« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

Artisanalやっと終わったレストランウィーク

今日はオスカーナイトでしたね。
食事に出かけたので途中からしか見ませんでしたが、見始めてからの結果はほぼ予想通りって感じで安心して見ていました。
特に王様役のおじさん(コリン・ファース様ですね、はい)が、やっぱりなんともいえずかっこ良くて特にタキシード姿が良かったです。
キアヌ来てないのかな?って思って見てたんですが、どうも見当たらなかったような……。
今頃ロンドンで減量中ですかね。

さて。
私のほうですが、この三週間もうこの世の終わりかというぐらい、食べまくりました。
そして本日ようやく最終日。
ご近所のフレンチビストロ『Artisanal』に行ってきました。
タイルの床が美しい、フレンチというよりメキシコユカタン地方の古いレストラン風のArtisanalは実はチーズフォンデュで有名なんですが、私はお酒が飲めないのでチーズフォンデュは全体的に無理。ていうか、食べた事も無いしなんとなく皆から『玲子はお酒が飲めないからチーズフォンデュは無理』といわれ続けたのでああそうなのね、と思い続けて今日に至ります。

Img_1732
↑なかなか良い雰囲気です。床のタイルが好き。

Img_1733
↑とってもフレンドリーでサービス満点だったウェイターさん。

Img_1737
↑チーズフォンデュ食べてる!見てるととっても美味しそうです。

Img_1735
↑バターナッツスクヮッシュのポタージュ。クリーミーでリッチで、トッピングのナッツは香ばしく、そっと入っていたラズベリーちゃんの甘みと酸味が絶妙でホントにホントに美味しかった!

Img_1740
↑Cassouletという名前の何か。ブヒとかお豆とか色々入っていて、チョーリッチ。トッピングはパセリパン粉でカリカリに焼けていて香ばしかったです。リッチで複雑な味付けで、ホントに美味しかったんですが、ガーリック風味がすごくて、現在胸焼け中。結局半分以上残してしまい、タキシードを着たヘッドウェイターさんに『お気に召しませんでしたか?』って訊かれてしまいました。すんません。美味しかったんです。ただ食べきれなかっただけです。

Img_1742
↑デザートのクリームブリュレ。甘すぎずトロトロバニラ風味で美味しかった!!

お食事中、ずっと気になっていたチーズの小部屋。
奥の方にひっそりとあるんですが、中のテーブルで食事をしているグループがいたんです。チーズ部屋でのお食事だから、やっぱりチーズを食べていたんでしょうか。

Img_1748
↑チーズの小部屋。なんとなくカワイイ。

Img_1745
↑腐ってるとしか思えないチーズ達。きっとチーズ好きにはたまらないんでしょうねえ。

Img_1751
↑チーズ売り場。ケーキ売り場ぽくてカワイイです。

Img_1749
↑うーん。美味しそうです。何か買えばよかったかも。

Img_1750
↑フォンデュ鍋。コレは売り物じゃないよね。

Img_1753
↑入り口付近のバーテーブル。ロマンチックですねー。

なかなかロマンチックなレストランですが、ココは女友達と食事に来るのがいいな。
楽しくおしゃべりしながら、美味しいチーズをいただき、チーズフォンデュをつつき(食べてみたくなった!)、美味しいお食事を仲良く分け合うっていうのが合ってる雰囲気のレストランです。次はチーズフォンデュ食べに行こうかな。

Keanureeveshenrycrimepremiere2010to
↑キアヌ、もうちょっと食べないと痩せ過ぎだよ。。。


↓やっと終わったニューヨークレストランウィーク。次はブルックリンレストランウィークだ!!(えっ!?)
人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

2011年2月26日 (土)

Peninsula Hotel★FIVES

胃が重い。
胃が重いんです。
でも、果てし無く食べ続けていますレストランウィーク。

今回はコンちゃんに教えてもらったペニンシュラホテル内にあるレストラン・FIVES。
ペニンシュラホテルといえば超高級ホテル様々。
百年ぐらい前に両親と一緒に行った香港で、宿泊先がペニンシュラのはずだったのに改装工事中とかなんとかわけのわからん理由で、シャングリラというホテルに泊まらされたという苦い思い出があります。(シャングリラもスゴく良かったけど、ペニンシュラに泊まってみたかった……)

もうラストスパートに入ったレストランウィーク。
ほとんど無理矢理食べてます。
この日もかなり胃が重かったんですが、意地ですよ意地。
それと貧乏性と食い意地。コレだけでもってる感じです(そこまでするか……)。

あーでも、FIVESすごく良かったです!
私ホテルが大好きなんですよ。ホテルのあのちょっとソワソワした感じとか、旅先ぽい雰囲気とか、あと無駄遣いぽい雰囲気とか(?は?)。
ホテルの入り口を入って左手の階段を上がってすぐの中二階みたいなところにあるFIVE。
もちろんこの日のディナーパートナーは、靴下ポール。
珍しく白シャツにチノパン、黒い革靴という出で立ちです。一応高級ホテルのレストランってことで、気を遣ってきたのか、手靴下袋も見当たらず。
一方私も一応少しだけオシャレしてみました。
ミニスカなんて履いてみて、ハイヒールなんて履いてみたんですが、途中百万回ぐらい足首がグネッてなりました。地下鉄の階段やプラットフォームも走れないし、やっぱりニューヨークってハイヒールは向かない街ですね。

さて。
本日のお食事。
どうせ胃が重たいついでにドスーとヘビーな物食べてやれ(なんで?)と思い、前菜はビーフタルタル、メインはブヒ煮込みにしました。
うう。思い出しただけでまた胃が重く……。
いや。
でも、無茶苦茶美味しかったです。それはホント。
私の胃の状態とは関係なく、とっても雰囲気が良くサービスも最上級、そしてお食事も文句無しの美味しさ。

Img_1693
↑良いレストランはパンもバターも美味しい。

Img_1695
↑焼いたフランスパンにのっけて食べるビーフタルタル。いやー美味でした!さらに胃が重くなりましたけど、超美味でした!

Img_1696
↑ポテトスープと靴下をはいていないポールの手。スープはクリーミーで大変美味しかったそうです。

Img_1697
↑ブヒ煮込み。いやー。コレはウマかった!!ゴマの風味が香ばしく、添えられたお野菜もなんか知らんけどブヨブヨヨとした白いブニブニのモノとかヤムポテトのマッシュドポテトとか、最高に美味しかったです!

Img_1699
↑ポールのチキンポットパイ。見ているだけで胃が100kgぐらい重たくなりそうでしたが、ポール曰く『あっさりして香ばしくてベリーグッド』だそうです。ちょっと天津丼にも見えますね。

Img_1700
↑なんだっけか名前を忘れたんですが、ナッツ風味豊かなデザート。さすがに全部食べられませんでした……。緑色のはアップルシャーベット。爽やかな口当たりでサクーと食べました!

Img_1701
↑ポールのココナッツフルーツケーキ。ココナッツが苦手な私はパス。でもふわっふわで美味しそうでした。

とってもとてもお食事がおいしくて落ち着いた雰囲気が素敵なFIVESですが、何故かこの日食事をしていたのは、私たちともう一組の二組だけ。
スーツを着たウェイターのおじさんがとても寂しそうにやってきて
「1年中$35のプリフィックスメニューがあるので、また是非来てください」
と教えてくれました。
おお。そんな素敵なメニューがあるなら、また是非来ます!

私、こういう静かで落ち着いた雰囲気のレストラン大好きです。
最近NYで流行の巨大スペースで暗くて人がたくさん居て全員がガーガー大声で喚いてるレストランもたまには楽しいんですが、基本的に年寄り臭い静かで落ち着いたレストランの方がグーです。
そんでもってそんなにお手頃値段で高級ディナーがいただけるなら、是非是非また来ます!
ホテルの中に入ってるレストランって、ちょっと見つけにくい感じですが、是非一度お試しください。
寂しいウェイターのおじさんが、大歓迎してくれると思います。

Img_1694
↑閑古鳥が……。

Keanureeveskeanureevesoutlondonjyiz
↑今日のキアヌ。コソコソッとした感じがとても似合ってます。

↓あと一回レストランウィーク!!がんばれリンコ!!
人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

Ma Peche★MILK BAR

もうホント、贅沢な話なんですがそろそろ外食に疲れてきましたわたし……。
でも、なんかすでに意地になってます。
レストランウィークも今週末で終了。
あと二回は飽食しなければ。
で、あと二回レストランウィーク報告におつきあいくださいね。
で、その前に、ゆみちゃんえみちゃんと一緒にランチしたMa Pecheのミルクバーで、昨日いちご牛乳とコーヒー牛乳とクッキー5種類6個ゲットしてきました。

Img_1702
↑全部で6種類あったんですが、どうしても美味しかったコーンクッキーが気になって、二個買ってしまいました。牛乳の写真撮り忘れ。ちっ。

ここのクッキーも牛乳も、ホントにホントにお薦めです!
ちょっと甘めだけど、イチゴ牛乳なんてモロイチゴの味。掛け値無しホントのイチゴの味がします!キンキンに冷やして飲むと、ああ、懐かしいお母さんの味(なんじゃそりゃ)。
美味しくて美味しくて、真夜中にゴクゴクゴクゴクゴブゴブゴブーッッと一気飲みしてしまいましたよ。

そしてクッキーちゃんたち。
私的にナンバーワンフレーバーは、もちろん『コーン』と、もう一つこりゃうまい!となったのが『ブルーベリー&ミルク』です。しっとりとした食感と口の中でホロホロと溶ける様な感触。ぱああーっと口に広がる甘さと香ばしさとミルクの風味。
ああ、たまりません。
一枚2ドル。だったかな。これは食べなきゃ損!是非お立寄りください。
Ma Peche
17 W 56th St.
間口が狭いのでちょっとわかりにくいですけど、でっかい旗が出ているのでそれを目印に見つけてください。
オンラインで注文もできるみたいですよ。
momofuku.com/milkbar
でどんぞ。
お。このオンラインショップのアドレス、ブルックリンだわ。
しかも前のお家の近所ぽい。

ああそれにしても、この甘いのにコーンスープの味わいがあるコーンクッキー。
病み付きになりそうです。
そうそう。ゆみちゃんえみちゃんが食べていたチョコクッキーも、しっとりしてやわらかくて濃厚で風味豊かなホントに美味しいチョコ味でしたよ!あまり変わった味が好みじゃない人には、チョコクッキーが良いですね。
うう。
食の道って尽きないわ。
もっと胃が丈夫ならヨカッタのにー。

Keanureeveskeanureevessetwxpqrutpwt
↑今日のキアヌ。キアヌとは、是非牛乳の買い食い(買い飲み?)を一緒に。(←キアヌはイチゴ味で)


↓コーヒー味も美味しいぞ!!
人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

2011年2月24日 (木)

特別にスペシャルでウルトラな女子ランチ会

あー。今日はホントに得した。
ホントに楽しかったです。

ええ。
昨年『異業種交流会』で出会った『ニューヨークの遊び方』のりばてぃさんと、やっぱり昨年KDDI mobileの座談会で出会った女優の池端えみちゃんとランチでしたんですのよ。
超美女の二人とランチ。
先週からドキドキでした。うっひひひひ。(←すでにおっさん化)

そもそも二人と知り合ったのも似た様な時期だったし、二人ともホントにホントに超美女で才能があって、しかもその二人は前からの仲良しさんだったことも判明し、「一緒に御飯しようね」なんて言い続けながら一年近くなんとなくタイミングを逸していたんです。
それがつい先週、えみちゃんからツイッターで「ゴハンしましょ」って誘ってもらい、「じゃゆみちゃん(りばてぃさんね)も一緒に!」と一気に話が決まったわけです。
なんかこう、昨日から「何を着ていこうかな」とか「どんな話をしようかな」とか「バカがバレないようにするにはどうしたらいいかな」とか、まるで初デートに出かける少女のような気持ちでした(いやマジで)。

そして今日。
朝寝坊した私は、シャワーを速攻で浴びてチョビのお散歩もウ○チのみで即帰宅。
死ぬ程慌ててタクシーに飛び乗り、はっと気がついたらまるで木こりみたいな服装。髪の毛もまるで花輪君↓。

Hanawa01

まあもうしょうがない。見栄を張っても仕方ないしなあ。
と諦めて、花輪のまま本日のレストランMa Peche(だったと思う)(←調べろよ)に到着。
このレストランはえみちゃんお薦めのモモフクという日本食としか思えないけど日本食じゃないけどアジア風レストランの姉妹店(だと思う)(←調べろってば)で、多分ニューならしいんですよ。知らんけど(調べろっっ)。
読み方は、マペシェ?かな?多分『私のモモ』って意味かな?知らんけど。

Img_1676
↑えみちゃんの前菜。何かのパテ。美味しそうでした。

Img_1677
↑私はサマーロールブヒ、ゆみちゃん(りばてぃさんね)(←しつこい)はサマーロールエビ。

このサマーロールとえみちゃんのパテが、前菜なのに巨大でびっくり。
そういえばこれが出てくる前に、ゆみちゃんが隣りのテーブルのおっさん(とはいわなかったけど)のサマーロールが巨大だけど、まさかアレが出てくるんだろうか……、って不安そうにしてたんですが、やっぱり巨大だった……。

そしてお味なんですが、コレがまあおくさん。
サマーロールにブヒはないだろうと思いつつ、ヘンなもんが出て来たら笑えるかも、って思ってオーダーしたのに、美味しいのなんのって。
しかも入ってるブヒが生ヌルいんですよ。人肌程度に。
ナマヌルくてピリっとしててホントに美味しかった!ちなみにゆみちゃんと一本ずつ交換したエビサマーロールは食べきれずにお持ち帰り。
帰宅後お夕食としてサマーロール一本いただきました。
ウェイターがソースを入れ忘れてたんで、仕方なくおしょうゆで食べましたけど、コレもすっごく美味しかったです。

Img_1678
↑人肌温度のスカートステーキ。美味しかった!特に添え物のポテトが。

メインディッシュは、私とゆみちゃんがスカートステーキ。えみちゃんは辛いヌードル。
注文する時にウエイトレスちゃんに「辛いわよ」といわれたえみちゃん。
「辛いの平気」ってお人形さんみたいな可愛らしい様子で言ってましたけど、実際食べ始めた瞬間、ゆみちゃんが「辛い?」と聞いたら「ウン。辛い」と頷いてました。
それを聞いたゆみちゃん。「辛いんだー。一応『大して辛くない』って返事を予想して訊いたんだけど」と天然な発言。

そうそう。
異業種交流会で出会ったゆみちゃん→りばてぃさん。
彼女はそりゃもうホントに、カリスマ性と知性とパワーと知識と意志の力と美貌と瞬発力を全て持った、スゴいスゴいスーパーレディー。彼女のパワーにその場に集まった全員が完全に圧倒されていたんですが、かくいう私も帰宅後「いやー。あの人はスゴかった。マジでスゴかった」と日本のリン母にまで電話してまくしたてるほど感銘を受けたんですけどね。(ついでに言うと、『あんたもしっかりしなさいっっっ』ってリン母にドえらい説教くらいました)
今日会ったゆみちゃんは、もうなんというかホントにホントにホントにほんっっっっっとに、素直で天然でめちゃくちゃ可愛らしいお嬢さんだったんです。
『加湿器』のことを『除湿器』って言うから「全然違うじゃん」ってつっこむと『一文字間違っただけじゃないですかー』って言うし(真反対のモノですが)、本日の彼女の全体のイメージは『おっとりした天然で可愛らしいお嬢さん』。
異業種交流会のりばてぃよ。
あれは一体誰だったんだ。
……って、私は今日のゆみちゃんも大大大好きになりましたけどね。へへ。

そしてえみちゃんがまた、お人形さんのように可愛らしくて、声も顔も姿も性格も、品があって可愛らしくてそりゃもうおっさん化してる私としては、身悶えしたくなるぐらいの可愛らしさでした。
そういえばKDDIの座談会に居合わせたとある方が
「しかし池端えみさんは、あの座談会においてめっっっっちゃくちゃ気品があってエレガントでキレイで可愛らしかったですねえええ」って言ってました。
それは完全100%同意しますけど、その『あの座談会』に出席していた私の立場は一体。
ま、私の立場なんてこの際どうでもいいんですけどね。
美味しいものをたらふく、二人の美女とまさしくまさしくガールズトークしながらいただいたランチ。最高でした。

Img_1682
↑向かって右からえみ、ゆみ、花輪。

さて。
本日のプリフィックスランチ$25のハイライトは、意外にもデザートでした。
『ミルクバー』っていう美味しそうなデザート名なんですが、「チョコクッキーとコーンクッキーの二種類、どっちがいい?」とウエイトレスちゃんになんとなく高飛車な態度で訊かれ、ゆみちゃんえみちゃんは素早く『チョコ!』。で、私は最初から「この二種類なら絶対コーンだぜ」と思っていたのでコーンを注文。
絶対ヘンなものに違い無い。
死ぬ程ハズしまくったクッキーで笑いを取ってやる。

そう思っていたのに。。。。

ビニールの袋に入った大きめの丸いクッキー。
袋をガサガサと開けると、開いた隙間からプーンと匂ってくる香りは……。

「う。食べ物の匂いがするっ」

「いや。食べ物だから、それ」
「クッキーですから」
えみゆみに突っ込まれましたが、そういうんじゃなくて、そのつまり、甘いお菓子の香りじゃなくて、真剣な食べ物の匂いなんですよ。
ほれ嗅いでみい、と二人の鼻先に突きつけると

「あっ。こ、この匂いは……」
「これはっっっ」

コーンスープの匂いだっっ!

