« おサルなショッピング | トップページ | ありがとうWポール! »

2010年12月 1日 (水)

嵐の日に炊飯器キネシオロジー

今日、ものすごい暴風雨だったんです。
早朝から大荒れの強風。
私のベッドルームの窓はモロ川風に吹きさらしなので、窓がゴゴゴゴゴガガガという音で目が覚め、一旦目が覚めてしまったらもう二度と眠れないほどのスゴい音でした。

部屋中がギシギシいう感じもして、コワいぐらいでした。

なのに。
こんな大荒れの無茶苦茶な日に、ブルックリンまで出かけた私。
アサミちゃんの『炊飯器キネシオロジー』(みたいな感じの名前)というやつを試させていただきに出かけたんです。

キネシオロジーについては私はよくわからないんですが、どうやら億万長者になりたいとかヨン様と結婚したいとか、そういう願いもかなえてくれるらしくて(ホントだな)、今回は腰痛を治療していただくことに(全然違うじゃないかっ)。

で。キネシオロジーについての説明は、私がすると無茶苦茶なことになるのでアサミちゃんのブログを読んでいただくことにして、結果なんですけど、横山ノックとか小沢一郎とかヨン様とかキアヌとか、色んな人がからんで(ウソつけ)きましたが、最終的になんということでしょう、腰痛が軽くなったではありませんか!

いや。
マジで、出かけるときは手を壁につかないと階段の上り下りがおぼつかないような感じだったんですが、帰り道は階段を駆け下りられるぐらいになってました!

キネシオロジーって根本のセオリーはヒプノセラピーと同じなんだな、って思ってましたけど、その過程というかテクニックというか、その辺りは全然別もの。
でも、セラピストがセッションをしている時、相手の人を『癒してあげたい』『手を差し伸べたい』『気持ちを一つにしたい』って思う気持ちは同じなんだなあ、と感じました。
そして、私もアサミちゃんにヒプノのセッションを一通りしてあげたんですが、友達が目の前でじっと目を閉じて横たわっている姿を見る事って、実はあまり無いですよね。
なんだか不思議な感じもしましたし、実はクライアントさんのセッションをしている時も同じ気持ちになるんですが、そうしているとまるで幼子を目の前にしているような、なんとも言えない愛おしさが自分の中にわき上がってくるんです。
コレ、不思議ですけどいつも感じます。

時には友達とこういう『癒しの交換』をするのは、気持ちも通じ合って良いものです。

いや。ホントに風にぶっ飛ばされてメアリーポピンズになるかと思いましたし、駅までの途上『なぜ私はこんな日に出かけようとしてるんだろう』とか『もう帰ろう』とか『遭難するかも』とか散々思ったんですけど、あまりの強風に傘から手を離して携帯に手を伸ばすことすらできなかったので、『やめた』ってアサミちゃんに電話できなかったんです。 でも行って良かった。 次回はアサミちゃんが私のことを億万長者にしてくれて、ヨン様と結婚させてくれるらしいので大期待です。

↑で、嵐の様子。ゴオオオって風の音聞いてください。

Billandted
↑今日のキアヌ。ビル&テッドのビルと。二人とも老けたな。



↓傘が壊れた。

人気ブログランキングへ

|

« おサルなショッピング | トップページ | ありがとうWポール! »

お友達」カテゴリの記事

コメント

読んでいるロンドン野郎も何やら全く訳が分かりませんが、腰痛が軽くなるって、とっても魅力的です。

でも、何故”炊飯器”・・・

高層ビルは、強い風が吹くと本当に揺れるそうです。

投稿: ロンドン野郎 | 2010年12月 2日 (木) 08時35分

キネシオロジーって、レイキとも似ているかも知れないですね!癒し系という点では。やはりハンドヒーリングといった感じですか?私はレイキをやりますが、遠隔でもヒーリング可能なところがレイキの良いだと思います。キネシオロジーも遠隔可能なのかしら…?

投稿: Maggie | 2010年12月 1日 (水) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おサルなショッピング | トップページ | ありがとうWポール! »