« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

首が首が首が

昨日から、また猛暑がまいもどってきて、チョビも私もぐったりです。
ぐったりな上に、やっぱりブラインド作業の無理がたたったんでしょうか。
夜になってからクビがモゲそうなぐらい痛くなってきました。
脚立の上に立って、満身の力を込めて金具を引き抜いたり金属の窓枠にドリルで穴をあけたりを4時間も続けたせいですかね。

今日尻松さんがやってきて、巨大段ボール箱の片付けなんかしてくれましたけど、その時完成したブラインドををみて
「うわっ。完璧についてるじゃん!すげー!よくできたねー!エラい!天才!」
ってパチパチ拍手してくれました。
いやもう、でも二度と無理だわ。そういえば目に金属の削り片が入ったみたいで、目もゴロゴロするし。そうだリースに診察してもらおう。
そして、次の窓は尻松さんにつけてもらいます。
はい。

↓クビモゲなのでもう寝ます。グー。
人気ブログランキングへ

| | コメント (6)

2010年8月30日 (月)

でけた……

ブラインド設置、完了しました……。

Img_5201
↑この通り。

前の住人達がアホの細工に残して行った古い金具。
コレを外すのに本当に悪戦苦闘しました。
さびついてしまったネジ。
頭がはずれたネジ。
途中で折れたネジ。
全部前に住んでいたあほう共のしわざです。
もう、地球最後かと思うほど時間がかかりましたが、根性と根気と意地で全て取り外し、次にドリルで穴をあけまくり、またドリルでネジを文字通りネジ込み、ようやく完了したのが3時過ぎ。お昼前からはじめたので、また4時間ほどかかってしまいました。
終わった時には首の筋肉も肩の筋肉もガチガチで、腕もズキズキ、指もフニャフニャ。
はー。ホントに疲れました。
でも、今日からやっと朝日防ぎの段ボールから解放されるんだわ、と思うと嬉しいです。

Img_5199
↑なかなか良い眺めでしょ。

窓辺に小さなデスクとイスを置いて、ここでもお仕事できるように部屋をレイアウトしようかなと思っています。

あそうだ。
チョー優しい尻松さんが、私の昨日のブログを読んで
「大丈夫?ブラインドぐらいつけてあげるのに。玲子執事になるから、何でも言って」
ってメールくれました。
わーいやったー!生まれて始めての執事だー!
何をやってもらおうかなって今からワクワクしてます(ブラインドだけじゃなかったのか?)。
朝ご飯作ってもらって、チョビのお散歩してもらって、チョビの遊び相手してもらって、私の話し相手になってもらって、お昼食作ってもらって、おやつ作ってもらって、掃除してもらって、お洗濯してもらって、晩ご飯つくってもらって、夜寝る時にお布団ポンポンしてもらって、眠るまで子守唄うたってもらって、眠ったのを見届けたら玄関の鍵締めて帰ってもらう、っていうのはどうかな(おい!)。

うふふ。執事妄想しながら今夜は眠ります。
やっと安眠できます。
では、おやすみなさーい!

↓あんぱん、食べたいなあ……(糖分不足?)。
人気ブログランキングへ

| | コメント (13)

2010年8月29日 (日)

もうダメ…

本日よやく地下倉庫が空きまして、早速荷物の大移動。
いやー。
働きました。
死ぬほど。
荷物移動しつづけること4時間。
もう動けない……となるまで動き続け、はっと気がつくとチョビの晩ご飯の時間です。
文句もいわずじっと待っていてくれたチョビに謝りながら、ささっと手早くチョビ御飯を用意し、床の上に散乱した空き箱や残った荷物を捨てたり端に寄せたりして、次はブラインドの取り付けです。

いえね。
昨日ブラインドが届いたんです。
箱を開けてみたら思っていたよりも重たくて、しかも簡単に取り付けられると思っていた部品を取り付ける前に、前の住人が残して行ったアホみたいな金具を外さないと取り付けられないことが判明し、箱の中から工具箱を探す所からはじめなければなりませんでした。

それで……………………………………………………プチ

↓あ、電池切れた……。(別館で復活するのかな?)
人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

2010年8月28日 (土)

川辺の風景

思えばニューヨークに来てから、ほぼいつも水辺に住んでいたような気がします。
コンちゃんと一緒にくらしたバッテリーパークシティーはモロ川沿いだし、次に住んだのは今のエリアなのでこれまた川辺。
そしてブルックリンは運河のそばだったし、仮住まいのお家も川沿いでした。

とはいえ、今の新居に移り住んだ10数年前は、川縁周辺はとっても環境が悪く、ホームレスの寝床になっていたうえに、整備もされていなかったので、ただの鉄柵がならぶ小汚い川縁の道だったので、水辺には近寄りませんでした。

それが数年前、川縁周辺がキレイに整備され、自転車道や遊歩道ができたんです。
それでも高速道路の高架下をくぐるのがちょっといやで、あまり近寄らなかったんですが、今日はあまりに御天気が良かったので、ちょっとだけチョビと立ち寄ってみました。

Img_5156
↑クイーンズ側です。青空がキレイ。

Img_5157
↑フェリー到着。クイーンズに行くフェリーかな?

Img_5158
↑結構眺めいいじゃん。って思ってよく見たら、ホームレスのじいさんが寝椅子に寝てた。

Img_5161
↑フェリーを見ているのか、じいさんを見ているのか、チョビ……。

Img_5163
↑ホームレスじいさんと記念撮影。

Img_5164
↑この薄暗くて小汚い高架下をくぐらなければ行けない。

この高架下に、ホームレスの応接セットが置かれていました。
あまり良い香りが漂っていなかったので、ウッと息を詰めて走り抜けました。
プロムナードになっているはずの川沿いエリアも、昨今の不景気のせいかすっかりホームレス地帯になってしまっていたし、眺めは良いけどやっぱりあんまり来たくないかな。という感じですかね、

↓チョビもいまいち楽しくなさそうだったし。
人気ブログランキングへ

| | コメント (1)

2010年8月26日 (木)

おやつ断ちファイアー!!(まだ言っとるんか)

昨日ブログの最後に宣言しちゃったんで、ホントに10時以降は水以外口にしない生活をしばらく続けてみることにしました。
昨夜も、6時半にとった夕食(早っ)以降お茶とお水以外は口にせず、泣きそうになりながら空きっ腹を抱えて就寝。
今朝は、もうハラペコでハラペコで、目が回って倒れそうになって目が覚めました。
チョビのゴハンと自分のゴハン、どっちを先にするか真剣に迷ったんですけど、私の足とキッチンキャビネットの間に顔を突っ込んでホヘホヘ嬉しそうにゴハン待ちしているチョビを後回しにすることなど出来る筈も無く、必死のパッチでチョビゴハンを用意し、がっついているチョビを見ながら私もうおおおおおおおおおっっとアーモンドバター&ジェリーサンドイッチを作り、うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっと頬張りました。
いやー。フレッシュアーモンドバター、激美味です。
一緒にはさんだブルーベリー&ワイルドベリージェリーも甘すぎず濃すぎず程よい酸味があって、本当に本当に絶妙のコンビネーション。
チョビと一緒に「ごちそうさまーっっっ」となりました(チョビはデザートのクッキーをもらった)。

そして本日。
お夕食は買い食いで軽くすませ、ネットで色々と調べ物をしたり、部屋の片付けをしたり、チョビのお散歩をしたりしていると、あっ、もう9時半!!
ひゃー!
早くおやつのプリン食べなくちゃ!
10時タイムリミットって結構早い。
さ。
ではこの辺で失礼して、本日最後の食い意地に入らせていただきます。
ファイアー!!

Img_5145
↑手前のアホビル(前住んでたビルだけど)のせいで、クライスラービルが見えないよ。


↓今日も10時以降おやつ断ち!早く食べなきゃファイアー!!
人気ブログランキングへ

| | コメント (1)

2010年8月25日 (水)

GM踊れドクター対アクアティーンハンガーフォース

うむ。
日本のお友達に教えてもらった、チョーウルトラ私好みのドラマ『GM踊れドクター』。
オンラインで見られるもんですから、ハマりまくっています。
もう、なんかピターっと来る出来事が発生したり、景気をつけたくなると『ファイアー!!』って言ってしまいそうになります。
そして、10時以降は何も食べないことにしようかと思うぐらい、ファイアーの生き様に惚れ込んでいます。

127951522768516112014
↑珍しい!ヒガシの画像がネットで拾えた。。。だ、大丈夫かな……。叱られないかな……。どきどき。

あ。このドラマ、日本で人気あるんですよね?
アメリカドラマHouseのパクリだってネットで言われてるみたいですけど、私はそのHouse見た事ありません。
今アメリカのテレビで唯一ハマっているのは"Aquateen Hunger Force(アクアティーンハンガーフォース)”という、この世で一番くだらなくてわけがわからなくてバカなアメリカアニメです。

Aqua_teen_hunger_force_1024_2
↑意味わからんけど、3種類のファーストフードが主人公。彼らは40前のルームメイトです。

Aquateenhungerforce_2 Athf  
↑左が『フライロック』、真ん中が『マスターシェイク』、右が『ミートワー』。
多分フライドポテトとシェイクとミートボールですよね。。。

GMと比べると、アクアティーンの方がバカ度100倍でナンセンス度1000倍で、しかも見終わった後何の感動も感想も残さないばかりか、どっちかっていうと得る所が何も無くただの時間の無駄だった、とか、見なきゃ良かった、とか、あと、意味わからん、という理不尽な気持ちだけが残るんですが、それでもついつい毎日見てしまいます。
その点GMはいいですねー。
一応何となく得る所もあるし(医学の知識が?)、なんといってもヒガシがかっこいい!
少年隊時代はヒガシのこと、踊りも含めてあんまり好きじゃなかったんだけど、今は素直にかっこいい!って思います。
踊れるっていいなあ。
あんなに踊れたら、なんかもうホント、どこまでバカでもいいか、って思います。でも、世界最高水準のGMなんですよね、後藤ファイアー。そして、世界最高水準のバカでもあるんですね。あー。いいもの見ました。
これからも最終話まで、ずっとネットで追いかけます。

Images20100724020938cf5
↑潔癖性で患者に触れないGM。……ってそんなああた無茶な。
椎名桔平のバカダメさ加減も抜群!

さ。これからまた片付けだわ。
ファイアー!!!!

