« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月30日 (木)

回転寿司

こちらはまだ12月30日です。
何の緊張感も無いまま、ひたすら泥水をかきわけてチョビ散歩をしたり買い食いしたりしています。

本日の買い食いは、WHOLE FOODSにて回転寿司です。

Img_0901
↑一応回転寿司のナリはできている感じですが。

Img_0900
↑ビミョウに

Img_0898
↑寂れた雰囲気が。

サーモンの握りは結構イケました。
ウナギの握りは一個目はまあまあだったんですが、二個目がカビ臭かった。
なんかよくわからん巻き寿司二種は、どっちもそもそもお寿司とは何なのか?を改めて問いたくなる、わけのわからん食べ物でした。
最後の頼みの綱に選んだ稲荷寿司。
死ぬほど酸っぱいすし飯が、ポンポコリンのギュウギュウのミシミシに詰め込まれていて、口にいれた瞬間アガアガーとなりました。

……ということで、WHOLE FOODSの回転寿司。
やめたほうがいいです。
でも、ヨン様には絶対すすめたくないけど、キアヌには一度行ってもらいたいって気もします。

あそうそう。
なんでWHOLE FOODSかっていいますと、アーモンドバターを切らしたのとチョビのお気に入りピーナツバター味犬ビスが無くなったので、コレの買い出しに行ったんです。そこで突然お腹が減って行き倒れになりそうになったので、緊急ディナーだったんです。
あーあ。なんかヘンなもので満腹になるのって、損した気分です。
明日は年越しソバ、食べられるかなあ……。

Keanureeveschristmastreeshopping02
↑今日のキアヌ。ポルシェの上にツリー。キアヌはお雑煮好きかな。

↓そういえばおモチも無い!買ってこなくちゃ。
人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

2010年12月29日 (水)

Black Swan

Blackswanmovie9

見てきました。
話題の映画『Black Swan』
もうね。
もう、ホント。
あー……。
もうなんていうかもうホントにホントに(はよ言わんかい)

気が狂うんじゃないかと思いました。。。
見終わった瞬間、倒れるかとも思いました。
ここまで疲れた映画は、もしかして生まれて初めてかもしれません。
私だけじゃないです。周りの観客達も、エンドロールが流れてもなかなか立ち上がれませんでした。余韻に浸っていたというより、疲れとかショックで立ち上がれなかったって感じです。前列に陣取っていた黒人の女の子3人組なんて、入って来た時はガサガサゴソゴソとっても騒がしくてうるさかったのに、映画が終わった瞬間、腰がヌけたみたいになって「……ハ〜〜〜………」とため息をついて頭を抱えてへたりこんでいました。

かくいう私も、疲れ果てて立ち上がれず、フラフラになってトイレに行ったんですが、途中めまいがしてよろける始末です。
挙げ句の果てにトイレの床に帽子を落として、それをそのまま頭に被るという暴挙にまで。それもこれも、全てこの映画のあまりの凄さのせいです。

あらすじはすでに発表されていますし、ストーリーとしてはそれ以上でも以下でもないといえばそうなんですが、いや、でも、これは予想を上回る凄さです。
ヒプノセラピーでヒプノシスって何なのかを説明する時、『映画を見ている時も一種のトランス状態、つまり催眠状態なんですよ』なんて言うんですが、いやー……もう……この映画のトランスパワーというか、ダークサイドパワーというか、負のパワーというか、もうホントにホントに言葉では言い表せない強烈さでした。

Black_swan_freemovietag_2
↑ナタリーちゃん。すごくキレイでキュートでした。声もカワイイぞ。

Blackswanmovie31
↑『更年期ダンサー』呼ばわりされる引退プリマ役のウイノナ・ライダー。

ウイノナ、映画の中ではスゴいオバさんに見えて、彼女とは気がつかなかった……。ナタリーちゃんの可憐さのせいでしょうかね。ウイノナちゃんも可憐な美少女タイプだったのに。

ナタリーちゃんはこの映画の為に過酷なダイエットを敢行し、バレエの動きも超すごい特訓をして会得したそうですね。すごくすごくキレイでした。そして振り付け師役のおっさんと婚約、妊娠。話だけ聞いた時は『なんじゃそりゃ』って思いましたけど、あの映画を見たら思わずあのアゴ長おやじにすがりつきたくなったナタリーちゃんの気持ちがわかる気がしました。
うう。とにかくまあみなさん、是非見てくださいBlack Swan。
あ。あまりにも強烈なので、キイイーっとした気分の時とかささくれだった気分の時はやめておいたほうがいいかも。体調抜群で気力充実の時に見た方がいいと思います。
あいやまてよ。
もしかして逆療法で、チョー落ち込んでるときとかチョーいらだってる時に見たら、映画のもの凄さに自分の気分なんて吹っ飛ぶ可能性もあるかも。

うーん。
とにかく必見です!
バレエに興味なくても全然オッケー。でもバレエ好きならさらにたまりません!
あー。
死ぬほど疲れて倒れそうになったけど、やっぱりもう一回見たいかも。

Black_swan_movie_poster_02
↑最後のバレエシーンには大感動!

Keanureeveschristmastreeshopping14
↑今日のキアヌ。おサイフのお金さぐってる。あー癒されるわー。。。


↓映画の後、『キアヌが振り付け師の役だったら』とか『キアヌがジークフリードの役だったら』とかちょっとだけ考えてみたけど、全然似合わなかった……。
人気ブログランキングへ

| | コメント (4)

医龍

雪ともNYとも関係ない話題なんですが。

日本語放送でちょっと前に『医龍3』が放送されていたんです。
知らずに適当に録画してあったんですが、昨日あたりからつい見始めてしまったらコレが何といえば良いのやら……。
なんていうか、そのー、主人公らしき男性がかなりなイケメンで長身でエラいカッコいいんですよね。あの人、私結構好きなタイプで、坂なんとかケンジって人ですよね。たしか武道家の息子さんかなんかでしたっけ。
彼、チョーウルトラカッコいいんですけど、でもあんなにくらーーい感じのドクターでいいんでしょうか。
患者に向かってニコリともしないし、ほとんど口もきかないし。
私だったらあんなネクラな感じのドクター、なんか手術前から暗ーい気持ちになりそうでちょっと嫌かも。って思うんですが。

そんでもって手術室に入るとき、いちいちガーと開いたドアのところで立ち止まってポーズ決めたりしてるの見ると、カッコつけとらんではよ手術始めんかい!ってどやしつけたくなります。
それに、手術の前夜に病院の屋上で裸踊りする意味は何なんでしょうか。
カッコいいけど、すっごいカッコいいけど、でも意味がわかりません。
やっぱりアレですかね。
シリーズを全部見ずに、いきなり3の途中から見た私が悪いんですかね。

Iryu
↑ほらやっぱり暗い。

Keanureeveschristmastreeshopping07
↑今日のキアヌ。ホントだ、ツリーショッピングしてますね。しかも等身大……。


↓『医龍3』あれこれ文句言いながら、途中から録画に失敗したことに気づいて必死のパッチでオンラインで見てます。
人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

2010年12月27日 (月)

吹雪の後始末

↑ブルックリンの様子。

昨日の大雪で、シティーは全体的に麻痺状態です。
今日のニュースも全局吹雪のことばかり。
市バスが雪に閉じ込められて、誰かが来てくれるのを待ってるとか(誰がいつ来てくれるというのか)、午前1時に地下鉄が停まってしまい、午前8時まで動かなかったとか(閉じ込められた乗客悲惨)エラい事になってるニュースばかりです。

幸い今日の夕方まで吹雪が続くという予報ははずれ、今は青空が広がっていますけど、気温は低いし風は強いし。
多分つもりまくった雪は、週末気温があがるまでカチカチに凍り、そして週末はそこら中ドロドロになるに違いありません。

ああ。 コレが嫌なんですよね、マンハッタンの雪。
降ってる時はとってもロマンチックだし、雪で汚いゴミが隠れるのも素敵なんだけど、溶けはじめが最悪なんです。
その点、なぜかブルックリンは人が少ないせいなのか何なのか、結構水はけが良くてマンハッタンのような悲惨な事にはなりにくかった気がします。

あーあ。今週から来週にかけて、チョビも私もアンヨはドロドロです。


Keanureeves3
↑今日のキアヌ。この人はいつもアンヨドロドロ。

↓長靴、買いに行こうかなあ……。
人気ブログランキングへ

| | コメント (5)

チョーウルトラ大雪だ

猛吹雪で大変なことになってます。

Img_0853
↑6時頃まではまだこんな感じだったんですが。

Img_0855
↑夜になってこんなことに。

Img_0857
↑エラいことになってます。

この吹雪の中、仕事帰りにわざわざチョビに会いに来た下僕と一緒にチョビ散歩に出かけてみましたが、鼻水なのか顔にかかった雪が溶けたのかなんかわからんですけど、顔中ベトベトのぐちょぐちょになりました。
あー。ヒドい。
雪は楽しいけど、ちょっとスゴすぎ。
そしてチョビにとってもあまりにスゴすぎたのか、あまりテンションがあがらないままグランドセントラル駅に行って、ぐるっと回って帰ってきました。

明日夕方までこんな調子で降り続けるらしいんですけど、一体全体どうなってしまうんでしょう。
明日、外出できるのかしら……。

20101208_reevesninja_190x190
↑今日のキアヌ。今日もやる気ゼロです。


↓雪ブーツが無い!……ていうか、ブルックリンに置いて来ちゃった。どうしましょう……。
人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

2010年12月26日 (日)

ブルーツリー

寒い寒い寒い寒いクリスマスデー。
震えながらチョビとブライアントパークまで出かけました。

Img_0844
↑キレイね。

ブライアントパークに近づくに連れ、人通りがどんどん増えていき、5番街を過ぎると大変な人ごみでした。
でも、我が家の近所はまるでゴーストタウン。
だーれもいません。
みんな実家に帰って家族とクリスマスを過ごしているのかな。

私もチョビとのんびりクリスマス。しあわせ。

Images
↑今日のキアヌ。謎のブロンドちゃんとデート?


↓今日はクルーズでキアヌに出会い、またぶん殴りそうになる夢。なぜ?
人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

2010年12月25日 (土)

Merry Christmas★

きゃー。ぼやぼやしていたらあっという間にクリスマス当日。
誰にもギフトをあげずもらわず、いただいたクリスマスカードはほんの3通。
でも、チョビと仲良く楽しいクリスマスです。
皆さんにも、メリークリスマス!!

Img_chobi1_2
↑『もうどうにでもなれ』チョビの遠い目。

Keanureeves
↑このキアヌ、かっこいいな。

↓昨日キアヌをグーで殴る夢見たんですけど。
人気ブログランキングへ

| | コメント (5)

2010年12月23日 (木)

素敵なレストランなんだけど……

先日、ずっと気になっていたレストランに行ってみました。
ロウアーイーストサイドのようなイーストビレッジのようなただのダウンタウンのような、微妙な場所(Bowery&Great JonesSt)にあるSalaというお店です。
スパニッシュ料理なんですが、なんといっても内装が私のチョー好みなんです。
古い木でできた大きなドアは、まるで中世のお城の入り口みたいですし、結構広い店内は、まるで中世の僧院か教会の食堂みたい。

Img_0727
↑ほらね。素敵な雰囲気とラブラブカップル。ロマンチックさにすっかりヤられてますね、この二人。

暗めの照明もボロっちく加工された壁も、みんなみんなとても素敵。

Img_0730
↑ワインとパン。あーたまらん。

Img_0731
↑チョリソ入りレンティルスープ。激美味で体が温まった!

Img_0733
↑グリルドベジタブル目玉焼きのせ。うー。美味しかった美味しかった美味しかった!

Img_0728
↑従業員用裏口も手抜かりなし。

ブルックリンのお家を、こういう内装にしたい!って切望していたんですが、モダンな雰囲気のキッチンを見て断念したんです。
あーやっぱりいいわー。
素敵だわー。

早速自称グルメ自慢のポールに『すっごく素敵なレストランに行ったよ!」と自慢してみたら、普段はあまのじゃくな彼がめずらしく速攻で、義姉へのクリスマスギフトにとギフトサーティフィケートを購入しに行ったそうです。

で、またもや早速電話をしてきたポール。

「Salaに行ったよ」

あっそう。で、プレゼント買った?

「そしたらね。マネージャーが『もちろんサーティフィケートはお売りいたします。ですが、私どものレストランは、あと2週間でクローズです』って言うんだよ」

……えっっ!クローズって?

「いや。だからクローズ。景気が悪いからねえ」

えっっ。えっっっっっ!クローズって閉店?廃業?フォーエバー?

「そうだって。仕方ないから他所のギフトサーティフィケートにしたよ。プレゼントを上げる時に『あと二週間でクローズするレストランだけど』って言ってあげるわけにいかないしねえ」

……そ、そりゃそうだねえ……。そうか。そんなら仕方ないけど、ええええー、でも残念だなあ。ブルックリンのコンビビに続くリンコチョーオキニレトロレストランを発見したと思ったのにい……。

諸行無常。盛者必衰。
ああ。
残念……。

Fr_krih100602_02
↑今日のキアヌ。彼はオープンカフェが好みかな。ゴロ寝できるし。

↓また美味しくて素敵なレストランを捜さなくちゃ。
人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

2010年12月20日 (月)

セカンドアベニュー地下鉄

私がNYに移住して来た1989年当時。
マンハッタンでは常に『まだやっとるんかい』な工事があちこちで行われていたんですが、そのうちの大きなものの一つが『6番街工事』。
コレ、少なくとも10年は工事中でした。
それも、何を工事しているのかさっぱりわからん工事でした。
舗装工事かと思ったら、終了したエリアの舗装はボコボコのデコデコ。
水道管?ガス管?皇族の抜け道?(違うわ絶対)
とにかく謎な工事がやっと終了したのは、ほんのつい最近だったような気がします。

