« チョビマガ臨時お知らせ | トップページ | 順番待ち »

2010年7月11日 (日)

謎の大使館

このあたりに長年住んでいたのに、どうして気がつかなかったんでしょう。
今滞在中のホテルと同じブロック徒歩5秒のところに、こんな謎な大使館がありました。

Img_4238
↑国旗が掲げられています。

Img_4239
↑キングダム。ってことは王様のいる王国ですよね。

Kingdom of Lesotho
レソソ王国。
きいたことがなかったので、ちょっと調べてみました。

南アの国土は112万7千平方キロメートルで、日本の約3倍、人口は91年の推定で3,100万人で日本の約4分の1であ る。国土の中にはスワズィランドとレソソの2つの独立王国がある。南アには10の自治区があり、その内4つを南アは独立国として扱っている。』

ほー。南アフリカ共和国の中の、独立王国なんですね。
国土約3000㎢、人口約2067000。
そして、人口の40%が国際貧乏ライン(一日$1.25)を下回る生活をしているそうです。
ダイアモンドと水を産出し、衣類の生産も盛んに行っているそうで、リーバイスの工場もレソソ王国にあるようです。
国民の平均寿命は男性が41.18歳、女性が39.54歳。
その大きな原因の一つがHIV。都市部の40歳以下女性の罹患率は実に50%。


うーん。
レソソ王国なんてちょっと可愛くてひょうきんな名前のお国なのに、内情は色々と深刻なようです。
でもって、レソソの王様はどんな人かなと思って調べたら、普通のおじさんでした。
でもこの普通のおじさんキング。
若い頃に海外でお勉強しまくっています。
ロンドン大学とかケンブリッジとかで、法律なんか学んだみたいです。

90pxletsie_iii_of_lesotho_kikwetesw

↑王様。

世界は広いなあ。
王様、って聞くとすぐにスペインのドン・ペドロを想像しちゃって、昔昔の世界の話と思ってしまいますけど、世界にはこんな小さな王国もあって、王様やお妃様、お姫様や王子様がいるんだなあ。
あ。そうか。そういえばエリザベス女王も女王様だし、あのええと誰だっけ、超美人と結婚しようとしてるお母さんに似てハンサムなのにお父さんに似て頭髪がすでにしてヤバいあのイギリスのやんごとなき人も王子様でしたよね。

レソソの王様。
国民が平和で健康に暮らせるようにがんばってくださいね。
なんか近所に大使館があるって知って、急に親近感湧いちゃいましたよ。

↓暑いのかな、レソソ王国って。
人気ブログランキングへ

|

« チョビマガ臨時お知らせ | トップページ | 順番待ち »

ニューヨーク」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
以前も数回書き込みをした者です。昨夏、私もこのあたりのアパートメントホテルに宿泊しまして、こちらの大使館のことはずっと気になっていました。本物の大使館だったのですね!

投稿: くう | 2010年7月19日 (月) 01時31分

リンコさんの『謎の大使館』を読んだ時は、「初めて知ったお国だ。南ア共って、学生時代に教科書で学んだけど・・・う~ん・・・。『ルーツ』『カラーパープル』とか、え~っと」って程度だったので、昨日サッカーの試合をチラ見して複雑でした。フェアトレードは物価も気になるけれど、それ以上に大地や空気汚染に端を発する現地住民の健康障害が気になります。机上の知識なので、おこがましいんですけどね。

投稿: KIYO | 2010年7月13日 (火) 02時07分

ロンドン野郎は南アフリカへ2年前に行きました。

その時初めて知ったのは、日本で報道されている『アパルトヘイト政策からの黒人の解放』っていうステレオタイプの話では無くて、もっと複雑な社会全体の問題があるということ。

過去の黒人対白人という単純な構図から、今は黒人は黒人の中での社会階層の問題。 そして、白人は引き続き社会の上層部にいるのはどちらかというと人種の問題ではなく、教育レベルの問題もとても大きい。 そして、犯罪の多発は社会全体を揺るがす大問題です。

レソト王国も過去の歴史的なしがらみの中で、とりあえず王国として成り立っているものの、実態は南アフリカ共和国の版図の中にあり、経済も政治も軍事も実質的に全て依存しているという不自然な環境にもあるんです。

今、ワールドカップで湧く南アフリカが、レソト王国やスワジランドを含めて、今後どんなふうに発展して行くのか、とても興味があります。

投稿: ロンドン野郎 | 2010年7月12日 (月) 14時24分

知りませんでした、その国名。 

小さな国もいっぱいあるんですね。

今フェアトレードというのも問題になってますね。 

その国が不利にならないよう、適切な価格で買い取ることだそうですが、そういうのが問題になる、ってことはずいぶん安い価格で買い叩いていたのでしょうね。 


物価が違うから、と言う理由で搾取していたのでしょう。 

投稿: たかたか | 2010年7月12日 (月) 13時12分

ウィキペディアで調べてしまいました~。
レソト王国と言われてもピンとこなかったんですが、昨日まで盛り上がっていた南アフリカに何故か囲まれている小さな国で、やっと分かりました!気候はイタリア北部に似ているそうです。

投稿: meg | 2010年7月12日 (月) 07時57分

昨年買ったGAP(だったと思います)のジーンズがレソト製でした。
私も実はその時に初めて国名を知り、聞いたこともない国名だったので旦那に聞いたところ、南アフリカの近くにある国じゃなかったかな、と言われて調べましたー。確かにあのエリアにあり、繊維産業が盛んだと書いてありました。

投稿: michai | 2010年7月11日 (日) 19時10分

ホント、小さな国の大使館て、やはりこじんまりしてますよね。レソトのことはきいたことありますが。お国の人々のために大使殿には頑張っていただきたいものです。

投稿: Maggie | 2010年7月11日 (日) 18時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チョビマガ臨時お知らせ | トップページ | 順番待ち »