そう。
クッキーなのに匂いはコーンスープ。

そこでゆみちゃんが
「これ、目を瞑って食べたら絶対コーンスープと間違えるよ」

って言われて、なんとなく一瞬『ああうんそうねえ』って頷いてしまったけどさ……。
ああた……。
クッキーをコーンスープと間違える人はさすがにこの世にはおらんだろう。

それなのに、ゆみえみ二人とも、ほれ食べてみい、とクッキーを差し出すと、パキと割って口にいれ、目を閉じてモグモグモグモグ……。
目を閉じるのをやめんかいっっっ!
とつっこもうとしたら、二人同時にパチーと目を開け

「あっっ!!!コレ、美味しいっっっ!いけるっっっっ!」
「このレストランはコーンクッキーで決まりだねっっ!」

……。いやー。美味しかったんですよ、ホントにこのクッキー。
でもって、レストランは地下なんですが、一階部分がその『ミルクバー』になっていて、コーヒー牛乳とかイチゴ牛乳とか普通の牛乳とかと一緒に、色んな種類のクッキーが買えるようになっているんで、かなーりお薦めなんですけどね。
でもレストランなのに『コーンクッキーでキマリ!』
って、ニューヨーク最大にして最高アクセスを誇る超大物ブロガーに言われたレストランの立場は一体。

楽しく飲んで食べておしゃべりして、あっという間に時間が過ぎ去り、5番街の角でカワイイ美女二人とハグしてお別れしました。
次はなんとボイストレーニングを受けている二人と一緒にカラオケの約束です。
ううううう。
マジで死ぬ程楽しみです!
予定は、来月半ばごろ。
またご報告しますねー。


Keanureeveskeanureevessetv8m2q4f06n
↑今日のキアヌ。ちなみにえみちゃんの御主人はキアヌ似のイケメンだ!そしてゆみちゃんの御主人はどうやらイ・ビョンホンに似ているらしい……。


↓明日コーンクッキー買いに行ってしまうかもしれないわ〜。
人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

2011年2月23日 (水)

ウィンドウズ

最近ちょっとした理由があって、ウィンドウズPCを購入しました。
ずっとずっとずううううううううううううううううううっとマックユーザーな私には、ウィンドウズは他人行儀な金髪碧眼の美形セールスマンみたいな感じで、とっつきにくいことこの上ありません。
メール一つ開くにも、添付ファイル一つダウンロードするにも、ファイル一つ開くにも、とにかく何から何まで悪戦苦闘です。

小さいミニノートPCを購入したんですが、ウィンドウズスターターというわけのわからんプロセッサーで、実家のウィンドウズともまた勝手が違うんです。
スピードも悪くないし、画面も小さいけどそんなに見にくいとは感じませんが、キーボードのタッチ感覚がちょっと馴染めないのとタッチパッド(ていうんですかね?)が使いにくい。あとクリックする所も使いにくくて、すぐ指がツりそうになります。

それから、すごく基本的な事なんですが、ウィンドウズスターターというわけのわからんヤツを使っているとメールが開けないんですよ。ていうか、メールソフトがそこらへんに見当たらないんです。
そんでもって、メールが必要な時はいちいちなんとかかんとかメディアとかなんとかいうやつを立ち上げ、ファイルをダウンロードしたらまたウィンドウズに戻り……と、アホみたいな手間ひまかけてやってます。
その作業があまりにもまだるっこしくてイラついて、いつも心の中では『ウィンドウズなんかこの世からなくなってしまえばいいのに』『ウィンドウズなんか滅びてしまえ……』と呟いています。

どうして世間ではウィンドウズ対応のソフトばかりが出回っているんでしょう。
マックのどこが気に入らないの?
あんなに可愛らしくて使いやすくてチョビにだって使えるぐらい簡単操作なのに。

ああ。イライラする。
ミニノートちゃん自体は真っ赤で小さくて可愛らしくて気に入ってるんですけどね。
旅のお供にもなるわー、って思ってましたけど、こんなに使いにくいんじゃiPad買ったほうがいいかしら……、って最近本気で思っています。

ちなみにちょっと興味があるんですが、私のブログを読んでくださっている皆さんの中では、マックユーザーとウィンドウズユーザーどちらが多いんでしょうかね?そして、ウィンドウズでは、私のブログはどんな風に見えているのかしら。
書体とかちょっと違って見えていたように思うんですが。

ホントにウィンドウズとマックって、近くて遠い世界ですねえ……(←かなり疲れている)。

Keanureeveskeanureeveslaxyfwgwbblsj
↑今日のキアヌ。コレよくやるんですよね、アメリカ人。どこにでも土足をガーと載せて靴ヒモ結ぶんです。靴下ポールなんて、墓石に足載せて靴ヒモ結んでました。バチあたりな。

↓キアヌは……たぶんパソコン持ってない気がする。
人気ブログランキングへ

| | コメント (16)

2011年2月21日 (月)

壊れるまではヨカッタ

随分前のことですが、一時……うーんそうですね、多分2年間ぐらいの間、新品のヘアドライヤーが壊れては買い替え、またそれが壊れては買い替え……というのを頻繁に繰り返していた時期がありました。
頻繁にって簡単に言いますけど、ヒドい時では1週間でブっ壊れては買い替え、またそれが10日間でこわれ……、という有様でした。

そもそも最初のドライヤーが壊れるまでの期間は約5年間。普通にしっかり働いてくれていたんですが、ある日突然ガーと火を噴いたんです。

ぎええー。毛が燃えるー。
となって廃棄処分にし、慌てて新しいものを買って来たんですがコレが一週間でピタと動かなくなりました。

なんじゃそりゃー。
となって叩いたり転がしたり撫でたり引っ張ったりしてみたんですが、うんともすんとも言わずじまい。
19ドルだったからかしらー、と諦め、次に購入したのはうんとフンパツした39ドル。
コレが最初はホントに調子が良くて、いやーやっぱりケチらずに良いモノを買わなくちゃダメねー。なんて悦に入っていたんですが、これがまたなんと3週間ほどでガスーと煙を噴き始めたんです。

ぎょええー。毛がいぶされるー。39ドルもしたのにいい。
と大ショック。
もちろん、ヘビのように執念深い私は、噴火したドライヤーのメーカーに手紙を書きましたとも。
『買ったばかりのドライヤーが噴火した。お金を返せ』
そして、その手紙は当然のように無視されました。

ええい。
もういいっ。
新しいドライヤーを買ってやるっ。

そして、冗談のようにこれまた数週間で爆発。
あの当時、一体何台のヘアドライヤーを買ったかわからんほどです。
もしかして呪い?とすら思いました。

とまあ、コレは私のヘアドライヤー呪いの話なんですけどね。
その時、何度かネットでヘアドライヤーを購入したんですが、さすがにあまりに何度も簡単に壊れるものですから、購入者レビューというものを読むようになったんです。
そこで私がカーっと目をむいたレビューは

『このドライヤーは素晴らしい。壊れるまでは』

……てああた。
どういう意味?
詳しく読んでみると
『このドライヤーは、とても良いドライヤーです。音も静かだし、風力が大きいのであっという間に髪の毛が乾きます。イオン効果で髪の毛もツヤツヤ。でも三回使っただけで壊れた。壊れるまではヨカッタのに』

……。
……て。
ああた。

このなんじゃそりゃなレビュー。
よくよく見ると、色んな製品、特に電化製品にものすごーく多く見られるということにその後気づきました。
たとえば電動フタ付きゴミ箱。

手をかざすとセンサーでガーとふたが開くゴミ箱です。
こりゃ便利そうだわい。
チョビのゴミ箱漁り防止にもなるし一つ買うかな、とレビューを見ると
『とても便利。壊れるまでは』
『すぐ壊れなければエクセレント』
『壊れやすいけれど、動いているうちは最高』

いや、まあ、その、なんというか、確かにそうなんだけど。
合ってるけど。
間違ってないけど。
でもなんかこう。おかしくないか?
壊れなけりゃ良いのに、って。確かにそうなんだけど。
レビューとしての主旨がなんかこう、ずれてるような……。

そしてさすがアメリカ人。
壊れたら即買い替え。
修理なんてほとんどしません。
修理して使う、という発想が基本的に欠落しています。
だからなのかそれとも逆なのか、修理費用が新品を購入するより高いなんてこともよくあります。
壊れやすいモノを作っているからすぐ壊れるのか。
それともどうせすぐ買い替えるから、簡単に壊れても良いように企画しているのか。
どっちが先なんですかね。

そうそう。
ちなみにあれから7年?8年?いやもしかして10年?
ドライヤーの呪いがようやく終了し、数日から数週間で壊れなかったドライヤーは、今でも私のバスルームに鎮座し、間違って棚から落としても、踏んづけても、転がしても壊れずに、毎日私の髪を乾かしてくれています。

60586671
↑今日のキアヌ。お風呂上がり?ドライヤーは……きっと使わないね……。



↓クルクルドライヤーはずっと長持ちです。
人気ブログランキングへ

| | コメント (4)

2011年2月20日 (日)

ザイ夫対ポール

二週間程前、我が家のwifiがおかしくなってしまってケーブル会社に修理してもらいました。
モデムもラウターも全部交換してもらい、wifiのスピードも素晴らしく早くなり大満足なんですが、IPアドレスもwifiのアドレスも全部変わってしまい、iPhoneとZAIO(ザイ夫ちゃんね)のwifi設定を変更するのをうっかり忘れていました。
その結果。
外だけでなく家の中でも3Gアクセスしまくり、データ送信のリミットギリギリになってしまいまして電話会社から『これ以上使ったら1MBごとに百万円チャージするぞ(ちょっとウソ)』と警告が来ました。
ぎょえーとなった小心者の私。
次の請求書サイクルまでiPhoneの3Gアクセスは使わない覚悟です。
ここで大活躍してくれるのが愛しのミッチーキアヌことザイ夫ちゃんです。ザイ夫ちゃんのプランは、アンリミテッド。地獄の果てまで使えます。

20110218_205359
↑写真もこんな感じでキレイに撮れます。

調子に乗ってザイ夫ちゃんで写真を撮りまくり、色んなアプリケーションをインストールしまくり、はたと気づきました。
あ。
そういえばあのヘンチクリンなナビ。
私が『42丁目2番街』って英語で音声入力すると、『なんとかかんとか居酒屋』とかわけのわからん地名(?)に変換され、メチャクチャ笑えるネタにはなるんですが、ナビとしてどうなんだ?って思っていたんです。
で、よく考えたら日本語音声入力に対応してるんですよね、ザイ夫ちゃん。
それを無理矢理ネイティブでない英語でやるもんだから、ザイ夫ちゃんが混乱してわけのわからん答えを無理矢理ひねり出していたわけです。
でも、アメリカで使える電話なんだから、ネイティブの英語で入力したら、もしかしてうまくいくかも?って常々考えていたんですが、ポールに合う度に、靴下を手袋がわりにしたり靴下をソックタッチの変わりにガムテープでとめたりするヘンな行動に度肝を抜かれ、ついつい試すのを忘れていたんです。
それをお寿司を食べながらハタと思い出しました。
この機会を逃したら、次いつこんなチャンスが来るかわからん(そんな大げさな)、と思い、早速ポールの顔の前にザイ夫ちゃんを突き出し
「42丁目の2番街って言って」
と命令しました。

「なんでっっ?」

なんでもいいからはやくっ。

「い、いやだっ」

なんでよっ。

「そんなことしたくない」

とりあえず何でもかんでもノーと言うポールですが、こんな簡単なことになぜ抵抗する?

「一体何の為にそんなことをさせるんだ」

何の為もへったくれも……、ただネイティブの英語で音声入力したらどうなるのか知りたいだけだよ……

「ホントにそれだけ……?裏はない?トリックなし?」

トリックてああた。どんなトリックがあるというんですか?ていうか、どんだけ私疑われてる?

トリックなんか無い無い。ただ42丁目2番街って言うだけだってば。
と何度もかき口説き(?)、やっと突き出した電話にむかって『42nd and 2nd』といったポール。顔は真っ赤、ミョウに丁寧な発音。生真面目というか小心者というか疑い深いというか……。

そして結果は

『For peach居酒屋』


……ダメじゃん。
ていうか、何じゃそりゃ。

てことで、ザイ夫ちゃんでナビする時は、ビシーっと日本語で。

てか。
意地になって英語で入力し続けた私がアホなだけ?

あそうそう。
ザイ夫ちゃんの中には、小さい妖精が住んでましてね。
昨日なんてガタガタ震えながら
『寒いですからお家に置いていってくださっていいですよ』
なんて言ってました。
カワイイったらありゃしない。
やっぱザイ夫、ミッチーかキアヌぽいわー。

Keanureeveskeanureeveslax6sltprsyei
↑今日のキアヌ。今頃ロンドンでエクササイズかしら。



↓足が長いのか短いのか、よくわからんキアヌ。
人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

まさる寿司ブルックリン編

Img_1662

7ヶ月にわたる日本滞在を終えて無事NYに戻って来たまさるちゃん夫妻。
戻って三日目あたりから働き始めたまさるちゃんですが、それも帰国以前はソーホーのブルーリボン寿司だったのに、なぜか突然ブルックリンのブルーリボン寿司に配属されました。
以前の私のブルックリンのお家から、徒歩5分のブルーリボンブルックリン。
引っ越す前は、しょっちゅう、ほんっとにマジでしょっちゅうポールやらアサミちゃんやらコンちゃんやらリン両親やらとお寿司を食べに行ってたんですが、その度に『あーあ。まさるちゃんがここで働いてくれてたらよかったのにい』と思ってたんですよ。
それが、私がマンハッタンに引っ越して半年も経たぬうちに、なぜかまさるちゃんがブルーリボンブルックリンで働き始めるという皮肉な巡り合わせ(ていうか、私の都合だけの話だけど)。

そして今日、ようやくまさるちゃんが居る懐かしのブルックリンブルーリボンに、まさるスペシャル寿司を食べに行ってきました!
ディナーのお供はもちろん(?)靴下ポール。

Img_1664
↑あん肝。極上のお味でした!

あん肝を産まれて初めて食べたポール。
こりゃウマい!美味しい!デリシャスー。とガツガツ食べてました。
あん肝一切れを一口でガバーといく人を、初めて見ましたよ私。
なんか、タレを飲むんじゃないかというぐらいの勢いでした。

Img_1665
↑牡蠣です。クマモトっていう小粒で濃厚なお味の牡蠣です。う、う、ウマかったです……。

それがね。
ついついがっついてしまって、二人でガーと食べてしまってから
「はっ。写真を撮り忘れた!」とつぶやいたら、ポールがカラをキレイに並べてしぼったレモンをなんとか復元して、「ほら。これで写真を撮りなさい」っていってくれたんで。ちょっと断りづらい雰囲気だったので、殻の写真撮ってみました……。
実はこの後、あん肝を殻に入れて牡蠣のフリをさせようとまでしたんですけどね、ポール。それはいくらなんでもアレなんで、断りました。ええ。

Img_1666
↑銀ダラ西京焼。いいいやあああー。コレも美味しかったですようううううう。ジュル。

コレがまた。ええ。バレバレなんで白状しますけど、牡蠣の教訓を忘れて、また出て来た瞬間にムシャーといっちゃったんですよ……。で、またポールがあわててササササと身をくっつけ直してくれたんです。コレの倍以上の大きさだったんですよ、ホントは。トホ。

Img_1668
↑キャー出たーお寿司ー。ウヒー。死ぬー。美味しすぎるー。ヒー。

ウニ以外のお魚の名前は不明ですが、どれも全部死ぬかと思うほど美味しかったです。
今日、とっても忙しそうだったまさるちゃんとブルーリボンの皆さん。
たくさんたくさんギフトフードも出してくださって、たくさんたくさん気を遣ってくださいました。
御陰さまでホントに美味しくて楽しくてアットホームなお寿司ディナーになりました。あー美味しかったあー幸せあー満腹。
よしっ。
また行くぞ!!!まさるちゃん、そん時はまたよろしくー。

20110219_211648
↑まさるちゃん。そして、向かって右の方はですね。お名前は存じ上げないんですが、以前通い詰めていた頃、この方の真ん前のカウンターの角席にいつも座っていたんですよ。その頃は『チョー真面目で堅そうで無口なお寿司職人さん』ってイメージだったんですが、今日この写真を撮る時、咄嗟に『ラブ注入〜〜〜〜〜♥』って言いながらこんな身振りを……。
イ、イメージ違いました。でも、アットホームでさすがブルーリボン寿司だわ、と思いました。ところでこの『ラブ注入〜〜〜〜〜〜〜〜〜♥』って、最近よく聞くんですが、一体何なんですかね?

Keanureevesshakespearecenterlosange
↑今日のキアヌ。まさるちゃんの真ん前のカウンター席に座ってお寿司を食べたキアヌ。まさるちゃんによると、チョー死ぬ程顔が小さかったんですって。でもって、座ってるときはわからんかったけど、立ち上がるとチョー背が高くてチョーかっこ良かったって。お風呂はいってから行ったんですかね、お寿司食べに。


↓まさるちゃん、ポール、ごちそうさまーっっ(ま、ま、また奢ってもらったんかっっ!!)。
人気ブログランキングへ

| | コメント (6)

2011年2月19日 (土)

ゴーストバスターズ

トライベッカグリルでお食事をした後、駅まで歩いた帰り道こんなニューヨーク名所の前を通りかかりました。

Img_1655
↑おお。見覚えがあるぞこのマーク。

Img_1658
↑消防署だ。



かの大ヒット映画ゴーストバスターズのヘッドクォーターとして登場した消防署です。
Ladder8(はしご車隊)は、映画撮影当時実際に使用されていた消防署だったそうで、映画撮影のためにしばらく明け渡したそうです。
そして、消防士さんたちが撮影終了後署に戻ったら、中が全てきれいに改装されていたんですって。

Firehouse
↑撮影当時の消防署の様子。


ポールによると、ニューヨークではしご車一台だけの消防署はとっても珍しいんだそうです。放水車隊のほうが圧倒的に数が多く、多くの消防署がはしご車と放水車の両方を備えているんだそうです。ちなみにはしご車はLadder放水車はEngineです。
ニューヨークを歩いて消防署を見掛けることがあったら、ちょっと注意して見てみると面白いかもしれないトリビアですね。

Keanureeveskeanureevessets7bmctt4tu
↑今日のキアヌ。今日のニューヨークもこんな感じで暖かでした!



↓明日も食べます。はい。
人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

2011年2月18日 (金)

MEGU

連日外食です。
本日はコンちゃんといただくレストランウィーク。
かつて松井さんがお住まいだったトランプワールドタワーの一階に入っている日本食レストランMEGUに行ってきました。

昨年の夏、コンちゃんとダウンタウンのMEGUでレストランウィークを楽しんだ時、そのあまりの美味しさに身悶えした記憶が有ります。
今年はどんなかなっ。

Img_1635
↑クランチアスパラガス。前菜。死ぬ程美味しかった……

カリッカリのおかきみたいなのにくるまれたアスパラガスちゃん。
いやーもう奇抜でウルトラ美味しかったです!もう一回食べたい……。

Img_1636
↑コンちゃんのサラダ。お魚が入ってます。美味しそう!!

Img_1638
↑銀ダラの西京焼。美味しすぎた!!

コレもね。風味豊かなお味噌と、ジューシーでふにゃふにゃに焼かれた銀ダラちゃんのコンビネーションが絶妙で、もうホント美味しくて美味しくて、あと3切れくださーい、って言いたくなりました。お味噌汁かなんかついてたら、量的にも完璧だったかな。

昨年は石焼ビーフをいただいたんですが、今年も登場してました。そして死ぬ程美味しそうでした。ああ。またこようかしら……。歩いてこられる距離だし。うう。ビーフも食べたいよう。

Img_1640
↑抹茶クレープ。もちろん超美味しかったです!

お食事の量もほどよく適量。いや。ちょっとだけ足りないか丁度か?ぐらいの量だったので、『うう。もう一度来たい』という気持ちにさせられるのかも?
ホントにホントに美味しかったです。
ゴハンもよく炊けていて美味しかった。きっとまた食べに行ってしまうと思います。

Keanureeveskeanureeveslaxqax5rlwdcr
↑今日のキアヌ。キアヌも一度や二度行ったことがあるはず、MEGU。

↓明日も食べるぞ。
人気ブログランキングへ

| | コメント (4)

2011年2月17日 (木)

Wolfgang Steak House

本日はレストランウィークに関係なく、父兄懇親会でした。
どういう父兄懇親会かといいますと、コタパパさんとの父兄懇親会です。
娘と息子がおつきあいさせていただいている以上、親同士もたまには懇親会をしないといかんのではないか、という深い意図のもと集まった。
というのは大ウソで、お仕事で『チョー美味しいステーキとコタちゃんのアンヨぐらいの大きさで死ぬほど甘いイチゴを食べた』というコタパ(また省略)のメールを読んで、死ぬほど嫉妬した食い意地の権化(←私だよ私)を哀れんだコタパ様が、「じゃあしょうがないからつれてってやるよ」とお連れくださったわけですよ。高級ステーキハウスちゃんに。

Img_1570
↑キレイな店内。シックで落ち着きがあって良かったです。

Wolfgang Steak Houseはたしかピータールーガーの弟子だったか丁稚だったかシェフだったか、なんかよく忘れたんですが、そういう感じの人が暖簾わけしてオープンした(はず)ステーキ屋さん。つまりピータールーガー的巨大Tボーンステーキをがっつりいただける肉食ステーキハウスなんです。

ずっとレストランウィークで食い意地発揮しまくっていたんですが、ここ数日おやすみして大人しくブロッコリーをポリポリ食べる日々だったので、今日にかける意気込みは我ながらスゴかったです。
朝からトースト一枚で、必死のパッチでガマンして迎えたディナー(そこまでするな)。

Img_1571
↑パンもガーと行きたい所をガマンして……

Img_1572
↑アツアツのカナディアンベーコン。っかー!ウマい!!

Img_1573
↑きゃー!出たー!肉ー!

ジュワジュワジュワーっと音を立てて運ばれていたお皿。
肉の脂がビチビチはねています。
うう。

Img_1575
↑サイドディッシュはアスパラガスとほうれん草クリーム煮。コレがまたウマいのなんのって。

お肉。
いやもうホント。美味しかったです!
表面はカリッと焼き上がり、中は柔らかくてジューシーでムニュムニュでビチビチ。
極上のステーキって、やっぱりガッツリ肉食ディナーとしては最高ですよね。
ああ。ホントにホントにホントにホントに美味しかった……。

4切れ目ぐらいで「ううもうダメかも……」となったところに、コタパパがジャケットのポッケから出してきたものは……。

Img_1576
↑おしょうゆとわさびのパック!!

いや。コレ。コレね。
素晴らしかったです!
もうアカン。となった時、わさび醤油につけていただいたステーキのこれまたひと味もふた味も違って美味しかったことといったらもう!
その後さらに3切れか4切れイケました。

Img_1577
↑二人でキレイに完食。

あー。お腹パンパン。
でも、この後肝心の『コタロウアンヨサイズイチゴ』を食べなくちゃ!

Img_1581
↑出たー。イチゴとチーズケーキ。そしてテンコ盛りのクリームちゃん。ううー。

Img_1582
↑イチゴ!

アメリカのイチゴは、はっきり言って『イチゴの姿をしたイチゴではない何か』なんです。
固くて(マジでチョー固い)ガリガリで酸っぱくてなんの味もしないイチゴぽいイチゴじゃないイチゴなんです。
それがこのイチゴときたら奥さん!
甘いんです!
イチゴの味がするんです!
そんでもって柔らかいんです!!
ああ……。
アメリカにもイチゴがあったのね……。
感動の一瞬でした。アメリカで、お砂糖もクリームもなしで甘いイチゴが食べられるなんて……。

Img_1578
↑コタパパ。細身なのにお肉ガッツリ食ってらっしゃいましたわよ。(おのれには言われたくないわ)

いやー。食った食った。
お肉とチーズケーキとイチゴ。
どれもホントに美味しくて、大大大大超ウルトラ大満足なステーキディナーでした。

ディナーの間中。犬の話題に終始した私たち。
いやそりゃそうですよね。
若い(?)二人(二匹?)の父兄懇親会なんですから。
ま、ちょっとした下ネタ(ウ●チ系)の話も出たりなんかして、さすが犬友ディナーでした。
あーおいしかったあーしあわせ。

Img_1590
↑超有名店超美味しいチョコまでいただきましたがな。

Img_1583
↑コタパパさん、ごちそうさまーーーー!!(また奢ってもらったんかい!!)


Keanuenhancedbuzz2021112952884975
↑今日のキアヌ。何しとるねん。。。


↓ダニ街道まっしぐら。
人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

2011年2月14日 (月)

リン父御誕生日でバレンタインズデー

今日、アメリカはバレンタインズデー。そしてリン父の御誕生日です。

町中♥マークとお花で一杯です。
ま、ちなみに私はアメリカに来てから、男性からバレンタインデーにお花やギフトをいただいたことは、ほぼゼロに近いです。
多分記憶に残っている限りでは、三回?ぐらい?
そのうち一回なんて明らかにギリ丸だしで、いただいたお花の葉っぱの裏には、虫の卵がギッシリ。死ぬほど寒い思いをした、バレンタインデーの思い出です。
そんな案配なので、今年もチョビとお散歩帰りにロビーに置いてあった巨大なシロクマ+バラの花束ギフトを見掛けるまでバレンタインには男性が女性にお花を贈るんだ、ということすらうっかり忘れていたほどでした。

でも、そうそう。
お友達のセっちゃん(そう。サイキックの節さんね)が良い事言ってたなー。
『バレンタインデーは愛を伝え合う日』ですって。
うーん。
素晴らしい。
さすが愛の伝道師セツ。

そうか。そうですよね。
恋人じゃなくてもいい。
お友達や家族、もっと言うなら町中で親切にしてくれた人、優しくしてくれた人に『ありがとう』って言うだけでもいいんです。
そうしてありがとうって言葉に愛をこめて伝え合う日だと思うと、世界中に優しさと愛が広まる気がしますね。
いやー。今更リン父やリン母に「大好き」なんてこっぱずかしくて言えないけど、ありがとう、ってなら言えます。
あ。そういえば、靴下(ポールねポール)が、テレビで息子が母親をギュウウウって抱きしめてる場面を見て「百億年経っても死んでもこんなことせんわ」って憎々しげに言うので、「えええ。アメリカ人ならするんじゃないのー?」って言ったら「僕はしないしママも絶対しない」(ていうか。おっさんがママ言うな)て言ってました。
愛がたりませんね、靴下ポール。
でも、靴下ポールは、リン母ならギュウしてもいい、とも言ってましたけど、多分リン母に拒否されると思います。
でも、リン父は存外にアフェクショネイト(ボディーランゲージが好きな人のことです)なタイプなので、リン父ならギュウしても嫌がらない気はしますけど、靴下ポールも巨大ならリン父もあの年代の人にしてはかなり巨大な方なので(身長178cmぐらい)、そんな二人がギュウしてる様はいかにバレンタインといえど、あまり見たくありません。

なんか話がそれてわけがわからなくなってしまいましたけど、まあつまりあれですよ。
もうじき終わっちゃうけど、バレンタインには愛を伝え合いましょう。
ていうことで。
チョビ〜〜〜すきーーーーーーだいすきーーーーーーーーー。


KeanureevesshakespearecenterlosangePhoto
↑今日のキアヌ。とチョビ。無表情とウツロな目が似てるような……。


↓今日は強風注意報。チョビもろともぶっ飛ばされそう〜。
人気ブログランキングへ

| | コメント (4)

よく考えたら明日はバレンタインデー&リン父バースデーだ

今日はこのなが〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜くてさむ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜くて雪だら〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜けの冬の中、久々に暖かい春めいが雰囲気の一日になりましたっ。通りの雪も、ポールの身長より高くつもっていたのが信じられないぐらい、ほとんど溶けてなくなりました。
あー。うれしい。あー。しあわせ。

チョビとホテホテと出かけるお散歩も、なんとものどかで幸せ。

んが。
国連本部の前を通りかかった時、チョビの元カレ(?)ハスキーのジャック君とでくわしました。
交差点のド真ん中ですれ違った元カレ元カノ。
何が起るかと思ったら、トテトテと近寄ってきて『あ。チョビちゃん久しぶりだね。元気そうだね』と優しく鼻をすりつけてきたジャック君に対し、『なんじゃいコラッッッッッッッッッ!!!』と飛びかかりどやしつけるチョビ……。
ひ、ヒドい……。
さすがの温厚なジャック君も『な、なんだよいきなりっっ!」と憤懣やるかたない様子で、早足で去って行きました。
チョビの場合、過去の男云々という前に、通りかかった自分と同等あるいは自分より大きいサイズの犬に対しては、見境無くどやしつけるという習性があるようで、多分もしかしたらジャック君を『あ。元カレの優しかったジャック君だ』と認識すらしていなかったような気が。ていうか、認識しようという意識すらなかったような気が。
とりあえず誰でも見境無しに飛びかかってるんじゃないかという気が。

年寄りのくせに礼儀というものを全く知らないチョビ。せっかくのどかに歩いてたのに。
ジャック君のご両親ご一行様は「はははっはははは」と鷹揚に笑ってすませてくださいましたけど、わたしゃ恥ずかしくてたまりません。
おまけに信号待ちしていた車の運転手にまで、指差して笑われる始末です。
やっぱハスキー2頭が横断歩道で出くわす様子ってちょっと目立つようで、しかもそのうち小さいほうの1頭が大きい方になんじゃおらっっっと飛びかかる様は、結構バカバカしくて笑えたのかもしれません。

這々の体でその場を立ち去り、ギリシャ風デリで夕食用の野菜炒めを買い、まだケンカ&チンピラ並みの小競り合いをし足りない風のチョビをひきずって帰宅いたしました。

帰宅後、チョビと一緒に仲良く夕食を済ませ、久しぶりにテレビ鑑賞などすることにし、たまっていた録画を見始めました。
すると、『愛は見える』という、上戸彩ちゃんとなんか真面目そうなよく知らない俳優さんのドラマが始まりました。
第一部が佳境に入ったところで終了。
おお。これはどうなるんだ!?
と第二部のはずの翌週の録画を見始めると、なんか知らんけど動物園の物語しか録画されていません。
あれ?あれ?あれ?
と一生懸命探してみましたが、結局『愛は見える』の続きはどこにも残っておらず、不完全燃焼と欲求不満のみが残されました……。

特に死ぬほど面白いと思って見ていたわけでもないドラマや番組でも、途中で終わって『続きは?』と思った時、その続きが見られないと死ぬほど不完全燃焼な気持ちになりますよね。

ああ。
ツラい。
でも、DVD借りてくるほどじゃないし。
コレが冬ソナぽいドラマだったら、今夜の家にビデオ屋さんに走っていたところでした。
テレビってしかし久々に見ると疲れます。
最近続けてみることにしてる番組は二つだけ。
『相棒』と『名探偵コナン』です。
でも、テレビほとんど見ない上に、日本語放送はもっと見ないんですよね、最近。
『相棒』が終わっちゃったらもう日本語放送解約して、どうしても見たい番組はDVD借りて見ることにしようかしら。


Keanureeves10thmarrakechinternation
↑今日のキアヌ。全体像もヘンッ!


↓今週は暖かくなるみたい。ウレシイ。
人気ブログランキングへ

| | コメント (4)

2011年2月12日 (土)

アクアビット

はい。
風邪っぴきなのに行ってきましたレストランウィーク。
アクアビットです。
スカンジナビアンです。

Img_1539
↑気になる。ウェイター君が持っているワインの入れ物が。

Img_1544
↑お食事パートナー靴下大王のメインディッシュ。食事中は手袋靴下は履いてないらしい。

靴下大王のメインディッシュを撮ろうとして、はたと前菜を撮るのを忘れたことに気づきました。私はスカンジナビア風ステーキタルタルをいただき、靴下はサラダでした。
ステーキタルタル、チョー美味しかったです!
この靴下メインディッシュ、何だったっけ。毎日あまりに飽食なので、すっかり忘れています。何か肉系だったような……。見た目から何に見えますかね?

Img_1545
↑サバの塩焼き……、じゃなくてサバスカンジナビア風。

こ、これはスゴい濃かった。タダでさえ油がのっているサバをオイルで焼き、さらにスカンジナビアンな風味ソースが添えられ、かなりな濃さ。
下敷きになっているマッシュルームも美味しいお味でソテーされていたんですが、上に載ってるサバちゃんのこってりさに、さすがの私も途中で降参しました。
途中、何度「大根おろしとおしょうゆくださーい!」と叫びそうになったことか。

あー。しまったな。この日一番美味しかったのは前菜のステーキタルタルだったのに、写真撮り忘れ。

Img_1549
↑ヤギのチーズアイス、塩豆添え。こりゃ美味しかった!!

Img_1550
↑靴下のデザート。なんか豆風味の何かだった。

やっぱり風邪気味だとやる気も味わいもちょっと減りましたかしら。

Aquavit。お食事としてはレストランウィークの中では私的にはちょっといまいちな感じでした。でも、お食事の量も多いしレストランの雰囲気も落ち着いていて、ニューヨークにも日本にもあまり無いちょっと不思議な感覚がとてもヨカッタので、別のメニューを食べに行ってみたいです。ヨン様かキアヌが一緒なら。

あ。
お店の雰囲気、ちょっと赤坂見附のルノアールに似てたかも(どんなんじゃい)。

Keanureeves10thmarrakechinternation
↑今日のキアヌ。蝶ネクタイが似合ってない!この格好で来られたら、アクアビットもちょっと、かなあ……。

↓今日もお腹いっぱい。
人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

風邪ひき続き

風邪が完全にヌけていないのに、このところランチもディナーもレストランウィーク三昧。それも大概誰かのオゴりです。イヤしくてセコいです。(←全然気にしてない感じありあり)

でも、ちょっとまたノドが痛くなって来たので、今日はさわりだけのご紹介で、ヨン様との包丁デーとは『別館チョビ』でご覧くださいね。

Img_1533
↑スカンジナビアン料理のアクアビットです。

Img_1535
↑それってどんな感じ?と訊かれたらよくわからんけど、スカンジナビアな感じの店内です。

Img_1542
↑風邪薬とビタミンC持参で。(そこまでするか)

お味のほどは……。
また明日でーす。

Img_1445
↑帰ったら犬がギュウギュウになって寝てました。



Keanucutbuzl9a6tdaxsunz
↑今日のキアヌ。ヘルメットがダサい。

↓あーお腹いっぱい。
人気ブログランキングへ

| | コメント (4)

2011年2月10日 (木)

黒目の続き

昨日は風邪でおやすみさせていただき、今日は朝から床修理トラブルでゴタゴタ。
床修理なんですが、その後管理会社から『床のダメージは犬のトイレかお前が水をこぼしたせいに違い無いから修理代を払え』と言われ、マジでブチ切れしました。
今ヘビのように執念深く、復讐の方法を考えているところです(コワいわっ)。

そういう気分なので、ヨン様とデートした話とかヨン様に包丁を研いでもらった話とかヨン様に卵焼き焼いてもらった話とかは、明日気分が良くなってからのお楽しみ(私だけか楽しいのは)おいておきます。

今日、気分直しに、と思って新しく買ったカラーコンタクトレンズの最後の一品を使ってみたんです。
私の心づもりでは、コレは普通のディファインレンズのつもりだったんですが。

610_2
↑うわっっ

コレ、画像ではちょっとブルーぽく見えるかもしれませんが、実際はもうまるで
『死体の腐った目玉』
です。
入れた瞬間、マジで一人で
「うわっっっっっっっっっっっっ」
と叫んでしまいました。

まじまじと指に載せたレンズを見ると、黒目部分を白濁させるような色が載ってるんです。で、しかも巨大サイズなので、瞳孔が開いている白濁した目になるんです。
コレはマジでコワいです。
ホントに濁った目です。
死んでます、間違いなく。

一体どういう間違いでこんな色が……。
ていうか、この色のつもりで購入する人がはたしているんだろうか。
もしかしてハロウィン用?
だとしたら、買う時に言ってくれよレンズ屋。


Keanureevesfacialhair
↑二度目の今日のキアヌ写真(結構気に入ってる)。このキアヌが白濁コンタクト入れたら、もうコワいもの無しのコワさ。



↓まだ喉痛いしダルめだけど、今日もレストランウィークだっ(大丈夫なんだろうか)。
人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

2011年2月 9日 (水)

風邪ひいたー!

ので、今日はおやすみします。

うう。
ノドが痛い。
ダルい……。

7e0c016c7404fec7_keanumatrix
↑今日のキアヌ。誰じゃあんた。てぐらい違いますね、普段の彼と。

↓でも明日ランチデート(?は?)。
人気ブログランキングへ

| | コメント (5)

2011年2月 8日 (火)

座右の銘

皆さん、座右の銘ってお持ちですか?

昔コンちゃんが、
「私の座右の銘は『石の上にも三年』です」
って百万回ぐらい繰り返し言ってたのが、ものすごっく脳裏に焼き付いています。

で、私自身も一応座右の銘っていうのがあるんですよね。

それは
『借金は返そうと思うから辛い』
なんですが、コレ言うと、相手の人にイヤーな顔されるか「あはははは」と力なく笑われるかのどちらかなもんで、最近こういうこと言うのやめたほうがいいのかなと思い始めています(今頃か)。
いえ。
言うのをやめるだけで、座右の銘に変わりはないんですけどね。

で、今日部屋の掃除をしていたら、昔の手帳が出て来たのでぱらぱらとめくっていたら、その昔、まだ若かりし頃、純粋で理想に燃えていたあの頃(そんな頃がホントにあったのか?)、私の心をわしづかみにしたとある人の言葉が書き留められてありました。

『一人の人間としての独立を骨の髄まで刻み込まなくては、何かの弾圧が来ると日和見になってしまう』

思い出しました。
地方小出版という小さな出版社のチョー面白い社長につれられて、渋谷だったかしら、それとも新橋だったかしら。どこの街だったかすっかり忘れましたけど、そういう感じの街にお食事に連れていってもらった時、飲み屋さんの女子トイレの壁にぶらさがっていたカレンダーに書かれていた言葉でした。

昔の女性独立運動家ぽい人の言葉だったように記憶していますが、でも記憶は無茶苦茶曖昧。全然違う人だったらどうしよう。いや、もっと言うなら女性じゃなくて男性が言った言葉だったらどうしよう。
と思ってさくっと調べてみましたけど、これがさっぱり全然わかりませんでした。

それにしても、なんと強く清廉で美しい意志に満ちた言葉でしょう。
借金を返さない覚悟の私とは、雲泥の差です(比べるな)。
そして、あの頃の私は、この言葉を手帳に書き留めるほど、まだ純粋な心で借金を返すつもりで生きていたんだなあ、と感動も新たです。

そうそう。
最近感動した座右の銘、というか、とある方のフィロソフィーもご紹介しますね。
私の大好きなヨシさんこと北丸雄治さんこと武藤芳治さんのお言葉です。

『The noblest vengeance is to forgive. 最も崇高な復讐は赦すことだ』

ああ。しびれます。
さすがヨシさん。かっこいいな。

なんか、アレですよね。
やっぱり借金は返した方が良さそうですよね。。

Kreeves032007_01
↑今日のキアヌ。彼の座右の銘は『オフの時はホームレス』かしら。


↓ていうか、借金は返しなさい。
人気ブログランキングへ

| | コメント (7)

2011年2月 6日 (日)

黒目

私はもう長年コンタクト使用者なんですが、右目と左目の視力が極端に違いすぎて、メガネで矯正できないレベルだそうです。
挙げ句の果てに、右目は網膜剥離だもんで、用心しなくちゃダメなんです。
近眼手術しようかと思ってリースに相談したら、私の網膜剥離を発見したドクター・リースは
「何を言ってるんだレイコッ。右目にそんな問題を抱えてるのに、何かあったらどうするのっ。やめなさいっ」(意外にコンサバティブなリース)と説教。

そうかそういえばリースも相当な近眼で、最近老眼までキックインしてきてるのに、眼科手術を受けたって話聞いた事ないな。
手術医のくせに自分の近眼とか老眼手術しないの?
って訊いたら
「絶対しない!」と言い切ったリース。
そ、そこまで強力に拒否するとは。そんなに危険な手術を患者にしているのか?


ということで、眼科手術は諦め、コンタクトレンズを利用しているわけなんですが、
先日ものすごく興味をそそられるものをアマゾンで発見しました。
それは、『黒目コンタクト』

いえ。
ずっと前からそういうコスプレ系のコンタクトがあるのは知っていましたし、使ったこともあります。
それに、今使っているコンタクトもディファインという黒目の周りを黒く縁取りするタイプのもので、黒目をデカく見せるわけではないんですが、縁取りをくっきりさせることで目をキレイに見せる効果があるんですよね。
タダこれ、黒目の大きさが極端に小さい人が装着すると、黒目の周りが白目で縁取りされ、その外側をまた黒い縁取りがあるという、ものすごくブキミなことになる可能性があるので要注意。

で、アマゾンで発見したこの黒目コンタクトは、その『黒目巨大効果』バージョンです。
なんかよくわからないんですが、普通のコンタクトの直径が14mmとかそんな感じなところ、このデカ目黒々コンタクトは15.8mm。そして、黒い部分が真っ黒けの黒々で縁取りどころじゃなく、全体的に黒なんです。
こ、これは……。
装着するとどんな目になるんだろう……。

好奇心をそそられ、もうガマンなりませんでした。
他に青だの紫だの金色だの、色んな色があったので、この際色付きも買ってみるか!
ちょうど今使っているコンタクトレンズが使用期限切れになっていたので(ていうか、6ヶ月限度のものを1年以上使ってた)、買い替えの時期でもあることだし。
と,思いきって3セット購入しました。

デカ目黒を1セット、デカ目青を1セット。そして普通のディファインを1セット。

そして、昨日届きました怪しいコンタクトレンズセット!

Img_1428
↑ラベルに『柔らかい化粧品のコンタクト』って書いてあるし……。

Soft Cosmetic Contatsの直訳ですね。。。コレ、韓国製だそうです。
その名もバービーコンタクト。
バービー……。

Img_1429
↑ほら。真っ黒け。

Img_1431
↑こっちは青。

早速装着してみることに。

Photo Photo_2
↑左が普段の黒目、右がデカ黒目。

ううーん……。

なんか……左右の黒目の大きさが違うような気が……。

Photo_3
↑しかも、なんかヨリ目になるような気が……。

コレはやっぱり不自然です。
写真より実物は、さらに不自然です。
私、元々目も髪の毛もかなり色が薄くて茶色なので、黒々とした太い黒目フチの真ん中に薄茶の瞳が見えて、ちょっとブキミ。
青も後で入れてみますけど、やっぱこういうモノは遊びで使うのみですね。
さっきチョビとお散歩に出かけて、ショーウィンドーに映る自分の顔を見るたびにギクとしました。黒目が黒すぎてデカすぎて。
青を入れるとデカ青目になるんでしょうか……。また写真撮ってみますね。でもってあまりにもブキミだったら、ドアップでアップします(?は?)。

この青コンタクト、チョビに入れたら青い目のハスキーになるのかなあ、と思ってじいいーっとチョビを見ていたら、はっと気づきました。

Photo_4
チョビ。
目の中黒目だらけ。

Keeanu
↑今日のキアヌ。この人も目は茶色だわね。今ロンドンでシェイプアップ中らしいし。


↓シェイプアップ中なのに、超美人ブロンドと一緒にステーキ食べてたらしいが……。
人気ブログランキングへ

| | コメント (7)

2011年2月 5日 (土)

ザイ夫ちゃんカメラ

ニュー携帯ザイ夫ちゃんなんですが、色々いじくっているとiPhoneとのキャラの違いがますます明らかになってきます。

なんといってもアプリケーションをいちいち終了しなくても、色んなアプリケーションの間を移動できるのが便利。
相変わらず音声ナビは「42丁目2番街」を、『ポリテク面接』とか『鳥伊勢天然石』とか『堀商店検索』とか『牧瀬腹因政権』とか相当色々出ますけど(ていうか、全部すでに地名じゃないし)、それも友達と一緒に笑う一つのツールとして役立ってくれています。
あ、でも皆さん。
この牧瀬腹とか鳥伊勢とかポリテクとか、ちょっと口に出して言ってみてください。
ちょっぴり共通点ありますよね。
アメリカ人じゃない人が英語で42丁目2番街、って言うとき、こういう発音になるんだなーってことで(何を言うとるんじゃ)。

そんなわけで、ザイ夫ちゃんはかなりなお笑い兼癒し系携帯ですね。
ま言ってみればiPhoneはGACKTで、ザイ夫ちゃんは及川光博。
どちらも私の大切な王子様です(いや。ミッチーは好きだけど、GACKTはそうでもないか)。
三つある携帯のキャラ付けを考えて、キアヌはどれかなーって思ったんですけど、どうもこういうハイテクぽいものに縁が無さそうで、どれもあてはまりませんでした。
靴下大王ポールも、強いて言えばダイアル式黒電話だし、キアヌなんて旧式の公衆電話みたいな感じです。
ああでも、ホントに無理矢理キャラ付けしたら、iPhoneがヨン様でザイ夫がキアヌかな。

そうそう。
ザイ夫ちゃんでチョビ写真も撮ってみました。
カメラは前の機種HEROのほうがヨカッタな。
ちょと解像度が低くなって、画質明るさが今ヒトツ。

20110204_221816
↑幸せそうですけどね、本人は。

さて。まだまだ隠れた機能がありそうなミッチーザイ夫ちゃん。
iPhoneガクトと、もっと勝負してもらいますわよ!


Post4081482300_1282721194_thumb
↑今日のキアヌ(と妹)。さすがキアヌの妹。美人です。


↓妹さんはおフロ入ってそうですよね……。
人気ブログランキングへ

| | コメント (1)

2011年2月 4日 (金)

手袋とお尻

昨日のエントリーでは、レストランウィークよりポールの手袋靴下とキアヌのお尻に注目が集まったような気がします。

なので抜け目無く撮っておいたポールの手袋着用画像をお見せします(くだらなすぎるか?)。

Img_1347
↑マジで靴下です。

Img_1348
↑おもむろに手にはめ……

Img_1350
↑右手のようにはめるのが正しいんだ。こんな風になっちゃダメなんだ。と左手と右手の違いを見せてくれ……

Img_1351
↑かかとのところに親指を合わせるのも重要なポイント。

Img_1352
↑ほらね。とゴキゲンな表情ですが、下の方でチョビが見てます。

Img_1354
↑さっき動いちゃったから、もう一度撮りなさい。と云われて撮りました。

Img_1356
↑こうやって指差すこともできるよ。とお手本も見せてくれました。

ああ。くだらない写真を山ほどとってしまった。
そしてそれをブログのネタにしてしまった……。
変すぎますよね。ポールも。
キアヌとどっちが変かな。

Keanu_reeves_18
↑今日のキアヌ。コレを撮る前だったのね。



↓『変』と身長185cmがキアヌとポールの共通点。
人気ブログランキングへ

| | コメント (5)

2011年2月 3日 (木)

レストランウィーク・Japonais

お腹の調子もちょっと良くなったし、さて今日はどこでディナーをいただこうかなと考え、ちょうど用事があって出かける予定のあった出先近くでお食事決定。
ユニオンスクエア近辺の日本食レストラン『Japonais』です。

Img_1336
↑メニューたち。細長いヤツがレストランウィークの特別メニューです。

Img_1337
↑広くて天井が高くてクールでシックでモダンな店内。真ん中にキノコのお化けみたいな飾りもあったよ。

Img_1339
↑前菜のエビフリャイとサーモンの巻き寿司。

いやこれ。意外な美味しさでした。上にデロデロデローンとかかってるマヨ風味のソースがピリっときいて、『こりゃウマい!』と思わず声が出ました。持って来てくれたウェイターくんが『醤油無しでお楽しいいただけます』って言ってくれたんだけど、コレに醤油かけるたわけがこの世にいるのか?と疑問に思いましたけどね。

Img_1340
↑レストランウィーク大王・ポールの前菜。ロブスター春巻き。激美味!

いつも『ケッ』て態度のポールが、コレをアホ丸出してで口にガバーと入れ、『アチチアチチアチアチアチ』と慌てていて、別に恨みは無いけど「ざまあみろ」って思いました(ヒドい)。

ポールといえば、お食事の前に待ち合わせをしていたんですけどね。
待ち合わせ場所に思いがけず先に来ていたポールを背後から発見し、隠し撮りしようとしたら野生の勘でパッと振り向いたポール。

Img_1332
↑クルッ。

ものすっごく機嫌の悪そうな顔。
何怒っとるんじゃい、って感じです。
この写真を見せたら本人「なぜ僕はこんなに怒った顔をしているんだ」って怒ってました。

Img_1341
↑ポールのメインディッシュ。サーモンです。

巨大なポールの前に置かれたサーモン。
まるで7人の小人のディナーみたいな大きさでしたけど、お味は極上だったそうです。
ええ。
私はサーモンのおこぼれはいただきませんでした。
なぜなら。

Img_1342
↑こんな巨大なリブが。

最初出て来た瞬間、何かのドロデローンとした生き物が出て来たのかと思いました。
でもこれ、リブです。

Img_1344
↑切るとほれ。こんな感じ。

手で持ってガーッとかぶりつくしかないか?
でもこんなにファンシーなレストランで、それはいくらなんでもいかんのではないか?
と散々悩んだ末、丁寧に一本一本切り分け、お肉をナイフで削ぎ落とし、フォークでいただきました。
巨大すぎて一人で食べられませんでしたけど。
それに、横で見ていたポールが、私が夕食を食べている時、横に座っているチョビみたいな目で私を(というか、リブを)じいいいいいいいっと見ていたので、どうにもこうにも落ち着かなかったんです。はい。

巨大リブはやわらかくてフニャフニャで、そりゃもうおいしゅうございましたよ。
ソースがかかりすぎって思ったけど、コレもナイフでこそげとってお肉部分だけいただいたら、味がよくしみてそりゃもうそりゃもう美味しい美味しい柔らかいリブちゃんでした。

Img_1345
↑和風味付けのチーズケーキ。

コレが最初食べ始めたとき、甘っっ、と思ったんですが、底の方に行けば行くほど味が変わり食感も変わり、重すぎず甘すぎず、上品なお味のチーズケーキでした。

で、まあ。
レストランウィークを楽しんで満腹になって帰宅後、久しぶりに食べたお肉ちゃんでポンポンがグルグルグルになりましてね。
やっぱりこんなにコッテリお肉は、レストランウィークとはいえ欲張って食べちゃいかんな、と教訓を得ました。
そうそう。
天下の変人ポールなんですけどね。
寒いから、って手にはめた手袋が最初ミトンかと思ったんですけど、よーっく見たらネズミ色のくつした。
くつしたですよくつした。
しかもはめながら「かかとのところに親指が来るようにしないと」って呟いてるんです。
いやそれ。普通に変だから!
って言ったんですけど、全然ぜんっっっっっぜん気にしてない風でした。
ていうか、聞こえてもなかったみたいな気がします。
変過ぎます。一体全体何を考えてるんでしょうか……。

あー。でも今日も美味しかったなー。
レストランウィークメニューって、予算の都合もあるんだろうし、テイスティングメニューっていうことで量があまり多くないので食べごろお手頃ですね。
さ。
明日もがんばるぞー!(え。。また行くのか……?)

Keanu_reeves_10
↑今日のキアヌ。……おいこら何をしとるんじゃっっ!

↓21クラブでランチしたいなー。
人気ブログランキングへ

| | コメント (5)

2011年2月 1日 (火)

ジョナvs尻松

いえ。
別に戦ってないですけど、なんかタイトル他に思い浮かばなくて。

昨日、ジョナサンさん曰く『パワーランチ』→リンコ的には『しゃべりまくりランチ』を、ソーホーのチョー美味しいレストランで尻松さんを交えて開催(?)いたしました。
一応。

一応ね。

一応ビジネスの話なんかもしたんです。はい。

でもって、お話もホント楽しかったし充実した話がたくさんできたんですが、まー何がっておくさん。
ジョナが選んでくれたこのレストランが、美味しかったのなんのって。

BOOMって名前でパッと見フツーのソーホーのオシャレぽいレストランなんですが、この日の『本日のスペシャル・トリュフリゾット』が、鼻血が出そうなぐらい美味しかったんです。
いや。
ホントにホントにほんっっっっっっっっっっっっっっっっっとに美味しかった!

Img_1304
↑オリーブオイルブレッド。尻松さんとジョナさんは昼間っからワイン飲んでたし。(ビジネスランチじゃなかったんかい)

Img_1306
↑語り合う身長185cm(尻)と183cm(ジョナ)。でか。

Img_1311
↑ジョナが注文した白身魚。正体不明の魚だけど薄味でチョー美味しかった!あまりの量に食べきれず、ジョナさんお持ち帰り。

Img_1314
↑尻松さんがオーダーした、サーロインミンチ入りパスタ。コレも美味しかった!

Img_1313
↑コレですコレ。本日のハイライト。地味な色合いだけど、ウルトラ美味しかったトリュフリゾット。

愛想の良いウェイトレスちゃんが「うちのディッシュは全部量が多いわよ」って言ってましたけど、マジで多かったです。スゴかったです。
しかし。ううーん。ホントに美味しかったなあトリュフリゾット。
あれが本日のスペシャルだったなんて、残念。また食べたいのに。

さて。
初対面だった尻松さんとジョナさん。
酒飲み+彼女募集中という共通点もあり、一気に意気投合した様子で、またのみに行こうねって約束してましたよ。
ま、独身男子の飲み会約束とか合コン約束とか(そういえば、ジョナサン『合コン』も知ってたよ……)はともかく、わたしゃもう一度このお店に行って、今度はブランチのパンケーキ食べたいよ。
あー。
お腹減ったなあ。
夕食にパンケーキ食べようかしら(やめれ)。

Images
↑今日のキアヌ。妹のキムと。仲良しで幸せそうです。ほのぼの〜。早く病気治るといいね、キムさん。


↓お腹減ったお腹減ったお腹減ったお腹減った。
人気ブログランキングへ

| | コメント (4)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »