« セツさんin LA | トップページ | アーユルヴェーダ »

2010年5月 9日 (日)

チョビに学ぶ不老不死

最近チョビ、異様に元気です。
ふと気がついたんですが、以前より元気かもしれません。
一時後ろ足が弱って来て、お散歩中何度もカクンッて後ろ足が萎えてしまうことがあったんですが、最近はそれも滅多になくなって、本当に元気良くホッホッホッと早足で歩いてくれます。
お目目やおでこのおデキを取ったせいか見た目もまた若々しくなってきて、アゴの下の大きなデキものを見なければ、若い犬に見えなくもないぐらい(親バカか?)、元気はつらつ若作りです。

お散歩中、声をかけてくれる人たちも、以前は「何歳?お年寄りよねえ」って言って、「14歳」とか「13歳」って答えると「あらっ。お年寄りとは思ったけど、そこまでとは思わなかったわ!」っていう反応だったんですが、最近は「いくつ?可愛いわねええ」って声をかけられて「15歳」と返事すると「ギエッッッ!うそっっっっ!!」とまんざらお世辞でもない風に真剣にびっくりしてくれます。
大型犬(ハスキーって実は中型犬らしいですけど)で15歳は相当な高齢なんですが、チョビのあまりの元気さに思わずその若さと元気さの秘訣を探りたくなり、チョビの普段の言動(?)に注目してみました。

(1)相当朝寝坊(私のせいか?)
(2)腹ぺこで目覚める
(3)起きたらすぐ食べる
(4)毎日同じ食事なのに、死ぬほど喜んで食べる
(5)相当早食い
(6)食べ終わってもお皿をなめまくる
(7)食事の後はデザートと決めつけて、目的のおやつをもらえるまでじっと飼い主を見つめてプレッシャーを与え続ける
(8)デザートをもらった瞬間、お気に入りの場所に持ち込んでじっくり楽しんで食べる
(9)食べたらすぐ寝る
(10)昼寝から起きたらすぐ次の要求(御飯/遊び/お散歩のどれか)を主張する
(11)我慢しない
(12)いつも嬉しい
(13)いつも楽しい
(14)いつもゴキゲン

ということで、つまり生きたいように生きてるということでよろしいでしょうか?

Dsc08549
↑何かちょうだい。

Dsc08550
↑ちょうだいったらちょうだいいい。

↓不老不死=わがまま?
人気ブログランキングへ

|

« セツさんin LA | トップページ | アーユルヴェーダ »

チョビ」カテゴリの記事

コメント

★たかたかさん
ホントに、二人して不老不死で一生一緒に楽しく暮らしていたいです。(かなりマジ)

★真奈美さん
9歳で老衰はちょっと早いですね……。でも、人間と同じで犬も個体差がありますよね。ハスキーはてんかん発作を起す子が多い犬種だそうで、私もチョビが大丈夫なように目を光らせています。漁期殺人犯のおっさんのお陰で、いまのところは全然大丈夫そうですけど。

★JADYさん
ホントに私が気をつけていないと、勢いで走り回って足をくじいたりホネを折ったりしたら大変、って思ってます。でも止まらないんですよね、チョビ……。コーフンすると完全に目がイっちゃって。。

★リリーさん
でも、もしかしてチョビに言葉が話せたら「私にも色々と苦労はあるんです……」って言うかも、っていつも想像して楽しんでます。
私に追いかけ回されて抱きつかれてチューされるのもストレスだったりして……。

★ロンドン野郎さん
ホントですねー。好きな事だけやって、本当に不可欠なものにだけ囲まれて、生きたいように生きていられたら、って思いますね。人間、いつの間にこんな生き物になっちゃったんですかね。

★KIYOさん
ホントです。チョビ、色んな人びとにかしずかれ、おもいっきりわがままを言っても「かわいいねえかわいいねえ」って言ってもらえて、相当幸せですよね。

★うさぎさん
キ、キノコ!!!
まさかそういうオチが来るとは!!!
でも、ハイパーになって本人も楽しいんだったら、毒じゃないんだったら、ならキノコもいいですよ。。。ね……。

★Maggieさん
私もチョビがすっっっっっごくうらやましいですっ!はい!

投稿: リンコ | 2010年5月11日 (火) 00時48分

ああ~、やっぱり人生我慢は禁物ですよね・・・o(^-^)o 我慢すると体の中に色んなものが溜まっちゃう気がします。チョビってさすがにアメリカ人的ですね。アメリカ人て、あまり我慢しないと思うのですが・・・いつも自分の本能に従って生きていると、年をとらない? でも、人間てなかなかそうはいかないものではないでしょうか・・・(T_T)チョビがちょっとうらやましいな・・・

投稿: Maggie | 2010年5月10日 (月) 22時51分

やっぱり自由気ままに生きるのが健康の秘訣なんですね♪
カナダの家のわんこは時々めっちゃハイパーになっていつかのチョビみたくダーッと猛ダッシュしたりソファーの背もたれを飛び越えたり(おばあちゃんマルチプーなのに)…原因は庭のきのこでした。
トイレで庭に出されたときに怪しいマッシュルームを食していたみたい(笑)

投稿: うさぎ | 2010年5月10日 (月) 22時19分

チョビちゃん最高の毎日ですね。
ママとの楽しい毎日に、尻松執事さんを従え、お散歩係のboyfriendが東にポールさん、西にフンフンさん?
そりゃストレス知らずになりますよね(^^)

投稿: KIYO | 2010年5月10日 (月) 21時28分

そうですね。 いつも好きな事をやっていられて、毎日のお散歩とリンコさんとの駆け引きで適度な刺激。

好きな事をやっていれば人間だってストレスは感じません。

ロンドン野郎もそうありたいなぁ・・・

投稿: ロンドン野郎 | 2010年5月10日 (月) 08時30分

やはりストレスがないからでしょうね。リンコさんに思い切りかわいがってもらってるし。
チョビちゃまにはいつも癒されてます。
いつまでも元気でいてほしいです。

投稿: リリー | 2010年5月10日 (月) 06時08分

元気で何よりですね(^-^)
でもやはり15歳はかなり老犬です。
うちの犬も亡くなる半年くらい前に異様に元気になり、逆にハラハラさせられました(笑)
近所には少しの段差をジャンプして降りて足をケガしてしまったワンちゃんもいました。
人間みたいに自分で注意できないから、飼い主さんがヒヤヒヤする行動をするんですよね(^_^;)
でも食欲旺盛なら心配なしですね~!

投稿: JADY | 2010年5月10日 (月) 00時41分

私の実家の近くのハスキー犬は9歳で老衰で亡くなってしまいました。
チョビちゃんは驚異的長生き中ですね。 もうこうなったら、いつまでも元気で生きて欲しいです。

チョビちゃんは著書では胃の具合が悪くてなかなかご飯が食べられないみたいでかなり心配していたのですが、見た目猟奇犯人的な怪しいオヤジのご飯で快食のようで安心しました。ご飯が美味しく食べられるのは健康の基本ですよね。

投稿: 真奈美 | 2010年5月 9日 (日) 19時27分

きっと、リンコさんとの生活が楽しくて、ストレスが無いからなんでしょうねー、元気の秘訣は。 

いつまでも元気で楽しく過ごして欲しいと思っています。 

もちろん、リンコさんにも、です。 

投稿: たかたか | 2010年5月 9日 (日) 19時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セツさんin LA | トップページ | アーユルヴェーダ »