« チョビの巣 | トップページ | アパート探しと20年ぶりの再会 »

2010年6月11日 (金)

なんてことっPart2

うううう。
今日もウルトラ『なんてことっ!』な出来事が発生しました。

アパート見学を全て終え、仮住まいまでの急行バス乗り場で帰りのバス時刻表を確認したら、次のバスが最終急行バス。しかも10分後です。
うおー。晩ご飯買って帰ろうと思っていたのにっ。いや。がんばって走れば間に合うぞ!がんばれリンコ負けるなリンコ御飯のために走るんだ!

と、ハイヒールだったのに必死のパッチで走りました。ズドドドドドッとエラい勢いで御飯屋さんに駆け込み、めぼしい食べ物とおやつをガーと握りしめ、うおおおおおっとレジに走り、バシーッッとお金を支払い、お姉さんがノタクサと袋に詰めているのを歯ぎしりしながら待ち、手渡された御飯とおやついり袋を握りしめると、うおおおおおおおおっとまた駆け出しました。
お店を飛び出した瞬間、はたと気づいたのは『メトロカードの残金が足りない……』ということでした。

ぎえええええええええええええええええええええええええっっっ。
時計を見るとあと6分!!
走れ!
走るんだリンコ!

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっっ。
走りました。
必死のパッチで走りました。
片方靴が脱げそうになりながら、カッカッカッカッカッカッカッカッカッカッカッカッカッとヒールの音を響かせながら、周りの人達が「なんじゃありゃ」な顔で見るほどの形相で走りました。
角を曲がったところにある地下鉄駅に駆け込み、うおらあああああああああああああああああああああっっとメトロカードマシンに駆け寄り、ビシーーーーーッとカードを差し込み、『課金』ボタンをバシーーーーーーーーーーーーーーーン!と押し、課金金額は思い切って45ドルに決定!ビシーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっとクレジットカードを差し込み、郵便番号を叩き込み、ぜーはー言いながらメトロカードが出てくるのをギリギリ歯ぎしりしながら待っていると…………。

『Sorry. Your transaction is not completed for unknown error. Take your receipt and send it to our office(ごめん。わけのわからん理由で課金できませんでした。レシートをオフィスに送ってちょんまげ)』というメッセージが。

でも。

メトロカードもレシートも出てこないんですけど……。

え?

私の45ドルは?

そんでもって、もともと5ドルぐらい残っていた私のメトロカードは?

え?え?え?

いや。それどころか、急行バスに間に合わないかもしれないんだけど?

え?

はたと我にかえり、ブールにいるおじさんに駆け寄りました。

「あのっっ!45ドル課金しようとしたら、メトロカードも出てこないしレシートも出てこないんですけどっ!」

「レシートをオフィスに送りなさい」

いやだから、レシートが出てこないんだってば!!

「じゃ、記載されてる番号に電話してください」

あとはモロ横を向いて知らん顔のおっさん。

酷い!酷いじゃないかあっっ。
でもでも、このままじゃ急行バスに間に合わないっっっっ。
どどどどどどどうしたらいいのっっっっ。

もう一度メトロカードマシンに駆け寄り、のっていた電話番号を書きとめ、後の事はバスに乗ってから考えようっ、と決めてまた鬼の形相で駆け出しました。

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっっっっ。
通りに出ると、そこには最終急行バスがあっ。

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっっ。

乗り遅れたらバンパーに食らいついてやる覚悟で駆け出し、ドアが閉まる寸前で駆け込むことができました。

はーはーはーはーはー……。
理由はわからんけどもの凄い剣幕の私に、僻地住まいの乗客たちやいつもご機嫌で親切なバス運転手さんも皆見て見ぬふり。

鼻息の荒いまま座席につき、書き留めた電話番号に電話をかけました。

さんざんたらい回しにされた挙げ句、ようやくたどりついた担当部署。

「今日は何か?」

あのですねえ……。
まだゼーハー言いながら、何が起ったかを説明しました。
ものすごーく微に入り細にわたって。

「フン」

フン。と鼻をならされましたよ。最初に。

「48時間待ちなさい。その後、クレジットカードに返金されていなかったら、即!私たちに電話をしてこなければ、返金は無効です。ではさようなら」

あ。
う?
え?

プープープー。

き。

切られちまったよ……。

なんか。私?間違ったことした?
え?
私が悪いのか?
そうなのか?

……なんでどいつもこいつもそんな態度なんだ?
まずは「ご迷惑をおかけして申し訳ありません」って言うべきじゃないのか?

納得がいかん。
全然いかんぞっっっっっっっっっっっ。


↓ホントにホントになんてことっっっっっっっっっっっっっ!!!!
人気ブログランキングへ

|

« チョビの巣 | トップページ | アパート探しと20年ぶりの再会 »

ニューヨーク」カテゴリの記事

コメント

★Maggieさん
いやー。。書いていて私も改めて疲れました。ホントですね。次回本を書く時のネタに、と思うことにします……。うー。

★たかたかさん
ホントになんといっても最終バスに乗れたことが一番でした。激しく葛藤したんですけどね。45ドルと文句が先か、最終バスが先か……。

★KIYOさん
ホントに。厄落としになりますように。最近メトロカードマシンのトラブルが多いそうです。皆さんお急ぎじゃなければ、是非ブースでメトロカードの課金や購入を。マシン相手だとどうしようもないですー。

投稿: リンコ | 2010年6月12日 (土) 14時17分

なんて濃い10分間。お疲れ様でした。
しかしさすがリンコさんだわ。こんなに理不尽なことなのに、「ごめん、送ってちょんまげ」と訳してくてるセンス。「いや、違うだろ。ふざけんな。間抜けなやつめ!」ぬおおおおお~と思っても、笑いでラッピングしちゃうんですね。
今回の厄落とし(?)で今後の安泰が約束されますように(祈)

投稿: KIYO | 2010年6月12日 (土) 10時52分

お疲れさまでした。 

まずは、買い物が出来たことと、最終バスに間に合ったのは良かったですね。 

ただ、アメリカはサービス業がサービス業じゃない場合がいっぱいあるんですね。 

自力で不都合を何とかしないと、ってことですね。 

レストランなどのチップをもらえる職業はあからさまなくらいに態度がいいのに……。 

日々戦って、理不尽なシステムに対抗してください。 

応援しています。 

私だけじゃなく、読んでるみんながそうだと思います。 

投稿: たかたか | 2010年6月12日 (土) 01時25分

う~、リンコさん、読んでいる私も疲れました・・・でもこれぞアメリカ生活・・・・何度もいうようですが、次回本を書く際、ネタになると思って下さい!

投稿: Maggie | 2010年6月12日 (土) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チョビの巣 | トップページ | アパート探しと20年ぶりの再会 »