↓今日からしばらく10時以降おやつ断ち!ファイアー!!
人気ブログランキングへ

| | コメント (5)

アーモンドバター

今日、ちょっとアッパーウエストに用事があって出かけていたんですが、帰り道お友達のナルちゃんに教えてもらった『できたてほやほやピーナッツバター』がゲットできるWHOLE FOODSに寄り道して、ほやほやアーモンドバターを買ってみる事にしました。

最近ピーナッツバターよりも香ばしいアーモンドバターにハマっています。
ホールウィートブレッドにアーモンドバターとジェリーを塗りたくってガブーといただくと、香ばしくてほんのり甘くてなんともいえず美味しいんです。

ジャムのビンを並べていたお兄さんに「フレッシュピーナッツバターはどこにあるの?」と訊いたら、この世で一番アホな人間を見るような目で見られ、『あそこ』とすぐよこの棚を指差されました。
おおー。あったあった。ピーナッツバターマシン。
棚に並んだプラスチックカップを手に、どうやって作るのかな?
と考えていると、お店のおじさんが近づいて来て
「グリーンのボタンを押すんだよ。止めるときはレッドのボタンね」
と教えてくれました。

早速カップを片手に、グリーンのボタンをプチ。

うにょろんうにょろんうにょうにょろろろ〜〜〜ん。

ううおーー。出て来た出て来たアーモンドバター!香ばしい香りがするー。美味しそうだー。でも見た目はちょっとチョビのウXX(やめれ)。

Img_5137
↑コーフンしながら撮ったので、ピンぼけ。

Img_5138
↑モタついていたらおじさんがカップを持ってくれたけど、ますますピンぼけに。

いやーフレッシュアーモンドバター。
まだホカホカ暖かくて香ばしい香りがして、なんとも美味しそうです。
明日の朝ご飯は早速アーモンドバター&ジェリーだ。

Img_5139
↑ホールフーズ、いいんだけどこのレジの行列がイヤ。

↓今すぐ食べたい衝動と戦っています。負けるなリンコがんばれリンコ。
人気ブログランキングへ

| | コメント (4)

2010年8月23日 (月)

リンパダイエット500円

突然ですが、私の従妹キョウコちゃんが、地元宝塚でお友達のチエちゃんと二人でリンパダイエット体験会を開催することになりました。
実はこれ、二回目の開催なんだそうで、一回目はたくさんの方が500円玉を握りしめて体験会に来てくださったそうです。
特製のエッセンスをぐりぐりぐりと塗って、エジプトの呪いみたいな名前のホカホカマットに寝るだけで、人によっては各体の部位合計で10センチぐらいサイズダウンするそうですよ!

このエジプト呪いマット、私もキヨPんちやハワイで体験したことがあるんですが、ホントにホントに体の芯まで暖まって、そのあと一日中快適なホカホカ感に包まれて、チョー癒されました。
500円一個で体験して、もしかして10センチサイズダウンしたらラッキー!ですよね。
クイックサイズダウン&リラックス体験のついでに、私の従妹とは思えないぐらい超スモールサイズのキョウコちゃんを見物しに是非行ってみてくださーい。
お問い合わせはキョウコちゃんのブログからお願いします。

●日時 8月26日(木)・27日(金)10時~18時

●場所 阪急宝塚線山本駅から徒歩5分 サロン・ちゅらブラン


↓私も行きたい。
人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2010年8月22日 (日)

ダニエルズ・ベーグル

わたくし、お家の中に常に食料品がないと不安なたちでして、おやつのみならず乾物・麺類・梅干し・海苔(15年前の物だけじゃなくて)・食パン類等々、常に戸棚や冷蔵庫の中にわんさか備蓄されていたんですが、この度のお引っ越しは数ヶ月の流浪の旅を覚悟しておりましたので、ほとんどの食料品を処分してしまいました(処分=必死のパッチで食べた)。

で、昨日朝目覚めた時『あ。。。。ゴハンがなにもない……』と気がついて大ショック。
空きっ腹をかかえてヘロヘロの無茶苦茶のほとんどパジャマ状態で前のデリに駆け込み、目玉焼き&ベーコン&チーズ入りロールパンサンドイッチをゲットして貪り食いました。
でも学習効果がないので、今日の朝ご飯のことをすっかり忘れて就寝。
今朝も『あ。。。。ゴハンがない……』と気がつきました。
冷蔵庫の中は空っぽ。
棚の中を見ると、チョビの缶詰だらけ。
どうしようか……と思った時、はたと思い出しました。
あそうだ!
マーレイヒルの名店、ダニエルズベーグルがあったじゃないか!
久しぶりにクリームチーズ&スモークサーモンベーグルを食べよう!!

ウキウキでチョビと一緒に出かけました。

1danielsbagels_2
↑これこれ。タイムズのウェブに写真が載ってました。

2danielsbagels1_2
↑売るほどベーグルがあります。

できたてほやほやのベーグルに、山盛りのクリームチーズとスモークサーモンどっさり。
絶対一個食べきれないボリュームで、一個8ドルほどだったかしら。
いそいそと紙にくるまれたベーグルを持ち帰り、お皿にノサと載せたら。。。
あれ? なんかちょっと、前と違うような?
何が違うかと言うと、クリームチーズの量とサーモンの量。
明らかに半分以下になっているような気が。

Img_5123
↑全然地味なサーモンベーグルサンド。コレじゃ普通のデリで買ったのと同じ分量です。

あー残念。
ベーグルのお味は同じく美味しかったけど、パンチのきいたボリュームがなくなっちゃったし、日曜日の朝という理由もあるんですが、できたてホカホカじゃなかったのもちょっと残念。
とはいえ、地味な分量とはいっても日本のサンドイッチからすると、アホかというような巨大さなんです。
で、それをガーと一気喰いできてしまった自分もちょっと残念でした。はい。



↓でも、夕方にはお腹が減って来た。
人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

2010年8月21日 (土)

久しぶりのBBB

別館でも書きましたが、チョビが新居の床ツルツルツルツルパニック状態で大変なことになりましたんで、大慌てでカーペットを買いに行きました。
買いに行ったのは、2年ぶりのBBB(Bed Bath and Beyond)です。

その前に、久しぶりにシティーバスに乗ったんですが、最新型エコ車両でした。

Img_5104
↑ポールのところにあるグレーのものも、窓枠の黄色い洗濯紐も、どちらも降車ボタンです。

Img_5106
↑降車ドアの開扉テープも新型。黄色いテープを触ると「ドアが開くから後ろに下がれ」とアナウンスが流れます。

なんだかバスの乗り方のコツまで忘れたみたいな気分でしたけど、よく考えたらブルックリンでもバスにしょっちゅう乗ってたのに。なんでですかね?

バスを降りてテクテクと歩いて居たら、こじんまりしたカフェを発見。
私がブルックリンに引っ越した後にできたカフェです。
喉も乾いたし、疲れ過ぎで早く目が覚めちゃったせいで眠気が襲って来たので、ここでチャイティーブレイクすることにしました。

Img_5108
↑オーキッドなんとかかんとか、というカフェ。地元民で賑わっている、ちょっとブルックリンぽいカフェでした。
今日は涼しくて爽やかな御天気だったので、クーラーはつけずに扇風機だったのもなかなか良かったです。

Img_5110
↑チャイ。甘くて美味しかった。

カーペット三枚、バスタオル一枚(どこかの箱に入ったままで見つからなかった)、シーツセット(これも箱に入ったままで見つからん)を買って、大荷物を抱えて帰宅したら、犬が床でゴロ寝していました。
せっかくなのでお引っ越し地獄状態の我が家と、その中でゴーゴー寝ている犬の姿を本邦初公開させていただきます。

Img_5111
↑あーヒドい。。。

Img_5112
↑ああああああああああああヒドいいいいいい……。

犬的にはどうなんですかね?
「あーあ散らかってて落ち着かないなー」
なんて思うんですかね?


↓そんなこと考えてるうちに片付けんかい。
人気ブログランキングへ

| | コメント (7)

こちらも本日閉店

すんませんです。
開店休業です。
お夕食にカニカマが死ぬほど入ってるカニカマサラダを食べたんですが、不味いものでお腹が満腹になる空しさを久しぶりに味わいました。

では、失礼して休ませていただきますっ。

↓んがー。
人気ブログランキングへ

| | コメント (1)

2010年8月19日 (木)

ヘトヘトヘトヘトヘトヘトヘトヘト

本日は、午前11時から午後2時の間にケーブルテレビの作業員がやってくる予定。
ボコ床は、昨日一日でどうやら作業が終了したらしく、「別の部屋に置いてある荷物は全部さっさと引き取ってくれ」と言われ、そんなアホなと思いつつも、どのみち早く作業を終了したいのは私も同じです。
そして、もうホントに必死のパッチで片付けしないと、アパートの中は足の踏み場も無いぐじゃぐじゃ状態。
朝っぱらからケーブル会社のおじさんやら、管理会社のおじさんやら、ビルディングのハンディーマンのおじさんやらで部屋の中はわやわや。
ケーブル会社の作業が終わるまで荷物は運び込まないで欲しいと頼んだのに、そんなことはキレイに無視してどんどんじゃかすか荷物を運び込みはじめるおっさんたち。血も涙もありません。

そして、前のお家より狭くなったというのもあるんですが、ベッドルームの中のものをおっさん達が無茶苦茶適当に積み上げてそそくさと去って行ったせいで、ぐじゃぐじゃ具合が前のお引っ越しの時よりヒドい状態に。
重たいものも軽いものも適当にじゃかすか積み上げ、中身が何かなんてもちろんおかまい無し。
ああ。ちゃんと島田さん軍団にベッドルーム作業もお願いできていたら、もっともっとラクチンで片付けられただろうに……。
ボコ床事件のせいで、エラい目に遭いました。
しかもおっさんたち、床に置いてあった木の箱をガーと滑らせて動かしたせいで、床には大きな擦り傷がギョリギョリギョリッとついてしまうし。もう全体的にメチャクチャです。

お引っ越しは絶対プロにお願いしないとダメですね。
プロにはプロの手順というのがあって、箱を置く順番も全て理にかなっているんですよね。
とりあえず床はなおったし、ベッドのセッティングは島田さん達がきちんとしてくださったので、夜中に天蓋が落ちて来て頭を打って気絶して三日間ぐらい寝たきりになるなんて危険性だけはなさそうですが、よく考えたらカーテンも何も無しのベッドルームはド東向き。朝日でおでこで目玉焼きが焼けそうです。
また窓を段ボールでカバーして、ブラインドを注文しなくちゃ。
どうせ賃貸物件だし、悔しいからチョー安物のブラインドを注文してやる。


↓くだらない復讐心ですが。
人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

2010年8月18日 (水)

引っ越した

はい。
別館でやけくそになってましたけど、一応昨日引っ越ししました。
ストレージで引っ越し屋さん(前回お願いしたSHUCLEANさん)と10時に待ち合わせ。実は9時開始予定だったんですが、床修理の案配がどうなるかわからなかったので、1時間遅らせてもらうようお願いしたんです。

久しぶりのブルックリンは、日差しギンギン。
平和でのどかだけど、これからお引っ越し作業だと思うと、いやそれにしかもあの床のことを考えると、のどかがっている気分でもありません。
朝一で確認した時は、床屋のおじさんの影も形もなかったし。