そして、もう一つは工事中……ではなく、やるやると言いながら全く工事が開始される気配さえなかった『セカンドアベニュー地下鉄工事』です。

予定では、125丁目からHanover Square(ウォール街付近)までを2番街をまっしぐらに繋ぐ地下鉄なのですが、100億年ぐらい前から「作るぞー」「今からやるぞー」「明日にも工事が始まるぞー」とかけ声ばかりで、一向に工事が始まらなかったんです。
2007年春には着工のセレモニーが行われ、さあいよいよかと思ってからもなんだか音沙汰無し。もうオープンしないんじゃないか?なんて思われ始めつつも、時々『工事やってますよー』的ニュースはちらほら流れていました。

これが今年の春頃『2番街地下鉄は本当に工事されています』という見出しと共に、工事中の写真が公開されたんです。

2ndavenuesubway
↑うおおお。

どうもこういう画像を見ると『ファイナルファンタジー?』って思えてしまって、ゲームおたくぶりを露呈してしまう私ですが、ホント、映画みたいな風景ですよね。
そして、なるほど地下鉄ってこんな風に建設されるのか。って感心したり初めて建設されたニューヨーク地下鉄の駅や線路は、どんな風に建設されたのかしら……と思いを馳せてみたり。
この地下鉄、ホントに開通したら私とっても便利になるなあ。
私の自宅はミッドタウンイーストサイド。東の端っこなのでイーストリバーの眺めは良いんですが、最寄りの駅がグラセンで、徒歩12分ほど。ちょっと不便なんですよね。
二番街にも一番街にもバス停がありますし、それに乗ってしまえばアップタウンもダウンタウンもさくっと行けるんですが、バスは交通渋滞に巻き込まれることを考えると時間の予定がたてにくいんです。

ホントに早く完成しないかしら。
駅が近くなるとお出かけもしやすくなりますし、駅好きのチョビも嬉しいはず。

3009215557_30259c2b97_23010049494_0a7ddef7f7
3010050624_9ffa4ee6a33010050050_3fe8458cbf 
↑完成予想図らしいけど、こんなにキレイできちんとしてるなんてNYじゃないみたいです。ホントにこんなになるのかな。

Afterdecadesdelaynewyorksecondavesu
↑工事見学後のスピッツァ氏。この人を見るたびに『赤っ恥』という言葉が頭に浮かびます。

0113keanureevesgoatee_bd
↑今日のキアヌ。さすがにこのヒゲは偽物。

↓ニュー地下鉄完成予定は2015年。遠いなあ……。
人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

2010年12月19日 (日)

間違い探し

まあ、明らかなんですが……。

Img_0778
↑コレ。近所の新装オープン準備中ヘアサロン。

そもそもなぜ改装中のウィンドーに、ここまで住所を大書しなければならんのか。
しかも大間違いで。

夜のお散歩中にこういうのを見ると、ものすごく脱力します。

Keanu_reeves
↑今日のキアヌ。飲酒運転でふん捕まった時のマグショット。

↓17年前のキアヌ。若いし目が死んでないです。大丈夫なのか最近のキアヌ。
人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

2010年12月18日 (土)

コワい橋

今までにも何度も、うるさいぐらい私は高所恐怖症、って言い続けてきましたけど、今日のチョビとの遠出で、見ているだけでチビりそうなモノを見てしまいました。

前からそこにあるのは知っていたんですが、見る度にチビりそうになるそのモノとは。

Img_0750
↑コレ。

……って言われてもどれじゃい。
って思われますよね。
んじゃ、アップで。

Bridge
↑コレ。コレですっ。

そんな、こんな、二つの高層ビルの間に、まるでつっかえ棒みたいにズコーとささってる状態のこんな橋……。耐えられません。
多いんですこういう謎な橋、ニューヨークに。
見る度にそこを歩くハメになった自分を想像して、マジでチビりそうになります。
でも、そんな恐怖心とは裏腹に、一度そこを歩いてみたいかも……とも思ってしまうんです。
そんでもって、歩きながら「ひいえええええええええええええ〜〜〜ひいーひいいいいーひいええひいえひえひえひええええええええええええ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」って大騒ぎするんと思います。

Img_0752
↑背後では、Shake Shack(シェイクシャック)のガーデンカフェ。
……さ、寒くないのかアメリカ人。

Img_0755
↑そしてチョビは、見向きもしてくれないヨソワンコにガン飛ばし中。

装着のときは毎回一悶着あるんですが、一応自分に必要なグッズなのだと理解したのかブーツがすっかり定着したチョビ。
ますます調子が上がって、今日は3時間超のお散歩でした。
チビりブリッジを見学した後に出向いた先は、『別館チョビふうみ』で。

Keanureevesleavingtamarindrestauran
↑今日もキアヌ靴が汚い。ていうか、全体的に汚い。大丈夫なのか本当に。


↓今日のお出かけ先に、こんなキアヌと一緒に行ったらどんなだったかしら……。と想像してみて、悶絶。
人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

2010年12月17日 (金)

クリスマスチョビ

今日もまた、チョビと一緒にチョビパラダイスに出勤です。
毎日通っているので,お店の人達にもすっかり覚えられてしまったチョビ(と私)。
日課のように、まずは牛の蹄(みたいなヤツ)ラックを嗅ぎたおし、次にチンチラちゃんにご挨拶し(いつも寝チンチラ)、ハムスター一家をどやしつけ(ヒドいチョビ)、お魚タンクや色んな色のお魚を見学。
次にゴハン売り場に移動し、ニャンコゴハンをチェックしたあと、犬ゴハン犬オヤツコーナーをじっくり調査です。
そのあと、ものすごく適当な態度でシャンプーや爪切りコーナーをチェックした後、ベッド売り場に移動し、新品のベッドたちに鼻水をつけてまわり、また適当な態度で衣装コーナーをチェック。
そして、最後に出口付近のシーズン物売り場でお茶を濁したあと、帰宅。

というのが毎日のコースです。

今日のシーズン物売り場は、当然ながらクリスマス一色。

Img_0749
↑華やかっぽいですが、どれもこれもなんとなくパっとしないデザインばかり。

Img_0748
↑やっぱりチェックがキビしいのは、食べ物系。

油断しているチョビに背後から忍び寄り、

Img_0740
↑トナカイ装着(売り物を勝手に)。

Img_0744
↑おお。なんだかゴージャス(売り物だちゅうのに)。

あまりに似合うその姿に、周囲のお客さんたちや店員さんたちにバカ受けしました。
私的にもバカ受けしたんですが、さんざん迷って買うのはやめておきました。
でも、明日行ったら買っちゃうかも。。。

Keanureevesleavingtamarindrestauran
↑今日のキアヌ。靴が汚い。

↓チョビとキアヌって気があうかな。二人とも足汚いし。
人気ブログランキングへ

| | コメント (4)

愛犬家

先日上階のゾウパーティー騒ぎビデオをアップした時、多くの皆さんに『騒音もスゴいけど、リンコさんドア開けっ放し!』とご指摘をいただきました。

いやー。
こう、なんていうか、平和ボケっていうか。
ブルックリンの家でのんびり暮らしている時、バルコニーのドア開けっ放し、玄関も開けっ放しで出かける癖がついてしまってましてね。
マンハッタンに戻って来ても、ついつい同じようにやってしまっています。

ちょっと前なんですが、お昼間尻松さんと待ち合わせをしてゴハンを食べた時だったかな。
二人で私の部屋に戻って来たんです。

ガチャ。

と当たり前のように鍵のかかっていないドアを押し開いたら、背後で(ていうか長身の尻松さんなので、後頭部の上のほうで)

「えええええええええええええええええええ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜……」

っていう、なんか腰がヌけたようなびっくりした様な声がしたんです。
振り返ると尻松さんが

「いや……。いや、あの。いや……鍵開けっ放しなの……?」

「あー。ああうん。そう。そうねえまあ……」

えええええええええええええええええ〜〜〜
とまた気が抜けたような尻松さんの声。

挙げ句の果てにタイミング良くというか悪くというか、下僕(ポールですが)がチョビを連れ出した後だったんです。

「……えっ……え?え?え?チョ、チョビは……?」

さらに狼狽える尻松さん。

「ああ。うーん。ポールが連れ出したみたいねえ」

「えっ……いや……ていうか……。え?鍵?開けっ放しで?え?誰でも出入りできるの?それでチョビを連れ出して?え?え?」

相当うろたえてます尻松さん。

「うん。まあ……」

そしてチョビがいないもぬけの殻の部屋を見渡しながら二人同時に

「まあ。チョビがいないから危険だったかな……」
「まあ。チョビがいないのが幸いだったかな……」

どちらがどちらのセリフかといいますと。上が私、下が尻松さんです。

「え?」
お互いに顔を見合わせて

「……いや。。。まあチョビがいたからって、泥棒を撃退してくれるわけじゃないかもしれんけど、でも犬嫌いな泥棒なら逃げるかもしれんし……」
が私の主張。

「チョビが一人で留守番してて、もしか入って来た人に何かされたらって思うと……」
が尻松さんの主張。

ううん。
さすが尻松さん。チョビ執事です。チョビの身を案じる気持ちが先に出てくれるとは。
それに比べて私ときたら、もう尻松さんのお心と比べると、ただの人非人です。

はい。

反省して、これからはちゃんと鍵をかけて外出します。

チョビ。
ごめんね。

Picforwebsitekeanureeves
↑今日のキアヌ。インフルエンザの高熱に苦しんでいます。かわいそう。。。


↓熱があるのにファンの求めに応じて写真撮影。汚いかもしれんけどいい人だなキアヌ。
人気ブログランキングへ

| | コメント (6)

2010年12月15日 (水)

悲しい知らせ

今日も氷点下の寒さです。
頭のてっぺんからつま先まで凍り付きそうになりながら、小1時間チョビとお散歩して帰宅したところ、私を担当してくださっている編集さんの一人Mさんからメールが。

いつも面白いメールで私のツボにはまりまくり、毎回一度はぎゃははははっと下品な笑いが出てしまうMさんからのメール。
今日は何があったのかな?
とメールを読んで行くと、徳間書店で私が初めて雑誌の連載をさせていただいた時の雑誌編集長であり、その後文庫ではないソフトカバーの書籍を出版させていただいた時に、局長として私を励ましたり一緒に笑ったり、時にはダメ出しもしてくださった大恩人、堀口さんが突然亡くなられた、という知らせでした。
あまりの衝撃に何をどうしたらいいのかわからないながら、必死でお返事を書いたんですが、ただただうろたえるばかりです。

ついさっきチョビと散歩をしながら、今日はチョビちょっと歩くスピードが遅いなあ。でも、こうやってゆるやかに年を取って、ゆるやかに人生(犬生?)を歩いて行くんだなあ。
生き物って、すごいな。
多分順番からいうと、チョビが先に私を置いて行ってしまうんだろうけど、その時私はどうするんだろうってばっかり考えていたけれど、チョビはどうなのかな。
チョビもだんだんと自分の歩みがのろくなって、だんだんと残された時間が少なくなっていくのを感じたりするのかな。
それでも動物は全てをありのままに受け入れてるんだな。
私もこんな風にゆるやかに年を取って、色んな事を穏やかな気持ちで受け入れて生きて行きたいなあ。

なんてことを、つらつらと考えながら歩いていたんです。
そうしたら、帰宅して堀口さんの訃報にふれ、今は最初の衝撃からは立ち直りましたが、最後に堀口さんがご家族でNYを訪ねていらした時に、滞在されていたホテルのロビーでお目にかかった時の事を思い出し、ハラハラと涙がこぼれました。
最近は、色々と健康的に問題がおありだったのか、入退院を繰り返されていたと訊いていましたが、堀口さんは晩年どんな風に考えていらしたのかしら。
こんなに突然亡くなられるなんて、私たちはもとより、ご家族もご本人も思ってもみなかったのではないかと本当に胸が痛みます。

私の書籍のあとがきを読んで、堀口さんが「うまいなあー」って言ってくださったと、後にMさんから聞き、『堀口さんは滅多にそんな風に褒めないんですよ』と教えていただいて、本当に本当に嬉しかったことを思い出します。

まさしく古き良き時代の編集者としての人生を生きられた堀口さん。
私がビートルズの大ファンだというと、すごく喜んでくださって、たくさんたくさんCDをプレゼントしてくださいました。そしてお歌もとってもお上手で、リクエストするとすっごく渋いお声でエリック・クラプトンを唄ってくださいました。

どうか安らかに、と今はただただお祈りするしかありません。
できればもう一度お会いして、お礼を言いたかったです。
でも、私は小心者なので、できれば枕元に出るのは勘弁してくださいね。

なんて不謹慎なことを言っても、堀口さんなら笑って許してくれそうです。

ありがとうございました。
本当に、ありがとうございました。

Keanu_reeves
↑今日のキアヌ。二度目の写真ですけど、私が一番大スキなキアヌの写真を、堀口さんに捧げます。


↓勝手に捧げられたキアヌの立場は一体。
人気ブログランキングへ

| | コメント (9)

2010年12月13日 (月)

えー。ジョナサンでございます。

本日はランチミーティングでした。
場所はトライベッカのNOBUで。
ミーティングのお相手は、トライベッカの日本食レストランで出会った日本語ペラペラジョナサン。
ミーティングの内容は……。ちょっとナイショです。

ちょっと早くついてしまったもんで、ボーっと携帯をいじりながら待っていたんですが、やっぱり待ち合わせの相手がジョナサンって名前で見た目もモロアメリカ人で……ってことで、頭の中は英語レディー状態。
なのに、ちょっとよそ見していた時に
「れいこさん?」
と声が。
振り返るとそこにはジョナサン。

「えっ!あっ!うわっ」

ってなりました。
なんかやっぱり何度見ても、彼が日本語ペラペラなの見るとぎゃってびっくりします。

でまあ、色々日本語でおしゃべりしまくったんですが、彼、北九州の高校で学ラン来て通学してたそうです。
学ラン、ってああた……。

「いや。学ランです。目立ちまくりですよ。マジヤバいっすよ」

うう。マジヤバイか。そうか。でもそりゃ目立ったろうねえ。
で、なんで北九州に留学?

「それがね。長い話になるんですが、まあ長い話を短くするとですね」

もうホントにまるで日本人です。
日本語を話す彼は、物腰も完全に日本人。
そして、その後ビジネスの話に入ると突然英語になったんですが、ガーと英語で話しまくった挙げ句、最後に「……と僕と英語で会話するの変な感じします?」と訊かれました。
ええもう。ものすごく変な感じしますとも。

ジョークもギャグも完全日本人なジョナサン。
日本の友達には『ジョナ夫』とか『ジョナ』って呼ばれてるんだそうで、これからお気に入りのキャラになりそうなので、ジョナから早速ご挨拶ビデオをせしめてきました。

そうそう。
彼、最近翻訳とか通訳とかのビジネスを始めたんですよ。
その宣伝ビデオなんですけど、いやー、面白かった。

そもそも『じゃまず英語で挨拶して、それから日本語で行こうか』って話だったのに、緊張したのかテンパったのかジョナサン。

いきなり……
ではまずテイク1。

↑テイク1。

編集する?って訊かれてチョー適当に「ああするする」って言ったけど、ウソマルバレでした。

で、次テイク2。がんばれジョナ夫。

↑なんかあらぬ方を見てるような気が……。

えーこんにちは。 ジョナサンでございます。 で笑っちゃったけど、最後の笑顔がカワイイですね。 では、ニューキャラのジョナサン。今後ともよろしくお願いいたします。

20101208_reevesninja_190x190_2
↑今日のキアヌ。コレも目がイってるなあ……。

↓ジョナ夫。社長なんですね。
人気ブログランキングへ

| | コメント (4)

2010年12月12日 (日)

あの人は今

あの『小汚いイケメン』騒動(?)が意外な反響をよんでおりまして、知り合いからも多数『で、実は誰だったの?キアヌ?それともただのホームレス?』(並び称されるあたりが……)って問い合せがありました。

ホントにホントに、その場で確認できなかったのが悔やまれてなりません。
キアヌぽいけど実はホームレスだった、ってことならそれはそれでかなりなネタになったのに。

ということで、んじゃあキアヌは今どこにいるんだ?
と思って捜してみました(?は?)

するといましたいましたキアヌ。
ていうか、12月4日の時点では彼はモロッコのマラケッシュに潜伏していましたよ(いや。堂々といたのか)。
なんとかフィルムフェスティバルに出席していました。

Keanureevesmarrakechfilmfestival01
↑完全に目がイってます。大丈夫、キアヌ?

Keanureevesmarrakechfilmfestival07
↑アゴのあたりのヒゲ、ただたんにボーボーですよね……。全然トリミングしてませんよね……。(それにいつ頃シャンプーしたのかな……)

Keanureevesmarrakechfilmfestival08
↑集中力ゼロな顔。

Keanureevesmarrakechfilmfestival04
↑スーツの裾をお姫様のようにつまんでますね……。

Keanureevesmarrakechfilmfestival03
↑この人はこの、ズボンの裾が妙な案配になることに、何かこだわりを持っているんでしょうか?
もっと言うなら、キアヌ、なぜその服にその靴?なぜ?(隣りのおじさんも、ジーンズ短すぎ)


彼ぽいようなホームレスぽいような小汚いイケメンを目撃したのが一昨日だから、その後ニューヨークに戻っていた可能性はありますよね。。。

いや。

ていうか、その前に、キアヌなのかホームレスなのか、ていう選択肢以外に『ただの普通の人』っていう選択肢はないのか?という素朴な疑問が。



↓最後の写真なんて、多分4日ぐらいシャンプーしてないぽい。。。
人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

2010年12月11日 (土)

クリスマスぽい夜に……

チョビのお散歩で、夜のロックフェラーセンターやタイムズスクエアをうろついた後、我が家の近所にもカワイイクリスマスデコレーションがあったんです。


↑クマがマシュマロを焼いています。ほのぼの。

この季節になると色んなオフィスビルのロビーに、こういうクリスマスデコレーションが飾られてどんどんクリスマス気分が盛り上がってきます。

寒いけど華やかでソワソワするねえ。
なんてチョビに話しかけながら、角を曲がってお家まであと3分。
ふと通りの反対側に立っている男性に目が行きました。

日本食レストランの前に立って、携帯をいじりながら煙草をふかしています。
このクソ寒いのに、グレーのジャケット一枚に小汚いジーンズ、ダサいスニーカーぽい汚い靴。髪の毛はボサボサ。顔はヒゲボーボー。
煙草をブカブカブカブカ吸いまくってます。

遠目に見ても、ものすっごくダサくて小汚いけど、かなりなイケメン風。
いやー。イケメンだわ。こりゃ得した。もっとじーっと見てやれ(←すでにおっさん)。

じーー。 じいいいいいいいいいいいいいいいいいーーーーーーーー。

…… うーん……。 いや。 まさか。 いくらなんでも。
ねえ。。。。

しかし、すっごくイケメンで、すっごく小汚くてすっごくダサいあの姿。

なんか。

毎日写真を眺めているあの人に似ているような気も……。

いや。
違う。
まさかいくらなんでも、こんなミッドタウンのイーストサイドの、誰にも知られていないようなあんまり美味しくない日本食屋に、彼が……?

いや。 いやいやいやいや。 違う。 よね……。


Infphoto_1298154
↑今日のキアヌ。ま、まさしくこんなんだったわ……汗

↓真相は闇の中……。(←意外に気弱で近寄って確認できんかった人)
人気ブログランキングへ

| | コメント (6)

2010年12月10日 (金)

毎年のことながらクリスマスライトだ

田舎と呼ぶと必ず「ブルックリンは田舎じゃない!」とポールに抗議されますが、まあ田舎とまでは言わなくても、郊外っていうか、町外れっていうか、そういう位置づけのブルックリン・ベイリッジ。

裁判長兄のロケンロールライブを聴いた後、ベイリッジのクリスマスライト見学にさくっと連れて行ってもらいました。

Img_0675
 ↑なかなか派手ですね。

Img_0677
↑おお。一色でシックですね。

Img_0678
↑ライトもシックだし、なんといっても大邸宅ぶりに感動。

Img_0679
↑青。綺麗だわー。

Img_0681
↑一番派手なお家。イタリア系のお宅だそうです。

Img_0683
↑正面からも派手。

このあたりは毎年見に行くダイカーハイツの超ド派手クリスマスライトに比べてちょっとおとなしめですし、そもそもあまり人通りがなくてとっても静か。
コレ、全部設置するのに何時間ぐらいかかっておいくら万円ぐらいお金がかかるのかな。。

Img_0684
↑シメはベラザノブリッジで。キレイだなー。

地味なような派手なような、微妙な位置づけのベイリッジクリスマスライト。
観光客が一切近寄らないはずだったのに、最近はダイカーハイツのクリスマスライトツアーの途中に、ここに立ち寄るツアーが組み込まれ始めているそうです。
観光バスにでも乗らないと、普通あまり立ち寄らないエリアなので一度参加してみても良いかもです。



Keanu3
↑今日のキアヌ。クリスマスは誰と過ごすのかな。


↓サッドキアヌクリスマスバージョンが見たい気も。
人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

2010年12月 9日 (木)

John Lennon the tea maker

今日はジョン・レノンが自宅前で射殺されてから、丁度30年目です。
確か時間も夜おそく、彼とヨーコさんがレコーディングスタジオから自宅に戻った夜だったんじゃないかな。
いつもだったら中庭までタクシーで乗り付けていたのに、何故かこの夜に限って自宅前で車を降り、そこで殺されてしまいました。

彼が生きていたら今年10月に70歳になっていたんですね。
すっかりその存在を忘れてましたけど(ヒドい)彼と同い年のリンゴ・スターは今年の7月7日にすでに70歳になっていたんだなあ。
こうやって考えると、マイコーとかジョンとか、なんとなくじいさんになった姿が想像できない人って、そうなる前に居なくなっちゃうのかな、なんて思ったりします。(特にマイコーはじいさん姿想像するのムリ)

十年前までは毎年この日にはダコタハウス前や、ストロベリーフィールドに出向いていたんですがいつの間にかいかなくなってしまいました。
一つは『チョー寒いから』なんですが、もう一つの理由はこの日のストロベリーフィールドに行くと、どうも怪しい煙がもうもうと立ちこめていて、どうにも私の苦手な雰囲気がたちこめているからです。
ジョンが亡くなって20年目。つまり10年前に出向いたのが最後だったんですが、あの時は確か大声でなんかみんなで唄ったんです。Give peace a chanceとかHappy Xmasとか。
いかにもな感じでちょっとこれまた私の苦手な雰囲気だったんですけど、一応ベンチに立ってどうせやるならとことんやったる、って大声で歌いまくって帰ってきました。

今年のストロベリーフィールドの様子がテレビにうつってますけど、なんかものすごい盛り上がりようで、泣きながらインタビューに答えてる人とかもたくさんいます。
ああ。
いかなくて良かった。

で、今年はしんみりとこんな記事を読んでジョンを偲ぶことにしました。
ヨーコさんの書いた記事を翻訳してみましたので、皆さんも読んでくださいね。

************************

John Lennon the Tea Maker

************************

この日の夜半過ぎ、私とジョンはダコタハウスのキッチンにいました。
3匹の猫、サーシャ、ミーシャ、そしてシャロがお茶を煎れているジョンを見上げていました。
サーシャは純白、ミーシャは真っ黒、二匹ともとても美しく気品のあるペルシャ猫でした。一方、シャロはちょっとヌけた風貌でしたが、ジョンはシャロを特別に可愛がっていました。
『キミはなんとも味のある顔だねえシャロ』と言ってはシャロの頭を撫でたものでした。

「ヨーコ、ヨーコ、お茶を煎れるときはまずティーバッグをいれるんだよ。それから熱いお湯を注がなくちゃ」
ジョンはイギリス人として、常にお茶の達人としてふるまっていました。ですので、私はお茶を煎れるのはやめていつも彼に任せていたんです。真夜中に、静まりかえった家の中で、ジョンが煎れてくれた熱いお茶をすするのは、とても素敵なことでした。

とある夜のことです。
ジョンがこう言いながらやってきました。
「ミミ伯母さん(ジョンの育ての親)と話をしたんだけどね。ミミ伯母さんが言うには、まずお湯を注いで、それからティーバッグを煎れるのが本当だって。誓っても良いけど、ミミ伯母さんが僕に教えてくれたんだよ。まずティーバッグをいれて、それから熱いお湯を煎れなさいって。でも……」

「……ということは、私たちずーっと間違った煎れ方のお茶を飲んでたってこと?」
「う、うん……」

二人で大笑いしました。
それは、1980年のことでした。
そして、私たちのどちらも、これが一緒に過ごす最後の年になるなんて思ってもみませんでした。

もし彼が生きていれば、今年で彼は70歳になっていたはずです。
けれど、人々はもう彼がこの世にいるのかいないのかを問題にはしていません。ただただ彼を愛し、彼らの愛の中にジョンを抱き続けています。そして今日、世界中から、彼のたった40年という短い生涯で、どんなに多くのそして素晴らしいものを彼が与えてくれたかを感謝する言葉を受け取りました。

彼が私たちにくれた一番大切なものは、言葉ではなく行動です。彼は真実のみを信じ、そして常にそれを訴え続けていました。

私たちがジョンからもらった一番大切な事は、言葉ではなく行動でした。
彼のそんな行動や主張が、一部の人たちを怒らせたこともわかっています。ですが、それがジョンでした。彼はジョン・レノンで在り続けることしかできなかったのです。もし彼が生きていたなら、彼は今でも皆に声が届くよう、叫び続けていたことでしょう。真実こそが大切なのだと。何故なら、真実を知る事無く、今のこの世界の平和を得る事はできなかったからです。

今日という、彼が真実の探求者であり、伝道者であるが故に殺されてしまった日から数えて30年目のこの日に、私がただ思い出すのは、二人でお茶を飲みながら大笑いした夜のことです。

『ティーンエイジャーは帽子が落ちても大笑いする』ということわざがあります。
ですが今日では、多くのティーンエイジャー達は互いに怒り、哀しんでいるように思えます。ジョンと私はあの夜、ティーンエイジャーからはほど遠い年齢でしたが、私たちがただただ一緒に大笑いしていた普通のカップルだったことだけを今も鮮やかに思い出します。

ヨーコ・オノ・レノン
12.08.2010
Jyks
↑私もこんなカップルになりたいな(誰と?)。



Ufu14a1czcyylbymwfcx
↑今日のキアヌ。この人、ダコタのご近所さん。


↓うわー。キアヌうらやましい。私もダコタの近所に住みたい。
人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

2010年12月 8日 (水)

寒いけどキレイ

いよいよクリスマスということで、各デパートもウィンドーディスプレイがクリスマス仕様に。

チョビとのお散歩の途中で一番近所にあるLord & Taylorに寄り道し、ディスプレーの様子を見てみました。

今年はまた一段と凝ってました。
なんか、破産寸前だったはずのロードアンドテイラーなのに、大丈夫なんでしょうかね、こんなにお金をかけて……。


↑背後は5番街。バスの音やらなんやらでうるさいです。

せっかくなのでもういっこ。

↑こんな感じのディスプレーが5つほど並んでます。

いくらぐらいかかるのかな、コレ作るのに。

一億円ぐらいかな。

Zdxzfkujnuenzrg2biky

↑今日のキアヌ。こういうの見ると『おお。ハリウッドセレブなんだ』って思い出します。でもなんかやっぱり汚い感じ……。


↓このビデオ撮ってる間に、手が凍ってモゲるかと思いました。
人気ブログランキングへ

| | コメント (1)

2010年12月 7日 (火)

ゾウについて

昨日のゾウ大乱痴気騒ぎについて、皆さんの共感怒りのコメントをいただきわたくしとっても勇気づけられました。

で、ドアマンにねじ込みにいったんです。
どないなっとるんじゃい!
って感じで。
すると、先日ゾウは階下だよと教えてくれたブライアンさんが言いました。

「オー。もちろん。昨日はすごかった」

や、やっぱり!

「とんでもなかったよ。100回ぐらい文句の電話で」

いや。電話の回数より、あの騒音がとんでもないと思うんですが、実際上の階に上がってみたんですかね?

「僕は行かなかったけど、何回インターフォンをかけても誰も出ないから、もう一人のドアマンが直接ドアをノックしたんだけど」

ノックしたんだけど?

「とんでもない乱痴気騒ぎで、誰も注意を払ってくれなかったらしくてねえ」

らしくてねえ……て。

「他にも同じ階の人が怒鳴り込んだらしいんだよ」

ほうほう。それで?

「でもあまりの大音量で、怒鳴ってる本人も自分の声が聞こえないぐらいだったらしくてねえ」

らしくてねえ……って……。

「結局、誰かが警察に電話したらしいんだけど、警察が来た頃には乱痴気騒ぎが終わっていて」

おお。警察に!素晴らしい!

「彼らはまだ引っ越してきたばかりで、このビルのルールを知らない連中らしいんだ。このビルでは、ウィークデーは11時まで、ウィークエンドは1時までがパーティーの限度。それ以降は禁止されてるんだよ。守らなかったら何百ドルかの罰金なんだ」

へええええええええええ。それは私も長年このビルに住んでるけど、全然知りませんでした。

「管理会社から明日週明け早々に連絡が行く事になってるよ。もしもう一度同じことをやったら確実に罰金だし、もっと厳しいことになるかもしれないねえ」

あーそう。
それをきいて安心しましたよ。
いくらなんでもアレはないですもの。

で、今日の夕方。
お隣の部屋の御主人とドアの前でばったり会ったので、ちょっと訊いてみました。

「昨日、スゴい騒音だったけどお宅どうでした?」

オオオオオオオオオオオオオオオ!!!

インド人の御主人。
もう思いっきり両手を広げて目をグリグリーっと広げて大アクション。

「アレはヒドかったヒドかった!!!とんでもなかった!びっくりしたよ!!」

やっぱりねえ。だってお宅の真上ですものねえ。

「いやー。参った。妻と帰宅したのが12時だったんだけど、最初はあそこまで酷くなくて、まあそのうち静かになるかな、って思ってたんだよ。それがおそくなるにつれ、どんどんどんどん酷くなって……。いや全く眠れなかった!キミの家にもきこえていたの?」

いやきこえていたなんてもんじゃないですよダンナ。
家の壁まで揺れてましたよ。

「オーやっぱり!家のバルコニーに出て見上げたら、ミラーボールの光みたいなのが見えていたよ」

ミラーボールまで!

「ラウドスピーカーで男がずっと怒鳴っていた」

あれはただ怒鳴ってる男じゃなくてDJだと思うんですが。

「文句を言おうかどうしようかすごく迷ったんだけど、僕たちまだ引っ越して来たばかりなんで、どうしたらいいかわからなくて……」

いや御主人。
引っ越して来たばかりでもなんでも、あの大騒ぎを真上の部屋でやられたら、誰でもブチ切れしますって。
意外に気が長いんだなインド人って。

「そうか。でも管理会社がちゃんと処理してくれるなら安心だね」

ええ。ルールを守らなかったら罰金らしいですよ。

「へー。罰金」

うん。罰金。

「で、その罰金は誰がもらうのかな?」


え………………さあ……そういえば、誰かな……。


「管理会社がもらうのかな……」

も、もしかして、そうかな。。

「じゃ、僕たちは別にうれしくないねえ」

はあ。まあ。

「でもまあ、静かになるなら。まあ。いいかな」

う、うん……。まあ……。

「でもなんだか納得いかない気もするな……」

ホントになんだか納得いかん思いでいっぱいになり、
お隣のインド人ダンナと二人、しばし沈黙してしまいました。

Tommy
↑今日のキアヌ。若くてカワイイなあ。コレが将来道ばたでゴロ寝するオヤジになるなんて、夢にも思えません。

↓管理会社まるもうけ?
人気ブログランキングへ

| | コメント (4)

2010年12月 5日 (日)

ゾウのパーティー

もう、昨夜はあまりにもびっくりして思わずブログ書かずに寝てしまいました。 というか、眠れませんでしたけど。

というのはコレ。

↑スゴすぎました……。

このところなりを潜めていたゾウが、突然の大乱痴気騒ぎ。
スゴかった。
あまりのスゴさに思わず確認にいってしまったんです。

まずは先日のドアマンの言葉を信じて下の階に行ってみましたが、エレベーターを降りた瞬間から『これは違うな』と。 だって、物音一つしないんですもの。

いや。
当たり前ですけど。
夜中の1時半でしたから。

こりゃ違うな、と思い、次は上の階へ向かったんですが、もうエレベーターを降りる前から『ここじゃ』と思いました。
それぐらいの大音響だったんです。
そして、エレベーターのドアが開いた途端、廊下にまで響き渡るものすごい音・音・音の洪水。
廊下には、パーティーを出て来たばかりとおぼしき酔っぱらいカップル一組。彼女の方はまっすぐに歩けないほどの泥酔状態です。
あーあーあー……。

そして、この騒ぎはなんと午前4時まで。
どうしてお隣の部屋とか同じフロアの人が苦情を言わないのか謎。謎です。
もしかしてすっごくエラい人が住んでるとか? 有名人とか?
でも、だからといってあの騒ぎを我慢するなんてアメリカ人らしくないです。
昨日はDJまで入っていたので、真剣勝負のパーティーだったみたいです。

しかし。 あの騒ぎを我慢したとはやっぱり到底思えないので、もしかして向こう三軒両隣空家……?


Keanu_reeves_bydgoszczy_47758425b15
↑キアヌのパーティーなら。……許す……。かなあ……。ていうか、何してるんですかキアヌ?

↓今度ゾウDJが来たら怒鳴り込んでやる。
人気ブログランキングへ

| | コメント (10)

2010年12月 4日 (土)

引き続き

みなさーん。
御誕生日お祝いメッセージをたくさんいただいて、本当にありがとうございます!
御陰さまで無事19歳の初日を終える事ができました。

……というのはウソで、実は昨夜お腹が風船のようにふくれ(ホントに!)、もうお腹破裂死するんじゃないかと思いました。
実を言うと最近セラピーで皆さんに『炭水化物はダメですよー』とか『食事は一日6回、少量ずつにわけてください』とか言いまくっているうちに、炭水化物女王だった私も炭水化物を取らなくなりましてですね(食事は元々少量を数回にわけて食べるタイプだった)、昨夜も7コースディナーではありましたが、懐石の少量皿ばかりだったのんでなんとか食べ終えることができたんです(つまり大食漢のポールは、コース終了後もハラペコだった)。
帰宅後も食べ過ぎたという感じは全く無かったんですが、小1時間ほど経った頃から、突然腹部に異様な膨張感が。。。。

いやー。アレは何だったんでしょう?
外から見てもびっくりするぐらいお腹がポンポコリンにふくれあがり、今にも破裂するんじゃないかと思うほどでしたし、実際苦しくてイスに座っていられない感じでした。
最後にサービスしていただいた梅酒が、お腹の中で化学変化を起こしたんでしょうか?
今だに謎です。

というアホ丸出しな19歳の一日目でしたが、今日はコンちゃんとの久しぶりのディナーでした。二人で行くならやっぱり大笑いできるあそこだね、と決定したのはウエストビレッジにあるEN(えん)。オシャレで美味しい日本食レストランです。

なぜそこで大笑いできるかというと、それは一人のウェイターくんのお陰。
彼の名前はジョナサン。
なんで彼のお陰で大笑いできるかというと、それは彼が日本語ペラペラだからです。日本語ペラペラだから大笑い、って失礼な話なんですが、彼、本当にどこからどう見てもアメリカ人なんです。若くてカッコいい黒人男子なんですよ。なのに、ひとたび日本語を喋り出すと突然腰が低くなり、物腰も表情も完全に日本人化します。
何かというと「あ。すみませんすみません」って言うし、その度ペコペコ頭下げるし、私とコンちゃんがキャーと笑って「に、日本人ぽいっっ」と騒ぐと「いや。前はもっと日本人ぽかったんですけど、今はかなりアメリカ人ぽくなりました」とか言うんです。その時の仕草も完全に日本人。
彼は高校時代に1年半日本に留学していたんだそうですが、そのたった1年半の間にここまで日本語ペラペラになるとは!

「いや。もう死ぬほど勉強しましたから」

死ぬほど!!!ぎゃははっはははっっはは!!
もう何を言われても大笑いしてしまう19歳の私とコンちゃん。箸が転がってもおかしい年頃なんです。

で、ちなみに日本のどこに留学してたんですか?

「え。は。北九州」
自分でブフッと吹き出しながら言うジョナサン。

き、き、北九州!!
ぎゃはっはっはっははっははっっっはっは!!
もうほんと、失礼な事この上ありませんが、もうこうなってきたら彼が何を言っても笑うしかありません。
ていうか、彼がテーブルに近寄って来ただけでゲラゲラゲラゲラ笑いっ放しの私たち。
そんな失礼なおばさん二人組に嫌な顔一つせず、とっても愛想良くふるまってくれる好青年なジョナサンです。

とにかく、咄嗟な反応も全て日本人になっているジョナサンは、実は翻訳や通訳(同時通訳もできるんですと!!)が本職で最近ニュービジネスをたちあげたそうです。
そのうち私の本を翻訳してくれないかなー。
喋るだけじゃなくて読み書きもできるなんて、ジョナサンすごい!
ほんとに死ぬほど勉強したんだろうな。
エラいぞジョナサン!

そしてコンちゃん。
「彼、きっと日本でめちゃくちゃモテただろうねえ。ジョナサンって名前、覚えやすいし」
うーん。コンちゃんにしかできないコメントです。

Img_0593
↑今日もキアヌアイス!

Img_0595
↑そしてジョナサンとツーショット。


011210_395b15d
↑今日のキアヌ。御誕生日のお祝いに、コレが玄関前にいたらどうだろう……。うれしい。……かな……。



↓今日のバースデーウィッシュは『チョビが元気で幸せに長生きしますように』でした。
人気ブログランキングへ

| | コメント (5)

2010年12月 3日 (金)

ありがとうWポール!

今日は私の19歳の御誕生日でした。 お友達やリン母からメールでお祝いを言ってもらったりカードメールが届いたり電話をもらったり。 元気に今年も一歳年を取れたことに感謝。 来月はチョビの16歳の御誕生日だし(そっちの方が大事なのか)、二人で仲良く元気なばあさん目指します。

↑ありがとうポール!

こっちのポールが私の為に(は?)ハッピーバースデーを唄ってくれ、もう一人のポールがお誕生ディナーに連れて行ってくれました。
ありがとうもう一人のポール!

Img_0564
↑茶碗蒸しに始まる7コースディナー。

Img_0569
↑めんどくさいのでいきなり最後の天ぷら。カワイイ小部屋みたいです。

Img_0574
↑そして御誕生日ロウソクつきデザート。

以前コンちゃんと一緒にレストランウィークで訪れた事のあるこのレストランは、懐石レストラン『Rosanjin』。 サービスも最上級。お料理も最上級。
ヒジョーーーーーーーーーーーーーーーーーーーに美味しく楽しくいただきました。
最後にサービスで出していただいたプラムワイン(つまり梅酒だ)を飲んで今や頭がクラクラ。 酔っぱらったので寝ま〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜す。

Keanubusstop
↑今日のキアヌ。この人、いつもこのバス停に居るけど、地下鉄だけじゃなくてバスにも乗るのかな?

↓せっかくのバースデーウィッシュなのに、咄嗟にキアヌが幸せでありますように、って願ってしまった私って一体。

人気ブログランキングへ

| | コメント (17)

2010年12月 1日 (水)

嵐の日に炊飯器キネシオロジー

今日、ものすごい暴風雨だったんです。
早朝から大荒れの強風。
私のベッドルームの窓はモロ川風に吹きさらしなので、窓がゴゴゴゴゴガガガという音で目が覚め、一旦目が覚めてしまったらもう二度と眠れないほどのスゴい音でした。

部屋中がギシギシいう感じもして、コワいぐらいでした。

なのに。
こんな大荒れの無茶苦茶な日に、ブルックリンまで出かけた私。
アサミちゃんの『炊飯器キネシオロジー』(みたいな感じの名前)というやつを試させていただきに出かけたんです。

キネシオロジーについては私はよくわからないんですが、どうやら億万長者になりたいとかヨン様と結婚したいとか、そういう願いもかなえてくれるらしくて(ホントだな)、今回は腰痛を治療していただくことに(全然違うじゃないかっ)。

で。キネシオロジーについての説明は、私がすると無茶苦茶なことになるのでアサミちゃんのブログを読んでいただくことにして、結果なんですけど、横山ノックとか小沢一郎とかヨン様とかキアヌとか、色んな人がからんで(ウソつけ)きましたが、最終的になんということでしょう、腰痛が軽くなったではありませんか!

いや。
マジで、出かけるときは手を壁につかないと階段の上り下りがおぼつかないような感じだったんですが、帰り道は階段を駆け下りられるぐらいになってました!

キネシオロジーって根本のセオリーはヒプノセラピーと同じなんだな、って思ってましたけど、その過程というかテクニックというか、その辺りは全然別もの。
でも、セラピストがセッションをしている時、相手の人を『癒してあげたい』『手を差し伸べたい』『気持ちを一つにしたい』って思う気持ちは同じなんだなあ、と感じました。
そして、私もアサミちゃんにヒプノのセッションを一通りしてあげたんですが、友達が目の前でじっと目を閉じて横たわっている姿を見る事って、実はあまり無いですよね。
なんだか不思議な感じもしましたし、実はクライアントさんのセッションをしている時も同じ気持ちになるんですが、そうしているとまるで幼子を目の前にしているような、なんとも言えない愛おしさが自分の中にわき上がってくるんです。
コレ、不思議ですけどいつも感じます。

時には友達とこういう『癒しの交換』をするのは、気持ちも通じ合って良いものです。

いや。ホントに風にぶっ飛ばされてメアリーポピンズになるかと思いましたし、駅までの途上『なぜ私はこんな日に出かけようとしてるんだろう』とか『もう帰ろう』とか『遭難するかも』とか散々思ったんですけど、あまりの強風に傘から手を離して携帯に手を伸ばすことすらできなかったので、『やめた』ってアサミちゃんに電話できなかったんです。 でも行って良かった。 次回はアサミちゃんが私のことを億万長者にしてくれて、ヨン様と結婚させてくれるらしいので大期待です。

↑で、嵐の様子。ゴオオオって風の音聞いてください。

Billandted
↑今日のキアヌ。ビル&テッドのビルと。二人とも老けたな。



↓傘が壊れた。

人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »