月30日 (金) 19時55分

チョビちゃんの、おできが良くなりますように!それにしてもチョビちゃんの幸せそうな寝顔に癒されます。我が家の猫はリンコさんの
愛猫よっちゃんに生き写しです。
名前もしゅっちゃんといいまして、何気に似ています。彼女は3さいなのですが、去年目の病気にかかり、目が腫れ上がり、見るもおぞましい姿になり一家で心痛めた経験があります。

投稿: ばびえ | 2010年4月30日 (金) 18時08分

大変遅くなりましたが、15日にびしーーっと新刊買いに走りましたよ♪
本屋さんから出た瞬間、袋から焦って出してすぐ読みました(≧∀≦)
3回くらい読んじゃいました!
前夜は、リンコさんの既刊本を全て読み直して復習も万全で!!

以前、東部にMBAを取りに行った親友の出発するバッグの中にリンコさんの本をそーーっと忍ばせておいた懐かしい記憶があります。

チョビちゃん、心配ですね。
私もわんこ2匹のオーナーなので
居ても立っても居られない心境がよくわかります…。
チョビちゃんが早く良くなりますように♪

投稿: とむころ | 2010年4月30日 (金) 08時45分

やはり歳を取ると、人も動物もあちこち故障箇所が出て来ちゃいますね。 


そのおできもまたチョッキンされるんでしょうか。 
聞いただけでも痛いーbearing! 
早く治るといいですね。

健康に、ずっと長生きしてくれるのがやはり理想ですが、現実は難しいです。 

リンコさんは、チョビちゃん可愛さに、運命のハフダーに目が行かなかったのかも知れませんね。 


だって、以前の本の写真を見た時に私はこの人だなー、って思って、その後にハフダーの話があって、やっぱりねー、と思ったんですもん。(今回はネタばらしにならないようにきをつけましたhappy01)

投稿: たかたか | 2010年4月30日 (金) 06時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハリーくん | トップページ | 異業種交流会 »