10時ピッタリにさわやかな笑顔で登場した、ちょっと歌舞伎役者のなんとかさん(名前ど忘れしたよ。最近結婚した人)と似ている島田さん。
歌舞伎役者風だけど、すごく癒し系なので島田さんに「床大変ですねえ。さすがアメリカやなあ」って関西弁でほえええと言われると、なんとなくホッとするのが不思議です。(いや。ほっとしてる場合じゃないし)
そして、今日の日記を書くにあたってShuCleanさんの情報をネットで調べていたら、なんかもしかしたらのもしかしたで、この島田さんってカリフォルニアかどこかのDJの大会のファイナリストだったのかも、っていう情報まで出てきました。
か、関西弁の癒し系のDJ?
ってあるんだろうか?
それともDJになった瞬間、イエーイな感じで人が変わるのかしら。
今度会ったら訊いてみよう……。

5月にブルックリンを出るとき、すったもんだしてやっと大荷物を押し込んだ二つのストレージ。片方は満杯以上の満杯。
ドアを開けた瞬間、「うおお。結構つまってるな」という声が聞こえました。
結構詰まってるどころじゃありません。
ドアを開けたらると、そこにレンガの壁がありました、ぐらい荷物が詰まっていて指一本入らないぐらいです。
今日は5人で作業に来てくださったんですが、メンバーはほぼ前回と同じ面々で、やっぱり全員イケメン。そして、今回のニューフェースで(でも副社長なんです)一人異様にジャニーズ系な人もいました。

荷物積み込みにかかった時間は、なんと超速攻の1時間半。
あの山ほどあった荷物がキレイにトラックに移動していました。
ストレージを解約し、私は借り物の車で、イケメン集団はトラックでマンハッタンまで移動。
大急ぎでチョビと尻松さんがお留守番してくれているホテルの部屋に戻り、三人で(いや、チョビはもらえないから二人か)マックをお昼御飯にかっ込み、また猛ダッシュで新居に駆け込みました。
床修理はどれぐらいすすんだかな。

ドアをあけるとそこには、もぬけの殻な部屋とボコ床が。

何もしてないじゃん。
床おじさんはどこ?
どうなるの???

管理会社に電話すると、「今朝来たのよ床おじさん。11時に(アンタら9時から作業するって言ってたくせに)。でも、間違った床材を持って来てしまったので、明日戻って来て作業するって。明日中に終わるって言ってたわ」

もう返す言葉もございませんでした。
アパート前で待ち合わせた島田さんに早速ブーたれると
「さすがアメリカやなあ」
とまた柔和な笑顔。ほえほえほえ〜〜。

こんな風にすったもんだした挙げ句、結局ベッドルームに入れるはずの荷物は同じフロアにある空き部屋に一旦収納し、他の荷物を引っ越し作業することになったんですが、この空き部屋に入れるという手段についても、管理会社の方から「あなたラッキーよ。だって同じフロアに空き部屋があったんですもの!まるで一部屋分で二部屋借りたようなものね!」なんて言われちゃって、ああそうですかはい私ってラッキーなんですねはははははは、ともう脱力どころじゃないぐらいの脱力でした。

一方、引っ越し作業のほうは、効率的でみんなフレンドリーで溌剌としているShuCleanさんのお陰で、素早く進行。
私はお洋服を棚にしまったり、『これはどこに入れますか?』って訊かれたことに答える程度だったんですが、それでも最後の方はヘトヘト。電池が切れて座り込んでいる私のところに、チョビと尻松さんが慰問に来てくれました。
イスに座って見ていると、ShuCleanの皆さんがとっても仲良くて、疲れているだろうになんだか楽しそうに笑いながら作業をしているのを見ると、これまたちょっと癒される感じでした。
そして、お値段も「ええー」ってびっくりするぐらいお安くて、しかも前回の移動で利用させていただいたからという理由で1割引にまでしてくださいました。

Img_5080
↑作業後の記念撮影。ちょっぴりお疲れ?

Img_5083
↑と思ったら、ジャニーズ系イケメンくんがポーズ。

Img_5084
↑ハイ。全員ポーズ。 

三枚の写真全てで島田さんがほぼ同じ表情なのが印象的ですね。

お引っ越しはスムーズで大満足。
お値段もとってもリーズナブル。
そして親切な島田さんが、床問題でとっても困っている私を見かねて、「もし良かったら後日運ぶ物があったら僕手伝いに来ますよ。ベッドの組み立ての様子も、ちゃんとできてるかどうか見に来ます」って言ってくださって大感激です。
引っ越しって本当にストレスフルで、何かとトラブルがつきものです。
こういうとき、こんな風に親身になってくれる業者さんだとホントに安心ですよね。

NYでのお引っ越しは是非島田さんちにどうぞー。

shucleaninc@hotmail.com
917-573-3006
shuclean moving inc

Img_5091
↑チョビ尻慰問団。お似合いの二人です。

↓んで?結局いつから住めるの?(考えたくないっ)
人気ブログランキングへ

| | コメント (9)

2010年8月16日 (月)

ぎゃー大変!

たとえ10年以上住んでいたビルとはいえ、内装は新しく改装されて新築同然だし、フロアも上になり、気分は一新。お引っ越しは面倒でも、やっぱり新しいお部屋に住むのは楽しみなものです。
明日の引っ越しに備えて床掃除なんかしておこうかな、と新居に立ち寄ってみたんですが。
それが。

それがそれがそれがあああああああああああああああああああ(早く言えっっ)

ドアを開け、新しくてピカピカの床をそっと歩き(最初だけだけど)、おニューのキッチンやおニューのトイレをワクワクしながら見回し、リビングルームからクライスラービルの先っぽを確認し、ベッドルームのクローゼットを確認し、さて、イーストリバーはどれぐらい見えるんだったかな、と窓の方に目を転じた途端。
うおっっ?

一瞬めまいが。

うおおおっっっ???

なんか。目が変。?

まるで自分の目が魚眼レンズになったかのような。
この。
感覚は。
なぜ?

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっっっ。

床が。

床が。

床がボコボコになってるっっっっっっっっっっっっっっっ!!!!


なんてことでしょう。
新品に貼り直したばかりの床板が、窓際クーラーからの水漏れでボコボコのモコモコになっているではありませんか。
もう、部屋の真ん中にでっかい山状に盛り上がり、壁際の床板は水に濡れて変色しています。おそるおそる上にたってみたら、『グジョ』と水音が床下から聞こえてきます。
大洪水じゃん。
ダメじゃん。

ていうか。

明日引っ越しなのに、どうするんだっっっっっっっっっ!!!

↓ホントにどうするの?(続きは別館で)(←ひっぱってる場合か?)
人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

2010年8月15日 (日)

また移動

本日、ビレッジからミッドタウンのホテルに移動しました。
いつの間にやら住まいを見つけ、明後日には本格的な引っ越しです。
引っ越し先はというとですね。
実は結局2年前まで住んでいた元のビルに戻ることになっちまいました。
マンハッタン中を探しまわったんですが、チョビが安心して住めてチョビのお医者さんがすぐ近所でチョビが走り回れる絨毯敷きの廊下があってチョビがおソトミできるベランダのあるお家、といったら結局ココになってしまいました。
今度は前のお家より高層階になりましたけど、前にそびえたっているビルがさらに高層なので、景色はイーストリバーとクライスラービルの先っぽだけです。
またちゃんと片付いたら写真アップしますね。

あー。しかしまた引っ越し。
また地獄のような荷物を片付けないといけないのかと思うと、ちょっと憂鬱です。
でも、この引っ越しを機会にまたゴミの山を処分して、コンパクトな生活を目指します。

Img_4712
↑また引っ越しですかー?

そんなわけで今週ちょっとブログとチョビマガが遅れたりサボり気味になったりおやすみしたりするかもしれません。お許しください。

↓今度のお引っ越しで当分落ち着こう。(ホントだな)
人気ブログランキングへ

| | コメント (4)

2010年8月14日 (土)

レストランウィーク飽食記録<One if By Land...>

はいー。昨日に引き続き、今日も飽食記録です。

やっと行きました。『One If By Land Two If By Sea』。
元々このレストランについて知ったのは、もうかれこれ7−8年ぐらい前?
目医者のリースに「最近人気で雰囲気の良いレストランってどこか知ってる?」と訊いたら、でっかい目玉をギョロギョロさせて(彼、自慢する時は必ずこの顔)
「『One If By Land Two If By Sea』!」とドラマチックに教えてくれました。
「プロポーズするならココ!」とも付け加えてくれました。

ひえー。
わたしゃそういうね。その、なんというか、絵に描いたようなロマンチックってやつが、ホントに苦手でしてね。
昔付き合った彼氏に、全然欲しくない指輪を買ってもらわれてしまい(?)、ああどうしよう指輪なんかしたくないなあ、と思い悩んでいるのを『よほど嬉しかったんだね』と大勘違いされてしまい、挙げ句の果てに『海辺で指輪の授与式をしよう』って言われて、もうもうもうホントにマジで気を失いそうになった経験以降、ロマンチックにはとことん弱いんです。
あーいやでもまてよ。
玄関がピンポンって鳴って、ドアを開けたらヨン様が薔薇の花束を胸に跪いて
「玲子さん、結婚してください」
って言ってくれたら、ロマンチックだなー。
そういうロマンチックだったらいいかなー。
でもきっと私、ロマンチックもへったくれもなく、ヨン様の気が変わらないうちにそのまま押し倒すなー(こら)。

まあそういう話はさておき。
皆さん、当然ご存知だとは思うんですが、念のためにここでひとつ、One If By Land Two If By Seaの由来なんかうんちくを並べてみたいと思います。
コレ、詩から取ったフレーズなんですよね。
ポエムですポエム。

で、ロマンチックなレストランの名前なんだから、きっとバニラクリームのように甘いロマンチックなポエムの一編なんだろうと思っていたら、それが全然違いました。
ヘンリー・ワーズワーズの詩なんですが……。

Paul Revere's Ride(ポール・リビアの騎行)

Listen my children and you shall hear
Of the midnight ride of Paul Revere,
On the eighteenth of April, in Seventy-five;
Hardly a man is now alive
Who remembers that famous day and year.
He said to his friend, "If the British march
By land or sea from the town to-night,
Hang a lantern aloft in the belfry arch
Of the North Church tower as a signal light,--
One if by land, and two if by sea;
And I on the opposite shore will be,
Ready to ride and spread the alarm
Through every Middlesex village and farm,
For the country folk to be up and to arm."

ポール・リビアさんという方、私は全く知らなかったんですけど有名な方だそうで、アメリカ革命の発端を担う愛国者であり、パートタイムの歯科医であり、銀細工職人であり、マサチューセッツ州の初めての通貨の彫刻を彫った印刷工であり、吊り輪と鐘の鋳造を行った人であり、16人の子供の父親でもあるという、聞いてるだけで息切れしそうなぐらいものすごーく忙しい方です。
この方が1775年4月18日の夜に「イギリス軍が来たぞー!」と叫んだというのが有名なエピソードなんだそうですが、当時のボストン人は自分達をイギリス人だと信じていたので、このセリフはあり得ないというのが現在の通説です。
まあとにかく、こうしてポール・リビアさんがイギリス軍の進軍を警告してまわった出来事をワーズワースが詩にしたんですね。
この詩は、アメリカの学校で必ず子供達が習うものだそうで、アメリカ人は皆暗唱できるみたいです。日本で言う赤とんぼの歌みたいなもんでしょうかね(違うなきっと)。

この『One If By Land Two If By Sea』というフレーズは、そのポールさんがカンテラかなんかを振り回して、『イギリス軍が陸からきたなら一度、海からきたなら二度光らせるのが合図だよん』と言った部分なんですね。たぶん。

そんななんか知らんけど、16人も子供を作った絶倫のおっさんが戦争で走り回ったエピソードを、なんでプロポーズナンバーワンロマンチックレストランが、その名前として冠しているのかよくわかりませんけど、チョビの調査によるとこのレストランも理不尽なお化けがウロウロする、わかったようなわからんようなエピソードがあるらしいので、まあその辺はそれでよしってことなんですかね(無責任)。

あー。
前振り長かった。
で、肝心の御飯です。

Img_4856
↑二階手前のお部屋。ロマンチックですね。

Img_4858
↑お店からのサービスで出される、スイカの冷製スープ。いやー美味しかった!

淡い甘みが上品な、とてもとても美味しいスイカスープ。
ウェイターさんたちのサービスぶりも、超一流です。

Img_4859
↑キュウリの冷製スープ。

スイカスープをいただけるとはつゆ知らず、レストランウィークメニューから、サラダではなくスープを注文してしまいました。
でもこのキュウリスープ、絶品でした。ヨーグルトをしっかり混ぜ合わせると、コクがあってさっぱりしていて、しかも結構な量なのでお腹もちも良いです。健康的だわー。キュウリのスープ、キュウリ好きのコンちゃんにはたまらないですねきっと。

Img_4862
↑ステーキちゃん。

ステーキ!柔らかくて上品で味わい深くて、アメリカ特有の『ドッカーンバリバリ!』なステーキとは一線を画していました。添えられていたフィンガリングポテトも、淡いお味がお肉の邪魔をせず、ホントに美味しかった!

Img_4865
↑チーズケーキ。

添えられているラズベリー味のアワアワなモノも美味しかった!!

やっぱりNYナンバーワンロマンチックレストランは、ホントでした。
そもそも、レストランのあるバロウズ・ストリートっていう通りが素敵な雰囲気の路地なんです。でっかい看板が出ているわけでもなく、ひっそりと誰かのお家(というか厩舎)を訪ねるような気持ちでドアを開けると、まるで18世紀のような雰囲気にあっというまに包まれます。
皆おしゃべりを楽しんで美味しい料理を楽しんでいますけど、最近流行のでっかくて真っ暗でみんながわめきちらさないと声が聞こえないような騒がしいレストランとは全然違い、柔らかく流れる音楽と、人びとのおしゃべりの声や食器がカチャカチャいう音、全てを心地よく楽しめる大人の雰囲気のレストランです。

『ここでプロポーズしてイエスと言ってもらえなかったら、世界中のどこに行っても無理!』
って書いてありましたけどね。
私的にはたとえここでも、ヨン様以外にプロポーズされてもイエスとは言わんな、というのが率直な意見ですけど、普通の女性なら、大好きな男性にこのお店でプロポーズされたらきっとイエスって言っちゃいますね。

あそうそう。
お皿も飛び交わなかったし、イスも勝手に動かなかったし、イヤリングも盗まれませんでした。
プロポーズよりそっちのほうが興味あったのにな。

↓デートに是非!
人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

2010年8月13日 (金)

レストランウィーク飽食記録<ヨシさん>

最近ちょっと胃の調子が。
もちろん食べ過ぎです。
毎日毎日、レストランウィークだしビレッジだし、ってあれこれ理由を作っては、美味しいレストランで食べ歩きをしているもんですから、お財布の中は寒くなる一方だしお腹はこわし気味だし。
ああでもやめられません。
死んだら御飯食べられなくなるんだから、生きてるうちに美味しいもの食べなくちゃ。
地球が滅亡したらおやつもたべられなくなるんだから、滅びる前におやつも食べ尽くさなくちゃ。

ということで、行って参りましたヨシさんのレストラン『STUDIO』。

Img_4946
↑ええっと。何だったっけかな。うーん。忘れたけど、もう何がどうでも何でもいいぐらい美味しかった前菜一品目。

ホントに美味しいんです。
メニューは日によって変わるそうなんですが、どれをとっても間違い無しの美味しさなので、もう何が何でもどうでもいいです。とにかく美味しいいいいいいいいいいい。

Img_4951
↑先日コンちゃんと一緒に試食させていただいた、おトウフとトリュフの絶品ディッシュ。
これ、こちらのお店のシグネチャーメニューです。

絶対試さないと損です。手作りのトロトロとうふにリッチなトリュフソースが絶妙にからみあって、そりゃもうもうもう、極楽で観音様のディナーにおつきあいしているような美味しさです。

Img_4953
↑トロのお刺身と炙りトロ。

お刺身の素材の良さはもちろんのこと、炙りトロの美味しかったことといったらもう。
そして、プロの方からしたら当たり前のことなんでしょうけど、お料理の出される順番も素晴らしい。アッサリ→リッチ→さっぱり→こってり。コレ、お寿司でも白身魚と脂ののった種類のネタを交互に食べるのと同じことなんだと思うんですが(まさるちゃんに教えてもらった)、そういうバランスの良さを私のような素人にも気づかせてくれるんですね、上質のレストランって。

Img_4956
↑銀ダラです。

この銀ダラちゃん。ぱっと見た時、アメリカでよくいただくフュージョンジャパニーズのお味を想像したんです。どんな味かというと、奇妙な酸味の混ざったバターとオイルたっぷりのギトギトバジルソースに、ただ普通に白身魚を載っけただけ、って感じで、まずいわけではありませんけど、もう飽き飽きな味です。
それがもう、ホントにおくさん。
この銀ダラちゃんの素晴らしい裏切り。
一見リッチでヘビーに見えるこのグリーンソースが、ああ一体何を使ったのかしら料理オンチの私にはさっぱり全然わからないんですが、無茶苦茶美味しいのに全くヘビーでもグエエでもなく、なんともいえない複雑で見た目を裏切る和風の繊細なお味が絶品絶品ぜぜぜぜ絶品!チョビのようにお皿に残ったソースをべろべろとなめ回したかったです。

Img_4960
↑ダックちゃん。

いやー。いやいやいやいやいやいやいや。
このダックちゃん。
これまでの人生で食べたダックちゃんの中でも、確実に3本の指に入る美味しさ。柔らかさ。上品さ。添えてあるお野菜もマッシュドポテトも、この世で食べられるお食事とは思えない美味しさ。ソースに混ざっていた謎のプチプチも、素晴らしい食感を添えていて、ホントにこういうお味と食感を持ったお料理を創り出せる人って、一体何者?

Img_4965
↑そして最後のお料理。

お椀付きのひつまぶし。よく言われる冗談だと思うんですけど、どうしてもどうしてもどうううううううしても、このお料理を見ると頭の中では『ひまつぶし』って呼んでしまいます。
しかしひつまぶしも色んな所で頂きましたけどね。
こんっなにこんなにこんなにこんなにこんなにこんなにこんなにこんなにこんなにこんなにこんなに美味しいひまつぶしは生まれて初めて食べましたです。
添えられているお汁ものも、ちょっとピリっと刺激があって、いやいやいやいやいやいやいやいやいやいや。こんなに美味しくていいんですか?なんかの間違いじゃないんですか?ってホントに何度も聞きたくなるほど美味しかったです。

隣りのテーブルでずーっっっっっと仕事の話ばっかりしてたストックブローカー二人組の首根っこを掴んで
「こらっっ。こんなに美味しいお料理なのに、もっと気合い入れて食べんかいっっ!」
って言いたくなりました。
彼らはひつまぶしのかわりに押し寿司を注文していましたけど、ウェイター君が『カンパチ』を発音できず『カマンチ』って説明していたのはご愛嬌。
それを素早く聞きつけたヨシさんが、パーっと駆けつけて「これはカンパチです。くるんである笹は食べないでくださいね」って説明していたのはさすがです。
笹について「食べたらどうなるの?」ってアホ丸出しな質問をしていたストックブローカーよ。
そんなくだらないことを考えているヒマに、もっと一生懸命食べなさい。

さて。
いつもユーモアたっぷり、優しくて可愛らしくて、そして何でもできて知識豊富なヨシさん。
初めて会ったのはなんと18年前。
ヨシさんのご自宅で開かれたパーティーに招かれたのがご縁だったんですが、お友達のトロイとルームメイトだったヨシさんちは、暖炉があって空中庭園もあって、バスルームは森みたいで、ホントにホントに素敵でした。
空中庭園を見渡せる中二階にあったヨシさんの私室には、たくさんたくさんの本が書棚に載っていて、その中の一冊はヨシさんが初めて出版した小説本でした。
帯にヨシさんの写真が載っていて、それがまたほんっとに素敵だったです。
それを私に見せながら「若い時はかっこよかったでしょ」なんて言ったヨシさんが、すごく大人ですごく素敵で、思わず淡い恋心を抱いてしまったんですけど、周りの人全員に『無理だからやめとけ』って言われて諦めましたよ。ああ、あの頃私も若かった。ほろり。

昨日お食事中、ヨシさんが突如30分ばかり姿を消していたんですが、しばらくして髪の毛をふりみだしてエラい鼻息を荒くしてドドドと戻って来たヨシさん。

「いやー。今外でラジオの中継やってきた。はーはー」

ひー。
ラジオに出演してこられたんですねっ。
かっちょいいー。
コメントをいただいたように、ヨシさんは本当に色んな分野に造詣が深く、そしてものすっっごくユーモアたっぷりの方なので、きっとご出演番組はものすごく面白いものだと思います。
私も聴いてみたいなヨシさんのラジオ。

ということで、ヨシさんのレストラン。
NY在住の皆さん。
そしてNY旅行をご予定の皆さん。
是非是非是非。是非っっっお食事にいらしてください。

前回偶然立ち寄った時は、まだ誰にも知られていない穴場中の穴場って感じだったのに、昨日は満席満員御礼大繁盛大混雑大入り満員でした。
是非予約をして、お席は窓際の角テーブルを指定することをお薦めいたします。
女性だったらミニコース$45でお腹いっぱい。
男性は是非フルコース$85を。

ああ。昨日行ったばかりなのに、また行きたいな。
お腹へったー!!

Img_4966
↑デザート。チョコパフェ。左端のはキナコ味でした。

↓デザートも激ウマ。マジでこれで御飯終わりかと思ったら、涙がこぼれましたとも。
人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

2010年8月12日 (木)

ソーホーチョビ散策

今日は久々に曇り空の一日となり、チョビと安心して街を散策できる気温になりました。
なので早速ソーホーへ。

Img_4899
↑チョビが大好きな靴屋さん。セール中です。でも買っちゃダメですよ。

Img_4910
↑高級ブティックですね。でも買っちゃダメですよ。

Img_4917
↑こちらの高級ブティックもセール中。でもダメ。買っちゃダメですよ。見張ってますからね。

Img_4919
↑カワイイドレスちゃんたち。ウルトラ好みです……。でも買いませんけど。

Img_4922
↑お。90%オフ。これなら買ってもいいかも?(ていうか、どういう価格設定なんだ?)

Img_4945
↑唯一チョビから購入許可のでたお店。ピンクのペットショップです。消火栓までお店カラーに塗られています。お店番の犬人形がちょっとブキミ。

Img_4941
↑オシャレな古自転車。

ソーホーって、こういう街角にある自転車までなんとなくオシャレな感じがします。
最近は高級ブティックが次々とオープンしちゃって、ちょっと華やかすぎる感じがして、あのかつてのちょっと怪しくて危なげだけど、ウロついていると色んな隠れた名店が見つかった80年代のソーホーが懐かしい気もします。
それでも、ソーホーって聞くとワクワクして楽しい気分になるのは今も昔も変わりありません。
あー。お買い物したいー(やめれ)。


↓もうじき引っ越しだというのに。
人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

尻松寿司

ビレッジに住んでいるということで、しかも期間限定仮住まいということで、さらにしかもレストランウィーク延長ってことで、もうこの世の終わりかというぐらい飽食の日々です。
実は昨日は『One if by land Two if by sea』に行って来たんですが、まずは今日の尻寿司(省略するとヤな感じ)の話題から。

ビーチ帰りの尻松さん
チョビに会いにビレッジまできてくれました。
チョビとモゲモゲ遊んだ後は、うーんお腹減ったね、御飯食べに行こうか、何食べようか、お寿司食べたいね、そうだね、じゃあせっかくだから近所の人気店『ともえ寿司』に行こうか。という成り行きに(いつものことじゃん)。

知る人ぞ知る超有名超人気寿司店ともえ寿司。
私が学生だったころから、ずっとずっと毎日行列が絶えない大人気店だったのですが、それは今も変わり無し。
でっかくて新鮮な寿司ネタは、通常のお寿司屋さんの1.5〜2倍のでかさ。特上寿司=SUSHI DELUXE$31.50でもうお腹パンパカパン。

Img_4876
↑ビーチの後はビールだぜ。っかーウメーっ。

Img_4877
↑ワシはお茶でカンパイだ。

Img_4878
↑ヤセの大食い尻松さん。まずは唐揚げを完食。

Img_4879
↑特上寿司。ああ美味しかった……。

ちなみに列に並んで待つこと約10分ほどでしたでしょうか(二人だと案外早く入れます)。
私たちのすぐ後ろに並んだアメリカ人男性達が、全員ハルクホーガン並の巨漢。
声もデカくて、「この店でフグを食べたら5割の確率で死ぬって友達が言ってたけど本当か!?」とか訊くんです。
「ありえねえありえねえ」って尻松さんが笑っても、「いやでもふぐは毒魚だぞ」ってしつこく言い募った挙げ句に、こっちの返事もきかずに通りかかった超ミニスカのお姉さんをガン見したり、そりゃもう大騒ぎの大ハッピーさんたちでした。
6人組だけどサイズ的には10人組ぐらいの彼らが入店できたのは、私たちがほぼ食事を終えた頃。
グオーーーーーっと入って来てウオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオッと注文したものは、『サーモン20貫、マグロ20貫、ハマチ20貫、卵焼き20貫』。プラスブタ角煮やら地唐揚げやらなんだらかんだらうじゃうじゃうじゃ。もの凄い量でした。
テーブルについた彼らを見た尻松さんが、「昔寿司屋でハルクホーガンと一緒になったんだけどさ。彼が注文したのがサーモン10貫、マグロ10貫、ハマチ10貫だったんだよね……。彼らも絶対サーモンとマグロとハマチを一人3貫ずつとか注文すると思うな」って言ってたんですが、絵に描いたように予言通りの注文をした巨漢グループでした。
ああ、すごかった。
あまりのスゴさに思わず彼らのテーブルに行って、「写真撮っていい?」と訊いたら「いいともいいとも。ほらみんな!がっつく前に彼女に写真を撮らせてあげろ!」って一番体の大きいおじさんが、早速お箸を伸ばした全員を止めて写真を撮らせてくれました。

Img_4883
↑この直後、同じお寿司のお皿がもう一皿きました。

にぎやかで冗談ばっかり大声で言って、ガハハハーッとしたおじさんたちでしたけど、なんかふと「あんな人と付き合いたいかも……」って思いました。
尻松さんも「きっといい人だと思うよ」って賛成してくれました。
だから何なんだ、って話ですけど。はい。

Img_4880
↑オマケ画像。寿司屋の松本。

↓ナンパするべきだったかしら。
人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

2010年8月10日 (火)

おいしい日本食と政治とコンちゃん

先日『今日の得した』で書いた、偶然立ち寄ったヨシさんのお店(いや。ヨシさんがオーナーなわけじゃないけど)。
7月の終わりにオープンしたばかりで、しかも水曜と木曜限定ってこともあり、まだまだ知られていない超穴場名店なんです。
ちょっと調べてみたら、コメントにもいただいたように住所は

130 West Broadway
New York, NY 10013

West BroadwayとDuane Streetの北西角にある白い素敵な建物の二階です。

Bouleybldg
↑キレイ!

一階は前のままベイカリー兼カフェ。こちらのお茶やベイカリーものもとっても美味しくてお薦めなんですが、やっぱり是非一度試していただきたいのはヨシさんのお店STUDIOです。
私も今週、改めて懐石コースをいただきに是非行ってみたいと思いますし、コンちゃんともまた絶対来ようね、って約束しています。
ああ。忘れられないあの味……。フルコースだとどんなかしら。
本当に本当に楽しみです。

そんでもって、ヨシさんがただ者でないこともちょっとご紹介したいんですけどね。
ヨシさんは元有名新聞の記者でありNY支局長でもあり、現在も作家であり翻訳家であり記者でもあられるスゴい人なんです。
私のような本を出してるぽい普通の人とはわけがちがう本物の物書きさんです。
書籍の翻訳のみならず、ミュージカルの翻訳なんかも手がけてらして、もうもう大尊敬する大先輩様のお一人です。
出してらっしゃる書籍もこんなカッチョイイ本だし、ああかっこいいなスゴいな。

そして、私が何よりスゴいわ。と思ったのは、コンちゃんのこのセリフ。

私が『ヨシさんってスゴいのよ。作家さんでスゴい本いっぱい出してらっしゃるのよ』と言うと、ヨシさんに向かって「すみません。お名前はなんとおっしゃるんですか?」とコンちゃん。

ヨシさん「むとうよしはるって言うんですけど、でも本はペンネームで北丸雄二って名前で出してます」

コン「はー北丸さん……。全然本名と違う名前ですねえ」

コんちゃん。ペンネームは本名と違うからペンネームって言うんじゃないのかい?
それでもなお、そこでそのセリフが出るとは。
さすがコンちゃん、無敵です。
そんなコンちゃんが、皆さんも大好きですよねー。

79496717
↑悪人面に見えて仕方が無いカーターさん。

↓ヨシさんも「はあ。ええ。まあ」ってなんとも言えない顔してたし。
人気ブログランキングへ

| | コメント (7)

フンスペ3

皆様。
長らくのおつきあい、ありがとうございました。
フンスペ解答編、最終回です。

では早速どうぞー。

> ●リンコさんの本に、最近フンフンさんが登場していないのが、気
> になっていました。
> フンフンさんに質問です!
> 1)リンコさんとお知り合いになったきっかけは?
> 2)NYを離れてしまいましたが、またNYに戻ってこれ
> るのですか?
> よろしくお願いします!

Fun 1)知り合ったきっかけは、前に書きましたので。
2)これも、前に書きました。帰えろかな~~帰るのよそおかな~~~
(けっこう、いい気分になってきましたね~~校閲は、リンコ任せで
すき放題、書こうかな・・・)

<リンコメモ>そうそう。その知り合ったとき、白目男に抱きつかれてキャーって女みたいな声で騒いでる私を、さーっと守ってくれたんですけどね、あのときの青年紳士フンフンは。今やただの変な帽子被った酔っぱらいのおっさんですよね。

> ●お答えを楽しみにしています。
> フンフンさん、よろしくお願いしまぁす!
> もうほとんど皆さんが質問しているので・・・。私はこれを。
> チョビちゃんも今となっては、すっかり大人の女になって執事やし
> もべをを従えてますが、
> フンフンさんにとってチョビちゃんはとの関わりは?兄?父?マブダチ?
> そしてチョビちゃんにはどのような気持ちを持ったらっしゃいますか?
> リンコさんワールドでは、超スターになられましたが、いかがですか?

Funチョビにとっての僕は・・・きっと、大好きだけど、すっげ~~コエ~~
エンマ様みたいだと思います。
だって、僕が、NYにいた頃は、なが~~い散歩に連れ出したり、一日に
何回も散歩に連れ歩いてたのも、僕だったので。
でも、反面、首根っこ摑んで、投げつけられたり、お尻尾が折れるかと思うくらい
ひっぱたかれたり、怖くてはく製状態になるくらいに、持ち上げたのは
僕くらいだと思います。(要:リンコ確認ですが)
僕にとってのチョビコは・・・どうかな?
リンコもハナもチョビコも同列かな?
チョビコは、くさくて、きたない。
ハナは、ふさふさで獰猛。って感じです。
リンコワールドは、それなりに楽しい経験です。別世界って感じです。

<リンコメモ>もうなんというか、チョビのフンフンに対する態度は完全に『ご主人様』状態です。フンフンが来ると、ささーっとフンフンの足元に駆け寄ってピタッとお座りして、フンフンの顔を見上げてコマンド待ち状態です。そんなチョビは、まるで名犬ラッシーみたいに見えますよ。

> ●リンコさんが体調を崩され、救急車で運ばれた際、とても献身的
> な看護をされていたことがとても印象的でした。
> ズバリ、リンコさんに恋心を抱いたことはありますか?

Funもう一度、本を読み返してください。
献身的な介護ではなくて、ただのビックリした酔っ払いです。
挙句の果てに、人のことを「でっかいひよこ」とかって・・・
てめ~~は、体中管だらけだったじゃね~~かって、言ってやりたいです。
恋心ですか・・・100万年位、感じた事がないですね。
でも、そろそろ、感じたいです。こいごころ。

<リンコメモ>恋心の話、完全に酔っぱらいおやじは意味を読み違えてますよね。バカですね。私からズバリお答えしますけど、百万年ありません!パンツ一丁で物議をかもしたみたいですけど、はっきり言ってフンフンは初対面の女性と目上の人の前以外では、自宅ではすぐにパンツ一丁もしくは上はポロシャツ下はパンツ一丁になってました。今は知りませんけど。

> ●リンコさん、ナイスな企画をありがとうございま〜す。
> 私の中でフンフンさんは帽子の写真と元番長のインパクトが大で、
> ホントはどういう方なのかスゴク気になります。
> そこで質問は、フンフンさんの性格を一言でお願いします。
> プラス思考ですか?それともマイナス思考ですか?
> 落ち込んだときの対処法ってありますか?
>
> この質問大会でフンフンさんが大解剖されるのが楽しみです。
> これからも応援してマス!! よろしくお願いします。

Fun性格は・・・最近だいぶ丸くなってきましたけど、本質は、短期、
凶暴かな?一見外面はやさしいけど。
プラスの時はプラス思考。マイナスな時はマイナス思考。
気分屋で、むらっけがあります。(幼児性思考。)
落ち込んだ時は、一人で酒飲んで、酔っ払って、とことん落ち込んでから、
這い上がります。
何か、この質問で、自分の全てをさらけ出してますね。
お疲れ様でした。こんな、回答でよかったですか?
皆様、これからも、リンコの事、宜しくお願いします。

<リンコメモ>そうそうそうです。外見はブチ犬みたいだけど、相当兇暴なところがあると思います。あとチョー気分屋だと思います。全体的に無茶苦茶なんだけど、一度自分の身内と認めると、とことん味方するという義理堅さもあります。あと、死ぬほど騙されやすいという意外な一面も。

★はー。楽しかったですねー。私も久しぶりにフンフンとコミュニケーションがとれた気分だし、懐かしい気持ちにもなれました。質問してくださったみなさん。私へのコメントも含めてくださって本当にありがとうございました。フンフンのこと、応援してくださっている皆さんがこんなにもいてくださるなんて、私も感激です。次は誰を主人公に質問大会しますかね?やっぱりチョビ?それともポールとかリースとかかしら?
フンフンをはじめ、ご協力くださった皆さん本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いいたしまーす!


↓フンフンパンツ一丁どころか丸裸?
人気ブログランキングへ

| | コメント (7)

2010年8月 8日 (日)

フンスペ2

はーい。本日もフンスペです!

では早速。

> わぁ
> フンフンさんのお名前に反応してしまいました(笑)
>
> 質問っていうか
> お願いが…
>
> しばらくリンコさんとはお会いしてないのですか?
> お二人とチョビちゃんとのお話しが大好きなので、ぜひNYに
> いらしてリンコさんとチョビちゃんと再会して欲しいです
> そしてそれを動画で見てみたいです(笑)

Fun はい。2,3年位前にNYに行った時の、動画があります。
リンコちに泊めてもらってたので、リンコ撮影。題「酔っ払いフンフンと
いやいやチョビ」。でも、これ、僕パンツ姿なんで、お見せで来ません。

<リンコメモ>
コレですね。フンフンのパンツ姿ね。ほんっとにもうアホ丸出しなんです。
リン父とフンフンが電話で話をすることがあったんですが、フンフン、カウチに座って背筋をビシーっとのばしてすっごく丁寧にリン父とおしゃべりしていたんですが、上はポロシャツ下はパンツ一丁でした。電話をかわった私がリン父に「今ね。フンフンすっごく丁寧に真面目に話してたでしょ。でもね。上はポロシャツだけど下はパンツ一丁よ」と告げ口したら、リン父が電話の向こうでバカ受けしていました。あと、酔っぱらうとほんっとにほんとにしつこくて、私もチョビも大迷惑をこうむります。

> ●フンフンさんが生まれた所と育った所と何故NYに住んでた
> のかと、何故西にいらしたのかと、何故変なファッションが好きな
> のかと、どうやってそれを見つけるのかが知りたいです。
> 全部じゃなくても結構ですが、一個でもお答え頂ければと思います。
> よろしくお願いします。

Fun何故西に行ったかは、前に書きましたので。
生まれは、シカゴです。育ったところは東京、下町です。
NYには、どうせ働くなら田舎じゃなくて大都会でって・・・
ボストンからNYに行きました。
あの〜〜別に、変なファッションが好き・・・って・・・・変ですか?
って、あの一枚の写真で・・・そういうレッテルが貼られているんですか?
僕は・・・
見つけるのは、簡単です。目に入ってくるんで・・・勝手に。

<リンコメモ>
変なファッションが好きというより、変な帽子が好きなんだと思います。
あの帽子にたどり着くまでに、どこから見つけてくるんじゃっ、というような変な帽子を山ほど見つけて来てはそれを全部被ってみせてくれました。私と一緒にいた友達は、もう気が変になるかと思うぐらい笑わせてもらいました。普段のフンフンの服装は、無茶苦茶普通ですよ。


> ●わあ〜私も初めてコメントさせて頂きます。
> リンコさんの本は全部持ってマス。(もちろん書店で新品購入
> ですよ〜)
> フンフンさんのリンコさんへのテンポ良いツッコミのファンです。
> 質問はやはりリンコさんとどうして知り合ったのか?と、アルマー
> ニのスーツをアウトレットで購入されていましたが、普段はどこの
> 服が好みですか?と、本の中でフルネームを公表されて一躍有名人
> になったことへの感想を…
> の3点です。
> よろしくお願いいたします。

Funアルマーニは、買っていないと思うけど。アルマーニなんて、働き始めた頃しか、
着てないと思います。
ベルサーチをアウトレットで買ったのは、冗談で買いました。
ド派手なスーツ。2,3度冗談で着てみただけです。
普段は、ちゃんとしたベルサーチかドルチエとか・・・
って、LAに着てからは、全然着ないので、ホコリかぶってます。
あの〜〜。別に有名人ではないんで・・・感想は?って、言われても。
何もありません。すいません。

<リンコメモ>
いや。ベルサーチの裏地が赤の8933みたいなスーツ、冗談じゃなくてマジで買ったと思うけど……。しかも結構しょっちゅう着てたと思うけど……。


> ●わぁ!フンスペ素敵(笑)私も質問させて下さい!
> フンフンさんはリンコさんの本は全て読まれたんですか?
> 自分について書かれたのを読んで(自分の写真が本に載って)どん
> な気分でしたか〜?
> の2点です!
> よろしくお願いします^^

Fun最初の方の本は読みました。でも、美容編とかあたりから、呼んでません。
だって、書かれていることは、既に本人から聞いて知ってる事なんで・・・
それと、一応、自分が書かれていることは、事前にリンコから読んでって
言われているんで、読んでます。
気分って言うか、昔の事とか、細かい事まで、よく覚えてるな〜〜って、
思ってます。もちろん、あの写真も、掲載前に「載せるよ。」って、
言われてましたんで。だって、あの写真で、他人から声をかけられるわきゃ
ないと思っていたので・・・でも、何度か、ありました・・・ビックリです。

<リンコメモ>
よ、読んでないのか……。知らなかった……。

> ●こちらのブログをチェックできず、大好きなフンフンさんへの質
> 問大会なのに出遅れてしまいました(;ω;)
> さて、質問です。ごく、平凡な質問ですが…
> 1.フンフンさんがこの世で一番好きな曲はなんですか?
> 2.フンフンさんと呼ばれてますが、正直、もっと他の呼び方で呼
> んでくれ…と思ったことはありませんか?他の呼び名ならば、どん
> な呼び名がいいですか?
> 以上です!ご回答よろしくお願いします。

Fun1.世界で一番好きな曲は・・・・いっぱいありますけど・・・
「山谷ブルース」かな?「同期の桜」もテレサ・テンも
その時の気分です。
2.あの~~僕の事、「フンフン」って、呼ぶのは、リンコと
ファンクラブの人達位で・・・一般的には、誰も呼びませんので
気にしてません。
他の呼び名?って、僕は、その場所と年代で、呼ばれ方が違うんで
相手が、僕の事を呼ぶ名前で、いつ、どこの知り合いか判るんです。

<リンコメモ>
このね。歌の話なんですけど、ホントにホントにほんっっっっっっっっっっっっっっっっっとに迷惑なんです。カラオケに行くと泥酔状態になって、人の歌に合わせてへんな踊りを踊ったりしている間はまだしも、この「山谷ブルース」とか「同期の桜」とか唄い出すともう、ホントにとまらないんです。しかもオンチなんです。しかも暗いんです。そして、マイクを離さないんです。ずーっとずっとずっとずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと、ドヘタなくらーーーーーーーーーーーーーーーーい軍歌とか聴かされ続けて、しかもたまに誰か他の人が唄うとミョウな因縁つけたりとか、ホントに本当にほんんんんとうううううううううううっっに!!大迷惑っっっっ!なんですっっっっっっっ!!!
そうそう。フンフンの他の呼び名は、フレディー、フレッド、フレちゃん等々。フンフンってのは地域&メンバー限定みたいですね。

> ●まだまにあうんでしょうか?
> こんにちは、フンフンさん。
> NYを離れて西にお住まいとの事ですが、
> NYと西海岸だとかなり生活のスピードが
> ちがいませんか?
> 私が旅行した時には心なしか英語の
> 早さも違ったような…。(西では会話出来てたの
> にNYに入ったら早口過ぎて
> 聞き取れませんでした。)
> もしかして、もうNYには帰れない位
> ノンビリした穏やかなフンフンさんに
> なってませんか?

Fun確かに、イースト・コースとの住人から言わせると、カリフォルニアは
「バケーション・ランド」なんですよね。
生活のスピードは全然違います。L.A.には「ロサンジェルス・タイム」
ってのがあって。仕事を始めた時には、慣れるまで時間が掛かりました。
話すスピードや行動のスピードは、まったく違いますね。
でも、よく言えは、カリフォルニアの人は温かいですね。
NYは、「生き馬の目を抜く」って言うか、死人をまたいででも
仕事に行くってところですから。他人に「大丈夫?」なんて、ないし、
そんな事を言ってる人見ると、「ばっかじゃね~~の?」て、感じでした。
それが、今じゃ、「仏のフンフン」じゃね~~かな?なんて、思ってます。
丸くなりました。L.A.に来てから。おかげさまで。
そろそろ、よってきてますんで。その辺、かんべんしてくだせ~~。
もうちょっと、頑張ります。

<リンコメモ>
『仏のフンフン』というフレーズも、酔っぱらうと必ず出てきます。
そんなもの、この世のどこにもいませんから。


↓明日で最後フンスペ解答編。やっと終わりか。
人気ブログランキングへ

| | コメント (7)

2010年8月 7日 (土)

フンスペ<1>

みなさーん!

たくさんたくさんのフンフンへのご質問、ありがとうございました!
あまりにもたくさんのご質問と、フンフンの一生懸命な答えに、フンスペは二部(もしかしたら三部)に分けてお送りすることにしました。
フンフン、すっかり酔っぱらいながら一生懸命答えてくれましたよ。

では、早速ご質問&お答えを!

★★★★★★★★★★★★
皆様、たくさんのご質問有難うございます。
リンコから「フンスペする?」って、言われて、軽く「いいよ。」って言ったら、
こんなに来ちゃいましたね。
一生懸命、返答させて頂きます。が・・・・
答えには、リンコの校閲が入りますので、消されるところもあるかも・・・
ま〜〜頑張ります。
★★★★★★★★★★★★

> ●もう結構聞けずにここまで来てしまったんですがフンフンさんは
> いつからそしてなぜゆえ西海岸に行ってしまわれたのでしょう…本
> はすべてもっていて、ブログはこの1年くらい読んでいるんです
> が、いつの間にかフンフンさんがいなくて…。新刊かったらわかる
> かなぁって。。。わかりませんでした(笑)

Fun西海岸に着てから、もうすぐ4年目?と、思います。
理由は、知人が会社の拠点をアメリカに移したい、と言うことで、
アメリカのマーケット調査や会社設立、当初の運営のお手伝いのためです。
いつの間にかいないって・・・って、言われても・・・
ブログと本の内容は作者に聞いてくださいね。僕には何とも言えませんので。
ごめんなさい。
<リンコメモ>
ホント、いつの間にか西海岸に行きましたね。そしていつ帰ってくるのやら?

> ●はじめまして。リンコさん、著書ブログ楽しく拝読しています。
> 私もフンフンさんのコワあったかいキャラのファンになり、1票入
> れました。スペシャル企画ありがとうございます。
> フンフンさんに質問
> 1)ズバリ独身ですか??(あ、でも私は既婚です)
> 2)一番好きな食べ物は何ですか?
> 3)座右の銘を教えて下さい。
> お忙しいところありがとうございましたshine
> リンコさん、チョビちゃん、フンフンさんのますますのご活躍お祈
> りしています。

Fun投票有難うございます。僕がチョビに勝つより、ヨン様より多い投票に
苛立ちを感じているリンコみたいです。
1)独身です。
2)ゆで卵です。
3)「魂が若い」です。僕の魂の年齢が若いんだって。聞いた時に
「目からうろこ」でした。
ちなみに、若い頃は「極悪非道の人非人」と、言われてました。
座右の銘じゃないか。
<リンコメモ>
(1)もしかして一生独身かも
(2)フンフンちの冷蔵庫には常にタマゴが入ってるんですが、生卵とゆでタマゴを区別するために、ゆでタマゴには『ゆ』って書いてあります。相当ヘンです。
(3)『極悪非道の人非人』が座右の銘だったら、友達やめます。


> ●はじめまして。いつも楽しく覗き見してます。
> 著書やブログに登場する、リンコさんとフンフンさんのやり取りが
> 大好きです。素敵な男女の友情ですよね。フンフンさんにとってリ
> ンコさんはどんな存在なんですか?

Fun僕にとってリンコは・・・・世話の焼ける妹って、感じかな?
だって、いつも、リンコが自分で解決できない問題の最終段階で
連絡してくるから・・・ある意味で、チョビより性質が悪いです。
<リンコメモ>
こういう、自分がかけた大迷惑は棚にあげて人のことばかりあげつらうのは、本当にタチが悪い証拠ですね。

> ●フンフンさん、独身だった場合の好きな女性のタイプを教えてく
> ださーい。
> ちょっと気になります・・・

好きなタイプは、かわいい子です。いつもリンコに「フンフンは、ブリッコが好きだから。」
って、言われてます。
<リンコメモ>
フンフンは、声がカワイイ子に相当弱いです。あと『お料理上手』にも結構ヤられがち。

> ●わーフンフンの話題久しぶりですねえ〜( ´ ▽  ` )ノ
> ズバリ、フンフンの3サイズ&靴のサイズを教えてもらいたいです〜
> (それを聞いてどうするつもりもありませんが)
> あと、最近フィリップさんはお元気なんでしょうか?
> 相変わらずオレ様なんでしょうか?

Fun3サイズって・・・バスト、ウエスト、ヒップ?って、胸囲、腹回り、シリマワリ?
ちょっと、それは・・・中肉中背です。
靴のサイズは、25.5センチ?リンコの方が知ってると思います。
そういうのって、覚えられないんです。ごめんなさい。
<リンコメモ>
ブチのついてる小太りの中型犬風体型に、アヒルの足がついていると思っていただければ。
フィリップさんは、最近ちょっとご無沙汰ですねー。でもきっと死ぬまでオレ様かと。

> ●うおー。だいすきなフンフンさんへの質問コーナーがあったの
> に、…見逃していました。
> しくしくしくしく。もうだめですよね。でも一か八かコメントして
> みます。私が聞きたいことはすでに皆さん質問していらっしゃるの
> で、えーと、
> 失礼ながら、何をしていらっしゃる方なんでしょうか。
> リンコさんの本には「不動産ブローカー」とありましたが、現在も
> でしょうか。
> あとあと、日本にいらっしゃることってないのでしょうか。江戸っ
> 子弁を聞いてみたいです。

Fun今は、不動産ブローカーは、やってません。
けっこう、人助けな仕事してます。(本人はそう思ってます。)
日本には、たまに帰ります。でも、江戸っ子弁で話しているわけじゃありません。
普通の標準語です。
<リンコメモ>
本人は普通の標準語と思ってるみたいですけど、相当江戸っ子弁です。日常会話で『あっちかしだろ』っていう人(しかも語尾が巻き舌)、江戸っ子以外にいないと思います。

> ●わ〜久々にフンフンさんの登場ですね。早速質問を
> 1.リンコさんとどのように知り合い、また第一印象は?
> 2.ずっと気になってた写真の帽子(?)はどこで買ったんで
> すか?
> 3.今のマイブームは?
> 宜しくお願いします。

Fun1)リンコが、会社の管理物件のテナントさんだったから。
第一印象は、「トロイ」って、感じだったよ〜〜な・・・
あまり覚えてません。初対面が、バーで飲んでいた時なんで。確か?・・・
2)写真の帽子は、スキー場のショップだったと思います。
え〜〜。見た瞬間に買いました。これしかないだろう!って・・・
それから、スキーに行くたんびに、かぶってます。本当に。
一人で行っても、かぶってます。
3)マイブームは、ジャガイモ、ニンジン、長ネギのきれっぱしと、
拾ってきた観葉植物、唯一買った、バジルに水をやる事。
<リンコメモ>
(1)初対面は日本食レストランです。他におやじが一名白目むいた青年が一名いました。フンフンの第一印象は『寡黙な青年紳士』だったのに……。
(2)あの帽子。アレは……。アレを買ったとき、私ともう一人友達がいたんですが、あれを被ったフンフンがこっちを振り向いた時のあの瞬間は、多分一生忘れられません……。夜中にあの写真をカナダに住んでいた友達に送ったんですが、即電話がかかってきて5分間ぐらい二人でひたすら爆笑し続けました。あんなアホなもの、後にも先にも見たことがありません。山小屋でアレを被ってウロウロしているフンフンを、長身のアメリカ人達がじいいいいーっと振り返って見下ろしている様も、今でもまぶたの裏に焼き付いています。
(3)観葉植物拾うな。

> ●で、フンフンさん。 ニューヨークの街角で、恐ろしげなボ
> トラーやメガネラーに因縁を付けられた時の対応方を教えてください。
> フンフンさんみたいにネイティブな英語が使えない一般の日本人の
> レベルで。
> ロンドン野郎の英語力じゃ『So?(で?)』の一言では済みそう
> にないので・・・

Fun『Should I call the police?』なんてのは、どうでしょう?
こっちは、警察呼んでもいいよ。そっちは?って、感じで答えてあげれば。
そしたら、きっと「時間が無いから、弁償しろ!」とか言ってくるから。
そうしたら、『No, I insist to call the police.』でどうでしょうか?
か、『They should be here in a minute.』で、終わりでしょう・・・
ところで、言うときは、相手の目を見てね。サメ目でいきましょう。
(サメ目って、言われています。わたくし・・・)
<リンコメモ>
迫力だけはあるんですよね。なんか知らんけど。あの帽子被って、下はベルサーチのスーツで同じセリフをいってみてもらいたいですね。


> ●わたしも フンフンが最近本にも出でないから気になります○フ
> ンフンさんは,もうニューヨークに帰ってこないのですか?

Fun帰ろうかな?って、最近考えています。わかんないけど。
<リンコメモ>
フンフンは、遠きにありて想うもの。。

> ●わぁ。質問に答えていただけるんですか?!初期の文庫本にはフ
> ンフンさんがよく出ていたのに、いつの間にか出られなくなって淋
> しく思ってました。質問ですが…。フンフンさんの近況を話してく
> れたら嬉しいです。昨日食べた食事とかなんでも。

Fun昨日食べた物は、カップヌードル(シーフード)とご飯でした。
僕、あまり食事をしないんで・・・食べる事に、興味が無いんです。
近況は、最近はワインを飲んでます。
<リンコメモ>
えっ。ワイン!!ウィスキーのボトル直接飲みはやめたんでしょうか?

> ●フンフンさん、すっごくお久しぶりです!
> すごくいい機会なので、私も質問しちゃいます。
> フンフンさんは、日本に戻ってきた時、必ず行くところとかってあ
> りますか?
> というより、日本に来たりしてますか?
> あと、フンフンさん的にニューヨークのオススメの場所とかがあっ
> たら教えて下さい!ジャンルはなんでも可です!

Fun日本に行ったら、必ず行くところは、近所のラーメン屋さん。
「吉本屋」さんて言う、トンコツ醤油のラーメン屋さんです。
週に2~3回は行きます。って、これ食べに帰ってるみたいなもんです。
後は、「セブンイレブン」のお弁当。
日本には、たまに行きますよ。日本の再入国期限が3年間なんで、
毎3年は、最低行きます。
オススメの場所は、夜景を見るならエンパイアーかな?一杯飲みながら    
なら、ビークマン・ホテルが静かでいいかな?
食べるなら、7th Ave. & 11th St.のFamous Ray's Pizzaのエクストラ・チーズ
を一度お試しあれ。僕のオススメ・ピザです。Ray'sは、いっぱいあるから
気をつけて下さい。
<リンコメモ>
情報が相当古いです。すでに80年代の香りすら漂っています。

FunFunFunFunFunFunFun

↓明日もフンスペ解答編、お楽しみに。
人気ブログランキングへ

| | コメント (5)

今日の『得した』

今日はコンちゃんとダウンタウンの仏像レストランでお食事。
いつもどおり、チョーくだらない話題でお腹の皮がよじれてイスから転げ落ちて涙を流してヒーヒー言うほど笑い倒し、楽しく美味しいディナーでした。

食事が終わった後、お茶でもしようかね、と近所のカフェに入ったところ、そこはカフェではなく立派なレストランだった上に、長年の知り合いで本を出版されているヨシさん(チョー難しくてカッコいい本)がマネージャーとしてお手伝いされているお店だったんです。

それも、チョーウルトラ激美味の日本食。
週二日間しかオープンしない幻的レストランです。

超美食家のヨシさんが『シティーで一番美味しい日本食』って太鼓判を押すこちらのレストラン。ああ。何故食後にいってしまったのか。激しく後悔です。
ていうか、知らなかったんですけどね、実際足を踏み入れるまで。
全て偶然です。
偶然お茶をしに入ったら偶然ヨシさんがいらして、偶然激美味レストランだったわけなんですが、地味にお茶だけお願いしたらヨシさんが「味見してってよ」って前菜を二品出してくださったんです。

いやーーーーーー。
いやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいや!!!!
こ、こんな名店があったとは。
これはこれはこれはこれは、もう人に教えたくないぐらいの美味です。
かくしておきたいぐらいです。
ナイショの秘密にしたいぐらいです。

Img_4758
↑ヤマイモをすりおろして固めた物の上にウニちゃんが載っていて、トマトベースの透明ソースがもうもうもうもうもう、例えようの無い美味しさでした。うううううううう。

Img_4759
↑はてこれは?

Img_4760
↑おとうふだっ。しかもこのそのなんといいますか、ソースがトリュフとかなんかもう説明のしようがないほど美味しいものだらけで、絶妙というか絶品というか、もう食べてみないと理解できないこの世の物とも思えない美味しさなんですよ。うううううううううううう。

Img_4761
↑メニュー。

Img_4764
↑店内はカジュアルな雰囲気。オープンキッチンが素敵。

こちらのお店『STUDIO』は、毎週水曜日と木曜日のみオープン。
懐石コース二種で、$45と$85。
今日はたまたまお茶に立ち寄っただけでしたので、前菜二品を試させていただいただけでしたけど、もう絶対来週フルコース食べます!

お店の場所なんですけどね。
通りの名前がよくわかりません(無責任)。
元『ブーレイアップステアーズ』だった場所で、普段は午後4時頃までハンバーガーレストランとして営業しているんだそうです。
通りの名前やその他の情報、また絶対アップしますね。
うう。
こんなに美味しい懐石料理をこんなにお手頃なお値段でいただけるなんて。
あー得したっっっ!!!

↓食い意地爆発中。
人気ブログランキングへ

| | コメント (1)

2010年8月 6日 (金)

今日のジェラート

今日のジェラート。
死ぬほど美味しかったです。
ジェラートっていうか、ほとんどソルベでしたけど。

Img_4728
↑あまりのウマさに店内写真撮り忘れ。

レモン&オレンジ味のジェラート。シュガーコーンにのっけて$5。
このコーンまでもがなんともいえない美味しさで……ううう……。
これはリンコ的アイスランキングナンバーワンかもしれません。
絶対食べるべきっっっっ。

……ってここまで書いておいて、お店の名前見忘れました。
すんません。
ちなみに7番街のクリストファーストリート近辺で、

Img_4730
↑スシサンバ。

通りを隔ててお向かいにコレ、スシサンバがあります。
こっちかな、それともパークアベニュー沿いのほうかな?
どちらかのスシサンバでSATCのロケが行われたはずですよね。

追記:
大人気のため、フンスペご質問募集期間延長します!
あと24時間!
ふるってご質問くださーい!!


↓フンスペ人気爆発中。
人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

2010年8月 4日 (水)

フンスペのお知らせ

もうずっと気づいてはいたんです。
でも、見て見ぬフリしてたんですよね。
このランキング↓

Rank

ずっとチョビが一位だったのに。
いつの間にかコレ↓が一位に。しかもダントツで。

Fun

どうして私のカワイイチョビが、コレ↑に負けなくちゃいけないんでしょう?

ここでひとつコレ↑に投票した皆さんに目を覚ましていただくためにも、『フンフンスペシャル』と銘打って、フンフンへのご質問大会を開催したいと思います。
米国時間で現在水曜日の午後11時半ですので、締め切りは24時間後、米国時間の木彫午後11時半とさせていただきます。
フンフンから皆さんへのお答えの発表は、金曜日か土曜日になると思いまーす。
みなさん。この際です。思い切って色んな質問をしてみてください。
フンフンが一生懸命お答えいたします!

Fun_3Fun_3Fun_3Fun_3Fun_3Fun_3Fun_3Fun_3Fun_3Fun_3Fun_3Fun_3Fun_3

↓何度見ても見慣れないわ、この写真↑。
人気ブログランキングへ

| | コメント (23)

買い食い尻松

本日はゴキゲン尻松さんの登場。 二人でチョビの御機嫌取りをした後、ミッドタウンに戻る道すがら小腹が空いた尻松さんと行ってきましたあのお店。

Img_4696
↑無茶苦茶ゴキゲン顔の尻松さん。

Img_4689
↑アメリカなレトロ感が可愛い店内。

Img_4692
↑無茶苦茶やる気の無い店員。


Img_4691
↑ずらっと並んだ各種ピーナッツバター商品。

Img_4698
↑うめーっ!って言いながら買い食い尻松。美味しそうですねえ……。

で、人が食べてる美味しそうなものは自分も試してみなければ気がすまない私。 尻松さんと別れてから、帰り道に立ち寄って今度は『ピーナッツバター&マシュマロスプレッド』を購入。 ウヒヒ。お味はいかに。

Img_4702
↑ピーナッツバター弁当一式。ポテチとニンジン入りです。

Img_4703
↑うう。ピーナッツバターとマシュマロが溶け合ってトロトロリ……。

Img_4705
↑トロトロトロ……。

いやいやいや。 実はマシュマロと聞いて、多分甘くて食べられないだろうと思っていたんです。 ところがこれが、意外や意外、軽い食感で甘さも控えめ。
ここまで巨大だとお腹パンパンになりますが、軽く1/4ぐらいならちょっとしたスナックとしてかなりいけます。

アメリカ人ってマシュマロ系のおやつ大好きだけど、これまで試したマシュマロおやつはどれもこれも甘くてモタッとしていて、とっても日本人の口に合うようなものじゃないと思ってましたけど、これなら結構イケるかも。

もちろんお店で作ってもらったものなので、ピーナッツバターとマシュマロの分量加減やフレッシュさも美味しさの秘訣だと思いますけどね。
マシュマロスプレッドにはクランチータイプ(ピーナッツのツブツブが残っているタイプ)が合うわよ、っていわれてそれで作ってもらいましたけど、確かにフワフワペチョペチョな食感の中にカリカリしたピーナッツが入っていると、味にも舌触りにもメリハリが出て、とても美味しかったです。
あー。ハマりそう。 書いているうちにまた食べたくなってきました。

ちなみにパンはホールウィートをお願いしましたけど、尻松さんが食べたピーナッツバター&ストロベリージェリーにはずっしり重みのある白パンが合っていたと思います。

そうそう。そして。
まさかこのお店のピーナッツバターはまだ日本にはあるまいな。と思って調べてみたら…… ココにあった…… 恐るべし楽天……
しかしさすがにマシュマロスプレッドまでは見つかりませんでした。
少し楽天に勝ったような気分です。
そうえいば楽天様。私の新刊もたくさんたくさん売ってくださているんです。もう楽天様々です。勝ったとかいってる場合じゃありません。
毎度ありがとうございます。
お世話になりますペコペコペコ。


↓今日も写真アップ大変だったわ〜。なんとかして〜。
人気ブログランキングへ

| | コメント (5)

2010年8月 2日 (月)

お答え

最近コメントへのお返事が全然できなくって、ホントにごめんなさい。
それから、このところ写真アップの速度が異常におそくて、今日も写真が全然アップできません。
おそらく滞在先のwifiの案配のせいだと思うんですが、別館もこちらも写真アップに死ぬほど時間がかかったり、突然ダウンしてしまったりで、このところとってもストレスフルです。

突然ですが、ずっと気になっていたご質問へのお答えですが、地下鉄時刻表アプリケーションはiTrainという名前でした。最近地下鉄マップにも変更がくわえられたので、新しいバージョンがそろそろ出る頃かもしれませんですね。
あと、別館に書いたんだったかしら(それすらも記憶が曖昧?)。
オリジンズのお化粧品ですが、日本では売られているのかな? と思って探してみたら楽天にありましたよー。 お肌のトーンを整える美白液(みたいなもの) コレもかなり効果ありました。

日焼け止めも、モイスチャライザー効果とお肌のトーン整え効果をかねて居るようですが、付け心地は軽くてなかなか良いですよ。

多分オリジンズってデパートのカウンターで売られてるタイプのお化粧品じゃないかと思うんですけどね。 楽天ってすごいんですね。何でも売ってるんですね。

あそうそう。

それからまた突然ですけど、チョビマガに感想を送ってくださってありがとうございます!

チョビ、すっごく喜んで一生懸命お返事書いています。

何せつま先が不器用なもので、お返事を書くにも時間がかかっているようですが、私に隠れて(るつもりらしい)コッソリお返事書いていますので、気長に待ってあげてくださいね。

そして、これからもチョビが大喜びしますので、どうかどんどん感想メール送ってあげてください!

よろしくお願いしまーす。


↓今日もネットがスローでブルー。

人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

2010年8月 1日 (日)

サハラ砂漠

Img_4623
↑ハウストンストリート沿いのバス停(銀行のCMポスター)。

いやー。これは思わずびっくりして写真撮っちゃいました。
サハラ砂漠の太陽熱の0.3%が、ヨーロッパ全土の電気をカバーする??
マジですか?
ホントに???

世界って広い。
そして、自然ってスゴい。
地球って生きてるんですねえ……。
この銀行が本当に世界の可能性を常に考えてるのかどうかは知らんけど、地球ってホントにホントにまだまだ可能性に満ちているんですね。
私は基本的に『自分が死んだ後の事は知らんわ』な方なんですけど、人間が脳みその能力のほんの数パーセントしか使えていないのと同じく、地球ちゃんもその有り余る可能性を秘めたまま誰にも気づいてもらえず滅びちゃったりしたら、やっぱりかわいそう。

皆さん。
資源を大切に。
私たちの地球を守りましょう。

↓珍しくエコな気分の今日。
人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »