« リンパマッサージ | トップページ | 日本食 »

2010年4月 1日 (木)

イケメンについて

オンラインのニュースサイトで、イケメンについての記事がありました。
読んでみると『イケメンだからモテるとは限らん』みたいな内容でした。
はて、そうかね?
と思って色々考えてみたんですが、私の人生でそこまで言えるほどのイケメンとご縁があったことがないものですから、今ひとつ実感がわかなかったんです。
が。
↓この意見を読んで、おっ、と思い出したことが一つ。
“◆そもそも、イケメンそのものが怖い◆
以前、ユニセックスアイテムが多いショップでジーンズを物色中に「サイズにご希望がありましたら、お声掛けくださいね」と話しかけてきた店員さん が、あまりにイケメンすぎて思わずシカトしてしまったことがある。イケメンにサイズを教えるなんてありえないと思った。目の前に立つだけですごい生き物に 思えてしまって、萎縮してしまう私も私なんだろうけど……。”

そうそう。思い出した。
かの有名なアバクロが、まだシーポートという港ショッピングエリアにしか無かった頃のことです。
さむーい初冬のある日、他の用事でシーポートに行ったんですが、目の前にアバクロがあると入らずにはいられない私。フラフラと吸い寄せられるようにショップに入りました。
そこに居たのは上半身裸の金髪碧眼の若者一人。
「ハーイ!」

ハーイ!ってアンタ……。
勢い良く言ってくれるのはいいけど、寒くないんかいな。
ニコニコ満面の笑みの彼の周りには、アメリカ全土から来た旅のおば様方が群がって写真を撮りまくっています。
わ、私にはアレはできんわ(上半身裸になる事も、群がって写真を撮る事も)、と思いつつ、店内を物色し、あれこれと気になるお洋服を手に試着室に向かいました。
ら。
次に登場したのは、ちゃんと洋服を着た若者。
「試着する?」
はいします、と長身の彼を見上げると、うおおおおおおおおおおおおおおおおおおお。
こ、これはまた、生まれてこのかた見た事もないようなイケメン。
絵に描いたようなイケメン。
あまりにもイケメンなので、見ている私のタイプかどうかの判断すらつかないほどのイケメン。
ここまでイケメンだと、好みだとか好みじゃないとか言う議論の前に、誰でも後をついて行きたくなるようなイケメン。
あーびっくりした。あーびっくりした。あーびっくりした。

何度も何度も振り返りつつ、試着室に向かいました。
いや。だって、あんまりにもすごい男前なんですもの。なんか、一秒でも長く見ておかなくちゃ損、って気分で。
そして、普段は試着室の中の鏡で確認するだけですませていたものを、わざわざ着替えてから外の大鏡に映しに出てみたりして。
そんで、そこに居た件のイケメンくんに
「どうかな?」
なんて訊いてみたりして。

「グー!」
親指を立ててウィンクするイケメンくん。
あああああー……。
惜しい。
惜しいねえ。
イケメンくん、言葉のセンスもフィンガーサインのセンスもなんかイマイチ。
男前なだけに、惜しい。
ここまでイケメンだと、かなりキザもしくは裏をかいて死ぬほど純情誠実そうっていうんでも絶対イケるのに、ただ軽くてセンスが無いってのはいかがなものか(言いたい放題)。
なんか、私の人生には全く関係の無い人のことでかなりがっかりして、何も買わずにお店を出ることにしました。ホントにがっかりしたんです。
で、出がけにまた入り口に居た上半身ハダカくん。
思わず通りすがりに
「あのさ。寒くないの?」
って訊いてしまいました。

「寒いよー」
上半身を腕でくるんでがたぶる震えてみせるパフォーマンス。
ふふ。
そうか。
寒いのか。

「バーイ!」
手を振ってくれる上半身くん。
大きなガラスドアをガーっと大きく開いて、びゅうううーと風が吹き込んでくる状態でしばらく立ち止まり、私もバーイ!って手を振りました。
ひいいいいーっと震える彼を振り返りながら、ニヤーーーーっと笑って。
で、ヒヒヒヒヒヒ、と楽しんだ自分を振り返って思いましたね。
ああ。
私ってすっかりおばさん……。

Abercrombieandfitch02
↑ゾローって揃ってますね……。

↓アバクロって日本でもアメリカ人が英語で接客するってきいたんですけどホントですかね?
人気ブログランキングへ

|

« リンパマッサージ | トップページ | 日本食 »

くだらないこと」カテゴリの記事

コメント

★chadのママさん
お久しぶりです。日本にご帰国されたんですね!そしてお嬢さんが話題のアバクロにご就職されたとはっ!う、うらやましいです……。アバクロの店員さんって、オーディションを受けるんですよね。かっこいいな。

投稿: リンコ | 2010年4月 3日 (土) 19時53分

リンコさん、お久しぶりです。いつの間にか、日本の住人になりました。うちの娘、銀座のアバクロに就職??しました。さすがアメリカの会社って感じで、親のサインが必要だったりするのですが、鼻ピーは禁止だそうです。

投稿: Chadのママ | 2010年4月 2日 (金) 23時03分

★waniさん
ほー。裸くんは全員外国人だけど、接客は日本人なんですね。裸の日本人はいなかったんですかしら?

★真奈美さん
私が思うに、アメリカ人が考えるイケメンと日本人的なイケメンってちょっと違う気がします。あと体の形もアメリカ人が『セクスィー』って言うタイプって大概日本人からすると『マジ?』って感じだったり。

★yukiさん
う。さすがホリスター。きいただけで鳥肌がたちました。寒いじゃないか、見てるだけでっ。

★EVAさん
そのレジがどこかわからん店員さんは洋服を着た外国人?それとも日本人なのでしょうか?銀座のアバクロってなんか想像つきません。確かに5番街店って妙なテンションありますよね。私の場合、暗すぎてうるさすぎて、何でもいいから早く買って早く出よう、ってテンションがあがります。

投稿: リンコ | 2010年4月 2日 (金) 22時04分

この間銀座のアバクロに行きましたけど、店員は日本語OKでしたよ。ただ、店員なのに、何階にレジがあるか分かってなくて、聞く店員によって皆違ってました。。

でも、銀座店にイケメンはいなかったと思います。5番街の方がテンション確実にあがりますよ(笑)

投稿: EVA | 2010年4月 2日 (金) 00時42分

私は今年の1月激寒い中、SOHOのHollisterで水着とビキニの男女の店員にでくわしました。イケメンかどうかより、君たち寒くないのか?さすが体が売り物アバクロ系列、と感心してしまいました。

投稿: yuki | 2010年4月 1日 (木) 19時43分

私も目の覚めるようなイケメンなんてろくに遭遇した事が無いので実感がわかないですね。
私の母や祖母はアラン・ドロンやジェラール・フィリップこそがイケメンだ、なんて言いますが。

アバクロ出掛けた時も、凄くいい体のお兄さんはいっぱいおいででしたが、顔は別にイケメンではなかったような…。まぁ、好みってのも有るでしょうが、言われる程イケメンには感じられませんでした。
接客はやはり普通の日本人でしたよ。

投稿: 真奈美 | 2010年4月 1日 (木) 12時57分

日本のアバクロは、1回しか行ったことがないんですけど、たしかに上半身裸の外国人がたくさんいました。

でも、接客は日本人でした。

投稿: wani | 2010年4月 1日 (木) 05時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リンパマッサージ | トップページ | 日本食 »