« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

CHOBI AND THE CITY

チョビのニューエリアをちょっとご紹介しますね。

Img_3679
↑古いれんが造りの住宅が並んでいます。緑もキレイです。

Img_3678
↑『犬と配達は裏に回れ』と書いてあります……。

Img_3670
↑緑が美しい……。

Img_3696
↑こんなところに日本庭園風のものが。

のどかで良い所なんですが、私もチョビもやっぱりちょっとホームシックです。
なんといっても人が居ない。お店もない。何も無い。誰もいない。
夜8時頃には「寝るか?」と思うほど静かになります。
チョビと一緒とはいえ、一人暮らしにはあまりにも寂しすぎるこの環境。

でも、きっとマンハッタンに戻ったら、この景色と空気の良さ、住人達の人情深さが懐かしくなるんだろうなあ。
都会砂漠マンハッタンに戻る日は、いつ?

↓カウントダウンしてみようかな。
人気ブログランキングへ

| | コメント (7)

SEX AND THE CITY 2

チョビのホームシックは、もしかして私のホームシックからきているのではないか?
と今日思いつきました。
全体的に私としては珍しく、少しブルー気味のここ数日。
ホームシックといってもどこに帰りたいというわけではなく、ええと、そうだ、ホームレスな気分と言った方がしっくりきます。
帰るお家が無い気分ですね。
それでちょっとブルーになっている私の気持ちを、敏感なチョビは察してチョビもブルーになっているのかしらん。と思いついたんです。
チョビはいつも機嫌が良くて笑顔の可愛い犬ですが(親バカ?)、私の気分の変化にはものすごーく敏感なんです。
私の気分が乱れると、チョビも怯えたり不安になったりしますし、私が落ち込んでいるとチョビも一緒に落ち込みます。

これじゃいかんな。
と思いついたので、お昼寝をしているチョビを置き去りにして(ヒドくないか?)コッソリ映画を見に行く事にしました。
こういう時はもちろん、深刻な映画ではダメです。
ということで、見てきましたよSex and the City 2。

Sexandthecity2promo

日本での公開はまだなので、ネタバレは避けなければなりませんが、ええと、そうだなあ……。まず米国でのレビューは散々なんですよね、実は。
『パート2は作るべきじゃなかった』
とか
『キャラクター達はもういい加減な年なのに、一向に成長していないのがなんとも浅ましい』とか……。
挙げ句の果てにチケット売りのお姉さんが私にチケットを手渡しながら、「この映画ねえ。払い戻してくれ、って言う人が多いのよねえ」なんて言う始末です。
いやー。そんなにヒドいのか?
ていうか、あの類いの映画がそこまでヒドいなんてあり得るのかしら?

と、別の意味でワクワクしながら見ました。

オープニングでは客席から拍手が起きましたよ。
そして、キャリーのあのチャーミングな声のナレーションも懐かしく魅力的でしたし、最初の数シーンは懐かしいというかちょっと笑えるシーンの連続でとても微笑ましかったです。

全体的な印象で言うと、この映画はストーリーではなくファッションを楽しむために見てください、ということかな。
私の今回の一番のお気に入りは、とあるプールサイドを歩いている時にキャリーが着ていたジャンプスーツ(みたいな感じのお洋服)です。すごく可愛かった!私も欲しいって思いました。

今回、サラジェシカはHalston Heritageというブランドと提携して、映画の中で特別にデザインされたお洋服を何着も着用していますよね。どのドレスもとても素敵でしたけど、本当に本当にストーリーとしては『それは必要なのか?』とか『何故今そこでそれをするかね?』とか『いや。それは違うだろう』というシーンの連発で、それは全て彼女らのファッションを見せるためだけに用意されたシーン、という感じでした。
あと、米国でのレビューのように辛辣な意味ではなく、特にサマンサ役のキム・キャトラル(お肌がダントツでキレイだった!)がとても素敵でエレガントなミドルエイジのレディーになったのに、映画の中では相変わらずワイルドなセックスマニアックな役柄であることに、どんどん違和感を感じてしまいました。
4人の中で一番リアリティーがあったのは、今回意外にもシャーロッテ。
普通にキレイでお金持ちの奥様が、普通に子育てをして普通に悩んだり怒ったり泣いたり笑ったりしている様に、とても好感が持てました。
肝心の主人公キャリーはというと、相変わらず我がままで不安定で……そしてリアリティーに欠ける生活ぶりがさすが映画だわー、と感じましたです。
で、一番一番いっっっっっっちばんがっかりさせられたのは……。
久しぶりに登場したアイツだっっっっっっっっっっっっっっっ!!!

と、これ以上はネタバレなのでやめておきましょう。
SATCファンの皆さんは、見るなと言われても見ますよね。
見るなとは言いません。
いや。
是非見て、私と一緒に「おーーーーのーーーーーーーーーーーーーーれはーーーーーーーーーーーーーーーーー!がっかりさせるなよっっっ!!!タコっっっっっっっ!!」という気持ちになりましょうっ。

Sexandthecity2
楽しみですねー。フフフフ。


↓置き去りにされたチョビの立場は一体。。
人気ブログランキングへ

| | コメント (15)

2010年5月29日 (土)

死ぬかと思ったお引っ越し

またそんな大げさな。
って思われるかもしれませんが、ホントにホントに大変でした今回のお引っ越し。
何がって、一番はあの猛暑。
華氏90度超えです。
てことは、何度?32度?もっと?
なんかもう、ホントにたってるだけで汗ダラダラの暑さ。
全部屋のクーラーをガンガンにつけて作業していただきましたけど、真ん中の一番小さい部屋はクーラーききすぎで、作業してくださった方がへえっくしょん!とくしゃみ連発でした。

パッキングの方はそんなわけで、まあまだマシだったんですよ。
クーラーの中で作業でしたから。

Dsc08580
↑引っ越し前日。何も知らずくつろいでいたチョビ。

Dsc08586
↑それがあっいう間に部屋中箱だらけ。

Dsc08589
↑でもまだ余裕こいてアクビしてるチョビ。

Dsc08597
↑もうそろそろ終わるかな。

Dsc08599
↑まだかな……。

Dsc08602
↑まだかな…………。

Dsc08600
↑あの。何でしたらお手伝いしましょうか?

Dsc08610 Dsc08611
↑私のゴハンは? ↑よし。ちゃんと荷造りされてるみたい。

と、チョビチェックも入り無事ストレージに荷物が収まりましたが、いやーとにかくやっぱり荷物が多いです。
お引っ越し屋さんのシマダさんは「いや。そんな多いほうじゃないですよ。もっと多い人いっぱいいますよ」って言ってくださいましたけど、我ながら一人暮らしなのになんでこんなに荷物が?って思いました。
あ、でも4年前の引っ越しの時に比べると、多分荷物は格段に減っていますし、2年前の時からもまた減ったとは思いますけど……。
何といってもストレージの一番大きいサイズの部屋に荷物が入り切らなかったショック。
家具も大きいし箱も大量。
どたんばで部屋を交換してもらい、さらに追加でもう一部屋借りるハメにまでなり、お引っ越し屋さんも二度手間です。もうホントに土壇場のドタバタで、全員疲労困憊状態でした。
そんなわけで、作業終了記念写真も何も、それどころじゃない状態で作業終了。
午前9時開始で終了は午後8時半。
お引っ越し屋さん、本当にありがとうございました。

ちなみに今回お願いしたお引っ越し屋さんは、SHUCLEAN(シュークリーン)という小さな業者さんです。
先日お知らせしたように、とっても良心的でアットホームで、溌剌元気でサービス満点の業者さんでした。
値切り倒した私にイヤな顔一つせず、最後にも色々とディスカウントしてくださいました。
きっと皆さんチョーお疲れだったと思うのに、最後まで全員ニコニコと笑顔で作業してくださいましたし、皆さん英語がとってもお上手で、ストレージのおっさんと直接色々交渉してくださったり、本当に本当に助かりました。(それに全員イケメンだった)

Dsc08636
↑ストレージで記念撮影。ココ、結構恐ろしいです。暗くて古くて……。

Dsc08641Dsc08642
↑さっさと帰りましょうよ。 ↑チョビお尻。

Dsc08643
↑奥の非常出口もコワい。

Dsc08618
↑お家はからっぽ。ああ、なんか寂しいねえ……。

Dsc08620Dsc08622
↑あれ?なんで何も無いの? ↑ミョーに広いですけど?

Dsc08634
↑ねえねえ。どうなってるの?

ああ。チョビごめんねごめんね。
この後数日間、チョビはホームシックに苛まれ、毎日「いつお家に帰るの?」という目でチョビにじーっと見つめられる私は猛烈な罪悪感に苛まれることになりました。

次のお家はチョビの好みで選びたいと思います。
多分、広くて明るくて眺めの良いお部屋。
どうか早く見つかりますように。

↓チョビ、やっとホームシックから立ち直りつつあります。。
人気ブログランキングへ

| | コメント (7)

2010年5月27日 (木)

ひとまず終了

お引っ越し。ひとまず終了です。
よりによって引っ越し当日はこの夏(?か?)一番の暑さの日。
体感温度は40度?ぐらいでした。
そして本日、私もチョビも疲労困憊です。
くたくたです。
チョビ、ちょっと落ち込んでるかも?

ごめんねごめんねごめんね。

あまりにも疲れているので、お引っ越し詳細は次回です。
マジでちょっと休憩せんと、倒れそう。

Img_3641
↑私もです〜〜。

↓お引っ越し屋さんも熱中症寸前。
人気ブログランキングへ

| | コメント (10)

2010年5月25日 (火)

はーはーはー

サボってごめんなさい。
最近せっかくいただいているコメントへのお返事も滞っていて、本当にすみません。
せめてチョビ写真だけでもアップ!

Img_3583
↑緑が美しいですねー。

ていうか、後頭部だけ?

↓いやホント。お散歩してなごんでる場合じゃないんです。
人気ブログランキングへ

| | コメント (9)

2010年5月23日 (日)

アパートアパートアパート

今日も引っ越し準備とアパート探しに忙殺されています。

色んなアパート情報を必死で厳選し、コレだ!と思ったものが一件あったんです。

犬オッケー、ドアマン付き、ベランダ付き、スモールオフィススペース付き、眺めよし、安全地帯。

おおおおおっっっっっ。

と思ったら、ここに引っ越してくる前に15年ぐらい住んでいたアパートと同じビルでした……。

うう。あそこはもう飽きたんですけど。
でも、条件100%満たしています。
ううううう。
どうしよう……。


↓お引っ越しが落ち着くまで、ちょっとサボり気味かもです。お許しを〜。
人気ブログランキングへ

| | コメント (8)

2010年5月22日 (土)

アパート探し

ここ数日、PCに張り付いて仕事の合間にアパート探し……というよりは、アパート探しの合間に仕事をしているような状態です。

希望のエリア
広さ
価格
追加条件
(ドアマン付き・エレベータービル・ガーデン付き・ペット可等)

こういうインフォメーションをインプットして検索ピっとやると、ズラズラズラリーンとアパートメントリストが登場します。細かい条件をインプットいても、ざっと500件以上あります。
びっくりするぐらいの空き部屋の数なんですが、どれひとつとっても条件にピターと来るものがありません。

問題は
(1)高すぎ
(2)狭すぎ
(3)古くて汚すぎ
(4)ヘンな家すぎ
(5)犬ダメ

さて。1、2、ぐらいはよくある話ですが、(3)は『我慢せんかい』って思われるかもしれませんですよね。でも、我慢にも限界があるわい、ってぐらいヒドいんです。
天井の皮(ていうかなんていうかペイントかな)がベロベロにはがれていて、床はベコベコ。しかもなんか全体的に傾いていて、部屋にいるだけで船酔いしそう、って感じの物件です。
(4)のヘンな家っていうのは、たとえば『巨大2ベッドルーム!!』って書いてあるので、おおおおおおおっと思って見に行くと、確かに巨大ベッドルームが2つあるんですが、それが太陽の光が1ミリもささない地下室にあるんです。入り口はもちろん1階。そしてその1階にトイレがポツン。キッチンがポツン。猫の額ほどのダイニングエリアがポツン。人間が2人チョビが一人入ると、全員立ち食いかもな狭さ。こんな家アカンわ。って思わず日本語で呟いてしまいましたよ。
で、極めつけは(5)犬ダメ。
ヒドいと思いませんか?
大体犬に何のウラミが?
犬がアンタに何をしたと?

アパートのリストを見ていて『No Dog』って文字を見ると、反射的に「お前ら、人間じゃねえっ」って心で呟いてしまいます。

↓どうかチョビとリンコに愛の手を。
人気ブログランキングへ

| | コメント (4)

2010年5月21日 (金)

真夏だ

突然暑くなりました。
まるで真夏のようなムンムン気温です。
当然チョビはグテ〜〜。朝起きてすぐにクーラーをつけたら、また横倒しになって気持ち良さそうに二度寝していました。
昨夜はそんなに暑くなかったので、クーラーをつけずに寝ちゃってチョビにかわいそうなことをしてしまいました。

Img_3570
↑緑も青空も、目に痛いぐらい鮮やかです。夏だ!

お詫びにチョビに特別プレゼントをさしあげました。

Img_3552
↑大好物。氷。

Img_3551
↑お口の中でコロコロ。

Img_3555
↑お鼻でクンクン。

Img_3558
↑コレ、全部食べてもいいの?

氷一個で大フィーバーでした。
あー安上がり。

↓食べ残しの氷が落ちてて、滑って転びそうになったけど。
人気ブログランキングへ

| | コメント (4)

2010年5月20日 (木)

地下鉄ドナルド

今日、マンハッタンから帰宅する地下鉄の中でこんな人を目撃。

Img_3542
↑まずは足元から。

Img_3540
↑お。おおっっ?

Img_3543
↑こ、この身なりは……。ドナルドマクドナルド?

Del_me
↑ドナルドマクドナルドさん。

うーん。てっきりドナルドマクドナルドの扮装でバイトした帰りなのかと思ったんですが、コスチュームが微妙に違いません?

Ronald_macdonald_2
↑あーやっぱりなんか違うわー。

Ronaldmcdonaldisarrestedin
↑顔も違うわー(当たり前じゃ)。

ということは、あの服装はあの人のデフォルト?趣味?スタイル?

↓同じ車輛に乗り合わせた人はみんな、見たくて見たくて写真を撮りたくて撮りたくて仕方がない風でした(背後のおっさんガン見してるし)。
人気ブログランキングへ

| | コメント (8)

2010年5月19日 (水)

引っ越しが……

たった今引っ越し屋さん(Sさん)から電話をもらいました。
この方、本当に本当に良い方で、ご自分の会社の引っ越し費用を見積もりに来てくださって、私が値切り倒した(またか)のにイヤな顔一つせず応じてくださった上に、「今考えていたんですけど、もしかしたらうちより安いかもしれない倉庫付きの引っ越し業者がいますので、一度見積もりをとってみられたらいかがですか?」って教えてくださったんです。
いや。もうホントにありがたいんですけど、いいんですかホントにそれで?
「最終的にうちに頼んで良かった、って思っていただけると嬉しいですけど、お客様の節約も大事ですから」
なんて素晴らしい!

実は、引っ越し先がまだ確定していないので(大丈夫なのか?)、荷物の大半を一旦倉庫に預け、知人宅に少し身を寄せてから改めて引っ越し先に移動、ということになりそうなんです。
ということは、二度の引っ越し作業となります。
すると、倉庫を持っている会社にお願いして倉庫まで移動してもらい、その後アパートまでの移動をSさんの会社にお願いする、というのが一番の節約になるかもしれないんです。
そして、今これを書きながら気がついたんですが、私ってあと一週間で引っ越し……。

ほ、ホントにできるのか?

今見てみても、とても一週間後に引っ越す家には見えんのですけど……。

↓ええい。もうどうにでもなれいっ。
人気ブログランキングへ

| | コメント (7)

2010年5月18日 (火)

豪華レディースランチ

先日の腹痛以来どうも通常の食欲状態に戻らず、おやつもいつもの1/4ぐらいしか食べられません。
年のせいか、あまり痩せすぎると『ダイエット失敗!』な人とか『エジプトで奴隷女性のミイラ発見!』みたいな状態になるのでちょっとがんばって美味しいものをじっくりと食べることにしました。

Img_3451
↑まずは小鉢もの。全部美味しかったけど、特に胡麻とうふ美味しかった!

Img_3452
↑お刺身と茶碗蒸し。うう。美味しかった……。

Img_3454
↑銀ダラの漬け焼き(?かな?)と六穀米、けんちん汁、お漬け物。

Img_3455
↑デザートのコーヒーゼリー。

デザートまでついて全部で36ドルだったかな。
贅沢ランチでしたが、一日一食キャンペーン遂行中ですので、ま、いいか。
ちなみにコレは、『キタノホテル』の地階にある『白梅』レストランの『レディース膳』でーす。


↓コーヒーゼリーも絶品だ。
人気ブログランキングへ

| | コメント (8)

2010年5月17日 (月)

お得感

今日はなんとなく『得したー!』な一日でした。
なぜなら。
こんなカッチョいいものを見ちゃったからです。

Img_3443
↑チョー長くて奇麗なアンヨの美女二人。そこのおっさんは誰だ?

Img_3448
↑CM撮影でした!

いやー。マンハッタンでは色々な撮影があちこちでしょっちゅう行われているので、こういう場面にはよく出くわすんですが、今日のはゴージャスだったなー。
大体同じ人間に生まれて来て、なんでこうも形が違って生まれるんでしょう?
顔が異様に小さくて、足が異様に長くて細くて……。
そして彼女達は、まあプロなんだから当たり前かもしれませんけど、キレイなだけじゃなくて表情の作り方や歩き方一つで『ちょっとキツい美女二人がかっこ良く攻撃的に横断歩道を渡ってる』シーンをパーッと作り上げるんですよね。
そんでもってそれを指導してるのが、上の写真の普通のおっさんとかなんですよね。

いやー。しかしキレイだったなー。
ほれぼれしました。
かっこよかったなあ。
今後の何回目の人生でもいいです。
一度でいいから『絶世の美女』に生まれ変わらせてください。
お願い神様。


↓無理なら絶世の美男でもいいや。
人気ブログランキングへ

| | コメント (7)

チョビ水

本日も親バカ丸出しです。

夏に向けてチョビ散歩もだんだん気を遣うようになってきまして、うっかりチョビ水を持って出るのを忘れると、どこかのデリでボトルのお水を買ってあげるんです。
紙コップやお皿をもらえるとチョビにはのみやすくていいんですが、私実はこういうお水のあげかたが一番好きでして……。

Img_3424
↑プシュっと押すとお水が先端から出るボトルです。

これでお水をあげる時のチョビの顔がかわいくてかわいくて。
目を細めてペチョペチョペチョと一生懸命お水を飲むんです。
その写真を撮ろうとしたんですが、右手にボトル、足でリードをおさえて左手で携帯カメラ、だったので、丁度の瞬間を撮り損なってしまいました。

Img_3423
↑ペチョペチョペチョ。うう。可愛い。

こういう時の自分の犬って、ああこの世にこれ以上愛おしいものがあるんだろうか、って思いで見てしまいます。
もっと暑くなってきたら、ほっかむりにアイスノンでお散歩かなあ。

Img_3422
↑そんなことどうでもいいから、もっとお水ください。ホヘホヘ。

↓どこまで続く親バカチョビバカ道。
人気ブログランキングへ

| | コメント (7)

2010年5月15日 (土)

突然なんですが……

って意味深なタイトルつけたら
「すわ。リンコもいよいよ嫁入りか!?」
なんてどなたか思ってくれないかな、って思ったんですけど。
ええ。
全然違います。
でも、ホントに突然ですがまたもや引っ越しすることになりそうです。
行き先もはっきりと決めず、大丈夫なのか??
という状態です。

いやー。
こういうギリギリ状態、楽しいわー。
多分またマンハッタン暮らしになると思うんですけどね。
チョビ、大丈夫かな。
いえいえ。チョビはマンハッタン大好きなんですよ。
連れて行くといっつもチョーハッピーでスキップして歩くんですけど、でも引っ越しってやっぱりストレスになりますよね、特に老犬だし。
チョビはその辺割りと平気な方みたいですけど、やっぱり気をつけてあげなくちゃ。
あと、見晴らしの良いベランダのあるお家に引っ越せるといいんですけど、マンハッタンでそれはちょっと難しいんですよね。
チョビ。ごめん。我慢しておくれ。

さて。
次にこのお家に入居する人は、5月29日に引っ越してくる予定なので、私はその数日前に出なくちゃなりません。
ということは?
ありゃ。
あと2週間足らずで引っ越し?
ひゃー。大丈夫なのか、私?

↓ま、なんとかなるだろう。はははははははははは。
人気ブログランキングへ

| | コメント (13)

2010年5月14日 (金)

ヘンな落書き

チョビのお散歩でいつも通りかかる住宅街。
銀座通り並に幅広の歩道がずっと続く緑豊かなこの通りは、高級タウンハウスが並ぶ閑静な住宅街。
マンハッタンと違って、落書きも少ないエリアなんですが。

Img_3412
↑落書き。

OLDER BROTHERっていわれても……。

Img_3413
↑ん?

直訳すると「お兄さん」ですよね……。
何かあったんでしょうか、お兄さん。
ていうか。
一体誰のお兄さん?

Img_3414
↑クンクン。

意味わからん落書きなんかどうでもいいみたいです、チョビ。
私は気になるんですけどね……。

Img_3418
↑そんなことよりこのリード、頭にゴンゴン当たって歩きにくいんですが。

今日は暑くなりました。
ホヘホヘいってるチョビを見ると、一年中冬だといいのにな、って思います(いや。イヤだけど)。


↓OLDER BROTHERって他に何か意味があるんですかね?
人気ブログランキングへ

| | コメント (4)

犬心

今日、『別館ふにゃら』で皆さんにハラペコ時計をライブで見ていただこうと思って、チョビビデオ撮りに夢中になっていたんですが、その途中、チョビがお姫様クッションの上に“フ”と座って置物になったんです。

Dsc08559
↑ビクターの置物犬状態。

そして、この状態のままたっぷり3分ほど。
表情もそのまま、身動き一つしませんでした。
こういうとき、犬って何を考えているのかな、っていつも不思議に思います。
そういえば、チョビは二つベッドを持っているんですが、普段寝るクールベッドと寒い時やちょっと具合の悪い時にねるフカフカベッドの二個の間に立って、右左右左と何度も見比べ、ちょっと上を見て考えた後、どちらのベッドに寝るか決定してそのベッドにひょいと入って行くんです。
ああいう時も「今日はどっちにしようかな……」なんて考えているのかなあ、ってちょっと不思議な気持ちになります。
ホントに、犬とか猫とか、自分達や飼い主や、人生全般についてとか、どんな風に思ってるんでしょうね?
訊いてみたいんだけど、コレ、一生わからないからお互い幸せなのかしら?

↓『毎日この人の相手をするのが大変で……』なんて思われてたらかなりショック。
人気ブログランキングへ

| | コメント (6)

2010年5月13日 (木)

デリ対決

今日、チョビの夜散歩の帰りに近所のデリでタマゴと牛乳とバターを買いました。
(明日の朝ご飯は何でしょう)

外の新聞棚にチョビを繋ぎ、チョビが誘拐されないようにちらちらと見ながらお買い物をしていたら、デリニャンコが出てきました。

Img_3410
↑なんやねんアンタ。大きな図体してエラそうにしてるけど、ここは私のシマやで。

Img_3409
↑そんな顔して近寄って来ても、ここのクッキーもアイスもバターもミルクも、全部私のもんやからなっ(違うと思うぞ)。

Img_3408
↑何やねん、その前足は。台に載ってるやないか。そこから先は私のシマやでっ。

Img_3407
↑前足使えるのはアンタだけやないねんでっっ。

この後、ニャンコパンチがビシーッと出ましたが、パンチはガラスドアにヒット。
ニャンコは痛そうに右手をブルブルブルッと振り回していました。
お店中の人たちが、ニャンコ・チョビ対決に注目し、猫パンチガラスドアヒットに爆笑でした。
あーおかしかった。あーのどかだった。


↓ガラス越しニャンコパンチにチョビは目がショボショボ。
人気ブログランキングへ

| | コメント (9)

2010年5月12日 (水)

懐かしのコンツアー

今日は、久々にコンちゃんがニューヨークで初めて住んだアパートのエリアをうろつきました。

Img_3392_2
↑ソーホーで超有名なベーカリー。

そう。コンちゃんの初NYアパートは、ソーホーのど真ん中にありました。
このベーカリーも昔とほぼ変わりない姿で残っています。

Img_3396
↑コンちゃんソーホー時代御用達デリ。懐かしいな。

Img_3397
↑反対角のデリ。コンちゃんちに泊めてもらったお礼に、ここでコスモスの花束を買った記憶が。ああ懐かしい。

Img_3399
↑果物も売ってます。冬みたいに寒いけど、酸っぱいイチゴも売ってます。

Img_3403
↑コンちゃん初NYアパートの入り口はコレだ!(右のスリムな後ろ姿はコンちゃんね)

Img_3404
↑中を覗いたところ。ちょっと見えにくいけど、床がタイルです。

懐かしいねえ。まさか20年以上経った今、こうしてまた二人でここに来るなんてねえ。
と、二人でアパートの入り口から中を覗きこんで懐かしみました。
中を覗きながらコンちゃんが
「ここの階段に犬のウ○チがあったねえ」
と、あまり思い出しても楽しくない思い出まで語ってくれました。
ああ。ホントに懐かしかった。
私にとっては初NY訪問。そのあとヨーロッパの友達も訪ねて行って、世界一周の旅をしました。
ソーホーの通りを歩くと、インド人のお兄さんが丁寧におじぎをしてくれたり、車の中から『ハーイ!』って声をかけられたり、コンちゃんと一緒に歩いていると。見知らぬ人たちからモテモテでした(マジでコンちゃん、モテモテだった)。
あの頃は若かったなあ、私もコンちゃんも。
うん。

↓そう。あの頃はまだ5歳だったものねえ(おい!)。
人気ブログランキングへ

| | コメント (9)

2010年5月11日 (火)

アーユルヴェーダ

今日、アサミちゃんの紹介でアーユルヴェーダの先生に、脈診というものをはじめてしていただきました。
つまり脈を測って(?)健康診断する、って感じですかね。

インドなお香の香りがするアパートの一室で、オレンジ色のTシャツを着たドクタースリランカ(違う名前だと思うけど、そうとしか聞こえなかった)が登場し、「ブレスレットは外して、そこに座って」と言われ、奇麗なサリーみたいな布がかかったソファに腰掛けます。
スリランカ先生(と呼んでおこう)。まずは左手首から脈診です。

「……あなた、泌尿器科に問題がありませんか?」

ありまーす。去年腎盂炎やりましたー(喜んどるんか?)。

フムフムと満足げな先生。

「朝、起きた瞬間から疲れてるってことが多くないですか?」

もうそうなんですよ。最近年のせいですかねえ?

「若いときから偏頭痛が多かったんじゃない?」

はいもうそのとおりで。偏頭痛が当たり前みたいな人生でして。
ていうか。なんか。まるでサイキック?な感じになってきましたんですが……。

「何年か前に左胸が痛くなったことがあるでしょ?」

……えっ。あ。いや、あ、ありますっ。ええーなんでそんなことまで?

「基本的に泌尿器科系が弱いし、すぐに炎症を起したり化膿したりするので、食べ物や飲み物に色々と気をつけてください」
と言ってスリランカ先生が、食べない方が良い果物や野菜、食品を挙げて説明してくれました。
全体的に大きな問題がなくて健康だと言われて嬉しかったですが、問題が生じやすい体の部位や症状を言い当てられてかなりびっくりしました。

最後に「肩こりがひどくて……」と言ったら、「あらじゃあ鍼をやれば治るわよ」と言って、鍼治療まで施してくれました。

もうその鍼治療がなんというか、肩の治療なんだけど足にうつんですよ。
深い鍼だったんだと思うんですが、これがまたものすごい鈍痛。
「ぐええええええええええええええええええええええええええええええええええええっっ」って叫んでしまうほどの鈍痛。
もしかしてただ単にこの鈍痛のせいで肩こりを忘れる、っていう治療法なんじゃないかと思うぐらいの痛みでした。

でもあら不思議。

肩がずいぶんずいぶん軽くなって、首の重さも半減。

あー楽になりました〜、ってニコニコしながらふと足の鍼の部位を見ると。
ひー。
ダラダラと血が。
鮮血が床までたれてるんですけど〜〜〜〜。

「あまりやらないんだけど、血を抜いておきました」

サラーっと言われましたけど、かなりの流血でした。

ああびっくりした。
瀉血ってやつですかね。
まるで中世ヨーロッパです。
ああ。ホントにびっくりした。

↓目のおデキをチョキ、ってされたチョビの気持ちがちょっとわかった。
人気ブログランキングへ

| | コメント (5)

2010年5月 9日 (日)

チョビに学ぶ不老不死

最近チョビ、異様に元気です。
ふと気がついたんですが、以前より元気かもしれません。
一時後ろ足が弱って来て、お散歩中何度もカクンッて後ろ足が萎えてしまうことがあったんですが、最近はそれも滅多になくなって、本当に元気良くホッホッホッと早足で歩いてくれます。
お目目やおでこのおデキを取ったせいか見た目もまた若々しくなってきて、アゴの下の大きなデキものを見なければ、若い犬に見えなくもないぐらい(親バカか?)、元気はつらつ若作りです。

お散歩中、声をかけてくれる人たちも、以前は「何歳?お年寄りよねえ」って言って、「14歳」とか「13歳」って答えると「あらっ。お年寄りとは思ったけど、そこまでとは思わなかったわ!」っていう反応だったんですが、最近は「いくつ?可愛いわねええ」って声をかけられて「15歳」と返事すると「ギエッッッ!うそっっっっ!!」とまんざらお世辞でもない風に真剣にびっくりしてくれます。
大型犬(ハスキーって実は中型犬らしいですけど)で15歳は相当な高齢なんですが、チョビのあまりの元気さに思わずその若さと元気さの秘訣を探りたくなり、チョビの普段の言動(?)に注目してみました。

(1)相当朝寝坊(私のせいか?)
(2)腹ぺこで目覚める
(3)起きたらすぐ食べる
(4)毎日同じ食事なのに、死ぬほど喜んで食べる
(5)相当早食い
(6)食べ終わってもお皿をなめまくる
(7)食事の後はデザートと決めつけて、目的のおやつをもらえるまでじっと飼い主を見つめてプレッシャーを与え続ける
(8)デザートをもらった瞬間、お気に入りの場所に持ち込んでじっくり楽しんで食べる
(9)食べたらすぐ寝る
(10)昼寝から起きたらすぐ次の要求(御飯/遊び/お散歩のどれか)を主張する
(11)我慢しない
(12)いつも嬉しい
(13)いつも楽しい
(14)いつもゴキゲン

ということで、つまり生きたいように生きてるということでよろしいでしょうか?

Dsc08549
↑何かちょうだい。

Dsc08550
↑ちょうだいったらちょうだいいい。

↓不老不死=わがまま?
人気ブログランキングへ

| | コメント (9)

セツさんin LA

本日は私の大切なお友達の一人、セツさんのセッションinLAのご案内でーす。

新刊でご紹介した、NY屈指のサイキックさん、セツさんがLAに飛びます。
ニューヨーカーが独り占めしちゃいけない、最強サイキックセつさんの生リーディングを受けられる、ロス在住の皆さんにとってレアなチャンスというわけですね。

新刊にも書きましたが、セツさんのリーディングは『当たる』とかなんとか、そういう八卦見的なものではないんです。
本来、人間が誰でも受けられるはずなのにいつの間にかその方法を見失ってしまった大切なメッセージを、セツさんが「必要な時に必要なメッセージを必要な人に」お届けするための大切な時間、とでも申しましょうか。

セツさんがいつも私に教えてくれるのは、
「人は本当に一人ではがんばれない時があるんです。だからいつでも一人で苦しんだり悩んだり答えを探そうとしないで、助けを求めていいんですよ。そういう時のために、私のような能力を授かって生まれてくる人間がいるんだと思います」
っていうことです。
私は基本的に、人は生まれてくる時と死ぬ時はどうせ一人じゃん。
って思っているほうですが、それでも今こうして生きてるこの瞬間は、決してひとりぼっちだなんて思いません。

色んな人たちと過ごした色んな時間や場面があり、そのパッチワークみたいな毎日が生きてるってことなんだなあ、ってよく思います。
イヤーーーーーーな事があっても、それもまた私が私であるからこそ味わう特別な思いなんだと思うと、イヤーーーーーーーーーーーーーーな気分に変わりはなくても、これもまた私だけの特別な一瞬なんだな、って思えてきます。
そして、セツさんのセッションを受けた時、そんな自分の大切な瞬間の積み重ねを、セツさんが一つ一つ宝物のように取り出し、奇麗なピンク色の薄紙にくるんで「ほら。こんなにキレイ」って言って私の前にそっと差し出してくれたような、そんな気がしました。

自分自身も自分の周りの人達も、良い事も悪い事もみんなみんな、愛おしく思っていいんだ、って思わせてくれるセツさんのセッション。
LAの皆さん、是非体験してみてくださいね。

LAコーディネーターさんからの告知です。
****************

NYのサイキックSetsuさんが、いよいよLA初来訪することとなりました。
LAでも既に多くの方がSetsuさんの電話セッションを受けられていることと思いますが、
Setsuさんの生リーディング(?)を受けられるめったにに無いチャンスですので、この機会を是非お見逃し無く!
*  セッションの数に限りがありますので、埋まり次第締め切りとさせていただきます。
  早めにお申し込みください。

日時:5月29日(金)〜31日(月)

場所:Miyako Hybrid Hotel(Torranceミツワ裏)

セッション内容:*Reading
          *Space Cleansing (Apartment, House and Business)、
          *Reading & Space Cleansing

*     Space Cleansingはご自宅まで伺います。
*     料金はお問い合わせください。

 

連絡先:Konomi
yshingu@socal.rr.com
(310)489-3748 Cell

**********************

↓私も行きたいLA!(ついでにフンフンにも会えるし)
人気ブログランキングへ

| | コメント (7)

2010年5月 7日 (金)

リン母の日

確か今週の日曜日ですよね、母の日。

皆さんはお母さんに何かプレゼントを贈るんでしょうか?
私は、数年前の結婚記念日に両親にCOACHのペア腕時計をプレゼントした以外、ロクなものをプレゼントしたことがないんですが、今年の母の日はどうしようかな、って思案しています。
あ。そういえばリン母はCOACHが好きなので、COACHのハンドバッグは何度かプレゼントしたことがあるんだった。
なんだ。
じゃあもういいか(いや。違うだろう)

まあそんなことを色々考えていたら昨夜リン母から電話がありました。

「もしもし……」

出た瞬間『うヤバ』って思いました。
いえ。叱り飛ばされる系のヤバじゃなくて、リン母ブルーキックイン状態です。
第一声でわかるんです、リン母の精神状態。
昨日は超ブルー。

理由はわかりませんが、ブルーがキックインしてる時のリン母は、底なし沼の底から不死身なはずの不死鳥が『飛べないんですけど〜〜。誰かなんとかしてください〜〜〜〜』って言ってるような状態になります。

ああああ。今日はまた何が原因でこんなにブルーに?
と思いつつ

「……元気……?」とドヨヨヨンのあまり半分涙声ながら言うリン母に、ホントは全然元気じゃないのに「うん。元気元気」と返事しました。

「あそう……じゃあよかった……」
ドヨヨヨヨヨヨヨヨヨーーーン。

ううひい。どうしたらいいんだ。

「あの……お母さんは?」

「お母さんねえ……」
ウルウルウル。

ど、ど、どうしたのっっ。

「お母さんねえ……」
はああああ……と深いため息。

一体何が。


「今朝顔を洗ってたらね……」
うんうん。顔をね。

「左の腰がギックーッてなってね……」
う、うん……。

「それから腰が痛くて痛くて、まっすぐ立ってられないの……」
ウルウルウルウル。

う、うん。それで……?

「それでって……だから腰が痛くて痛くて、もうダメだわ……」

いや。……あ。ああ。腰が。
ええと。

「どうしてこんなことになったのかしら……」
涙声リン母。

「そ。それは、あの、ギックリ腰なんじゃ……」

「ギックリ腰なんかじゃないわよっっ!」
突如ハキハキ声!ひーっ。心臓止まるかと思ったわっ。


「でもさ……。前屈みになってたらギクーッてきたんでしょ?」

「……そうだけど。でもそんなギックリ腰とかそんなんじゃないわよ」

そ、そうなんですか……?ギックリ腰がそんなにおイヤで?ギックリ腰だってそんな捨てたもんじゃないと思うんですけどねえ……。

「どうしてこんなに調子が悪いのかしら……」
ドヨドヨドヨヨヨヨヨ〜〜〜ン……。

いや。でもだからギックリ腰じゃないけどギックリ腰ぽい症状になったから痛くて調子が悪いんだよねえ。昨日までは全然調子良かったんだよねえ。

「別に調子なんか良くないわよ」
自慢してるとすら思えるきっぱりとしたリン母のお言葉。
しかし、何故年寄りは「元気ねえ」とか「調子良さそうねえ」って言われると、大概「全然元気じゃない」とか「調子なんか良くない」って否定するんですかね。

そんでもって、お医者さんはなんて?

「お医者さんなんて!」

お医者さんなんて!……何?

「こんな程度の事でお医者さんに行くなんてちょっとねえ」


……

いや

……

こんな程度の事で、今泣きそうな声を出してるのは一体……。


「このところ腰が痛くなることなんてなかったのに、どうしてこんなに調子が悪いのかしら……」

だんだんわけがわからなくなってきました。

「うーん……お医者さんに行ったらどう?無理しないで横になって、楽になって来たらお医者さんに診てもらったら?」

「お医者さんに行っても何もしてもらえないし」

そ、そんなことはないんじゃ……。

「しょうがないから腰痛ベルト巻くわ」

そうしてください。是非。

「それから痛み止めクリームも塗ってみようかしら」

は、はい。是非。

「それで?アンタは元気なの?」

うんまあはい。元気で過ごさせていただいております。

「チョビちゃんは?」

チョビも元気で。

「あっそう。またキリギリスしてるんじゃないでしょうねっっ!」

ひいい。ししし、してませんしてませんんん。

「じゃあお母さん今から腰痛ベルト巻くわ。じゃあね」

ということで、どういう案配か電話を切る頃には普通に元気になっていましたリン母。
寂しかったのかしら。
でも、ギックリ腰が原因で?突然?
我が母ながら、その脳内の構図はまったくさっぱり掴めません。
寂しいったって、一人ぐらしなのは私のほうでリン母はあのデカ声でいつも元気なリン父と二人で仲良く楽しく暮らしてるのになあ。
娘が恋しくなったのかしら。
ギックリ腰が原因で?
ううーん。わからん。


↓よくわからんけど、リン母が喜びそうなモノを送ってあげようかね。
人気ブログランキングへ

| | コメント (5)

2010年5月 6日 (木)

色々すみませーん

毎日たくさんのお見舞いコメントをありがとうございます!
今日も本当は女子グループでお出かけの予定だったんですが、疲れるとどうも良くない気がしたので欠席いたしました。
頂いているたくさんのコメントにもお返事が滞ってしまって本当にすみません。
もうちょっと体力が復活して安心できるまで、少しペースをスローにしようと思います。

ところで、昨日のエントリーでちょっと誤解を招いてしまったようで……。
いえ。本当に『治ったからよかったですね。では』って言われたんですけど、内臓が腫れてる原因ってその位置にもよるんだと思うんですが、深刻な病気の可能性がある位置ではなかった、ってことなんだと思うんです。
場所的に、盲腸か婦人家系、ってことで年齢的にも多分婦人科系かなあ、と私も感じましたしドクターもそういう所見でした。
でも、やっぱりちょっと不安なので、超音波で検査してもらうことにしました。あと、多分血液検査もしていただいた方がいいですよね。
来週の終わり頃にもう一度診てもらうことになっています。
色々とご心配をおかけして、本当にすみません。そしてありがとうございます!
今一番悲しいのはドカ食いができないことです。
そして、おやつもロクに食べられませーん。
しくしくしくー。

↓おやつが生き甲斐なのに。。。
人気ブログランキングへ

| | コメント (7)

再診察

今日、再診察に行ってきました。
体調はと言いますと、今朝起きたときは脇腹の痛みはほぼ消えて、元気度もかなり戻っていましたので、よしっ、と思ってマンハッタンまで出かけました。

ドクターに
「調子はどうですか?」
と訊かれ、ほぼ脇腹の痛みがマシになったことと、元気度も90%ぐらい元に戻ったこと、胃が縮んだのかあまりたくさんは食べられないけれど食欲はまあまあ、と伝えると、んじゃ横になってね、はいはい、じゃコレはどう?痛い?ココはどう?痛いですか? とお腹の色んなポイントをギュウギュウギュウウとおさえて診察してくださいました。

右脇腹はまだちょっと張ってる感じがして、ギュイギュイイとおさえるとちょっと痛いというか張ってる感じがしますが、日曜日に急患で診ていただいた時とは雲泥の差。何せ土曜日の夜はいたくていたくて眠れなかったぐらいですから、その時と比べると天国です。

そして診察が一通り終わりドクターが一言。
「何が悪かったのかわからないけど、抗生物質が効いて良くなったからよかったですね。ではさようなら」

……え。
でも。ええと。
あのうー。すごくお腹が痛かったんですけど。でもって熱も出ちゃったりなんかしたんですけど……。

「ええ。でももう良くなったんだし、よかったですね。ではさようなら」

ということで、なんか原因はわからないけど良くなったから良かったらしいです。

ま。

……いいか……。


↓いいのか?
人気ブログランキングへ

| | コメント (6)

2010年5月 4日 (火)

ご心配をおかけいたしました

みなさーん!
大変ご心配をおかけいたしております。
たくさんのお見舞いコメントをありがとうございます。

熱も随分引きまして、大分調子も良くなってきました。
原因が何なのかは明日の診察を待たなければならないんですが、このところの疲れも原因の一つかな、と思います。
従妹のキョウコちゃんにおりしも『キリギリスは働きすぎたら死ぬで』と忠告されたところでした。
ちなみに『キリギリス』とはつまりあの童話のキリギリスです。
夏の間中ヘラヘラして遊びほうけて働きまくっているアリさんたちをせせら笑っていたくせに、冬になって御飯がなくなると泣きながらアリさんちに行って『助けてください』と言うあのキリギリスです。

そうです。私はリン母に『キリギリス』呼ばわりされています。
通販で何かを買って実家に送りつけると
「またキリギリスの荷物が来た」
と言われます。
それがとっても役に立つ物や生活必需品であったとしても、扱いは同じです。
常に『キリギリス』です。

「あんたっ。またキリギリスやってるんじゃないでしょうねっ」
とか
「キリギリスはいい加減にやめなさいっ」
とか
「またそんなキリギリスなこと言うっっ」
とか、しょっちゅう言われてます。

で、まあそういうわけで、このところ新刊ひとりぼっちキャンペーンでキリギリスらしからぬ大活躍をした上に、マイラにいじめられてついに倒れてしまったわけです。
あ。
ちなみにマイラからお詫びの手紙なんて全然届きません。
そしてアマゾンではまた新刊の古本(新品同様って書いてあったけど)が1680円で売られていました。
どなたか買ってくださるんでしょうか……。
てか。過去の著書もほぼ入手不可になっているこのごろ。
新刊が100万冊ぐらいバカ売れして、昔の本も復刊しないかなあ……。


↓熱のせいで夢見がち?
人気ブログランキングへ

| | コメント (4)

2010年5月 3日 (月)

知恵熱

す、すみません……。
突然一昨日の夜中から、猛烈な腹痛と発熱に苦しみ、昨日今日と寝込んでいます。
抗生物質をいただいて痛みは少しマシになりましたが、まだまだ脇腹の痛みとなんとなく内臓が腫れてる感じが消えません。

ということで、ちょっとおやすみさせてください。
すみません。
とほ。

Dsc08424
↑寂しいからチョビのベッドをベッドルームに持ち込んだ。チョビ大迷惑。

↓でもクリックはお願いします。みたいな、
人気ブログランキングへ

| | コメント (7)

2010年5月 2日 (日)

りばてぃさん

ということで、昨日の異業種交流会。
かの超有名ニューヨークブログ『ニューヨークの遊び方』のりばてぃさんがゲスト講師でした。

もうね。
もうもうもう。スゴいんですりばてぃさん。
なんといいますかね。
同じ人間でどうしてこんなに違ってしまうのか?謎です。

りばてぃさんのブログを見ていると、情報満載でデザインも写真も本当に上手でクリーンでかっちょいいんですが、同時に可愛らしくて優しくてほんわか癒し系のイメージ。御自身の写真もちょっとボヤかし気味なところがまたかっこよくてミステリアスで、どんな方なのかしら、ってすっごく興味津々だったんですが、いよいよ実物とご対面できる!ってことで、楽しみにしていたんです。

生のりばてぃさんはやっぱりスゴい美女。
そして、理知的で理路整然としていて明確なビジョンとそれを実現する盤石な基盤を持ち、確固たる自己世界を持っている上にその世界を万人に伝える術とツールをがっちりと兼ね備え、人の心を虜にするカリスマ性まであるんです。
適度で上品な身振り手振りを交えた滑らかで印象的な語り口も最高に魅力的ですし、またスピーチの最後に設けられた質問コーナーでも、問われた内容以上の明確な解答の鮮やかだったこと。
褒めても褒めても褒めたりません。
すごかった。
同じ人間で同じ女性なのに、どうしてこんなに違ってしまったんでしょう。
私なんて、ただのステーキ弁当女か山菜うどんおばさんなのに。

Dsc08459
↑満員御礼でした。みんなみんなりばてぃさん目当てです。
そしてこの日来た人たちみんなのハートをガッチリ掴みました、りばてぃさん。

Dsc08463
↑モデルさんかと思うほどの美女。スタイル抜群、顔も小さい。

Dsc08468
↑janetがNPOだったとは知りませんでした。そもそもJapanese Networkの略だとすら知りませんでした。代表者の奥さんがジャネットさんなのかな?とか思ってました。(それでスピーチしにいったんか!)

Dsc08446
↑ごはん。

Dsc08455
↑ごはん。

この日、アサミちゃんも1分間宣伝コーナーで宣伝するために登場。1分間でピタリと収めたところはさすがアサミちゃん。ウルトラ早口だけど滑舌が良いのでものすごく伝わったぞ!

Dsc08477
↑りばてぃさんとちょっと雰囲気が似ています。

Dsc08461
↑サオリさんとダイチくん。名司会コンビでした。

りばてぃさんのブログは、数十万アクセスを誇るニューヨーク情報系ブログの中では他の追随を許さないスーパーブログ。
何気なく読んでいたんですが、りばてぃさんが今回のスピーチで私たちに教えてくださった、ブログをはじめた動機と伝えたいこと。これを知って、そうか。なるほど。数十万のアクセスはただ単に情報を知りたい人が見に来ているだけじゃないんだな、と深くふかーく納得でした。
ポジティブであることや、人を幸せにすること。楽しいことを見つけて生きる事。
そんなメッセージの発信とそのためのリサーチ能力と交渉力、伝達力。どれをとっても超一流なりばてぃさんのお話を直接聞けて、またそのエナジーを直に感じられて、ホントにラッキーでした。
いや。ホントにスゴいと思ったのは、りばてぃさんのエナジーと集中力がずっとずっと途切れず、彼女のその細い体から会場中に発せられ伝わり続けていたことです。
ごはんを食べ終わった時点で、自分のスピーチも始まっていなかったのに完全集中力切れの上、人の質問も最初の方を忘れる始末の私とは基本的に違うんだわ。
ていうか。比べるなよ、私。

Dsc08485
↑しかも同席のまさるちゃんに、知らぬ間にカメラにいたずらされてるし……。

Dsc08488
↑りばてぃさんと一緒。

↓私のスピーチ。意図しない部分でバカ受けした。良かったんだろうか、アレで……。
人気ブログランキングへ

| | コメント (5)

2010年5月 1日 (土)

異業種交流会

先日予告しました通り、今日は『異業種交流会』というイベントでした。
私は『刺身のツマ』ゲストでしたので、ほんのお賑やかしだったんですが、いやーいやいやいやいやいやいや、主人公ゲストの『りばてぃ』さん。
素晴らしかったです。
お美しく超ウルトラ理知的で理路整然としているのに情熱的なトーク。
素晴らしい才能です。
もうホント、女が女に惚れました。
彼女のすんばらしいトークに比べたら、私なんて刺身のツマどころかタヌキのおやつ並。
でも、とてもとても楽しい一時でした。

ってここまで書いてああもう午前2時半。
疲れ果てました。
このところ新刊キャンペーン(しかも自分で自分キャンペーン)で疲労困憊です。
年には勝てません。
すみません。
寝ます。
おやすみなさい。
美女のパワー。詳細は起きてから書きます。
あースゴかった。

Dsc08449
↑イケメン君もいたよ。

↓刺激になりましたっ。
人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »